イージーオーダースーツを作る時、一体どこがフルオーダーやパターンオーダーなど、他のオーダー方法と違うのか、迷ったことはありませんか?

今回はオーダースーツの製法のひとつである、「イージーオーダー」についてご紹介します。

イージーオーダーの特徴や、上手な作り方、おすすめのお店などをご紹介していますので、イージーオーダースーツを作る前には必ず読んでいただきたい記事です。

他のオーダー方法と比較することで、イージーオーダースーツをわかりやすくまとめましたので、ぜひオーダースーツをどんな方法で作るかどうか迷っている時に役立ててください。

先に、おすすめのイージーオーダーのお店を知りたい方は、「4. イージーオーダーのお店おすすめBEST3」からチェックしてみてくださいね。

(※この記事は、2017年3月時点での情報を参考にしています。)

1. イージーオーダースーツに関する基礎知識

  • イージーオーダースーツ

1-1. イージーオーダーとは?

イージーオーダースーツとは、工場にある100種類〜500種類、あるいはそれ以上の豊富な型紙の中から、自分の身体に一番合うものを組み合わせて、補正を加えつつ仕上げるオーダー方法のことです。

イージーオーダーだけ紹介してもわかりにくいため、パターンオーダーとフルオーダー、2つのオーダー方法と比較しながら、イージーオーダーの特徴をご紹介します。

イージーオーダースーツ
型紙(かたがみ)とは?
スーツに限らず、洋服は布からできていますが、布を裁断するときに使うのが型紙です。
洋服は袖や背中の部分など、いくつかのパーツに切り取った布を組み合わせて作っていて、パーツごとに切り分ける際に型紙に沿って布を切ったり縫ったりする、いわゆる洋服の設計図のようなもの。業界では「パターン」とも呼ばれます。

1-2. イージーオーダー、パターンオーダー、フルオーダーの違い

それでは、イージーオーダーと、パターンオーダー・フルオーダーを比較した表をご覧ください。

  イージーオーダー パターンオーダー フルオーダー
価格帯 5万円〜20万円程度 2万円程度〜 20万円程度〜
納期 3週間〜4週間 2週間〜3週間 1ヶ月〜2ヶ月
サイズ感 豊富な型紙の中から最適なものを選び、さまざまな体型に対応可能 体型がある程度決まっている中で調整が可能 1から自分の身体に合わせることができる
おすすめの人 体型が標準型とは違い、特徴的な人 オーダースーツに初めて挑戦する人 世界に一着、人生に一着のスーツを作りたい人

  イージーオーダーとパターンオーダーの違いは、型紙を自分の体型に合わせて作ることができるかどうか、イージーオーダーとフルオーダーの違いは、型紙を組み合わせて作るのか、1から作るのかということです。

現在、オーダースーツを取り扱っているお店の多くで採用されている方法が、このイージーオーダーもしくはパターンオーダーです。

フルオーダーは手作業で型紙を書いて作りますが、イージーオーダーは工場でコンピューターを使いながら一人ひとりに合わせた型紙を製作し、そこからスーツを作っていくので、フルオーダーより短期間で、安く作ることが可能です。

なお、どれだけデザインなど細かい部分にこだわることができるのかについてですが、お店によって選択肢はかなり異なっており、一概にイージーオーダーはフルオーダーより選択肢が少ないということはありません。

必ずオーダーする前に、どれくらいの選択肢があるお店なのか、自分の希望と合っているのかどうかを確認してみてくださいね。

イージーオーダースーツ
オーダー方法の名前より内容を重視しよう!
オーダー方法3種類についてご紹介しましたが、名称に関しては厳密なルールがあるわけではなく、どのオーダー方法を名乗るかは、各お店に任されています。
例えば、ハンドメイドオーダーやカスタムオーダーという言い方をしていても、実際はパターンオーダーやイージーオーダー方式を採用しているお店もあります。
実際にオーダースーツの作り方について説明を聞いたり、ホームページで調べたりして、どのオーダー方法を採用しているのか、しっかり確認しましょう。
関連記事:パターンオーダーの詳しい作り方が知りたい方はこちら。
パターンオーダースーツ全解説|作る前に必ず確認してほしい6つのこと

