「自分の身体にフィットするワイシャツが欲しい」「理想のデザイン・色のワイシャツが見つからない」そんな経験はありませんか?

その悩みは、オーダーシャツが解決してくれます。高級で、手間がかかるイメージのオーダーメイドですが、実は今、手軽に比較的安く作れるお店が増えています。

オーダーシャツの基本的な作り方の流れから、おすすめのお店を実店舗とオンラインに分けてご紹介します。お気に入りのお店を見つけて、ぜひ一度オーダーシャツを作ってみてくださいね。

1. オーダーシャツの3つのメリット

オーダーシャツって面倒くさそうだし、お店で売っている既製品でいいや…と思っていませんか?オーダーシャツには、既製品にはないメリットがあります。まずはオーダーシャツの良さを知ってみてください。

1-1. 自分の身体にフィットしたシャツが持てる

  • オーダーシャツ

オーダーシャツの最大のメリットは「自分の身体に合った、自分だけのシャツが持てる」という点。

人の身体は一人一人違うものです。豊富なサイズが既製品でも展開されているとはいえ、首の太さや腕の長さなど、細かいところにはどうしても対応できません。

自分の身体に合ったシャツを着ると、着心地が違い、見た目のかっこよさも違います。毎日着ることが多いワイシャツだからこそ、過ごしやすく他の人からもかっこよく見られることが重要です。

1-2. 生地やデザインを自由に決められる

  • オーダーシャツ

既製品は大量生産のため、生地やデザインは基本的なものにある程度統一されているものです。

その中では自分の好きなものがないということも多いのではないでしょうか。オーダーであれば自分好みの生地やデザインを選択することが可能です。

例えば、あるオーダーシャツメーカーであれば、数百種類の豊富な生地から好きなものを選べ、襟型や袖口、ボタンの種類やポケットの有無などのオプションを自由に選ぶことができ、選び方は数億通りとも言われます。

妥協のない、自分だけの1着を楽しむことができます。

襟の種類について詳しく知りたい方は、「ワイシャツ襟の種類|シーンや体型に合わせた選び方のコツ」を参考にしてくださいね。

1-3. 長持ちして、長期的に見るとお手頃価格

  • オーダーシャツ

大量生産によって低価格を実現している既製品と違い、オーダーシャツは注文があってから製作するため、在庫リスクがありません。

メーカーによって違いますが、工場と直接やり取りして、中間業者を挟まないため、同価格帯の既製品より良い生地を使っているところが多いようです。

そのため、安い既製品より長持ちしやすいのがオーダーシャツの特徴です。わざわざオーダーして作ったので普段から丁寧に扱う、というユーザー心理も長持ちの秘訣かもしれません。

そのため、最初は「数千円で売っている既製品より、ちょっと高いかも?」と感じるかもしれませんが、長期的に見るとお得に高品質のシャツを楽しむことができます。

2. オーダーメイドの種類を知る

オーダーメイドと一言で言っても、その種類はさまざまです。ワイシャツのオーダーを簡単に言うと、パターン(型紙)があるのか一から作るのかで大まかに分けられます。

2-1. パターンがあるパターンオーダーやイージーオーダー

 

既製品と同じで、基本的な体型などはもともと用意されている、数種類から数百種類のパターンの中で自分の身体に近いものを選び、細かい部分を調整して仕上げるオーダー方法のことです。

セミオーダーなどと呼ばれることもあります。工場のラインに乗せて大量生産する場合がほとんどなので、安く早く手に入れることができます。

既製品だと気になる部分があり、細かいサイズや装飾を工夫したいという方におすすめです。(多くのオーダーシャツメーカーはこの方式を取り入れています)

2-2. パターンがなく一から作るフルオーダー

フルオーダーはその名前の通り、何から何まで指定ができるオーダー方法のことです。

生地はもちろんのこと、ボタンや糸といったオプションから、デザインまで全てがオリジナルの一点物を作ります。

パターンを一から作っていき、採寸、裁断、縫製などを全て手作業で行うため、高い技術力を持った職人がいるお店でしか行うことができないので高額になりますし、時間もかかります。

