ジャケパン ビジネス

最近はビジネスシーンでも定番になってきたジャケパンスタイル。

ただ、その組み合わせがさまざまあって、着こなし方が難しいと思っている方も多いと思います。

今回はそんな方のために、ビジネスシーンのジャケパンスタイルについて解説。

ジャケパンを着こなすためのルール、素材や色選びなどの基本はもちろん、季節別のコーディネート例、ジャケパンで使える定番のジャケットをご紹介します。

ビジネスシーンでジャケパンに挑戦しようとしている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(※この記事は、2019年10月時点での情報を参考にしています。)

1. ビジネスシーンでジャケパンを着こなすために

1-1. 職場の雰囲気に合わせよう

まず最初に「ジャケパン」がどういったものかというと、単体で販売しているジャケットにパンツを合わせるスタイルのことをいいます。

ジャケットとパンツの組み合わせ次第でビジネス、プライベート共に着られるスタイルでもあります。

そして、そのジャケパンを着こなす前に知りたいのは、「オフィスカジュアル」、「ビジネスカジュアル」の違いを理解することです。

この2つ違いにより、職場での着こなしも変わってきます。

それぞれの主な特徴は以下の通りです。

  • オフィスカジュアル
    ⇒社内で来客があっても失礼のないカジュアルな服装
  • ビジネスカジュアル
    ⇒社外(企業)の訪問にも適したカジュアルな服装

しかし、これはあくまで参考にする程度で、実際には職場のルール、雰囲気、仕事内容などに合わせ、どちらの服装が適しているかを考えましょう。

1-2. 着こなすためのルールを押さえよう

ビジネスシーンでジャケパンを着こなすためにはいくつかのルールがありますが、どんなシーンでも押さえておくべきポイントは同じです。

ビジネスでの着こなしを考える前に、まずはこの基本ルールを押さえることが大切です。

ジャケパンスタイルの基本ルール
・ジャストサイズを着る
・上下は違うものにする
・柄と柄の組み合わせは避ける
・季節感のある素材を選ぶ
・靴とベルトの色を合わせる

以上の5つのルールを意識し組み合わせると、初心者の方でも失敗せずに着こなすことができます。

そして「1-1. 職場の雰囲気に合わせよう」でも説明しましたが、職場のルール、雰囲気、仕事内容に合わせた服装を選ぶことがビジネスシーンでジャケパンを着こなすポイントです。

