さまざまな味の中から、自分好みの味を楽しむことができる「VAPE(ベイプ)」。

リキッド選びもVAPEの楽しみの1つですが、種類が多すぎて、どのリキッドを選んで良いのか迷ってしまいますよね。

そこでこの記事では、

・リキッドの基本と賢い選び方
・編集部厳選のおすすめリキッド
・通販でも安心してリキッドが買えるお店

をご紹介しますので、ぜひリキッド選びの参考にしてみてくださいね。

先に、おすすめのリキッドを知りたい方は「2. おすすめのVAPEリキッド8選」からチェックしてみてください。

(※この記事は、2017年5月時点での情報を参考にしています。)

関連記事:そもそもVAPEについてよく知らないという方はこちら
電子タバコVAPEの入門知識とおすすめ商品ランキング

1. VAPEリキッドの基本と選び方

ここでは、VAPEのリキッドを選ぶ前に知っておきたい基本的な知識と、リキッドの賢い選び方をご紹介します。

1-1. リキッドとは?

VAPEで使用されるリキッドとは、

・植物性グリセリン(通称VG)
・プロピレン・グリコール(通称PG)
・精製水
・香料

の4つの成分を含んだ液体のことです。

どの製造メーカーでも基本的な成分は変わりません。

VAPEは、この液体を熱することで発生する蒸気を吸引して、その味(フレーバー)を楽しむものです。

リキッドの成分と安全性については、「4-1. リキッドの成分と人体への影響」で詳しくご説明しているので、ぜひチェックしてみてください。

1-2. リキッドの賢い選び方

リキッドを選ぶ時のポイントは、以下の3点です。

①好きな「味」を選ぶ
購入前に「試し吸い」をする
③用途に合わせた「サイズ」を選ぶ

それぞれについてご説明していきますので、ぜひチェックしてみてください。

①好きな「味」を選ぶ

1-1. リキッドとは?」でもご紹介しましたが、基本的に、リキッドに使われている成分はどのメーカーでも同じなので、互換性があります。

ですので、「VAPE本体とリキッドを同じメーカーで揃えなければいけない」ということはありません。

メーカーを気にせず、自分好みの「味」でリキッドを選ぶようにしましょう。

なお、リキッドの味は、大きく以下のカテゴリーに分けられます。

リキッドの味
フルーツ系:オレンジ、レモン、メロンなど
デザート系:チョコ、バニラ、クリームなど
飲料系:コーヒー、コーラ、レッドブルなど
清涼系:メンソール、ミント、ハーブなど
タバコ系:タバコ、メンソールタバコなど

購入前に「試し吸い」をする

  • VAPE リキッド

VAPE専門店などの「実店舗」でリキッドを買う場合、お店によっては「試し吸い」をさせてくれますので、購入前には必ず味を確認するようにしましょう。

なかなか好みの味が見つからない場合は、インターネット通販を見てみるのもおすすめです。

味の種類が実店舗より豊富なので、気になる味に出会えるかもしれません。

インターネット通販の場合、「試し吸い」はできませんが、最近ではリキッドの口コミやレビューが見れるサイトも増えてきていますので、事前に味のイメージを掴むことができます。


③用途に合わせた「サイズ」を選ぶ

  • VAPE リキッド

メーカーによって異なりますが、リキッドのサイズは10ml~60mlが一般的です。

頻繁にVAPEを吸う方や爆煙を楽しみたい方は、リキッドの消費が早いので、「大きめのボトル」がおすすめです。

また、初心者の方や新しい味を試してみるという方は、まずはお試しとして「小さいボトル」を選ぶのがおすすめです。

ご自身の吸い方に合わせてリキッドのサイズを選ぶようにしましょう。

VAPE リキッド
オリジナルのリキッドを作ってみよう!

リキッドを混ぜ合わせて、自分好みのリキッドを作り出すこともできます。

組み合わせ方は無限大なので、味に飽きてしまった時などに、ぜひ試してみてくださいね。

では次からは、おすすめのリキッドをご紹介していきます。

2. おすすめのVAPEリキッド8選

せっかくVAPEを吸うなら、美味しいリキッドで楽しみたいですよね。

このチャプターでは、編集部おすすめのリキッドをご紹介します。

リキッド選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

関連記事:初心者におすすめのVAPEを知りたい方はこちら
VAPEおすすめランキング|人気商品6選と失敗しない選び方

2-1. 最初の1本におすすめのリキッドTOP3

まずは、VAPE初心者の方が「最初に試してみるリキッド」として、おすすめの商品をランキング形式で3つご紹介します。

1位:MEGA MUSCAT

吸い込んだ時に感じるマスカットの甘味と、吐き出す時に感じるメンソールの清涼感が特徴の「MEGA MUSCAT」。

再現度が高いので、本物のマスカットを食べているかのような感覚になります。

また、どんなVAPEとも相性が良く、誰でも安定した味を楽しめるのが特徴です。

・マスカットとメンソールの絶妙なバランス
・万人受けする味
・雑味がなく味を感じやすい

といった理由から、初心者の方が最初に吸ってみるリキッドとして、おすすめです。

商品詳細

【メーカー】SNOW FREAKS
【商品名】MEGA MUSCAT
【公式HP】https://www.snowfreaks.jp
【容量】20ml
【価格】1,300 円 (税込)

