ワイシャツをきちんと着ていると、それだけでかっこよく見えますよね。

でも、自分の身体にフィットするワイシャツを探すのは、意外と難しいなと感じたことはありませんか?

今回は、自分の身体に合ったワイシャツのサイズの選び方についてご紹介します。簡単なサイズの測り方もご紹介しますので、自分のサイズが知りたい時や、新しいワイシャツを選ぶ時に役立ててください

多くのシャツメーカーを調査し、もっとも一般的なサイズの測り方をご紹介していますので、ワイシャツを買いに行く前にぜひご覧ください。

1. 自分に合ったサイズを見極める4つのポイント

デザインや雰囲気も大切ですが、ワイシャツを選ぶ上で最も重要なのはサイズと言われています。

かっこよく見えるし、着心地もいいし、ワイシャツを着る時にサイズが重要なことはわかっているけれど、いま着ているワイシャツがそもそも身体に合っているかどうかわからない。そんな方もいるのではないでしょうか。

あなたが着ているワイシャツが本当に身体に合っているかどうか一目でわかるポイントをご紹介しますので、試着したときやサイズに悩んだときはぜひ確認してください。

1-1. シャツの肩を自分の肩幅に合わせる

  • ワイシャツ サイズ

サイズの合ったシャツを選ぶ時、重要になるのがシャツと自分の骨格の肩幅が合っているかどうか。

ワイシャツについている肩の縫い目の部分が自分の肩幅ぴったりか、もしくは肩幅より若干内側に入っているものを選びましょう。

このポイントを意識することで、腕が動かしやすくフィット感のある一枚を選ぶことができます。

背中から見ると一目瞭然ですが、背中から見ることが難しい場合は、触って縫い目のラインと肩の先が合っているかを確認しましょう。

1-2. 首回りは指2本分のゆとりを持たせる

  • ワイシャツ サイズ

Vゾーンの印象を形づくる「首回り」は指2本分の余裕を持たせることを心がけましょう。

苦しいからといって、ゆとりを持たせすぎるとだらしなく、野暮ったい印象になってしまいます。人差し指と中指の2本の指を入れて確認します。

1-3. 着丈はパンツの半分にかかるくらいの長さで

  • ワイシャツ サイズ

ワイシャツのジャストサイズの着丈は股とベルトの間、ちょうどチャックが半分くらい隠れるのがベストと言われています。

ビジネスシーンで着るワイシャツであれば、パンツの中に裾を入れると思うので、若干短めの方がワイシャツ全体がもたつかずに着ることができます。

バンザイした時に、パンツの半分か半分にかかるくらいの長さになっているかどうかを確認しましょう。

1-4. 袖口がジャケットから1.0cm見える長さ

  • ワイシャツ サイズ

最後のポイントは袖の長さ。ジャケットを着た時、必ず袖からワイシャツが1.0cm〜1.5cmほど見えるようにしましょう。

試着している時など、ジャケットと合わせられないという時は、腕を下ろした状態で手首を曲げてみて、袖口が手の甲に当たるかどうかで長さを確認しましょう。軽く触れる程度が適切な長さです。

以上4つのポイントに気をつけて、正しいサイズのシャツを選んでくださいね。

2. お店でのサイズの選び方

メーカーによって、サイズ設定は異なります。買おうとしているメーカーのサイズ設定がどうなっているのかは確認が必要ですが、一般的なサイズについてご紹介します。

2-1. ワイシャツのサイズの見方

ワイシャツのサイズはどこで確認するかというと、シャツについているタグで確認します。他の洋服と異なるのは、S/M/Lなどの表記だけではなく、首回りと裄丈の数値が書いてあるところ。

