「結婚式ってどんなスーツで行けば良いのだろう?」と悩んだことはありませんか。

お祝いらしい華やかさが欲しいけれど、目上の人の視線も気になるし...新郎新婦にとって一生に一度の大切な日だからこそ、服装にも悩みますよね。

以前はブラックスーツに白いネクタイという礼装が基本だったため、あまり迷うことがありませんでした。ところが最近は、服装のルールが緩くなってきており、どこまでがOKでNGなのかの判断が難しくなっています。

明確なルールがないため、あなたと新郎新婦の関係や、会場の種類、他の参加者の雰囲気などを想像して選ぶことが大切です。

そのために、たくさんの着こなし例をご用意したので、参考にしてみてくださいね。

先に、結婚式におすすめのスーツブランドを知りたい方は、「5. 結婚式におすすめのスーツ店BEST3」からチェックしてみてくださいね。

  • スーツ,結婚式

1. 結婚式のスーツの基本

  • スーツ,結婚式

結婚式のスーツ選びのポイントは、参加者のあなたは、「引き立て役」だということです。

新郎新婦やご家族のように目立つことなく、かといって、お祝いムードに華を添えるような服装を心がけましょう。

まず考慮したいのが、

(1)あなたと新郎・新婦の関係
(2)結婚式会場の雰囲気

の2点です。

まずは新郎新婦との関係ですが、関係が近かったり(親族など)、立場が上であったりする場合(上司など)は、改まった服装が求められます。

一方で友人の場合は、多少カジュアルでも華やかな服装が好まれます。

会場の雰囲気ですが、ホテル → 結婚式場 → レストランの順にカジュアルになります。

どの会場でも式は厳かな雰囲気で、その後の披露宴や2次会になるにつれてリラックスした雰囲気になります。

1-1. 結婚式のスーツのルール

まずはどんな結婚式でも安心して参加できる、基本の服装ルールをご紹介します。

ジャケット
ジャケットの基本は黒の無地。グレーやネイビー、目立たないストライプ柄まではOKです。

パンツ
ジャケット同様の色柄に、裾を折り返していない(シングル)のパンツを合わせると良いです。

ベスト
ジャケットと同じ色か、グレーがおすすめです。

シャツ
無地の白シャツが基本です。

ネクタイ

  • スーツ,結婚式

白、シルバーグレー、白地に黒い柄だとフォーマル度が高いですが、ピンクや水色などの明るい色のネクタイも着用できます。

蝶ネクタイもOKですが、閉会が18時以降の夜の式や披露宴で着用しましょう。

不幸を連想する黒や黒に近い色、殺生を連想するアニマル柄は避けます。

  • スーツ,結婚式

黒の革やエナメル素材で、プレーントゥやストレートチップのものが良いです。茶色の靴、紐靴でない靴はカジュアルになってしまいます。

靴下
黒無地にしましょう。脚長効果も狙えます。

アクセサリー
チーフは基本的に着用しましょう。白が基本ですが、ネクタイに合わせた色や柄物もOKです。ベルトは靴に合わせて黒、カフスは真珠などの白石を使った白系のものがおすすめです。

1-2. 印象アップのコツ

  • スーツ,結婚式

ここでは、服装ルールに加えて押さえておきたい、スーツをかっこよく着こなすポイントをお伝えします。

ぴったりサイズを選ぶ
自分の身体にフィットしたスーツを選ぶことで、スタイルをよく見せてくれたり、洗練された印象を演出できます。

お手入れをする
大切なお祝いの日に、シワシワのだらしないスーツは言語道断です。アイロンなどを使って、パリッと仕上げてから臨みましょう。

2. 結婚式・披露宴のスーツ

  • スーツ,結婚式

ここからはコーディネートで結婚式のスーツのルールを確認していきます。

2-1. おすすめな着こなし

いろいろな目的に合う着こなしをご提案しているので、あなたに合ったものを見つけてくださいね。

※海外サイトの画像を使用している関係で、一部素足のコーディネートがありますが、靴下は必ず着用しましょう。

絶対に間違いない服装が良い

 何を着ていけば良いか分からないときや、目上の人の結婚式などでは、黒いスーツにシルバーグレーのネクタイを合わせた基本スタイルがおすすめです。

シンプルなスクエア型の白チーフを合わせると、フォーマル度も好感度もアップします。

お洒落だけど上品に決めたい

 黒いスーツにシルバーグレイのネクタイでは普通すぎるけれど、品のない着こなしも嫌...という方には、ベストがおすすめです。色はフォーマル感の出るライトグレーが良いでしょう。

