禁煙ブームの影響で、電子タバコを使って禁煙しようと考えている方も多いと思います。

しかし、電子タバコを使ったことがない方にとっては、

「本当に電子タバコで禁煙できるの?」
「具体的にどうやって電子タバコで禁煙するの?」
「禁煙におすすめの電子タバコってあるの?」

と気になることも多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、

・電子タバコを使った禁煙が人気の理由
・電子タバコを使ってストレスなく禁煙するコツ
・編集部厳選の禁煙におすすめの電子タバコ

などをご紹介します。

ぜひ、この記事を参考に、電子タバコを使ったストレスのない禁煙方法を試してみてくださいね。

先に、禁煙におすすめの電子タバコを知りたい方は、「3. 禁煙におすすめの電子タバコランキングTOP3」からチェックしてみてくださいね。

(※この記事は、2017年9月時点での情報を参考にしています。)


 ※この記事でご紹介している内容は、禁煙の効果を保証するものではありません。

1. 電子タバコを使った禁煙が人気の理由

  • 電子 タバコ 禁煙

(カスタムライフ編集部実施「禁煙経験者100人を対象とした調査」、調査期間:2017年8月)

◆電子タバコを使って禁煙してみた感想

電子 タバコ 禁煙
電子タバコを使って禁煙に成功しました
みんなの口コミ
一般的なタバコを徐々に減らし、最終的に電子タバコになりました。電子タバコは、いつでも使えて量も調節できるのが良かったです。今では電子タバコも卒業できました。

今回、禁煙経験者100人を対象に、これまでに試したことのある禁煙方法をお聞きしました。

アンケートの結果、最も多かった禁煙方法は、ガムやアメを利用したものでした。

しかし、約6人に1人(100人中17人)の方は、「電子タバコを使った禁煙を試したことがある」ということが分かりました。

そもそも、電子タバコとは、「リキッドと呼ばれる、さまざまな味や香りの液体を、電気熱で気化させて、その蒸気を吸って楽しむ嗜好品」のことをいいます。

通称「VAPE(ベイプ)」と呼ばれ、ガムやアメのようにさまざまな味を楽しめるのが特徴です。

また、禁煙パイポとは違い、タバコのような十分な煙量(蒸気量)も楽しめるので、タバコを吸っているような満足感を得ることができます。

さらに、通院が必要な禁煙外来や、用法・容量が決められているニコレットなどの禁煙補助薬に比べて、気軽に禁煙を始められるというメリットもあります。

以上のような特徴から、禁煙を始める時に、電子タバコを使用する方が増えてきていると考えられます。

では、実際に電子タバコを使って禁煙できたのでしょうか?

禁煙に電子タバコを使ったことがある17人の方に、アンケートしてみました。

  • 電子 タバコ 禁煙

(カスタムライフ編集部実施「禁煙経験者100人を対象とした調査」、調査期間:2017年8月)

その結果、禁煙に成功した方が6人禁煙はできなかったけど減煙はできた方が4人禁煙に失敗してしまった方が7人ということが分かりました。

注目すべきは、約60%(17人中10人)の方が、禁煙もしくは減煙に成功しているということです。

もちろん、効果には個人差がありますが、禁煙できなくても減煙に繋がるのは、大きなメリットです。

しかも、IQOSなどを利用した減煙とは異なり、電子タバコにはタバコ葉が使用されていないので、ニコチンやタールによる体への影響はありません。

以上のようなことからも、これから禁煙を始めようと考えている方は、電子タバコの使用を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事:電子タバコ(VAPE)について詳しく知りたい方はこちら
電子タバコVAPEってなに?|最初の1台の選び方と人気商品12選

