ビジネスマンにとって、スーツとは対人関係を円滑に進めるためのアイテム。

キャリアを積むにつれて、自分に合ったスーツの選び方の知識を一通り身につけたあとは「自分好みのスーツ」を選びたくなるもの。

しかし、スーツにこだわりを持ち、商品を選ぼうとしても「そもそも生地の種類、良い生地はどういうものだろう?」とモヤモヤしてしまうことはありませんか。

今回は、そんな「生地の種類を知った上でスーツを選びたい」と思う方のために「スーツの生地」についてご紹介をいたします。

本記事は、スーツブランドの販売員の方へ取材し、「スーツの生地の選び方」、「良い生地とダメな生地の見分け方」についてまとめた記事ですので、スーツの生地についてお悩みの方への参考になると思います。

1. スーツの生地について押さえておきたい前知識

スーツにこだわりを持ち、商品を選びたいときに押さえておきたいのが「生地」についての知識です。ここでは、生地についての種類、特徴や違いについて触れていきます。

1-1. 生地の種類

スーツに使われる生地の産地は大きくわけて3つあり、

・イタリア産
・イギリス産
・国産

の生地が代表とされています。ここでは、各産地にごとに特徴を解説していきます。

「イタリア産」

  • スーツ 生地

3つの生地の中でダントツに人気なのがイタリア産。

イタリア産の生地は柔らかく、艶があり、肌触りが滑らなので、イタリア産の生地で作られたスーツは軽く着心地の良い仕上がりになります。

肌触りや着心地も人気の理由ですが、イギリス産や国産の生地と比較するとイタリア産の生地は選べる柄のバリエーションが豊富、かつ生地の褐色の良さが優れているというところもイタリア産を選ぶ人が多くなる理由に挙げられます。

「イギリス産」

  • スーツ 生地

イタリアの次に人気なのがイギリス産。

イギリス産の生地は硬く、すこしざらざらとした肌触りで、ハリがあり耐久性に優れているので、イギリス産の生地で作られたスーツはかっちりとした仕上がりになります。

「織り糸」の違い
イタリア製と比較するとイギリス製のスーツは硬い着心地ですが、イギリス製の生地のほうがイタリア製と比べると長持ちする特徴があります。
 
長持ちする違いは、生地のもとになる「生地を織る糸(織り糸)」にその理由があります。織り糸には、「単糸(たんし)」と「双糸(そうし)」の2つがあり、単糸とは一本の糸をそのまま織ったもの、双糸は一本の糸を2本より合わせて一本の糸として織ったものになります。
 
双糸は糸をより合わせている分、生地が丈夫となり、イギリス製スーツはこの双糸でできた生地を使用しているため、丈夫で長持ちするスーツに仕上がります。

国産」

  • スーツ 生地

国産の生地はどちらかと言うと、イギリス産の生地に近いと言われています。

国産の生地で仕立てたスーツは日本の四季に合わせて、ウールやポリエステルの配合率を調整しています。

つまり、それぞれの季節に合う着心地を提供してくれる、いわゆる「いいところ取り」な生地と言え、国産の生地で作られたスーツはコストパフォーマンスの高い一着に仕上がります。

1-2. 生地の値段の違いについて

そもそも生地の値段の違いは、生地の元となる糸の「繊維の細さ」によって安い、高いが決まり、繊維が細くなればなるほど価格が上がり、高級生地として取り扱われます。

 そして、この生地の細さはスーツのタグにある「SUPER表示」で確認ができます。

この数字が上がれば上がるほど、より細い繊維を使用しているという証明になりますので、覚えておきましょう。

例えば、このSUPER表示がSUPER100、SUPER110、SUPER120、と数字が上がれば上がるほど、より細い繊維で作ってるスーツであるため、柔らかく肌触りが良いスーツである証となります。

(逆に細くなればなる分、耐久性が少なくなっていく一面もありますので、丈夫さと肌触りの両方をスーツに求める人はSUPER100がおすすめです)

SUPER表示ランク
 このSUPER表示ランクについてですが、表示タグ上では同じ「SUPER100」と記載されていたとしても、ウールの産地、つまり羊の産地によってウールの価格が変わります。
 
なので、一概に「SUPER100だから〜円」とは言えず、むしろ「高級羊毛として知られるニュージーランド羊やオーストラリア羊のウールを使っていれば価格が高くなる」と覚えておきましょう。

2. 良いスーツ、良い生地の選び方

生地についての知識を学んだ後に押さえておきたいのが、「実際にお店に行った時にどのようにして選べばいいのか」。ここでは「生地の選び方」や「見るべきポイント」について紹介をしていきます。

