仕事場で着る機会が多いワイシャツ。なんとなく買い揃えたワイシャツで毎日を過ごしてしまっていませんか。

実は、ワイシャツにちょっとこだわるだけで、仕事場でのあなたのスーツスタイルがいままでよりかっこよく見られるかもしれません。

今回はおしゃれに見えるワイシャツを扱うブランドをご紹介します。数あるブランドの中から、本当におすすめのブランドだけを厳選して、価格別・年齢別にご紹介しますので、ぜひお気に入りを見つけてくださいね。

1. 予算別・おすすめのワイシャツブランド

1,000円以下でまとめ買いできる激安のものから、一着10,000円以上するものまで、価格帯の幅が広いワイシャツ。

それぞれのブランドで特徴がありますので、自分がどんなワイシャツを必要としているのかに合わせて選んでください。

また、ブランドの中で特におすすめの一着を、ビジネスシーンで着やすい白シャツに限定してご紹介します。

白シャツ以外も豊富に取り揃えているブランドを選んでいますので、ぜひ一度ブランドのホームページを覗いてみてくださいね。

1-1. 3,000円〜5,000円で買える!お手軽ワイシャツ

価格帯3,000円〜5,000円のワイシャツは、安くてもそれなりの品質のものを選ぶことで、消耗品として利用することができます。

洗濯することが難しい方や、すぐに汚れてしまって洗濯が追いつかないという方は、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

UNIQLO(ユニクロ)

定番中の定番、ユニクロ。おすすめポイントは、アイロン不要、かつバリュエーションが豊富なラインナップ。

現在、5つの商品ラインが用意されておりカラーも豊富です。また、アイロン不要を謳ったノンアイロンや、アイロンがけが簡単になるイージーケア加工をしてあるワイシャツも用意されています。

加えて、襟の美しさには定評があり、有名デザイナーとコラボレーションするなど、安くても品質にはこだわりを見せています。

価格は1,990円からあり、店舗もいたるところにあるので、急に必要になった!という場合や、次々に新しいものを買うつもりの場合におすすめです。

おすすめのシャツ

特におすすめのワイシャツは、「MEN (+J)スリムフィットシャツ」(3,990円+税)。

スリムフィットを選ぶと、よりすっきりとシャープなラインになります。

カラーもホワイト、サックス、パープルの3種類で、オフィスで着ることができる無難な色がそろっています。

襟は、ネクタイをしなくても決まるボタンダウンタイプなので、いろいろなシーンで着ることができます。

また、「MEN スーパーノンアイロンシャツ(ボタンダウン・長袖)+E」(3,990円+税)もおすすめ。

洗濯後にアイロンをかけなくてもシワが気にならず着られる、超本格的なノンアイロンシャツです。さわやかなライトブルーはビジネスでもカジュアルでも大活躍します。

無印良品

カジュアルなイメージがある無印良品。

カジュアルなシャツでは、洗いをかけ着慣れた風合いを出しているシャツが多いことが特徴で、休みの日や少しカジュアルめなオフィスでおすすめです。

また、ビジネス用の商品も取り扱っています。ほとんどに形態安定が入っており、楽にアイロンをかけることができます。

おすすめのシャツ

特におすすめのワイシャツは、「形態安定ツイルストレッチセミワイドカラーシャツ」(税込3,980円)。

ストレッチタイプなので身体にフィットするとともに、着丈が短めなのでパンツに入れてもだぼつきません。襟はいま流行の広めに開いたセミワイドで、大きめのネクタイの結び目とよく合います。

「形態安定ブロードストレッチストライプレギュラーカラーシャツ」もおすすめです。サックスブルーにさりげなく入ったストライプの柄がお洒落です。ストライプの線が細いので、ビジネスシーンにおすすめです。

 

BRICK HOUSE by Tokyo Shirts(ブリックハウスバイトーキョーシャツ)