2. イージーオーダーのメリット・デメリット

ここでは、より詳しくイージーオーダーについて知っていただくために、イージーオーダーのメリットとデメリットを全部で5つご紹介します。

自分がどんなオーダースーツを必要としているのかを念頭に置いて、メリットとデメリットを比べてみてくださいね。

2-1. イージーオーダーの3つのメリット

まずはメリットからご紹介します。イージーオーダーには大きく3つのメリットがあります。

メリット① さまざまな体型に対応できる

  • イージーオーダースーツ

フルオーダーのように、1から身体に合わせて型紙を作っていくという形ではないにせよ、イージーオーダーでは、工場が持っている100種類以上の型紙を、背中の部分や腕の部分などを一つひとつ選びながら、それぞれの人に最適な型紙を作っていくため、さまざまな体型に対応が可能です。

今までの既製品では、身体のどこかに合わせると別の部分が合わなくなってしまうという人でも、イージーオーダーならぴったりと身体に合うスーツを作ることができます。

メリット② 選択肢が多い

  • イージーオーダースーツ

もともとスーツの形があるわけではなく、一人ひとり専用の型紙に合わせて生地を切るところからイージーオーダースーツ作りは始まるため、他の部分に関しても自由に作り変える選択肢が多いことも、イージーオーダーのメリットの1つです。

例えば、裏地のデザインの変更や、ボタンの変更、ポケットの有無など、大量生産ではなく一人ひとりに合わせて生産するからこそ、個人の好みを反映するための選択肢がたくさん用意されています。

とはいえ、お店によって選択肢の数は違い、その選択肢の多さ・少なさが価格に反映されています。

自分がどの程度までこだわってスーツを作りたいのかということを考えながら、お店を選ぶようにしましょう。

メリット③ コストパフォーマンスが良い

  • イージーオーダースーツ

コンピューターによる型紙作成技術が向上したおかげで、一人ひとりに最適な型紙が自動で出力できるようになったため、イージーオーダーという方法は生まれました。

お店側としても、型紙を設計する機械とソフトが必要なだけで、それ以外の部分に関しては既製服やパターンオーダーのスーツを作る工程と同じにできるので、価格を抑えて販売しています。

ただ、コンピューターが自動で出力してくれるとはいえ、体型や身体のクセに合わせて微調整は必要で、その部分は工場でベテランの職人が行っている場合が多く、その分パターンオーダーより多少価格が高くなる場合もあります。

2-2. イージーオーダーの2つのデメリット

次にデメリットもご紹介します。デメリットを押さえた上で、自分に合ったオーダー方法を選びましょう。

デメリット① 変更できるレベルは限られている

  • イージーオーダースーツ

工場が持っている数百種類の型紙の中から最適なものを選ぶのですが、やはり数に限りはあります。

また、それぞれの工場によって持っている型紙のサイズやラインは異なりますので、すべてのお店で同じようなフィット感のスーツを作ることができるわけではありません。

また、型紙を調整する以上の変更を加えることもできません。あくまでも工場が持っている選択肢の中で自分に合うものを選ぶことになります。

デメリット② 大きめに採寸される傾向がある

店員さんによっては、リスクを避けるために大きめに採寸することもあるようです。

パターンオーダーでは、「ゲージ服」と呼ばれる既製服を試しに着てみて、そこから長さを短くするなど調整を加えることができますが、イージーオーダーの場合は型紙から服を作るので、試着ができません。

万が一、出来上がったときに小さすぎたということを避けるため、採寸した数値を大きめに設定し、後から大きすぎればお直しで調整するということもありますので、出来上がるまでの期間は余裕を持っておくと安心です。

3. イージーオーダーを作るときの流れとポイント

初めてイージーオーダーに挑戦するという方にも、もうすでにイージーオーダーを作ったことがあるけれど納得がいくものが作れなかったという方にも、ぜひ知っておいてほしい、上手にイージーオーダースーツを作るためのポイントを、実際に出来上がるまでの流れに沿ってご紹介します。

イージーオーダースーツができるまでは基本的に、お店選び → 生地選び → 採寸 → デザインの変更 → 縫製 → 受け取りという流れです。

3-1. スーツを作る前に気をつける3つのポイント

  • イージーオーダースーツ

まず、何が目的でスーツを作るのかというところを明確にしておきましょう。

既製服を見たり試着したりして買うわけではなく、今ここにないものを想像しながら作り上げるわけですから、どのようなものが欲しいのかイメージを明確にしておくということは非常に重要です。

