仕事の転機で、「メンズスーツを買わないといけない」と考えたことはありませんか?

しかし、今まであまりメンズスーツを着る経験のなかった方や初めて買う方は、

「スーツの着こなしに基本はあるの?」
「どうしたらかっこよく着こなせるの?」

「どんなスーツを買えばおしゃれに見えるかな」

などのお悩みも多いと思います。

そこでこの記事では、

・編集部の独自調査
・スーツブランドへの訪問調査

をもとに、「ジャケット」「スラックス」「スーツ自体のデザイン」の3つの視点からメンズスーツの着こなしを詳しく解説していきます。

この記事を読めば、おしゃれにメンズスーツを着こなせるようになるので、ぜひ参考にしてくださいね。

先におすすめのスーツブランドを知りたい方は「2. おしゃれなメンズスーツを作れるオーダーブランド3選」をご覧ください。

なおこの記事では、ビジネスファッションに関する知識について専門家に監修を頂いています。※商品掲載欄の一部を除く

メンズスーツ
監修いただいた専門家
宗 輝(hikaru so)

メディアスタイリング・衣装製作をはじめ、CM・広告・show・空間演出・企業のイメージコンサルティング・ブランディングを行う。公式サイトはこちら

※予約制でのプライベートスタイリングも行っています
受付サイト「SENSUOUS(センシュアス)」はこちら

1. 編集部おすすめのメンズスーツの着こなし方

  • メンズスーツ

街中を歩いている時、同じスーツスタイルなのに自分よりおしゃれに見える方がいますよね。

「自分もあんなふうにおしゃれになりたい!」と思っても、具体的にどうしたら良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこでこの章では、編集部がおすすめするメンズスーツのおしゃれな着こなし方を、以下の3つのポイントからご紹介していきます。

それでは、順番に確認していきましょう。

1-1. ジャケットのおしゃれな着こなし方

  • メンズスーツ

メンズスーツの顔とも言える「ジャケット」は、スーツスタイル全体のおしゃれ感を左右する重要なポイントです。

特に重要なのは「サイズ」で、ジャケットのサイズを間違えてしまうと、おしゃれなスーツを着ていてもだらしなく見えてしまうので注意しましょう。

ここでは、「肩幅・着丈・ウエスト」の3つのポイントに絞って、ジャケットの着こなしをご紹介します。

それぞれ「基本」「応用」に分けてご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

・肩幅(基本)

  • メンズスーツ

スーツをかっこよく着こなすとても重要なポイントの1つが「肩位置」を合わせることです。

ジャケットの肩(肩と袖が縫い合わされ盛り上がっている部分)を「指でひとつまみできる余裕があるのが適正サイズです。

ひとつまみよりも多くつまめる場合はサイズが大きすぎ、肩が落ちてだらしない印象になってしまいます。

逆にサイズが小さすぎると肩をつまむ余裕がなく、生地が突っ張って背中に横ジワが寄り、腕の曲げ伸ばしも困難で窮屈な印象となってしまいます。

上の画像を参考に、適正な肩のサイズを選びましょう。

・肩幅(応用)

上でご紹介した「肩を指でひとつまみできるサイズ」は、ジャケットの肩位置が肩先に沿うようになっています。

見栄えは悪くありませんが、全身のシルエットが逆三角形になって体が大きく見えてしまうこともあります。

適正サイズよりもワンランクおしゃれに見せたい方は、「ジャケットの肩幅を肩の付け根に沿わせる」ことを心がけましょう。

このサイズのジャケットを選べば体がスリムに見えるため、全身のおしゃれ感がアップしますよ。

肩はここに注意!