通販サイトを見てみる 

2位:グリーンアップルメンソール

青りんごの甘酸っぱさと、メンソールの清涼感が特徴の「グリーンアップルメンソール」。

国産のリキッドなので、日本人好みの味付けになっています。

また、癖がなく全体的にスッキリまとまった味付けになっているので、連続で吸っても飽きがきません。

食後や気分転換したい時に、つい味わいたくなるリキッドです。

商品詳細

【メーカー】BI-SO
【商品名】グリーンアップルメンソール
【公式HP】http://bi-so.jp
【容量】15ml 
【価格】1,080円(税込)

通販サイトを見てみる 

 

3位:Snake Oil

洋ナシをベースに、ココナッツでアクセントを加え、クリーミーで爽快な味わい実現した「Snake Oil」。

メーカーアナウンスでは、最低1週間のスティープ(リキッドを空気に触れさせて寝かせること)を推奨していますが、そのまま吸ってもかなり洋ナシを感じられます。

VAPEを初めて吸うという方はもちろん、2つ目、3つ目のリキッドを探している方にもおすすめです。

商品詳細

【メーカー】SEDUCE JUICE
【商品名】 Snake Oil
【公式HP】http://www.seducejuice.com
【容量】15ml、30ml、118ml
【価格】1,180円(税込)~

通販サイトを見てみる 

2-2. 味別│おすすめのリキッド5選

このチャプターでは、「吸いたい味のイメージは決まっているけど、どのリキッドを選んだら良いのか分からない」という方のために、「1-2. リキッドの賢い選び方」でご紹介した味別に、おすすめのリキッドをご紹介します。

・フルーツ系

フルーツ系には、

オレンジ
グレープフルーツ
マスカット

などの味がありますが、中でもおすすめなのが、Vape Sickの「きよみ」です。

きよみ

オレンジの爽やかな香りと、ほのかに感じるみかんの甘い香りをミックスさせることで、リアルな柑橘フレーバーを実現させた「きよみ」。

甘味と酸味と苦味のバランスが絶妙で、まるで本物のフルーツを食べている気分にさせてくれます。

フルーツの爽やかな味を楽しみたい方におすすめです。

商品詳細

【メーカー】Vape Sick
【商品名】きよみ
【公式HP】http://www.vapesick.com
【容量】20ml
【価格】800円(税込)

通販サイトを見てみる 

・デザート系

デザート系のリキッドには、

バニラ
チョコ
クリーム
メイプルフレンチトースト

などの味がありますが、中でもおすすめなのが、MK Labの「RAINY DRAW/雨流れ」です。

RAINY DRAW/雨流れ

コクのあるバニラとドラゴンフルーツの爽やかな酸味が感じられる「RAINY DRAW/雨流れ」。

一見ミスマッチに思える組み合わせですが、ドラゴンフルーツの酸味が加わることで、バニラの濃厚な甘さが際立たされています。

また、スティープ(リキッドを空気に触れさせて寝かせること)することで、甘さがまろやかになるので、飽きることなく吸い続けることができます。

リキッドの中でも、「とにかく甘いのが好き!」という方におすすめです。

商品詳細

【メーカー】MK Lab
【商品名】RAINY DRAW/雨流れ
【公式HP】http://mklab-jp.com
【容量】30ml
【価格】2,480円(税込)

通販サイトを見てみる 

・飲料系

飲料系のリキッドには、

コーヒー
紅茶
コーラ
レッドブル

などの味がありますが、中でもおすすめなのが、MK Labの「Moon Light/月見」です。

MOON LIGHT/月見

コーヒーにバニラとビターチョコレートが加わり、コクのある味を楽しめる「Moon Light/月見」。

吸った時にブラックコーヒーの風味を感じ、吐き出す時にビターチョコレートとバニラのほのかな甘さを感じることができます。

ワット数を低めに設定しエアフローを絞れば甘くないカフェモカの味を、反対に、ワット数を高めに設定しエアフローを開いた爆煙仕様で吸えば甘いカフェモカの味を感じられると評判です。