イメージを持つとは言っても、全く難しいことではなく、次の3つがポイントになります。

イメージするときの3つのポイント

(1) 着用時期(季節)
スーツには夏用と冬用の大きく分けて2種類の生地があります。他にも春秋用や3シーズン、4シーズン着用できる生地もありますが、どの時期に着るスーツなのかによって、ある程度生地の種類を絞ることができます。
(2) 着用場所
平日の会社用なのか、休日もジャケットとして着るのか、もしくは冠婚葬祭用なのかによって、生地の色や柄、細かい部分のデザインなどを決定することができます。
(3) 予算
予算の上限値を決めておくと、店員さんに勧められるがまま生地やオプションを選んで、いつの間にか高額になっていたという事態を避けることができます。

以上3つのポイントを作る前にあらかじめイメージしておき、実際にお店に行って作る時はきちんと店員さんに伝えるようにしましょう。

店員さんの方がオーダースーツに関して知識も経験も豊富なことがほとんどなので、きっとあなたがほしいスーツを実現するためにアドバイスをしてくれるはずです。

逆に何のイメージも持たずにお店に行ってしまうと、店員さんとしてもどんなスーツを提案すればいいのかわからず、あなたが納得するスーツが出来上がる可能性が低くなってしまいます。

3-2. お店選びの5つのポイント

実際にイージーオーダーを作るお店にはこだわりたいところ。失敗が少なく、自分がイメージした通りのスーツが出来上がるお店を選びたいですよね。そんなお店に出会うために、お店選びの時に気をつけたい5つのポイントをお伝えします。

<良いお店を選ぶための5つのポイント>

(1) 自分がかっこいいと思うモデルがあるかどうか

オーダースーツを取り扱っているお店では、「イギリス型」「アメリカ型」「イタリア型」といった、スーツの大体の形を「モデル」という名前で分けています。 店頭やWebサイトを見て、自分がかっこいい!と思えるモデルがあるかどうかで候補を決めましょう。

関連記事:オーダースーツのモデルについてもっと詳しく知りたい方はこちら。
オーダスーツを初めて作るときに知っておきたいおすすめデザイン集

(2) 縫製がちゃんとしているかどうか確かめる

イージーオーダーでは工場での縫製を行っています。

工場の違いや、同じ工場内でも製造ラインの違いによって縫製技術に差が出るので、お店に置いてあるサンプルなどを参考に、きれいに仕上げられているものを選びましょう。

縫製技術の見分け方

ボタンホール:ほつれていたり、縫い目が粗ければNG

  • イージーオーダースーツ
  •  

腕:ハンガーに吊るした状態で、ふわっと腕が前に来ればOK、潰れて真下や背中側に落ちているものはNG

  • イージーオーダースーツ

肩:ジャケットの襟の真ん中を指にかけて持った時、肩の部分がきれいなアーチを描けばOK、潰れていればNG

  • イージーオーダースーツ

(3) 店員さんが信頼できるかどうか

  • イージーオーダースーツ

オーダースーツは店員さんと二人三脚で作っていくものです。 お店を見渡してみて、かっこいいと感じる店員さんがいるかどうか親身に相談に乗ってくれるかどうかを確かめましょう。
他にも、

・トレンドの色や柄、サイズ感を押さつつ、自社のサイズ感は〜と丁寧な説明があるか
・納期の短縮など、特別な事情に配慮してくれるか
・要望に合わせておすすめのデザインを紹介してくれるか
・保証内容はどのようなものなのか

ということを質問し、答えてくれるかどうか、その答えが信頼できるかどうかを判断することで、あなたに合ったお店や店員さんがきっと見つかるはずです。

(4) 生地が豊富で質が高いかどうか

  • イージーオーダースーツ

大量の生地から自分のお気に入りのものを見つけ、それを使ってスーツを作ることができる、というのがオーダースーツの魅力です。

お気に入りの生地と出会うためにも、生地の種類が豊富でしかも質が高いお店を選びましょう。

チェーン店でいうと、常時200種類の生地が反物の形で、1,000種類以上の生地見本を確保していることが最低ラインです。

まずは生地見本と呼ばれる、小さく切った生地がまとめられているものを見てみましょう。

次に、可能であればサンプルや大きめの生地の現物を見ます。

生地見本でも色や触り心地を確認することはできるのですが、サイズが小さいので実際に服として出来上がると色味や質感が思っていたものと違うことがあります。

店員さんに「こういうスーツを探している」「こういう生地がほしい」と説明した時に、次々と候補を出してきてくれるお店がおすすめです。

また、お店によって仕入れる生地の傾向が違うので、お店側が提供している生地と自分の趣味が合うかどうかも重要なポイントです。

(5) 価格が適正かどうか

お店のサービス全体を見て、納得できる価格かどうかを判断しましょう。

上の4つのポイントはきちんと満たしていますか?