肩のサイズを狭くしすぎると、窮屈で動きづらくなるため避けるようにしましょう。合わせるインナーとシャツを着用して試着するのもポイントです。

・着丈(基本)

  • メンズスーツ

着丈は、お尻が3分の2からちょうど隠れるくらいの長さが目安です。

お尻の半分より上にジャケットの裾があるとスタイリッシュな見た目になりますが、ビジネスの場ではカジュアルすぎる印象を与えます。

逆に長すぎると野暮ったく映り、足も短く見えてしまうので注意が必要です。

上の画像を参考に、適正な着丈を選びましょう。

・着丈(応用)

上でご紹介した「お尻がちょうど隠れる」サイズの着丈は、クラシックなゆとりのあるサイズ感のスーツにおすすめです。

しかし、最近流行のスリムなスーツだと、全身で見たときに足が短く見えてしまうこともあります。

適正サイズよりもワンランクおしゃれに見せたい方は、お尻全体ではなくお尻の付け根が隠れる着丈の長さを選んでみましょう。

さらに試着時には、適正のウエスト位置でパンツをはいて確認しましょう。

ジャケットの着丈がやや短くなることにより、スラックスの見える比率が増えて足が長く見えるようになりますよ。

着丈はここに注意!

着丈を短くしすぎると、太もも部分が強調されて足が太く見えるので避けるようにしょう。

・ウエスト(基本)

  • メンズスーツ

ウエストまわりは、「ボタンを留めたときにウエストに拳1個入る」サイズが目安です。

この状態でウエストに横ジワができる場合はサイズが小さく、ジャケットの型崩れや、ボタンにも負荷がかかるので破損したり取れたりする原因になります。

逆に大きすぎる場合は、横から見た時に膨らんで見え、野暮ったい印象になってしまいます。

上の画像を参考に、適正なウエストサイズを選びましょう。

・ウエスト(応用)

上でご紹介した「ウエストに拳1個入る」サイズも、着丈と同じくクラシックなサイズ感のスーツにおすすめです。

スリムスーツだと、ジャケットの肘位置とウエストの間に隙間がないと寸胴に見えてしまうので注意が必要です。

適正サイズよりもワンランクおしゃれに見せたい方は、ジャケットの肘位置とウエストの間に隙間が見えるサイズを選びましょう。

やや細身のウエストサイズにすることで、くびれが際立つおしゃれでスタイリッシュなスタイルになりますよ。
※ただし、細くしすぎてボタンが留まらないサイズは無理をしている印象を与えるので避けてください

ウエストはここに注意

細くしすぎてボタンが留まらないサイズは、無理をしている印象を与えるので避けるようにしょう。

1-2. スラックスのおしゃれな着こなし方

  • メンズスーツ

ジャケットの次は、「スラックス」を見ていきましょう。

スラックスもやはりサイズ感が重要で、サイズを間違えてしまうと全体が野暮ったくなってしまうので注意が必要です

ここでは「お尻まわり」 「パンツ丈」 「シルエット」の3つのポイントに絞り、スラックスの着こなしについてご紹介します。

ジャケットと同じく「基本」「応用」に分けてご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

・お尻まわり(基本)

お尻周りは、横のポケットが開かずお尻の形が出ないサイズが一般的です。

横のポケットが勝手に開いてしまう場合はサイズが小さい証拠で、動きにくく窮屈な印象になってしまいます。

また、ウエストやジップ開閉部分の型崩れから破損につながってしまいます。

逆に大きすぎるとお尻の部分に余計なたるみが出て、スラックスのシルエットが崩れてしまうため注意しましょう。

上の画像を参考に、適正な大きさを選びましょう。

・お尻まわり(応用)

上でご紹介した「横のポケットが開かずお尻の形が出ないサイズ」は、やや余裕を持たせた大きさのサイズ感です。

適正サイズよりもワンランクおしゃれに見せたい方は、「食い込まない程度に身体へ沿う程度のサイズ感」を選びましょう。

試着の際は、立ち姿だけではなく座った時の窮屈さなどもプラスで考えることがポイントです。

お尻周りがスリムに見え、全身が引き締まった印象になりますよ。

・パンツ丈(基本)

