最近大注目のジャケパンスタイル。

ビジネスにもプライベートにも使えるため、ぜひマスターしたいスタイルですが、さまざまな組み合わせが可能だからこそ迷ってしまうことも。

特に、華やかな海外スナップなどを実際に取り入れるのは目立ち過ぎる気がしますよね。

そんな方のために、今回は街で浮かないお洒落なジャケパンスタイルとそのポイントをご紹介します。

ジャケパン
ジャケパンとは
「ジャケットとパンツ」の略で、ジャケットにセットアップではないパンツを合わせた着こなしのこと。
 
まずは定番のジャケパンスタイルが知りたい方は、「ジャケットの着こなし|押さえておきたい王道コーディネート集」をご覧ください。

1. ジャケパンをお洒落に決める5つのルール

ジャケパンスタイルをやり過ぎず地味過ぎず、お洒落に決めるにはこれからご紹介する5つのルールを参考にしてくださいね。

1-1. 細身シルエットを選ぶ

  •  
  •  
  •  
  •  
  • ジャケパンスタイルをこなれて見せるには、細身シルエットを選ぶのがポイントです。

ゆったりめのシルエットはフォーマルなシーンで好まれるため堅苦しく見えてしまいます。

1-2. 上下の色は違うものにす

上下の色ははっきり分けて、メリハリをつけるのがおすすめです。

色が近いとチグハグなスーツを着ているように見えてしまいます。

また、上下どちらかに柄を取り入れる際も、はっきり上下の違いがわかるように合わせましょう。

1-3. 柄と柄の組み合わせは基本的に避ける

柄と柄を組み合わせると、派手過ぎてしまいます。

右上のNG例は統一感はあるものの、普段の生活で取り入れるのは難しいですよね。

逆に左上のOK例は、珍しい柄なものの、シャツもパンツもシンプルなブルー系でまとめているため、上品に見えます。

1-4. 季節感のある素材を着る

ある季節しか着られない服は、着ているだけで「粋」「身だしなみに気を使える」人な印象を与えます。

季節にあった素材は着心地も良いので、夏はコットンやリネン、冬はツイード素材を取り入れてみましょう。

1-5. 靴とベルトの色を合わせる

黒いベルトには黒い靴を、茶色のベルトには茶色の靴を合わせましょう。

一般的に淡い色のコーディネートは茶色、濃い色のコーディネートは黒色がおすすめです。

2. 気分で選ぶジャケパン

2-1. ネイビーで爽やかに

好感度NO.1のネイビージャケットは、超定番のアイテム。無難にまとめずにセンス良さをアピールできる着こなしをご紹介します。

ネイビージャケットにベージュチノパンツという王道の着こなしですが、シャツの水色とネクタイと靴下のピンクがアクセントになっているため、垢抜けて見えます。

基本は押さえつつもお洒落に見せるおすすめコーディネート。

ネイビーと黄色は品良く目立てる色の組み合わせ。派手な色を取り入れるときは、それ以外の色を控えめにするのが鉄則です。

こちらもネイビーと黄色のコーディネート。品格の出るダブルジャケットも、デニムを合わせるとカジュアルに着こなせます。

大人な印象のダブルジャケットには、こちらも大人な雰囲気を醸し出すグリーンのネクタイを合わせるのがおすすめ。

ディナーやデートに行きたくなる洒脱な着こなしです。

ネクタイを無しにすると、リラックスした着こなしになります。気取りすぎない休日のお出かけにぴったりですね。

ここが上級者!
定番のネイビージャケットは、無難になりすぎないように華やかな色と合わせましょう。

2-2. グレーで大人っぽく

さまざまな色と組み合わせられるグレーですが、敢えてモノトーンでまとめるのがお洒落に見せるコツです。

淡い色の上下は、濃い色のシャツを選んでメリハリをつけましょう。ラフだけど上品な着こなしには、タッセル付きのローファーがぴったりです。

ボリュームが出がちなダブルジャケットですが、パンツに黒を選ぶとすっきり引き締まったコーディネートに。

クレリックシャツの白い襟とストライプがさりげなく華を添えています。

こちらもグレーのグラデーションでまとめた着こなし。シングルのジャケットに、細身のパンツを合わせているため、知的な印象を醸し出します。

ここが上級者!
グレージャケットは白や黒、トーンの違うグレーを駆使したモノトーンコーデでまとめましょう