シャツ専門店の中で圧倒的な売り上げを誇る、東京シャツが運営するブランド。

業界トップ水準を誇る形態安定加工や、高度な縫製技術をふんだんに用いながらも、ベーシックなものから多様な柄の生地を用意した上で、広くサイズ展開を行っています。

ビジネスや冠婚葬祭、パーティー、リクルート・フレッシャーズのシーン別で商品を選ぶことができる通販サイトも使いやすいですね。

おすすめのシャツ

特におすすめのワイシャツは、「長袖 ワイシャツ 形態安定 レギュラー 白無地 ブロード フォーマル」(2,900円+税)。

なんと言っても驚きなのがその価格。

税込でも3,132円でこの品質のワイシャツを購入できるのは魅力的です。シンプルに作られている白無地のワイシャツなので、着用シーンを選びませんし、形態安定加工付なのでアイロンがけが楽チンなのが嬉しいですね。

ちょっとカジュアルなシーンでは、「長袖 スリム ワイシャツ 形態安定 ボタンダウン ピンク×白ストライプ」がおすすめです。

薄いピンクに白のストライプが入った生地なので、すっきりと見えます。また、深い赤色のボタンが個性を演出してくれること間違いなしです。

1-2. 5,000円〜10,000円で買える!コスパ優秀ワイシャツ

5,000円以上10,000円程度となると、かなり高品質のワイシャツを買うことができます。比較的長持ちもするので、コストパフォーマンスがよいと言えます。

CAMICIASTA(カミチャニスタ)

ネット通販限定の「CAMICIANISTA(カミチャニスタ)」。

イタリアの製法にこだわり、日本では高級ブランドのみが行うという、シャツの袖とボディを別々に作ってあとから縫製する手法を、手頃な価格のワイシャツにも取り入れています。

また、襟にもこだわっていて、胸より少し高めに襟を配置することによって美しいロールを実現しています。

おすすめのシャツ

特におすすめのワイシャツは、「ポプリン SWL-120-WH1/L」(税込5,400円)。

ポプリンとは別名をブロードといい、シャツ生地の代表と呼ばれています。また、120番手ならではの光沢感や糸の密度をこの値段で楽しむことができ、コストパフォーマンスが高い一着です。

ワイシャツ,ブランド
番手とは?
番手とは糸の太さを表す単位で、一定重さあたりの長さになります。したがって、数字が小さいほど太い糸を、反対に数字が大きいほど細い糸を使っていることを表します。
 
一般的なワイシャツの番手は50番手程度で、80〜120番手になると上質な光沢感が出てきます。

並んでおすすめなのが、「SWLCL-82993 クレリック」(税込9,180円)。

クレリック仕様になっており、普段ピンクが苦手な方でも気軽に着ることができます。ネイビーのスーツとピンクのシャツは相性抜群なので、ネクタイの色を変えながら楽しみたいですね。

 

メーカーズシャツ鎌倉

圧倒的な商品力で、神奈川県鎌倉市の地域店舗から全国ブランド・世界ブランドへと急成長したのが、メーカーズシャツ鎌倉。

天然素材を活かした自然な着心地が特徴で、素材のみならずデザイン面においても、洋服の本場である海外でも恥ずかしくない「本物のシャツ作り」を目指しています。

サラリーマンがシャツ一着に気軽に出せるのは5,000円程度と考え、その値段での最高級品質を目指しています。

おすすめのシャツ

特におすすめのワイシャツは、「スリムフィット 裏前立て」(税込5,400円)。

メーカーズシャツ鎌倉のシャツは「百貨店で買えば10,000円する」と専門家が唸るほどの質の高さ。ぴったりと身体に合うスリムフィットのシャツです。

加えて特徴は裏前立てになっているところ。シャツの前端が内側に折り返っていて、クラッシックスタイルが好きな方におすすめです。

「スリムフィット インポート生地」は特にカジュアルめに着る時におすすめのシャツです。

パープルとブルーのストライプが遊びごころがありながらも、クールにまとめてくれます。クレリックなので、ネクタイを合わせても合わせなくてもきれいに決めることが可能です。

AZABU THE CUSTOM SHIRT(麻布ザカスタムシャツ)