  • メンズスーツ

パンツ丈は、シューズのアッパー部分にスラックスの裾口が触れて、ワンクッションができる長さがビジネスシーンで一般的な長さです。

シューズを脱いだ時に、スラックスのかかとから床の距離が1cm程度となる丈を目安にしてください。

これよりも長すぎるとだらしなく見えてしまい、逆に短すぎるとビジネスシーンに不向きな印象になってしまいます。

ビジネスシーンでは一般的な長さなので、上の画像を参考に適正な丈を選びましょう。

・パンツ丈(応用)

  • メンズスーツ

上でご紹介した「横のポケットが開かずお尻の形が出ないサイズ」は裾にクッションができるため、スタイルによってはパンツにたわみが生まれて野暮ったい印象になることもあります。

適正サイズよりもワンランクおしゃれに見せたい方は、「パンツ丈をくるぶしが隠れる長さの丈」を選びましょう。

足元がすっきりと見えるため、スタイリッシュな印象になりますよ。

着こなしでは、立ち回りが多い仕事、座り仕事が多い仕事など、業種により使い分けて着こなすのもポイントです。

特に丈が短い場合、座るシーンが多い際はさらに丈が上がるため、ソックスにこだわるとさらにワンランクおしゃれなスタイルをつくることができます。

・シルエット(基本)

  • メンズスーツ

シルエットは、裾口を絞らないストレートな形が一般的です。

上でご紹介した「基本のパンツ丈」と組み合わせることで、スラックスと靴の境目をなくし足長効果やO脚を目立たせない効果があります。
※長めのパンツ丈で裾口を細くすると、靴の履き口部分でスラックスがつっかかり裾がたるんでしまうので注意

上の画像を参考に、適正なシルエットを選びましょう。

・シルエット(応用)

  • メンズスーツ

上でご紹介した「裾口を絞らないストレートなシルエット」は、見た目がやや太くなりがちです。

適正サイズよりもワンランクおしゃれに見せたい方は、「テーパードシルエット(=足に沿わせた細身のシルエット)」を選びましょう。

下半身を細身に見せてくれるため、シャープな印象のスーツスタイルになりますよ。

ただし、細くし過ぎるとスラックスがふくらはぎに突っかかり、膝部分に膨らみや裾部分が外にはねてしまうので注意してくださいね。

1-3. メンズスーツをおしゃれに見せるデザインの選び方

  • メンズスーツ

最後に、おしゃれに見えるスーツデザインの選び方をご紹介していきます。

スーツのデザインは非常に多く、百貨店や量販店に行くと100種類以上もあるため、何を選んでいいかわからなくなると思います。

下記の3つのポイントを参考に、おしゃれな1着を選びましょう。

メンズスーツのデザインを選ぶ3つのポイント

色はネイビーを選ぶ
柄は無地を選ぶ
ウール100%の素材を選ぶ

①色はネイビーを選ぶ

  • メンズスーツ

さまざまな色の中でも、定番で着こなしやすい「ネイビー」がおすすめです。

ネイビーは濃淡で印象が変わり、暗い色はフォーマル度が高く、明るくなるにつれカジュアルな印象になっていきます。

その中でも、編集部の一推しは暗めのネイビー

オールシーズン着用できますし、大切な商談や会議、会食までさまざまなビジネスシーンでも活躍するため、デザイン選びで迷っている方には最もおすすめできる色といえます。

②柄は無地を選ぶ

  • メンズスーツ

柄にも多くの種類がありますが、おすすめはベーシックな「無地」です。

無地は、年齢場面を問わず最も着回しが利くため、1着持っていると非常に重宝します。

上でご紹介した暗めのネイビーと組み合わせれば、ネクタイやシャツを変えるだけで、ビジネスシーンだけでなく結婚式やパーティーといったフォーマルな場面でも着用可能です。