ベスト、ネクタイ、チーフの色を全て合わせているため、すっきりとして見えますね。

スーツ,結婚式
ライトグレーのスリーピーススーツがおすすめ
ライトグレーのベストは、ブラックスーツによく合う使い回しやすいアイテム。単体で買うのも良いですが、ジャケットとパンツと合わせて3つ揃えで買うと、ライトグレーのスリーピーススーツとして改まったシーンに対応できます。

少しだけ目立ちたい

 友人の結婚式などおしゃれに決めたいシーンでは、蝶ネクタイを取り入れてみましょう。ポイントは、蝶ネクタイ以外をすっきりまとめること。

写真の蝶ネクタイは、赤地に水玉柄で派手ですが、スーツとシャツがシンプルにまとまっているため派手すぎません。

さらに、ポケットチーフの色を蝶ネクタイと合わせているため、統一感があります。

センスが良いと思われたい

 淡いブルーのスーツは、華やかなパーティーシーンにぴったりです。目立つ色であるものの、無地を選んで全体をシンプルにまとめれば、上品に着こなすことができます。

チェック柄のネクタイとドット柄のチーフで遊び心を添えて、おしゃれな結婚式スタイルを演出しましょう。

さりげなくお洒落したい

ミドルグレーのスーツはどんな色にも合わせやすく、華やかなネクタイやチーフも上手くまとめてくれます。

一見普通のビジネススタイルですが、よく見ると襟先が丸かったり、茶色のローファーを合わせたりして柔らかさを演出しています。

貫禄を出したい

 結婚式にダブルを着るのもOKです。

40代以上を中心にフォーマルではダブルが良いと考える人も多く、大人の魅力を引き立てるのにぴったりなデザインです。

きちんとしていると思われたい

黒いスーツに白地のネクタイは誰もが認める結婚式の定番スタイルです。ここで気をつけたいのはネクタイを白の無地にしないこと。

いかにも礼服というスタイルでは、お祝いらしい華やかさに欠けてしまいます。柄が入ったものか、シルバーグレーのものを選びましょう。

スピーチ担当にふさわしくフォーマルに決めたい

タキシードは黒か黒に近い色を選び、小物も黒でまとめましょう。タキシード自体が目立つため、色柄を取り入れると新郎・新婦を引き立てることができません。

スピーチ担当者や主賓は、「タキシード」や「モーニング」、「ディレクターズスーツ」など、参加者よりワンランク上の服装をするのが本来のマナーですが、最近はブラックスーツで済ませる人が多いです。

2-2. NGな着こなし

おすすめの着こなしの次は、残念な着こなしを画像を使ってご紹介していきます。

スーツ,結婚式
こんな着こなしがNG
・お祝いムードを壊す服装(葬式などを思い起こさせる服装)
・新郎新婦よりも目立つ服装

葬式みたいなのでNG

黒いスーツに黒いネクタイは喪服を連想させるため、絶対にやめましょう。

黒いスーツ自体はOKなので、白系やピンクや水色など、明るい色のネクタイと合わせて着まわしてください。

お洒落感が足りないのでNG

ルール上ではOKなものの、無地の白いネクタイにダブルの礼服は少し時代遅れに見えてしまいます。

若々しく着こなすには礼服の形をシングルに、ネクタイは白に柄が入ったものか、明るい色のものにしましょう。

新郎と被りそうなのでNG

 白や薄いグレーのスーツは新郎衣装の定番です。そのうえ黒っぽい色のスーツを着る人が多いため、薄い色のスーツはかなり目立ちます。

グレーを着たいときはミドルグレーまでに抑えましょう。

目立ちすぎてNG

新郎新婦よりも目立ってしまう、きらびやかなスーツや、一般の参加者なのにタキシードといった、派手な服装は控えましょう。

3. 結婚式2次会のスーツ

  • スーツ,結婚式

結婚式や披露宴に比べ、2次会の服装ルールはかなり緩くなります。ただ自由な分、何を着るかは悩ましいところです。

ジャケットとシャツは着用する、新郎・新婦より目立たないなどの基本を押さえつつ、明るい色や柄の小物で遊び心を足すのがおすすめです。

会場ごとの服装の注意

ホテルの2次会
スーツにネクタイが良いでしょう。式・披露宴と同一の会場の場合、そのままのフォーマルな服装で参加する方も多く、他の参加者から浮かないためにも基本はスーツで、可能であれば明るい色味のものを選んだり、ベストなどの小物を追加するのがおすすめです。

