いつも観ているテレビ番組を、好きな場所で楽しめるのが魅力の「ポータブルテレビ」。

しかし、いざ購入を考えたときに 、

ポータブルテレビ

どうやって選べばいいんだろう?

と、多くのモデルを見て悩んでいませんか?

そこでこの記事では家電量販店のリサーチをもとに、編集部が厳選したおすすめのポータブルテレビ15選をご紹介します。

さらに、専門家によるポータブルテレビを選ぶポイントもご紹介するので、自分にぴったりの1台が見つかりますよ。

◆ この記事は専門家が全面的に監修しています

ポータブルテレビ
この記事の監修者
折原 一也(おりはら かずや)
オーディオ・ビジュアルライター
公式Twitterはこちら
PC系出版社の編集職を経て、オーディオ・ビジュアルライター/AV評論家として専門誌、Web、雑誌などで取材・執筆を行う。国内、海外イベント取材によるトレンド解説はもちろん、実機取材による高画質・高音質の評価も得意とする。2009年よりオーディオビジュアルアワード「VGP」審査員/ライフスタイル分科会副座長。

※この記事は2020年9月時点の情報を参考にしています。

1. ポータブルテレビの選び方は?

  • ポータブルテレビ

「どこでもテレビが観られる」というイメージが強いポータブルテレビですが、使用場所によって最適なタイプが分かれています。

この章では、自分の使用環境に合ったポータブルテレビを手に入れる方法をご紹介します。

ポータブルテレビ
テレビ専門家・折原さん

ポータブルテレビは、自宅に適した「分離型・屋外に適した「内蔵型から、自分に合ったタイプを選ぶのがポイントです。

 

さっそく、1つずつ解説していきます。

◆自宅で使うなら「分離型」

  • ポータブルテレビ

チューナーとモニター部が分かれており、高画質なフルセグ映像を楽しめるのが「分離型」のポータブルテレビです 。

  • 高画質な映像が楽しめる「フルセグ」対応
  • 大画面モニターで映像が見やすい
  • 衛星放送の視聴や録画機能、映像配信に対応

など高解像度の映像と優れた機能性がメリット。

ポータブルテレビ
テレビ専門家・折原さん

壁のアンテナ端子にチューナー部をつなぐ必要があるため、自宅での利用がメインとなりますが、その分大画面・高画質・高機能です。
そのため、自宅でキレイな画質でテレビを楽しみたい人におすすめのポータブルテレビです。

 

ポータブルテレビ
フルセグ・ワンセグの違いは?

ポータブルテレビのチューナーには、「フルセグ」と「ワンセグ」の2種類が存在します。

フルセグ
…受信エリアが狭く屋外では視聴できないが、最大で約207.4万画素(1920×1080)という解像度の高さが魅力。

ワンセグ
…最大で約7.7万画素(320×240)と解像度が小さいが、屋外でも視聴できる受信エリアの広さが魅力

両方とも地デジと同じ番組が視聴可能ですが、上記のように画質(解像度)や視聴できる場所に違いがあります。

◆屋外で使用するなら「内蔵型」

  • ポータブルテレビ

チューナーとモニター部が一体となっており、持ち運びがしやすいのが「内蔵型」のポータブルテレビです 。 

  • ワンセグ対応により外でもテレビ番組を視聴可能
  • 本体がコンパクトで持ち運びしやすい
  • 乾電池対応モデルもあるなど災害時にも便利

など、外に持ち運んで便利に使えるのがメリット。

ポータブルテレビ
テレビ専門家・折原さん

分離型よりも解像度は落ちますが、自宅以外でも電波を受信できるので屋外でテレビを楽しめます
そのため、アウトドアや車内でテレビを楽しみたい人におすすめのポータブルテレビです。

2. ポータブルテレビ選びで注目したい機能は?