この2つの数値でワイシャツのサイズはほとんど決まります。

上の写真のように「首回り(cm)-裄丈(cm)」というふうに書いてあります。

3. 手持ちのシャツと比べてサイズを知る」や「4. 自分の身体を測ってサイズを知る」を参考にして、自分の身体に合った首回りと裄丈を選びましょう。

2-2. 一般的なサイズ表

特に裄丈に関してはメーカーや、商品ラインによって幅がありますが、一般的にS/M/L/LLと呼ばれるサイズがどれくらいのものなのかをご紹介します。

  S M L LL
首回り(cm) 37 39 41 43
裄丈(cm) 78〜81 81〜84 84〜86 86〜88

首回りと裄丈でサイズが決まるワイシャツは、他の洋服と違って身長がこれくらいだからサイズはこれ!と言いづらいもの。例えば同じ170cmの人でも、首の太さによってはワイシャツのサイズは変わってしまいます。

まずは首の太さが自分は細めなのか、太めなのかを把握しておきましょう。新しいお店でワイシャツのサイズを選ぶときは、必ずそのメーカーのサイズ表を確認してくださいね。

3. 手持ちのシャツと比べてサイズを知る

1. 自分に合ったサイズを見極める4つのポイント」を試していただくと、大体自分に合ったシャツのサイズを知ることができます。

ただし、本当に自分の身体に合ったシャツが欲しい場合は、面倒ですが自分の身体のサイズを測ると、1番確実です。

自分のサイズを知る方法としては大きく2つあります。

まずは、手持ちのワイシャツのサイズをまずは調べてみてください。実際に測ってみる時は、なんとなく測るのではなく、気を付けたいポイントがありますので、覚えておいてくださいね。

3-1. 首回りの測り方

  • ワイシャツ サイズ

襟の部分を平らなところに置き、ボタンの中心から反対側のボタンホールの中心までを測ります。この時、ワイシャツの生地がたるんだり曲がったりしないように気をつけましょう。

3-2. 裄丈の測り方

  • ワイシャツ サイズ

襟の中心から肩先を経由してたカフス部分の先端までの寸法です。

ワイシャツを縦に半分に折った時、真ん中になるラインから肩先までまず測り、そこからカフスの端までの長さを測ります。こちらもたるみがないようにしっかり伸ばして測りましょう。

3-3. その他の部分の測り方

ワイシャツのサイズを測る時に関しても、他の身体の測り方をご紹介します。

肩幅のサイズ

  • ワイシャツ サイズ

ヨーク部分の中央で、左右を生地目に沿って測ります。生地がたるまないように、端と端をつかんで測ると測りやすいです。

胸回りのサイズ

  • ワイシャツ サイズ

平らな台の上におき、前立ボタンをはめて、左右のわきのすぐ下を結んで、まっすぐに測り、その長さを2倍にします。

胴回りのサイズ

  • ワイシャツ サイズ

ワイシャツが最もくびれている部分を左右に測った長さを2倍すれば胴回りのサイズがわかります。

このように手持ちのワイシャツを測ってもサイズを知ることはできますが、自分の理想のサイズのワイシャツを持っていない場合、どうしてもフィットするサイズを想像するしかなくなってしまいます。

望ましいのは、プロであるお店のスタッフさんに採寸してもらうことです。

4. 自分の身体を測ってサイズを知る

次は実際に自分の身体を測る方法です。メジャーを使って誰かに測ってもらったり、購入先のスタッフさんに採寸してもらったりして、正しいサイズを測るようにしましょう。

4-1. 首回りの測り方

  • ワイシャツ サイズ

首回りのサイズは、ワイシャツのサイズを決定するために特に重要な箇所です。多くのワイシャツのサイズは首回りの大きさで区別されています。

正しい測り方は、喉仏の下あたりにメジャーをあて、首をぐるっと一周させます。この時、メジャーがたるんだり、ねじれたりしないように注意しましょう。

指を2本入れて測るとジャストサイズの首回りサイズを知ることができます。

測り方が不安な時は、きっちりと当てて測った後に、ゆとり量を持たせます。ゆとり量とは、ワイシャツの首回りにどれくらい余裕を持たせるかを決める量のことです。

下の表を参考に、自分はどれくらいのゆとり量を持たせるかを決めましょう。

基本のジャストサイズ 実寸+2cm (指が2本分入るくらいのジャストサイズ)
少し狭いサイズ 実寸+1cm(タイトな首回りが好きな方向け)
やや広いサイズ 実寸+3cm(ゆったりした首回りが好きな方向け)

