男らしさがあり、女性からも好印象のアイテムといえばジャケット。

中でもテーラードジャケットは、メンズなら着こなしを知っておきたいマストアイテムです。

でもそんな定番のジャケットだからこそ、着こなしやジャケットについての悩みはなかなか周りにも聞きづらいですよね。

そこで今回は、メンズのジャケットについてまとめました。

いまさら聞けないジャケットの基礎知識から、明日から試したくなるジャケットの着こなしをおすすめアイテムと一緒にご紹介いたします。

メンズジャケットのかっこいい着こなしを知って、おしゃれをもっと楽しみましょう! 

(※この記事は、2017年3月時点での情報を参考にしています。)

Outline

- 項目をクリックで該当箇所へ

1. ジャケット選びで気を付けたい4つのこと

1-1. ジャケットは、テーラードジャケットが定番

  • メンズ ジャケット 

一言でジャケットといっても、様々な種類やデザインがあります。

その中でも、いろんなシーンや着こなしに使えるテーラードジャケットは定番中の定番。

合わせるアイテムによって、かっちりとした印象からカジュアルな印象まで、幅広くおしゃれを楽しむことができます。

1-2. 黒、ネイビー、グレーが定番カラー

使い勝手のいいテーラードジャケットの中でも、おすすめは黒・ネイビー・グレーの3色。

インナーや、周りのアイテムとの色の着合わせもしやすいので一着でたくさんの着こなしを楽しめます。

また、一番外着に当たる服に落ち着いた色を持ってくることで、ジャケットのしまったカッコよさを存分に表現することができます。

1-3. 大切なのはサイズ感

  • メンズ ジャケット 

一番外着になるジャケットに求めてほしいのがサイズ感。

ジャケットは、かっちりとした印象を与えるアイテムなので緩すぎるものはかっこよくありません。

また、ジャケットは着こなしやシーンによっては前のボタンを締めて着用することもあるので、ボタンが閉まらないほどきついジャケットもNGです。

ジャケットのサイズ感は、大きく肩と身幅と袖を参考に選ぶといいでしょう。

・肩

画像のように、サイズが合っていないとジャケットの襟下に「つきじわ」と呼ばれるシワが入ってしまいます。

シャツの襟とジャケットの首周りにすきまができてしまっていないか、つきじわが大きく出ていないか、の2点が参考になります。

・身幅

  • メンズ ジャケット 

ジャケットの身幅は、ボタンを締めた時に胸にこぶしが1つ入るかどうか、を目安にするといいでしょう。

身幅を確かめる際は、第一ボタンのみを留めるようにしましょう。

・袖

  • メンズ ジャケット 

袖は、手首を折り曲げた時に手の甲にギリギリかぶるくらいの長さが適切です。

肩や身幅を気にする一方で、袖が長いことを意識しない肩も多いので、要注意です。

1-4. トレンドは細身のシルエット

最近の流行は、細身のジャケット。

細身のジャケットは、印象よくまとまるだけでなくボトム次第で印象を変えて着こなすことができる便利なアイテムです。

若い年代に人気の細身のジャケットは、クローゼットに持っておきたい一着です。

2. 予算3万円で手に入るおすすめブランド3選

ここではジャケットのコーディネートを楽しみたい方のために、おすすめのブランドを、

・1着、予算3万円台で手に入れることができる

・高品質でコストパフォーマンスの良い製品を提供している

・店舗が多い、または通販で便利に購入することができる

という基準より、ご紹介します。

幅広い年代で利用できるブランドをピックアップしていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


LaFabric(ラファブリック)