◆防水機能

  • ポータブルテレビ

自宅用・屋外用どちらかのタイプを選んだら、次にチェックすべきなのが「防水機能」。

防水機能があれば、キッチンやお風呂場などの水回り・アウトドアで水場近くでも使用できるなど、ポータブルテレビの活躍場所はどんどん広がります。

防水の性能は「IPX」と呼ばれる規格で表され、後に続く数字が大きいほど水への耐性が強くなります。

ポータブルテレビ
テレビ専門家・折原さん

アウトドアやキッチンで使用するなら「IPX6以上」、お風呂場で使用するなら「IPX7以上」のモデルを選ぶと、水に濡れても安心して使えます。

◆視聴コンテンツが広がる便利機能

防水機能に加え、下記の便利な機能があればテレビライフはさらに充実します。

ポータブルテレビ録画機能

  • ポータブルテレビ

HDD内蔵・外付けHDD対応の機能があれば、テレビ番組の録画も可能。さらにチューナーが2つ以上あれば視聴中に裏番組や2番組同時録画もできます。

ポータブルテレビインターネット接続機能

  • ポータブルテレビ

YouTubeやNetflixなどの配信動画サービスやネットブラウザに対応していれば、スマホやタブレットのようにネット動画を楽しめます。
※主に分離型の機能となります

ポータブルテレビメディア対応

  • ポータブルテレビ

ブルーレイやDVDメディア、USBメモリやSDカードの読み込みに対応することで、動画再生や写真を楽しめるメディアプレイヤーとしても活躍します。

3. タイプ別|ポータブルテレビ15選

ここからは、専門家が厳選したおすすめのポータブルテレビ15選をご紹介します。

ポータブルテレビ
テレビ専門家・折原さん

前章のポイントをふまえ、
・お風呂/キッチン
・プライベートルーム
・アウトドア

のタイプ別に、おすすめのポータブルテレビをご紹介します。

ぜひ自分にぴったりの1台を選んでくださいね。

3-1. お風呂・キッチンにおすすめ5選

ポータブルテレビ

お風呂やキッチンで利用するポータブルテレビは防水対応がマスト
タッチパネル操作やネット動画配信サービス対応など、さらに便利に使える高機能モデルも登場しています。

防水&タッチパネル対応により、入浴中でも画面操作しやすいのがパナソニックの「UN-15N10」。

ポータブルテレビ

お風呂で迫力の大画面が楽しめる

ポータブルテレビのなかでは大型となる15V型モニター搭載で、お風呂にゆったり浸かりながら迫力ある映像を楽しみたい方にぴったり
YouTubeやHuluといった動画配信サービスの対応や外付けHDDによる録画が可能など、視聴できる映像コンテンツが充実しています。

ほかにも、ラジオや天気予報機能・カレンダー表示など、普段使いにも便利な機能が揃っています。

商品詳細

【メーカー】パナソニック
【公式サイト】https://panasonic.jp
【モデル】UN-15N10
【価格】57,600円(税込)
【画面サイズ】15V型

詳細を表示する
 

【防水機能】IPX6/7相当
【インターネット接続機能】〇:YouTube/Hulu/dTV/U-NEXT/DAZN/Paravi
【メディア対応】USB-HDD
【バッテリー持続時間】約3時間

◆プライベート・ビエラ UN-10E10

パナソニックの防水ポータブルテレビの中では、ベーシックモデルに位置する「UN-10E10」。

ポータブルテレビ

水回りのサブテレビにぴったり

10V型液晶の手頃なサイズで、防水リモコンも付属するベーシックタイプ。
リモコンは手が濡れていても操作ができるので、お風呂場での視聴はもちろん、水仕事をするキッチンでのサブテレビとしても活躍します。

また、本体にフックが掛けられる部分があり、スペースがない場所に設置しやすいのもメリットです。 

商品詳細

【メーカー】パナソニック
【公式サイト】https://panasonic.jp
【モデル】UN-10E10
【価格】34,800円(税込)
【画面サイズ】10V型

詳細を表示する
 

【防水機能】IPX6/IPX7相当
【インターネット接続機能】なし
【メディア対応】USB-HDD
【バッテリー持続時間】3時間30分

◆AQUOSポータブル 2T-C12AP

防水機能+撥水コーティングで、画面の汚れも落としやすいのがシャープの「2T-C12AP」。

ポータブルテレビ

本体操作も録画も1台でおまかせ

タッチパネル操作と500GBの内蔵HDDでの録画機能が魅力のオールインワンタイプの防水ポータブルです。
フック掛けも可能なハンドル付きスタンドや軽量ボディにより、持ち運びがスムーズにできるのもポイント。

