生活するうえでの必需品である「洗濯機」

最近では、タテ型やドラム式などの種類のほか、乾燥機能やスマホ連携機能など、便利な機能の付いた商品が多く販売されていますが、

「今よりもラクに洗濯できる洗濯機が欲しい…」
「種類や機能が多すぎて、どれを選べば良いの分からない…」

など、商品選びにお悩みの方も多いですよね。

そこでこの記事では、編集部の独自調査などをもとに、洗濯をラクにする高性能なおすすめの洗濯機8選をご紹介します。

さらに、洗濯機を選ぶポイント服の汚れを落としやすくするコツなども解説していますので、ぜひ参考にしてください。

すぐにおすすめの洗濯機を知りたい方は、2. 特徴別|おすすめ洗濯機8選からチェックしてみてくださいね。

なおこの記事では、洗濯機に関する知識について専門家に監修を頂いています。
※商品掲載欄の一部を除く

監修いただいた専門家
藤山哲人(ふじやま てつひと)
家電ライター

公式ツイッターはこちら
公式Facebookはこちら

独自の測定器やプログラムを開発し、家電の性能を数値化(見える化)、徹底的に使ってレビューすることをモットーとするため、「体当たり家電ライター」との異名も。「マツコの知らない世界」(番組史上最多出演)、「アッコにおまかせ!」をはじめ、情報番組に多数出演。「家電Watch」「PC Watch」(インプレス)や「ビジネスジャーナル」(サイゾー)などで活躍するほか、ABCラジオの番組にはコーナーも。

1. 洗濯機選びでチェックするべき3つのポイント

  • 洗濯機,おすすめ

洗濯機を選ぶときは、

  • 家族の人数
  • 洗濯する量や頻度
  • 設置スペースの広さ
  • よく洗濯する服の種類
  • 落としたい汚れの種類(泥汚れ・皮脂汚れ など)

といったライフスタイルによって、さまざまな点を考慮しなければなりません。

そこで、あなたのご家庭に合った洗濯機を選ぶ際は、以下の3つのポイントをチェックしましょう。

それでは、順に詳しくご紹介します。

① タテ型とドラム式の違い

洗濯機には、

  • タテ型洗濯機
    …上に扉が付いているタイプ
  • ドラム式洗濯機
    …前面に扉が付いているタイプ

といった2種類のタイプがあり、それぞれ以下のような特徴があります。

◆ タテ型とドラム式のメリットデメリット

  タテ型 ドラム式
  • 泥汚れも落ちやすい
  • 価格が安い
  • 乾燥機能に優れている
  • 服が傷みにくい
  • 水道・電気代が安い
×
  • 乾燥しにくい
  • 服が傷みやすい
  • 水道・電気代が高い
    (乾燥でも水道を使うため)
  • 皮脂汚れは落ちるが泥汚れの
    洗浄能力が劣る
  • タテ型に比べて5〜8万円ほど高い

「タテ型」が大量の水を使ってしっかりと汚れを落とすのに対し、「ドラム式」は少量の水で洗うため洗浄力が劣ります。

また「縦型」は洗濯物を擦り洗いしますが、「ドラム式」は押し洗いするので、汚れ落ちと衣類の傷みが異なります。

ただし、「ドラム式」は水を少ししか使わない分、省エネ性が高く乾燥しやすいといった特徴があります。

「タテ型」と「ドラム式」の特徴 まとめ
  • タテ型洗濯機
    …洗浄力が高い
    ▶︎乾燥せずに外干しをする方におすすめ

     
  • ドラム式洗濯機
    …乾燥機能に優れている
    ▶︎乾燥まで自動で行いたい方におすすめ

② 洗濯機の容量(洗濯容量と乾燥容量)

