世界に一つの、自分に合った一着を作ることができるオーダースーツ。ただ、オーダーすると時間やお金がかかりそうなイメージがありますよね。

今回は、オーダースーツのメリットとデメリット、そしてオーダースーツがどのように作られるのかについてご紹介します。オーダースーツのメリットを知って、ご自分に合ったスーツを選んでみませんか。

オーダースーツを手がけるテーラーさんから聞いた、上手にオーダーするポイントもあわせてお伝えしますので、オーダースーツを注文するときは必ずチェックしてくださいね。

1. オーダースーツのメリット・デメリット

最近は、既製品であっても生地の種類が多く、安価でもそれなりの質のものが増えてきました。それでもオーダースーツを選ぶメリットについてお伝えします。

1-1. 【メリット】自分に合ったサイズが作れる

  • オーダースーツ

なんといっても、自分の身体にきちんとフィットすることは、既製品には真似できないメリットです。

サイズがあっているスーツを着ると、かっこよく見えるだけではなく、自分自身の着心地も違います。

既製品では規定のサイズがあるので、そのサイズがあう場合とあわない場合がどうしてもあります。

オーダースーツでは、最初から自分の身体のサイズにあわせてスーツを作っていくので、自分だけにあわせたサイズを手に入れることができます。

1-2. 【メリット】自分の好きな生地やデザインが選べる

この色は好きなのにサイズがあわない、このデザインは好きなのに生地に満足できない…。既製品を選んでいて、100%満足できる一着を見つけるのは難しいですよね。

オーダースーツなら、自分の好きな生地で好きなデザインにすることが可能です。量販店には売っていないような高級生地を使ってもよし、襟の形や裏地にこだわるもよし。

既製品では実現できないような、妥協のない自分らしい1着を作ることができます。

1-3. 【メリット】しっかり長持ちする

  • オーダースーツ

意外と知られていないメリットが、オーダースーツは既製品に比べて長持ちする、ということ。

縫製が丁寧なことや、自分の身体にあっているので余計な力がかかって生地を痛めることがないことなどが理由です。 オーダーした分、思い入れがあって手入れなど丁寧に使うことも影響しているのかもしれませんね。

1-4. 【デメリット】完成するまでに時間がかかる

  • オーダースーツ

オーダースーツは体型や細かい要望に沿ったものを作るので、完成までにそれなりの時間がかかります。既製品のようにお店に置いてあるものを、買いに行ってそのまま持って帰る、なんてことはできません。

メーカーによってそれぞれ差はありますが、大体完成までに1ヶ月程度かかることが多いようです。

ぜひ着たいイベントなどがある場合、納期が遅れて間に合わなかった…なんてことにならないように、余裕を持って注文する必要があります。

2. オーダーの3つの種類

オーダー、と一言で言っても大きく分けて3種類の方法があります。オーダースーツを注文するときは、自分にあった注文方法を選んでくださいね。

2-1. 本格的なフルオーダー

  • オーダースーツ

フルオーダーはその名前の通り、

何から何まで指定ができるオーダー方法

のことです。

生地はもちろんのこと、ボタンや糸といったオプションから、デザインまで全てがオリジナルの一点物を作ります。

採寸、裁断、縫製などを全て手作業で行うため、高い技術力を持った職人がいるお店でしか行うことができませんし、時間もかかります。

ただ、テーラーと相談しながら製作するため、本当に自分の希望が反映された一着を手に入れることができます。こだわりの一着を作りたい、という方におすすめです。

2-2. 比較的安くて早いパターンオーダー

  • オーダースーツ

既製品と同じで、

基本的な体型などはもともと用意されている中から自分の身体に近いものを選び、細かい部分を選択して仕上げる

オーダー方法のことです。

どちらかといえば既製服に近いものです。実店舗の場合は、ゲージ服と呼ばれるサンプルを着て、そこからどれくらい詰めていくのかを測ります。

工場のラインに乗せて大量生産する場合がほとんどなので、安く早く手に入れることができます。標準体型で問題ないが、細かい部分を変更したいという方におすすめです。

2-3. いいとこ取りのイージーオーダー

  • オーダースーツ

身体にフィットさせるというフルオーダーのいいところと、基本形を持っているので早く仕上げられるというパターンオーダーのいいところを組み合わせたのが、 イージーオーダーという方法です。

生地やデザインなどを選び、工場などが用意している豊富な型紙に、デザイン的補正や体型的補正を加えます。フルオーダーと比較すると、機械などを使うため安く早く手に入れることができます。

