薄毛の治療に踏み切りたいけれど、「治療法がいろいろあって、どれが良いのか分からない・・・」と、悩んでいませんか?

ここでは、

  • 薄毛治療に携わる専門家への聞き取り
  • 薄毛治療の経験者100人へのアンケート
  • 薄毛治療に関する論文・ガイドライン

をもとに、薄毛治療の効果から最新の治療法まで、体験談を交えながら分かりやすく解説します。

ご紹介する治療法ごとの施術方法費用治療期間などを比較して、自分に合った方法を選んで、早く薄毛を治しましょう。

(※この記事は、2018年7月時点の情報を参考にしています。)

1. 薄毛治療の種類と違い

  • 薄毛,治療

薄毛の多くはAGAといわれる男性型脱毛症で、体内で分泌される「テストステロン」という男性ホルモンが、脱毛を促すことが原因です。

こうした薄毛の治療が可能になったのは、2005年に日本で初の治療薬ができてからです。

その後、新たな治療法が次々と開発され、現在は飲み薬を含めて次のようなさまざまな方法で治療ができるようになりました

今回は、これらの全薄毛治療法を取り上げ、効果費用施術方法などを詳しく解説します。

※ 今回は、冒頭で挙げたAGAの治療法を中心に取り上げています。AGA以外の脱毛症や薄毛の治療法が知りたい方は「Q1. 薄毛治療はだれでも受けられる?」で詳しく解説しています。

1-1. ベースとなる投薬治療

  • 薄毛,治療

まずご紹介する治療法は、最も一般的な「投薬治療」です。

薄毛というと『外側からの治療』を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、前章でも述べたように薄毛の主な原因は体内で作られる脱毛ホルモンです。

また、加齢や生活習慣に伴う血流の悪化や毛を作る細胞の弱体化も、薄毛を進行させる要因です。

そのため薬によって、こうした薄毛の原因を体の内側から改善していきます

以下に、投薬治療の種類をまとめます。

投薬治療の種類

①脱毛を防ぐ「守り系の薬」
剤型:飲み薬
代表的な薬名:プロペシア、フィナステリド錠、ザガーロなど
服用回数:1日1回
治療期間:6ヶ月~1年以上※効果が持続するのは服用期間のみ
費用:4,000~10,000円/月
服用NG:女性、20歳未満、肝機能障害(要相談)


②発毛を促す「攻め系の薬」
剤型:飲み薬、塗り薬
代表的な薬名:ミノキシジルタブレット、ロゲインなど
服用回数:1日1回(外用薬は1日2回)
治療期間:3ヶ月~半年以上※効果が持続するのは服用期間のみ
費用:5,000~10,000円/月
服用NG:20歳未満、人工透析中、心機能・腎機能障害、降圧薬服用中

治療効果を高めるために、多くの場合は「①守り系の薬」と「②攻め系の薬」の併用が勧められます

また、上記の薬に栄養成分などをプラスした「病院のオリジナル薬」を使う場合もありますが、高い効果が期待できる反面、費用は一般薬に比べて割高です。

では、実際に投薬治療を受けた方の体験談をご紹介します。

◆「投薬治療」の体験談

薄毛,治療
半年後には「髪が濃くなったね」と言われるくらいに!
治療内容:プロペシア、ミノキシジルタブレット

3ヶ月ほど経った頃に、髪にハリやコシが出て、髪質が良くなったような効果を感じました。 以前は全体的に薄かった髪が、濃くなっているという感じです。半年経った頃には、周りの人から「髪の毛が濃くなったね」と言われるように。 以前はなんだか産毛のようで頼りない毛でしたが、今ではしっかりとしていて強い手触りになっています。(40代・男性)