ただ、テーラーと相談しながら製作し、仮縫いやフィッティングを複数回行うため、本当に自分の希望が反映された一着を手に入れることができます。

こだわりの一着を作りたいという方におすすめです(ただし、フルオーダーを採用しているのはオーダースーツに多く、オーダーシャツではかなり限られます)。

オーダーメイドの名称に関しては、明確な基準はあまりなく、どのように名乗るのかはお店側の判断に任されています。

どのような形式なのかは詳しく説明しているお店が多いので、自分の要望と合わせて確認し、適切なオーダー方法を選ぶようにしてください。

3. オーダーメイドの仕方、基本的な流れ

オーダーメイドの種類について知ったところで、基本的にどのような流れで手元に商品が届くのかを確認しておきましょう。

3-1. 生地やデザインなどを選ぶ

お店に取り揃えられている生地(ブランド)の中から気に入ったものを選びます。

お店に実際足を運ぶ場合は、デザインや手触りなどを確認しましょう。手にとって確認できないようなオンラインの場合は、値段が1つの指標になりますが、どうしても知りたい場合などはお店に直接連絡を取ってみましょう。

お店によっては、生地見本を送ってくれるところもあります。

オーダーシャツ
チェックポイント
オーダーシャツを作るときは、しっかりと「自分はどんなシャツが欲しいのか?」ということをイメージしてからオーダーするようにしましょう。
 
既製のシャツを買いに行く時もある程度考えてから行くこともあると思いますが、オーダーの場合選択肢が多い分、明確なイメージがないと迷ってしまいます。
 
ビジネスで着るのか、カジュアルで着るのか、自分がすでに持っているものとかぶっていないかなど、どんなシャツが欲しいのかを言葉で説明できるくらい明確にしておくと安心です。

3-2. 採寸する

シルエットを決定づける採寸は特に重要なステップです。

実店舗であればテーラーさんが測ってくれます。

オンラインの場合は自分で首回りや裄丈を測る場合が多いです。

どちらの場合でも自分の身体で気になる箇所がある場合は、お店に直接伝えましょう。動きやすさやフィットしているかどうかなど、どんなシルエットを重要視したいのかを伝えることがポイントです。

オーダーシャツ
チェックポイント
実店舗に採寸に行く時は、自分の身体にあったワイシャツを着ていくようにしましょう。
 
完璧に自分の身体にあっているワイシャツがなくても、ある程度フィットしていれば、採寸をよりスムーズに進めることができます。

家でオーダーする時に関しても、手元に適切なサイズのワイシャツがあると、それを参考にして自分で採寸できるので安心です。

3-3. 工場などで製作

フルオーダーであれば、職人が手作業で型紙を製作し、裁断や縫製を行います。

仮縫いとフィッティングを行うことで、希望に合わせて随時修正を行っていきます。パターンオーダーやイージーオーダーでは、工場で裁断や縫製が行われることがほとんどです。

3-4. 受け取り

製作が終わったら、お店で検品が行われた後、手元に届きます。

オーダーのいいところは「自分のデータがお店に残るため、次回からのオーダーが容易」というところです。

着た感想などをお店側に伝えると、自分のデータの精度がより高まるので、2着目3着目の満足度が高めることができます。

オーダーシャツ
チェックポイント
手元に届いたら、なるべく早く着用してみて、理想通りに仕上がっているかどうか確認しましょう。

オーダーという特性上、お直しや調整が可能なお店が多くなっていますが、無期限かつ無償でやってくれるところは少ないので、できるだけ早く要望がある場合は伝えましょう。

4. おすすめのオーダーシャツブランド

オーダーシャツを作るのにおすすめのメーカーを6つご紹介します。実店舗でオーダーができるお店を2つ、オンラインでいつでもどこでも注文できるお店を4つご紹介しますので、自分のライフスタイルに合ったお店を選んでみてくださいね。

麻布テーラー(実店舗)

店名 azabu tailor
方式 パターンオーダー
価格 7,000円+税のBLUE & WHITEと、9,800円+税のPREMIUM FABRICS
納期 約3週間
ポイント 豊富なオプションと経験豊かなスタッフとのコミュニケーション

本格的なオーダースーツが作れることで人気の麻布テーラーで、オーダーシャツを作ることもできます。

北海道・関東・中部・関西・九州に実店舗を構え、経験が豊富なスタッフさんと会話する中で、希望のシャツを作ることができます。

パターンオーダーになっていて、基本のスタイルは5種類。ゆったりしたものから細身のボディスタイルまで細かく選ぶことができます。

また、20種類以上の襟型や10種類以上のカフスなど、選択肢が多いことが特徴です。オンラインショップもあります。

メーカーズシャツ鎌倉(実店舗)