オーダースーツのお店として有名な麻布テーラーが手がける、本格的な既製シャツを価値ある価格で届けることをコンセプトとしたブランド。

特に、「仕立て屋が考える本格的ドレスシャツ」をコンセプトに、フィッティングを追求しながらスーツとのマッチングを考えたドレスシャツコレクションは、ジャケットと合わせたコーディネートで大活躍してくれます。

おすすめのシャツ

特におすすめのワイシャツは、「長袖シャツ(ロイヤルオックス) ホワイト」(税込5,292円)。

ロイヤルオックスとは、たて糸と横糸を2本ずつあわせて織ったオックスフォード生地の中でも高い番手(=細い糸)を使って仕上げたものを指します。 光沢感が強く、さらりと滑らかでそれでいてしなやかなことが特徴です。

「長袖シャツ(ギンガムチェック) ブラック」(税込5,292円)はこれ一枚で決まるおすすめシャツ。

ギンガムチェックはおしゃれで大人の雰囲気を出しながら、いつもとは違う変化を出すことができます。 他にもレッド・ブルー・ネイビー・ブラウンのギンガムチェックを取り揃えています。

1-3. 10,000円以上で買える!特別な一着に最適のワイシャツ

10,000円以上となると、ワイシャツでは最高級品質のものといえると思います。大切なプレゼンやパーティーなど、ここぞ!というときに着るための一着を買いたいブランドです。

 

Brooks Brothers(ブルックスブラザーズ)

アメリカで1818年に創業した老舗ブランドのBrooks Brothers(ブルックスブラザーズ)。

最高品質の商品だけをつくり、取り扱うことを理念として掲げており、その品質は折り紙付きです。アメリカらしい、トラディショナルスタイルが好きな方におすすめのブランドです。

おすすめのシャツ

特におすすめのワイシャツは、「LUXURY NON-IRON ロイヤルオックスフォード ドレスシャツ Milano Fit」(16,000円+税)。

優れた強さと柔らかさを合わせ持った超長綿であるスーピマコットンを使用しているので、肌触りもよく、耐久性もあります。 また、ノンアイロン加工がしてあるので、家庭での洗濯でもアイロンがけ不要でパリッと着ることができます。

他にも、「NON-IRON オルタネイトウィンドウペイン ドレスシャツ Regent Fit」がおすすめです。ウィンドウペインは2015年の今トレンドの柄です。スーツに取り入れるのはちょっと…、という方はまずシャツから挑戦してみてはいかがでしょうか。

HUGO BOSS(ヒューゴボス)

ドイツで設立された、メンズファッション中心のファッションブランドのHUGO BOSS(ヒューゴボス)。

高級ブランドスーツ業界で高いシェアを誇り、ドイツらしい伝統的なガッシリとしたボディラインに加え、重厚性・普遍性・機能性を合わせた持ったデザインが特徴的です。

おすすめのシャツ

特におすすめのワイシャツは、「'Miles US' | Sharp Fit, Spread Collar Cotton Dress Shirt by BOSS」(95$ 参考:日本円で約11,500円)。

綿100%の生地は滑らかで肌触りが良く、自然に着こなすことができます。がっしりとしたボディラインが多いHUGO BOSS(ヒューゴボス)の中では細身の作りになっており、日本人の体型にも合っています。

「'Dwayne' | Slim fit, Vichy Check Cotton Dress Shirt by BOSS」(155.0$ 参考:日本円で約18,800円)もクールでおすすめのシャツです。深いネイビーに黒のチェックが身体をすっきりと見せてくれます。

明るい色のジャケットと合わせたいですね。

ユナイテッドアローズ

衣類や小物のセレクトショップとして有名なユナイテッドアローズ。シンプルで洗練されたアイテムが男女問わず人気です。

数多くのブランドラインがあることも特徴的なユナイテッドアローズですが、その中でもメインラインのUnited Arrowsは、オーセンティックかつ、大人っぽさを感じさせるアイテムで、本物を追求した質感の商品が集められています。