  • メンズ ジャケット 

テクノロジーとファッションを融合させ、スマートなオーダー体験を提供するカスタムオーダーの通販サイト「LaFabric」。

おすすめのポイントは以下2つです。

・使い勝手、着心地を追求し、オフィスや外出先で快適に過ごせる機能的なジャケットを豊富に取り扱っている

・一度、店舗で採寸〜カラダのサイズを登録すれば、そのデータがクラウド上に保存され、あとはネットからでも気軽にオーダーができる

好みのサイズ・デザインの高機能なジャケットを、店舗でもオンラインストアでも注文できる便利さに定評のある次世代型のブランドです。

ブランド詳細

【ブランド名】LaFabric
【価格】29,800円(税込)〜

公式HPを見る

麻布テーラー

全国展開のあるビジネスウェア専門店として人気の「麻布テーラー」。

おすすめのポイントは以下2つです。

・トレンド感、季節感のある選りすぐりの高級生地を豊富に取り扱っている

・生地のほか、ボタンやデザイン、裏地など、選べるオプションが多いため、ディティールにこだわることができる

特に「会社にも着用できるドレスジャージージャケット」が人気で、職場に適したきれい目でドレス感のある一着をお探しの方におすすめです。

ブランド詳細

【ブランド名】麻布テーラー
【価格】23,000円(税抜)〜

公式HPを見る

green label relaxing

国内大手セレクトショップの一つ、UNITED ARROWSが展開する別レーベルの「green label relaxing」。

おすすめのポイントは以下2つです。

・高すぎず、安すぎず、ちょうどいいトレンド感のあるベーシックなラインナップを取り揃えている

・ジャケットに挑戦してみたい方でもトライしやすい、シンプルでオーソドックスなデザインのジャケットを展開している

価格帯は20,000円〜と、比較的リーズナブルなため、ジャケットを取り入れたコーディネートを試してみたい方のエントリーモデルとしておすすめです。

ブランド詳細

【ブランド名】green label relaxing
【価格帯】20,000円〜

公式HPを見る

3. テーラードジャケットの着こなしのポイント

ここからは、テーラードジャケットの着こなしで気を付けたいポイントについてご紹介していきます。

3-1. シルエットを意識しよう

ジャケットの着こなしは、全身のシルエットを意識するのが重要です。

ここでは、いくつか代表的なシルエットをご紹介します。

・Aライン

上半身を細く整え、ボトムにゆったり感を残したシルエットの着こなし。

そのシルエットがアルファベットのAに似ていることからこの名がつきました。

品の良いかっちりさと、カジュアルなゆったり感をバランスよく演出できるため、最もスタンダードなシルエットです。

・Iライン

上半身に加え、ボトムにもスキニーパンツといった細身のアイテムを合わせたものがIラインです。

全体的にすっきりとした印象を与え、ジャケットの細さが際立ちます。

スタイル良く見えるのが特徴で、身長の高い人に良く合う着こなしです。

3-2. 色は2〜3色できれいにまとめる

ジャケットスタイルに関わらず着こなしの基本として、色は全身で2~3色にまとめましょう。

色にまとまりがあると、全体的に落ち着いた印象になります。

また、ジャケットのようにかちっとした着こなしほど、余計な色を使わずシンプルにまとめることでかっこいいスタイルになります。

3-3. カジュアル感を忘れない

ジャケットと同色のボトムやセットアップに、ワイシャツなどを合わせると普段のお出かけなどには固すぎることもあります。

ボトムとジャケットをきれいめに合わせるならインナーはシンプルなカットソーでカジュアルに外したり、足元を革靴ではなくスニーカーにするなどして、カジュアルの要素を忘れずに取り入れるようにしましょう。

3-4. 【番外編】ポケットの「フタ」の使い方

ジャケットのポケットについているフタのようなもの。

何に使うんだろうと気になったことはありませんか?

名前を「フラップ」といって、ポケット内にほこりや塵を入れないようにとつけられたものです。

屋内ではフラップをポケット内にしまい、屋外ではフラップを外に出すのがマナーとされています。

ジャケットを着る時には、覚えておきたい豆知識の一つです。

メンズ ジャケット 
前のボタンていつ、何個しめるの?
ジャケットには、目に2つボタンがついているものや3つついているものもあります。カジュアルジャケットで代表的な2つボタンは、下のボタンを「飾りボタン」としているため基本締めません。
 
フォーマルな場では、起立時にはボタンを締め、座っているときには外すのがルールとされています。カジュアルジャケットも、知る人ぞ知る着こなしでおしゃれを楽しみましょう。

