「スーツにリュックって合わせてもいいのだろうか?」

「ビジネスリュックとはいえ、取引先に失礼に思われないだろうか?」

街中でリュック姿のビジネスマンが増えてきていますが、このような疑問をお持ちの方も中にはいるのではないでしょうか。

近年、健康志向による自転車通勤や移動中にスマートフォンでの連絡が増えてきたことから、移動中でも両手の空くビジネスリュックが注目されてきていますが、実際のところマナーとしてどうなのか気になりますよね。

そこで、今回はビジネスシーンでのスーツとリュックの関係性についてまとめてみました。ビジネスリュックにチャレンジしてみたい方は、ぜひ読み進めてみてくださいね。

(※この記事は、2017年3月時点での情報を参考にしています。)

1. そもそもリュックっていいの?

結論からいうと、業界や着用シーン・デザインにより好まれるかどうかが決まります

以下の条件をしっかりとクリアしているかどうか確認してみてくださいね!

1-1. 業界を選ぼう

金融業界や、その他お客さまを多く相手にする業界ではリュックの使用は控えたほうがよさそうです。

多くの場合は、同業内でリュックの使用者を全く見かけない場合は、控えたほうが間違いないでしょう。

通勤・退勤に用いるのはO.K.ですが、オフィスに往訪用の手持ちバッグを置いておくと安心です。

1-2. 着用シーンを選ぼう

リュックが許される業界である場合でも、リュックで商談に向かったり、リュックで営業に回るといったことは避けたほうがいいでしょう。

認められつつあるとはいえ、リュックはフォーマルな雰囲気には適さないと判断されることが多いです。

1-3. シンプルなデザインを選ぼう

リュックが認められていたとしても、カラフルなリュックや登山用のような大きなリュックは避けるようにしましょう。

基本的には、色は落ち着いた黒やモノトーンで、見た目にも過剰な装飾が目立たないものを選ぶのがよいでしょう。

2. リュック選びで気を付けたい5つのこと

2-1. ノートパソコンの入るA4サイズ

ビジネスマンは、ノートパソコンやA4サイズのクリアファイル等を頻繁に持ち歩きます。

そのため、リュックはA4サイズをすっぽり収納できるサイズのものを選ぶと使いやすいです。

2-2. 背負って疲れない一体型ベルトがおすすめ

上部写真のように、ショルダーベルトの付け根がつながっているデザインのリュックは、移動や長時間背負うときも疲れづらいのでおすすめです。

荷物が重くても疲れないように工夫が施されています。

2-3. スーツを傷めないメッシュとウレタン素材

  • スーツ リュック

リュックは背負っていると、背中部分がどうしてもスーツとこすれてしまいます。

そこで、スーツの肩口や背中を痛めない素材としてメッシュやウレタンが用いられているリュックがおすすめです。

写真のように、ショルダーベルトの内側と背中の部分にメッシュが入っていると、スーツを痛めないほかに、通気性も高まり、快適に着用することができます。

2-4. 収納のしやすさに注目しよう

リュックを選ぶときは、内部の構造が収納に優れているかも重要な要素です。

リュックの外部に少々のポケットと、内部で小分けに収納が利くものがおすすめです。

特に、上部写真のように内部にポケットやをはじめとして、荷物の整理がしやすい工夫がされているものが特に使いやすいです。

様々な大きさや重さの荷物も、ポケットやひもを工夫して使用することで、片方に重みが偏ったりせず、背負ったときのストレスや荷崩れを防いでくれます。

2-5. 軽くてナンボ

 多くの荷物を持ち運ぶリュックは、なるべくリュックが軽量であるものを選びましょう。

一般的に、600gから800gのリュックが使い勝手のいい重さだといわれています。

また、リュックはその質量以上に背負ってみたり実際に持ち上げたときの力の分散によって感じる重さが変わるので、そちらも重視して選ぶようにしましょう。

重さは大きく2つの方法で測ることができます。

・リュックそのものの質量を、持ち上げて確かめる。
リュックの上部ストラップを持ち上げて、リュックそのものがどのくらいの重さか測ってみます。

・荷物を入れ、「背負ってみたときの」軽さを確かめる。
もう一つの方法として、リュックにものを入れたときの重さを参考にしてみてください。

リュックはショルダーベルトとボディのバランスによって、重さの分散が違うため、同じ荷物でも重さの感じ方が異なります。

2-6. 手持ちにもできる2WAY/3WAY

ビジネスリュックの中には、ストラップを取り外すことで手持ちカバンやショルダーバッグとしても使うことができます。

フォーマルシーンや普段使いの使い分けも、リュック一つで簡単に楽しむことができます。

カジュアルシーンや、ビジネスの様々なシーンでリュックを活用したいという方におすすめです。

3. おすすめブランド10選

ここからは、「2. リュック選びで気を付けたい5つのこと」で触れたポイントをおさらいしながら、おすすめのリュックを紹介していきます。

3-1. Jack Wolfskin(ジャック・ウルフスキン)

