「オーダーシャツには興味があるけど、ちょっと敷居が高い」

「オーダーシャツの知識がないので、うまくできるか不安」

この記事を読んでいる方の中には、そんな風に思われている方もいるかもしれませんが、実はオーダーは気軽に楽しむことが可能です。

そこで今回は、既製品にはないオーダーシャツのメリットから、基礎知識、そして初めての方にも選びやすいリーズナブルなオーダーシャツのお店を紹介します。

(※この記事は、2017年8月時点での情報を参考にしています。)

1. オーダーシャツを着る3つのメリット

オーダーシャツには、既製品のシャツにはない3つのメリットがあります。

あえてオーダーシャツを着ることに、一体どんなメリットがあるのでしょうか?

1-1. 自分の体型にぴったり合う

  • オーダーシャツ 安い

オーダーシャツは、既製品のシャツよりも格段にフィットします。

自分の体に合ったシャツを着れば、毎日を快適に過ごすことができるのです。

さらに見た目も全体的にすっきりして見えるので、周囲に与える印象も大幅に良くなります。

1-2. 自分でデザインできる

  • オーダーシャツ 安い

シャツのデザインで、痒いところに手が届かないと思ったことはありませんか?

既製品のシャツはできるだけ多くの人に提供、そしてさまざまなシーンで使えるようにつくられています。

そのためサイズだけでなく、デザインも無難になってしまう傾向があるのです。

しかしオーダーシャツであれば、自分の趣味や好みをシャツに反映させることができます。

自分のこだわりをピンポイントで取り入れるのはもちろん、遊び心のある面白いデザインで冒険することも可能なのです。

1-3. 長く愛用できる

オーダーシャツのメーカーによっては、汚れやすい襟や袖の交換、修理をやっています。

また、わざわざ自分の体に合わせてオーダーしたものだからこそ、既製品よりも丁寧に扱うというユーザー心理が働きます。

そのため、長く愛用したい方にオーダーシャツは向いています。

2. オーダーシャツの基礎知識

  • オーダーシャツ 安い

オーダーシャツ初心者やあまり知らない方のために、ここではオーダーシャツを注文する上で、必要になる基本を紹介しています。

基本を押さえて、自分の欲しいシャツのイメージをしっかりと固めていきましょう。

2-1. 既製品との違いは?

既製品のシャツは、平均的な日本人の体型に合わせていることが多く、一人一人の体型については考慮されていません。

そのためどうしても、自分の体型に合っていない細かい部分が出てきてしまうのです。

さらに自分の体型に合ったシャツではないため、どことなくだらしない印象を与えてしまいます。

その点、オーダーシャツは、しっかりと自分の体型に合わせてつくるため、着心地、見た目を格段に向上させます。

2-2. オーダーの3つの種類

  • オーダーシャツ 安い

ここではオーダーシャツのタイプ3種類を紹介しています。

大まかに分けるとオーダーシャツには、

・パターンオーダー
・イージーオーダー
・フルオーダー

の3つがあり、上から順に選べる生地・デザインの選択肢が多くなり、価格はそれに応じて上がっていきます。

みなさんには、どのオーダーが合っているのでしょうか?

パターンオーダー

すでにある既製品のシャツをベースに手を加えていくオーダーで、最も一般的なタイプです。

首回りや肩幅などのサイズを合わせますが、イージーオーダーに比べると、選べる生地とデザインが少ない傾向にあります。

ですが他のオーダーよりも納期が早い傾向にあり、リーズナブルな価格で提供しているため、気軽に注文することができます。

これからオーダーする方やまだあまり慣れていない方にオススメです。

※ 店舗によっては、セミオーダーと呼ばれることもあります。

◆イージーオーダー

すでにある型紙の中から、お客さんの体型に近いものを選んで、つくっていくオーダーです。

パターンオーダーよりも選べる生地とデザインは増えていますが、仮縫いなどがないため、フルオーダーよりも安くオーダーできます。

フルオーダーよりも手軽に、パターンオーダーよりはもっと踏み込みたい、そんな方へオススメです。

◆フルオーダー

お客さん一人一人に合わせて、一から型紙をつくるオーダーです。

高い技術力を持つ職人が一つずつ手作業でつくっていくため、他のオーダータイプよりも価格が高くなる傾向にあります。

生地やデザインのみならず、ボタンや糸などの細かい部分まで選べるため、理想に限りなく近いシャツをオーダー可能です。

オーダーシャツに慣れている方、しっかりと欲しいシャツのイメージがある方にオススメです。

※ オーダースーツに比べると、オーダーシャツのフルオーダーの取り扱いは、比較的に少ないです。

2-3. 知っておきたいシャツの用語集

  • オーダーシャツ 安い

ここではオーダーする上で知っておきたいシャツの用語を説明しています。

◆番手(ばんて)

