羽織るだけで一気に男らしさが引き立つジャケットは、上手に着こなしてビジネスもプライベートもお洒落に決めたいですよね。

ただスーツと違い、セットで着られない分コーディネートには迷ってしまいがち...そこで、今回は簡単に取り入れやすい王道の着こなしをご提案します。

そのまま真似できる着こなしなので、ぜひ参考にしてくださいね。

上級者向けの着こなしが知りたい方は、別記事の「ジャケパンスタイル|お洒落に目立てる上級者の着こなし術」をご覧ください。

(※この記事は、2017年4月時点での情報を参考にしています。)

1. ジャケットの種類

まずは種類ごとのジャケットの特徴をご紹介していきます。

1-1. ウールのジャケットでフォーマルに

  • ジャケット 着こなし
<ウールジャケットとは>

素材の特徴
羊の毛から作られたウールは暖かく、天然素材ならではの風合いが魅力

おすすめの色
ネイビー

スーツにも良く使われる素材であるウールのジャケットは、きちんと決めたい日におすすめです。

失礼のない服装が良いけれど、1人だけスーツも恥ずかしい、そんな日はウールのジャケットに、色の違うスーツのパンツやチノパンを合わせましょう。

スーツのジャケットは使えるの?

単体で着るジャケットとして売られているものが理想ですが、スーツのジャケットも合わせ方次第で使えます。
 
  • ジャケット 着こなし

中途半端にチグハグなスーツを着ていると思われないよう、上下の色は明らかに違うものを選びましょう。おすすめはグレーとネイビーの組み合わせです。

  • ジャケット 着こなし

織り柄などの細かい柄が入ったものもスーツっぽさが出てしまうため、ジャケット単体で着るのはNGです。

ジャケット単体で着るときは、カジュアル感の出るスリムフィットのタイプがおすすめです。

右下の写真の礼服のように、ゆったりしたタイプはフォーマルに見えてしまいます。

1-2. コットンジャケットでカジュアルに

<コットンジャケットとは>

素材の特徴
軽い着心地とお手入れの楽さが魅力。涼しく過ごせるので春・夏向けです。特にリネンが入ったものは夏におすすめ。

おすすめの色
ネイビー・グレー・ベージュ

普段着によく使われる素材なため、改まった印象のジャケットにも適度なカジュアル感をプラスできます。

ジャケットが好きだけれど、休日は普段よりリラックスした服装で過ごしたいという方にぴったり。

1-3. ツイードジャケットで冬もセンス良く

<ツイードジャケットとは>
 
素材の特徴
ウールよりも厚手で保温性が高い。しっかりと作られているという高級感と、本来はイギリスの田舎で愛されていたという素朴な雰囲気を併せ持つ。
 
おすすめの色
ブラウン

コーディネート次第でフォーマルにもカジュアルにも決まるツイードジャケットは、羽織るだけで季節感が出るため簡単にお洒落へのこだわりをアピールできます。

1-4. ジャージー素材のジャケットで快適に

<ジャージージャケットとは>
素材の特徴
スポーツウェアなどによく使われるジャージー素材は、ポリエステルがメインなため軽くシワになりにくい素材
 
おすすめの色
ネイビー・グレー

快適に過ごせるジャージー素材は、カジュアル感があるので堅苦しくなりたくない日に取り入れましょう。

価格もお手頃なものが多いので、とりあえずジャケットが欲しいという方にぴったりです。

1-5. ダブルジャケットで貫禄を出す

<ダブルジャケットとは>
形の特徴
ボタンが2列についたダブルジャケットは、上半身にボリュームが出るため貫禄を感じさせるスタイル
 
おすすめの色
ネイビー

大人の男らしさが出るため、プライベートで素敵なレストランに行く際やカジュアルなビジネスシーンで目立ちたいときなどに着たいですね。

2. 定番ジャケットが手に入るおすすめブランド3選

ここではビジネスでもプライベートでも使える、定番のジャケットが手に入るおすすめのブランドを、

・高品質でコスパの高い製品を提供している

・長く愛用できる上質でベーシックな生地、色柄のジャケットを豊富に取り揃えている

・店舗が多い、または通販で便利に購入することができる

という基準より、ご紹介します。

特にネイビーのジャケットが1着あれば、どんなコーディネートにも合わせやすいので、ぜひチェックしてみてくださいね。


LaFabric(ラファブリック)

  • ジャケット 着こなし

ネットでオーダースーツ・シャツを1着から作れるカスタムオーダーの通販サイト「LaFabric」。

製品はすべてメイドインジャパンで、ストレッチ性や耐摩擦性など機能性に優れた生地・素材のアイテムを豊富に取り揃えているのが特徴です。

ジャケットは1着29,800円〜よりオーダーができ、仕事でもオフでも使いやすいネイビー・チャコールグレー中心に取り扱いがあります。

また、一度店舗で採寸〜体型サイズを登録すれば、あとはネットでジャケットをオーダーすることができるのも魅力です。

ブランド詳細

【ブランド名】LaFabric
【価格】29,800円(税込)〜
【納期】約4週間

公式サイトを見る

麻布テーラー

全国展開のあるオーダースーツ専門店として、お洒落なビジネスマンに人気の「麻布テーラー」。
 
国産生地や海外インポート生地など、厳選された一流生地を毎シーズン、約3,000種類ほど取り扱っているのが特徴です。
 
きれい目で、ドレス感のあるジャケットが欲しい方におすすめです。
ブランド詳細

【ブランド名】麻布テーラー
【価格】23,000円(税抜)〜
【納期】約4〜6週間

公式サイトを見る

UNITED ARROWS

定番から最先端のデザイナーズブランドまで、上質なアイテムを幅広く取り扱う大手セレクトショップの一つ「UNITED ARROWS」。

UNITED ARROWSブランドのジャケットは、毎シーズン、ネイビーベースの1着や季節素材を使った1着など、定番からビジネスファッション感度の高いアイテムを取り扱っているのが特徴です。