4-2. 裄丈の測り方

  • ワイシャツ サイズ
  • ワイシャツ サイズ
  • ワイシャツ サイズ

裄丈とは、首の後ろの付け根部分の中心から、肩先を経由して手首のくるぶしの下までの長さのことです。

腕の上げ下げや折り曲げた時の腕の動きやすさに直結している部分なので首回りと同様に非常に重要なポイントです。

首の裏にある骨(頸椎点)から肩の付け根までまず測り、そこから肘まで一度測り、最後に手首の付け根にある骨の部分まで測ります。

ポイントは、あまりメジャーをピンと張りすぎないこと。自然に、でもたるみができないように身体に沿わせて測りましょう。

洗濯をする際、特にクリーニングによく出す場合などは、生地が縮む場合が多いので、あらかじめ計算に入れておいて、実寸より2cm〜3cm長めに考えておくと後で困りません。

特に綿100%のワイシャツの場合は縮みやすいので注意が必要です。

4-3. その他の部分の測り方

ワイシャツのサイズを知りたい時は、首回りと裄丈のサイズさえわかればほとんど問題ありませんが、オーダーシャツで本当に自分の身体に合ったワイシャツを作りたい!といった方のために、他の身体の測り方についても簡単にご紹介します。

肩幅のサイズ

  • ワイシャツ サイズ

肩先から反対側の肩先までの長さのことです。右肩の骨の端から、左肩の骨の端まで、首のつけ根を通るラインを測るのが、正しい測り方です。

胸回りのサイズ

  • ワイシャツ サイズ

リラックスした状態で、脇のすぐ下を通って胸を1周して測ります。

ぴっちりと身体にフィットした服を着ている状態で測る時は、胸とメジャーの間に指2本分くらいのスペースを入れます。セーターなど厚手のものを着た状態で測る時は、少しきつめに測りましょう。

胴回りのサイズ

  • ワイシャツ サイズ

ウエストの最もくびれている部分(お腹が出ている方の場合は最も太い部分)をぐるっと水平に一周させて測定します。こちらも胸回りを測る時と同じで、深呼吸した後リラックスした状態で行います。

5. 編集部おすすめのワイシャツ

ここまでワイシャツの正しいサイズについて紹介してきましたが、実際店舗で商品を選んでみると、

・サイズが満足いかなかった...
・デザイン性は良かったが、ケア面など普段使いには満足いかない点があった...

という経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

そんな方のために、ここでは編集部おすすめの商品を紹介したいと思います。

それが、当サイトを運営するカスタムオーダーの通販サイト「LaFabric(ラファブリック)」で取り扱う、THE TECH Non Iron 形態安定コットンホワイトブロードシャツです。

天然繊維のコットン100%ならではの優しい着心地に合わせ、洗濯後のしわの残り具合を示すW&W性(ウォッシュ&ウェア性)で、しわカット率50%を示す「3.2級」を取得しているため、洗濯後のしわが気になる方にもおすすめです。

また既製品ではなくオーダーですので、好みのデザインやサイズに合う1着を手に入れることもできます。

欲しいサイズのワイシャツを選び、普段使いにも着回せる1着をお探しの方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

商品詳細

【商品名】THE TECH Non Iron形態安定コットンホワイトブロードシャツ
【ブランド】LaFabric
【価格】9,800円(税込)
【特徴】形態安定
【着用シーン】ビジネス
【素材】コットン100%
【公式HP】https://lafabric.jp

商品を詳しくみる

6. まとめ

今回はワイシャツの正しいサイズを見極めるために必要なポイントを紹介しました。

サイズが合っている場合と合っていない場合では、他の人への印象が全く違うワイシャツ。

また、正しいサイズのワイシャツを着ていると着心地も違ってきます。だからこそ妥協することなく正しいサイズを選ぶように心がけたいですよね。

ぜひ4つのチェックポイントと正しい測り方を確認して、本当にあなたの身体に合ったワイシャツを手に入れてくださいね。