容量が60mlの大きいボトルしか販売されていないので、初めて吸う方は1度試し吸いをしてから買うようにしましょう。

商品詳細

【メーカー】MK Lab
【商品名】Moon Light/月見
【公式HP】http://mklab-jp.com
【容量】60ml
【価格】3,580円(税込)

通販サイトを見てみる 

・清涼系

清涼系のリキッドには、

メンソール系
フルーツメンソール系
ミント・ハーブ系

などの味がありますが、中でもおすすめなのが、SNOW FREAKSの「TITANIUM ALOE」です。

TITANIUM ALOE

吸っている時にアロエのほのかな甘さを感じ、吐き出す時にうっすらとメンソールを感じる「TITANIUM ALOE」。

みずみずしく癖のない味付けは、つい何度も吸いたくなる魅力を持っています。

また、メンソールの主張が強くないので、メンソールが苦手という方でも、清涼感を味わうことができます。

商品詳細

【メーカー】SNOW FREAKS
【商品名】TITANIUM ALOE
【公式HP】https://www.snowfreaks.jp
【容量】20ml
【価格】1,300円(税込)

通販サイトを見てみる 

・タバコ系

タバコ系のリキッドには、

タバコ系
メンソールタバコ系

などの味がありますが、禁煙目的でVAPEを始める方におすすめなのが、Rocket Fuel Vapesの「Reaper Blend Tobacco」です。

Reaper Blend Tobacco

6種類のタバコをブレンドをした「Reaper Blend Tobacco」は、甘味と苦味が絶妙に混ざり合い、重厚かつ上品な味わいを楽しむことができます。

タバコにも引けを取らない吸いごたえは、コーヒーとの相性も良く、元喫煙者の中でも評判のリキッドです。

禁煙中の方で、特にビターなタバコ味のリキッドを求めてる方におすすめです。

商品詳細

【メーカー】Rocket Fuel Vapes
【商品名】Reaper Blend Tobacco
【公式HP】https://rocketfuelvapes.com
【容量】30ml
【価格】2,380円(税込)

通販サイトを見てみる 

3. 通販でも安心してリキッドが買えるお店3選

VAPE専門店は店舗数が限られているため、通販を利用してリキッドを購入する方も多いと思います。

このチャプターでは、通販でも安心してVAPEのリキッドが買えるお店を3つご紹介します。

・vape studio

日本製をはじめ、イギリス製、アメリカ製を中心に、定番のリキッドを300種類以上取り揃えている「vape studio」。

日本基準で「ニコチン」や「ホルムアルデヒト」などの有害物質が含まれていないと証明できたリキッドのみを取り扱っているので、安全性も保証されています。

サイトもシンプルで使いやすく、リキッドの味の特徴なども記載されているので、初心者の方でも迷わず購入できるサイトです。

サイト詳細

【サイト名】vape studio
【公式HP】http://www.vapestudio.jp
【送料】全国一律500円、3,000円(税別)以上送料無料
【使いやすさ】★★★★★

通販サイトを見てみる 

・VAPE JAPAN

日本とアメリカのメーカーを中心に、400種類以上のリキッドを取り揃えている「VAPE JAPAN」。

専門のスタッフが世界各地で行われる「VAPE SHOW」に直接参加して、商品の販売・買付を行なっています。

定番の味を含め、通だけが知っているリキッドなども購入することができます。

サイト詳細

【サイト名】VAPE JAPAN
【公式HP】http://vape-japan.jp
【送料】全国一律500円、5,000円(税別)以上送料無料
【使いやすさ】★★★☆☆

通販サイトを見てみる 

・ベプログshop

国内初のリキッドの口コミ・レビューサイト「ベプログ」から派生して誕生した通販サイト「ベプログshop」。

取扱商品数が国内最大級なのに加えて、購入前にリキッドの口コミを見ることができるので、味のイメージを事前に掴むことができます。

またリキッドを、「ブランド別(国産・海外)」「味別(国産・海外)」などで検索することができるので、お好みの味を簡単に見つけることが可能です。

サイト詳細

【サイト名】ベプログshop
【公式HP】http://vapelog.jp
【送料】全国一律500円、3,000円(税込)以上送料無料
【使いやすさ】★★★★

通販サイトを見てみる 

4. 知っておきたいリキッドの特徴

VAPE初心者の方の中には、「リキッドってそもそも何?」という方もいらっしゃると思います。

このチャプターでは、リキッドの成分や特徴、正しい使用方法などをまとめてご紹介します。

4-1. リキッドの成分と人体への影響

  • VAPE リキッド

1-1. リキッドとは?」でもご紹介しましたが、VAPEに使用されるリキッドには、以下の成分が含まれています。

・植物性グリセリン(通称VG)
・プロピレン・グリコール(通称PG)
・精製水

・香料

これらの成分を配合することで、リキッドの「味」や吸った時の「煙の量」「喉越し」が調整されています。

さっそく、それぞれの成分の特徴と、人体に与える影響についてご紹介します。

植物性グリセリン(通称VG)