また、イージーオーダーの価格は基本的に、生地代+縫製代+オプション代で成り立っています。

縫製代は固定で、生地代とオプション代によって変動しますが、変動する金額が大きすぎないかどうかで判断できます。

安心して購入できる値段としては、3万円代〜9万円代です。それ以上は高級な生地を使っているか、ブランド代などが入っている可能性が高くなります。

とはいえ、それ以上の金額のイージーオーダースーツが悪いというわけではなく、その価格に見合う価値があると、自分自身納得できるかどうかがポイントです。

3-3. 生地を選ぶときのポイント

  • イージーオーダースーツ

お店が決まったら、いよいよ具体的な注文に入っていきます。

まずは、自分がイメージした通りのスーツが作れるような生地を選びましょう。

生地を選ぶ時には、スーツ生地の特徴を抑えて、注意して見ると選びやすくなります。

スーツ記事が持つ3つの特徴

1. 見る距離によって、質感や色合いが違う
2. 狭い面積で見るのと、広い面積で見るのとでは、質感や色合いが違う
3. 照明の色合いによって、質感や色合いが違う

以上3つの特徴を念頭に置いて、いろいろな状況においた時の生地の見え方を確かめましょう。

特に普段の仕事用スーツを選ぶ時は、明るい照明の下で姿見の前に立って確認することをおすすめします。

近くで見た時や、暗い場所で見た時は気づきませんが、少し離れた明るいところで見ると、光沢がある生地というものは、ビジネスシーンには不向きなことがあるので、注意しましょう。

関連記事:スーツの生地についてもっと詳しく知りたい方はこちら。
スーツの良い生地の見分け方|着心地も見栄えも良い生地選びの3つのコツ

3-4. 採寸してもらう

生地選びが終わったら、いよいよ採寸です。

実際の店舗で採寸してもらう時に気をつけたいのが、服装です。上手にオーダースーツを作るためには、着ていく服装にも気を配ることが理想的です。

オーダースーツを作りに行く時の服装

(1) ワイシャツ
上着の袖丈の長さを決める時に重要になります。Tシャツを着ていくと、袖からワイシャツが見える理想的な長さを決めることができません。
(2) 革靴
ズボン(トラウザーズ・パンツ・スラックスとも呼びます)の長さを決める時に重要になります。また、靴の大きさによって裾の幅を決定する場合もあります。

他にも使い慣れたベルトがあると安心です。腰の位置を決定する際に、普段どの位置でズボンを履いていますか?と聞かれると思いますので、仕事用のスーツをオーダーする場合は、その位置を把握しておきましょう。

また、厚手の服を着て行ったり、ズボンに何か入っていたりすると、正確な数値を測ることができず、身体にフィットするスーツが作れないので注意しましょう。

3-5. 細かいデザインを変更する

  • イージーオーダースーツ

オーダースーツの醍醐味でもある、自分好みにデザインを変更できる段階です。

とはいえ、お店の選択肢の中からしか選ぶことはできないので、自分の希望する仕様があるかどうかは、お店選びの際にしっかり確認しましょう。

基本的には店員さんと、自分の設定した予算との相談になりますが、1箇所気をつけたいのが本切羽という仕様です。

これは「スーツの袖が、袖ボタンによって開閉できる仕様」のことで、普通はジャケットの袖口のボタンはボタンホールに似せたデザインの上に縫い付けられているだけです。

本切羽にしていると一目でオーダースーツだとわかるので、オーダースーツ愛用者の方でこのデザインを取り入れている方は多いのですが、デメリットとして袖の長さを調整が難しいということがあります。

袖口にボタンホールの穴を開けているので、袖の長さを変える時は肩口を調整するしかなく、そうなると全体的なシルエットが崩れやすいので、お直しはあまり推奨されていません。

慣れているお店で、イージーオーダースーツのサイズ感に関して不安がない場合は問題ないのですが、初めてイージーオーダーに挑戦する場合は後々調整する可能性も考慮して、本切羽への変更は避けた方が無難でしょう。

