さまざまなフレーバーを楽しめる、新たな嗜好品として注目されているVAPE(ベイプ)。

その中でも、コンパクトサイズで使い勝手が良い、スティック型のVAPEが人気を集めているのはご存知でしたか。

そこで、この記事では、そんなスティック型VAPEについて、

  • スティック型VAPEの特徴
  • スティック型VAPEの選び方
  • おすすめのスティック型VAPEランキング

などをご紹介します。

先に、おすすめのスティック型VAPEを知りたい方は、「3. VAPEおすすめランキングTOP3」からチェックしてみてくださいね。

(※この記事は、2017年8月時点での情報を参考にしています。)

1. VAPEとは

  • vape おすすめ

VAPEとは、「さまざまな味や香りのリキッドを電気熱で気化させて、その蒸気を吸って楽しむ電子タバコ」のことを指します。

国内で販売されているVAPEは、タール・ニコチンフリーで楽しめることから、これまでにない新しいタイプの嗜好品として注目を集めています。

VAPEには、さまざまな形の商品がありますが、その主な形は、以下の3種類に分かれます。

VAPEの主な形
  • ペン型
  • ボックス型
  • スティック型

以下で、それぞれの特徴を解説していきます。

【ペン型・ボックス型VAPE】

VAPEの最もスタンダードな形である、ペン型・ボックス型VAPEには、機能性や拡張性が高いモデルが多く、その商品数は非常に豊富です。

ペン型・ボックス型VAPEの選び方や、おすすめ商品を知りたい方は、「VAPEおすすめランキング|人気商品9選と失敗しない選び方」で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

【スティック型VAPE】

一方で、近年注目を集めているスティック型VAPEは、長さ10cm前後重量20g程度と、ペン型・ボックス型VAPEに比べて、小型・軽量なのが特徴です。

そのため、携帯性に優れ、軽いから吸いやすく、メンテナンスの手間もかからないなど、使い勝手の良さにこだわったモデルが多く、男性・女性を問わず、幅広い層から人気を集めています。

vape おすすめ
タール・ニコチンフリーで楽しめるVAPE

VAPEは、「タバコの葉」を使用しないため、タバコの葉を燃焼させることで生じるタールが発生しません。

また、海外ではニコチン入りのVAPEリキッドも販売されていますが、日本では、ニコチンが入ったリキッドの販売・譲渡は、薬機法により禁止されています。

そのため、日本国内で販売されているリキッドにはニコチンも含まれておらず、VAPEは、タール・ニコチンフリーで楽しむことができます。

2. スティック型VAPEの選び方

スティック型VAPEには、以下の3種類があります。

  • リキッド式VAPE
  • カートリッジ式VAPE
  • 使い捨て式VAPE

この章では、それぞれの特徴と、どんな方におすすめかをご紹介するので、スティック型VAPE選びの参考にしてくださいね。

2-1. 味の種類を楽しむならリキッド式を選ぶ

リキッド式VAPEとは、リキッドの補充ができるタイプのVAPEを指します。

リキッド式VAPEの特徴は、以下の通りです。

リキッド式VAPEの特徴

〇豊富な種類の中から好みのリキッドを選べる
〇ランニングコストが安い
△メンテナンスの手間がかかる
△初期費用(VAPE本体)が高い

こんな方におすすめ

さまざまな種類のリキッドを楽しみたい方

VAPEで使用されるリキッドは、基本的にどのブランドの商品でも同じ成分になります。

そのため、リキッドの補充が可能なリキッド式VAPEでは、さまざまなブランドの豊富な商品の中から、自分好みのリキッドを自由に選ぶことができるというメリットがあります。

また、消耗品として、リキッドやコイル(リキッドを加熱するパーツ)などの費用はかかりますが、VAPE本体は使い続けることができるので、ランニングコストはカートリッジ式VAPEや使い捨て式VAPEに比べて安いのも特徴です。

一方で、リキッドの補充やコイル交換などの定期的なメンテナンスが必要で、初期費用(VAPE本体)は、カートリッジ式VAPEや使い捨て式VAPEと比べると高くなります。

