ネイビーやブラックと並んで、ジャケットの定番カラーであるグレー。

しかし、他の定番カラーに比べてコーディネートしづらく、

「なんかぼやけた印象のコーディネートになってしまう...」

と悩んでしまっていませんか?

そんな方のために、今回はグレージャケットの着こなしを、実際のコーディネートを中心にご紹介します。

基本的な着こなしや、ぜひ合わせてもらいたいおすすめのアイテムもご紹介しているので、ぜひ明日からの着こなしの参考にしてくださいね。

(※この記事は、2017年8月時点での情報を参考にしています。)

1. グレージャケット着こなしの基本

1-1. ジャケットの着こなし

どんな色のジャケットも、基本の着こなしを守ることが大切です。

以下の3つのポイントを意識して、ジャケットを着用しましょう。

・サイズ感を大切にする
ジャケットのサイズは大きく「襟下にシワができていないか」「身幅が合っているか」「袖の長さが適切か」に注意するようにしてください。

すっきりとした細身のサイズ感がおすすめです。

・全身のシルエットを意識する
ジャケットの着こなしは、全身のシルエットのバランスが重要です。

代表的なシルエットは、上半身が細くボトムのゆったりした「Aライン」と、上半身とボトムの両方が細い「Iライン」の2つです。

・色は2~3色でまとめる
ジャケットスタイルの色使いは、全身で2~3色にまとめると、きれいなコーディネートになります。

関連記事:ジャケットの着こなしについて詳しく知りたい方はこちら
【完全保存版】メンズジャケットのすべて|ジャケットの着こなしを徹底解説

1-2. グレージャケットの種類

一言で、グレージャケットと言っても、その種類はさまざまです。

明るい色のグレーなのか、暗い色のグレーなのかで、合わせるべきアイテムやコーディネートで、相手に与える印象まで変わってきます。

ここでは、ジャケットに使われる代表的なグレーの種類を、3つご紹介します。

・チャコールグレー

  • グレージャケット 着こなし
  • グレージャケット 着こなし

チャコールとは炭のことで、一般に木炭のような濃い灰色を指します。

ミディアムグレーとブラックの間のような色で、大人の男らしい渋い印象を与えることができます。


・ミディアムグレー

  • グレージャケット 着こなし
  • グレージャケット 着こなし

一般的にグレーと呼ばれているのが、このミディアムグレーです。

チャコールグレーよりも、堅さのない中間色のグレーなので、柔らかい印象を与えます。


・ライトグレー

  • グレージャケット 着こなし
  • グレージャケット 着こなし

淡い色合いが特徴のライトグレー。

今までの2つの色よりも、フォーマルな雰囲気が抜け、軽快な印象を与えることができます。

1-3. 着こなしを格上げしてくれる2つのポイント

・差し色を使う

差し色とは、ベースになる基本色のアクセントとなる色のこと。シンプルなコーディネートの印象を大きく変えることができます

グレージャケットは、どんなアイテムにも合いますが、そのぶん主張が弱く、地味になりやすいアイテムです。

なので、はっきりした色合いのアイテムを一緒に使って、華やかな印象にしてあげましょう。

・コントラストを意識する

グレージャケットを着用する際は、全体のコントラストを意識することが大切です。

中間色であるグレーは、全身すべて同じ明るさでコーディネートすると、メリハリのないのっぺりとした印象になってしまいます。

なので、グレージャケットを着用する際は、明暗のはっきりしたネイビーやブラックなどの色と合わせてあげると、きれいにまとまるのでおすすめです。

同色でまとめたい場合も、色の明暗を意識してあげるときれいにまとまります。

1-4. ぜひ合わせたいおすすめ定番アイテム3選

グレージャケットは、一見コーディネートしにくそうですが、実はどんなアイテムにも合わせやすい便利なアイテムです。

この章では、特にグレージャケットに合わせたい定番アイテムを3つご紹介します。

詳しいコーディネートや、その他の合わせたいアイテムについては、「3. グレージャケットのおすすめ着こなし13選」をご覧ください。

 

・濃紺のジーンズ

グレージャケットと濃紺のデニムは、相性抜群の組み合わせです。

ドレッシーなジャケットスタイルを、手軽にカジュアルダウンしてくれるので、堅くなり過ぎずに、グレージャケットを着こなすことができます。

オールシーズン活躍する万能アイテムなので、グレージャケットを持っているなら、1本あると非常に便利です。

 