また、軽量でありながら最長4時間30分視聴可能というバッテリー持ちの良さも魅力です。

商品詳細

【メーカー】シャープ
【公式サイト】https://jp.sharp
【モデル】2T-C12AP
【価格】31,260円(税込)
【画面サイズ】12V型

詳細を表示する
 

【防水機能】IPX6/7相当
【インターネット接続機能】◯:インターネットブラウザ
【メディア対応】USBハードディスク/USBメモリー
【バッテリー持続時間】  4時間30分

◆AQUOSポータブル 2T-C12AF

防水リモコン付属の、シャープ防水ポータブルテレビのベーシックモデルである「2T-C12AF」。

ポータブルテレビ

お手頃価格の防水ポータブル

2万円台前半からとリーズナブルな価格で購入できる防水ポータブルです。12V型液晶のコンパクトボディで、お風呂やキッチンに運びやすいサイズ感が魅力です。

 

また、音がこもりやすい浴室でも聞きやすい「フロントスピーカー」を採用しており、ドラマやバラエティなど会話が多い番組の視聴にもおすすめです。

商品詳細

【メーカー】シャープ
【公式サイト】https://jp.sharp
【モデル】2T-C12AF
【価格】22,674円(税込)
【画面サイズ】12V型

詳細を表示する
 

【防水機能】IPX6/7相当
【インターネット接続機能】なし
【メディア対応】USBハードディスク/USBメモリー
【バッテリー持続時間】3時間50分 

◆OVER TIME OT-WPT90AK

お部屋でも外でも便利に使える防水テレビが、ダイアモンドヘッドの「OT-WPT90AK」。

ポータブルテレビ

お部屋も外もコレ1台でOK

ポータブルテレビでありながら、フルセグ/ワンセグと切り替えられるのが特徴。Miracast対応のスマホと組み合わせることで、ネット配信動画サービスの視聴も可能です。
また、電波が受信できるお風呂やキッチンで使用する場合、本体にフックを引っ掛けて設置できるのも便利です。

さらに、車載用のカバーも付属するなど、屋外のさまざまなシーンで使いやすい1台となっています。

商品詳細

【メーカー】ダイアモンドヘッド
【公式サイト】https://roommate.life
【モデル】OT-WPT90AK
【価格】12,887円(税込)
【画面サイズ】9V型

詳細を表示する
 

【防水機能】IPX5相当
【インターネット接続機能】◯:WiFi/Miracast
【メディア対応】USBメモリー
【バッテリー持続時間】1.5時間

3-2. プライベートルームにおすすめ5選

ポータブルテレビ

屋内のプライベートルームで利用するなら、据え置きテレビ感覚で使える大きめな画面がおすすめ
DVDやブルーレイ再生、配信映像にも対応していると映像コンテンツの幅が広がります。

◆プライベート・ビエラ UN-15TD10

防水・録画・メディア対応で、視聴できる映像コンテンツが豊富なパナソニックの「UN-15TD10」。

ポータブルテレビ

ハイスペックな室内ポータブル

15V型モニターの大画面にタッチパネルを搭載、チューナー部でブルーレイ/DVD再生ができるなどオールインワンのエンタメモデルです。
さらには、YouTube、Huluなどネット動画配信サービスにも対応しており、持ち運べる防水小型テレビとして活躍すること間違いありません!

また、置いて充電できる「充電台」付属により、端子を開け閉めする手間が少ないのもメリットです。

商品詳細

【メーカー】パナソニック
【公式サイト】https://panasonic.jp
【モデル】UN-15TD10
【価格】74,942円(税込)
【画面サイズ】15V型

詳細を表示する
 

【防水機能】IPX6/IPX7相当
【インターネット接続機能】〇:YouTube/hulu/dTV/U-NEXT/DAZN/Paravi
【メディア対応】USB-HDD/USBメモリー
【バッテリー持続時間】3時間