他の裏地のデザインやボタンの変更などは、全体的なバランスを店員さんと相談しながら進めていくと失敗がありません。

3-6. 2着目以降に挑戦する

  • イージーオーダースーツ

1回目で満足のいくイージーオーダースーツを作ることができればいいのですが、難しいのが現状です。

試着してみて感じるところがあれば、きちんとお店側に伝えましょう。

どう違ったのか、またその違いに対してどのようにお店が真摯に対応してくれるかということも重要なポイントです。

オーダースーツは1回作って終わりというわけではなく、着てみたら「次はこうしたい」という思いが生まれるものです。

その思いをうまく汲み取り、スーツに反映してくれるお店が本当にいいお店ですので、不満がある場合もそこで終わりにするのではなく、ぜひ2回目以降のオーダースーツ作りに挑戦してみてくださいね。

4. イージーオーダーのお店おすすめBEST3

それでは、編集部が選んだおすすめのイージーオーダーのお店を、ランキング形式でご紹介します。

是非、参考にしてみてください。

1位:TAILOR FIELDS

スポーツ業界でオフィシャルスーツサプライヤーとして認知を持つTAILOR FIELDS。

あらゆる体型のアスリートをサポートしてきた実績は、技術の裏付けとも言えます。

トライアルラインは23,000円(税抜)、ビジネスラインは26,000円(税抜)からオーダー可能。

価格の安さからも、エントリーモデルをお探しの方にぴったりなお店です。

ネット購入もできますが、採寸もありますので1着目はまず実店舗で採寸、生地を確認してから購入が推奨のようです。

まとめると、

・あらゆる体型のアスリートを支えてきた確かな実績
・トライアルラインの23,000円(税抜)からオーダー可能
・エントリーモデルとして最もおすすめ

以上の3点となります。

ブランド詳細

【ブランド名】TAILOR FIELDS
【価格】23,000円(税抜)〜
【公式HP】http://tailorfields.com

公式HPを見る

2位:DANKAN

リーズナブルな価格で手軽にオーダースーツを体験できるDANKAN。

ジャケット、パンツのセットで22,800円(税抜)からオーダー可能なので、コストパフォーマンを重視する人から絶大な支持を受けています。

そして、1年以内ならウエスト、股下のお直し無料という保証の手厚さも魅力の1つです。

イタリア、イギリスで買い付けた、約200〜300種のインポート生地からお好みのスーツを作ることもできるので、満足の1着を手に入れることができるでしょう。

まとめると、

・22,800円(税抜)からオーダー可能
・ウエスト、股下のお直しが1年間無料という保証の手厚さ
・イタリア、イギリスで買い付けた、約200〜300種のインポート生地からも選べる

以上の3点となります。

ブランド詳細

【ブランド名】DANKAN
【価格】22,800円(税抜)〜
【公式HP】http://dankan.co.jp

公式HPを見る

3位:F-ONE

1950年創立の老舗オーダースーツ店であるF-ONE。

自社の縫製工場で生産しているので、中間コストがかからず、安価での提供を実現しています。

2016年には、「国際衣服デザイナー・エグゼクティブ協会(IACDE)」日本本部より「国内縫製工場優秀3つ星工場」の認定を受けており、技術力の高さが伺えます。

まとめると、

・老舗オーダースーツ店ならではの経験の豊かさ
・自社の縫製工場で生産を行っているので、安価で提供できる
・「国内縫製工場優秀3つ星工場」の認定を受けており、技術力が高い

以上の3点となります。

ブランド詳細

【ブランド名】F-ONE
【価格】29,800円(税抜)〜
【公式HP】http://e-suits.net

公式HPを見る

5. まとめ

いかがでしたか?あなたが望むイージーオーダースーツは作れそうでしょうか。

イージーオーダーは安く、身体にフィットするオーダースーツをより自由に楽しむための方法です。

フルオーダーよりは細かいサイズ感やデザイン変更を実現することは難しいですが、パターンオーダーよりは選択肢が多く、それでいてパターンオーダーや既製服並みの値段で楽しむことができるのは、大きな魅力です。

既製服やパターンオーダーでは満足できない、欲しいスーツが手に入れられないという時、まずはイージーオーダースーツに挑戦してみてはいかがでしょうか?

理想の1着をオーダーで手にいれる