薄毛,治療
ふにゃふにゃだった毛が太くしっかりして、頭頂部の薄毛が改善しました
治療内容:ザガーロ、ミノキシジルタブレット
6ヶ月ほどで頭頂部に明らかに変化が出てきました。それまでは、ふにゃっとしていて少し髪を引っ張っただけで抜けるような状態だったのですが、髪にコシが出て、少し引っ張ったくらいでは抜けなくなりました。家族からも頭頂部の髪が増えたと言われ、本当に治療を受けて良かったと思いました。(30代・男性)
薄毛,治療
抜け毛も減り、薄毛の進行が抑えられています
治療内容:プロペシア
私の場合は薄毛はそこまで進行していなかったのですが、予防目的で治療を始めました。服用を始めて4ヶ月〜半年くらいで、洗髪時の抜け毛が明らかに減った実感がありました。ずっと気になっていた、おでこの生え際の後退スピードが緩やかになり、少し毛量も増えたように感じて嬉しいです。(20代・男性)
薄毛,治療
隙間が見えて悩んでいたM字部分に毛が生えて、ヘアセットにも自信がもてます
治療内容:プロペシア、ミノキシジルタブレット、注入治療
M字部分の薄毛が特に気になっていましたが、2ヵ月ほどで短くて薄い産毛がたくさん生え、4ヶ月経った頃にはしっかりコシのある毛になりました。月によって注入治療を加えたため治療費はそれなりにかかりましたが、効果が実感できたので高いとは思いません。ヘアセットをしていても隙間が見えづらくなりました。(20代・男性)

1-2. 効果を高める注入治療

  • 薄毛,治療

2007年頃から行われるようになったのが、頭皮に育毛・発毛成分を直接注入する「注入治療」です。「毛髪再生治療」「グロースファクター再生療法」とも言われます。

使われる薬液に、毛根や頭皮の細胞を再生させる「成長因子(グロースファクター)」という成分が含まれるのが特徴です。

ただし注入治療のみを行うことは少なく主に、「投薬治療でなかなか効果が出ない」「より確実に効果を出したい」ケースに対する補助的な治療として選択されます。

注入治療は主に、「使われる薬剤の配合成分」によって次の2種類に分かれます。

注入治療の種類

①育毛メソセラピー/毛髪再生メソセラピー
使用する薬液:数種類の成長因子を含む、病院や製薬会社のオリジナル薬液
治療回数と期間:1クール6~16回(月に1~4回の施術)で半年程度
費用:1クール12~80万
副作用:薬液の成分に対するアレルギー症状
NGな人:産毛すら残っていない状態(毛根が死滅しており効果が出ない)、妊娠・授乳中、悪性腫瘍の既往(完治からの年数による)


②HARG(ハーグ)療法
使用する薬液:150以上の成長因子と栄養分などを配合したHARG専用の薬液
治療回数と期間:1クール6~10回(月に1~4回の施術)で半年~1年
費用:1クール90~120万
副作用:なし(HARGカクテルにはアレルギー成分は含まれないため)
NGな人:産毛すら残っていない状態(毛根が死滅しており効果が出ない)

「①育毛メソセラピー/毛髪再生メソセラピー」に比べて薬液中の成長因子の数が多い「②HARG療法」は高い効果が期待できる分、費用も高額になります

また注入治療は、注入の仕方もさまざまあります。病院によって扱う方法が異なるので、チェックしておくと良いです。

  注入方法 痛み
パピューレ法 注射器
(頭皮の深い部分に指す)
あり
エレクトロポレーション 電気刺激 なし
フラクショナル
レーザー法
レーザー なし
ダーマローラー法 針付のローラー ややあり
ノンニードル法 メドジェット
(炭酸ガス)
なし
ナパージュ法 注射器
(頭皮の浅い部分に指す)
ややあり
ハイジェッタ 自動注入器 ややあり