1-3. 季節に合わせた素材を選ぼう

ジャケパンスタイルの基本ルールを踏まえ、次にビジネスシーンで選ぶべき素材について解説します。

まずは基本ルールにもありますが、季節感のある素材を選ぶことが大切です。

春夏の素材の代表といえば、コットンやリネンになります。

綿素材を使用したものは、軽やかで肌触りの良いのが特徴で春夏にピッタリです。

  • ジャケパン ビジネス

そして、秋冬の素材の代表といえば、ウールやツイードになります。

羊毛を使用したものは、保温性が高いのが特徴で秋冬にピッタリです。

  • ジャケパン ビジネス

このように季節ごとに選ぶべき素材は違います。

ビジネスシーンに合わせた素材選びというよりは、季節ごとに合わせた素材選びをするようにしましょう。

1-4. 落ち着いた色を選ぼう

  • ジャケパン ビジネス

ビジネスシーンで選ぶべき色はネイビー、グレー、ベージュ、ブラック等の落ち着いたトーンのものです。

3. ビジネスシーンで真似したいジャケパンコーディネート10選」でも解説しますが、ジャケットやパンツの色味によって、人に与える印象は大きく異なります。

明る過ぎる色、派手な柄のデザイン等はビジネスシーンにはふさわしくないため控えましょう

2. ジャケパンスタイルを楽しめるおすすめブランド3選

ここではジャケパンを楽しめるアイテムが揃うおすすめのブランドを、

  • 高品質でコスパの高い製品を提供している
  • 幅広いデザインの製品を取り揃えている
  • 長く愛用できる上質な製品が多い

という基準で、ご紹介します。

ジャケパンのコーディネートを楽しみたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

FABRIC TOKYO

  • ジャケパン ビジネス

ネットでオーダースーツ・シャツを1着から作れるビジネスウェアブランド「FABRIC TOKYO」。

質の高い国内縫製と、独自の機能性素材をはじめとする豊富な生地のラインアップにより、1人ひとりのライフスタイルに合うこだわりの1着が手に入ります。

また、ITを駆使したスマートオーダーシステムにより、一度店舗で採寸した後はオンラインだけで注文できますよ。

ブランド詳細

【ブランド名】FABRIC TOKYO
【価格】ジャケット:30,800円(税込)~
    スラックス:16,500円(税込)~
【タイプ】イージーオーダー
【納期】約4週間~
【総店舗数】16店舗

【関東エリア】
東京、神奈川、埼玉
【中部エリア】
愛知
【近畿エリア】
大阪、京都、兵庫

【アフターサービス】
・月額398円(税込)のサポートサービス「FABRIC TOKYO 100(Hundred)」

①サイズのお直し保証
…体重の増減や体型の変化で購入したスーツが着られなくなった際、作り直しにならない範囲で何度でもサイズお直し可能。
②スラックス破損時の保証
…補修用のスラックス生地を最大2年間まで店舗で用意。破損などで着用できなくなった際、仕立て費用のみで同じスラックスを制作可能。
③サイズフィット保証
…納品から100日以内は無料でサイズお直し可能。作り直しは1回まで可能。

・無料版サポートサービス
…納品から50日間は無料でサイズお直し可能。作り直しは1回まで可能。

特設ページを見る

DoCLASSE(ドゥクラッセ)

「大人のお洒落」をテーマに上質なアイテムを提供するDoCLASSE

独自の立体裁断を施したジャケットは、細身の美しいシルエットと動きやすく快適な着心地を両立しています。

また、定番のコットンをはじめリネンやウール・独自の機能性素材など生地も豊富なので、自分の好みや季節にぴったりの1着が見つかりますよ。

ブランド詳細

【ブランド名】DoCLASSE
【価格】ジャケット:9,990円(税抜)〜
    スラックス:4,990円(税抜)~
【総店舗数】26店舗(メンズ取扱店のみ)

【関東エリア】
東京、神奈川、千葉
【中部エリア】
愛知
【近畿エリア】
京都、大阪、兵庫、和歌山
【九州エリア】
福岡

DoCLASSEでは、WEB・カタログの通販で購入した商品に限り、理由にかかわらず無期限の返品・交換サービスを受け付けています。

◆ 返品の手順
1. 購入時に受け取れる明細書の「返品連絡シート」に必要事項を記入する
2. 返品商品に上記のシートを同梱して所定の住所※1に送付もしくは対象店舗に持ち込む

◆ 交換の手順
1. 「お客様サービスセンター※2」に電話して交換の手続きを行う
2. 明細書の「返品連絡シート」に必要事項を記入して購入した商品と同梱する
3. 指定した日時に新しい商品がゆうパックで送付されるので受け取る
4. 上記受け取りのタイミングで手元の返品商品を渡す

※1. 明細書に記載の住所
※2. 電話番号:0120-178-788

返品・交換いずれも、返金が発生する場合は購入方法に応じた方法での返金処理となります。

購入した後にサイズや着用感がイメージと違っても安心なので、ぜひ公式サイトで詳しくチェックしてみてくださいね。

 
公式サイトを見る

Maker’s Shirt 鎌倉

素材にこだわった上質なビジネスウェアを提供する「Maker's Shirt 鎌倉」

厳選されたコットンを使って仕立てたジャケットは、着心地の良さを一番に考えたい方にはぴったりの1着です。

また、ジャケットだけでなくカーディガンやチノパンなど、ビジネスカジュアルで活躍するアイテムを豊富に取り揃えているので、チェックしてみてくださいね。

ブランド詳細

【ブランド名】Maker’s Shirt 鎌倉
【価格】ジャケット:24,840円(税込)~
    スラックス:16,200円(税込)~
【総店舗数】28店舗

【東北エリア】
山形
【関東エリア】
東京、神奈川
【中部エリア】
愛知
【近畿・中国エリア】
大阪、広島
【九州エリア】
福岡

 
公式サイトを見る

3. ビジネスシーンで真似したいジャケパンコーディネート10選

1. ビジネスシーンでジャケパンを着こなすために」でビジネスシーンでのジャケパンの着こなしについて解説しました。

ここからは、実際にビジネスシーンで真似したいジャケパンコーディネートを春夏、秋冬の季節ごとに分けてご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

