WiMAXを使うとき、「ルーターによって違いはあるの?」と気になりますよね。

そこでこの記事では、WiMAXの全ルーターを実際に契約して徹底比較

編集部の検証で分かったルーターの特徴を丁寧に解説するので、自分に合った1台を見つけられますよ。

また、マツコの知らない世界アッコにおまかせ!をはじめ多数のメディアで活躍中の家電ライター藤山哲人さんとともにWiMAXルーターの疑問を解決していきます。

ポケットWiFi 無制限
この記事の監修者
藤山 哲人(ふじやま てつひと)
家電ライター
公式Twitterはこちら
公式Facebookはこちら
独自の測定器やプログラムを開発し、家電の性能を数値化(見える化)、徹底的に使ってレビューすることをモットーとするため、「体当たり家電ライター」との異名も。「マツコの知らない世界」(番組史上最多出演)、「アッコにおまかせ!」をはじめ、情報番組に多数出演。「家電Watch」「PC Watch」(インプレス)や「ビジネスジャーナル」(サイゾー)などで活躍するほか、ABCラジオの番組にはコーナーも。

※「総務省携帯電話ポータルサイト」や「総務省Q&Aーレンタル携帯電話事業者向けー」などの通信に関する資料も参考に記事制作しています

最新!5G対応端末も検証




通信速度は?



 
  月額は?



速度制限は?

◎文字をクリックで知りたい項目にジャンプ 

1. 1番つながるWiMAXのルーターは?実際に契約して徹底比較

この章では、3種類のモバイルルーターを実際に契約して、つながりやすさを徹底比較!ルーターの特徴を解説します。

◆ルーターのつながりやすさを徹底検証

ルーターのつながりやすさを検証するため、住宅街、オフィス、地下(全て東京23区内)の3か所で使い心地を調べます

▶︎検証条件
場所:住宅街、オフィス、地下…多くの人がスマホを使用する場所
時間帯:12時〜13時…通信が混雑する時間帯
使用端末:5G、WX06、W06

場所 住宅街
(荒川区)
オフィス
(神田・ビル6F)
地下
(東京駅)
特徴 ・6階
・周りに高い建物はなし
・同じ高さの建物が並んでいるビル街にある ・八重洲地下街のカフェ
Galaxy 5G
(下り/上り)
28.25/3.89 38.09/28.39 35.22/5.38
5G
回線
WX06
(下り/上り)
18.23/3.85 6.99/0.34 22.35/4.86
W06
(下り/上り)
23.37/8.42 5.47/0.14 24.57/2.50

※5G回線がつながるエリアかどうか。5Gがつながらない場合は4G回線で通信可能。

通信速度の目安
サービス 必要通信速度
LINEメッセージ・通話 0.2Mbps
ウェブサイト閲覧 1Mbps
標準画質動画 1〜3Mbps
SNS閲覧・投稿 3〜10Mbps
4K動画 15〜25Mbps

5Gルーターが圧倒的なつながりやすさ!どの地点でも4K動画が見られるほどの高速通信が可能です。

WX06とW06は通信速度にそれほど大きな違いはありませんでした。

ただ、周囲をコンクリートビルで囲まれ、障害物が多いオフィス街などでは、W06よりもWX06の方がややつながりやすいことがわかりました。

◆ルーターの検証まとめ

この章では、これまでの検証をもとに3種類のルーターのメリット、デメリットを紹介していきます。

つながりやすいルーターなら
Galaxy 5G

販売元 発売日 最大通信速度(下り/上り) 実質月額
(最安プロバイダ)
速度制限 連続通信時間 サイズ 重さ
Samsung 2021年4月   2.2Gbps/183Mbps 4,707円 3日で15GB   16.6時間 147×76×10.9㎜ 重さ:203g

検証の結果、どこでもつながりやすく、速度が安定していることがわかったGalaxy 5G。速度制限の設定もゆるめです。

一方で、5Gはごく限られた地域でしか使えないため、ほとんどが4G回線での通信になることもわかりました。現状ではルーターの強みを生かす環境が整っていないようです。

また、発売から時間がたっておらず、取り扱っているプロバイダが少ないというデメリットもあります。

メリット デメリット
▼最もつながりやすく、速度が安定している。
▼速度制限が3日で15GBと一番ゆるい
▼今後5Gが広がったときに対応できる
▼価格が高い
▼サイズが大きい
▼5G対応エリアが限定的
▼扱っているプロバイダが限られる     

