スーツに合わせるインナーは、高温多湿な日本のビジネスマンの必需品ですが、透けや周囲の視線が気になる方も多いですよね。

ではどういったものが良いのか、スーツに合わせるインナーの選び方について詳しく解説致します。

また、おすすめの機能性抜群のインナーブランド実際の着用感もご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

1. スーツに合わせるインナーの選び方

スーツに合わせるインナー選びは「色・袖の長さ・ネックデザイン」の3つのポイントを抑えましょう。

そうすることで身だしなみに気をつかった「透けない・見えない」インナー選びができますよ。

結論:色はベージュを選ぶ


どの色が一番透けないのか、実際にインナーで定番色の「ベージュ・ホワイト・グレー・ブラック」で、それぞれどれくらい透けるか着比べしてみました。

比較してみると、インナーの色味によってシャツの印象がかなり変わりますね。

そのため、身だしなみに気をつかう場合スーツに合わせるインナーの色は透けないベージュを選びましょう。

ただ、「ベージュは肌着感が強くて抵抗がある…」なんて方は、その次に透けにくいグレーもおすすめです。

ホワイトやブラックのようにシャツ合わせで透ける色は、Tシャツなど普段着のインナーとして着用するといいでしょう。

検証結果

ホワイト
…首回りのラインがはっきり見える
・ベージュ
…色やラインともにほぼ分からない
グレー
…白シャツが多少くすんで見えるもののかなり透けにくい
ブラック
…シャツがくすんで見えてインナーの色も認識できるレベル

⇒「ベージュが一番透けない」ことが分かった

使いやすいのは半袖

年中着られるものを探している方には、 半袖のインナーがおすすめです。

長袖に比べ季節を問わないため一年中着用でき、 また、ノースリーブに比べ脇汗がシャツに響きにくく安心です。

深Vネックが安心

ネックデザインは、シャツの首元から見える心配がない深めのVネックがおすすめです。

クールビズが定着しネクタイなしで常に第一ボタンを外す機会が増えましたが、飲みの席などもう一つボタンを外すことがあっても見えないため安心です。

スーツに合わせるインナーの選び方:まとめ

スーツに合わせるインナー選びのポイントは以下の3つをおさえておけば安心です。

✔色「ベージュ」
…透けずに安心して着られる

袖の長さ「半袖」
…季節を問わず、脇汗も気になりにくい

ネックデザイン「深Vネック」
…ボタンを外しても見える心配がない

次からは、上記ポイントを抑えた商品を取り扱うおすすめインナーブランドをご紹介します。

2. 機能性抜群!編集部おすすめインナーブランド7選

ここでは、編集部おすすめのインナーブランド

の、3種類に分けてご紹介します。

また、それぞれのインナーについて
試着した編集部員の感想
女性部員の意見

も記載していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

2-1. 着心地に特化したブランド3選

ここでは下着ブランドならではの、日本人の肌に合う色味やサイズ、見た目にこだわったインナーを3つご紹介します。

◆GUNZE(グンゼ)

・SEEK(シーク)

SEEKの特徴

縫い目を最小限にするなど着心地への追求
メイドインジャパンならではの色や生地のこだわり

SEEK公式サイトはこちら

 

編集部員T

程よい肌への密着感が心地良いですね。着ていて体と一体化しているような感じでストレス感がないです!

女性部員

ほとんど縫い目がなくて着心地良さそう。肌触りの良さそうな生地で、体が透けて見えないのもきれい。

 

商品詳細

メーカー】GUNZE(グンゼ)
商品名】EE3314
サイズ】M~4L
価格】2,800円(税抜)
素材】綿35%、キュプラ25%、ポリエステル25%、ポリウレタン15%
【商品公式サイトhttps://www.gunze.jp
 

 

◆GUNZE(グンゼ)

YG (ワイジー)

YGの特徴

切りっぱなしなのに洗濯してもほつれない
吸湿吸水速乾・抗菌防臭効果など機能性に優れている

YG公式サイトはこちら

編集部員T

好みが分かれそうですが、非常に着圧感があり体にフィットします!これはシャツの中で、もたつかないのがいいですね。

女性部員

かなりフィット感があるので、気になる人は普段より1サイズあげるのもアリかな。体が締まってる人はきれいに見えそう。

商品詳細

メーカー】GUNZE(グンゼ)
商品名】YV1515
サイズ】Ⅿ~LL
価格】1,300円(税抜)
素材】綿55%、ポリエステル30%、ポリウレタン15%
商品公式サイトhttps://www.gunze.jp

 

◆Wacoal(ワコール)

・BROS(ブロス)

