いざ育毛剤で薄毛対策しようと思ったとき、

「EDになるらしい」
「頭皮が剥けるほど荒れる」

といった副作用があると知って、そんな重い副作用が出るの!?と不安を抱いていませんか?

薄毛を改善したいのに健康を損なう危険があるなんて、簡単には信じがたい情報ですよね。

ここでは、

  • 育毛剤メーカーへの聞き取り
  • 薄毛治療に関する学会論文の調査

をもとに、育毛剤で起こる副作用の症状や対策をご紹介します。

リスクを知ったうえで正しく使えば、薄毛への効果も確かなものになります。 ご紹介する情報をもとに、万全の体制で薄毛対策に臨んでくださいね。

先に副作用の心配がない商品が知りたい方は、「4. 副作用の心配がないおすすめ育毛剤3選」からご覧ください。

(※ この記事は、2018年1月時点での情報を参考にしています。)

1. 育毛剤で副作用は本当に起こるの?

  • 育毛剤,副作用

今この記事を読んでいるならおそらく、

  • 頭皮のかゆみやかぶれ
  • 動悸
  • EDなど男性機能障害

といった、育毛剤の副作用を目にしたことがありますよね? なかには聞くだけで怖くなってしまう症状も・・・。

しかし事実として、これらの症状は、育毛剤の副作用として起こり得ます

副作用のリスクは育毛剤に限ったものではなく、市販の風邪薬やコンビニの栄養ドリンクなどにも必ずあるものです。

ですからまずは、育毛剤が特別、危険なものではないことを理解してくださいね。

さらに副作用は、「だれにでも起こる」「どんな育毛剤でも起こる」わけではありません

育毛剤,副作用
副作用が「出る人」「出ない人」の違いは何?
育毛剤に限らず、薬や健康食品など何かしら体に働くものは、本来の目的以外の望ましくない働きが起こることがあります。
 
この望ましくない働きが、「副作用」です。
 
副作用が起こりやすいのは、
  • 成分が目的以外の場所に作用してしまう
  • アレルギーや持病など成分と相性が悪い体質
  • 飲み方や使い方を間違える
  • 風邪や寝不足などの体調不良で過剰に成分が作用してしまう
といったケースに当てはまる人です。
 
つまり『副作用が出る / 出ない』は運まかせというわけでなく、起こりやすいケースを知って対策することで、リスクを回避できるのです
 
副作用のリスクを回避する方法は、「Q2. 副作用を未然に防ぐコツはある?」で詳しくご紹介しています。

では、「副作用が起こりにくい育毛剤」は、どう見分ければよいのでしょうか。

育毛剤には、

①病院の処方薬を含めた薬
⇒AGA治療薬、発毛剤

②化粧品の一種
⇒育毛剤、育毛エッセンス、養毛剤、ヘアトニック

の2種類があります。もちろん薄毛に対する効能が強いのは前者です。

副作用は効能の強さに比例するため、強い副作用が出る育毛剤は薬として扱われる種類のものなのです。

このように副作用は、商品の選び方や使用時の注意で、リスクを回避することが可能です。

むやみにおそれるのではなく、少なからずある副作用のリスクを知って、正しく対策をすることが大切です。

関連記事:
発毛剤について詳しく知りたい方はこちら「発毛剤とは?育毛剤との違いからみる効果とおすすめ商品5選
AGA治療薬について詳しく知りたい方はこちら「AGAクリニックランキング|薄毛の悩みを解消するおすすめ5選

2. 副作用に注意したい育毛剤

  • 育毛剤,副作用

先ほど育毛剤には、

  • 病院の処方薬を含めた薬
  • 化粧品の一種

の2種類があるとご説明しましたが、副作用として現れる症状は種類によって特徴があります。

それぞれで起こりやすい副作用をまとめました。

育毛剤の種類と副作用の症状

病院の処方薬を含めた薬
⇒頭皮や体のかゆみなどの「皮膚トラブル」
⇒動悸や発熱、男性機能障害などの「体の不調」

化粧品の一種
⇒頭皮のかゆみやかぶれなどの「頭皮トラブル」

ご覧のように、ちょっと不安になるような重い副作用が出るのは薬の育毛剤です。

なぜかというと、薬の育毛剤の多くは内服薬のため、成分が血液に入って全身に流れるからです。

そのため、頭皮に塗るタイプが主流の化粧品に比べて、副作用の種類が多くなります。

ここからは、特に副作用に注意が必要な、薬に分類される育毛剤をご紹介します。

副作用の症状は育毛剤の成分で変わるため、成分別にご説明していきます。


※ 掲載する副作用の発現率は、①メーカーの公式サイトおよび添付文書で公表されているもの、②日本皮膚科学会で公表されているもの、から治験を含む国内臨床試験、長期投与試験など数字を編集部で抜粋したものです。