・白のパンツ

白のパンツもグレージャケットとの相性は抜群です。

グレーは淡い色合いなので、パンツを淡い色にしてしまうと、ぼんやりとした印象のコーディネートになってしまいます。

なので、白や黒などのはっきりとした色のアイテムを使うのがおすすめです。

 

・ピンクのシャツ

一見、コーディネートしにくそうなピンクシャツも、グレージャケットと合わせるのに、ぴったりのアイテムです。

地味になりがちなグレージャケットの着こなしが、一気に華やかになります。

ピンクの色合いは、画像のようなあまり薄すぎないものにしましょう。

2. 理想の一着が手に入るおすすめブランド3選

ここでは、仕事とプライベートで兼用しやすいジャケットを扱うおすすめブランドを、

・高品質でコスパの良い製品を提供している

・職場でも使えるきれいめで、きちんと感のある商品を展開している

・店舗数が多い、または通販で便利に購入ができる

という基準より、ご紹介します。

満足いくジャケットを見つけるのが難しいとお悩みの方は、ぜひチェックしてみてくださいね。


LaFabric(ラファブリック)

  • グレージャケット 着こなし

ネットでオーダースーツ・シャツを1着から作れるカスタムオーダーの通販サイト「LaFabric」。

製品はすべてメイドインジャパンで、機能性に優れた生地・素材を豊富に取り扱っているのが特徴です。

またサービス最大の特長として、一度、店舗で採寸〜体型情報を登録すれば、そのデータが保存され、あとはネットから気軽にオーダーすることができます。

一人一人のライフスタイルに合う、高機能な1着を店舗でもオンラインストアでも便利に注文できるブランドです。

ブランド詳細

【ブランド名】LaFabric
【ジャケット価格】29,800円(税込)〜
【納期】約3〜4週間

公式サイトを見る

麻布テーラー

ビジネスウェアのセレクトショップとして、幅広いビジネスマンから人気の「麻布テーラー」。
 
紳士服業界で、仕立て服を意味する「ビスポーク(Be Spoken)」の精神をもつ麻布テーラーでは、生地選びからシルエット、オプションなど、一人一人のお客さまとの対話を大切にし、理想の一着を仕立てていくのが特徴です。
 
