AGA治療を受けてみようと思っても、少し調べると出てくるのは決して安くない治療費です。

それだけの金額を払う価値が本当にあるのか、しっかり確かめてから治療に踏み切りたいですよね。

そこでこの記事では、

  • クリニックへの実地調査
  • AGA治療経験者へのアンケート
  • 薄毛治療に関する学会・論文調査

をもとに、日々進歩し普及するAGA治療の基本から最新情報をまとめました。

AGA治療がどんなものか分かれば、不安なく自分に合った薄毛対策を選ぶことができますよ。

(※この記事は、2018年5月時点での情報を参考にしています。)

1. AGA治療で薄毛は治る?

虫歯や骨折など聞き慣れた治療に比べて、まだまだ馴染みのないAGA治療。

「治療の効果はどれくらいあるの?」
「どんな治療をするの?痛いのかな・・・」

と、不安に思うことがたくさんありますよね。

この章では、AGA治療の効果と主な治療方法をご紹介します。

そもそもAGAとは?
AGAとは「男性型脱毛症」といわれる進行性の薄毛で、男性の4人に1人が発症するといわれています。
 
以前は加齢現象の一つとして諦めるしかありませんでしたが、2005年に最初の治療薬が登場して、治療が可能になりました。
 
AGAの原因や症状などが知りたい方はAGAとは?薄毛改善のために知っておきたい原因と対処法を徹底解説で詳しく解説しています。

1-1. AGA治療の効果とは

今回、AGA治療の効果を調べるために編集部では、

  • 実際に治療を行うクリニックの症例調査
  • AGA治療経験者50名へのアンケート調査
    ※ カスタムライフ編集部実施「AGA治療経験者50名を対象とした調査(調査期間2018年3月)」

を行い、さまざまな治療実績を収集しました。

その結果、AGA治療では「目で見て分かるレベルの発毛・増毛効果」を得られることが分かりました

編集部のアンケート調査でも、約7割の方がこうした高い効果を実感しています。

◆AGA治療経験者の体験談

頭頂部の地肌が見えなくなりました
みんなの体験談
治療を始めてから1〜2か月ぐらいはほとんど効果が見られませんでしたが、その後徐々に効果が現れてきました。1年経つぐらいには、頭頂部の薄かった箇所はほとんど目立たず、地肌が見えないぐらいに毛量が増えました。(30代男性、治療期間1年)
半年くらいで毛が生えてきました
みんなの体験談
治療開始時はデコだけではなく、頭頂部も地肌が見えるくらい薄毛でした。まず3か月ほどで抜け毛が減り、半年ほどで頭頂部から次第に髪の毛が生えてきました。これほどまで効果があるとは思いませんでした。もう少し早い時期からAGA治療をしていたら良かったと後悔しています。(30代男性、治療期間1年)
頭頂部と側頭部は明らかに改善しました
みんなの体験談
治療して半年程で効果が見え始め、頭頂部と側頭部に関しては明らかに改善され、頭皮が透けなくなるまでになりました。しかし前頭部に関しては、少しは生えてきたものの、明らかな改善には至っていません。(20代男性、治療期間2年)
水に濡れなければ薄毛と分かりません
みんなの体験談
つむじ周辺の地肌が透けてましたが、治療1年ぐらいで地肌が見えていた部分がだいぶましになりました。しかし水に濡れたりすると、まだ薄毛だと分かる気がするので、治療は続けます。(20代男性、治療期間2年)