2-1. ミノキシジル配合の育毛剤

ミノキシジルは元々、高血圧の治療薬として使われていた成分です。

服用した患者さんに「多毛症状(体の毛が濃くなる現象)」が見られたため、1980年代から海外を中心に薄毛治療に活用されるようになりました。

ミノキシジルは血管を広げて血行を促す作用があるため、心機能や血圧の異常を中心とした副作用が現れる可能性があります。

では外用薬と内服薬、それぞれの副作用の起こりやすさを見てみましょう。

ミノキシジルの副作用発現率

外用薬

  • 全体:8.82%
  • かゆみ、発疹:6.25%
  • 蕁麻疹・皮膚炎:2.28%
  • 心不全:1件だが因果関係不明

※高年齢ほど発現率は高い

医薬品医療機器総合機構:大正製薬リアップX5、リアップ5再審査報告書より)


内服薬

  • 副作用全体の発現率は非公開
  • かゆみ:8%
  • 脱毛:7%
  • 発熱、吐き気、動悸、頭痛、嘔吐:各3%

IONINE:Loniten (Minoxidil) 、Side effect rates for Loniten.より)

ミノキシジルの性質上、生命に関わる心機能などにも影響を及ぼすおそれがあるため、日本で公式に使用が認められているのは外用薬のみです。

ただし、医師の判断で輸入することは可能なため、一部のクリニックなどでは内服薬が処方されています。

また先にお伝えしたように、元々海外で使われていた成分なので、海外品が多くあります。

ミノキシジル配合の育毛剤 

外用薬:
リアップシリーズ(大正製薬)、ロゲイン(ジョンソンエンドジョンソン)、カークランド(コストコ)、ポラリス(ポラリスリサーチラボラトリーズ)など ※リアップ以外はすべて海外製品

内服薬:
ロニテン(インタスファーマ)、ノキシジルタブレット〔通称ミノタブ〕(TOファーマ)

個人輸入は可能ですが、偽造品や保証面のリスクからおすすめできません。クリニックでの処方あるいは、市販品を選ぶようにしましょう。

関連記事:リアップシリーズの詳しい効果は「リアップに効果はある?100人の体験談から実際の効果を徹底検証」をご覧ください。

2-2. フィナステリド配合の育毛剤

フィナステリドは、クリニックで処方される内服薬に配合される成分で、市販の育毛剤には使われていません。

内服薬としては、国内で初めて薄毛治療薬の認可がされた成分です。

このフィナステリドの登場は、実は薄毛治療において非常に画期的なものでした。

というのも、既存の薬ではアプローチできなかった、AGAの直接的な原因「悪玉男性ホルモン(DHT)」を抑制することで、薄毛の進行を止めることが可能になったからです。

ただしホルモン分泌に作用するため、ホルモンの影響を受ける男性機能や肝機能の副作用が起こる可能性があります。

フィナステリドの副作用と発現率
  • 全体:4%
  • リビドー(性欲)減退:1.1%
  • 勃起不全:0.7%
  • 肝機能障害:0.2%

日本皮膚科学会:男性型脱毛症診療ガイドライン2010.より)

フィナステリドにも海外製品がいくつかありますが、処方薬として国内で認可された薬です。

むやみに個人輸入に手を出さず、クリニックで診察を受けて処方してもらうことをおすすめします。

フィナステリド配合の育毛剤 

プロペシア(MSD)、フィナステリド錠(トーワ、サワイなど)、フィペンシア(シプラ)、プロペシアアメリカ版・オーストリア版など(メルク)など ※はすべて海外製品

2-3. デュタステリド配合の育毛剤

デュタステリドは、2015年に国内で認可された、最も新しい薄毛治療薬です。

薄毛への働きはフィナステリド同様、男性ホルモンの抑制ですが、フィナステリドより強く体に作用するのが特徴です。

そのためクリニックではある程度の期間、フィナステリドを処方しても治療効果がみられないケースに使われる薬です。

副作用の症状はホルモン分泌が影響する男性機能障害が多く、効能の強さからフィナステリドよりも発現率が高くなっています。

デュタステリドの副作用と発現率
  • 全体:11.1%
  • 勃起不全:5.0%
  • リビドー(性欲)減退:5.8%
  • 精液量減少:1.7%

グラクソ・スミスクラインHP:ザガーロ製品情報.より)

