毎日何気なくつけているベルト、気づいたら使う穴の位置がずれていた!という経験はありませんか?

実は正しいスーツスタイルには、ちょうど良いサイズのベルトが欠かせません。長く愛用できるものなので、身体に合った上質な素材のものを手に入れたいですね。

今回は、スーツに合わせるベルト選びのポイント、おすすめのベルトブランドをまとめてご紹介します。 大人の男性の身だしなみとして、素敵なベルトを手に入れてみませんか?

1. スーツに合わせるベルトのルール

1-1. ビジネススーツにはベルトが必須

まず、スーツ着用時にはベルトは必須です。近年、ベルトをせずにウエスト周りをシンプルに見せるという着こなしもありますが、あくまでもプライベートシーンのみの着こなし方。

ビジネスシーンでは、スーツにベルトなしのスタイルだと「スーツの着こなし方がわからない人」だと評価をされてしまう可能性があります。

1-2. 革素材のベルトを選ぼう

  • スーツ ベルト

風合いと耐久性、どちらの面でも本革素材のベルトが一番です。天然素材が持つ、革独特の香りと手触りは一度味わうとやみつきに。使い込めば使い込むほど、馴染んできて、こなれた風合いが増すのも魅力です。

本革のものですと1万円程度と、決して気軽に買える金額ではありませんが、一度購入すると数年間使えるので、結果的には合皮ベルトよりもお得になることも。

スーツ ベルト
メッシュタイプはNG
革素材であってもそれ以外の素材でも、編み込んだ素材のものは、ビジネスシーンには不適切です。

1-3. 5つ穴のベルトの真ん中でとめる

  • スーツ ベルト

ベルトの穴は5つが一般的。6つ穴のものや3つ穴のものもありますが、スタンダードな5つのものが好印象です。

また、ベルトの穴は真ん中を使うようにします。理由は「きれいに見える」からだと言われますが、見た目というよりも身だしなみとして定着しています。

もちろん、体型の変化は仕方がないですし真ん中以外の穴を使ったから「失礼な人」だとは思われませんが、ベルトを購入する際や、サイズを調整する際は真ん中の穴を使える長さに合わせましょう。

1-4. シンプルで控えめなベルトが一番

スーツに合わせやすいベルトは、改まった雰囲気をそこなわないシンプルなもの。 以下のようなデザインは派手に見えてしまうので避けましょう。

スーツ ベルト
スーツにはNGな派手ベルト
・バックルにブランドロゴが入っているもの
目立つ上に、嫌味な印象になってしまいます。
 
・ステッチが目立つもの
同色系のものなら良いですが、ベルトとは違う色を使ったステッチは、スポーティーなスタイルになるためスーツに合いません。

・大きく深い型押しが入ったもの
大きなクロコ柄などの、派手なベルトはNGです。無難なのは無地ですが、型押しの柄が細かく控えめなものはスーツに合う場合もあります。
取り入れるときは、会社の雰囲気を見て決めてくださいね。

1-5. 1本目は3cm程度の黒ベルト

  • スーツ ベルト

スーツの着こなしのマナーとして、「ベルトと靴の色を合わせる」というルールがあります。やはりビジネスシーンでは黒い靴の方が活用頻度が高いと思いますので、まずは黒い靴に合わせる黒ベルトを購入しましょう。

また、ベルト幅は3〜3.5cmがおすすめです。3〜3.5cmはカジュアルでもフォーマルでもスタンダードなベルトの幅なので、きちんとした印象になります。

もちろん2本目、3本目はブラウンやネイビーなどを取り入れてお洒落を楽しむのもOKです。ベルトとスーツスタイルのコーディネートについては、「2. スーツとベルトのコーディネート術」でご紹介していきます。