店名 Maker's Shirt 鎌倉
方式 パターンオーダー
価格 12,000円+税のドレスシャツと18,000円+税のフォーマルシャツ
納期 約1ヶ月
ポイント 世界中から厳選した素材と、職人の手によりつくられるMade in Japanへのこだわり

アメリカでも人気のメーカーズシャツ鎌倉のオーダーシャツは、最高級品質の生地で作られます。東北・関東・中部・近畿・中国・九州に店舗があります。

常時200種類以上の用意がある豊富な生地の中から好きなものを選んだら、クラシックフィットもしくはスリムフィットの2つの形から選び、細かいサイズを合わせていきます。

価格は少し高めで納期も若干時間がかかりますが、その分匠の技が光る一着を手に入れることができます。オンラインショップもあります。

スキルタ(オンライン)

店名 SKYRTA
方式 パターンオーダー
価格 4,900円+税〜13,000円+税まで
納期 2週間〜3週間
ポイント 最初に試せるサンプルシャツと生地見本

スキルタは創業70年を超えるワイシャツメーカー「フレックスジャパン株式会社」が運営するパターンオーダー専門サイトです。

嬉しいのは、サイズ確認サンプルシャツや、1回につき6柄まで生地サンプルが無料で注文できる、というところ。

オンラインでオーダーする時、不安になることの1つが生地やサイズを事前に確認できないことですが、スキルタにはこのようなサービスがあるので安心して注文することができますね。

また、1日5着限定で午後4時までに注文すると翌日発送される「1日仕立てシャツ」も取り扱っているので、興味がある方はぜひ注文してみてはいかがでしょうか。

ORIGINAL STITCH(オンライン)

店名 ORIGINAL STITCH
方式 パターンオーダー
価格 約9,000円〜約12,000円
納期 2週間〜3週間
ポイント 3Dシステムで心ゆくまでデザインが楽しめる

シリコンバレー発のOriginal Stitchは、「服を買いに行く服がない、買いに行くのが面倒くさい」というエンジニアの思いが原点。

そのため、徹底的にオンライン上で注文しやすいということにこだわっています。

特徴的なのは、WEB上でシャツを立体表現する3Dシステム。生地の種類や襟の形、カフスの形などを選択すると、瞬時に完成予想のシャツを確認することができます。

期間限定や初回限定で割引を実施していることが多いので、最初のオーダーシャツを試してみるのもいいかもしれませんね。

LaFabric(オンライン)

店名 LaFabric
方式 カスタムオーダー
価格 7,800円〜12,900円(税込)
納期 約1ヶ月
ポイント オンラインの手軽さと都内であれば採寸してもらえる安心感

LaFabricの特徴は、好みの生地やデザインをオンラインから選び注文ができる手軽さです。オンラインショッピングとオーダーメイドサービスを組み合わせ、新しいオーダーメイドの楽しみ方をご提案します。

常設店となる渋谷店をはじめ、東京中心にポップアップストアを開催しているので、各店舗で生地や商品を確認した上で、後からオンラインで購入することも可能です。

  ファクトリエ(オンライン)

店名 Factolier
方式 パターンオーダー
価格 12,960円(税込)
納期 2週間〜3週間
ポイント 長年研究を重ねたパターンでストレスを感じさせない

ファクトリエは日本初のファクトリーブランド専門通販サイトです。

ファクトリーブランドとは、工場が自らの「名前」で製造・販売する商品やブランドのことで、アパレルブランドのタグがつきません。

工場直販なので、市場価格よりも安い価格で高い品質の商品を手に入れることが可能です。

首の位置、前と後ろの身ごろのバランス、袖ぐりの設定など、人体の形状を徹底的に研究したパターンは着ていてストレスを感じさせることがありません。

もちろん細かいサイズ感は変更できるので、着心地のいい一枚を作ることができます。

5. まとめ

いかがでしたか。オーダーシャツのことを少しは知っていただけましたか。

オーダーシャツの醍醐味は、「自分の理想に合った、世界で1つのシャツを作ることができる」ということ。

もちろん手軽に安く作れるようになったとはいえ、既製品を買うよりは時間も値段もそれなりにかかりますが、その分自分にとって特別な1枚が出来上がるはずです。

上手にオーダーを利用して、かっこよくワイシャツを着こなしてくださいね。

体型にフィットするオーダーシャツを見てみる