カジュアルシーンだけでなく、ビジネスシーンでも定着してきた「ジャケパンスタイル」。

コーディネートの幅の広さがジャケパンの魅力ですが、組み合わせの選択肢がありすぎて迷ってしまうという方もいるのではないでしょうか。

今回は、お手軽にジャケパンスタイルの印象を変えてくれる「ネクタイ」についてまとめました。

選び方のポイントから、おすすめのブランドまでご紹介します。この記事を参考に、ジャケパンスタイルをもっと楽しんでみてくださいね。

(※この記事は、2017年3月時点での情報を参考にしています。)

関連記事:ジャケパン初心者の方はこちら
ジャケットの着こなし|押さえておきたい王道コーディネート集

1. ジャケパンスタイルのネクタイの選び方

ジャケパンスタイルのネクタイの選び方には、スーツスタイルとはまた違ったポイントがあります。ここでは、ジャケパンスタイルのネクタイを選ぶ際に知っておきたいことについてご紹介します。

1-1. 絶対に失敗しないコツは同系色を選ぶこと

コーディネートの鉄則は、色数を少なく、2〜3色でまとめることです。ジャケパンスタイルのネクタイ選びもスーツスタイルの時と同様、ジャケットやシャツ、パンツと同系色のネクタイを選ぶと失敗しません。

1-2. シーンに合うネクタイを選ぼう

自分のジャケパンスタイルが、ビジネス寄りなのかカジュアル寄りなのかによって使えるネクタイは変わります。写真左のようなビジネス寄りのジャケパンには、ビジネスでも定番のレジメンタルなどのネクタイをするとしっかり決まります。

反対にカジュアル寄りのジャケパンに、スーツスタイルでも使うようなかっちりしたネクタイをするとコーディネートからネクタイだけが浮いてしまいます。写真右のようなニットタイはカジュアルなジャケパンスタイルに特にオススメです。

1-3. コーディネートのバランスに合わせたネクタイを選ぼう

ジャケパンスタイルでは、ジャケット、シャツ、ネクタイ、パンツの中で柄物のアイテムは2つぐらいまでに抑えましょう。

写真左のように、ジャケットやシャツに柄物のアイテムを使っている時は、ネクタイは無地のものを選ぶとコーディネートがまとまります。
写真右のように他のアイテムが無地の場合は、柄物のネクタイでコーディネートにアクセントを加えてみるのがオススメです。

1-4. 素材で季節感を演出

その季節にあったアイテムを身につけていると、おしゃれな印象を与えることができます。夏にはシルクのざっくり編まれたニットタイやリネンタイ、冬には温かみのあるウールタイで季節感を演出してみましょう。

1-5. 大胆な色柄のものにチャレンジ

ジャケパンスタイルでは、スーツスタイルでは使うことができない派手な色や柄のネクタイを使うことができます。

普通のネクタイに飽きたという方は、試してみるのはいかがでしょうか。派手なネクタイを使うときは、他のアイテムはシンプルなものを選びましょう。

2. コーディネートの幅が広がるおすすめネクタイブランド3選

ここではジャケパンのコーディネートの幅が広がるおすすめのブランドを、

・高品質でコスパの良い製品を提供している

・定番の色柄をはじめ、季節感のある素材や生地のネクタイを豊富に取り扱っている

・幅広い年代で利用ができるブランド

という基準より、ご紹介します。

シーンや季節に合わせたジャケパンスタイルに合うネクタイをお探しの方は、ぜひチェックしてみてくださいね。


LaFabric(ラファブリック)

  • ジャケパン ネクタイ

ネットでオーダースーツ・シャツを1着から作れるカスタムオーダーの通販サイト「LaFabric」が取り扱うネクタイは、糸から縫製まで一貫して作る「東京・八王子織物」の良品質な1本。

定番のシルクタイをはじめ、ジャケパンに合うニットタイなど、どれも1本3,900円〜で販売しているので、新しいコーディネートのための「替えの1本」をお探しの方にぴったりです。

ブランド詳細

【ブランド名】LaFabric
【価格】3,900円(税込)

公式サイトを見る

FAIRFAX(フェアファクス)