1-6. サイズ調整ができるものを選ぼう

  • スーツ ベルト

ビジネス向きのベルトにはウエストサイズが指定されたものと、フリーサイズのものがありますが、おすすめはフリーサイズです。

自分のウエストサイズにぴったりなものを購入したと思っても、着用してみたらなぜか合わない、何てこともあります。ご自身で調整が効く、フリーサイズのものを選びましょう。

家庭でベルトをカットすることが不安がある方は、購入した店舗でカットをお願いしましょう。

2. スーツとベルトのコーディネート術

ベルトはスーツの着こなし全体を上手くまとめてくれるだけでなく、着こなしの主役級になることも。ここでは、コーディネートを格上げするベルトの活用術をご紹介します。ベルトと靴は同色が基本なので、靴も合わせてご覧くださいね。

2-1. 黒ベルト × 黒靴でどんなスーツにも対応

ダークスーツに合わせてきちんと着こなす

黒やダークネイビー、ダークグレーなど、濃い色のスーツに合うのは黒ベルト。

全体がダークな印象ですが、明るいブラウンなどのベルトと靴を取り入れてしまうとその部分がかなり目立ってしまいます。プライベートの着こなしで、アクセントとして敢えて取り入れるのは良いですが、ビジネスシーンでは黒がおすすめです。

淡い色のスーツを引き締める

逆に淡い色のスーツに黒いベルトと靴を取り入れるのはOKです。

淡い色は膨張色なため全体がぼんやり見えてしまいますが、そこに黒いベルトと黒い靴を合わせれば一気に引き締まって見えます。

カジュアルなジャケパンをランクアップ

ビジネスカジュアルのジャケパンスタイルにもぴったり。リラックスした雰囲気に、ビジネスシーンにふさわしい緊張感をプラスしてくれます。

もちろんこのコーディネートにはネイビーの靴とベルトなども合わせられますが、無難にまとめたい日は黒が良いですね。

カラフルな着こなしを上手くまとめる

黒靴とベルトは、プライベートにも大活躍。赤いニットにグリーンのジャケットというカラフルな着こなしですが、そんなときこそベルトと靴は黒にまとめて、全体のバランスを取りましょう。

2-2. ブラウンベルト × ブラウン靴で優しい雰囲気に

スーツとネクタイの明るい雰囲気にぴったり

ブラウンベルトと相性抜群なのは淡い色のスーツや赤を取り入れたスーツスタイル。写真のコーディネートのように、淡い色のスーツの柔らかさと、ネクタイの赤の華やかさを同時に引き立てることができます。

同じブラウンでも色のトーンの違いで印象はまったく変わります。明るいブラウンで柔らかさをプラスしたり、ダークブラウンで知的に見せたりと、いろいろなコーディネートを楽しんでくださいね。

その際、靴の色もトーンまでぴったり合わせるとおしゃれ上級者に見えます。

温かみのあるブラウンで春夏らしさを

ブラウンベルトは、爽やかなジャケパンコーディネートにもぴったりです。この着こなしには黒ベルトでも合わせられますが、春夏らしさを演出したいときはブラウンの方が良いでしょう。