◆プライベート・ビエラ UN-19FB10

さまざまな映像コンテンツを、迫力の大画面で楽しめるのがパナソニックの「UN-19FB10」。

ポータブルテレビ

持ち運べる本格派の大画面モデル

ポータブルテレビでは最大サイズとなる19V型モニターにYouTubeやNetflixといったネット動画配信サービスまで対応の本格派モデル。
家庭内で持ち歩ける動画配信サービス用大画面テレビとしても活躍します。

 

また、19V型という大画面を生かして、アンテナ端子がない小さなお部屋のメインテレビとして使うのもおすすめです。

商品詳細

【メーカー】パナソニック
【公式サイト】https://panasonic.jp
【モデル】UN-19FB10
【価格】49,800円(税込)
【画面サイズ】19V型

詳細を表示する
 

【防水機能】なし
【インターネット接続機能】〇:YouTube/NETFLIX/hulu/dTV/U‐NEXT/DAZN/Paravi
【メディア対応】USB-HDD
【バッテリー持続時間】3.5時間

◆プライベート・ビエラ UN-19F10

テーブルの上などに置いて気軽に大画面を楽しめるのがパナソニック「UN-19F10」。

ポータブルテレビ

軽量の大画面ポータブルテレビ

19V型の大画面でテレビ視聴が快適にできるのはもちろん、HDMI入力端子が付いているので、ゲーム機用の小型モニターとしても最適です。
持ち運びはもちろん、据え置きテレビ感覚で便利に使用できます。

 

バッテリー非搭載のためコンセントにつなぐ必要がありますが、その分同サイズのポータブルテレビより軽く持ち運びしやすいのもメリットです。 

商品詳細

【メーカー】パナソニック
【公式サイト】https://panasonic.jp
【モデル】UN-19F10
【価格】35,800円(税込)
【画面サイズ】19V型

詳細を表示する
 

【防水機能】なし
【インターネット接続機能】なし
【メディア対応】USB-HDD
【バッテリー持続時間】バッテリー非搭載

◆AQUOSポータブル 2T-C16AP

シャープの調理家電とインターネットで連携できるなど、個性的な機能があるのが「2T-C16AP」。

ポータブルテレビ

持ちやすい軽量タッチパネルモデル

モニター部分が約1.4kgと、プライベートルームからお風呂まで、家中のさまざまな場所に持ち運べる16V型のポータブルテレビです。
タッチパネル操作対応なので、タブレットのように手にとって操作できるところもメリット。小さなお子さまがいる家庭にもおすすめです。

また、HDDを内蔵しており、チューナー数も2つあるため、番組を観ながら裏番組の録画も可能です。

商品詳細

【メーカー】シャープ
【公式サイト】https://jp.sharp
【モデル】2T-C16AP
【価格】36,432円(税込)
【画面サイズ】16V型

詳細を表示する
 

【防水機能】IPX6/7相当
【インターネット接続機能】◯:インターネットブラウザ
【メディア対応】USBハードディスク/USBメモリー
【バッテリー持続時間】 2時間40分

◆OVERTIME OT-PT121K

内蔵型でありながら、フルセグ/ワンセグどちらも視聴できるダイアモンドヘッドの「OT-PT121K」。

ポータブルテレビ

内蔵型で大画面フルセグを楽しめる

内蔵型ポータブルテレビのなかでも大画面となる12.1インチで、HDMI端子も搭載しているのでゲーム用モニターとしても最適。
1万円台前半という価格で、USBメモリーや外付けHDDを使って地上波の録画にも対応するなど、コスパの高いポータブルテレビです。

 

フルセグ/ワンセグの切り替えは自動で行われるなど、面倒な設定がないのも魅力の1つです。

※内蔵型アンテナを使用するため、室内の電波強度によっては映像が視聴できない可能性もあります
エリアの電波強度を確認する方法は? 