価格と安定性のバランスなら
WX06

販売元 発売日 最大通信速度(下り/上り) 実質月額
(最安プロバイダ)
速度制限 連続通信時間 サイズ 重さ
NEC 2020年1月   440Mbps/75Mbps 3,979円 3日で10GB   エコモード:14時間
通常モード:11.5時間
111×62×13.3㎜ 重さ:127g

検証の結果、W06に比べるとやや通信が安定していることがわかったWX06

持ち運びもしやすく、月額も4,000円前後と安いので、価格とつながりやすさのバランスがいいルーターです。

ただ、オフィスではつながりにくいこともあり、安定性では5Gに劣ります。

メリット デメリット
▼W06に比べ、通信が安定している
▼価格と実際のつながりやすさのバランスがいい
▼ビルなどの障害物に弱い
▼速度制限が3日で10GB  
     

障害物に弱いが持ち運びやすい
W06

販売元 発売日 最大通信速度(下り/上り) 実質月額
(最安プロバイダ)
速度制限 連続通信時間 サイズ 重さ
ファーウェイ 2019年1月
  
1,237Mbps/75Mbps 3,997円 3日で10GB   9時間 128×64×11.9㎜ 125g

検証の結果、ビルなどの障害物に弱く、特に上りの速度が出にくいことがわかったW06。

3つの中で最も古いルーターのため、プロバイダによっては販売が終了している場合もあります。

メリット デメリット
▼薄くて持ち運びやすい             ▼ビル街などの障害物があるところに弱い
▼速度制限が3日で10GB
▼プロバイダによっては取り扱いが終了している
格安SIM,iPhone 藤山さんが「WiMAXのルーター」を徹底解説!
格安SIM,iPhone WiMAXやポケットWiFi(2つを合わせて「モバイルルーター」と呼びます)の安定性や速度は、大きく分けて2つの要素で決まります。

ひとつはPCやタブレットなどの端末とモバイルルーター間のWiFi通信、もうひとつはモバイルルーターと基地局の通信方式です。

「ポケットWiFi」はモバイルルーターと基地局間を、スマートフォンで使われるLTE(4G)回線を使ってつないでいます。この回線は、スマホのテザリング機能と同じで通信速度はさほど出ないのですが、山間部などでも電波が入るというのが特徴です。

また、スマホのデータ通信と同じ回線なので、多くの人が利用する時間帯や地域では電波の取り合いになって、通信速度にムラが出ます。特に、朝と夜は顕著に速度低下が発生するでしょう。

一方、「WiMAX」はWiMAX専用の高速回線をメインに使いつつ、山間部などでの安定性を図るため、サブでLTE回線も使います。最近ではサブで5G回線を使うものも登場し、従来のWiMAXよりも高速な通信を可能にしています。他にも、WiMAX専用回線を何本か束ねる通信方式などもあり、通信速度は光ファイバーに迫る勢いです。

さらに、モバイルルーターとPCなどの端末間のWiFiは、一般的な速度のタイプながら、壁やドアを通り抜けやすい電波から、ハイスピードだがドアを通り抜けられない電波などがあります。いわゆる(IEEE802“アイトリプルイー”)と呼ばれる電波です。

これに加え、モバイルルーターと端末が互いの位置を把握し電波を発射する向きを変える、アンテナ技術などもあります。

これら「基地局⇔モバイルルーター⇔端末」の電波やデータのやり取りの方式がことなるため、モバイルルーターやサービスなどによって通信速度が大きく変わるのです。

ざっくり用途を分けるなら、メールやWeb、ちょっとした標準画質の動画を見るならスマホのテザリングかポケットWiFiがいいでしょう。写真の多いSNSや頻繁に動画を見る方、取材などでデジタルカメラの高画質データや動画をやり取りするような方の場合はWiMAX一択になるでしょう。

 