2-1. 生地ブランドの見分け方

生地のブランドがどこのものなのかを見分ける方法としては、基本的には「スーツの袖」についているブランドのネームタグで確認することができます。

しかしながら、高級ブランド(例:グッチやアルマーニなど)は、「そもそも高級ブランドの生地」を使ってスーツを仕立てているため、袖に生地ブランドのネームタグをつけていない場合もあります。

もし、高級ブランドスーツの購入検討をされいて、生地ブランドが気になる人は個別で店員の方へ確認するのが良いでしょう。

2-2. 手にとって見るべき点

良い生地かどうかを見分けるためには、「実際にスーツを触ってみる」ことが必要です。ここでは、押さえるべきポイントをまとめて解説していきます。

「光沢の確認」

  • スーツ 生地

好みのスーツが見つかった後は、試着にあわせて同色のスーツと見比べ光沢の差を確認しましょう。

光沢のあるスーツは生地にシルクが織り込まれているため、着用時に高級感のある印象を与えてくれます。

柔らかさの確認」

  • スーツ 生地

良い生地かどうかを見分けるには、スーツの袖をつまんで柔らかさを確認してみましょう。

袖を掴み、生地が柔らかく、ソフトな感触のものは良い生地の証拠と言えます。

生地の表現方法
スーツの販売員の方などはこの柔らかさに加え、「湿った感触があるかどうか」と表現することもあります。

「シワの確認」

  • スーツ 生地
  • スーツ 生地
  • スーツ 生地

良い生地かどうかを見分けるには、スーツの袖をつまみ、シワがすぐに戻るかどうか?を確認してみましょう。

良い生地は「復元力」に優れていますので、つまんでシワができてもすぐに元通りになるものは良い生地の証拠と言えます。

3. おすすめの生地ブランドについて

2. 良いスーツ、良い生地の選び方」で紹介をした良い生地の見分け方を押さえた後は、おすすめの生地メーカーについて紹介をしていきたいと思います。

代表的なブランドを紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

3-1. エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)

イタリアを代表し、100年以上の歴史を持つ高級生地メーカー、「エルメネジルド・ゼニア」。

ゼニアの強みは「他メーカーの追随を許さない品質へのこだわり」。厳選された希少なウールのみを使い、紳士服業界でNo1の生地メーカーとして君臨しています。

品質へのこだわりもさることながら、豊富な生地の種類もゼニアの特徴。

ソフトな風合いで光沢感が特徴の「トロフェオ」、シワの復元力に優れた「トラベラー」、艶っぽく耐久性に優れた「エレクタ」、伝統的なシルエットが特徴の「ヘリテイジ」、そして通気性に優れた春夏向けの生地「クールエフェクト」などがあり、若いビジネスマンから年配のビジネスマンまで年齢問わず愛用されています。

3-2. ロロピアーナ(Loro Piana)

ゼニヤに次ぐ、イタリアの高級生地メーカーとして知られる「ロロピアーナ」。

ゼニヤと比較すると生地の風合いは柔らかく、気品があり、ロロピアーナの生地で仕立てらてたスーツは男の色気を感じさせる一着と言われています。

3-3. カノニコ(CANONICO)

イタリアの生地メーカーで糸を紡ぐ紡績から生地の染色まで自社で一貫したもの作りを続けている「カノニコ」。

高級生地として紳士服業界では取り扱われていますが、ゼニヤやロロピアーナと比較すると、比較的手頃な価格帯のため、カノニコの生地で仕立てらてたスーツはコストパフォーマンスに優れたものとして人気を博しています。

3-4. チェルッティ(CERRUTI)

イタリアの老舗高級生地メーカーとして知られる「チェルッティ」。

100年以上の歴史を持つ老舗メーカーで、色は黒や紺などのダークカラー中心ですが、チェルッティの最大の特徴はその「光沢感」。

主張しすぎない上品さを持ちつつ、光が当たった時の「気品を演出する光沢」は、他の高級生地ブランドと比較しても一線を画す存在と言われています。

4. まとめ

以上「スーツの生地の選び方」について、いかがでしたでしょうか。

一概に「生地」と言ってもイタリア産、イギリス産、国産によってそれぞれ特徴がありますので、生地にこだわってスーツを選びたい方は、まず「自分はどんな着心地のスーツが欲しいんだろう?」とゆっくり考えてみることをおすすめします。

そして、自分が求める着心地がわかれば、選ぶべき生地ブランドも見えてきますので、店頭でもスムーズに自分が求めるスーツを選ぶことができます。

生地についての知識があれば、スーツ選びの楽しみの幅もグッと広がりますので、ぜひ本記事を参考に自分が欲しいスーツ選びに活用してみてくださいね。

軽く着心地の良いオーダースーツを見てみる