おすすめのシャツ

特におすすめのワイシャツは、「UAD ブロード セミワイドカラー シャツ」(税込12,960円)。

上質な光沢を持つ素材を使用した、ユナイテッドアローズオリジナルホワイトシャツで、セミワイドカラーなのでネクタイと合わせやすいことが特徴です。

また、貝ボタンを使用しているので、独特の光沢と高級感を楽しむことができます。

最後は上級者向けですが、「UAD ダンガリー タブカラー スリム シャツ」(税込14,040円)はいかがでしょうか

ラフさのある風合いとドレッシーな表情のバランスが良いダンガリー生地のタブカラーシャツで、スリムな作りなのでジャケットの中に着ることもできます。

ワイシャツ,ブランド
ワイシャツにこだわりたいならオーダーシャツもおすすめ!
本当に自分に合ったワイシャツが着たい!ワイシャツのフィット感にこだわりたい!ということであれば、オーダーシャツがおすすめです。
 
面倒で高級そうなイメージがあるオーダーシャツについては、 「オーダーシャツ|初めて挑戦する前に知っておきたい3つのポイント」で詳しくご紹介していますので、ぜひ一度ご覧ください。

2. 年齢別・おすすめのワイシャツブランド

合計9個のブランドをご紹介しました。次は年齢別にどのようなブランドを選べばよいのか、そのポイントとおすすめブランドをご紹介します。

2-1. 20代におすすめブランド

  • ワイシャツ,ブランド

会社に入って働き出してまだ数年、という20代はフレッシュさ、誠実かつ謙虚さを求められる時期にあたりますので、過度に高価なものではなく、3,000円〜5,000円のシンプルなワイシャツを、たくさん持って着回すということを意識しましょう。

高いワイシャツを数枚だけ買って頻繁に着用することですぐだめにしてしまうより、比較的安価なワイシャツを多く持ってできるだけ清潔に過ごす方が、周囲からの評価は高くなります。

量販店などで買う場合でも、できるだけ店に足を運んで安くても上質なワイシャツを見極める目を養うことができるとベストです。

オンラインや通販で選ぶ場合は、自分で気に入っているワイシャツと素材が似ているかどうかなどを基準に選ぶとよいでしょう。

おすすめのブランドは「BRICK HOUSE by Tokyo Shirts(ブリックハウスバイトーキョーシャツ)」です。他にも「GLOBAL WORK(グローバルワーク)」や、「P.S.FA(パーフェクトスーツファクトリー)」もおすすめです。

 

GLOBAL WORK(グローバルワーク)

GLOBAL WORK(グローバルワーク)は比較的低価格の商品が揃っており、またシンプルな作りなので着回しができることから、20代におすすめのブランドです。

商品はカジュアルなものが多いので、そういった格好ができるオフィスで着るか、お休みの日に楽しむようにしましょう。

 

P.S.FA(パーフェクトスーツファクトリー)

モード感が強いスタイリッシュなデザインが人気のP.S.FA(パーフェクトスーツファクトリー)。デザイン性が高く、細身を求める20代のニーズと合っています。

ネットショップではアウトレット商品が充実しており、豊富な商品の中からお気に入りのものをお得に購入することができます。

2-2. 30代におすすめブランド

  • ワイシャツ,ブランド

ある程度、裁量権も与えられ、職場での服装についても理解している30代は、職場で浮かない程度に、自分の好みでシャツを選ぶことができます。

やはり取引先や部下から見られる機会が多い30代はワイシャツにもそれ相応のこだわりを見せたいもの。5,000円〜10,000円のディティールニまでこだわったワイシャツを選びましょう。

一概に値段だけで判断できるものではないですが、やはり安価なワイシャツだと生地感や細かいデザインなどで見る人が見ればわかってしまいます。

ボタンが貝ボタンや黒蝶貝ボタンのものを選んだり、番手の高い生地を選ぶことで、さりげないこだわりを周囲にアピールできるはずです。

おすすめのブランドは、特に「メーカーズシャツ鎌倉」です。他にも「MEN'S MELROSE(メンズメルローズ)」や「SCHIATTI(スキャッティ)」もおすすめです。

 

MEN'S MELROSE(メンズメルローズ)