トレンド性のある、上品で上質なジャケットが欲しい大人の男性におすすめです。

ブランド詳細

【ブランド名】 UNITED ARROWS
【価格帯】20,000円〜

公式サイトを見る

3. ジャケットの着こなし

3-1. どんなシーンでも決まる王道の着こなし

まずは失敗したくない日におすすめの、ネイビーのジャケットとベージュのチノパンツのコーディネートをご紹介します。

定番のスタイルは、オフィスの誰からも好印象。中のシャツは白か淡いブルーでシンプルに決めるのがおすすめです。

ベージュより濃いめのブラウンを合わせるとさらに上品に。スニーカーで遊び心を添えた着こなしですが、ローファーなどの革靴だと改まって見えます。

王道コーディネートはもちろん、プライベートにも。ネイビーとベージュの上品な組み合わせは、異性からの評判も◎です。

<王道の着こなしのポイント>
・ネイビーとベージュという上品な色同士を合わせる
 
・インナーのシャツやTシャツも白や淡いブルーなどのシンプルなものにする

3-2. かっちりとしたオフィス

オフィスできちんと見せるには、ネクタイが必須。

濃いえんじやネイビーで、全体を引き締めましょう。また、素材はウールがおすすめ。スーツのジャケットにスーツのパンツを合わせるのも良いですね。

ストライプスーツのジャケットと、グレーのスーツのパンツを合わせたお手軽コーディネート。

細ストライプ柄はNGと書きましたが、今回のような遠目からも分かるくらい大きめのストライプ柄ならカジュアル感があるのでOKです。

ごく淡い色のグレージャケットは春・夏に取り入れたいですね。パンツとネクタイをネイビーでまとめると知的に見えます。

こちらも夏におすすめな着こなし。少しだけ目立ちたい日は、明るいブルーのジャケットで決めましょう。

品良く決まるベージュのジャケット。パンツの色は黒やネイビーもOKですが、中間色のグレーはさらに上品に。

一気に温かみの出るツイードジャケットは、ブルー系の服と相性抜群。水色のシャツとネイビーのパンツを合わせるのがおすすめです。

明るいネイビーのジャケットに、ダークネイビーのパンツ、ネクタイでまとめたグラデーションコーディネート。

同色系で合わせるのは簡単なうえ、上品に見えます。

<オフィスできちんと着こなすポイント>
・ネイビーやえんじなど濃い色のネクタイで全体を引き締める
 
・ウールやツイードなど高級感のある素材がおすすめ

・ジャケットとパンツはネイビー、グレー、ベージュの3色から選ぶと品良く決まる

3-3. カジュアルな服装のオフィス

ノーネクタイOKなカジュアルなオフィスでは、コットンのジャケットやパンツが最適です。

シャツはもちろんですが、シンプルなTシャツを合わせるのも良いですね。

上品なネイビーのジャケットは、チェックシャツを合わせるとカジュアルに。

ネイビー、ブルー、白とグラデーションで合わせるとまとまりが出ます。

コットンジャケットに、コットンのパンツを合わせたスーツ風の着こなし。

同じ色のジャケットとパンツを合わせる際は、同じ素材のものを選びましょう。

上品なベージュのジャケットは、白いTシャツと合わせて適度にカジュアルに決めましょう。

高級感のある素材で、かしこまって見えがちなツイードジャケットも、コットンのパンツにノーネクタイだと親しみやすく見えますね。

スーツの2大カラー、グレーとネイビーの組み合わせは失敗しにくいためおすすめです。

ネイビージャケットの王道の着こなしも、サックスブルーのきれい目なシャツを合わせるとオフィス仕様に格上げできます。

<オフィスでラフに着こなすポイント>
・コットンが適度なカジュアル感が出ておすすめですが、ウールやツイードもOK

・ネクタイは不要ですが、白シャツなどシンプルなインナーにする

3-4. プライベート(春夏)

大人の男の魅力を引き立てるダブルジャケットで、パーティーやディナーもカッコ良く決めましょう。

ネイビージャケットに淡いブルーのシャツという基本のスタイルに、ジーンズを合わせると一気にこなれた印象に。

ジャケットは羽織りたいけど、堅苦しいのは嫌だという日にぴったりです。

ハーフパンツにTシャツという、夏の楽チンスタイルも、ジャケットを1枚羽織るだけで一気にお洒落に。

ラフなスタイルだからこそ、シンプルな色でまとめたいですね。

3-5. プライベート(秋冬)

タートルとジャケットも意外とよく合います。

上品でお洒落に見えるので、プライベートのお出かけにぜひ取り入れたい着こなしです。

ビジネスにも対応できる定番の着こなしも、パンツと同色のハットを取り入れるとセンス良く決まります。

上品なツイードジャケットですが、意外とカジュアルなボーダーやジーンズとも相性が良いです。

4. まとめ

ジャケットは着こなし次第で、ビジネスからプライベートまでさまざまなシーンで使える優秀なアイテムです。

たくさんの着こなしを楽しめますが、基本の「ネイビージャケット + ベージュのチノパン」を押さえ、そこから自分らしさをプラスすると良いでしょう。

ジャケットの着こなしに悩んだときは、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。