2. 電子タバコでストレスなく禁煙するコツ

電子タバコを使ってストレスなく禁煙するコツは、以下の3つです。

①好みの味を見つける
②減煙から始める
③タバコに近い形の電子タバコを使う

それぞれ解説していきます。

2-1. 好みの味を見つける

  • 電子 タバコ 禁煙

電子タバコを使って禁煙する場合、自分好みの味を見つけることが大切です。

なぜなら、好みではない味のリキッドを使っていると、電子タバコを使わなくなってしまう可能性があるからです。

電子タバコのリキッドは、国産だけでも200種類以上海外産も合わせれば10,000種類以上あるので、誰でも自分好みの味が見つかるはずです。

そのため、好みの味ではないと感じたら、無理して同じリキッドを使い続けるのではなく、「おいしい」と感じるリキッドを探してみましょう。

関連記事:リキッドの選び方やおすすめ商品を知りたい方はこちら
電子タバコリキッドおすすめランキング│おいしく吸える人気商品15選

2-2. 減煙から始める

  • 電子 タバコ 禁煙

好みのリキッドを見つけたら、まずは減煙から始めてみるのがおすすめです。

なぜなら、電子タバコを使った減煙なら、口寂しさを補いながら、無理せずタバコを吸う回数を減らすことができるからです。

その結果、個人差はありますが、最初から完全に禁煙しようとするよりも、ストレスなく禁煙に取り組むことができます。

そして、徐々にタバコの本数を減らしていくようにしましょう。

もちろん、いきなり電子タバコに切り替えられる方もいますが、禁煙に対する不安の大きい方は、まずは気軽に挑戦できる減煙から始めてみてくださいね。

2-3. タバコに近い形の電子タバコを使う

  • 電子 タバコ 禁煙

電子タバコを使って禁煙するには、タバコに近い形の電子タバコ(=スティック型の電子タバコ)を使うのがおすすめです。

なぜなら、タバコのように指に挟んで使えるので、タバコを吸う行為に対する依存が強い方でも、違和感なく電子タバコを使うことができるからです。

電子タバコには、ペン型・ボックス型・スティック型の3つの形があります。

そのうち、ペン型・ボックス型の電子タバコは、サイズが大きく重量もあるので、タバコのように指に挟んで使うことができません。

一方で、スティック型の電子タバコは、「形・重さ・持ち方」がタバコと似ているので、本物のタバコのように使うことができます。

そのため、電子タバコを使って禁煙するには、スティック型の電子タバコを選ぶのがおすすめです。

関連記事:スティック型の電子タバコ(VAPE)の選び方を詳しく知りたい方はこちら
VAPEおすすめランキング|今人気のスティック型VAPE9選

3. 禁煙におすすめの電子タバコランキングTOP3

この章では、禁煙におすすめの電子タバコを、

・本物のタバコのように指に挟んで使えるサイズ感
・初心者の方でも使いやすいシンプルな操作性

といった基準で厳選し、ランキング形式でご紹介します。

※どの商品も1度に使い切る必要はなく、好きな時にいつでも使用可能です。
※商品詳細の【使用可能回数】は、各ブランドの公式発表を基に表記しています。


◆DR.VAPE[PR]

元レディガガ専属スタイリストが、日本人向けに開発した健康タバコDR.VAPE(ドクターベイプ)」。

・ニコチンタールフリーで副流煙の心配もない
・国内老舗香料メーカーと共同開発したフレーバー
・持っているだけでスタイリッシュなデザイン性

など、健康」・「味」・「デザイン」に、こだわりぬいた新世代の電子タバコです。

クラウドファンディングサイトMakuakeで、目標金額の800%を達成したことでも話題となっています。

WEB限定でお得に手に入れる方法

現在、Amazonのオンラインショップでのみご購入いただけます。

話題の商品を試してみたいという方は、下記からチェックしてみてくださいね。

Amazonで見てみる

1位:VITAFUL

ニコチンゼロ・タールゼロながら、吸い応え抜群のフレーバーミストで、健康的にリフレッシュできる「VITAFUL(ビタフル)」。

  • 毎日使っても安心な日本製電子タバコ
  • ビタミンやコラーゲンなどの栄養素配合 
  • まとめて購入するとお得な「まとめ買いクーポン」

など、リーズナブルな価格で、心も体もリラックスできる「新・リフレッシュ体験」を提案しています。

リキッドの交換や面倒なメンテナンスが一切不要な使い捨てタイプなので、禁煙目的で使う最初の電子タバコをお探しの方におすすめです。

商品詳細

【ブランド】VITAFUL(ビタフル)
【モデル】VITAFUL
【タイプ】使い捨て式
【サイズ】長さ12cm、幅1cm
【重量】17.4g
【リキッドの種類】8種類
【使用可能回数】約500回吸引    
【買える場所】通販サイト
【価格】1,058円(税込)