番手とは、生地に使われる糸の太さを表す単位のことです。

番手の数字が高くなるほど、糸は細く、生地が柔らかくなっていきます。

番手の高い方が品質も良くなる傾向にありますが、番手が高すぎる場合、シワが入りやすいなど普段使いしづらくなってしまうことがあります。

◆巻き伏せ本縫い(シングルニードル)

シャツの前身頃と後身頃を繋げる際に、縫い代を中へ巻き伏せる縫い方です。

これを行うことによって、縫い代が体に当たらなくなります。

良い着心地と共に強度を確保できますが、手間も倍になってしまうため、値段が高くなる傾向があります。

◆芯地(しんじ)

芯地とは、衣類の表地と裏地の間に“芯”として挟まれる生地のことです。

着用時の見栄えを良くしたり、形崩れを防ぐなどの役割があります。

ワイシャツの場合は「襟・カフス・前立て」に芯地が使われており、代表的なものには下記の3つの手法があります。

・完全接着芯

完全接着芯とは、芯地とシャツの生地を接着剤などで固定する仕様のことです。

糊で接着しているため、張りのある見た目と着心地になりますが、その分、体に馴染みにくいです。

接着剤で固定しているので、技術がなくても縫製がしやすく、大量生産に用いられる傾向にあります。

・フラシ芯

接着芯に対してフラシ芯は、芯地とシャツの生地を糊などで固定しません。

縫製でくっつける、または縫い付けずにそのまま生地の間に挟むなどの方法がとられており、高品質なシャツに採用される傾向にあります。

つくるのに技術がいるため、接着芯と比べると、価格も高くなりますが、体にしっかりと馴染み、柔らかい印象のシャツになります。

シワが入りやすい、アイロン掛けに手間がかかるなどのデメリットがあるものの、このフラシ芯の風合いと着心地を求めてあえて選択する方も多いです。

・仮接着芯

弱い接着剤で芯地と生地を軽く固定している仕様のことです。

最初のうちは硬い着心地ですが、何回か洗濯をすることで徐々に接着剤が落ちていき、最終的にはフラシ芯と同様になります。

完全接着芯とフラシ芯の中間的なタイプで、生産効率を上げつつも、着心地を重視した方法です。

2-4. 価格による違い

ここでは、大まかにオーダーシャツの価格別の特徴をまとめました。価格による違いは、何でしょうか?

・5,000円以下
この価格帯では、一般的に海外で縫製される傾向にあります。

海外生産にすることで、人件費とコストを抑え、低価格を実現しているのです。

・5,000円代
ここから国内生産になるメーカーが多いです。

ここまでの価格帯では、パターンオーダーを採用する傾向にあります。

・6,000円代
この辺りの価格から、イージーオーダーを受け付けているメーカーが増えています。

・8,000円代
イージーオーダーの中でも、選べる生地やデザインを増やしているメーカーが多いです。

またフルオーダーでつくるお店も、稀にもあります。

・10,000円以上
フルオーダーのお店が多くなってきます。

またそうではなくても、高級な生地や手間のかかる仕様を採用するなどこだわっているメーカーが見られます。

2-5. お店選びのポイント

  • オーダーシャツ 安い

安心してオーダーするために、ここではお店選びのポイントを紹介しています。

◆お直し保証

まずは注文する前に、そのお店にお直し保証が無償か有償かを確認しましょう。

理想のオーダーシャツを注文したつもりでも、いざ着てみるともっとこだわりたいポイントがどうしても出てきます。

オーダーシャツは、最初の1着を何度も調整していくことで、自分の理想のシャツを追求していきます。

その際にお直し保証が有償だと、金額がさらにかかってしまうため、注文する前にしっかりチェックしておきましょう。

◆実店舗か、オンラインか?