副作用に注意が必要な分、特に個人輸入は非常に危険です

医師の診察のうえで服用するようにしてください。

デュタステリド配合の育毛剤 

ザガーロ、アボルブ(共にグラクソ・スミスクライン)、デュタス(Dr.Reddy’s Laboratories)など ※は海外製品

2-4. 塩化カルプロニウム配合の育毛剤

塩化カルプロニウムは、市販の外用薬に使われる育毛成分です。

血管を広げて血流を良くすることで、毛の成長を促します。

塩化カルプロニウムにはこうした血行改善の働きに加え、胃液の分泌を促す働きもあることから、胃腸薬にも使われている成分です。

そのため現れる副作用は、血流が関係する体温調節機能や胃腸の症状が多いです。

塩化カルプロニウムの副作用と発現率
  • 全体:3.5%
  • 発汗、悪寒、刺激症状、かゆみ:各0.6%
  • 接触皮膚炎:1.2%

第一三共ヘルスケアHP:発毛促進薬カロヤンプログレ;発毛促進とは.より)

先にご紹介した薄毛治療薬の成分に比べると、そこまで重い症状は出ないことが分かります。

こうした安全性の高さから、塩化カルプロニウムを配合した育毛剤はすべて、ドラッグストアや薬局で購入できる市販商品です。

塩化カルプロニウム配合の育毛剤

カロヤンシリーズ(第一三共ヘルスケア)、ハツモールSP無香料(田村治照堂)

3. もし育毛剤で副作用が出たら

  • 育毛剤,副作用

育毛剤を使い始めて、頭皮の違和感や体の不調を感じたら、まずはすぐに使用を中断してください

そして、症状に合った診療科を早めに受診しましょう

育毛剤の副作用が出たときの診療科

かゆみやかぶれ、フケなどの「頭皮トラブル」
皮膚科

動悸や発熱、男性機能の異常などの「体の不調」
内科

このとき最も大切なのは、診察で「育毛剤を使って体調が悪くなったこと」を伝えることです。

育毛剤の副作用は、他の病気でも出やすい症状です。そのため、診断の決定に役立つ情報を漏れなく医師に伝えることが、副作用の早期回復につながります。

できれば、使っている育毛剤を持参するのが良いでしょう。

4. 副作用の心配がないおすすめ育毛剤3選

ここからは、編集部独自の成分調査および、ユーザー100人へのアンケート調査をもとに、

  • 副作用の少ない化粧品の一種
  • アレルギーが起こりにくい無添加の商品
  • 複数の薄毛の原因にアプローチできる成分配合

の基準から選んだ、低リスクで効果も期待できる育毛剤をご紹介します。

1位:チャップアップ(ソーシャルテック)

総合評価   :4.7
成分バランス :5.0
添加物の少なさ:5.0
ユーザー満足度:4.3

  • 育毛剤,副作用

期限を設けない永久返金保証で話題を集める、ソーシャルテックのチャップアップです。

  • 3種類の有効成分
    ⇒頭皮トラブルを防ぎ、血行を促す
  • 多数の植物エキスやその抽出液
    ⇒脱毛を防ぎ、頭皮環境を整える
  • 15種類のアミノ酸
    ⇒毛根の栄養となる

といった、天然由来成分と栄養素をメインに配合しています。またアルコールや防腐剤といった添加物も不使用

安全性はもちろん、あらゆる薄毛の原因にアプローチできる効果も兼ね備えた育毛剤です。

さらに詳しく見る

◆ 実際に使用した方の口コミ

育毛剤,副作用
抜け毛の量が日に日に減りました
みんなの口コミ
チャップアップを使用する前はシャンプーの泡にかなりの量の抜け毛がありましたが、使用開始1カ月後あたりから減ってきたのを実感。2カ月後には気にならないくらいの量まで減りました。(30代男性・自営業)
育毛剤,副作用
肌の弱い私でも安心して使えました
みんなの口コミ
もともと肌荒れしやすく敏感肌なので、育毛剤を使っていて怖いのが、頭皮への強い刺激によってより毛髪が減ってしまうことでした。チャップアップは無香料・無添加なので、肌の弱い私でも頭皮トラブルは一切なく、使い続けられています。(20代男性・商社)
育毛剤,副作用
液だれしにくく、使いやすい
みんなの口コミ
育毛剤に少し粘着力があったので、液だれせず、育毛剤が顔にたれることがなかったので良かったです。またノズルがプッシュ式になっていたので、気になる部分に直接、噴射することができて無駄遣いが少なかったです。(30代男性・営業)

◆WEBでお得に試す方法

こちらが気になる方には、チャップアップ利用者人気No.1のWEB限定コース『即定期便がおすすめ。

  • チャップアップ育毛ローション(120ml)
  • チャップアップサプリメント(120粒)

の2点セットが、通常価格13,360円のところ、9,090円(税込)で購入できます。さらに今なら、頭皮マッサージに使える「リラックスヘッドスパブラシ」付きです。

即定期便は無期限の全額返金保証に加え、1回での解約も可能です。お得なセットをぜひ、試してみてはいかがでしょうか?