4. テーラードジャケットに合わせたいアイテム~インナー編~

ここからは、ジャケットに合わせたいインナーアイテムをご紹介します。

ジャケット以外のアイテムを上手に使って、いろんな着こなしを楽しんでください。

4-1. 白T、丸襟、Vネック

まず間違いないインナーとして、白のTシャツをご紹介します。

インナーに白を合わせることで、ジャケットが良く映えます。

また、インナーに白を合わせれば、ボトムの色選びにも困りません。

カットソーやTシャツなら、丸襟やVネックなど襟元を変えるだけでカジュアルから男らしい印象まで楽しめます。

4-2. ボーダーシャツ

カジュアルにジャケットを着こなすならインナーにボーダーシャツがおすすめです。

インナーに柄があると、ジャケットを脱いでも決まって安心。

インナーに柄を持ってくるときは、ジャケットを無地にするのがおすすめです。

4-3. 白ワイシャツ

白のカットソーやシャツもいいですが、ワイシャツも非常におすすめです。

ジャケットにワイシャツを合わせることで、顔もとにかちっとした印象を与えることができます。

ボトムや靴をカジュアルな印象にすれば、バランスの取れたおしゃれに。

白のワイシャツは、無地から柄の入ったジャケットまで幅広く合わせることができるので、ジャケットで遊ぶコーディネートにもおすすめです。

メンズ ジャケット 
襟で選ぼう
ワイシャツをコーディネートに取り入れる時は、襟の種類にもこだわってみましょう。ジャケットと合わせるのにおすすめなのは、「ボタンダウン」と呼ばれる襟です。ネクタイをせずに、ジャケットを着る時に襟が立つようにデザインされている襟の種類で、 ジャケットスタイルをカジュアルに着こなす男の、一歩進んだシャツ選びです。

