喉の辺りに第一ボタンが二つあるシャツのことをドゥエボットーニと呼びますが、

「このシャツってどんな時に着ていくものなの?」

「着てみたことはあるのだが、もっと良いコーディネートはないかな?」

「このシャツってダサいのかな・・・」

と悩んでいませんか?

こちらの記事では、ドゥエボットーニの基本や定番のコーディネートといった、ドゥエボットーニを着る時に押さえておきたいポイントをまとめています。

すぐに真似することができますので、コーディネートの幅を広げておしゃれに着こなしたいと考えている方は、ぜひ最後までお読みください。

(※この記事は、2017年2月時点での情報を参考にしています。)

1. 着こなしのための基本知識

1-1. 高い襟が持つメリット

ドゥエボットーニの特徴は、他のシャツよりも襟が高く作られているところにあります。

また、高い襟を支えるために、第一ボタンが2つ付いているので、そちらの印象の方が強いかもしれませんね。

襟を高くすることで得られるメリットとしては、

・ネクタイの結び目を、より立体的に見せることができる
・高い襟が自立しているため、ネクタイを外した時の襟元が綺麗に見える

以上の2点があげられます。

もともとは、ネクタイの結び目にボリュームを持たせることを目的に、襟が高く設計されていました。

現在ではクールビズの導入もあり、日本ではノーネクタイ&第一ボタンを外して着るのがスタンダードです。

また、襟の自立を補助するために、ボタンダウンを取り入れたデザインが増えています。

関連記事:ボタンダウンシャツの着こなしが気になる方はこちら
ビジネスで清潔感を与えるボタンダウンシャツのマナーと着こなし

1-2. 首の形に合わせてシャツを選ぶ

シャツを着こなすためには、ご自身の体型にあったアイテムを選ぶことが大切です。

特に襟元から胸のあたりまでの「Vゾーン」と呼ばれる部分には、一番最初に目がいくため、第一印象に大きく関わります。

襟元のデザインは、よく吟味して選んでください。

ドゥエボットーニの場合は、首の長さや細さにお悩みの方に、おすすめです。

理由としては・・・

・首の細さが気になる方
→ 襟が首回りに沿って自立しているため、細い首を包み隠し、シルエットをきれいに見せてくれます。

・首の長さが気になる方
→ 襟が高く自立しているため、長い首とは見た目の相性が良く、Vゾーンが美しく見えます。

一方で、首が太い方や短い方が、ドゥエボットーニを着ると窮屈に見えてしまうので、アンバランスに見えてしまいます。

詰まって見える首元にコンプレックスを抱えている方には、襟が小さくVゾーンがスッキリまとまる、ホリゾンタルシャツをおすすめします。

関連記事:ホリゾンタルシャツの魅力をさらに知りたい方はこちら
オフィスにも着回せるホリゾンタルシャツの基本と着こなし9選

1-3. 一つだけ気をつけたいポイント

  • ドゥエボットーニ

こちらでは、ノーネクタイで着る際の注意点をお伝えします。特にビジネスシーンで重要なので、覚えておいてください。

ドゥエボットーニは、もともとはタイドアップ(ネクタイをつけた着こなし)を前提としたシャツなので、伝統的なスーツスタイルにうるさい人には、敬遠されてしまいます。

また、良くも悪くも高い襟が目立ってしまうため、人によってはドゥエボットーニを着ている姿が「目立ちたがり屋」「高圧的」というように映ってしまうかもしれません。

目上の方、初対面の方に会う場合は、控えた方がいいでしょう。

1-4. ビジネスシーンでの着こなし方

ドゥエボットーニは、クールビズの導入と同時に流行した背景があり、現在のビジネスシーンでも一般的に着られています。

一方で、本来はネクタイを着けて使用するシャツなので、タイドアップのスーツスタイルにもぜひ取り入れてみてください。

ネクタイを着けても外してもお洒落なので、生活の「オン」と「オフ」の切り替えがスマートにきまります。

1-5. ネクタイの結び目は大きくする

襟が高いシャツにネクタイを着ける際は、結び目が大きくなる締め方がおすすめです。

  • ドゥエボットーニ

例えば、ドゥエボットーニと合わせる場合は、結び目が縦に長くなる「ダブルノット」がいいでしょう。

せっかくワイシャツとネクタイで、ビシッと気持ちを引き締めても、襟先の広さとネクタイの結び方がアンバランスだと、だらしなく見えてしまいます。

細かいところの見せ方にも気を配り、かっこよくスーツスタイルを着こなしてくださいね。

関連記事:ダブルノットの結び方を知りたい方はこちら
好印象を作るネクタイの結び方|5種を動画でわかりやすく解説

2. ドゥエボットーニの定番コーディネート5選

この章では、ドゥエボットーニ定番のコーディネートをご紹介します。