BROSの特徴

より着やすい素材を独自開発
見た目のかっこよさと着心地の良さの両立

BROS公式サイトはこちら

編集部員T

しっかりした生地で、シャリ感があるものの硬すぎないので着心地良く、全体的に動きやすさもあります。

女性部員

首周りやブランドタグも、下着というよりもカットソーっぽくて見えてもかっこいい感じ。

商品詳細

メーカー】Wacoal(ワコール)
商品名】GL5920
サイズ】Ⅿ~L
価格】2,300円(税抜)
素材】ポリエステル45%、綿45%、ポリウレタン5%、アクリル5%
【商品公式サイトhttps://store.wacoal.jp

 

2-2. ほしいサイズが見つかるブランド2選

これからご紹介する2つは、サイズ展開がXS~XXLもしくは4Lまでと、他社がⅯ~LLまでの展開が多い中で、断トツのサイズ展開をほこるブランドです。

◆UNIQLO(ユニクロ)

・AIRism(エアリズム)

AIRismの特徴

ストレッチ性にたけている
軽やかな着心地で通気性よく一年中着用可

エアリズム公式サイトはこちら

編集部員T

綿混に比べると多少化繊感はあるのが気になりますが、伸びが良く、着心地が驚くほど軽いです。

女性部員

とっても薄いので出張でもかさばらなさそう。色味も肌の色に近くて、着ているのが分からないレベル!

商品詳細

【メーカー】UNIQLO(ユニクロ)
商品名】423527
サイズ】XS~XL
価格】990円(税抜)
素材】綿71%、 ポリエステル,25% 、 ポリウレタン4%
【商品公式サイトhttps://www.uniqlo.com

 

◆GU(ジーユー)

・GU DRY(ジーユードライ)

GU DRYの特徴

機能性の中で断トツの安さ
適度なフィット感とさらりとした生地
GU公式サイトはこちら

 

編集部員T

縫製と着心地は抜群とまではいかないものの、機能性があるのにこの価格は非常に魅力的ですね!

女性部員

見た目はかっこいいわけではないけど、動きやすそうな生地感でサイズも適度にフィットしていていい感じ。

商品詳細

メーカー】GU(ジーユー)
商品名】321490
サイズ】XS~XXL
価格】590円(税抜)
素材】ポリエステル90%、ポリウレタン10%
【商品公式サイトhttps://www.gu-global.com

 

2-3. 脇汗防止に特化したブランド2選

脇部分に汗脇パッドがつけられているため、この2つは他社のものよりさらに脇汗が目立ちにくい作りになっています。

◆MIZUNO(ミズノ)

・ICE TOUCH(アイスタッチ)

ICE TOUCHの特徴

一般的なものより優れた消臭テープを使用
スポーツブランドならではの見た目のかっこよさ
公式サイトはこちら

編集部員T

脇汗パッド部分の生地の厚みが多少気になりますが、汗をかいても安心なのが嬉しいです。

女性部員

下着っぽくなく適度なゆとりがあるのはスポーツブランドならでは!仕事終わりにそのままジムで着ていても良さそう。

商品詳細

メーカー】MIZUNO(ミズノ)
商品名】C2JA910347
サイズ】Ⅿ~LL
価格】2,000円(税抜)
素材】ポリエステル88%、トリアセテート12%
商品公式サイトhttps://www.mizunoshop.net

 

◆B.V.D.(ビーブイディー)

・cool edit(クールエディット)

cool editの特徴

下着感が少なく肌が透けない
換気を調節し快適に過ごせる素材を使用

公式サイトはこちら

編集部員T

綿混のわりに化繊感は強い気がします。ただし脇汗パッド部分はそこまでごわごわした感じがなくていいですね。

女性部員

インナーにしては生地がしっかりめで、汗をかいても他のものよりシャツに響きにくくて安心できそう。

商品詳細

メーカー】B.V.D.(ビーブイディー)
商品名】RT554
サイズ】Ⅿ~LL
価格】1,300円(税抜)
素材】綿60%、ポリエスエル25%、複合繊維15%
商品公式サイトhttps://store.fujibo-ap.jp

 

 

最後に、ここまで紹介したインナーをまとめました。

おすすめインナー:まとめ

商品画像
商品名 SEEK YG AIRism BROS GU DRY ICE TOUCH cool edit
価格 2,800円(税抜) 1,300円(税抜) 990円(税抜) 2,300円(税抜) 590円(税抜) 2,000円(税抜) 1,300円(税抜)
特徴 ストレスフリーな肌への密着感 着圧感あるすっきりとしたシルエット ラインが目立ちにくく非常に軽い Tシャツのようなかっこよさ 断トツの価格の安さ 一般的な消臭より優れた4大臭抑制 脇汗ジミに強い
公式HP GUNZE GUNZE UNIQLO Wacoal GU MIZUNO B.V.D.
吸水速乾
抗菌消臭 -
シームレス - - - -
サイズ展開 M~4L M~LL XS~4XL M~L XS~XXL M~LL M~LL
詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

気になるインナーがあれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

次からはインナーに関する疑問についてお答えしていきます。

3.今さら聞けないインナーに関する疑問解消Q&A 

ここでは今さら聞きにくいような、インナーに関する疑問にお答えしますので、ぜひ参考にしてくださいね。

Q1. そもそもインナーは着なきゃいけないもの?