公式HPを見る

2位:X-TC2

持ち運びながら充電できるコンパクトなケースに、タバコサイズの電子タバコが2本付いた「X-TC2」。

自分で好きなリキッドを入れることができるので、さまざまな味を楽しむことができます。

・タバコのような煙量が楽しめる
・吸うだけで電源が入るシンプルな操作性
・電子タバコを2本同時に充電可能

など、タバコのような煙量でさまざまなリキッドを楽しめるモデルなので、煙量も味も楽しみながら禁煙したい方におすすめです。

商品詳細

【ブランド】JOECIG(ジョイシグ)
【モデル】X-TC2
【タイプ】リキッド式
【サイズ】電子タバコ本体:長さ 8.5cm、幅 0.77cm/専用ケース:縦 11cm、横 5.5cm
【重量】電子タバコ1本あたり:約12g/専用ケース:約120g
【買える場所】実店舗、通販サイト
【価格】6,800円(税込)
※リキッドの補充が可能なリキッド式なので、【リキッドの種類】・【使用可能回数】の表記は省略しています。  

公式HPを見る

3位:C-Tec Duo

十分な煙量としっかりとした味を楽しめる「C-Tec Duo」。

カートリッジを取り替えるだけで、リキッドの交換ができる電子タバコなので、誰でも簡単に使うことができます。

・カートリッジ式の中では味の種類が多い
・1度の充電で約タバコ1箱分使える
・交換用カートリッジのコスパが良い

など、コストパフォーマンスにも優れたモデルなので、電子タバコにかける費用を抑えながら禁煙したい方におすすめです。

【ブランド】C-Tec(シーテック)
【モデル】C-Tec Duo
【タイプ】カートリッジ式
【サイズ】長さ 13cm、幅 0.93cm
【重量】約20g
【リキッドの種類】7種類
【使用可能回数】カートリッジ1個あたり:約400回吸引
※交換用カートリッジは、5個入りで2,160円(税込) 
【買える場所】通販サイト
【価格】2,484円(税込)

公式HPを見る

4. 特徴別│禁煙におすすめの電子タバコ5選

電子タバコは、その構造の違いにより

・リキッド式電子タバコ
・カートリッジ式電子タバコ
・使い捨て式電子タバコ

の3つのタイプに分かれます。

そこでこの章では、ランキングには入らなかったものの、禁煙におすすめの電子タバコをタイプ別にご紹介していきます。

※どの商品も1度に使い切る必要はなく、好きな時にいつでも使用可能です。
※商品詳細の【使用可能回数】は、各ブランドの公式発表を基に表記しています。

4-1. さまさまな味が楽しめるリキッド式

リキッド式電子タバコとは、好きな味のリキッドを自分で注入して使用する電子タバコのことです。

リキッドには互換性があるため、さまざなブランドの商品の中から、好きなリキッドを選んで楽しめるのが特徴です。

・MALLE

専用ケースに入れて携帯しながら充電できる、小型・軽量型のリキッド式電子タバコ「MALLE」。

・リキッドの残量が一目で分かる小窓付き
・専用ケースから電子タバコをスムーズに取り出せる
・外出にも便利な大容量バッテリー搭載専用ケース

など、頻繁に充電できない外出先でも充電切れの心配なく使用できるので、主に外出先で電子タバコを使用したい方におすすめです。

商品詳細

【ブランド】VAPE ONLY(ベイプオンリー)
【モデル】MALLE
【タイプ】リキッド式
【サイズ】電子タバコ本体:長さ 10cm、幅 0.9cm/専用ケース:縦 12.8cm、横 6.5cm
【重量】電子タバコ1本あたり:約15g/専用ケース:約140g
【買える場所】実店舗、通販サイト
【価格】5,800円(税込)
※リキッドの補充が可能なリキッド式なので、【リキッドの種類】・【使用可能回数】の表記は省略しています。  