2. WiMAXのルーターを契約するなら!おすすめのプロバイダ3選

ここでは、

・お得なキャンペーンがある
⇒編集部独自の調査
・サービスの充実性
⇒サポートや料金体系のわかりやすさ

…といった基準とともに、「総務省携帯電話ポータルサイト」や「総務省Q&Aーレンタル携帯電話事業者向けー」などの通信に関する資料も参考にしながら厳選したおすすめのプロバイダ3選を紹介します。

カシモWiMAX

※4Gプランの新規申し込みは終了しています

実質月額
(4G/5G)
初期費用 契約期間 LTEモード キャンペーン
3,997円/4,465円 手数料3,300円 3年 0円 ・端末代金無料
・47,103円相当の月額料金割引

シンプルな料金体系でわかりやすい
5Gなら最安

煩雑な手続きがいらず、初期費用、月額ともに安いシンプルさが魅力のプロバイダです。

5Gプランの実質月額が最安なので、5Gルーターを検討している方はチェックしてくださいね。

カシモWiMAX

【実質月額】
4G:3,997円
      5G:4,465円
【主な取扱い機種】WX06・Galaxy 5G

プラン内容を詳しく見る

【違約金】4G:初月~12か月目 20,900円
        13~24か月目 15,400円
        25か月目以降 10,450円

                  5G:初月~12ヶ月目以内 20,900円
        13ヶ月目~24ヶ月目 15,400円 
        25ヶ月目以降 10,450円(税込)
       ※更新月0円
【口座振替】不可
【auスマートバリューmine】なし

 

GMOとくとくBB

※新規申し込みを終了しています

実質月額 初期費用 契約期間 LTEモード キャンペーン
3,965円 手数料3,300円 3年 0円 28,000円
※実質月額はWX06を選択し、キャッシュバックを受け取った場合

28,000円の高額キャッシュバックが魅力!
申し込みから20日以内なら違約金なし

キャッシュバックを受け取れば、4Gプランの実質月額が最安のプロバイダです。

また、毎月のスマホ料金が割引される「auスマートバリューmine」があるので、au・UQ mobileユーザーならさらにお得に利用することができますよ。

GMOとくとくBB WiMAX2+

【実質月額】
3,965円
【主な取扱い機種】WX06

プラン内容を詳しく見る

【違約金】1~24ヶ月目 27,280円
     25ヶ月目以降 10,450円
【口座振替】不可
【auスマートバリューmine】あり

 

BIGLOBE WiMAX 2+

実質月額 初期費用 契約期間 LTEモード キャッシュバック
4,615円 手数料3,300円 1年 1,105円
※auスマートバリューmine加入で無料
データ端末申込みで17,000円

口座振替が可能
最低利用期間12か月

など、他には少ないサービスが利用できるのが魅力のBIGLOBE WiMAX 2+。

口座振り込みが可能で、契約解除料が発生する契約期間が1年と短いプロバイダです。

BIGLOBE WiMAX 2+

【実質月額】4,615円
【主な取り扱い機種】WX06

プランの内容を詳しく見る

【違約金】最低利用期間12ヶ月は1,100円
     以降は違約金なし
    (端末代21,120円の残債分は請求)
【口座振替】可(手数料220円)
【auスマートバリューmine】あり

 

 3. WiMAXのルーターの基礎知識

現在提供されているWiMAXのルーターは以下の3種類です。

  Galaxy 5G  WX06 W06
販売元 Samsung NEC ファーウェイ
発売 2021年4月 2020年1月 2019年1月

ルーターを選ぶには

①通信速度
②プランの月額
③速度制限
④持ち運びのしやすさ

をチェックしましょう。 それぞれ詳しく解説していきます。

▶検証の結果を先に見たい方は記事下部

①通信速度をチェック

WiMAXはルーターの性能によって、通信速度が変わります。

◆ルーターの最大速度一覧

  Galaxy 5G  WX06 W06
上り最大速度 183Mbps 75Mbps 75Mbps
下り最大速度 2.2Gbps 440Mbps 1,237Mbps

「上り」は、メールやSNSのメッセージの送信、画像や動画のアップロードに関わる速度です。

「下り」はダウンロードの速度です。ウェブサイトの閲覧や、画像や動画の閲覧、メッセージの受信に影響します。

どちらも、速度が速いほうが快適にWiFiを使えます

大事なのは ‟つながりやすさ”