「BERKELEY」
7,884 円 (税込)

最近若いビジネスマンに注目されているブランド。

なかでもBERKELEYは機能的なポケットと、720gという軽さ、さらにA4サイズをしっかり収納することができる大きさで、万能に使い勝手の良いアイテム。

値段も手ごろなことから、リュックデビューに選びたいおすすめリュックです。

3-2. INCASE(インケース)

「staple backpack」
9,800 円 (税込)

ビジネスバッグを手掛けるブランドから、ご紹介です。INCASEのリュックは、ビジネスシーンでの使用に最適な工夫が多く施されています。

内部は、PC用の収納ポケットがあり、荷物の持ち運びでPCへのダメージを軽減することができます。

また、背中に触れる部分とショルダーベルトの裏地はメッシュになっており、摩擦でスーツが傷まないよう工夫が施されています。

3-3. Haglöfs(ホグロフス)

「KATLA 25」
14,040 円 (税込)

Haglöfsは、アウトドアのバックパックは一般的に生地が強く、擦れてスーツにダメージを与えることがありますが、Haglöfs KATLA 25はクッション性の高い柔らかな生地を使用することで、スーツへのダメージを軽減しています。

また、リュックの内部にもクッション性の高い素材を用いてるため、外界からのダメージに強くPCやカメラ等の持ち運びにも最適です。

3-4. aniary(アニアリ)

「14-05000」
47,520 円 (税込)

ショルダーバッグのほかに、手持ちで持ち運ぶことができる持ち手がついている2wayリュック。

撥水性のあるコットンの仲間であるベンタイルとレザーを表面に使い分け、リュックとしての自立性や軽さを維持しながら、デザインにもこだわっているアイテムです。

3-5. coute et ciel(コート・エ・シエル)

「Nile」
46,440 円

シンプルなデザインで、スタイリッシュに見えるビジネスリュック。リュック自体が軽く、持ち運びに最適なリュックと言えます。

中には、PC用のポケットに加え一回り小さなポケットもついています。

見た目には柔らかそうに見えますが、しっかりと自立性があるリュックです。

見た目のスマートさと、ビジネスリュックとしての機能性も兼ね備えたおすすめのリュックです。

3-6. ARC'TERYX(アークテリクス)

「arrow 22」

今、アウトドアブランドで飛ぶ鳥を落とす勢いなのがARC'TERYX。その中でも最も人気の高いALLOW 22をご紹介します。

特徴は、圧倒的な自立性です。背負っていてもほぼ負荷を感じないほど自立しており、長時間背負う方や、自転車で通勤される方等にはおすすめのリュックです。

デザインもスマートで、スーツのスタイリッシュさによく合うリュックです。

3-7. ACEGENT LABEL(エースジーン・レーベル)

「インヴィクタ・カルロ」
13,500 円 (税込)

インヴィクタ・カルロは、リュックの中に複数のポケットが内蔵されていて、サイズ別に荷物を整理することができます。

サイズは少し小さめのB4サイズですが、PC等の大きい荷物を持ち歩かない方にはちょうどよい容量です。

またリュックの表面が撥水に長けており、通勤時の雨でも書類等を濡らす心配がないのが嬉しいところです。外出や自転車通勤を多くされる方に、とてもおすすめのリュックです。

3-8. TUMI(トゥミ)

「ALPHA 2」
64,800 円 (税込)

 TUMIはビジネスバッグを主流に製造しているブランドです。

そのため、ポケットの大きさや位置、またボディのバランスまで非常に機能的に考えて作られています。

その中でも、TUMIの2wayバッグは非常に使い勝手の良いアイテムであること間違いなしです。

価格はやや張りますが、耐久性と使いやすさから、長く使えるリュックとしておすすめです。

3-9.SAMSONITE(サムソナイト)

「LOCUS Laptop Backpack V」
12,960 円 (税込)