③ウール100%の素材を選ぶ

  • メンズスーツ

最後に素材ですが、編集部のおすすめは「ウール100%」です。

ウールは上品な光沢があるため非常に見栄えが良く、おしゃれさにこだわりたい方には特におすすめできる素材です。

フォーマルな場面にも適しており、商談から式典まで活躍するというメリットもあります。

また、保湿性・伸縮性・弾力性・吸湿性といった機能性や耐久性にも優れているため、あらゆる場面で快適に着用できますよ。

ここもチェック!メンズスーツの着こなし

靴とベルトの色を揃える
…見た目に統一感を出すことでおしゃれな印象を与えます
ジャケットの第二ボタンは外す
…第二ボタンはとめないのがルールです。なお、座る際は全外しです
ネクタイの色はスーツの色より暗くする
…スーツとネクタイのコントラストをだし、見た目のバランスを整えます
ポケットチーフを挿す
…チーフを挿すことにより見た目に華やかさをプラスします

この章では、メンズスーツをおしゃれに着こなすためのポイントをご紹介してきました。

次の章からは、編集部おすすめのスーツブランドを紹介していきます。

2. おしゃれなメンズスーツを作れるオーダーブランド3選

  • メンズスーツ

メンズスーツを買うときにおすすめのサイズがわかっても、「自分で選べるか不安だなあ」と感じる方も多いと思います。

そこでこの章では、自分の体型に合わせた1着を作れるオーダースーツブランドをご紹介していきます。

リーズナブルな価格帯
20,000円~50,000円以内

アフターサービスが充実している
サイズお直しの無料期間をはじめ保証が充実している

豊富な生地の取り扱い
⇒ ストレッチ生地など人気の機能的な素材が充実

上記3つの基準をもとに厳選しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

FABRIC TOKYO

こだわりのオーダースーツを手軽に作れるビジネスウェアブランド「FABRIC TOKYO」。

厳選されたウールを国内工場で丹念に染め上げた「AUTHENTIC」は、独自の上品な艶感を楽しめるおすすめ生地です。

また、プロのスタッフがきめ細かいヒアリングを行い、身体のラインに沿ったシャープで美しいシルエットに仕上がりますよ。

FABRIC TOKYOでは、ITを駆使した「スマートオーダーシステム」を採用しています。

一度店舗で採寸すれば、オンラインで自分にぴったりの1着を注文できますよ。

ブランド詳細

【ブランド名】FABRIC TOKYO
【スラックス価格】38,000円(税抜)~
【納期】約4週間~
【タイプ】イージーオーダー
【総店舗数】18店舗

【関東エリア】
東京、神奈川、埼玉、千葉
【中部エリア】
愛知
【関西エリア】
大阪、京都、兵庫

【アフターサービス】
・月額398円(税込)のサポートサービス「FABRIC TOKYO 100(Hundred)」

①サイズのお直し保証
…体重の増減や体型の変化で購入したスーツが着られなくなった際、作り直しにならない範囲で何度でもサイズお直し可能。
②スラックス破損時の保証
…補修用のスラックス生地を最大2年間まで店舗で用意。破損などで着用できなくなった際、仕立て費用のみで同じスラックスを制作可能。
③サイズフィット保証
…納品から100日以内は無料でサイズお直し可能。作り直しは1回まで可能。

 

・無料版サポートサービス
…納品から50日間は無料でサイズお直し可能。作り直しは1回まで可能。

【予約】電話および公式サイトより予約可能

特設ページを見る

SADA

仙台と北京に自社工場を持ち、年間12万着のオーダースーツを製造している「SADA

初回お試し価格として19,800円(税抜)でオーダースーツが作れるので、「オーダースーツがどんなものか試してみたい」という方におすすめのお店です。

また、体型の変化によるウエストサイズの微調整を購入後からいつでも無料で行っているため、安心して購入することができるのも特徴です。

ブランド詳細

【ブランド名】SADA
【価格】24,800円(税抜)~
※初回のみ19,800円(税抜)
【納期】約4週間~
【タイプ】イージーオーダー
【予約】公式サイトより予約可能
【主なアフターサービス】
・購入から1か月以内のお直し無料
・ウエスト直しのみいつでも無料
 (3㎝までのサイズ変更に限る)
【店舗一覧】こちら