オーダーシャツのメーカーは、実店舗があるところとオンライン注文のみを行う店舗があります。

どちらがあなたに合っていますか?自分の好きな方を選びましょう。

・実店舗

実店舗では、経験のあるスタッフに採寸してもらえるため、完成したシャツのサイズが大幅に違うといったことはありません。

また理想のシャツに近づけるためのアドバイスも聞けるため、安心して任せることができます。

自分で採寸するのが不安な方や実際に生地・デザインを見たい方に向いています。

・オンライン注文

オンライン注文では自分で採寸、あるいは自分の体に近いサイズのシャツをお店に発送し、それを元にオーダーシャツのサイズ調整をしてもらうケースが多いです。

オンライン注文は基本的にメール、電話でのやり取りのみで完結するため、家にいながら気軽に注文できます。

忙しい方や実店舗に行けない方におすすめです。

3. 高品質でコスパの高いおすすめブランド3選

ここでは、オーダーシャツを取り扱う中でも特におすすめのブランドを

・中間流通を極力省き、コスパの高い商品を提供している

・Webや店舗での価格表記が見やすい&注文がしやすい、アクセスが良い

という軸を基にご紹介します。

それぞれ、ブランドの特徴を添えて紹介していくので、ぜひオーダーシャツ選びの参考にしてくださいね。


LaFabric(ラファブリック)

  • オーダーシャツ 安い

ネットでオーダースーツ・シャツが手に入るカスタムオーダーの通販サイト「LaFabric」。

製品は全てメイドインジャパンで、他の紳士服店にはない機能性にこだわった素材・生地を豊富に取り扱っています

サービス最大の特長は、一度実店舗で採寸〜体型サイズを登録すれば、あとはオンラインからオーダーを楽しむことができる点。

高機能なシャツが欲しい、店舗でもネットでも便利にシャツをオーダーしたい、という方におすすめです。

ブランド詳細

【ブランド名】LaFabric
【価格】1着7,800円(税込)〜
【納期】約4週間
【タイプ】パターンオーダー
【生産地】日本
【店舗】

公式サイトを見る

麻布テーラー

多くのビジネスマンから支持される有名店「麻布テーラー」。

オーダーシャツはフィット感の異なる5つのモデルから選ぶことができ、襟型・袖型など細かなオプションも選ぶことが可能です。

また6ヶ月以内なら、無料で微調整してくれるため、仕立て後のお直しに不安を持っている方でも安心ができます。

国内生地から高級生地まで幅広く取り扱っているため、色々な生地をじっくり吟味して、オーダーシャツを作りたいという方におすすめです。

ブランド詳細
【ブランド名】麻布テーラー
【価格】1着7,000円(税抜)〜
【納期】約4週間
【タイプ】パターンオーダー
【生産地】日本
【店舗】
公式サイトを見る

DANKAN

東京・大阪・福岡中心に店舗をかまえるオーダースーツ専門店「DANKAN」。

オーダーシャツは常時約200種類の生地の品揃えがあり、ビックサイズ・高身長などの方でもプラス料金がかからずにオーダーできるのが特徴です。

2着セットで11,000円〜とお得にオーダーすることもできますので、リーズナブルな価格で枚数を揃えたいという方におすすめです。

ブランド詳細
【ブランド名】DANKAN
【価格】1着6,000円(税抜)〜
【納期】3週間〜4週間
【タイプ】イージーオーダー
【生産地】日本
【店舗】
公式サイトを見る

4. 1万円以下のオーダーシャツ店14選

ここでは、オーダーシャツのおすすめブランドを予算別に分けて紹介しています。

リーズナブルなものを中心に集めたので、参考にしてください。

※ここでいう店舗とは、実店舗の有無になります。また、どこで縫製を行なっているかで生産地を決めています。


◆4,000円代・お店2選

MISQUE

気楽にオーダーシャツを注文できる「MISQUE」。

海外生産とオンライン注文専門にすることにより、リーズナブルな価格でシャツを提供しています。

オプション料金が別途かかることの多いダブルカフスやクレリックなどが、無料で選択できます。

リーズナブルなシャツが欲しい方におすすめです。

ブランド詳細

【ブランド名】MISQUE
【公式HP】https://www.misque.jp
【価格】1着 4,900円(税込)〜
【納期】 約10日〜3週間
【タイプ】フルオーダー
【生産地】ベトナム
【店舗】

KEI

身体へのフィット感を考えた1着を提供している「KEI」。

中間業者を省くことでコストダウンしつつも、生地には天然素材のみを使用しています。

また、つくるサイズが大きくても追加料金は、かからないため、体の大きい人に嬉しいです。

リーズナブルでも天然素材にこだわりたい方におすすめです。

ブランド詳細
【ブランド名】KEI
【公式HP】https://ke-i.co
【価格】1着 4,980円(税抜)〜
【納期】約30日〜35日
【タイプ】パターンオーダー
【生産地】ベトナムと日本
【店舗】