では、実際に注入治療を受けた方の体験談をご紹介します。

◆「注入治療」の体験談

薄毛,治療
3ヶ月で感じた効果の即効性に驚きです
治療内容:育毛メソセラピー
今までいろんな薄毛治療をしてきましたが、なかなか効果が現れずメソセラピーを試すことに。始めてすぐに毛根がしっかりとして、ペシャンコだった髪がふっくらとしてきました。 治療を始めてから3ヶ月ほどと、思ったより早く発毛効果を感じることができて驚いています。しかも内服薬と違って副作用も特にありませんでした。(50代・男性)
薄毛,治療
反応しづらいと言われたM字部分にもちゃんと生えました
治療内容:育毛メソセラピー
痛いのが苦手だったので、レーザーと超音波の施術ができる病院を選びました。本当に痛くなくてとても満足しています。また私は6回のコースを選んだのですが、通院が月に1回程度なのでとても楽でした。効果については、6ヶ月目くらいになると最初とは別人のように髪が増えました。M字の部分は反応しづらいということだったのですが、私はうまく反応して生えたのでとても満足しています。(30代・男性)
薄毛,治療
治療後も発毛状態が継続するのが良い
治療内容:HARG療法
HARGを選んだのは他の治療と違い、治療が終了しても発毛状態が持続されるという説明を受けたからです。根本的な治療方法と感じました。1回の治療も長くて20分、心配していた痛みもありませんでした。治療開始後1ヵ月で発毛したので驚きです。私はアレルギー体質なのですが、HARGカクテルはアレルギー物質を一切含んでいないので、副作用もなく安心して受けられました。(50代・男性)
薄毛,治療
内服薬で副作用が出てたのでHARGに切り替えました
治療内容:HARG療法
「ミノキシジル」と「プロペシア」の併用による薄毛治療を行っていた際に、ミノキシジルの副作用が出てしまい服用が難しくなったため切り替えました。HARG療法は、他の治療法より早く、4ヶ月ほどで発毛効果が実感できたので感激しました。ただ毛の細胞が死滅していると大きな効果が期待でないということで、効果が出るまでは発毛するか分からず少し不安でした。(20代・男性)

1-3. 薄毛を根本的に克服できる自毛植毛

  • 薄毛,治療

ここまでにご紹介した投薬治療や注入治療は、「薄毛部分に産毛すらない=毛根が死滅している」と、効果が望めません

そういったケースにも効果が期待できる方法が、ここでご紹介する「自毛植毛」です。

自毛植毛
方法:自身の毛根を薄毛部分に移植する
治療回数:1回(手術時間は平均6時間、日帰り手術)
費用:100万円程度(基本治療費20万+移植範囲により変動)
治療期間:手術後約1年で新しい毛が生えそろう
NGな人:移植元となる毛がない、糖尿病(術式によっては可能)、皮膚疾患や瘢痕がある(移植時期を要相談)、精神疾患

治療費は高額ですが施術は1回で済むため、通院の手間を省きたい人にもおすすめです。
※望む頭髪の密度によっては複数回の施術が必要。

また主に、移植元の採取方法によって術式が以下2つに分かれます。

自毛植毛の術式

  メスを使う「FUT」術 メスを使わない「FUE」術
方法

メスで後頭部を切開して頭皮ごと移植毛を採取する
名称例)ドナーストリップ法、FUSSなど

メスを使わずに移植毛を1株ごとパンチでくり抜く
名称例)オムニグラフト、ARTAS、SAFE、MIRAI法など
メリット ・後頭部に線傷は残るが、移植元の採取量に左右されない
FUEより低価格(70~100万円)
広範囲の移植に向いている
・移植数が少なければ、後頭部の傷は目立たない(術後の髪型を選ばない)
術中や術後の痛みがFUTより少ない
・後頭部を刈り上げずに手術する方法もある
デメリット ・後頭部に線傷が残るため、将来的に後頭部を短髪にしたい人は傷が目立つおそれ
・手術時の痛みがある
・広範囲の移植には向かない(くり抜く際に毛が切れて移植に使えなくなる可能性が高いため)
移植範囲が広いと、FUTより傷跡が目立つ
FUTより高額(90~140万円)