レストランの2次会
レストランの雰囲気にもよりますが、ジャケパンやネクタイ無しのスタイルでもOK。もちろん、スーツで参加しても浮くことはないはずです。

ジャケパンスタイルの際は、素材選びがポイントになります。フォーマルに装いたいときは、スーツと同様の素材を選び、カジュアルに装いたいときはコットンなどリラックスできる素材を選びましょう。

居酒屋の2次会
居酒屋や、カラオケなどでの2次会に参加する場合、その会場に合ったカジュアルな雰囲気の服装で問題ありません。

とはいえ、ジーンズやスニーカー、だらしなく見えるダボダボの服、殺生を思い起こさせる革素材のものなど、マナー違反のものはNG。

チノパンにシャツ、コットン素材のスーツにシンプルなカットソーを合わせたり、普段より少し改まった服装がおすすめです

3-1. おすすめな着こなし

ホテルなどの2次会におすすめ

失敗しないスーツスタイル

 目上の人の結婚式2次会など、2次会でも失礼のない服装が求められる際は、スーツ+シルバー系ネクタイで式と同様の格式を保ちながら、シャツで華やかさをプラスしましょう。

ブラックスーツでも適度にリラックス

 ホテルでの2次会はネクタイ着用が基本ですが、もしスーツが上下ブラックで改まった雰囲気の場合、ネクタイを外してみるのもありです。

会場に入るまではネクタイ着用しておき、様子を見て外すと安心ですね。

レストランなどの2次会におすすめ

好感度高めの王道コーディネート

ネイビーのブレザーに赤系ネクタイ、チノパンツという定番アイテムでまとめた、誰からも愛される着こなしです。

フォーマルな上半身には、チノパンを合わせて適度にカジュアルダウンしましょう。

爽やかなジャケパンスタイル

 ブラックジャケットとグレースラックスは、鉄板の組み合わせ。ジャケパンでもかなり改まった印象を作ることができます。

ダークなジャケットとパンツには、華やかな色のシャツを合わせると、顔映りが良くなります。

いつものスタイルに小物でアクセントを

 こちらも定番のコーディネートです。普段のジャケパンスタイルには、明るい色のチーフを選んで、さりげないお洒落を楽しみたいですね。

居酒屋などの2次会におすすめ

赤のニットタイを主役に 

お祝いの日らしい赤色のネクタイで、ジャケット無しでも華やかな胸元に。

一見かなりフォーマルに見えますが、ボタンダウンのシャツ襟や、ニットタイなどのカジュアルアイテムを上手く取り入れています。

グレーシャツで大人っぽく

ダークな色のシャツを選ぶだけで、一気にお洒落上級者になれます。

また全体がすっきりするため、スタイルが良く見えるという嬉しいメリットも◎。

リラックスした雰囲気で2次会らしく

 カラオケなどのカジュアルな会場や、ごく親しい人同士の2次会の場合、柄シャツとチノパンを合わせたスタイルも可能です。

ただし、清潔感のある服装を心がけましょう。

3-2. NGな着こなし 派手すぎるのでNG

 華やかなのは良いですが、派手すぎはNGです。目立つ色はスーツではなく、ネクタイなどの小物でさりげなく取り入れましょう。

裸足はNG

 ジャケットにシャツ、ベストとチーフまでプラスしてあるため一見良さそうに見えますが、実は足元がNGです。カジュアルな2次会でも素足はやめましょう。

だらしないのでNG

カジュアルとはいえ、ここまで着崩すと失礼です。まず、TシャツとスニーカーがNG。革のパンツは殺生を思い起こさせるためこれもNGです。

サイズもスリムフィットですっきり決めたいですね。

4. 結婚式のスーツはどこで揃えるの?