このように、リキッド式VAPEは、メンテナンスの手間や初期費用はかかりますが、さまざまな種類のリキッドをランニングコストを抑えて楽しむことができます。

そのため、ランニングコストを抑えながら、「さまざまな種類のリキッドを楽しみたい方」には、リキッド式VAPEがおすすめです。

関連記事:VAPEのリキッドについて詳しく知りたい方はこちら
VAPEリキッドおすすめランキング|人気商品18選と通販サイト3選

2-2. コスパの良さならカートリッジ式を選ぶ

カートリッジ式VAPEとは、 リキッドを使い切ったら、カートリッジを交換するタイプのVAPEを指します。

カートリッジ式VAPEの特徴は、以下の通りです。

カートリッジ式VAPEの特徴

〇メンテナンスの手間がかからない
(※本体の充電は必要)
〇吸うだけで電源が入るなど使いやすい
△リキッドの種類が少ない
△ランニングコストがやや高い

こんな方におすすめ

コスパの良いVAPEをお探しの方

カートリッジ式VAPEは、カートリッジを取り替えるだけで、リキッドの交換が行えます。

そのため、VAPE本体の充電は必要ですが、リキッドの補充やコイル交換などの、メンテナンスの手間を省けるというメリットがあります。

また、電源ボタンがなく、吸うだけで電源が入るなど、使い勝手が良いのも特徴です。

一方で、選べるリキッド(カートリッジ)の種類は少ないのが現状で、ランニングコストは、リキッド式VAPEと比較すると割高に、使い捨て式VAPEと比較すると割安になります

このように、カートリッジ式VAPEは、リキッド式VAPEと比べると、リキッドの種類は少なく、ランニングコストも高くなりますが、メンテナンスの手間を大きく省けるため、ストレスなくVAPEを楽しむことができます。

そのため、価格と使いやすさのバランスを重視して、「コストパフォーマンスの良いVAPEをお探しの方」には、カートリッジ式VAPEがおすすめです。

2-3. メンテナンスフリーなら使い捨て式を選ぶ

使い捨て式VAPEとは、リキッドを使い切ったら、本体ごと交換するタイプのVAPEを指します。

使い捨て式VAPEの特徴は、以下の通りです。

使い捨て式VAPEの特徴

〇メンテナンスの手間がかからない
(※本体の充電も不要)
〇吸うだけで電源が入るなど使いやすい
△リキッドの種類が少ない
△ランニングコストが高い

こんな方におすすめ

メンテナンスフリーのVAPEをお探しの方

使い捨て式VAPEは、本体ごと取り替えることで、リキッドの交換を行います。

そのため、本体の充電や、リキッドの補充やコイル交換などのメンテナンスが一切必要ないというメリットがあります。

また、カートリッジ式VAPEと同様に、吸うだけで電源が入るなど、誰でも簡単に使用することができる使い勝手の良さも特徴です。

一方で、選べるリキッドの種類は少なくランニングコストもリキッド式VAPEやカートリッジ式VAPEと比べて割高になります。

このように、使い捨て式VAPEは、ランニングコストは高くなりますが、メンテナンスを一切することなくVAPEを楽しむことができます。

そのため、とにかく簡単に使える、「メンテナンスフリーのVAPEをお探しの方」には、使い捨て式VAPEがおすすめです。

3. VAPEおすすめランキングTOP3

この章では、おすすめのスティック型VAPEを、

  • VAPE初心者の方でも使いやすい
  • 多くの人に支持されている人気モデル

といった基準で厳選し、ランキング形式でご紹介します。

※どの商品も、1度に使い切る必要はなく、好きな時にいつでも使用可能です。
※商品詳細の【使用可能回数】は、各ブランドの公式発表を基に表記しています。


◆DR.VAPE[PR]

元レディガガ専属スタイリストが、日本人向けに開発した健康タバコDR.VAPE(ドクターベイプ)」。

・ニコチンタールフリーで副流煙の心配もない
・国内老舗香料メーカーと共同開発したフレーバー
・持っているだけでスタイリッシュなデザイン性

など、健康」・「味」・「デザイン」に、こだわりぬいた新世代のVAPEです。

クラウドファンディングサイトMakuakeで、目標金額の800%を達成したことでも話題となっています。

WEB限定でお得に手に入れる方法

現在、Amazonのオンラインショップでのみご購入いただけます。

話題の商品を試してみたいという方は、下記からチェックしてみてくださいね。

Amazonで見てみる

1位:VITAFUL

ニコチンゼロ・タールゼロながら、吸い応え抜群のフレーバーミストで、健康的にリフレッシュできる使い捨て式VAPEの人気モデル「VITAFUL(ビタフル)」。

  • ビタミンやコラーゲンなどの栄養素配合 
  • 毎日使っても安心な日本製VAPE
  • まとめて購入するとお得な「まとめ買いクーポン」

など、リーズナブルな価格で、心も体もリラックスできる「新・リフレッシュ体験」を提案しています。

リキッドの交換や面倒なメンテナンスが一切不要なモデルなので、初めてVAPEに挑戦したいという方におすすめです。

商品詳細

【ブランド】VITAFUL(ビタフル)
【タイプ】使い捨て式
【サイズ】長さ12cm、幅1cm
【重量】17.4g
【リキッドの種類】8種類
【使用可能回数】約500回吸引    
【買える場所】通販サイト
【価格】1,058円(税込)