A1. 周囲への気遣いとしてもインナーは着用しましょう。

特に夏場びっしょりと汗ジミが見えていたり乳首が透けているのは同性・異性問わず周りから不快に思われるケースも

着用することでそういったことを軽減でき身だしなみへの気配りにもつながるため、インナーを着用することをおすすめします。

シャツのキレイが長持ち

インナーを着ることでシャツが直接肌に触れず、皮脂などの汚れが付いたり生地が傷んだりするのを防げるため、着ることで長持ちに繋がります。

Q2. インナーはゆとりあるサイズ感でも大丈夫?   

A2. スーツに合わせるインナーはジャストサイズを選びましょう。

チェックポイントは
袖の長さ

…大きいと袖が長くなり、半袖シャツを着た時に袖から出てしまう
身頃
…胴回りがもたつくと着心地も見た目も良くない
着丈
…長すぎるとズボンの中でごわごわする・短いとすぐ出てくる

シャツの中に着るものなので大きいと着心地も見た目も良くないです。そのためきつすぎない程度にすっきりしたサイズ感がベストですよ。

機能的にみてもインナーはジャストサイズが大事!

機能性のものは肌にフィットしてこそ効果が発揮されるため、サイズがゆるいと汗を吸いにくく
吸水速乾しにくい
消臭されにくい
吸湿発熱されにくい

など、せっかくのメリットが活かされないため、快適に過ごすためにもジャストサイズのものを選びましょう

Q3. 機能性インナーってどういうものがあるの?

A3. 吸水速乾・接触冷感・抗菌防臭・消臭・吸湿発熱などが代表的です

よくある機能内容についてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

吸水速乾 オールシーズン快適
…素早く汗を吸収・乾燥
接触冷感 着た瞬間の体の表面温度を吸収
…冷感がずっと続くわけではない
抗菌防臭 汗をかきやすい夏は特に安心
…細菌の増殖を抑えニオイの発生を抑制
消臭 ニオイを分解し消臭
…商品により分解対応臭気が異なる
吸湿発熱 寒い時期より温かく過ごせる
…身体から発する水蒸気を吸着し熱変換

インナーによって付与されている機能性が違うため、自分が気になる機能性のものを選ぶとより快適に過ごせますよ。

Q4. 冬におすすめのインナーはどういうものがあるの?

A4. 吸湿発熱などの機能性があるものだとより温かく過ごせます。

半袖インナーは年中着用可能ですが、外にいる時間が長い場合や温かさがほしい場合は発熱タイプがおすすめです。

ただし屋外から建物に入った時など冬でも発汗するシーンもあるため、吸水速乾機能があるとより快適に過ごせますよ。

また、手に入れやすい冬におすすめのスーツに合わせるインナーも3つご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

UNIQLO(ユニクロ)

・HEATTECH(ヒートテック)

HEATTECHの特徴

店舗数が多くて手に入れやすい
サイズ展開がXS~4XLと断トツの豊富さ

公式サイトはこちら

GUNZE(グンゼ) 

・HOTMAGIC(ホットマジック)

HOTMAGICの特徴

一番温かいもので一般肌着の7枚相当の保温力
インナーブランドならではの着心地にこだわった作り

公式サイトはこちら

セブンプレミアム

・BODY HEATER(ボディヒーター)

BODY HEATERの特徴

綿混素材で肌触りが柔らか
ペットボトルを使用した再生糸で自然環境にも配慮

公式サイトはこちら


また、ほとんどのインナーブランドから、スーツの下に履いても動きやすく温かいボトムも出ていますので、寒い日は上下で着用するのもおすすめですよ。
 

長袖インナーは袖の長さに注意

長袖タイプだとより温かく過ごせますが、長すぎるとシャツから袖が出てきたり、時計の上でもたついてしまいます。

そのため袖の長さは7分袖~9分袖までのものを選ぶと安心です。

4. まとめ

それではもう一度、スーツに合わせるインナーを選ぶ際のポイントをおさらいします。

インナー選びの3つのポイント

✔色「ベージュ」
…透けずに安心して着られる
✔袖の長さ「半袖」
…季節を問わず、脇汗も気になりにくい
✔ネックデザイン「深Vネック」
…ボタンを外しても見える心配がない

上記の3つのポイントをおさえて、快適なインナーを選んでくださいね。

もう一度機能性に特化したインナーブランドを見たい方は「2. 機能性抜群!編集部おすすめインナーブランド7選をご覧ください。