突然ですが、スーツのワイシャツに合わせるインナーはどういうものを着るべきなのだろう?と困ったことはありませんか。

社会人としてスーツやシャツへの身だしなみは押さえていても、意外と抜けてしまいがちなのが肌着への配慮。

そこで今回は、スーツのワイシャツの下に合わせるメンズインナーへの疑問を持つ方のために注意すべき点や季節別でオススメのインナーを紹介していきます。

1. ワイシャツに合わせるインナーで押さえておきたい知識

「ワイシャツは肌着なしで着用すべきなのか?」
「それともインナーを着て着用すべきなのか?」

日本でスーツ、シャツを着用し、働くビジネスマンであれば、意見が対立しやすいテーマになりますが、高温多湿の日本においては汗をかいた時にワイシャツが肌に張り付き、見た目としても相手へ不快な思いをさせてしまう理由から

ワイシャツの下にインナー(肌着)を着ること」

がビジネスマナー上、良しとされています。

このチャプターでは、このビジネスマナーを押さえつつ、インナー選びの上でのポイントを解説していきます。

スーツ インナー
インナーに対する日本と欧米の違い
もともと、ワイシャツは欧米で下着として着用されていたアイテムのため、ヨーロッパのマナー上ではワイシャツの下にインナー(肌着)を着用することはせず、素肌に直接着用するものとされています。

しかし、日本では気候の問題上、汗をかいた後の見た目などが気になりやすいため、ワイシャツの下にインナーを着ることが必要とされるようになったわけです。

1-1. インナーとして適切な色について

ワイシャツの下に着るインナーの色は「白色」が基本です。押さえるべきポイントは、「インナーの色がシャツの上から透けないようにする」こと、つまり無地のものを選ぶことが求められます。

清潔感、透けにくい点からして白が基本色とされていますが、近年のトレンドとしては「ワイシャツの下に着用しても透けにくい」という観点から、ベージュやライトグレーのカラーも人気があります。

 つまり、インナーとしてふさわしい色は、

・白
・ベージュ
・ライトグレー

の3色ということになりますので、この3色のどちらかを選んでいればビジネスシーンでも安心です。

スーツ インナー
ビジネスシーンでのインナーのマナー
ビジネスシーンでは、プリント柄やロゴ入りTシャツの着用はNGですので、大人のマナーとして着用は控えるように覚えておきましょう。

また黒色も大手アパレルメーカーでは取り扱いがありますが、白色のワイシャツの下に着ると透けてしまう可能性がありますので、ビジネスシーンでは避けておきましょう。

1-2. 袖別・インナーの種類について知る

ワイシャツの下に着るインナーの種類を袖で分けると、

・半袖
・長袖(7分袖・9分袖含む)
・タンクトップ ・ノースリーブ

の4タイプが挙げられます。

ビジネスシーンでは、オールシーズン使い回しができる「半袖」を選ぶのが良い選択でしょう。 逆にビジネスシーンでおすすめできないのは、

・タンクトップ
・ノースリーブ

の2タイプ。

袖がない分、熱がこもりにくく涼しいメリットはありますが、汗をかいてしまうとシャツの脇部分に汗じみが出てしまいます。

そのため、相手に不快感を与えてしまったり、また何より脇汗に気づいた本人が人前で恥ずかしい思いをしてしまう可能性がありますので、ビジネスシーンでは避けた方が無難でしょう。

スーツ インナー
長袖のインナーを着る時のポイント
長袖については、大手アパレルメーカーを中心に袖丈が従来のものよりも短い7分袖や9分袖のものを取り扱うようになってきていますので、ワイシャツの袖丈よりもインナーが出ないよう注意すれば、秋冬シーズンに着用しても大丈夫です。

1-3. 襟別・インナーの種類について知る

ワイシャツの下に着るインナーの種類を襟で分けると、

・丸首
・Vネック

の2タイプが挙げられます。

ビジネスシーンでは、ワイシャツの下に着るインナーとして両タイプともに着用OKです。

あえて注意点を挙げるとすると、

・ノーネクタイの場合は丸首タイプは避けること

が鉄則です。

ノーネクタイの場合、ワイシャツの第一ボタンを外すと首下のインナー部分が見えてしまいますので、不恰好に見られてしまいます。そのため、ノーネクタイの場合は、Vネックの方がおすすめです。

つまり、インナー選びに迷った時は、「丸首タイプはクールビズに不向き」、「Vネックはクールビズ向き」と覚えておけばOKです。

ビジネスシーンではどちらでも問題ありませんが、ネクタイの有無で使い分けをするようにしてくださいね。

1-4. タイプ別・インナーの選び方まとめ

袖や襟ごとに異なるインナーのタイプ。最後にビジネスシーンでは「〜人は〜がおすすめ」というのをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