 

公表されている最大通信速度が日常生活で出ることはまずありません

動画を見たりオンライン会議をするには、15Mbpsもあれば十分

 
公表されている数値よりも、実際のつながりやすさが重要です。

つながりやすさは2章の「1番つながるルーターは?実際に契約して徹底比較」で検証していきます。

②プランの実質月額をチェック

WiMAXはルーターによってプランが変わります

2021年4月に販売が開始された最新機種である5G対応ルーターは、他のルーターに比べて月額が高めに設定されています。

Galaxy 5G 比較項目 WX06/W06
5Gプラン プラン名 ギガ放題プラン
4,898円 実質月額料金 3,998円
3年 契約期間 3年
・1~12か月目
28,050円
・13~24か月目
21,450円
・25か月目以降
14,300円
・契約更新月以降
10,450円
※契約更新月は0円
解約金 ・1~12か月目
20,900円
・13~24か月目
15,400円
・25か月目以降
10,450円
・契約更新月以降
10,450円
※契約更新月は0円

※Broad WiMAXで比較

 W06とWX06の実質月額は同じ。5Gプランはそれより月900円高くなっていて、3年で計32,400円の差がでます。

また、5Gプランは契約更新月以外の解約金も高めです。

とにかく月額を抑えたい人は、W06かWX06から選ぶようにしましょう。

③速度制限をチェック

5Gプランはこれまでの無制限プランに比べ速度制限の条件が緩和されています。

W06とWX06ではYouTube(高画質)を1日5.5時間視聴すると制限にかかっていましたが、5Gであれば、1日8時間ほどの視聴が可能です。

また、LTEモードの制限も月7GBから月15GBに緩和され、制限がかかっても通常モードに影響しなくなりました

Galaxy 5G 比較項目 WX06/W06
無制限 月間容量 無制限
15GB/3日 制限までのデータ容量 10GB/3日
3年 契約期間 3年
翌日18時~26時
最大1Mbps
制限の内容 翌日18時~26時
最大1Mbps
15GB/月
月末まで128kbps
LTEモードの制限 7GB/月
月末まで128kbps
通常モードは
速度制限対象外
LTEモードで
制限時の通常モード
通常モードも
月末まで128kbps
✔︎LTEモードって何?

LTEモードとは大手のキャリア回線を使い、広いエリアで通信できるモードです。通常モードでつながらない場所でも通信できる場合があります。

LTEモードの制限速度は通常モードより厳しく128kbpsです。これはLINEのやり取りすら困難な速度です。

④持ち運びのしやすさをチェック

モバイルルーターは持ち運ぶことが多いですよね?

小さなカバンに入れたり、長時間外出するときのことを考えて、

・サイズ
・バッテリーの持ち

の2つに注目して持ち運びのしやすさをチェックします。


◆バッテリーの持ち

Galaxy 5G  WX06 W06
16時間 14時間 9時間

バッテリーの持ちはWX06と5Gで大きな差はなく14~16時間程度。W06だけが9時間と短めです。

どれも連続で通信した場合の最大時間なので、実際に使うときはこまめに電源を切るようにしましょう

◆サイズ

 iPhoneSE(左)と比べて、5Gルーターはひと回り大きく、他の2つはそれぞれひと回り小さいことがわかります。

5Gルーターは他の2つに比べると重い(iPhoneSEより重い)ので、荷物が重くなるのがどうしてもいやな方にはおすすめできません

他の2つにはサイズの違いはあまりありませんが、W06のほうが若干薄型という特徴があり、手に一番フィットする感覚があります。

Galaxy 5G  WX06 W06
サイズ:147×76×10.9㎜
重さ:203g
サイズ:111×62×13.3㎜
重さ:127g
サイズ:128×64×11.9㎜
重さ:125g
✔︎ 持ち運びしない人にはホームルーターがおすすめ
https://www.uqwimax.jp ホームルーターの特徴
・同時接続台数が多い
・電波受信に強い機能を搭載

 