WEB限定コースを見る
商品詳細

【商品名】チャップアップ(医薬部外品)
【メーカー】ソーシャルテック
【価格】6,852円(税抜)※定期購入(クレジット決済)は送料無料
【内容量】120mL
【買える場所】公式通販
【特徴】永久全額返金保証、スプレー式、無香料、認定毛髪診断士対応のサポートセンター

公式サイトを見る

2位:濃密育毛剤BUBKA(T.Sコーポレーション)

総合評価   :4.3
成分バランス :4.0
添加物の少なさ:5.0
ユーザー満足度:4.0

アルコール配合量を限りなくゼロにしたT.Sコーポレーションの「濃密育毛剤BUBKA」です。

  • M-034
    ⇒ミノキシジルと同等の効果が見込め、副作用が少ない海藻由来成分
  • コラーゲン
    ⇒2016年に毛根を包む場所にコラーゲンが働くことで、発毛が促されることが分かった

といった、発毛促進に働く注目の2成分を配合しています。

さらに、抜け毛を促す悪玉男性ホルモンを抑制する2つの植物エキスもプラス、頭皮の乾燥を防ぐ保湿成分も豊富です。

◆ 実際に使用した方の口コミ

育毛剤,副作用
毛の量が明らかに増えました
みんなの口コミ
良質な成分が配合されているので、今のところ副作用は出ていません。使用して1年ほど経ちますが、頭皮に弾力が出てきて使用前より明らかに毛量が増えたのが嬉しいです。(40代男性・建設業)
育毛剤,副作用
3カ月で髪にコシとハリが出ました
みんなの口コミ
ネットでの評判が良かったので購入。3カ月使って、髪にハリとコシが出てきて、抜け毛の数も減りました。生え際も後退ぎみでしたが、それも食い止められているように感じています。(30代男性・研究職)
育毛剤,副作用
ベタベタしないのが良い
みんなの口コミ
使用時に手もベタベタしないので使いやすいです。また頭皮にダメージを与えると聞いた、アルコールなどの添加物をあまり使っていないので、肌が弱い私も安心して使うことができます。(30代男性・製造)

定期購入は、脱毛予防や栄養補給に役立つ「BUBKAサプリ」が毎回もらえる特典付きです。

商品詳細

【商品名】濃密育毛剤BUBKA(医薬部外品)
【メーカー】T.Sコーポレーション
【価格】15,000円(税抜)※定期購入初回5,980円(税抜)、2回目以降10,800円(税抜)
【内容量】120mL
【買える場所】公式通販
【特徴】アルコール大幅カット、無香料、BUBKAサプリ付(定期購入限定)

公式サイトを見る

3位:イクオス(キーリー)

総合評価   :4.2
成分バランス :5.0
添加物の少なさ:4.0
ユーザー満足度:3.7

ミノキシジルと同等の効果で話題の、オリジナル成分「Algas(アルガス)-2」を配合したキーリーの「イクオス(IQOS)」です。

  • 脱毛酵素や関連因子をブロックする13の成分
    ⇒薄毛の根本的な原因に働き、抜け毛を防ぐ
  • 発毛を促進する3つの有効成分
    ⇒血行促進と炎症予防で毛を育てる

といった成分のほか、頭皮環境を整える成分、栄養を補うアミノ酸、エイジングケア成分など計61の成分を配合薄毛のあらゆる原因にアプローチできます。

また10種類以上の添加物をカットし、頭皮への刺激を最小限に抑えた処方で安心です。

◆ 実際に使用した方の口コミ

育毛剤,副作用
においを気にせず使えます
みんなの口コミ
無香料なので家族がいるところでも、さっと取り出して使えました。まわりを気にしないで良いのはありがたかったです。また無添加で、頭皮への刺激がないのも高評価です。(30代男性・事務)
育毛剤,副作用
頭頂部の薄毛が目立たなくなりました
みんなの口コミ
使い始めた頃より、頭頂部の薄い部分が目立たなくなってきているのが、目に見えて分かります。また以前は、髪をつかむと数十本抜けていましたが、その数も減り今では数本程度になりました。(40代男性・金融)
育毛剤,副作用
ブラシに付く抜け毛が激減!
みんなの口コミ
以前は、ブラシで髪をとかすと、大量の抜け毛が…。イクオスを使い始めてもうすぐ3カ月ですが、最近はほとんど付いていません。髪にハリやコシが出てきたので、この先も使い続けます。(40代男性・販売)