2-3. ブラウンで落ち着きを出す

優しい印象のブラウンは、一味違う個性をアピールしつつも派手になりすぎない嬉しいカラー。

柔らかなブラウンのジャケットには、同じく柔らかなグリーンのセーターが相性抜群。

首元から少しだけ見える襟がトラッドな印象に仕上げてくれます。

定番カラーのサックスブルーもブラウンに合わせると、さらに爽やかに決まります。

上品なブラウンと、カジュアルなデニムは実は良く合います。

ブラウンと白のコントラストが強い組み合わせも、デニムシャツを合わせると適度にリラックス感が出ますね。

もちろん、デニムパンツとも相性抜群。

ジャケットとネクタイをブラウンでまとめた上品な上半身とのバランスが良いですね。

ブラウンの持つ上品さを最大限生かしたお仕事スタイルです。

ブラウンは、誠実で親しみやすい印象を与えるうえ、お洒落に見えるため、ビジネスカジュアルOKなオフィスではぜひ取り入れたいですね。

ここが上級者!
ブラウンジャケットはベルトも靴もブラウンでまとめて、統一感を出しましょう。差し色も温かみのある色がおすすめです。

2-4. 黒でモードに

どんな色とも無難にコーディネートできる分、お洒落に着こなすのは意外と難しい黒。気取りすぎないモードスタイルを作るコツをお教えします。

違う色を組み合わせるのがジャケパンの基本ですが、敢えて同じ色同士で合わせてセットアップとして着るのもアリです。

Tシャツのレインボーは黒だからこそ取り入れられる柄。

「少し決めすぎたかも」というコーディネートは、スニーカーを合わせてカジュアルダウンしましょう。

全身を黒でまとめるのは簡単にお洒落上級者に見せる技です。

ただ全てが黒だとやり過ぎ感が出てしまうので、カーキジャケットを合わせた今回のように、一箇所は違う色や柄ものを取り入れたいですね。

ここが上級者!
基本は黒でまとめて、全体の10%ほどアクセントを添えるのくらいがお洒落に見せるコツです。

2-5. 白で夏らしく

一見難しそうな白ジャケットは、淡い色や柄ものなどと相性抜群。涼しげに見えるので春夏におすすめです。

白が難しく感じるのは、普段着ている濃い色のものと合わせるとコントラストが強くなりすぎるから。

白に近いトーンのパステルブルーやライトグレーと一緒に着てみましょう。

実は華やかな柄と相性が良い白ジャケット。柄ものが好きな方は一枚用意しておきたいですね。

写真のパンツは派手ですが、柄に入っている黒と白をそれぞれ上半身に取り入れることで上手くまとめられています。

ジャケットの白以外をすべてブルー系で揃えた爽やかな着こなし。白とネイビーを上手くまとめるブルーのシャツがポイントです。

ここが上級者!
基本は黒でまとめて、全体の10%ほどアクセントを添えるのくらいがお洒落に見せるコツです。

2-6. その他の色を着こなす

グリーン、ベージュ、赤、一見バラバラな色の組み合わせですが、全て温かみのある色でまとまっているため統一感があります。

大切なお出かけなど、センスの良さをアピールしたいときに着たいですね。

グリーンとピンクを合わせた、春らしいコーディネート。

ジャケットとネクタイの色を揃え、シャツにアクセントのピンク、パンツはピンク系のダークな色のものを選んでいます。

憧れはあっても取り入れにくい赤ジャケット。パンツとネクタイにグレーを持ってくることで、きつい印象にならずに仕上がっています。

写真では緑の靴下と茶色の靴を合わせていますが、まずは足元もモノトーンでまとめるのがおすすめです。

ポップな印象の赤いジャケットには、デニムもよく合います。かしこまり過ぎないプライベートなお出かけにぴったりですね。

同じ赤色でも、えんじを選ぶと一気に大人な印象に変わります。ネイビーやベージュなどの定番色と馴染みやすく、初心者の方にもおすすめです。

ここが上級者!
まずは普段ネイビージャケットを合わせているコーディネートから、ジャケットだけ他の色に変えると間違いありません。

2-7. チェック柄で華やかに

羽織るだけで華やぐチェック柄は、他のアイテムを控えめにまとめてその魅力を最大限引き立てましょう。

人気急上昇中のウィンドウペーン柄は、その名の通り窓枠にちなんで名付けられた柄です。