公式HPを見る

・EMILI

2015年の販売開始以来、累計販売数が15万本以上を誇るリキッド式電子タバコの人気商品「EMILI」。

・スーツスタイルにも合うスタイリッシュなデザイン
・ボタンの押し時間で「蒸気の量」が調整できる
・ボタンの押し時間で「味の濃さ」が調整できる

など、自分好みの煙量や味で電子タバコを楽しめるモデルなので、気分に合わせてさまざまな煙量や味を試してみたい方におすすめです。

商品詳細

【ブランド】EMILI(エミリ)
モデル】EMILI
【タイプ】リキッド式
【サイズ】電子タバコ本体:長さ 10cm、幅 0.9cm/専用ケース:縦 12cm、横 6cm
【重量】電子タバコ1本あたり:約15g/専用ケース:約130g
【買える場所】実店舗、通販サイト
【価格】8,000円(税込)
※リキッドの補充が可能なリキッド式なので、【リキッドの種類】・【使用可能回数】の表記は省略しています。  

公式HPを見る

4-2. メンテナンスフリーのカートリッジ式

カートリッジ式電子タバコとは、カートリッジを付け替えてリキッドの交換を行う電子タバコのことです。

電子タバコ本体の充電は必要ですが、リキッドの注入などのメンテナンスの手間がかからないのが特徴です。

・FLEVO

980円(税抜)というリーズナブルな価格で始められるカートリッジ式電子タバコの「FLEVO」。

・圧倒的なコストパフォーマンス
・安心の日本製リキッド
・2種類のカートリッジ付きスターターキット

など、お手頃価格で電子タバコを始められるので、初期費用を抑えて電子タバコを始めたい方におすすめです。

商品詳細

【ブランド】FLEVO(フレヴォ)
【モデル】FLEVO
【タイプ】カートリッジ式
【サイズ】長さ 9.95cm、幅 0.85cm
【重量】約14.3g
【リキッドの種類】3種類
【使用可能回数】カートリッジ1個あたり:約240回吸引
※交換用カートリッジは、5個入りで1,598円(税込)
【買える場所】実店舗、通販サイト
【価格】1,058円(税込)
※別売り(税込1,382円/オンライン限定)で、FLEVO本体2本・カートリッジ1本・USBアダプタを収納できる専用ハードケースも販売されています。

こうしき公式公式HPを見る

4-3. 持ち運びしやすい使い捨て式

使い捨て式電子タバコとは、リキッドがなくなったら本体ごと交換するタイプの電子タバコのことです。

充電器や交換用リキッドを携帯する必要がないので、持ち運びしやすいのが特徴です。

・C-Tec STICK

カートリッジ式電子タバコの「C-Tec  DUO」よりも、吸引回数が100回多い「C-Tec STICK」。

・10種類の味の中から好きな味を選べる
・価格、味、煙量のバランスに優れている
・シンプルで男女問わず使いやすいデザイン

など、使う人を選ばないモデルなので、電子タバコのエントリーモデルをお探しの方におすすめです。

商品詳細

【ブランド】C-Tec(シーテック)
【モデル】C-Tec STICK
【タイプ】使い捨て式
【サイズ】長さ 約13cm、幅 約1cm
【重量】約18g
【リキッドの種類】10種類
【使用可能回数】約500回吸引
【買える場所】通販サイト
【価格】1,620円(税込)

公式HPを見る

・Honey Smoke E-Hookah

メンソール系やフルーツ系に加えて、季節限定フレーバーも楽しめる「HoneySmoke E-Hookah」。

・スリムボディーでありながら十分な煙量を実現
・常時5種類+季節限定フレーバーが楽しめる
・1,300円(税抜)というリーズナブルな価格

など、使い捨て式電子タバコの中でもお手頃価格で購入できるモデルなので、さまざまな味を楽しみながら禁煙したい方におすすめです。

商品詳細

【ブランド】HoneySmoke(ハニースモーク)
【モデル】HoneySmoke E-Hookah
【タイプ】使い捨て式
【サイズ】長さ 11.8cm、幅 1cm
【重量】約18g
【リキッドの種類】5種類
【使用可能回数】約500回吸引
【買える場所】実店舗、通販サイト
【価格】1,300円(税抜)