公式HPを見る

2位:EMILI

2015年の販売開始以来、累計販売数が15万本以上を誇るリキッド式VAPEの人気モデルです。

  • タバコサイズのコンパクトなリキッド式VAPEで、さまざまな種類のリキッドを楽しめる
  • スマホサイズの専用ケースに入れて、持ち運びながら充電可能

など、使い勝手の良さと洗練されたデザイン性を両立したモデルなので、コンパクトサイズの使いやすいリキッド式VAPEをお探しの方におすすめです。

商品詳細

【ブランド】EMILI(エミリ)
【タイプ】リキッド式
【サイズ】スティック本体:長さ10cm、幅0.9cm|専用ケース:縦12cm、横6cm
【重量】スティック1本あたり:約15g|専用ケース:約130g
【買える場所】実店舗、通販サイト
【価格】8,000円(税込)
※リキッドの補充が可能なリキッド式なので、【リキッドの種類】・【使用可能回数】の表記は省略しています。
 
公式HPを見る

3位:C-Tec DUO

すべてのフレーバーにビタミンCを配合している、カートリッジ式VAPEの人気モデルです。

  • 天然植物成分とビタミンC配合のクリーンフレーバー
  • カートリッジ1個でタバコ1.5箱相当の吸引回数

など、経済的で使いやすいモデルなので、メンテナンスフリーで楽しめる経済的なVAPEをお探しの方におすすめです。

商品詳細

【ブランド】C-Tec DUO(シーテック デュオ)
【タイプ】カートリッジ式
【サイズ】長さ13cm、幅0.93cm
【重量】約20g
【リキッドの種類】7種類
【使用可能回数】カートリッジ1個あたり:約400回吸引
※交換用カートリッジは、5個入りで2,160円(税込)    
【買える場所】通販サイト
【価格】2,484円(税込)

公式HPを見る

4. タイプ別VAPEおすすめ商品6選

この章では、ランキングには入らなかったものの、おすすめのスティック型VAPEを、

  • リキッド式VAPE
  • カートリッジ式VAPE
  • 使い捨て式VAPE

の3つに分けてご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

※どの商品も、1度に使い切る必要はなく、好きな時にいつでも使用可能です。
※商品詳細の【使用可能回数】は、各ブランドの公式発表を基に表記しています。

・リキッド式VAPE

VAPE ONLY MALLE

専用ケースに入れて携帯しながら充電できる、小型軽量のリキッド式VAPEです。

  • 小型VAPEが2本付属で、異なるリキッドを楽しめる
  • 吸うだけでOKなオートスイッチ採用

など、ボタン操作なしで手軽に楽しめるモデルなので、とにかく使いやすいリキッド式VAPEをお探しの方におすすめです。

商品詳細

【ブランド|モデル】VAPE ONLY(ベイプオンリー)|MALLE
【タイプ】リキッド式
【サイズ】スティック本体:長さ10cm、幅0.9cm|専用ケース:縦12.8cm、横6.5cm
【重量】スティック1本あたり:約15g|専用ケース:約140g
【買える場所】実店舗、通販サイト
【価格】5,800円(税込)
※リキッドの補充が可能なリキッド式なので、【リキッドの種類】・【使用可能回数】の表記は省略しています。
 
公式HPを見る

 Eleaf iCare Solo

人気VAPEブランドEleafの、コンパクトサイズのリキッド式VAPEです。

  • 使いやすいオールインワンタイプ
  • 吸気が重めの吸い心地

など、VAPE初心者の最初の1台としても、上級者のサブ機としても重宝するモデルなので、幅広い用途に対応できるリキッド式VAPEをお探しの方におすすめです。

商品詳細

【ブランド|モデル】Eleaf(イーリーフ)|iCare Solo
【タイプ】リキッド式
【サイズ】長さ10.45cm、幅1.8cm   
【重量】約31g
【買える場所】実店舗、通販サイト
【価格】3,200円(税抜)
※リキッドの補充が可能なリキッド式なので、【リキッドの種類】・【使用可能回数】の表記は省略しています。
 