標準体型では合わないところがあるけれども、比較的手軽にオーダーしたいという方におすすめです。

オーダースーツを初めて作る時は、比較的簡単にいろいろ選ぶことができ、値段も手頃なパターンオーダーがおすすめです。

最近は、オンライン上でパターンオーダーやイージーオーダーを受け付けているお店も増えています。お店について詳しく知りたい場合は、「4. おすすめオーダースーツメーカー」をご覧ください。

3. オーダースーツの流れとチェックポイント

オーダーメイドの種類について知ったところで、基本的にどのような流れで手元に商品が届くのかを確認しておきましょう。

基本的な流れは3種類のオーダーであまり変わりませんが、「3-5. 仮縫い」はパターンオーダーやイージーオーダーにはない工程です。その分、フルオーダーよりは短い期間で仕上げることが可能です。

テーラーさんから聞いた、各段階で注意したいチェックポイントもありますので、オーダースーツを注文するときは忘れないでくださいね。

3-1. テーラーとのカウンセリング

お店にオーダースーツを作りに行くと、テーラーと呼ばれる専門のスタッフがいます。自分がどんなシーンで着たいのか、好みの色やデザインはどんなものか、予算はいくらかなどをテーラーに伝えましょう。

オーダースーツはテーラーとの二人三脚で作り上げるもの。悩みや要望などを正しく伝えると、より満足できる一着を実現できます。

オーダースーツ
テーラーさんおすすめのチェックポイント
しっかり欲しいスーツのイメージを持とう!
オーダーを作るときは、特に自分がどんなスーツを必要としているのか、言葉で説明できるくらい具体的にイメージしておくことが必要です。

豊富な種類の生地があり、デザインが選択できるオーダーは、自由度が高いぶん、迷ってしまいがち。理想の一着を手に入れるためにも、しっかりイメージしてオーダーに臨みましょう。

3-2. 自分の好きな生地を選択

素材となる生地を選びましょう。

例えば、あるお店なら、独自に開発したオリジナルの生地から海外からの高級インポート生地など、あわせて3,000種類から生地が選べるように、既製品とは違って圧倒的な量の選択肢があることが特徴です。

自分の好きな色やデザインを探しましょう。

オーダースーツ
テーラーさんおすすめのチェックポイント
生地は触って確かめよう!
オーダースーツを実店舗で作る場合、生地の触り心地やつまんでみたときに柔らかさを感じるかなどを確認しましょう。
 
また、光沢感なども良い生地の証です。 オンラインで注文する場合、どうしても実際の生地と画面上で見る生地は異なってしまいます。そのことを念頭を置いた上で、どこのメーカーの生地を使っているのかなどが良い生地を選ぶ参考になります。
 
スーツの生地の選び方に関しては、「スーツの良い生地の見分け方|着心地も見栄えも良い生地選びの3つのコツ」に詳しく書いてありますので、参考にしてくださいね。

3-3. 細かい仕様を選択

  • オーダースーツ

ディテールに関しても選ぶことができます。スーツのディテールというと、ボタンの数や位置、襟の形や裏地の色など、さまざまです。

メーカーによって選べるデザインには違いがあります。自分がどんな場面でスーツを着たいのかを考え、それにあった仕様を選びましょう。

3-4. 自分の身体を採寸

オーダースーツの最大のメリットでもある、自分の身体にあわせたサイズのスーツを作るため、細かくサイズを測っていきます。経験豊富なテーラーが的確にサイズを測ってくれます。

オーダースーツ
テーラーさんおすすめのチェックポイント
サイズを測るときは薄手の服で行こう!
より正確な数値を測るために、実店舗に採寸に行くときはセーターなどではなく、ワイシャツなど薄手のものを着ていくようにしましょう。
 
オンラインで注文するときは、そのメーカーにあわせた自分で採寸する方法が書いてあるはずなので、その測り方を参考にしましょう。
 
メーカーによっては測り方が異なることもあるので、注意が必要です。

3-5. 仮縫い

パターンオーダーやイージーオーダーではほとんどありませんが、フルオーダーの場合は仮縫いという作業が入ります。しつけ糸で一旦スーツの形にした生地を試着し、デザインやシルエットの調整を行います。

3-6. 丁寧な縫製

フルオーダーの場合は、一つ一つ職人の手で縫い上げられます。パターンオーダーやイージーオーダーの場合は、機械で行われることがほとんどです。

ただし、最終的な仕上げや確認は人の手で行われることが多く、既製品よりも丁寧な縫製が行われると言えます。

3-7. 完成!世界に一着のオーダースーツ

  • オーダースーツ

ついにオーダースーツの完成です。まずは試着してみましょう。自分で選んだ生地やデザイン、身体に自然とフィットする着心地の良さをきっと気にいるはずです。

もし気になるところがある場合は、すぐにお店に伝えましょう。オーダースーツの性質上、お直しが可能なお店が多いのですが、無期限でかつ無償で行ってくれるところは少ないので、早めに着てみて、可能ならしばらく過ごして直したいところがあるか確認しましょう。