ジャケットやシャツをベースとしたファッションに定評がある、MEN'S MELROSE(メンズメルローズ)。

有名百貨店に入っていることも多く、信頼できるブランドです。 落ち着いた色合いのものが多く、30代の休日のファッションにおすすめです。

 

SCHIATTI(スキャッティ)

国内老舗ドレスシャツメーカーのSCHIATTI(スキャッティ)。ビジネス用のホワイトやブルーのシャツが多くなっていますが、中にはカラフルな大柄のチェックシャツなどもあり、オンオフ問わずシャツスタイルを楽しむことができます。

2-3. 40代以上におすすめブランド

  • ワイシャツ,ブランド

管理職などの立場を持ち、部下を指導する立場の40代以上には”気品”が求められます。営業職でも、事務職でも、パッと見て”カッコいい”、”自慢の上司”と思われるようなチョイスが必要です。

普段は5,000円〜10,000円のワイシャツを、大事な時は10,000円以上の最高級ワイシャツでびしっと決めるという選び方がおすすめです。

毎日10,000円以上のワイシャツを着ている、というのも魅力的ではありますが、ここぞ!というときと普段の服装の使い分けができる上司の方が部下も親しみを持って接することができるかもしれません。

また、10,000円以上のワイシャツはやはり着心地が違ってくるものなので、大事なときにリラックスすることができるはずです。

おすすめのブランドは「Brooks Brothers(ブルックスブラザーズ)」ですが、他にも「FAIRFAX(フェアファックス)」や「BARBA(バルバ)」もおすすめです。

 

FAIRFAX(フェアファックス)

もともとはネクタイのブランドだったのが、自社のネクタイに合うシャツを作りたいということで、シャツも展開しているFAIRFAX(フェアファックス)。

その価格からは想像できないほどのハイクオリティで多くの人を納得させているので、大人の男として一着は持っておきたいですね。

 

BARBA(バルバ)

使われている生地の素晴らしい光沢感や、滑らかで肌にも優しい柔らかい仕上がり、そして一切の行動を妨げない着心地が多くの人を魅了するBARBA(バルバ)。

その柔らかさは一度味わうと他のものには戻れない、と言われるほどです。価格は高めですが、勝負を決めるときの一着にいかがでしょうか。

3. 編集部おすすめのオーダーシャツ

  • ワイシャツ,ブランド

ここでは普段使いの1着として最適な編集部おすすめのワイシャツを紹介します。

それが、当サイトを運営するカスタムオーダーの通販サイト「LaFabric(ラファブリック)」で取り扱う、THE TECH Non Iron 形態安定コットンホワイトブロードシャツです。

天然繊維のコットン100%ならではの優しい着心地に合わせ、洗濯後のしわの残り具合を示すW&W性(ウォッシュ&ウェア性)で、しわカット率50%を示す「3.2級」を取得しているため、洗濯後のしわが気になる方へもおすすめです。

既製品ではなくオーダーですので、好みのデザインの1着を手に入れることもできます。

長く愛用できるベーシックな1着を手に入れたいという方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

商品情報

【商品名】THE TECH Non Iron形態安定コットンホワイトブロードシャツ
【ブランド】LaFabric
【価格】9,800円(税込)
【特徴】形態安定
【着用シーン】ビジネス
【素材】コットン100%
【公式HP】https://lafabric.jp

商品を詳しくみる

4. まとめ

ワイシャツのおすすめブランドをご紹介してきましたが、お気に入りのブランドは見つかったでしょうか。

毎日着ることが多いワイシャツだからこそ、品質や見た目にはこだわって気持ち良く日々を過ごしたいですよね。

ブランドで選ぶのも一つのこだわりですが、もっとフィット感や細かいところまで自分好みにしたい、という場合はオーダーシャツがおすすめです

一つ一つの生地やパーツ、サイズを自分で選んで出来上がるオーダーシャツの着心地の良さは、既製品のシャツとは違うものです。

ブランドものでも、オーダーシャツでも、あなたのお気に入りのシャツを見つけてくださいね。