ビジネスマンには必需品となっているスーツ。

毎日着るスーツはやっぱりこだわって日本製のものにしたいですよね。

しかし日本製スーツと言われても、海外製との違いがイマイチわからないということはありませんか?

今回はそんな方のために日本製スーツをピックアップ。 基本的な知識から海外製との違い、取り扱っているブランド、価格等をまとめてみました。

日本製スーツに興味があるけどよくわからない、これから購入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(※この記事は、2017年1月時点での各社の情報を参考にしています。)

1. 知っておきたい日本製スーツのこと

1-1. 「日本製スーツ」と呼ばれるには

まず最初に「日本製」といえば、当然日本の素材や生地を使い日本で縫製と思っていませんか?

結論から書きますと、実はそうではありません。

日本製というのは「日本で縫製や装飾が行われたもの」です。

原産国の定義には「その商品について実質的な変更をもたらす行為が行われた国をいう」と規定されています。

簡単に説明すると、素材や生地を衣料品の形状にしていく過程を行われた国を「原産国」といい、最終的にボタンなどのパーツを取り付けて出荷した国は原産国ではないということになります。

つまり、日本で縫製や装飾が行われたものを海外に運んで仕上げて出荷しても、それは海外製ではなく日本製ということになります。

もちろん逆の場合もあります。

1-2. 日本製と海外製の違い

日本製と海外製のスーツの違いですが、見た目だけで判断するのはなかなか難しいです。

しかし、海外の工場(主に中国、ベトナム等)で縫製したものより、日本の工場で縫製したものの方が縫製はもちろん細かな部分もしっかりしています。

また襟(ラペル)もふんわりとした仕上がりで、大量生産で作られるものよりも全体的に立体感のあるスーツになっています。

立体的で体に自然にフィットするデザインは着心地も良く、丈夫で長持ちをするのが日本製スーツの特徴です。

日本製のスーツだと国産、イタリア、イギリスなどの質の良い生地を使用していることも多いので、何処の生地を使っているかもポイントになります。

スーツの良い生地の見分け方を詳しく知りたい方は「スーツの良い生地の見分け方|着心地も見栄えも良い生地選びの3つのコツ」に紹介してありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

1-3. 1着あたりの平均価格

  • 日本製スーツ

日本製スーツと言われる商品に絞り調べたところ、1着あたりの平均価格ですが、約60,000円〜200,000円前後で購入できるものがほとんどです。

1-2. 日本製と海外製の違い」でも紹介したように、大量生産で作られる海外製のスーツよりも、縫製から細かな部分の仕上げがしっかりしておりコストパフォーマンスも高いので、海外製のスーツと比べると高くなります。

2. 日本製スーツを取り扱うブランド9選

最初の「1-1. 「日本製スーツ」と呼ばれるには」でも書きましたが、今回は原産国が日本の「日本製スーツ」を取り扱っているブランドを予算別に分けて紹介します。

2-1. 予算・60,000円〜

①D’URBAN

1970年のブランド創業以来、日本の感性と技術に裏打ちされた高い品質で、常にメイドインジャパンにこだわり続けています。

日本が誇る世界と肩を並べるメンズブランドです。

【公式HP】http://www.durban.jp
【販売価格】63,720円〜145,800円(税込
 

②MACKINTOSH PHILOSOPHY

英国を代表する老舗ブランドのMACKINTOSHのセカンドラインとして誕生。

MACKINTOSHのモノづくりの精神、クラシックで時代性のあるスタイルを受け継ぎつつ、現代的なテイストも備えたデザインが魅力です。

【公式HP】http://www.mackintosh-philosophy.com
【販売価格】77,760円〜129,600円(税込)

2-2. 予算・80,000円〜

③GUILD PRIME

国内外のハイブランドを取り扱いつつも、カジュアルでリーズナブルなブランドも多数展開しています。

モードでカジュアルが融合するセレクトショップならではの豊富なブランドも魅力です。

【公式HP】http://www.loveless-shop.jp
【販売価格】82,080円〜89,640円(税込)
 

④五大陸

日本発の高品質スーツでは絶対に外せないブランドです。

英国の伝統、フランスの華やぎ、イタリアの粋、アメリカの合理性、それらを日本の繊細により仕立てたジャパニーズ・ジェントルマン・スタンダードのスーツを提案しています。

【公式HP】http://gotairiku1992.jp
【販売価格】85,320円〜96,120円(税込)
 

⑤NEW YORKER

ハイクオリティ&ベーシックをコンセプトに時代の空気やトレンドを盛り込んだスタイルを提案しています。

ブランドの歴史を感じるような上質なスーツが特徴で、日本が誇るスーツブランドです。

【公式HP】http://www.newyorker.co.jp
【販売価格】85,320円〜140,400円(税込)
 