◆5,000円代・お店5選

Faire Murakami 

国産にこだわり続けて25年の「Faire Murakami」。

機械も併用するなど徹底的にコストダウンすることにより、低価格でも高品質なシャツの提供を実現しています。

シャツには「2-3.知っておきたいシャツの用語集」で触れた、巻き伏せ本縫いの採用と襟・カフスの交換をしているため、長くシャツを愛用していくことができます。

リーズナブルな価格で頑丈なシャツが欲しい方に向いています。

ブランド詳細
【ブランド名】Faire Murakami
【公式HP】http://www.faire-m.co.jp
【価格】1着 5,500円(税抜)〜
【納期】約2〜3週間
【タイプ】イージーオーダー、フルオーダー
【生産地】日本
【店舗】

SUIT SELECT 

スタイリッシュな1着をオーダーできる紳士服量販店「SUIT SELECT」。

シルエットは、スキニーモデル、ブラックモデル、シルバーモデルの3つの中から好みのシャツを選択します。

そのため、自分の体型に馴染む1着が見つかりやすいです。

欲しいシャツのイメージがあまり固まっていない方におすすめです。

ブランド詳細
【ブランド名】SUIT SELECT
【公式HP】http://www.suit-select.com
【価格】1着 5,800円(税抜)〜
【納期】約3週間
【タイプ】パターンオーダー
【生産地】日本
【店舗】

Order World Factory

オーダーメイドの商品のみを扱う「Order World Factory」。

オーダーは「デザイナーズコレクション」「プレミアムオーダー」「マイオーダー」の3つの中から選んで、注文します。

「プレミアムオーダー」は、約530種の生地を常時、用意しているため、幅広く生地を選択可能です。

初めてオーダーする方に向いています。

ブランド詳細
【ブランド名】Order World Factory
【公式HP】http://www.ppp.ne.jp
【価格】1着 5,800円(税込)〜
【納期】オーダーごとに納期は異なり、約3週間と約5〜6週間の二つあり。
【タイプ】パターンオーダー、イージーオーダー、フルオーダー
【生産地】韓国
【店舗】

SUR  MESURE

  •  

こだわりのある1着を気軽に注文できる「SUR MESURE」。

2-3.知っておきたいシャツの用語集」で紹介した巻き伏せ本縫いとフラシ芯を採用するなど、リーズナブルでありながら、こだわりのあるシャツを作っているのがポイントです。

希望すればサンプルのシャツや生地(日本製の生地のみ)を送ってくれるので、安心してサイズや生地をチェックできます。

オンライン注文でも、実際に生地を見たい方に向いています。

ブランド詳細
【ブランド名】SUR MESURE
【公式HP】http://www.surmesure.jp
【価格】1着 5,900円(税抜)〜
【納期】約1ヶ月
【タイプ】イージーオーダー
【生産地】日本
【店舗】

SKYRTA

国内の大手ワイシャツメーカー「フレックス・ジャパン」が運営するオーダー専門サイト「SKYRTA」。

希望すれば、生地のサンプルとサイズ確認用のサンプルシャツを発送してくれます。

生地のサンプルは1回につき6柄まで、サンプルシャツは初回のみといった条件はありますが、実際に生地とサイズを確かめることができるので、安心です。

また1日先着5名限定ですが、対象商品に1日お仕立てのオプション(2,778円+税)を付ければ、シャツが翌日には届きます。

急ぎでオーダーシャツを作りたい方におすすめです。

ブランド詳細
【ブランド名】SKYRTA
【公式HP】http://www.skyrta.jp
【価格】1着 5,900円(税抜)〜
【納期】約2週間
【タイプ】パターンオーダー
【生産地】日本
【店舗】

◆6000円代・お店2選

ビッグヴィジョン

オーダースーツ専門店「ビッグヴィジョン」では、個性を大事にしたオーダーシャツも提供しています。

採寸は実店舗で行うため、採寸に慣れていない方は安心して、スタッフに任せることができます。

また綿とポリの混合素材だと、3枚13,500円(税抜)で注文できるため、まとめ買いしたい方には嬉しいです。

初めてオーダーする方に向いています。

ブランド詳細
【ブランド名】ビッグヴィジョン
【公式HP】https://www.big-vision.co.jp
【価格】1着6,000円(税抜)〜
【納期】約2〜3週間
【タイプ】イージーオーダー
【生産地】日本
【店舗】

NOVIA + NOVIO

フォーマルウェアを得意とする「NOVIA + NOVIO」。

自社工房でシャツを製作することで、リーズナブルな価格を実現しています。

選べるオプションが数多くあるため、初めての方でも安心してオーダーできます。

高品質かつリーズナブルなシャツを探している方におすすめです。

ブランド詳細
【ブランド名】NOVIA + NOVIO
【公式HP】http://www.novianovio.com
【価格】1着6,500円(税込)〜
【納期】約2週間
【タイプ】パターンオーダー
【生産地】国産
【店舗】