4-4. チェックシャツ

柄物のワイシャツを合わせるなら、断然チェック柄がおすすめです。

無地のジャケットにチェックシャツを合わせることで、ジャケットの印象も凛々しくなります。

色違いで何着か持っていると、ジャケットの色に合わせて使いまわせるので、おすすめです。

4-5. 柄シャツ

チェックはありきたりでつまらない、すでに持っているという方は、チェック以外の柄にもチャレンジしてみましょう。

ストライプや、特徴のある柄物もジャケットと合わせれば落ち着いたおしゃれにまとまります。

ただ、柄を用いる時も「3-2. 色は2〜3色できれいにまとめる」でおさらいしたように、色は少なめにしましょう。

5. テーラードジャケットに合わせたいアイテム~パンツ編~

ここからは、ジャケットスタイルに合わせるボトムアイテムの紹介をしていきます。

お持ちのアイテムから、今すぐ使えそうなものを探してみてくださいね。

5-1. スキニーパンツ

テーラードジャケットにタイトなパンツを合わせることで、Iラインを意識したコーディネートになります。

全体的にすっきりとした印象になり、スタイリッシュな着こなしになります。

5-2. チノパン

最もオーソドックスともいえるチノパンは、やはりジャケットと合わせてもおすすめです。

インナーに何を持ってきても相性が良く、困った時に失敗しないチノパンは必ず持っておきたいアイテムです。

5-3. カーゴパンツ

カーゴパンツは、Aラインの着こなしの代表的なアイテムです。

カーキは、どんな色とも合うので使いやすく、男の持っておきたい一着です。

5-4. スラックス

ジャケットを比較的フォーマルに着こなしたいときに、スラックスがおすすめです。

ワイシャツや、ローファーと合わせて着るとさらにかっちりとした印象になり、スニーカーやリュックなどで少しカジュアル感を足すと、おしゃれに決まります。

5-5. アンクルパンツ

くるぶしあたりまでの丈のパンツをアンクルパンツといいます。

ジャケットに、アンクルパンツを合わせると、カッコよさの中にこなれ感があるスタイルにまとまります。

ロング丈のパンツをロールアップしても、アンクルパンツと同じような着こなしを楽しむことができます。

5-6. ハーフパンツ

基本的な着こなしをマスターしたら、ハーフパンツに挑戦してみましょう。

スラックスやチノパンに近い色や、ジャケットの色に近いハーフパンツがおすすめです。

ジャケットと一見合わないと感じがちなハーフパンツは、着こなし全体のアクセントになります。

6. テーラードジャケットに合わせたいアイテム~その他編~

アイテム紹介の最後は、小物やちょっとこだわることでさらにおしゃれが楽しくなる着こなしアイテムを紹介します。

6-1. 靴下は、ショート、ミドル丈を使いこなそう

普段はうっかり気を抜いてしまう靴下も、丈の長さを意識して使い分けると足元からおしゃれを楽しめます。

ショート丈の靴下を用いる時には、アンクルパンツやロールアップと合わせるとおしゃれに決まります。

ミドル丈を用いる時は、色物や柄物を使って、ロング~ミドル丈のボトムに合わせましょう。

足元に色や柄を一つ挟むことによって、一味変わった着こなしができます。

6-2. 靴は革靴でもスニーカーでもOK

靴は、革靴やローファーといったかっちりとした靴から、スニーカーなどのカジュアルなものまでジャケットに合わせることができます。

カジュアルな服装でもローファーを履けばアクセントになり、同じようにかっちりとした服装でもスニーカーを履くことでほどよく砕けた着こなしになります。

6-3. カバンはなんでも合う

ジャケットに合わせるカバンは、ハンドバッグをイメージしがちですが、クラッチバッグやリュックもジャケットと相性抜群です。

全体的にカジュアルな着こなしならリュック、かっちりめな着こなしならハンドバッグやクラッチバッグがおすすめです。

7. テーラードジャケットを使ったおすすめ着こなし9選

ここまで、ジャケットに合わせるアイテムについてご紹介しましたが、 最後に、ジャケットの色別におすすめのコーディネートをまとめてみました。

7-1. 黒ジャケット編

・黒ジャケット×白シャツを軸にしたコーデ

 黒のジャケットに合わせて、他のアイテムもモノトーンに合わせたスタイル。

メリハリが効いているこの着こなしは全体的にスタイリッシュなイメージを与えるため、Iラインを意識したサイズ感がおすすめです。

・黒ジャケットにショーツを合わせたカジュアルな着こなし

きれいめなスタイルに、足元をショーツで外した遊び心たくさんの着こなし。ジャケットスタイルをカジュアルに楽しめるおすすめのコーディネートです。

7-2. ネイビージャケット編

・ネイビージャケット×ボーダーシャツ×チノパンの王道スタイル

チェックシャツとチノパンを合わせれば簡単に落ち着いた大人コーデに。

ネイビーをジャケットに持ってくるときは、その他のアイテムも落ち着き目なものをチョイスして、着こなし全体の雰囲気を仕上げましょう。

・ネイビージャケット×白シャツで清潔感あふれるコーデ  

清潔感と信頼を表すネイビーに白を合わせると全体にも清潔感を感じる着こなしになります。

写真のコーディネートはあえて、男らしさを出すためにボトムを黒に。

ボトムは同じ青系のデニムでそろえても、まとまったコーディネートになります。

・ネイビージャケット×チェックシャツは相性抜群

ネイビージャケットチェックシャツは一気にコーディネートをチャーミングに仕上げてくれます。

ネイビーのジャケットは、優しい印象もありつつ、しっかりとしたジャケットコーデの良さを残してくれるため、チェックシャツやスニーカー、ショーツといったカジュアルなアイテムに合わせるのがおすすめです。

7-3. グレージャケット編

・グレージャケットを、明るめなアイテムに混ぜてカジュアルに 

グレージャケットを用いた、爽やかな着こなし。白シャツはデニムと合わせれば、グレージャケットをカジュアルに着こなすことができます。

落ち着いた印象の中に、おしゃれさもあるおすすめのコーディネートです。

・グレージャケットも、暗めのアイテムと合わせれば一味変わった印象に

暗めのアイテムと一緒にグレージャケットを羽織れば、たちまち大人の魅力あふれるコーディネートに。

季節やシーンに合わせて、カジュアルにも大人にも着こなせるグレージャケットはおしゃれを楽しむ男子必至のアイテムです。

アウターにグレージャケットを用いればカジュアルの中に、大人の余裕を感じさせる着こなしになります。

7-4. カラー・柄ジャケット編

・柄シャツ×シンプルなアイテムで、ジャケットに存在感を 

柄ジャケットを使う時は、他のアイテムをできるだけ落ち着いたものにして、小物やボトム丈で変化をつけてみましょう。

白シャツやサックスブルーのシャツは、シンプルなインナーの代表としてクローゼットに持っておきたいですね。

柄のジャケットは、「1-2. 黒、ネイビー、グレーが定番カラー」でも紹介した3色に柄が入っているものが使いやすくおすすめです。

ボトムも、基本的なデニムやカーゴパンツ、チノパンと合わせておけば間違いありません。

・王道3色以外のカラーで、周りと差をつけよう

黒、紺、グレーのジャケットを制覇したら、他の色のジャケットにも挑戦してみましょう。

カーキやキャメルが他の色とも合わせやすくおすすめです。

自分の個性やカラーに合った色のジャケットに挑戦してみてくださいね。

8. まとめ

いかがでしたか。

ジャケットは、カジュアルからかっちり目まで楽しめるとても便利なアイテムです。

自分の好きな着こなしに合わせてジャケットを買いそろえて、素敵なクローゼットにしてくださいね。