それぞれメリットとデメリットがあるので、ご自身の希望と併せて検討してみてください。

では、実際に自毛植毛を受けた方の体験談をご紹介します。

◆「自毛植毛」の体験談

薄毛,治療
生え際が自然にボリュームアップ!やって本当に良かったです
治療内容:自毛植毛(FUE)
生え際が大きく後退しているのに不安を感じて植毛をしました。ARTAS植毛は、デジタル画像をコンピューター処理して、高度なロボットアームでミクロレベルで植毛します。そのためバランス良く採取ができるので、傷が小さくほとんど目立たずにできたのが良かったです。気になっていた前髪は自然な感じでボリュームが増えて、本当にやって良かったと思います。(30代・男性)
薄毛,治療
M字が治って20歳くらい若返りました
治療内容:自毛植毛(FUT)
生え際に植毛しました。1000株植毛しましたが、M字の薄毛が20代の頃のように埋まりました!費用は76万と高額な手術となりましたが、植毛の仕上がりに十分満足です。ただ、採取部の傷口が思っていたより目立つので、特に髪の毛が伸びて傷口が隠れるまでの間は気になりました。(40代・男性)
薄毛,治療
費用はかかりますが、それだけ満足度も高いです
治療内容:自毛植毛(FUE)
薄毛だった部分がピンポイントで埋まりました。これまでいろんな治療法を試してきたので、確実に生えるという点と仕上がりにはかなり満足です。また私は500グラフトと比較的、少ない移植数だったので傷跡も目立ちません。術後の痛みなどについて、ネットを見るとかなり不安でしたが、自分はさほどひどい痛みはなかったです。お金はかかりましたが、自分に自信がもてるようになりました。(30代・男性)
薄毛,治療
カッパレベルの薄毛でもフサフサになりました
治療内容:自毛植毛(FUT)
カッパのようにほとんど毛が生えてなかった頭頂部ですが、1500グラフトと多く植毛したおかげで、フサフサになりました。 定着率も高く、薄毛が進行する前と同じくらいの量に戻っています。ただ後頭部から多く毛を採取したので、採取した部分の傷跡が目立ってしまっているのが気になります。(30代・男性)

1-4. 新技術を使った薄毛の最新治療

  • 薄毛,治療

これだけ薄毛の治療法があっても、人によっては効果が出なかったり、持病などで受けられる治療がなかったりすることもありますよね。

そこでここでは、まだ扱う病院は少ないものの、これまでにない技術を用いた最新の薄毛治療法をご紹介します。

いずれも、既存の治療法より高い効果が期待できると話題の方法ですよ。

薄毛の最新治療

①LED照射
・投薬や注入、植毛などメインとなる治療効果を高めるのに行う補助的治療
低出力レーザーを頭皮に照射して、発毛を促進する
・費用は1回の施術で5,000円ほど


②ヘアフィラー
・最新の注入治療の一つで、メソセラピーなどに使われる成長因子より純度の高い「ペプチド化合物」を薬液に使うのが特徴
・施術回数は4~12回、治療終了までは2ヶ月~半年
・費用は全施術回数で20~60万円


③PRP毛髪療法
・最新の注入治療の一つで、薬剤ではなく自身の血液から採取した成長因子を使うのが特徴
・薬剤を使うのに比べて副作用のリスクが格段に低い
・施術回数は2~6回、治療終了までの期間は平均して半年
・費用は全施術回数で平均20~40万円

では、実際に最新治療を受けた方の体験談をご紹介します。

◆「最新治療」の体験談

薄毛,治療
投薬治療と一緒に行い、半年で増毛を実感しました
治療内容:LED照射
体への負担が少なく、何より楽という点で選びました。それまで育毛剤やウィッグを使ったこともあったのですが、セルフケアが面倒くさくなり途中で断念。
投薬治療と併せてLED照射を始めて大体半年経つのですが、家族からは髪の毛ちょっと増えた?などと嬉しい言葉をかけられます。何より自分自身でも、鏡を見て髪の毛の量が増えたことを実感できました。(30代・男性)
薄毛,治療
40万円近くの治療費も気にならない発毛レベルの高さです
治療内容:ヘアフィラー
過去にさまざまな飲み薬やAGA治療をしても効果があまりなかったので、新しい治療法を試そうとヘアフィラーを受けました。4回目の治療を終えたあたりから、発毛を感じ始め現在では、最強の発毛効果と言われているとおりの発毛を実感できました。計8回の治療で40万円近くの治療費がかかりましたが、実際に生えてくると値段は気になりませんでした。(20代・男性)
薄毛,治療
短期間で薄毛の改善を実感できました
治療内容:PRP毛髪療法
市販の育毛剤で効果がなく薄毛を諦めかけていましたが、 結婚式を機に一生のものだからと、早く効果が出ると口コミにあった「PRP毛髪療法」を選びました。3〜4ヶ月程で抜け毛が少なくなり、だんだんと髪が濃くなってきたのを実感できました。治療では自分の血液から取り出したPRPを投与するので、他の薬品を投与するより安心して治療を受けることができました。(20代・男性)