メイドインジャパンの老舗店「FAIRFAX」のネクタイは、素材・生地、縫製、すべてに妥協のない高品質の1本。

色や柄のバリエーションも非常に豊富で、ニットタイ、ウールタイ、リネンタイなど、ジャケパンに合う素材のネクタイを取り扱っています。

上質で、品格を感じさせる大人のジャケパンスタイルに合うネクタイが手に入るおすすめ店です。

ブランド詳細

【ブランド名】FAIRFAX
【価格】9,000円(税抜)〜

公式サイトを見る

Maker’s Shirt 鎌倉

上質なワイシャツをリーズナブルな価格で提供する「Maker's Shirt 鎌倉」が取り扱うネクタイは、素材・縫製にこだわったコストパフォーマンスの高さが特徴です。

仕事で使いやすい定色柄をメインに約200種類〜のラインナップがあり、春夏には涼素材のネクタイや、明るい色柄中心に集めた商品展開など、季節に合わせたコーディネートを楽しめる品揃えが魅力です

ビジネスシーンのジャケパンスタイルにワンポイントを添えるネクタイが欲しい、という方におすすめです。

ブランド詳細

【ブランド名】Maker's Shirt 鎌倉
【価格】5,400円(税込)〜

公式サイトを見る

3. 定番のジャケパンスタイルに合うネクタイ

このチャプターでは、定番のジャケパンスタイルに合うネクタイの色をご紹介します。ネクタイの柄については、コーディネート全体のバランスを見て選んでみてくださいね。

3-1. ネイビージャケット × グレーパンツに合うネクタイ

ジャケパンの中でも定番中の定番のこのスタイルには、ジャケットと同系色の青系のネクタイを選べば間違いありません。また、パンツと同じグレー系のネクタイを合わせるのも鉄板です。

茶系のネクタイも、ネイビージャケットと良く合う組み合わせの一つです。品良くまとまります。

3-2. ネイビージャケット × ホワイト、ベージュパンツに合うネクタイ

こちらもジャケットと同系色の青系のネクタイを選べば間違いありません。上でも紹介した茶系のネクタイ、他にも赤系のネクタイもおすすめです。

パンツがホワイトの時は、黄色のネクタイもおすすめです。青 × 黄の組み合わせは相性抜群なことに加え、パンツが白なのでネクタイが綺麗に映えます。

3-3. グレージャケット × ネイビーパンツに合うネクタイ

ネイビージャケットと並んで定番のグレージャケットですが、パンツと同系色の青系のネクタイを選んでおけば絶対に外しません。

4. 色別・ジャケットに合うネクタイのコーディネート

4-1. ネイビージャケット

上半身を同系色でまとめた定番コーディネート。上半身を同系色でまとめるときは、単調にならないよう素材や柄、色の濃淡でどこかにアクセントを入れましょう。写真はニットタイを使っています。

ネイビージャケット × グレーパンツの定番の着こなしに、爽やかな緑のレジメンタルタイをチョイス。お手本のようなかっちりジャケパンスタイルです。

日本では使いづらい黒のネクタイも、ニットタイなら使うことができます。黒とネイビーのニットタイは、使いやすいので1本持っておいて損はありません。

4-2. グレージャケット

合わせやすいグレージャケットに、青のチェックシャツと同じ青系のネクタイを選んだ着こなし。チェックシャツを着る時は、使われている色と同じ色のネクタイをするとお洒落です。

グレージャケット × ネイビーパンツの基本の組み合わせに、ネイビーと相性の良い黄色のネクタイをセレクトしています。

グレージャケット × ベージュパンツの組み合わせです。ぼんやりしてしまいがちな組み合わせですが、ネクタイをすることで大人のしっかり感が出ます。

4-3. ブラウン・ベージュジャケット

ブラウンジャケットにはやはり茶色のネクタイが合います。迷ったらジャケットと同系色のネクタイを選ぶと間違いないです。

ベージュジャケットには濃い色のネクタイがよく合います。写真のコーディネートはシャツとネクタイを同系色でまとめている鉄板の組み合わせですね。

温かみのあるブラウンジャケットは、秋冬におすすめです。写真のネクタイはウールタイで、季節感をさらにアップさせています。

4-4. 柄ジャケット

主張の激しい柄物のジャケットは、シンプルなネクタイでコーディネートを引き締めましょう。

柄物のジャケットに一部分使われている色とネクタイに使われている色を合わせると、ワンランク上の着こなしになります。

5. まとめ

今回はジャケパンスタイルの時のネクタイの選び方と、定番のジャケットとパンツの組み合わせに合うネクタイをご紹介しました。

組み合わせの選択肢が多く嬉しい反面、迷ってしまいがちなジャケパンスタイルですが、ネクタイ選びに迷うことはなくなったと思います。

あなたのジャケパンスタイルに合ったネクタイで、毎日の着こなしをもっと楽しんでみてくださいね。