簡単に真似できるものばかりなので、ぜひ、いつものファッションに取り入れてみてくださいね。

2-1. ビジネスでの着こなし

・無地の白いシャツ × 青系のネクタイ

もっとも定番な着こなしは、ネクタイを締めてスーツに合わせるスタイルでしょう。

ドゥエボットーニの第一ボタンのデザインが気になる方でも、ネクタイをすれば喉元が隠れるので、「襟が高い」というメリットだけを活かすことができます。

加えて、清潔感が大切なビジネスで使用するならば、無地の白いシャツをおすすめします。

無地の白いシャツならば、どんな色のスーツと合わせても、きれいに馴染むので、コーディネートに迷うことはありません。

また、青系のネクタイを合わせれば、相手に誠実さや堅実な印象を与えることができます。

商談や外回りなど、お客様と会う機会の多いビジネスシーンで、ぜひお試しください。

・サックスブルーのシャツ × 濃い色のネクタイ

白以外の色で、ビジネスシーンで広く着られている色が「サックスブルー(水色)」です。

堅実、真面目といった信頼感を与えてくれるので、初対面の相手にも好意的に受け入れてもらえるでしょう。

また、スーツの色を淡くして、濃いネクタイを合わせてあげると、メリハリが生まれ、全体のコーディネートを整えることができます。

その他のスーツスタイルの着こなしをもっと知りたい方は、「スーツの着こなし術|さりげなくセンスの良さをアピールするコツ」をご覧ください。

・サックスブルーのシャツ × ノーネクタイ

ドゥエボットーニは、第一ボタンを外しても、襟がだらしなくならないので、クールビズのシーズンになると、広く使用されています。

白いシャツもいいですが、サックスブルーのシャツを夏場に着ると、爽やかな印象になるので、暑い季節にはぴったりです。

なお、クールビズのシーズンであっても、お客様と会う時には上着の着用が最低限のマナーになります。

夏用ジャケットの用意を忘れないよう、気をつけてくださいね。

2-2. カジュアルな着こなし

・シンプルな配色のシャツ × ジャケット

ドゥエボットーニは、装飾感の強いシャツです。

ラフに着崩さずに、ジャケットと組み合わせるなど、少し堅めに着こなした方がシャツの魅力も活きてきます。

また、ドゥエボットーニはもともとが独特なデザインなので、柄やステッチなどで遊びすぎると、飾りすぎたキザな印象になってしまいます。

カジュアルファッションと合わせるなら、白の無地などでシンプルにまとめましょう。

落ち着いた配色の中にも、さりげなく華を添えたい場合は、ポケットチーフがおすすめです。

関連記事:ポケットチーフの着こなし方を知りたい方はこちら
結婚式でお洒落に決まるポケットチーフの折り方と着こなし方

・お好みの色柄のシャツ × アスコットタイ

ノーネクタイでは胸元が寂しいと感じられている方は、アスコットタイを取り入れてみてはいかがでしょうか?

アスコットタイとは、スカーフのような幅広のネクタイのことです。

主にフォーマルシーンで使われていますが、写真のようにシャツの首元にたくし込めば、カジュアルな着こなしになります。

さまざまな色や柄のアスコットタイが販売されているので、お好みのシャツと組み合わせ、お洒落の幅を広げてみてくださいね。

3. こだわりの一着が欲しい方に

ここまでドゥエボットーニの魅力をお伝えしましたが、

「もっと自分の体型にあったシャツが欲しい。」

「色や素材にまでこだわって、自分好みのシャツが欲しいな。」

このようにお考えの方には、当サイトを運営する通販サイト「LaFabric(ラファブリック)」をおすすめいたします。

  • ドゥエボットーニ
  •  

LaFabricは、オーダーメイドのスーツやシャツを、一着からオンラインで注文できる通販サイトです。

最初に色と生地を選んだ後は、襟の形など細かなデザインも、自分好みにカスタマイズできます。ドゥエボットーニもオーダー可能です。

既製品ではないあなたのこだわりの一着を、ぜひオーダーメイドしてみてください。

ドゥエボットーニをオーダーしてみる

4. まとめ

今回はドゥエボットーニの特徴や、定番のコーディネートをご紹介しました。

ドゥエボットーニを着こなすポイントは次の通りです。

・目上の人や初対面の人と会う時には、ネクタイを締めて着用する。
・ビジネスシーンで着る時は、白やサックスブルーなど定番の色を選ぶ。

ドゥエボットーニはクールビズ用のシャツとしてだけでなく、スーツに合わせてタイドアップしても魅力的なシャツです。

プライベートやビジネスを問わず活躍してくれるので、ぜひ、さまざまな場面でドゥエボットーニを取り入れてみてくださいね。

ドゥエボットーニをオーダーしてみる