生地、オプション共に選べるバリエーションが非常に豊富なため、個性を出すこだわりの1着をオーダーしたい方におすすめです。
ブランド詳細

【ブランド名】麻布テーラー
【ジャケット価格】23,000円(税抜)〜
【納期】約4〜6週間

公式サイトを見る

RING JACKET

「オーダーメイドのような着心地の既製服」を目指し、素材、仕立て、シルエットすべてにおいて完成の高い1着を提供する「RING JACKET」。

着心地を追求したオリジナル生地、日本人独特の体型を美しくするシルエットの研究、そして巧みなアイロンワークなど、妥協のないジャケット作りが特徴です。

何度でも袖を通したくなる、大人の男性の上質なジャケットが欲しい方におすすめのブランドです。

ブランド詳細

【ブランド名】RING JACKET
【ジャケット単品】49,680円(税込)〜

公式サイトを見る

3. グレージャケットのおすすめ着こなし13選

この章では、実際のグレージャケットの着こなしを、3つの項目に分けて紹介します。

特に、おすすめしたいライトグレーと、ミディアムグレーの着こなしは5つずつ紹介しているので、ぜひ普段のおしゃれの参考にしてくださいね。

3-1. ライトグレーの着こなし

【おすすめ着用シーン】プライベート・オフィスカジュアル

ライトグレーのジャケットに、ブルーのギンガムチェックのシャツと、赤いネクタイを合わせた爽やかな着こなし。

地味になりがちなグレージャケットのコーディネートには、差し色を入れることで全体の印象が華やかに引き締まります

ネクタイに差し色を使う場合は、ベストやセーターを一緒に合わせると、コーディネートから浮きにくくなるのでおすすめです。

【おすすめ着用シーン】プライベート

明るいライトグレーに、白いTシャツを合わせた着こなし。

ジャケットとパンツの色を合わせたセットアップスタイルは、手軽に雰囲気のあるおしゃれを楽しめます。

Tシャツと同じ白のスニーカーを合わせて、統一感を持たせつつ、カジュアルダウンするのがポイントです。

【おすすめ着用シーン】プライベート

大胆なデザインのストールが印象的なコーディネート。

派手な柄のアイテムも、グレージャケットなら品よくまとめてくれるので、少し冒険した着こなしに挑戦するのもおすすめです。

色味を抑えたペイズリーのネクタイや、迷彩のパンツなどもおすすめ。

【おすすめの着用シーン】オフィスカジュアル・ビジネスカジュアル

グレーとネイビーは相性抜群の組み合わせです。

パンツと同じ色のネクタイを選ぶことで、上下に統一感が生まれ、スッキリとコーディネートに。

細かいドット柄は、トーンを暗くしたグレーのカーディガンを重ねることで、うるさくなりすぎ、さりげない華やかさを演出してくれます。

【おすすめの着用シーン】プライベート

全身をグレーで統一したワントーンコーディネート。

ジャケットとパンツに、大きめの格子柄を使うことで、1色でも地味になりすぎず、おしゃれにきまります。

小物の色を工夫することも、ワントーンコーディネートでは効果的です。

3-2. ミディアムグレーの着こなし

【おすすめの着用シーン】プライベート

ミディアムグレーのジャケットに、濃紺のデニムを合わせたシンプルな着こなし。

黒のローファーが、カジュアルなコーディネートをドレッシーに格上げしてくれています。

シンプルな組み合わせなので、迷彩のリュックがいいアクセントになっています

【おすすめの着用シーン】プライベート・オフィスカジュアル

サックスブルーのシャツも、グレージャケットと相性抜群です。

デニムをネイビーのスラックスに変えてコーディネートすれば、ビジネスシーンにも着ていくことができます。

  • グレージャケット 着こなし

【おすすめの着用シーン】オフィスカジュアル・ビジネスカジュアル

ピンクのシャツと、白いパンツの組み合わせが爽やかなコーディネート。

1-4. ぜひ合わせたいおすすめ定番アイテム3選」でも述べたように、ピンクシャツは、グレージャケットにぴったりのアイテムです。

白のパンツは、中間色のグレーのアイテムと、しっかりとしたコントラストになり、コーディネートにメリハリを生んでくれます。

【おすすめの着用シーン】プライベート

ツイード素材のミディアムグレーのジャケットに、バイカラー(2色)のセーターを合わせた着こなし。

素材を季節ごとに変えることも、コーディネートする上では大切なことです。

【おすすめの着用シーン】プライベート

黒のワイドパンツを使ったコーディネート。最近、大きめアイテムが流行しているので、今年っぽい着こなしがしたい方におすすめです。

ワイドパンツ自体の主張の強いが強いので、インナーはシンプルなものにしてあげると、きれいに着こなせます。

3-3. チャコールグレーの着こなし

【おすすめ着用シーン】プライベート・オフィスカジュアル

チャコールグレーのジャケットに、黒のタートルネックを合わせた着こなし。

インナー以外も、すべて黒くまとめることで、モードなコーディネートに仕上がっています。

ジャケットスタイルには、タートルネックは鉄板の組み合わせなので、ぜひ他の色のジャケットにもお試しください。

【おすすめの着用シーン】プライベート

黄色のフィッシャーマンニットを合わせたコーディネート。

さっくりとした風合いと、独特の編み方が特徴のフィッシャーマンニットは、簡単におしゃれな着こなしが楽しめます

白の靴下が、黒い下半身のいいアクセントになっています。

【おすすめ着用シーン】プライベート・オフィスカジュアル

重たい印象になりがちなチャコールグレーのジャケットを、スウェットパンツでうまくカジュアルダウンしています。

スウェットパンツを選ぶときは、だらしなくならないように、なるべく細身のものにしましょう。

4. まとめ

今回は、実際のコーディネートを中心に、グレージャケットの着こなしについてご紹介しました。

グレージャケットは、地味になりやすいアイテムですが、合わせるものによって、かっこよく着こなすことができます。

今回、紹介したコーディネートを参考に、明日からのおしゃれをぜひ楽しんでくださいね。