公式HPを見る

・カートリッジ式VAPE

FLEVO

税抜980円というリーズナブルな価格のスターターキット(2種類のカートリッジ付属)が、人気のカートリッジ式VAPEです。

  • 手のひらに収まるほどの超コンパクトサイズ
  • 安心の日本製リキッドでクリーンなフレーバー

など、お手頃な価格でVAPEを始められるモデルなので、リーズナブルな価格のカートリッジ式VAPEをお探しの方におすすめです。

商品詳細

【ブランド】FLEVO(フレヴォ)
【タイプ】カートリッジ式
【サイズ】長さ9.95cm、幅0.85cm
【重量】約14.3g
【リキッドの種類】3種類
【使用可能回数】カートリッジ1個あたり:約240回吸引
※交換用カートリッジは、5個入りで1,598円(税込)     
【買える場所】実店舗、通販サイト
【価格】1,058円(税込)
※別売り(税込1,382円/オンライン限定)で、FLEVO本体2本・カートリッジ1本・USBアダプタを収納できる専用ハードケースも販売されています。

公式HPを見る

・使い捨て式VAPE

VITABON

7種類のオーガニックフレーバーを、気軽に楽しめることで人気の使い捨て式VAPEです。

  • ビタミンと天然植物成分配合のビタミン蒸気スティック
  • フレーバーごとに異なるカラーバリエーション

など、そのポップなデザインで多くの人に支持されている人気モデルなので、安心して使える人気のVAPEをお探しの方におすすめです。

商品詳細

【ブランド】VITABON(ビタボン)
【タイプ】使い捨て式
【サイズ】長さ 約12cm、幅 約1cm
【重量】約18g
【リキッドの種類】7種類
【使用可能回数】約500回吸引    
【買える場所】実店舗、通販サイト
【価格】2,200円(税抜)
 
公式HPを見る

C-Tec STICK

カートリッジ式VAPEの「C-Tec DUO」同様、天然植物成分とビタミンCのクリーンフレーバーを楽しめる使い捨て式VAPEです。

  • 計10種類と種類豊富なフレーバー
  • 見た目もシンプルで男女問わず使いやすいデザイン

など、その豊富なフレーバーとシンプルなデザインで、使う人を選ばないモデルなので、最初の1台として使いやすいVAPEをお探しの方におすすめです。

商品詳細

【ブランド】C-Tec STICK(シーテック スティック)
【タイプ】使い捨て式
【サイズ】長さ 約13cm、幅 約1cm
【重量】約18g
【リキッドの種類】10種類
【使用可能回数】約500回吸引    
【買える場所】通販サイト
【価格】1,620円(税込)
 
公式HPを見る

HoneySmoke E-Hookah

メンソール系やフルーツ系に加えて、季節限定フレーバーなどを、1,300円(税抜)というリーズナブルな価格で楽しめる使い捨て式VAPEです。

  • スリムボディーでありながら十分な煙量を実現
  • 定番のメンソール味には複数のボディー(シルバー、千鳥格子、木目調)があり、好みに合わせておしゃれにVAPEを楽しめる

など、価格と実用性のバランスが良いモデルなので、リーズナブルな価格の使い捨て式VAPEをお探しの方におすすめです。

商品詳細

【ブランド|モデル】HoneySmoke(ハニースモーク)|HoneySmoke E-Hookah
【タイプ】使い捨て式
【サイズ】長さ11.8cm、幅1cm
【重量】約18g
【リキッドの種類】5種類
【使用可能回数】約500回吸引
【買える場所】実店舗、通販サイト
【価格】1,300円(税抜)

公式HPを見る

5. スティック型VAPEのよくある疑問Q&A

この章では、スティック型VAPEに関するよくある疑問にお答えしていきます。

  • IQOS、Ploom TECH、gloとの違い
  • 費用面
  • 健康面への影響

の3つの疑問について解説しているので、参考にしてみてくださいね。

Q1. IQOSやPloom TECHとはどう違うの?