またAGA治療を専門に行う各クリニックが公表するデータでも、平均して8~9割の方が効果を実感しています。

効果が出ない人がいるのはどうして?
治療開始時の進行度や、また年齢によっては、高い効果が出ないケースもあります。
 
特に、
  • 毛のない箇所が広範囲
  • 40歳以上の人

の場合は、治療後も地肌が見える箇所が残ってしまうことがあります。

詳しくは「4. AGA治療を早く始めたほうが良い2つの理由」で解説していますので、気になる方は先にご覧ください。

1-2. AGAに効果的な治療法

AGA治療の基本は、投薬治療(飲み薬や塗り薬)です。

使われる薬は、基本的に医師の処方せんが必要で、薬局やドラッグストアでは手に入れることができません

その分、市販の育毛剤やサプリに比べて強い作用をもつため、毛を生やす効果があるのです。

治療に使われるのは主に、次の2種類の薬です。

AGAの治療薬

①発毛促進する塗り薬 / 飲み薬
薬名:
ミノキシジル
働き:髪を生やす原動力となる「成長因子(下記イラスト:」の分泌を促す


②脱毛ホルモンを抑制する飲み薬
薬名:
フィナステリド・デュタステリド
働き:脱毛ホルモンのもととなる「5-α還元酵素」と「テストステロン」の結合を阻害する

多くの場合、これら2種類の薬を併用した治療となります。

あくまで毛を生やすのはミノキシジルですが、抜け毛を抑制するフィナステリドやデュタステリドを加えることで、より効果的に薄毛が改善できます

そのため現状維持で良いという人は「フィナステリド・デュタステリド」のみの内服で十分です。

病院やクリニックによって、それぞれの薬を単独で処方するケースと、これらの薬に加えて栄養素などを独自調剤した病院のオリジナル薬を処方するケースがあります。

投薬だけではない、AGA治療の選択肢

基本は投薬治療ですが、「なかなか効果が出ない人」への補助的な治療として選択されるのが、

  • メソセラピー
  • HARG療法

といった、頭皮に直接、成長因子を注入する治療法です。

毛根に育毛・発毛成分を入れるため、真皮までしっかり成分が届くのがメリット。ただし、注入法によっては痛みを伴うのが難点です。

月に1回の施術相場は2~5万ほど。進行度や希望によって3~12回のコースが設けられています。

以下の別記事で、各治療法の効果や違いを詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

関連記事:
・投薬治療をさらに知りたい方はこちら「AGA治療薬の効果と副作用|全7種類の特徴と薄毛を改善する選び方」
・注入治療や植毛について知りたい方はこちら薄毛治療の種類と効果|飲み薬から再生療法・最先端治療まで全解説

2. AGA治療にかかる期間と費用

AGAの治療効果や内容が分かったら、次に気になるのが実際の治療期間やお値段ですよね。

ここでは受ける方が最も多い、内服治療の期間と費用相場をご紹介します。

AGA治療にかかる期間と費用

治療期間・・・6カ月~1年ほど(治療終了は個人の希望による)
⇒月1回の通院と毎日の内服

費用相場・・・約15,000~17,000円(初診時は+3,000~5,000円)
⇒上記はあくまで相場で、30,000~40,000円以上するところもある
脱毛予防薬のみの処方が多い一般皮膚科は約3,000~7,000円

AGA治療は始めてすぐに効果が出るものではなく、変化を感じるのは早い人でも6カ月ほど経った頃です。

また治療を続けているうちは、抜け毛抑制や発毛促進の効果がありますが、服薬を辞めれば効果はなくなり薄毛はまた進行します

そのうえで、治療期間の目途を立てると良いでしょう。

病院によって治療費は違うの?

保険が適応されないAGAの治療費は、病院やクリニックで自由に決めることができます。

となると、どのくらいの費用が妥当か難しいところですが、ポイントとしてはご自身の薄毛治療の目的から選んでみてください。

「将来の薄毛対策や進行予防」が目的
⇒脱毛抑制薬(フィナステリドなど)のみの処方
⇒価格帯は3,000~7,000円

「髪を増やす・生やすこと」が目的
⇒脱毛抑制薬+発毛促進薬の複数種類を処方
⇒価格帯は15,000~40,000円

これらは基本となる投薬治療の費用ですが、注入治療も行うプランの場合は、1回当たり約50,000円〜100,000円がプラスされます。 

AGA治療の費用については「AGA治療の費用相場は?1ヶ月にかかる費用と保険適用について解説」でも詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

3. AGA治療ができるところ

最近では某有名歌手がCMに出るなど、AGAクリニックが広く宣伝されるようになりました。

では実際、AGA治療はどこで受けられるのでしょう。AGA治療ができる(=治療薬が処方できる)ところは、次の3つがあります。

AGA治療ができるところ

AGAクリニック
⇒AGAのみを治療する専門病院
⇒HPに「AGA治療専門」「薄毛治療専門」と記載がある

美容皮膚科 / 美容外科 / 形成外科
⇒AGAを含む自由診療に特化した病院
⇒専門性は一般皮膚科とAGAクリニックの中間

一般病院の皮膚科
⇒複数の診療科のある診療所やクリニック、総合病院など
⇒保険診療をメインに扱うためAGA治療の専門性は低い

処方以外の治療(メソセラピーやHARG)ができるのは、AGAクリニックや一部の美容皮膚科などに限られます

特に一般病院の皮膚科は、脱毛予防薬(フィナステリド)のみの単剤処方しかできません

ただしAGAクリニックより低価格な料金設定なので、脱毛予防薬での現状維持が目的という方には良いでしょう。

AGAクリニックの選び方やおすすめ病院はAGAクリニックランキング2018|薄毛の悩みを解消するおすすめ5選をご覧ください。

治療薬を個人輸入する方法も

病院やクリニックで処方される治療薬は、個人輸入という方法で通院せずに手に入れることができます。

診察料がかからないので通院よりも安く済むことから、実際に利用している人は多いです。

ただし個人輸入は、副作用や偽造品といったトラブルが起きてもすべて自己責任になるため、厚生労働省でも、実際の被害事例を交えて注意喚起がされています(詳しくはこちら)。