  • スーツ,結婚式

新郎・新婦やその父親でない限り、結婚式のために新しいスーツを購入する必要はありません。

手持ちのダークスーツや、礼服を活かしつつ、結婚式らしい華やかな色の小物を追加すれば大丈夫です。

4-1. 手持ちのスーツに結婚式らしい小物を合わせる

スピーチなどの役割がなく、新郎・新婦の親族や上司でもない場合は、手持ちのスーツに一工夫してみましょう。

ビジネススーツを結婚式らしくする

1-1. 結婚式のスーツのルール」に沿って、淡い色のネクタイや、白いポケットチーフを合わせると、お祝いの日にふさわしい服装に変わります。

礼服を結婚式らしくする

 いわゆる礼服は、ネクタイとチーフを華やかなものに変えましょう。

ネクタイはピンクなどの淡い色、チーフは華やかな畳み方を選ぶと、お祝いの席に映えるコーディネートが作れます。

タキシードをカジュアルにする

「タキシードを持っているけど、友人として参加するにはフォーマル過ぎるかも」という場合は、タキシードの中に着るシャツをギンガムチェックなどの柄シャツに変えてみるとカジュアルに着こなせます。

タキシードは夜の礼服なので、閉会が18時以降の式や披露宴、2次会に着ましょう。(写真は普通のネイビースーツなので、襟元はタキシードと異なります。)

4-2. 店舗で買う・借りる

もちろん、結婚式を機に新しいスーツを購入したり、いつもとは違うスーツを借りてイメチェンをしてみるのも良いと思います。

その際に参考にしたいおすすめ記事を、目的別に3つご紹介します。

・パーティーらしい華やかなスーツを買いたい人はこちら
いつものスーツ姿をおしゃれに見せる12のコツ
 
・ビジネススーツを買って普段も着回ししたい方はこちら
正しいスーツの選び方|高品質でかっこよく見える6つのコツ
 
・レンタルが気になる方はこちら
礼服とスーツの違い|少ない機会だからこそ知っておきたい礼服の種類とマナー
 
ぜひ購入・レンタルの参考にしてみてくださいね。

5. 結婚式におすすめのスーツ店BEST3

こちらでは、結婚式におすすめのスーツ店をご紹介します。

・コストパフォーマンスの高さ
・アイテムの豊富さ

以上の2点を重視して、ブランドを厳選いたしました。

ぜひ、結婚式のスーツ選びの参考にしてください。

1位:HANABISHI
 
80余年に渡り、オーダーメイドの楽しさを世に伝え続けているHANABISHI
 
その歴史に裏打ちされた職人の技術と、国内自社工場における機械縫製の組み合わせにより、上質な1品を手にすることができます

店舗には「フィッター」と呼ばれるオーダーメイドのプロがおり、きめ細やかなカウンセリングをしてもらえるのも魅力の1つです

素材やディテールにこだわったスーツは、結婚式という華やかな舞台にこそ、いっそう引き立ちます

ブランド詳細

【ブランド名】HANABISHI
【公式HP】http://hanabishi-housei.co.jp
【スーツの値段】39,000円(税込)~

公式HPを見る

2位:P.S.FA

若者向けでスタイリッシュなビジネススーツに定評がありますが、実は、商品ラインナップが豊富です。

クラシックスタイルのスーツ、ダブルやスリーピーススーツも取り扱っています。

結婚式、披露宴にはフォーマル、結婚式二次会にはカジュアル風に・・・シーンに合わせたアイテムを選べるのが魅力です

ブランド詳細

【ブランド名】P.S.FA
【公式HP】https://perfect-s.com
【スーツの価格】20,520円(税込)~

公式HPを見る

 

3位: LaFabric(ラファブリック)

  • スーツ,結婚式

LaFabricは、工場直販のため、良質な生地を手頃な価格帯で手にできるのが嬉しいポイントです。

ネットからも購入可能なので、「オーダーメイド」という言葉で連想される「敷居の高さ」がありません

はじめての方はもちろん、すでにオーダースーツを作ったことがある方にとっても、新しい「オーダーメイド」の魅力を感じることができます。

ブランド詳細

【ブランド名】LaFabric
【公式HP】https://lafabric.jp
【スーツの価格】44,800円(税込)~

公式HPを見る

6. まとめ

  • スーツ,結婚式

結婚式のスーツは、雰囲気を壊さないようにマナーを守りつつも、お祝いらしい華やかさがあるものを選びましょう。

今回は正式なマナーをご紹介したため厳しいと感じられるかもしれませんが、実際は時代の変化に伴って緩やかになってきています。

あくまでも新郎・新婦が主役の結婚式。無理に新しいスーツを揃えて着飾る必要はありません。

手持ちのスーツを小物でアレンジして新郎・新婦の晴れの日を引き立てるようなスタイルも素敵です。

自信が持てるスーツ姿で、当日は楽しい時間を過ごしてくださいね。

結婚式で映えるオーダースーツを見てみる