商品詳細

【メーカー】ダイアモンドヘッド
【公式サイト】https://roommate.life
【モデル】OT-PT121K
【価格】11,047円(税込)
【画面サイズ】12.1V型

詳細を表示する
 

【防水機能】なし
【インターネット接続機能】なし
【メディア対応】USB-HDD/USBメモリー
【バッテリー持続時間】2時間

3-3. アウトドアにおすすめのモデル5選

ポータブルテレビ

アウトドアでは、持ち歩きのしやすさやバッテリー持続時間がポイント
ラジオや乾電池駆動、手回し充電など防災アイテムとしての機能もあるといざというときに便利です。

◆OVERTIME OT-PT302K

ポケットサイズで、災害時の非常用テレビとしても優秀なダイアモンドヘッドの「OT-PT302K

ポータブルテレビ

持ち運びしやすい小型テレビラジオ

3.2インチ液晶の小型サイズにワンセグとラジオ機能が付いたモデルで、USB給電や単三電池でも動作するなど、非常用テレビにも使えます
コインを差し込んでスタンドがわりにする「コインスタンドポケット」搭載により、コンパクトでも視聴しやすいように工夫されています

さらに、イヤホンを使用すれば最長24時間テレビが視聴できるなど、電池持ちも優れています。

商品詳細

【メーカー】ダイアモンドヘッド
【公式サイト】https://roommate.life
【モデル】OT-PT302K
【価格】6,581円(税込)
【画面サイズ】3.2V型

詳細を表示する
 

【防水機能】なし
【インターネット接続機能】なし
【メディア対応】USBメモリー
【バッテリー持続時間】24時間

◆OVERTIME OT-PT43AK

ラジオや充電機能を搭載した手のひらサイズの多機能テレビがダイアモンドヘッドの「OT-PT43AK」。

ポータブルテレビ

停電や災害時にも活躍

4.3インチ液晶のポータブルテレビにラジオ機能が付いたモデルで、手回し充電にも対応するので急な停電時にも便利
LEDライトやスマホに充電できるモバイルバッテリー機能など、アウトドアやレジャーはもちろん災害時にも活躍する機能が揃っています。

さらに、本体の充電バッテリーの残量が無いときでも、単3電池をセットすればすぐに使用可能です。

商品詳細

【メーカー】ダイアモンドヘッド
【公式サイト】https://roommate.life
【モデル】OT-PT43AK
【価格】9,300円(税込)
【画面サイズ】4.3V型

詳細を表示する
 

【防水機能】なし
【インターネット接続機能】なし
【メディア対応】USBメモリー
【バッテリー持続時間】4時間

◆KH-TVR500

高感度アンテナ搭載で、電波の受信力が高いのがカイホウジャパンの「KH-TVR500」。

ポータブルテレビ

持ち歩きサイズでもフルセグに対応

持ち歩き用のポータブルテレビとしては大きめサイズの5インチモニターを搭載し、フルセグ受信も可能な本格派モデルです。
内蔵バッテリーで最大約4時間10分駆動でき、USB給電も可能と、長時間使える持ち歩きテレビを求めている人にぴったり

また、フルセグ・5インチ液晶を搭載していながら、薄さがたったの1.2cmと、携帯性もバツグンです。

商品詳細

【メーカー】カイホウジャパン
【公式サイト】http://kaihou.com
【モデル】KH-TVR500
【価格】11,280円(税込)
【画面サイズ】5V型

詳細を表示する
 

【防水機能】なし
【インターネット接続機能】なし
【メディア対応】なし
【バッテリー持続時間】4時間10分  

◆KR-006AWFT

大きな物理ボタンで、コンパクトでも操作がしやすいのがケンコーの「KR-006AWFT」。

ポータブルテレビ

操作がしやすいコンパクトテレビ

3インチ液晶を搭載したワンセグモデルで、片手でもテレビ・ラジオを操作しやすいボタン設計と108gという軽さが魅力
ACアダプターだけでなく単3乾電池でも動作が可能なため、キャンプや非常時に持ち歩けるテレビとしても活躍します。

本体にはフロントスピーカーを2基搭載しており、会話などの声が聞き取りやすいのも特徴です。

商品詳細

【メーカー】KENKO
【公式サイト】https://www.kenko-tokina.co.jp
【モデル】KR-006AWFT
【価格】8,349円(税込)
【画面サイズ】3V型