オーダースーツ
テーラーさんおすすめのチェックポイント
要望を伝えて2着目につなげよう!
オーダスーツの魅力の1つは、一度作るとお店側に自分の身体のサイズ情報が残るので、2着目は比較的容易に作れる、ということ。
 
サイズやデザインできになるところは、積極的にお店側に伝えておきましょう。2着目を作るときの参考になります。

4. おすすめのオーダースーツのお店

オーダースーツを作れるお店はいくつかありますが、その中でもおすすめの5軒をご紹介します。自分がどんなオーダー方法でスーツを作りたいのかを考えながら、お店を選んでくださいね。

 

麻布テーラー(azabu tailor)

店名 麻布テーラー(azabu tailor)
方式 セミオーダー(パターンオーダー)
価格 37,000円+税〜
納期 約4週間〜5週間
ポイント オーダースーツ界の老舗、圧倒的な顧客数と経験豊富なスタッフ

オーダースーツやオーダーシャツに関する情報をお届けするカスタムライフでも何度か紹介している麻布テーラー。

質の高いオーダースーツを4万円以下から楽しめる上、経験豊富なスタッフにより自分にとって着心地の良い一枚を手に入れることができます。

スタイルは大きく分けて3種類のモデルから選ぶことができ、オプションも豊富です。オーダースーツを作ろう!となったら一度は選択肢として選んでほしいお店です。

花菱(HANABISHI)

店名 花菱(HANABISHI)
方式 セミオーダー(パターンオーダー)
価格 39,000円+税〜
納期 約3週間〜4週間
ポイント 全て国内の自社工場で生産され、職人の手も入った質の高いスーツ

1935年に創業した歴史の古いオーダースーツメーカー。女性のオーダーも受けているのが特徴的。

全国5か所にある国内工場で全て生産されており、各段階で職人の手が加えられています。人の手による丁寧な仕事と、効率のいい工場生産を組み合わせており、「誰でも手軽にオーダースーツが楽しめること」の提供を目指しています。

Global Style(グローバルスタイル)

店名 Global Style(グローバルスタイル)
方式 セミオーダー(パターンオーダー)
価格 24,000円+税~(2着セット48,000円での1着の値段)
納期 約3週間〜5週間
ポイント 2着で48,000円(税抜)という驚きの低価格

東京・大阪・名古屋に店舗を構えるGlobal Style。なんといっても、2着で48,000円という低価格が驚きです。

2着もいらない…と思われるかもしれませんが、友人や同僚と1着ずつオーダーしてもセット割は適用されますので、ぜひ仲間を探してお得にオーダースーツを手に入れてくださいね。

 オンリー(ONLY)

店名 オンリー(ONLY)
方式 パターンオーダー
価格 38,000円+税〜
納期 約2週間
ポイント 実店舗の多さとオンラインでも注文できる便利さ

ツープライススーツの先駆けとなったオンリーですが、オーダースーツも手がけています。オンリーのオリジナル生地を使った価格ラインと、高級インポート生地を使った価格ラインがあります。ジャケットのスタイルも6種類から選ぶことができます。

 

LaFabric(ラファブリック)

  • オーダースーツ
店名 LaFabric(ラファブリック)
方式 カスタムオーダー
価格 44,800円(税込)
納期 約1か月〜2か月
ポイント オンラインで、いつでもどこでもオーダーできる便利さ

実店舗を持たない、オンラインで注文できるLaFabric。

好きな時間に、どこにいても、お手軽にオーダースーツを注文することができます。

採寸が不安になるかと思いますが、動画で自分で行う採寸方法が分かる上、渋谷にあるショップでの採寸や首都圏なら出張採寸も選べて安心です。

5. まとめ

高級で面倒くさそうというイメージのオーダースーツが、少しは身近になったでしょうか。

オーダースーツを着たときの着心地の良さやフィット感は、オーダースーツを作らないとわからないので、ぜひ一度は挑戦してみてください。

すぐにスーツが必要になった!というときはお店で揃え、長く大切に楽しみたいときはオーダースーツにする。

自分がどんな風にスーツを使いたいのかに合わせて、買うお店も変えてみてくださいね。

LaFabricの公式サイトを見る