公式HPを見る

5. 電子タバコを使った禁煙に関する疑問解消Q&A

この章では、電子タバコを使った禁煙に関するよくある疑問にお答えしていきます。

Q1. 本当に禁煙できるか不安・・・

  • 電子 タバコ 禁煙

A. 禁煙を意識しすぎず、まずは減煙から始めてみましょう。気軽に禁煙を始められるのが、電子タバコのメリットです。

「禁煙できなかったら・・・」という不安のある方は、「2-2. 減煙から始めるでご紹介しているように、まずは減煙から始めてみましょう。

個人差はありますが、電子タバコを使って減煙していると、

  • タバコがまずい
  • タバコの煙が臭い
  • タバコって本当に必要?

など、「タバコにはメリットがない」ことを体で感じるようになります。

そして、「タバコにはメリットがない」と気づくことができると、自然に「タバコなんて吸いたくない」という気持ちも湧いてくるので、無理のない禁煙を実現することができます。

ですので、「禁煙できなかったら・・・」という不安のある方は、禁煙を意識しすぎず、まずは減煙から始めてみましょう。

Q2. 禁煙におすすめの味ってある?

  • 電子 タバコ 禁煙

A. 好みの味は人によって異なりますが、「メンソール×フルーツ」、「メンソール×エナジードリンク」など、「メンソール」が含まれているリキッドがおすすめです。

電子タバコにはニコチンが含まれていないので、タバコのようなキック感(喉への刺激)はありません。

そのため、煙量には満足できても吸いごたえに満足できず、電子タバコを使わなくなってしまう方もいます。

しかし、メンソールが含まれているリキッドを使用することで、「タバコと同じようなキック感」を再現することができます。

特に、禁煙前にメンソールタバコを吸っていた方は、よりキック感を求める傾向があるので、メンソールが含まれているリキッドを使用するのがおすすめです。

Q3. IQOSやPloom TECHとは何が違うの?

  電子タバコ IQOS・glo
Ploom TECH
中身 リキッド タバコの葉
ニコチン
タール
含まない 含む
分類 VAPE 加熱式タバコ

※電子タバコは、国内で販売されているリキッドを使用した場合を表記しています。

A. 電子タバコとは異なり、「IQOS・glo・Ploom TECH」には、タバコ葉が使用されているので、ニコチンと微量のタールが含まれています。

加熱式タバコに分類される、IQOS(アイコス)・glo(グロー)・Ploom TECH(プルーム・テック)は、タバコ葉を加熱してニコチンを吸引する「タバコ製品」です。

そのため、IQOS・glo・Ploom TECHには、ニコチンと微量のタールが含まれており、タバコの代替品として人気を集めています。

それに対して、電子タバコは、タバコ葉を使用しないので、タバコ葉を燃焼させることで生じるタールが発生しません。

また、海外ではリキッドにニコチンを入れて楽しむ習慣もありますが、日本ではニコチン入りのリキッドの販売・譲渡は薬機法により禁止されています。

そのため、国内で販売されているリキッドには、ニコチンも含まれません。

以上のように、電子タバコは、ニコチン・タールフリーで楽しむことができる新しいタイプの嗜好品として、多くの方に利用されています。

6. まとめ

いかがでしたか。

この記事では、電子タバコを使ってストレスなく禁煙するコツと、おすすめの商品をご紹介しました。

電子タバコを使った禁煙のコツは、以下の3つです。

・好みの味を見つける
・減煙から始める
・タバコに近い形の電子タバコを使う

ぜひ、この記事を参考に、電子タバコを使った禁煙に挑戦してみてくださいね。

他の電子タバコ情報を見る