公式サイトを見る

BIGVISION

デザイン性の高いイージーオーダースーツを手頃な価格で注文できる「BIGVISION」。

世界中で愛用されている有名ブランドの生地を数多く取り扱っているため、豊富な種類の中から良質でおしゃれな1着を作れます。

また、スーツ1着分の長さがある生地サンプルを用意しているため、他店よりも完成品のイメージがしやすいことも特徴です。

ブランド詳細

【ブランド名】BIGVISION
【スラックス価格】23,000円(税抜)〜
【タイプ】イージーオーダー
【納期】約3週間~
【総店舗数】こちら

 
公式サイトを見る

3. メンズスーツでおすすめのブランド3選

  • メンズスーツ

ここでは、既製服でおしゃれなデザインのスーツを多く取り扱うスーツブランドをご紹介します。

リーズナブルな価格帯
⇒ 20,000~60,000円以内

ファッション性が高い
⇒流行に合わせた商品を常に発表している

最高級生地を多く取り扱っている
⇒ Loro PianaやZEGNAを取り扱っている

上記3つの基準をもとに厳選しているので、チェックしてみてくださいね。

UNIVERSAL LANGUAGE

高いクオリティとリーズナブルな価格を両立したスーツを多数取り扱っている「UNIVERSAL LANGUAGE」。

良質な縫製と着用シーンを選ばないベーシックデザインが魅力で、ビジネスから結婚式・パーティーまで着回しの利く1着が手に入ります。

また、「Loro Piana」や「CERRUTI」などの最高級ブランドの生地を使用した商品をリーズナブルな価格で販売しているため、素材にもこだわりたい方にもおすすめです。

ブランド詳細

【ブランド名】UNIVERSAL LANGUAGE
【価格】28,000円(税抜)~
【総店舗数】こちら

公式サイトを見る

BEAMS

流行デザインのアイテムを幅広く取り揃える人気セレクトショップ「BEAMS」。

豊富な色・柄や美しいシルエットといったデザイン性の高さが特徴で、見栄えの良さにこだわった1着がほしい方にはおすすめのお店です。

また、有名ブランドの上質な生地を使用したスーツも多いため、着心地の良さにもこだわることができますよ。

ブランド詳細

【ブランド名】BEAMS 
【ジャケットの販売価格】39,600円(税抜) 〜
【総店舗数】こちら

公式サイトを見る

TOMORROWLAND

スーツの伝統を大切にしながらも独自のスタイルを提供する「TOMORROWLAND」。

落ち着いた印象の「BLUE WORK」シリーズは、広いビジネスシーンで着用することができるデザインとなっています。

そのほかにも豊富なデザインのスーツを取り扱っているので、30代のビジネスマンにおすすめのブランドです。

ブランド詳細

【ブランド名】TOMORROWLAND
【価格】53,900円(税込)〜
【総店舗数】こちら

 
公式サイトを見る

4. まとめ

  • メンズスーツ

いかがでしたか?

最後にスーツをおしゃれに着こなすポイントについておさらいします。

スーツをおしゃれに着こなす3つのポイント

ジャケット編
⇒肩幅、着丈、ジャケットウエストをチェック
スラックス編
⇒ヒップ周り、パンツ丈、パンツシルエットをチェック
デザイン編
⇒色、柄、素材をチェック

上記ポイントを押さえて、メンズスーツをおしゃれに着こなしてくださいね。

もう一度おすすめのメンズスーツブランドを見たい方は、「2. おしゃれなメンズスーツを作れるオーダーブランド3選」をご覧ください。