こうした最新治療を扱う病院が多い東京のクリニックを「AGAを東京で治療できるおすすめクリニックランキングTOP5」でご紹介していますので、チェックしてみてください。

2. 自分に合った薄毛治療の選び方

  • 薄毛,治療

ご紹介したように薄毛の治療法はさまざまあるため、どの治療が自分に適切なのか分からず、困ってしまいますよね。

自分に合った治療の選び方は、以下の3つのポイントで選びましょう。

それぞれ、詳しくご説明していきます。

①現在の薄毛の進行度と望む改善度

  • 薄毛,治療

治療効果は「投薬治療<注入治療<自毛植毛」の順に高くなります

そのため、

  • 薄毛が進行している
  • 高い改善度を望む

といった方ほど、治療効果の高い方法を選ぶと良いです。

進行度と望む改善度に合った治療法

進行度:脱毛箇所がない
目的:進行予防
▶投薬治療

進行度:脱毛箇所があるが産毛は生えている
目的:進行予防
▶投薬治療

進行度:脱毛箇所があるが産毛は生えている
目的:毛を生やすこと
▶投薬治療or投薬と注入の併用

進行度:脱毛箇所があり産毛もない
目的:毛を生やすこと
▶自毛植毛

②治療にかけられる費用と期間

  • 薄毛,治療

「投薬治療<注入治療<自毛植毛」の順に、治療費用は高く、治療期間は短くなります

以下を目安に、ご自身の予算かけられる治療期間に合った方法を選んでください。

予算とかけられる期間に合った治療法

費用はかけられないが時間はかけられる
▶投薬治療

ある程度の費用をかけてできるだけ短期間で効果を出したい
▶投薬治療と注入治療の併用

費用をかけても良いが何度も通院したくない
▶自毛植毛

③持病や体質

  • 薄毛,治療

最後は、持病や特異な体質がある方は注意したい治療法をまとめました。

以下にあてはまる方は、治療法が限られるおそれがありますので、事前に医師に相談するようにしましょう。

治療の選択に注意が必要な持病と体質

腎臓や心機能に持病がある
▶投薬治療、自毛植毛、LED照射ならOK

糖尿病
▶自毛植毛とヘアフィラー以外ならOK

妊娠中・授乳中
▶メソセラピー、HARG、LED照射、自毛植毛ならOK

3. 薄毛治療を受けるならどこが良い?

  • 薄毛,治療

薄毛の治療が受けられる病院は、主に次の3つがあります。

薄毛治療ができる病院

①一般病院の皮膚科
…複数の診療科がある診療所やクリニック、総合病院など

②美容皮膚科/美容外科/形成外科
…薄毛を含む美容医療(脱毛やシミ除去など)を扱う病院

③AGA専門クリニック
…AGAのみを治療する専門病院で、「AGA治療専門」「薄毛治療専門」と記載がある

ただし、皮膚科は投薬治療に限定されるため、注入治療や自毛植毛を希望する方は美容皮膚科や専門のクリニックを選びましょう

関連記事:薄毛治療ができるクリニックがさらに知りたい方はこちら
AGAクリニックランキング2018|薄毛の悩みを解消するおすすめ5選

4. 薄毛治療のQ&A

  • 薄毛,治療

最後に、薄毛治療に関する5つの疑問にお答えします。

どれも薄毛治療を始める方に役立つ情報ばかりですので、気になる質問からチェックしてみてくださいね。 

Q1. 薄毛治療は誰でも受けられる?

  • 薄毛,治療

A. AGA以外の薄毛の場合は、ご紹介した投薬治療を受けられないことがあります。

特に、「1-1. ベースとなる投薬治療でご紹介した内服薬や外用薬は、AGAのみに効果を発揮する薬です。

そのため、AGA以外の脱毛症や薄毛の場合、それぞれの症状に合った治療薬を使う必要があります。

特にAGA専門クリニックでは、AGA以外の薄毛や脱毛症は治療できないケースがあるため、事前に病院HPをチェックしておくと安心です。

また、自分がAGAかどうか判断したい方は、AGAとは?薄毛改善のために知っておきたい原因と対処法を徹底解説のチェックリストを参考にしてください。

Q2. 薄毛治療に保険は効くの?