 LOCUS Laptop Backpack Vは、名前の通りLaptopを持ち運ぶことを想定して設計されています。

また、リュックそのものも880gと非常に軽く、背負いやすいのが大きな特徴です。

PCが入り、また軽いリュックは非常にビジネスマンにとって使い勝手がよく、重宝されるアイテムでしょう。

値段も手ごろでリュック選びに迷っている方におすすめです。

3-10.ARTPHERE(アートフィアー)

「Advan 3Way Business Bag」
26,000円(税抜)

最後にご紹介するのは、ARTPHEREのAdvan 3way Bussiness Bagです。

ハンドバッグ、リュック、ショルダーバッグとして3通りで使える機能的なバッグです。

ARTPHEREは、ドラマの有名なシーンで使用されたことにより、20代の中で流行のブランドになりました。

デザインもレパートリーが多く、リュックのデザインにこだわりたい方におすすめのブランドです。

4. リュックを背負う人はタフなスーツがおすすめ

ここまでスーツに合うリュックを紹介してきましたが、ビジネスリュックで通勤する人に多い悩みが「肩周りやヒップに擦れが発生する」こと。

そんな悩みを持つ方には、耐摩擦性・耐摩耗性のある素材・生地のスーツを選ぶのがおすすめです。

そこで、ここでは機能面に優れたスーツを販売するブランドの中でも、おすすめのブランドを、

・高品質でコスパの高い製品を提供している

・耐摩擦性、耐摩耗性に優れた素材や生地を豊富に取り扱っている

・店舗数が多い、またはネットで便利に購入ができる

という基準より、ご紹介します。

ビジネスリュックで仕事をする人は、ぜひチェックしてみてください。


LaFabric(ラファブリック)

  • しわになりにくいスーツ

ネットでオーダースーツ・シャツを1着から作れるカスタムオーダーの通販サイト「LaFabric」。

製品はすべてメイドインジャパンで、機能性に優れた素材・生地を豊富に取り扱っているのが特徴です。

中でも、おすすめは高機能に特化した「THE TECH」シリーズ。一般的なウール織物と比べ、耐摩耗強度が約14倍を誇る生地「コーデュラ」の生地を豊富に取り扱っています。

また一度、店舗で採寸〜体型情報を登録すれば、あとはネットからオーダーができるのも魅力で、店舗・オンラインストアのどちらでも便利に利用ができるブランドです。

ブランド詳細

【ブランド名】LaFabric
【オーダー種類】イージーオーダー
【価格】44,800円(税込)〜
【納期】約4週間

公式サイトを見る

MACKINTOSH PHILOSOPHY(マッキントッシュ フィロソフィー)

英国の老舗ブランド「マッキントッシュ」のセカンドラインとして誕生した「MACKINTOSH PHILOSOPHY」。

特におすすめなのが、"ビジネスマンが出張を快適に過ごせるように" というコンセプトで展開する「TROTTER(トロッター)」シリーズ。

その中でも、「トロッタージャケット#050」は、摩耗強度の強いコーデュラナイロンとウールを混紡した生地を採用しているため、きれい目ながら、タフな仕上がりとなっています。

磨耗への耐性と着心地の良いストレッチ性のあるバランスの良い一着です。

ブランド詳細

【ブランド名】MACKINTOSH PHILOSOPHY
【価格帯】70,000円〜

公式サイトを見る

NEXT BLUE

30代のビジネスマン向けに、機能性に優れたスーツを低価格で販売する「NEXT BLUE」。

抜群の耐摩耗性を持つ、「コーデュラ コンバットウール」をベースに、アクティブなビジネスパーソンをサポートするNEXT BLUEらしく、強度の他に、通気性や軽量性、ウォッシャブル仕様の機能も備えたラインナップを揃えているのが特徴です。

比較的リーズナブルな価格帯で購入ができるので、まず一着試してみたいという方におすすめです。

ブランド詳細

【ブランド名】NEXT BLUE
【価格】33,900円(税抜)〜

公式サイトを見る

5. まとめ

最後に、スーツにビジネスリュックを合わせる上で押さえておくべきこととしては、

・ビジネスリュックOK、NGは業界によって異なる

・サイズはA4サイズが入るものがおすすめ

・スーツを傷めないためにも、メッシュとウレタン素材のリュックを選ぶ

がポイントとなります。

スーツにビジネスリュックのスタイルも徐々に増えてきていますので、リュックについて悩んだ時は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。