ベルトと靴だけでなく、カバンまで同色で揃っている点がお洒落へのこだわりを感じさせますね。

ダークブラウンで品良く

ポロシャツにチノパンという夏のビジネスカジュアルスタイルは、カジュアルになりすぎないように上品なダークブラウンの小物を合わせましょう。

色のトーンまで合わせるのが難しいブラウンだからこそ、きちんと揃ったスタイルは好感度アップです。

2-3. ネイビーベルト × ネイビー靴で青系コーデを引き立てる

シンプルな着こなしの主役に

スーツもネクタイも無地でまとめたシンプルな着こなしだからこそ、ベルトと靴でアクセントを添えたいですね。小物を上手く使いこなしたお洒落上級者のコーディネートです。

お洒落へのこだわりをアピール

ネクタイ、ベルト、靴、すべてをネイビーでまとめたこだわりを感じさせるコーディネート。着こなすのが難しい青いスーツも、ネイビーの小物だと簡単に馴染みます。

2-4. スーツに合わせた靴とベルトでセンスをアピール

スーツに負けないセンスの良さをプラス

大人の魅力を引き立てるカーキのスーツは、小物まで気を配ってかっこよく着こなしたいですよね。そんな勝負スーツには、スーツに合わせたベルトと靴を用意しましょう。

おすすめはスーツの色のトーンを少し地味に合わせやすくした色のもの。たとえば写真のカーキとグレーの中間色のベルトと靴は、カーキスーツだけでなく、グレーのスーツや黒のスーツのアクセントとして合わせることができます。

3. スタイリストが薦めるベルトブランド8選

スーツに合わせるベルトはほとんどのスーツ店で購入できますが、今回は敢えてベルトに定評があるブランドをご紹介します。先輩や後輩、彼へのギフトにもぴったりなので、参考にしてみてくださいね。

※ご紹介しているベルトの情報は、2015年11月時点の各社の情報を参考にしています。

Paul Smith(ポールスミス)

イギリスの伝統を取り入れながらも、現代的で高いデザイン性に定評のあるポールスミス。シンプルな中にさりげないセンスが光る上品なベルトを多数揃えています。

2本目、3本目のベルトとして普段のスーツスタイルのアクセントとして使うベルトが欲しい方にチェックして欲しいブランド。プライベートのジャケパンスタイルに合わせたくなるお洒落なベルトが豊富です。

ポールスミスで買いたいベルト

(左)ベルト:税込 17,280円
(右)ベルト:税込 19,440円

左はバックルで、右は色で個性をアピールできるもののビジネスの場にふさわしい品格あるデザインです。

ポールスミスのベルトはこちら

COMME CA MEN(コムサメン)

着用シーンや合わせるスーツを選ばない、スタイリッシュなデザインが特徴です。余計なものを取り払ったミニマルなデザインなので、日々の着回しに大活躍です。

基本的にはシンプルなベルトが中心のため、アクセントになるベルトが欲しい方は他のブランドが向いているかもしれません。

コムサメンで買いたいベルト

(左)クロコ型押しレザーベルト:税込 14,040円
(右)オイルレザーベルト:税込 16,200円

クロコの型押しは大きく深いものだと派手に見えてしまいますが、写真(左)くらい目立たないものなら上品に着こなせます。写真(右)も、シルバーの部分がさりげなくひねってあるデザインで、人と被らないのに目立ちすぎないデザインです。

コムサメンのベルトはこちら

TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)

東京発のブランド、タケオキクチはビジネスマンの王道スタイルが手に入ります。誰からも好印象な基本の1本が欲しい方におすすめ。

10,000円を切るお手頃なカジュアルベルトから、2万円ほどのこだわりのベルトまで豊富なラインナップが特徴で、デザインもシンプルなものから遊び心満載のものまで、幅広く楽しめます。

タケオキクチで買いたいベルト

(左)FURIKOビジネスベルト:税込 15,120円
(右)ダブルフェイスグレンチェックベルト:税込 14,040円

右のベルトはフリコの形をしたピンと、レザーの摩擦を利用して止める珍しいタイプ。数ミリ単位で調整が可能なため、最近お腹周りのサイズが変わってきた...という方にも安心です。

通常のバックルとは形状が変わりますが、つけたときの見た目はほぼ変わらないため、ビジネスでも使えます。

左のベルトは、ブラウンと黒の型押しのデザインのどちらも楽しめるリバーシブルになっています。2本目にブラウンのベルトを買うか、型押しのベルトを買うか迷っている方におすすめの一本です。

タケオキクチのベルトはこちら

GLENROYAL(グレンロイヤル)

スコットランドの伝統を引き継ぐクラシックな作りと、時代に合わせた高い機能性が魅力のグレンロイヤル。革本来の風合いを味わえるベルトが手に入るので、ナチュラル志向な方は要チェック。