目を引く柄なので、シャツとパンツの色を合わせて全体の統一感を出すのが良いですね。

どこか懐かしい印象の赤いチェックのジャケットには、同じくお洒落すぎない定番のものを組み合わせるのがおすすめ。

明るいグレーのチェックジャケットを最大限生かすため、シャツとパンツを同色系でまとめた着こなし。チェックなのに、派手すぎず、品良く見えますね。

ここが上級者!
優しい印象のチェック柄には、白やグレーを取り入れるのがおすすめです。

2-8. 派手な柄でお洒落に目立つ

派手な柄を「悪趣味」にならずに着こなすには、その他のアイテムをとことんシンプルに「引き算」するのがポイントです。

個性的な柄のジャケットを着るときは、ジャケット以外をとことんシンプルにまとめましょう。

地味だと敬遠されがちな無地のネクタイですが、派手なジャケットを使ったコーディネートには欠かせません。

こちらも同様のコーディネート。カジュアル感満載のジャケットには、敢えてネクタイを締めてバランスをとりましょう。

ここが上級者!
とにかく目立つ派手柄は、黒でしっかり引き締めましょう。

3. ジャケパン上級編

次は上級者だからこそこだわりたい、ジャケパンスタイルの小物の合わせ方をご紹介します。

3-1. チーフを添える

フォーマルな着こなしに必須なポケットチーフは、ジャケパンスタイルも格上げしてくれます。

まずは定番の白チーフ。全体のモノトーンの着こなしに馴染みつつも、お洒落へのこだわりをアピールできます。

どんなスタイルでも使える持っておきたい1枚。

続いてはチーフでアクセントをつけたコーディネート。華やかなカラーが蝶ネクタイによく合います。

チーフと同色の靴下を合わせるのは、手頃な価格でセンス良く見えるおすすめ技。

さらに華やかさが欲しいときは、柄のチーフがぴったり。スーツよりカジュアル感のあるジャケパンだからこそ、遊び心あるチーフを添えたいですね。

3-2. アクセサリーを添える

チーフ以外の小物もジャケパンスタイルをランクアップするのに欠かせないアイテム。

無難にまとまったコーディネートのときは、さっとスカーフをかけて個性を演出しましょう。もちろん防寒対策としても◎

何の変哲もない黒ジャケットの着こなしも、潔く大きなアクセサリーをつけることで垢抜けた印象に。

黒のジャケットが十分強さを感じさせるので、アクセサリーはラフなものを選びたいですね。

3-3. ベストを合わせる

「ネクタイは飽きたけれど、シャツにジャケットでは物足りない...」というお洒落な方には、ベストがおすすめ。

パンツとベストの色を合わせると、全体がすっきり見えてスタイル良く着こなせます。

上下もコットン素材を取り入れたカジュアルなコーディネートも、ベストを挟むだけできちんと感が出ます。

さりげなく見えるポケットチーフからもセンスの良さが感じられ、ホームパーティーなどにぴったりな着こなしです。

3-4. 靴にこだわる

「お洒落は足元から」と言われるように、センス良く見せるには良い靴が欠かせません。

ジャケパンは革靴からスニーカーまでいろいろな靴とコーディネート可能ですが、ここでは厳選した3つの靴タイプをご紹介します。

まずは基本のプレーントゥ。スーツスタイルにもフォーマルシーンにも使いまわせる1足は持っておきたいアイテム。

フォーマル感のある靴なので、色はカジュアルな茶色がおすすめです。

どんなジャケパンスタイルもセンス良く決まるのは、タッセルローファー。適度なラフさときちんと感があります。

短めなパンツとも相性が良いため、素足で履いて裾をロールアップといった夏ならではのスタイルもバランス良く決まります。

最後はベルトがついたモンクストラップ。個性的に見えますが、ビジネスでも使える汎用性の高いアイテム。

写真のようなコントラストが強めの組み合わせは、黒いモンクストラップで大人っぽく決めたいですね。

4. まとめ

 

組み合わせ次第でさまざまなスタイルを楽しめるジャケパンだからこそ、こだわりを持って着こなしたいもの。

今回は憧れの感度高めな着こなしを、やり過ぎにならないためのポイントと合わせてご紹介しました。

ビジネスもプライベートもあなたらしいコーディネートでセンス良さをアピールしてくださいね。

オンオフ使えるオーダージャケットを見てみる