  • 薄毛,治療

A. 薄毛治療には保険は効かず、全額自己負担の自由診療になります。

薄毛治療にかかる費用が一般的な病気やケガの治療費よりも高額なのは、健康保険が適用外の自由診療だからです。

薄毛治療は命に関わるものではないので、保険が適用されず、全額自己負担になってしまいます。

また、基本的に医療費控除も適用されません。

ただし、

  • 全身の疾患
  • 精神的な疾患

など、病気がきっかけで薄毛が進行してしまった場合は、例外的に医療費控除の対象になるケースもあります。

「自分の薄毛は、他の病気が原因のものかも知れない・・・」という方は、確定申告などの手続きを行う税務署に問い合わせてみましょう。

  • 確定申告の申請用紙
  • 領収書
  • 源泉徴収票
  • 口座情報

税務署に問い合わせて医療費控除の対象となった場合は、これらの書類を用意して、忘れずに申請を行うようにしましょう。

Q3. 治療費を一括で支払えない場合は?

  • 薄毛,治療

A. 分割対応やクレジットカード払い、医療ローンが組める病院を選びましょう。

前述の通り、薄毛治療は全額自己負担のため、一度に多くの金額がかかってしまいます。

しかし現在では、

  • 分割払い
  • クレジットカード払い
  • 医療ローン

といった支払い方法もあり、一度にまとまった金額を支払うことが難しい方でも、薄毛治療を始めることができます。

ただし、「分割支払い」や「医療ローン」に対応している病院は限られているので、必ず病院のHPで支払い方法を確認してください。

Q4.「植毛」と「増毛」は、何が違うの?

  • 薄毛,治療

A.「植毛」が毛根を移植して毛を生やすものなのに対し、「増毛」はいまある毛に人工的な毛を結びつけて毛を増やします。

増毛は、人工的な毛をいま生えている毛に結びつけるため、

  • いま生えている毛に負担がかかる
  • 脱毛箇所には毛を結ぶことができない
  • 定期的なメンテナンスが必要

といったデメリットが考えられます。

植毛が一度の治療で完了するのに対し、増毛は地毛が伸びると施術し直さなければならないため、長期的に費用がかかります

これらの理由から、増毛は薄毛の根本的な解決にはならないためおすすめできません。

Q5. 病院に通わなくてもできる薄毛対策はある?

  • 薄毛,治療

A. 育毛剤や発毛剤の使用を検討してみてください。

「定期的に病院に通うのは面倒」
「あまりお金をかけずに薄毛を治したい」

といった方には、手軽に薄毛対策ができる育毛剤や発毛剤の使用をおすすめします。

治療に比べて即効性はありませんが、日々のケアとして継続すれば6ヶ月ほどで、

  • 抜け毛の減少
  • 毛のハリやコシが出る

といった変化が出て、さらに続けることで薄毛の改善効果が期待できます。

関連記事:
・おすすめの育毛剤について知りたい方はこちら
育毛剤おすすめランキング2018|市販でも買えて効果を実感できる人気17選
・発毛剤について知りたい方はこちら
発毛剤とは?育毛剤との違いからみる効果とおすすめ商品5選

5. まとめ

いかがでしたか?

薄毛治療の種類と違いをもう一度、まとめます。

薄毛治療の種類と違い

投薬治療
・「脱毛を防ぐ薬」と「発毛を促す薬」の2種類がある
・服用期間中は効果が持続する(効果が出るのは平均6ヶ月くらい)
・費用相場は4,000~10,000円

注入治療
・頭皮に育毛・発毛成分の入った薬液を注入する
・1クール6~16回の施術で、治療期間は半年~1年くらい
・費用相場は20~120万円

自毛植毛
・自身の毛根を薄毛部分に移植する外科手術
・1回の施術後、約1年で効果が現れる
・費用は100万円程度

どの治療法も、ある程度の費用負担と手間は必要です。

ご自身のライフスタイルやご予算を考慮して、納得できる治療法を選んでくださいね。

他のAGAの記事を見る