4. AGA治療を早く始めたほうが良い2つの理由

それでもまだ、AGA治療を始めようか踏ん切りがつかない方もいるでしょう。

ですが、AGA治療においては早期対策がカギとなります。なぜなら、治療を始めるタイミングはとても大切で、得られる効果に影響するからです。

ここからは、AGA治療を早く始めるメリットをお伝えします。

①自己対策では薄毛を改善させるのは難しいから

AGA治療を早く始めたほうが良い理由の一つは、AGAが何もしなければどんどん進行していくことにあります。

さらに市販の育毛剤やヘアトニックでできるのは、日々のヘアケア程度です。手軽に続けやすいため、髪質の改善にはなるかもしれませんが、薄毛の進行は止まりません

唯一、AGAの進行を止めて薄毛を改善できるのが治療薬です。

そのため、現状より髪を増やしたい・生やしたいと思うならば、自己対策ではなくAGA治療を早く始めるべきだといえます。

②早く始めるほど治療効果が出やすいから

AGA治療を早く始めた方が良いもう一つの理由は、放っておくと治療すら手遅れの状態になり得るからです。

AGA治療は、毛根がある(=生きている)ことが絶対条件です。

そもそもAGAは、一生に限られた回数しかない「毛1本1本の生え変わりの周期(ヘアサイクル)」が短くなることで進行します。

そのためもし、一生分のヘアサイクルが終わってしまった場合、毛根は死滅し働きを失います。

機能を失ってしまった毛根には、育毛成分や発毛成分は作用しません

毛根が残っているかどうかの目安は?

AGAの進行度は、大きく次の3つに分かれます。

▶レベル1
・ボリュームがなくなってきた、頭頂部が薄くなってきた
・生え際と頭頂部の薄毛が目立ってきた

▶レベル2
・毛のないところがはっきり分かる(ただ産毛はある)
・生え際から頭頂部の脱毛箇所がつながりそう / つながっている

▶レベル3
・脱毛部分に産毛すら生えていない(つるつるの状態)

AGAの治療効果が期待できるのは、「レベル2」に該当する薄毛までです。

レベル3の薄毛だと、すでに毛根が機能していない可能性が高くなり、診断結果によっては治療効果が期待できないケースがあります。

AGA治療が手遅れなケースには、脱毛箇所に薄毛でない箇所の毛根を移植する「植毛治療」や、「カツラの着用」が勧められます。

5. AGA治療に関するQ&A

ここでは、AGA治療のよくある5つの疑問にお答えします。

気になる質問からチェックしてみてくださいね。

Q1. AGAかどうか自分で知る方法はある?

A. 髪質と抜け毛の状態で疑うことができます。

AGAの多くは20代前半から30代で始まりますが、非常にゆっくり進んでいくため、変化に気付きづらいです。

次に挙げる状態が1つでも当てはまれば、AGAの可能性があります。AGAクリニックのカウンセリングや皮膚科への受診を検討してみてください。

AGAチェック!

✓ 側頭部や後頭部に比べて、頭頂部や前髪の毛にコシがない
分け目が広がって地肌が目立つ
1回のシャンプーで、排水溝に目立つくらいの抜け毛がある
枕に落ちる抜け毛が細く短い
生え際が以前より後退しているように感じる
ヘアセットがしづらくなってきた

またAGAの発症には、遺伝も一つの要因として影響しています。

可能性が高いのは母方の祖父が薄毛の場合。脱毛ホルモンに関係する体内酵素の量が母方の血縁から受け継がれるためです。

Q2. AGA治療薬ってやっぱり副作用あるの?

A. 発現率は1~2%ですが、医師のもとであれば副作用の出やすさを予測して処方を変えたり、万が一出たときにも迅速な対処がされるため、安心です。

副作用は、AGA治療薬に限らずどんな薬にも必ずあります。

AGA治療薬で起こり得る副作用の症状は、次のようなものが報告されています。

薬の種類 副作用の症状
ミノキシジル(外用) 頭皮の発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、熱感など
ミノキシジル(内服) 脱毛、発熱、吐き気、動悸、頭痛、嘔吐など
フィナステリド 性欲減退、勃起不全、肝機能障害
デュタステリド 勃起不全、性欲減退、精液量減少

出典:大正製薬株式会社「リアップX5プラスローション」添付文書.IONINE:Loniten (Minoxidil) 、Side effect rates for Loniten.MSD株式会社「プロペシア錠0.2mg/プロペシア錠1mg」添付文書.グラクソ・スミスクライン株式会社「ザガーロカプセル0.1mg/ザガーロカプセル0.5mg」添付文書.