  • 洗濯機,おすすめ

洗濯機は、家族の人数や洗濯する頻度によって、適切な容量が3つのサイズに分かれます。

  • 3.5〜5kg1〜2人暮らし向け)
    …毎日こまめに洗濯する方におすすめ

     
  • 6〜8kg3〜4人暮らし向け)
    …2〜3日に一度洗濯する方におすすめ

     
  • 9〜12kg5人暮らし以上のご家庭向け)
    …週末にまとめ洗いする方におすすめ

基本的には人数によって洗濯容量を選ぶと安心ですが、まとめ洗いが多いご家庭は、ひとつ大きいサイズの洗濯機をおすすめします。

目安は1人1日2kgなので毎日お洗濯する3人家族なら6kg、2人暮らしで2日に1回お洗濯するなら8kgが最適な容量です。

また小学生~高校生の運動部に所属するお子さんがいるご家庭は、1人3kg(通常の1.5倍)を目安にするといいでしょう。

カタログやHPに記載している「洗濯・脱水容量」の欄を確認してください。

◆ パナソニック公式サイトより引用

③ 付いていると便利な機能

  • 洗濯機,おすすめ

最近では、乾燥や脱水機能に加え、

  • 液体洗剤の自動投入
    …毎回計量する必要がない
    (たいていの人は洗剤を1.5倍ほど入れすぎているという調べがあり、定量にすることで洗剤だけでなく洗濯やすすぎ時間の節約になる)
  • 温水洗浄
    …温水で洗浄するため、皮脂汚れを落としやすい
  • シワとり機能
    …ワイシャツなどシワになるものでも洗いやすい

といった便利な+α 機能が付いている商品も多く販売されています。

  • スマホ連携機能
    …外出先からでも洗濯の操作ができる(帰宅時間に合わせて洗濯を完了させる)
     
  • 自動おそうじ機能
    …洗濯のたびに自動で洗浄し、カビの発生を抑える
     
  • 花粉やダニを除去する機能
    …汚れだけでなく、あらゆる有害物質を除去する
     
  • 運転音の制御機能
    …振動や運転音を制御することができる
     
  • おしゃれ着機能
    …お気に入りの服を傷めないようにやさしく洗う
     
  • お風呂の湯を再利用する機能
    浴槽からポンプをつないでお湯を使う省エネ機能
    (お風呂の汚れた水を洗剤でキレイにして再利用する。衣類の汚れに100%の力を発揮できなくなるためあまり推奨されていない。)

これらの機能は、一見すると重要には思えないかもしれませんが、あればとても便利。

洗濯機選びでは「タイプ」や「容量」と合わせて、自分のライフスタイルに合った機能を見つけましょう。 

洗濯機,おすすめ
乾燥機能って付いていた方が良いの?

乾燥機能は、衣類を洗濯した後に自動で乾燥まで行うため、シワが付きやすいといったデメリットがありますが、

  • 天候を気にせずに洗濯ができる
  • 急ぎの洗濯物を乾かすことができる
  • 洗濯物を干す手間がかからない

といったメリットもあるため、洗濯時間を短くしたい方は乾燥機能付きのものがおすすめです。

とくに、共働きのご家庭や一人暮らしの方には乾燥機能付きがおすすめです。


カタログやHPに記載している「乾燥容量」の欄を確認してください。

◆ パナソニック公式サイトより引用

また、「乾燥容量」は洗濯容量よりも少ないのが一般的。

乾燥容量の目安は「洗濯容量の半分」です。

乾燥容量以上に洗濯物を詰め込むと生乾きになるため、「乾燥ここまで」という線か「洗濯物の上限」の半分以下を目安にしてください。

そのため乾燥機を頻繁に使うご家庭は、「洗濯容量」よりも乾燥容量」を重視して「乾燥容量」が「洗濯容量」の半分以上ある洗濯機を選んでください。

洗濯容量いっぱいに洗った後に乾燥に進んでしまうと、しっかり乾かずに生乾きの状態になってしまうため、数回に分けて乾燥させるようにしましょう。

2. 特徴別|おすすめ洗濯機8選

この章では大容量や低価格といった特徴別に、おすすめの洗濯機をご紹介します。

特徴別おすすめ洗濯機8選

では、それぞれの詳しい特徴と実際の口コミをみていきましょう。

2-1. ファミリーにおすすめ洗濯機

  • 洗濯機,おすすめ

ここでは、ファミリー層に特に需要の高い「洗濯容量が8〜12kg」のものを厳選しました。

・日立 ビートウォッシュ BW-V80E

本体幅57センチのスリムな日立『ビートウォッシュ BW-V80E』は、

・予洗いの手間を減らす「ナイアガラ ビート洗浄」
・洗濯槽の見えない菌も洗い流す「自動おそうじ」

といった機能を持ち、パワフルで高度な洗浄力を発揮する1台です。

商品詳細

【メーカー】日立
【モデル】ビートウォッシュ BW-V80E
【洗濯容量】8kg
【乾燥容量】
【最大運転音】38dB
【時間】洗濯33分
【水量】洗濯92L
【価格】69,800円〜(税込)
【公式HP】https://kadenfan.hitachi.co.jp
【大きさ】57 × 61 × 100(cm)
(幅 × 奥行き × 高さ)
【色】ホワイト/シャンパン