モバイルWi-Fiに比べて速度が安定しやすく、自宅で快適にWiFiを使えます。

現在契約できるホームルーターは主に2種類ですが、購入する場合は、 

・下り最大通信速度1.2Gbps越え
・最大同時接続台数が40台


の「Speed Wi-Fi HOME L02」がおすすめです。
モバイルルーターが向いている人 ホームルーターが向いている人
▼家でも外でもWiFiを使いた人
▼一人暮らしの人 
▼スマホの月額を安くしたい人   
▼家でのつながりやすさを重視する人
▼家族がいる人 

4. WiMAXのルーターに関する疑問解消Q&A

この章では、WiMAXのルーターに関する疑問に詳しくお答えします。

Q1. WiMAXとポケットWiFiのルーターって何が違うの?

A. 使用している回線が違います

WiMAX/ポケットWiFiともに、持ち運び可能なモバイルWiFiルーターです。

・WiMAX(回線:WiMAX2+)
⇒高速通信が可能、障害物に弱い

格安SIM,iPhone 藤山さんが「WiMAX」を徹底解説!
格安SIM,iPhone 都心部や住宅地にはWiMAX基地局が多数配置され、光ファイバーに迫る1Gbps通信速度が出ます。

ただWiMAX2+回線は、自宅のWiFiの電波とほぼ同じような特性なので、高速通信ができても見通し距離程度しか電波が飛ばず、屋内に入っただけでもかなり電波が減衰します。

ただ多くの機器で、WiMAX2+回線にアクセスできない場合にサブのLTE回線を使い、通信を確保します。ポケットWiFiの安定性を担保しつつ、可能な限り高速回線に切り替えるのが特徴です。

 

・ポケットWiFi(回線:LTE)
⇒通信エリアが広範囲

格安SIM,iPhone 藤山さんが「ポケットWiFi」を徹底解説!
格安SIM,iPhone 高速なLTEもありますが、基本の速度は300Mbps以下です。

ただ、ほとんど民家がないような山間部まで届く電波と基地局網があるので、「遅いけど安定」というのが特徴です。サービス面では、速度制限の縛りの厳しさが否めません。

以上、WiMAX/ポケットWiFiにはこれらの違いがあります。

 

という、違いあります。

Q2. 速度制限ってどのくらい厳しいの?

  • WiMAX,無制限

A. それほど厳しくありません。

まず、一般的なゲームアプリやSNS、メールに関しては問題なく使用できます。

制限時の速度は約1Mbps。通信速度は環境により変わりますが、基本的にはYouTube動画の標準画質レベルをスマホで見るのであれば視聴可能です。

制限がかかるのは翌日18時頃~翌々日2時頃にかけての8時間に限定されているので、午前2時になれば解除されます。

格安SIM,iPhone 藤山さんが「ハイスピードプラスモード」を徹底解説!
格安SIM,iPhone ハイスピードプラスエリアモードの使用時の速度制限には注意が必要です。

ハイスピードプラスエリアモードで月間データ通信量が条件を超えた場合、スマホの通信制限と同じく128kbpsに制限されるからです。

これは、ほぼ全ての作業でストレスを感じる速度。なんとかメールが受信でき、徒歩ならぎりぎりナビゲーションが使える程度です。かなり使いづらくなるので、ハイスピードプラスエリアモードの際はデータ量に注意して使いましょう。

 
WiMAX,無制限
ハイスピードプラスエリアモードは注意が必要!

ハイスピードプラスエリアモードでの月間データ通信量が条件を超えた場合、スマホの通信制限と同じく128kbpsに制限されます。これはほぼすべての作業でストレスを感じる速度です。

5. まとめ 

いかがでしたか?ここまでWiMAXのルーターをご紹介してきました。

もう一度、WiMAXルーターの特徴を見たい方は下記の表からご覧ください。

    Galaxy 5G  WX06 W06
 
最大通信速度
(下り/上り)
2.2Gbps/183Mbps 440Mbps/75Mbps 1,237Mbps/75Mbps
実質月額
(最安プロバイダ)
4,707円 3,979円 3,997円
発売日 2021年4月 2020年1月 2019年1月
詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

さらに詳しく、おすすめのWiMAXプロバイダやポケットWiFiを知りたい方は下記の記事もご覧ください。