ただし、いずれも発現率は1割前後と非常に稀です。

副作用の起こりやすさは、持病や体質などが関係するため、医師の診察のもと服用することで、リスクを減らすことができます。

こうした点でも、AGA治療は通院して受けることをおすすめします

関連記事:治療薬の詳しい副作用をもっと知りたい方はこちらAGA治療薬の副作用|男性機能などへの影響と安全な治療法を解説

Q3. 頭髪・頭皮サロンは病院と違うの?

A. 頭髪・頭皮サロンではヘッドスパなどリラクゼーション目的のケアしかできません。

『育毛サロン』と呼ばれる頭髪・頭皮サロンでは、医院やクリニックと違って医療行為は禁止されています

そのため育毛サロンは医師でなくてもできる、

  • ヘッドスパ
  • スチームケア
  • マッサージ

といったメニューが主です。

育毛サロンで得られるのは「気持ちよくなれる」「スッキリする」といった、いわゆる美容院と同じものです。

もちろん医師がいないため、診断や薬の処方もできませんし、そうした技術も持ち合わせていません

投薬処方をはじめ薄毛治療を受けたい人は、AGAクリニックや皮膚科などを受診するようにしましょう

増毛サロンでできる増毛法って?
育毛・発毛サロンのなかには、増毛を扱うところもあります。
 
増毛法は大きく次の3つに分けられます。
 
結毛式
⇒自毛に人工毛を結ぶ
⇒薄毛が目立ち始めた人が選ぶことが多い

編み込み式(スヴェンソン式)
⇒糸を編み込んで作った土台に、人工毛を編み込む
⇒広範囲に薄毛が広がっている人が選ぶことが多い


接着式
⇒人工毛のシートを頭皮に接着させる
⇒薄毛が目立つ部分にピンポイントに接着できる

 
1回の施術で明らかに髪が増える、自由に髪型を選べるのがメリットですが、定期的にメンテナンスが必要、自毛がダメージを受けやすいデメリットもあります。

Q4. 植毛はAGA治療に比べて高額なの?

A. 植毛費用は70~120万円。AGA治療に比べて高額です。

近年、話題の自毛植毛は、AGAの影響を受けていない頭皮を移植する外科手術で、一部のAGAクリニックや美容外科で受けることができます。

ただしAGA治療と同様、保険適応外のため費用は高額になります。

そのため医院によって費用にも差がありますが、

  • 頭頂部のみ(1000株)
    ...70万円ほど
  • 頭頂部から生え際(2000株)
    ...120万円ほど

が相場です。費用は内服治療に比べてかなり高くなりますが、一度移植が終わればその後は通院や投薬の必要はありません

毛根が機能せず治療ができない人や、通院の手間をかけたくない人は、植毛手術という方法もあります。

Q5. 無料カウンセリングって本当に無料なの?

A. カウンセリング料も医院が自由に決めるため、無料と書かれていれば費用はかかりません。

ほとんどのクリニックでは、無料カウンセリングを行っています。

カウンセリング内容は、

  • 専門カウンセラーによるAGA診断
  • AGAや治療薬についての詳細説明
  • 1ヵ月にかかる治療費の見積もり

など、AGAの基礎情報から実際の治療に関する情報まで幅広いです。

カウンセリングに行ったら治療を断れない、ということはありません。できれば何か所か行ってみて、費用や雰囲気などあれこれ比べてみると良いでしょう。

カウンセリングでチェックすべきポイントが知りたい方はカウンセリングはここをチェック!をご覧ください。

6. まとめ

いかがでしたか?AGA治療に関する不安や疑問は解決したでしょうか。

もう一度、AGA治療についておさらいしましょう。

AGA治療の効果

目で見て分かるほど「髪が生える・増える」

AGAの治療法

投薬治療が主(発毛剤と脱毛抑制剤の併用)

AGAの治療期間と費用

期間:6カ月~1年(治療終了は個人の希望による)
費用相場:約15,000~17,000円 / 月
※クリニックによっては30,000~40,000円以上するところもある
※一般皮膚科の相場は約3,000~7,000円

ご紹介した内容をもとに、ご自身が納得できる方法を選んでくださいね。


一部取材協力: 銀座総合美容クリニック

他のAGAの記事を見る