詳細を表示する
 

【防水機能】なし
【インターネット接続機能】なし
【メディア対応】なし
【バッテリー持続時間】12時間

◆UR18DSML

プロ用工具メーカーのHiKOKがつくる堅牢なポータブルテレビが「UR18DSML」。

ポータブルテレビ

頼れるタフネスポータブルテレビ

見た目からも堅牢さが感じられる、耐衝撃性に優れたプロテクションフレーム構造のタフネスモデルで、IPX4の生活防水にも対応しています。
8インチの大きめモニターとフルセグ対応、Bluetoothスピーカー搭載と、アウトドア用のエンタメ機能がそろっているのもポイントです。

充電バッテリーが取り外しできるため、予備のバッテリーがあれば、電池切れの心配もありません。

商品詳細

【メーカー】HiKOKI
【公式サイト】https://www.hikoki-powertools.jp
【モデル】UR18DSML
【価格】20,998円(税込)
【画面サイズ】8V型

詳細を表示する
 

【防水機能】IPX4
【インターネット接続機能】なし
【メディア対応】なし
【バッテリー持続時間】5時間

4. ポータブルテレビに関するQ&A

この章では、ポータブルテレビに関する疑問に詳しくお答えします。

ポータブルテレビ
テレビ専門家・折原さん

ここでは
Q.1 持ち運びに適した液晶サイズは?
Q.2 BS/CS放送は見ることができる?
Q.3 ワンセグが見づらい場所はある?

の3つの質問にお答えしています。

ポータブルテレビを購入する前に役立つ情報を集めたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Q.1 持ち運びに適した液晶サイズは?

  • ポータブルテレビ
ポータブルテレビ
テレビ専門家・折原さん

持ち歩くなら7V型以下の液晶サイズを選びましょう。

自宅用のフルセグ対応機であれば好みの大きさで問題ありませんが、屋外用の場合は液晶サイズに注意しましょう。

なぜなら屋外用に採用されているワンセグは、フルセグに比べて解像度が27分の1しかなく、7V型以上で視聴すると映像が粗く見えてしまうためです。

また、カバンなどに入れて持ち歩くことを考えるなら、本体サイズもコンパクトな7V型以下のポータブルテレビを選ぶのがベストといえます。

Q.2 BS/CS放送は見ることができる?

  • ポータブルテレビ
ポータブルテレビ
テレビ専門家・折原さん

BS/CSアンテナの有無・ケーブルテレビの契約次第で視聴ができます。

ポータブルテレビにBS/CSチューナーが付いており、BS/CS放送が視聴できる環境が整っていれば可能です。

BS/CS放送の視聴可能な環境とは?
  • 自宅にBS/CSアンテナが付いている
  • BS/CSが視聴できるケーブルテレビに加入している 

基本的に「内蔵型」ポータブルテレビはBS/CSチューナー非搭載なので、BS/CS放送の視聴を考えている方は高機能な「分離型」モデルをチェック。

Q.3 ワンセグが見づらい場所はある?

  • ポータブルテレビ
ポータブルテレビ
テレビ専門家・折原さん

トンネルや建物の地下ではワンセグが受信できない場合があります。

山間部にあるトンネルや電波が遮断されやすい地下・建物内では、ワンセグ放送が途切れやすくなり、映像が視聴できない場合があります。

お出かけする場所の受信感度に不安があれば、デジタル放送推進協会が発表する放送エリアのめやす」でエリアの電波の強さを調べてみましょう

エリア内でも地形や建物・電波状況により受信できないことがありますが、視聴環境を確認する目安の1つとなります。

5. まとめ

  • ポータブルテレビ

この記事では、「おすすめポータブルテレビ15選」をご紹介しました。

気になる1台は見つかりましたか?

最後に、自分に合ったポータブルテレビを選ぶために大切なポイントを振り返ってみましょう。

ポータブルテレビ
テレビ専門家・折原さん

ポータブルテレビは使いたい場所でモデルを選びましょう。

・自宅メインで使用したい
⇒高機能な「分離型」を選ぶ
・屋外メインで使用したい
⇒持ち運びしやすい「内蔵型」を選ぶ

お気に入りの1台を手に入れて、テレビライフをさらに楽しんでくださいね。


▶もう一度おすすめのポータブルテレビをチェックしたい方は、「おすすめポータブルテレビ15選」をご覧ください。

家電に関する記事をもっと見る