3-1. 春夏向けのコーディネート
 

ネイビージャケット×ベージュパンツの組み合わせは、ジャケパンの王道スタイルです。

シャツやネクタイ等も同色系のネイビーを合わせることにより、全体的にまとまりのある、春夏らしい爽やかなコーディネートになりおすすめです。

ネイビージャケット×グレーパンツの組み合わせも上品で、ビジネスシーンでは基本のスタイルです。

ネクタイを含めた全体のトーンを抑えることで、さらに上品な印象のコーディネートになります。

春夏らしい爽やかなリネン素材、明るい色味のライトグレージャケットもおすすめです。

全体を明るい色味でまとめると、春夏らしくおしゃれに決まります。

全体をワントーンで揃えるのもおしゃれな着こなしです。

チラッと見えるライトブルーのシャツがアクセントとなり、ワントーンのコーディネートでも爽やかな印象に。

ブラック×ホワイトなど、反対色で合わせるのも全体のバランスがとれ、おしゃれに決まるコーディネートです。

明るめのインナーを合わせカジュアル感をプラスするのもおすすめです。


春のジャケパンの着こなしについてもっと詳しく知りたいという方は、「春から挑戦したいジャケパンの定番コーディネート12選」に解説してありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

3-2. 秋冬向けのコーディネート

上下共にダークカラーで合わせると、一体感が生まれコーディネートがしやすくなります。

ただ、全体に暗く、重くなりがちになるので、インナーの色味には気をつけましょう。

グレージャケット×ブラックパンツのすっきりとしたモノトーンコーディネート。

ハウンドトゥース柄、秋冬らしい素材感のジャケットを中心にシンプルにまとめることで、大人っぽい落ち着いた印象になります。

グレージャケットに着こなしについてもっと詳しく知りたいという方は、「明日から真似したくなるグレージャケットの着こなし13選」に解説してありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

秋冬はベストやセーター等のアイテムを合わせるのもおすすめです。

全体のトーンを合わせると、スマートでおしゃれに着こなせます。

全体的にどうしても暗くなりがちな秋冬のコーディネートには、明るめのアイテムを取り入れるのがおすすめです。

差し色となる明るい色味のセーター等を合わせることで、全体にメリハリが生まれ、おしゃれなコーディネートになります。

ベストやセーターの代わりにダウンを合わせるのも、秋冬の定番スタイルです。

全体を落ち着いた色味でまとめた場合、インナーのダウンも落ち着いた色を選択すると大人っぽく上品なコーディネートになります。

冬のジャケパンの着こなしについてもっと詳しく知りたいという方は、「今日から取り入れたい冬のジャケパン定番コーディネート12選」に解説してありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

4. まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はビジネスシーンでのジャケパンについてご紹介しました。

最後にビジネスシーンでの着こなしについてのおさらいですが、

まず最初にオフィス、ビジネスカジュアルの違いを理解しましょう。

それぞれの主な特徴として、

オフィスカジュアルとは、社内で来客があっても失礼のないカジュアルな服装
ビジネスカジュアルとは、社外(企業)の訪問にも適したカジュアルな服装

が挙げられます。

そしてその違いを理解した上で、

・ジャケパンスタイルの基本のルールを押さえる
・職場のルール、雰囲気等に合わせて服装を選ぶ

以上のポイントを押さえることが大切です。

今回、ご紹介した内容を参考に、ぜひビジネスシーンでのジャケパンを楽しんでくださいね。