⑥Paul Stuart

トレンドに左右されず自分自身に合わせ、パーソナリティーが表現できるスタイルを提案する「コンテンポラリー・クラシック」ブランドです。

高品質の素材、生地を使い繊細に作られた品格漂うデザインが魅力です。

【公式HP】http://www.paulstuart.jp
【販売価格】96,120円〜 172,500円(税込)


⑦洋服の青山

定番アイテムから機能性アイテムまで業界No.1の圧倒的な品揃えが魅力です。

手軽に購入出来るものから素材や生地、縫製にまでこだわった日本製のスーツまで幅広く展開しています。

【公式HP】http://www.y-aoyama.jp
【販売価格】99,000円(税込)

2-3. 予算・100,000円〜

⑧MACKINTOSH LONDON

英国を代表する老舗ブランドMAKINTOSHから誕生。

ブランドのDNAを受け継ぎながら、様々なシーンにフィットするオーセンティックなコレクションを提案。

英国のトラッドテイストに基づきながらも、シンプルで上質なアイテムが魅力です。

【公式HP】http://www.mackintosh-london.com
【販売価格】129,600円〜172,800円(税込)
 

⑨三陽山長

紳士靴を中心とした高級靴、鞄、小物、雑貨等のトータルブランドです。

高品質な素材と日本の伝統職人の匠の技によるモノづくりが人気の「和」をベースとしたオリジナルテイストを提案するブランドです。

【公式HP】http://www.sanyoyamacho.com
【販売価格】140,400円〜194,400円(税込)

日本製の質の良いスーツを購入すると、毎日のお手入れも楽しくなりそうですよね。

スーツのお手入れの方法を知りたい方は「スーツのお手入れ方法|綺麗に長持ちさせるお手入れをすべて解説」にわかりやすく解説してありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

3. 品質・コスパに優れたオーダースーツのブランド

2. 日本製スーツを取り扱うブランド9選」では日本製スーツを取り扱っているブランドをご紹介しました。

次に日本製スーツをオーダーメイドでも楽しめるブランドをご紹介します。

オーダーメイドで作ると自分の体にフィットしたスーツに仕上げることができ、より日本製スーツの良さを知ることが出来ると思います。

また、オーダーメイド=高いというイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますので、今回は5万円以下で楽しめるブランドのみに絞りました。

体型に悩みがあり既製品には手を出しづらい方、せっかくの日本製スーツだからデザインにもこだわりたいという方にはオーダーがおすすめです。

3-1. ビジネスマンにはおなじみのブランド

麻布テーラー

ビジネスマン、プロフェッショナルにベストな一着をお届けする人気のオーダースーツ店です。

伝統と革新の両方を求めたセンスの良いデザイン、リーズナブルな価格が魅力です。

【公式HP】http://www.azabutailor.com
【販売価格】39,000円〜(税込)


ONLY(ザ・スーパースーツストア)

20〜40代まで幅広い年代から支持を受けているブランドです。

ONLYという名の通り、他にはない完成度やサービスで自分だけの1着を作ることができます。

手頃な価格も魅力でオーダーを考えているならば、ぜひチェックしたいブランドです。

【公式HP】http://only.co.jp
【販売価格】41,040円〜(税込)

3-2. 業界初・高機能なスーツを作れるブランド

LaFabric(ラファブリック)

日本製スーツ

当サイト「Customlife」を運営するカスタムオーダーの通販サイト「LaFabric」です。

NASAが開発した温度調節可能な素材、軍隊でも使われる高い耐水、防水性が特徴の素材など珍しい素材などが揃っており、デザイン、生地、サイズ等を自由にカスタマイズできます。

日本製の質の良い、しかも高機能のオーダーメイドスーツ等を手頃な価格で購入出来るブランドです。

【公式HP】https://lafabric.jp
【販売価格】44,800円〜(税込)

4. おわりに

今回は日本製スーツについてご紹介しました。

最後にもう一度、日本製スーツについておさらいですが、日本製スーツというのは日本で縫製や装飾が行われたものが対象となります。

日本製スーツと海外製スーツは見た目だけで判断するのはなかなか難しいです。

しかし、海外製のスーツと比べると縫製はもちろん細かな部分もしっかりしており、全体的に立体感のある仕上がりのスーツになっています。

立体的で体にフィットする日本製スーツは着心地も良く、丈夫で長持ちするのが特徴です。

今まであまり意識してスーツを購入したことない方、ぜひこの機会にこだわりの日本製スーツを選んでみてはいかかでしょうか。

日本製スーツをオーダーで作る