友人や会社の同僚の結婚式に呼ばれたけれど、どんなおしゃれをすればいいのか分からない、そんな経験はありませんか?

おしゃれな感じで決めたいけれど、おめでたい席で雰囲気にそぐわない格好をすることは避けたいですよね。

そこで、結婚式のワイシャツの選び方についてご紹介します。

マナーを守りながらも、ワイシャツにこだわると、人とはちょっと違うおしゃれな格好を簡単に演出することができます。

今回はウェディングサイトを参考に、ワイシャツのこだわり方を中心にお伝えしますが、大切な場面でのスーツスタイル全体について知りたい!という方は「結婚式のスーツ選び|お祝いの日にふさわしい着こなしのコツ」を参考にしてくださいね。

1. 結婚式での基本のスタイル

最もスタンダードなワイシャツのスタイルは、白の無地・襟はレギュラー・カフス(そで口)はシングルカフスです。

白はダークスーツの色を最も美しく引き立て、コントラストをはっきりさせてくれる色です。

一般的に、白シャツが最もドレッシーな装いとされ、フォーマルな場では不動の地位を築いています。

白いワイシャツは、自分と新郎新婦の関係が、職場の上司・部下、友人、知人、親族など、どんなものであろうと着て間違いがないシャツです。

特に親族として参加する場合は、最もスタンダードなワイシャツを選ぶことが必須です。

2. 披露宴でワイシャツにこだわる5つのポイント

白シャツが無難なことは分かったけれど、友人として出席するお祝いの場だからシャツにもこだわりたい!という方や、

人とはちょっと違うおしゃれな感じを出したい!という方のために、結婚式でのワイシャツのこだわり方について、パーツに分けてご紹介します。

2-1. 色は白かサックスブルー

白以外で色を加えたい場合は、薄いサックスブルーを選びましょう。

サックスであればさわやかな色合いで、スーツの色にも馴染みます。

きつい色は派手過ぎて目立ってしまうのでNG。黒、赤、黄、緑などは避けましょう。

2-2. 柄は無地か織り柄

無地、もしくは近付いて見ると柄が分かるような、同系色での織り柄を選びましょう。

チェックやストライプといった、遠くから見てもはっきりと柄が分かるようなものは、他の出席者の中で悪目立ちしてしまうだけではなく、カジュアルな印象になってしまうので、結婚式にはふさわしくありません。

ワイシャツ,結婚式,マナー
織り柄とは
同系色のたて糸とよこ糸を普段とは違うやり方であわせることで、生地に柄をつけたものを指します。比較的小さな柄のドビー、大きな柄のジャガードなどがあります。

2-3. 襟はレギュラーもしくはワイド

レギュラーカラーと呼ばれる、長さや開き方が標準的なものが一般的です。

こだわりたい方は、ワイドカラー(もしくはワイドスプレッドカラー)という、レギュラーカラーよりやや襟羽が長く、襟足がやや高めの襟を選びましょう。

襟の開き方が100度〜180度と広めなので、ネクタイのノットがきれいに映えて見えます。

ショートポイントカラーやボタンダウンカラーは、カジュアルな印象になってしまうので、披露宴では避けた方がいいでしょう。

2-4. カフス(そで口)はダブルがおすすめ

カフスに正式なルールはありません。

ビジネスシーンでも使われるようなシングルカフスでもいいのですが、こだわりたい方にはダブルカフスが最もおすすめです。

ふんわりと折り返して、カフスボタンで留めるというスタイルは装飾性が非常に高く、ドレッシーな結婚式でおすすめです。

そで口を留めるため専用の装飾具であるカフスボタンは、種類が豊富なので他の人とあまり被らず、ワンポイントでさりげなくこだわっていることをアピールできます。

カフスボタンのつけ方

手順1:カフスの端と端をぴったり合わせる

手順2:ボタンホールに上からカフスボタンを差し込む

手順3:2つのホールに通し、裏から留め具を使い、ねじって留めればOK

普通のボタンを留めるように、カフスを上下に合わせてカフスボタンをボタンホールに通すのは間違った留め方なので注意しましょう。

2-5. ジャケットとワイシャツのサイズを合わせる

細かいパーツについてご紹介してきましたが、何と言ってもこだわってほしいのは自分の身体に合ったサイズなのかどうかということです。

自分に合ったサイズを着ていると、それだけできちんとした印象になります。

上からジャケットを着るのであまり関係ないのでは?と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

スーツから正しくそでや襟が出ていなかったり、Vゾーンに変にしわがよっていたりすると、だらしがない印象を人に与えてしまいます。

それだけではなく、自分の身体に合ったサイズのワイシャツを着ていると、着心地がよく、長時間着ていなければならない結婚式という場では非常に楽です。

ジャケットを着た時に、襟が1.5cm〜2.0cm、そでが1.0cmほど出るのがすっきりした着こなしのポイントです。

3. 結婚式に揃えたいおすすめのワイシャツ

ここでは特別な日にぴったりなおすすめのワイシャツを1つ紹介します。

今回紹介するのは、カスタムオーダーの通販サイト「LaFabric(ラファブリック)」で取り扱う、THE TECH Non Iron 形態安定コットンホワイトブロードシャツ。