  VAPE IQOS・Ploom TECH・glo
中身 リキッド タバコの葉
タール
ニコチン
含まない 含む
分類 電子タバコ 加熱式タバコ

A. IQOS・Ploom TECH・gloが、タバコの葉を加熱して蒸気を吸引する「加熱式タバコ」に分類されるのに対して、VAPEは、リキッドを加熱して蒸気を吸引する「電子タバコ」に分類されます。

加熱式タバコに分類される、IQOS(アイコス)・Ploom TECH(プルーム・テック)・glo(グロー)は、タバコの葉を加熱してニコチンを吸引するタバコ製品です。

そのため、IQOS・Ploom TECH・gloは、ニコチンと微量のタールを含み、従来の紙タバコの代替品として人気を集めています。

それに対して、電子タバコに分類されるVAPEは、タバコの葉を使用しないため、タバコの葉を燃焼させることで生じるタールが発生しません。

また、海外ではニコチン入りのリキッドを楽しむ習慣もありますが、日本国内ではニコチン入りのリキッドを販売・譲渡することは薬機法により禁止されています。

そのため、日本国内で販売されているリキッドを使用する限り、VAPEには、ニコチンも含まれません。

このように、VAPEは、タールやニコチンを摂取することなく、さまざまなフレーバーを楽しめるため、「従来のタバコ製品とは異なる、新しいタイプの嗜好品」として注目を集めています。

Q2. どのVAPEが1番お得なの?

  リキッド式 カートリッジ式 使い捨て式
商品 30ml
ボトル
カートリッジ
5個パック
1本
吸引回数 3,000回 2,000回 500回

※それぞれ、2,000円程度の商品を想定した場合の目安になります。

A. 使用方法などによって異なるため、どのタイプのVAPEが最も経済的かは、一概には言えません。しかし、吸引回数で比較すると、ランニングコストは、リキッド式が最も安く、カートリッジ式・使い捨て式の順に割高になります。

2-1. 味の種類を楽しむならリキッド式を選ぶ」でご紹介した通り、リキッド式VAPEは、初期費用は高くなりますが、ランニングコストはカートリッジ式VAPEや使い捨て式VAPEに比べて割安になります。

そのため、頻繁にVAPEを楽しみたい方には、リキッド式VAPEがおすすめです。

それに対して、カートリッジ式VAPEは、リキッド式VAPEと比較すると、初期費用は安く抑えられますが、ランニングコストは割高になります。

そのため、初期費用を抑えてVAPEを楽しみたい方には、カートリッジ式VAPEがおすすめです。

一方で、使い捨て式VAPEは、初期費用がかからないかわりに、ランニングコストが最も割高になります。

そのため、試しにVAPEに挑戦したい方や、お酒の席など限定されたシーンでVAPEを楽しみたい方には、使い捨て式VAPEがおすすめです。

以上のように、それぞれに異なった特徴があるので、ご自身の使い方に合った商品を選んで、お得にVAPEを楽しんでくださいね。

Q3. VAPEは身体に悪くないの?

  • vape おすすめ

A. 全くの無害とは言い切れませんが、VAPEは、紙タバコや加熱式タバコと比較すると害が少ないと言われています。

1. VAPEとは」でご紹介した通り、日本国内で販売されているリキッドを使用する限り、VAPEでタールやニコチンを摂取する心配はありません。

また、この記事でご紹介しているスティック型VAPEの中には、リキッドにビタミンや天然植物由来成分を配合するなど、健康志向の高い方に向けた商品も増えてきています。

しかし、VAPEが人体に与える影響については、まだ長期的なデータが出揃っておらず、全くの無害とは言い切れないのが現状です。

vape おすすめ
クリーンな香りを楽しめるVAPE
VAPEから発生するのは煙ではなく蒸気で、リキッドのフレーバーが微かに香る程度なので、心地良い香りを楽しむことができます。

リキッドの種類も非常に豊富なので、その日の気分に合わせて、さまざまなフレーバーを使い分けて楽しんでみてくださいね。

6. まとめ

いかがでしたか。

この記事では、今人気を集めているスティック型のVAPEについて、その選び方と、おすすめ商品をご紹介しました。

スティック型VAPEの選び方をまとめると、

  • 味の種類を楽しむならリキッド式を選ぶ
  • コスパの良さならカートリッジ式を選ぶ
  • メンテナンスフリーなら使い捨て式を選ぶ

になります。

スティック型VAPEの特徴や、スティック型VAPEに関するよくある疑問への回答もご紹介しているので、この記事を参考に、スティック型VAPEにチャレンジしてみてくださいね。

他のVAPE情報を見る