植物性グリセリンとは、粘度のあるアルコールの1種で、ヤシの実やパームの植物油などを原料に作られています。

この成分が多いほど、VAPEで熱した時の水蒸気の量が多くなります。

植物由来なので、安全性が高いと言われていますが、長期的に摂取した場合の人体への影響については、まだ研究段階です。

また、メーカーが使用している植物性グリセリンにもよりますが、この成分自体に「やや甘味」があるものが多いのも特徴です。

 

プロピレン・グリコール(通称PG)

プロピレン・グリコールとは、無色透明・無味無臭のアルコールの1種で、防腐殺菌効果があり、水にも完全に溶けるのが特徴です。

香料や樹脂などを溶かす特性もあるので、溶剤として多くの化粧品にも使用されています。

この成分が多いほど、香料を混ぜた時に味の乗りが良くなり、シャープでキレのある味になります。

プロピレン・グリコールに関しては、長期的に研究されており、安全性が認められています。

 

精製水

精製水とは純度の高い水のことです。

植物性グリセリンの粘度が高いので、精製水を加えることでリキッドをなめらかにし、リキッドの供給をスムーズにする目的があります。

精製水を入れすぎるとリキッドの味や香りが落ちるので、使用されるのはごくわずかです。

 

香料

香料とはリキッドの味を決める成分のことです。

基本的に、食べ物にも使われている(人が口にしても問題ない)香料が使用されていますので、安全性が高いと言われています。

VAPE リキッド
ニコチンやタールが含まれていない
日本では、ニコチン含有リキッドの販売・譲渡は法律で禁止されているので、国産・外国産を問わず、日本国内で販売されているリキッドには、ニコチンが一切含まれていません。
 
またタバコとは異なり、VAPEにはタールも含まれていないので、タバコと比べて害は少ないと言われています。

4-2. 月々のランニングコスト

一般的に、リキッドの容量と価格、消費日数は以下のような関係になっています。

容量 価格 消費日数
10ml ~1,000円 5日~10日
15ml 1,000円~1,500円 10日~15日
30ml 2500円~3000円 15日~30日

消耗品としてはリキッドの他に、コイルも必要になります。

吸い方にもよりますが、一般的にリキッドとコイルを合わせて、月々2,500円~6,000円程度でVAPEを楽しむことが可能です。

VAPE リキッド
VAPEとタバコはどっちがお得?

1日1箱タバコを吸う場合、毎月約15,000円程の費用がかかります。

それに対してVAPEは、月々2,500円~6,000円程の費用ですむので、タバコと比較すると経済的だと言えるでしょう。

4-3. リキッドの入れ方

VAPEのアトマイザーには、リキッドを上から入れるタイプと、下から入れるタイプがあります。

どちらの場合も、リキッドを補充する時は側面から注入し、真ん中の穴が空いている箇所には入れないように注意しましょう。

  • VAPE リキッド

空のアトマイザーにリキッドを入れる場合は、リキッドがアトマイザー内のコイルに染み込むまで、必ず10分以上放置してください。

リキッドがコイルに染み込まない状態でVAPEを使用すると、「空焚き状態」となり、コイルの破損に繋がってしまいます。

4-4. リキッドの保存方法

リキッドを保存する時は、直射日光が当たらない涼しい場所で保管するようにしましょう。

リキッドは、「直射日光」「熱」に弱いので、それらを避けるように保存してください。

冷蔵庫で保存する方もいらっしゃいますが、その場合は、リキッドを使用する前に常温に戻し、必ずよく振ってからVAPEに入れるようにしましょう。

VAPE リキッド
リキッドの消費期限

VAPEのリキッドに使用されている、植物性グリセリンとプロピレン・グリコールは、腐らないものとされています。

そのため、リキッドに明確な消費期限はありません。

とはいえ、あまりにも長く保存していると、香料が飛んでしまい味が感じられなくなってしまうので、開封後は早めに消費するようにしましょう。

5. まとめ

この記事では、リキッドの基本や選び方に加えて、編集部おすすめのリキッドや通販サイトをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

VAPEのリキッド選びで失敗しないポイントは以下の3つです。

・好きな「味」を選ぶ
購入前に「試し吸い」をする
・用途に合わせた「サイズ」を選ぶ

ぜひこの記事を参考に、お気に入りのリキッドを見つけて、VAPEを楽しんでみてくださいね。

他のVAPE情報も見てみる