職人が1本1本ハンドメイドした世界でたった1つのオリジナルのベルトは、贈り物にもおすすめです。

ただ商品ラインナップは少なめで、上品でベーシックなデザインのベルトが基本になります。

グレンロイヤルで買いたいベルト

(左)スティラップベルト:税込 14,040円
(右)スティラップベルト:税込 14,040円

クラシックなスタイルが特徴のブランドなため、革の素材感が引き立つナチュラルなブラウンのベルトがおすすめです。

グレンロイヤルのベルトはこちら

Felisi(フェリージ)

イタリアの工房発のブランド、フェリージはハンドメイドのぬくもりと洗練されたシンプルさを併せ持つブランド。熟練した職人たちが丁寧に作りあげたベルトは美しく、長く使い込める逸品です。

繊細で上品なデザインが好きな方に薦めたいブランドです。

フェリージで買いたいベルト

(左)ベルト:税込 14,040円
(右)ベルト:税込 14,040円

細く上品なバックルが、革素材を引き立てます。発色のきれいな上質な素材だからこそ、カラーベルトを取り入れたいですね。

フェリージのベルトはこちら

Anderson's(アンダーソンズ)

イタリアはパルマの小さな工房から始まったアンダーソンズは、今でも自社の工場での手作りにこだわっています。

日本語の公式サイトはなく、セレクトショップや楽天などのネットショップでしか購入できませんが、デザイナーやスタイリストさんの支持が熱い人気ブランドです。ファッション好きでこだわりのある方もお気に召すはず。

定番のカーフ素材(しなやかでツヤのある素材)だけでなく、スエード素材(柔らかく起毛感のある素材)などお好みの革素材を選べるのも特徴。ビジネスシーンではカーフがおすすめです。

アンダーソンズで買いたいベルト

カーフレザーベルト:税込 14,040円

職人が1本1本染め上げたベルトは美しい発色を楽しめます。ネイビーやブラウンはもちろん、ワインレッドなどの珍しい色が手に入るのもアンダーソンズの魅力です。

アンダーソンズのベルトはこちら

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)

創業1875年の老舗のレザーブランド。上品な味わいと耐久性のどちらも可能にする高級素材にこだわっています。職人のハンドメイドを守り続けているのにもかかわらず、時代を感じさせない普遍的なデザインが魅力。

時間をかけて使い込みたい本命の一本が欲しい方におすすめです。

ホワイトハウスコックスで買いたいベルト

(左)ベルト:税込 18,360円
(右)ベルト:税込 21,600円

ベーシックで王道のデザインだからこそ、上質な素材が引き立ちます。長く愛用したい逸品です。 メッシュベルトは、ホワイトハウスコックスの人気NO.1。

職人が丁寧に編み上げているため、編み目が崩れないまま何年も使えます。ビジネスカジュアルなどのシーンで、ジャケパンに合わせるのがおすすめです。

ホワイトハウスコックスのベルトはこちら

無印良品 

とにかくコストパフォーマンス重視の方には、無印良品のベルトがぴったり。本革にもかかわらず、3,980円と破格のお値段。高級感のあるデザインなので、とても5,000円以下のベルトとは思えない仕上がりです。

無印良品で買いたいベルト

(左)ベルト:税込 3,980円
(右)ベルト:税込 3,980円

無印で手に入れたいのは、ビジネスにもカジュアルにも使えるデザインのもの。2本目のベルトが欲しいけれど、お金はあまりかけたくないという方にぴったりです。

無印良品のベルトはこちら

4. まとめ

ベルトは毎日使うものだからこそ、上質なものを大切に使いたいですよね。今回は正しいベルトの選び方やコーディネート、おすすめのブランドまで全てまとめました。

素敵なベルトを手に入れて、さりげなくお洒落へのこだわりをアピールしてみてくださいね。

良質なベルトを見てみる