◆7,000円代・お店2選

テーラーフクオカ

1954年に創業し、国内生産にこわだる「テーラーフクオカ」。

初回の注文のみ、20%オフの優待券が使えるため、リーズナブルな価格でオーダー可能です。

さらに3ヶ月以内であれば無料でお直ししてくれるため、初めてでも安心して注文することができます。

イージーオーダーのシャツに挑戦したい方におすすめです。

ブランド詳細
【ブランド名】テーラーフクオカ
【公式HP】http://www.tailor-fukuoka.com
【価格】1着7,000円(税抜)〜
【納期】約3〜4週間
【タイプ】イージーオーダー
【生産地】日本
【店舗】

Original Stitch

「服を買いに行くのが面倒」というシリコンバレーのエンジニアの思いから生まれた「Original Stitch」。

アメリカの会社ですがシャツの縫製は、国内の大手シャツメーカーであるフレックス・ジャパンが担当し、高品質なシャツをリーズナブルな価格で提供しています。

独自の3Dデザインプログラムを使うことで、家にいながら気軽に好みのシャツを作ることができます。

また初回のみ、Original Stitchに登録すると割引クーポンがもらえるので、さらに安く買えます。

欲しいシャツのイメージをこれから固めていきたい方に向いています。

ブランド詳細

【ブランド名】Original Stitch
【公式HP】https://ja-jp.originalstitch.com
【価格】1着7,630円(税込)〜 ※アメリカの会社なので、為替の影響で金額が変わることがあります。
【納期】約3週間
【タイプ】イージーオーダー、フルオーダー
【生産地】日本
【店舗】

◆8,000円代・お店3選

トータルオーダー・タツミ

昭和25年に神田で創業されたオーダースーツ・オーダーシャツ専門店「トータルオーダー・タツミ」。

経験のあるスタッフが普段の生活などを丁寧にカウンセリングしてくれるため、しっかりと自分にフィットしたシャツを作りやすいです。

また「2-3.知っておきたいシャツの用語集」で紹介しましたが、こちらの店舗は芯地にこだわりを持っており、8種類の芯地を揃えています。

様々な状況や好みに応じて、芯地を選ぶことで、さらにお気に入りの1着に仕上げることが出来ます。

こだわりの強い方におすすめです。

ブランド詳細
【ブランド名】トータルオーダー・タツミ
【公式HP】http://www.tatsumi-order.com
【価格】1着8,000円(税抜)〜
【納期】約1ヶ月〜1ヶ月半
【タイプ】フルオーダー
【生産地】日本
【店舗】

TAGARU

ガリレオなど数々のドラマや映画に衣装提供をしている、オーダースーツ・シャツ専門店「TAGARU」。

常時、数千種類の生地を取り揃えているため、気に入った生地を見つけやすいです。

また経験のあるスタッフが会話の中から好みのスタイルを探り、アドバイスをしてくれるので、初めての方でも安心です。

あまりイメージが固まっていない方へおすすめです。

ブランド詳細
【ブランド名】TAGARU
【公式HP】https://www.tagaru.jp
【価格】1着8,500円(税抜)〜
【納期】約3週間
【タイプ】パターンオーダー
【生産地】日本
【店舗】

ヤマナカ

1964年に創業し、こだわりのある1着を作り続けるオーダーシャツ専門店「ヤマナカ」。

本縫い仕立てと天然素材を採用しているのが、ポイントです。

自分で測る以外に、千葉県市川市にアトリエがあるため、生地やデザインを確認しながら、経験のあるスタッフにアドバイスをもらうことができるため、安心です。

細かい部分までこだわりたい方におすすめです。

ブランド詳細
【ブランド名】ヤマナカ
【公式HP】http://www.sf-y.com
【価格】1着8,800円(税込)〜
【納期】約2週間
【タイプ】フルオーダー
【生産地】日本
【店舗】

5. まとめ

いかがだったでしょうか?

最後にもう一度、オーダーシャツのメリットをおさらいすると

・自分の体型に合わせているため、身体にしっかりとフィットする

・自分でデザインできるため、自分の趣味や好みを反映させられる

・良い生地を使っているため、自然と長く着用できる

の3つが挙げられます。

「自分の体型に合ったシャツが、欲しい」「シャツをちゃんと着こなしたい」

そんな方はこの記事を参考に、ぜひオーダーシャツを試してみてはどうでしょうか?