Vネック

首元の開きが特徴のVネック。シャツの第一ボタンを外してもインナーが見えないためで、ノーネクタイで働く方にはぴったりです。

ネクタイあり、ノーネクタイのどちらのインナーにも向いていますので、ビジネスシャツのインナーに悩む方は迷わずVネックを選ぶことをおすすめします。

丸首

メンズのインナーとしてスタンダードとされている丸首タイプ。

首下までインナーがあるので、首回りまで暖かくジャストフィットで着用すると清潔感がありますが、ノーネクタイで第一ボタンを開けるとインナーが見えてしまうのが難点。

ノーネクタイにはマッチしないので、「丸首 = ネクタイありの時のインナー」として覚えておくのが良いでしょう。

タンクトップ

首回りが広く、袖がないため清涼感のあるタンクトップ。

袖がない分、涼しいですが、逆に汗をかくと脇部分に汗じみが…ということも考えられ、また万が一タンクトップが透けて見える場合、不恰好に見えますので、そもそもビジネスシーン向きのインナーではないと覚えておきましょう。

スーツ インナー
タンクトップ着るときの注意点
「ワイシャツの下にタンクトップ」のおすすめできませんが、1日中ジャケットを着用し仕事をする方、作業着の下のインナーを探している人にはタンクトップを合わせても良いでしょう。

ノースリーブ

丸首やVネックで吸湿速乾性や清涼感に優れた機能的なタイプが多いノースリーブ。

袖がないため涼しいので夏場には重宝しますが、タンクトップと同じく、袖がない分汗じみのリスクがありますので、ビジネスシーン向きではないと考えておいたほうが良いでしょう。

スーツ インナー
ノースリーブ着るときの注意点
「ワイシャツの下にノースリーブ」のおすすめはできませんが、1日中ジャケットを着用し仕事をする方、また作業着の下のインナーを探している人にはノースリーブを合わせても良いでしょう。

2. 夏におすすめのインナー

クールビズが浸透し、ジャケットは羽織らずワイシャツ、ノーネクタイスタイルが普及したとはいえ、汗をかく分、涼しく過ごせる冷感インナーの着用が欠かせません。

逆に仕事上、夏でもスーツを羽織らないといけない方もいると思いますので、夏におすすめの冷感インナーとしては、

・「エアリズム」(UNIQLO)
・「BODY COOLER」(セブンプレミアム)
・「綿混天竺涼感Vネック半袖シャツ」(無印良品)
・「ピースフィット」(TOP VALU)

などが挙げられます。

価格を含めた詳細については「夏のスーツの種類と選び方|夏を快適に過ごす工夫をすべて紹介」の「2-2. 仕事」で紹介をしていますので、気になる方は合わせて目を通してみてくださいね。

3. 冬におすすめのインナー

肌に優しく、あたたかさが欲しい冬のインナー。大手アパレルメーカーのアイテムをはじめ、冬に活躍してくれるあったかインナーを簡単にご紹介をしていきます。(*掲載情報は2015年10月時点のアイテムになり、価格帯は半袖Tシャツを基準にしています)

HEAT TECH(UNIQLO)

【価格】990円(+消費税)

発汗を熱に変える発熱機能をもち、保温性に優れ、ユニクロの大ヒット商品として人気のヒートテック。近年のものは、乾燥肌のお客さまのことを考え、しっとりとした肌触りにこだわりを持っているようです。

公式ホームページはこちら

BODY HEATER(セブンプレミアム)

【価格】917円(+消費税)

着用時のムレを軽減するサラサラドライ素材を使用し、吸湿発熱性能に優れたセブンプレミアムのボディーヒーター。寒い時期でも暖かさが持続し、抗菌防臭機能も搭載しています。

公式ホームページはこちら

ピースフィット(TOP VALU)

【価格】980円(+消費税)

「着た瞬間から、あたたかい」がコンセプトのTOP VALUのピースフィット。異なる太さの繊維を紡績し、空気をたっぷり含む糸を使用していることにより、独自の暖かさを実現しているようです。

公式ホームページはこちら

Hotcott(ベルメゾン)

【価格】990円(+消費税)

綿混素材にこだわり、肌触りの良さ、あたたかさ、ムレにくさが評判のベルメゾンのホットコット。綿で作った発熱インナーとしてヒットし、累計販売数480万枚を売り上げるヒット商品です。

公式ホームページはこちら

FIBER HEAT(しまむら)

【価格】1,200円(税込)

しっかり厚地であたたかいしまむらのファイバーヒート。ふくらみがあり、あたたかい空気を閉じ込める裏起毛生地を使用しているのが特徴で、体に優しくフィットし、吸湿発熱に優れたアイテムです。

公式ホームページはこちら

HOT MAGIC(グンゼ)

【価格】1,500円(+消費税)〜2,300円(+消費税)

厚手裏起毛の吸湿発熱素材を使ったGUNZEのホットマジックシリーズ。一般的な肌着の約5枚分の保温力をもち、ストレッチ性にも優れたアイテムです。また「凄く暖か」「柔らか暖か」「ふんわり暖か」「優しい暖か」など4つのシリーズがあるのも特徴です。

公式ホームページはこちら

ぬくもりインナー(無印良品)

【価格】1,500円(税込)

天然素材の綿と、温度調節機能を持つレーヨンを使用した無印良品のぬくもりインナー。優しい着心地の持続力に優れたあたたかインナーです。

公式ホームページはこちら

4. まとめ

以上、スーツのワイシャツに合わせるインナーはばっちり決まりそうでしょうか。

普段、インナーは人目にはつかないところですが、こうした細かい点まで配慮ができる人の身だしなみは周りからも好印象を得られやすいので、ご自身の職場に合うインナー選びを取り入れてみてくださいね。

高品質で着心地の良いオーダースーツを見てみる