天然繊維のコットン100%ならではの優しい着心地に合わせ、洗濯後のしわの残り具合を示すW&W性(ウォッシュ&ウェア性)で、しわカット率50%を示す「3.2級」を取得しているため、洗濯後のしわとケアが気になる方へもおすすめです。

また既製品ではなくオーダーですので、好みのサイズ感やデザインの1着で仕立てることができます。

特別な日にはいつもの1着ではなく、特別な1着に袖を通して過ごしてみるのもいいですね。

商品詳細

【商品名】THE TECH Non Iron形態安定コットンホワイトブロードシャツ
【ブランド】LaFabric
【価格】9,800円(税込)
【特徴】形態安定
【着用シーン】ビジネス
【素材】コットン100%
【公式HP】https://lafabric.jp

商品を詳しくみる

4. 二次会でワイシャツにこだわるポイント

披露宴よりはカジュアルな雰囲気になる二次会ですが、特に二次会から参加するという場合は、服装がカジュアルになりすぎないよう注意しましょう。

可能であれば、新郎新婦にどういう雰囲気で行うのか聞いたり、会場を事前に調べておくと安心ですね。

4-1. 薄いカラーシャツで華やかに

二次会は必ずしも白でなければいけない、というルールはありません。

淡いパステルカラー(ブルー・ピンク・パープル)のシャツでもOKという場合もあります。

ただし、披露宴と同じで原色のワイシャツは避けるようにしましょう。

4-2. ノーネクタイOKの時は襟にこだわろう

二次会の会場がフォーマルな場所(ホテルなど)の場合や、新郎新婦が自分の上司という場合は、二次会であってもネクタイをしていきましょう。

会場がセミフォーマル(レストランなど)やカジュアル(居酒屋など)の場合や、新郎新婦が自分と友人の場合は、ノーネクタイでもOKという場合があります。

ノーネクタイの場合は、レギュラーやワイドカラーで単にネクタイを外しただけより、おしゃれに決まるスタイルがあります。

おすすめなのは、ボタンダウンカラー。第一ボタンを外しても、襟のロールをきれいに保つことができ、ジャケットへの収まりも自然です。

また、クレリックと呼ばれる襟とそで口が白無地のワイシャツもおしゃれに見えます。

注意
ノーネクタイの時は第一ボタンをあけて着ましょう。その時に中の肌着が見えないように注意しましょう。

4-3. 柄がOKの時も細めの柄を

比較的カジュアルな二次会の場では無地のワイシャツにこだわる必要は必ずしもありません。

ただ、柄がOKと言っても、細いストライプかチェックまでにしましょう。

派手な柄のワイシャツやメッシュ素材のワイシャツはNGです。

5. ワイシャツとネクタイの合わせ方

ワイシャツとネクタイを合わせることでおしゃれの幅が広がります。

ただし、結婚式の場ではネクタイにもルールがあるので、きちんと知っておきましょう。

5-1. 白のネクタイが基本、黒はNG

結婚式のネクタイは白が基本とされてきましたが、最近ではフォーマル仕様であればカラーネクタイもOKとされており、

比較的若い世代の男性はカラーネクタイを着用する傾向があります。

ただし、絶対にNGなのが黒のネクタイ。これは「喪服」を連想させ、結婚式では縁起が悪い色とされているので注意しましょう。

ネクタイだけでなく、蝶ネクタイを着用することもできます。

5-2. おすすめはシルバーかシャンパンゴールド

シルク素材など、光沢感があるネクタイは高級感があり、フォーマルな結婚式の場ではおすすめです。

特に、シルバーのネクタイはどんなワイシャツの色とも合わせることができます。

シャンパンゴールドは白やシルバーより華やかな印象になると共に、柔らかいイメージになります。

他のピンクやブルーなどのカラーネクタイを着用する場合は、ワイシャツの色とそろえるときれいにまとまって見えます。

5-3. ネクタイの柄は定番を選ぶ

ネクタイは無地でもきれいですが、柄をつけたいという場合は、ストライプ・チェック・ドットなど、ネクタイの柄として定番のものであれば問題はありません。

アニマル柄やハートなど派手な柄は、よほどカジュアルな会場で、出し物などがある場合以外は避けるようにしましょう。

また、ワイシャツに柄が入っている場合は、ネクタイの柄が被らないように注意しましょう。

ワイシャツもネクタイもチェックや、チェックとストライプなどは特にごちゃごちゃして見えるので避けるようにしましょう。

6. まとめ

いかがでしたか。ワイシャツの細かい部分にこだわると、結婚式というルールが多いフォーマルな場でもおしゃれを楽しむことができます。

スーツとあわせて、結婚式でも人とは少し違う、自分らしいおしゃれな格好で、大切な門出をお祝いしてくださいね。