購入者には、育毛に役立つ知識やイクオスの活用方法が満載の「育毛ケアガイド」が付いてきます。

商品詳細

【商品名】イクオス(医薬部外品)
【メーカー】キーリー
【価格】8,980円(税抜)※定期購入5,980円(税抜)
【内容量】120mL
【買える場所】公式通販
【特徴】61種の成分配合、無香料、10種異常の添加物カット

公式サイトを見る

もっと商品を見てみたい、自分に合った育毛剤の選び方知りたいという方は「育毛剤おすすめランキング|市販でも買えて効果を実感できる人気17選」の記事もぜひ、ご覧ください。

5. 育毛剤の副作用に関するQ&A

ここでは、育毛剤の副作用に関する4つの疑問にお答えします。

気になる質問から、チェックしてみてくださいね。

Q1. 使って抜け毛が増えたけど大丈夫なの?

  • 育毛剤,副作用

A. 育毛剤がしっかり効いている証拠で、1~2カ月で自然に止まります。

育毛剤を使い始めて急に抜け毛が増えるのは、「初期脱毛」という、育毛剤が効き始めたことを示す症状です。

育毛剤を使うと新たな毛の成長が促されるため、すでに生えている弱い毛が押し出されるかたちで脱毛します

初期脱毛は副作用ではなく、効果を示す正常な変化なのです。

抜け毛は1~2カ月で自然と止まるので、慌てず治まるのを待ちましょう。

Q2. 副作用を未然に防ぐコツはある?

  • 育毛剤,副作用

A. 商品パッケージや本体に記載されている「使用上の注意」を必ず確認しましょう。

育毛剤を含む化粧品には必ず、商品パッケージか本体容器に、

  • 「使用上の注意」
  • 「ご注意」

という欄が設けられています。

ここには、副作用につながる使い方や、使用を中断すべき体のサインなどが書かれているため、使用前に目を通すことで、副作用のリスク回避に役立ちます

使用上の注意の記載例
  • 育毛剤,副作用

Q3. 副作用が出やすいか事前に知る方法はある?

  • 育毛剤,副作用

A. パッチテストで成分が肌に合うかを確認しましょう。

育毛剤に多い、

  • 頭皮のかゆみ
  • 頭皮のかぶれ
  • フケ

といった肌トラブルの副作用は、事前に起こりやすさを確認することができます。

二の腕を使った「パッチテスト」という方法で、簡単に調べることができるので、使用前に行ってみてくださいね。

パッチテストの方法

水に塗れると正しい結果が出ないため、入浴後に行いましょう。

①育毛剤をガーゼやコットンに少量付ける

②「①」を二の腕の裏に絆創膏や医療用テープを使って貼り付ける

③一晩そのまま放置する


翌朝、皮膚に異常がなければ「使用OK」
翌朝、かゆみやかぶれ、皮膚の赤みがあれば「使用NG」

Q4. 育毛剤の使い方で注意すべきことはある?

  • 育毛剤,副作用

A. 1回の量を勝手に増やすのはNGです。頭皮に過剰な刺激となりかぶれなどの原因になります。

早く効果が出るかも・・・と、よくばって育毛剤を多めに使うのは、実は逆効果です。

多く使うとそれだけ、成分が頭皮への刺激となり、かぶれやかゆみ、フケといった頭皮トラブルの原因になります

また、育毛剤を頭皮に塗った後は、自然に液剤が乾くまで整髪料の使用は控えてください。

液剤と整髪料の成分が混ざると、成分どうしが効果を打ち消しあったり効果が強くなり過ぎたりしてしまいます。

6. まとめ

いかがでしたか?

育毛剤の副作用について、知りたかった情報が得られたでしょうか。

もう一度、育毛剤の副作用についてまとめます。

育毛剤の副作用

病院の処方薬を含めた薬
⇒AGA治療薬、発毛剤

起こり得る副作用:

  • 頭皮をはじめ、体のかゆみなどの「皮膚トラブル」
  • 動悸や発熱、男性機能障害などの「体の不調」

化粧品の一種
⇒育毛剤、育毛エッセンス、養毛剤、ヘアトニック

起こり得る副作用:

  • 頭皮のかゆみやかぶれ、フケなどの「頭皮トラブル」

ご紹介した情報をもとに、正しい対策をして安全に育毛剤を使いましょう。