・ナイアガラ ビート洗浄
・自動おそうじ機能


・東芝 ZABOON TW-127X8

7kgの大容量乾燥を誇るハイスペックが特徴の東芝『ZABOON TW-127X8』は、

・ナノサイズの泡が洗浄効果を高める「抗菌洗浄機能」
・外出先からも設定可能な「スマートフォン連携」

など、最新テクノロジーを搭載したドラム式洗濯乾燥機です。

商品詳細

【メーカー】東芝
【モデル】ZABOON TW-127X8
【洗濯容量】12kg
【乾燥容量】7kg
【最大運転音】49dB
【時間】洗濯時35分/洗濯乾燥時108分
【水量】洗濯80L
【買える場所】家電量販店、通販
【価格】219,652円〜(税込)
【公式HP】https://www.toshiba-lifestyle.com
【大きさ】60 × 75 × 106(cm)
(幅 × 奥行き × 高さ)
【色】グレインブラウン/グランホワイト

  • ふんわリッチ乾燥
  • 乾燥ダクト自動お手入れ
  • 乾燥フィルターラクラクお手入れ
  • 自動おそうじ機能

2-2. サイズ別おすすめ洗濯機

  • 洗濯機,おすすめ

ここでは、

をそれぞれご紹介します。

一人暮らしにおすすめの洗濯機

・シャープ ES-TX5D

コンパクトでも頼れるタテ型洗濯乾燥機シャープ『ES-TX5D』は、

・黒カビをブロックして節水効果もある「穴なし槽」
・やさしく洗える「おしゃれ着コース」

などの機能で、様々な洗い方をチョイスできて経済的にも優れた1台です。

商品詳細

【メーカー】シャープ
【モデル】ES-TX5D
【洗濯容量】5.5kg
【乾燥容量】3.5kg
【最大運転音】47dB
【時間】洗濯時38分/洗濯乾燥時320分
【水量】洗濯75L
【価格】54,980円〜(税込)
【公式HP】https://jp.sharp
【大きさ】52 × 59 × 98.5(cm)
(幅 × 奥行き × 高さ)
【色】シルバー系

  • 穴なし槽で清潔&節水
  • おしゃれ着コース
  • ガンコ汚れコース
  • 時短コース
  • 槽の樹脂まるごと抗菌、防カビ加工

5人以上の大家族におすすめの洗濯機

・パナソニック NA-FA120V2

温水専用ヒーター搭載のパナソニック『NA-FA120V2』は、

・洗剤液を温めてお湯で洗う「温水泡洗浄W」
・洗剤を泡立ててポンプで循環させる「泡洗浄W」

などの、多彩な洗濯メニューによる強力な洗浄力が魅力の1台です。

商品詳細

【メーカー】パナソニック
【モデル】NA-FA120V2
【洗濯容量】12kg
【乾燥容量】
【最大運転音】39dB
【時間】洗濯43分
【水量】洗濯150L
【価格】114,800円〜(税込)
【公式HP】https://panasonic.jp
【大きさ】64.3 × 105.6 × 67.2(cm)
(幅 × 高さ × 奥行き)
【色】ホワイト/シルバー

  • おしゃれ着コース
  • 自動おそうじ機能
  • 花粉コース
  • 除菌 / 消臭コース

2-3. 3万円以下の低価格なおすすめ洗濯機

  • 洗濯機,おすすめ

ここでは、3万円以下の低価格でも、十分な性能があるおすすめの洗濯機を2つご紹介します。

・ハイアール JW-C55D

空気の力で衣類の水分を飛ばす回転脱水機能付きのハイアール『JW-C55D』は、

・しわを抑えアイロンがけ時間を短縮する「しわケア」
・もみ洗いしながら洗浄する「3Dウィングパルセーター」

など、繊細な衣類も傷めることなく洗え、頼れる縦型全自動洗濯機です。

家電製品・家電流通ライター 藤山さん

ハイアールはシャープ同様に中国資本のメーカーですが、洗濯機の設計は元「三洋電機」が行っているので、安くて高品質なのが特徴です。

商品詳細

【メーカー】ハイアール
【モデル】JW-C55D
【洗濯容量】5.5kg
【乾燥容量】
【最大運転音】50dB
【時間】洗濯37分
【水量】洗濯90L
【価格】20,322円〜(税込)
【公式HP】https://www.haier.com
【大きさ】48 × 88.8 × 50(cm)
(幅 × 高さ × 奥行き)
【色】ホワイト・ブラック

・しわケア脱水
・チェッカードタンク

新型3Dウィングパルセーター


・東芝 AW-45M7

パワフル洗浄でしっかり洗う全自動洗濯機の東芝『AW-45M7』は、

・しっかり洗いたい時に頼れる「つけおきコース」
・少ない衣類を少ない水で洗える「最低水位12L」

など、日常のあらゆる洗濯シーンで柔軟に力を発揮してくれる1台です。

商品詳細

【メーカー】東芝
【モデル】AW-45M7
【洗濯容量】4.5kg
【乾燥容量】
【最大運転音】45dB
【時間】洗濯49分
【水量】洗濯110L
【価格】27,490円〜(税込)
【公式HP】https://www.toshiba-lifestyle.com
【大きさ】51 × 93.4 × 53.4(cm)
(幅 × 高さ × 奥行き)
【色】ピュアホワイト

  • パワフル洗浄
  • 槽洗浄コース

2-4. 便利な機能付きおすすめ洗濯機

  • 洗濯機,おすすめ

最後に、

など、便利な最新機能の付いたおすすめ洗濯機をご紹介します。

スマホと連携したおすすめ洗濯機

・日立 ビッグドラム BD-SX110EL

スマートフォンと繋がるドラム式洗濯乾燥機、日立『BD-SX110EL』は、

・細かな設定をしなくても賢くキレイに洗える「AIお洗濯」
・スマートフォンと連携し洗濯をサポートする「洗濯コンシェルジュ」

など、スマートフォンとAIならではの高機能でハイスペックな1台です。

商品詳細

【メーカー】日立
【モデル】BD-SX110EL
【洗濯容量】11kg
【乾燥容量】6kg
【最大運転音】48dB
【時間】洗濯33分、洗濯〜乾燥165分
【水量】洗濯78L
【価格】182,500円〜(税込)
【公式HP】https://kadenfan.hitachi.co.jp
【大きさ】60 × 106.5 × 71.5(cm)
(幅 × 高さ × 奥行き)
【色】ロゼシャンパン

  • AIお洗濯
  • ナイアガラ洗浄(洗剤検知)
  • 温水ナイアガラ洗浄
  • 強力循環ポンプ
  • 温水槽洗浄・槽乾燥
  • 温風ほぐし脱水
  • 洗濯コンシェルジュ

温水つけおき洗いができる洗濯機

・パナソニック NA-VX900AL

中身が見えるななめドラムのパナソニック『NA-VX900AL』は、 

・おしゃれ着も安心の2種類の「約40℃つけおきコース」
・タオルソムリエの技を実現した「タオル専用コース」

など、多彩な洗濯コースと、黄ばみも除去する強力な洗浄力を備えた1台です。

商品詳細

【メーカー】パナソニック
【モデル】NA-VX900AL
【洗濯容量】11kg
【乾燥容量】6kg
【最大運転音】46dB
【時間】洗濯32分、洗濯〜乾燥98分
【水量】洗濯78L
【価格】276,000円〜(税込)
【公式HP】https://panasonic.jp
【大きさ】63.9 × 105.8 × 72.2(cm)
(幅 × 高さ × 奥行き)
【色】ノーブルシャンパン/クリスタルホワイト

  • 約40 ℃つけおきコース
  • タオル専用コース​
  • パワフル滝コース
  • 温水泡洗浄W
  • ヒートポンプ乾燥 

3. 洗濯機に関するQ&A

最後に、洗濯機に関する3つの質問を、Q&A形式でご紹介します。

洗濯機を購入する前に役立つ情報ばかりですので、気になる質問からチェックしてみてくださいね。

Q1. 設置スペースはどこを確認すれば良い?

  • 洗濯機,おすすめ

A. 防水フロアーの大きさや、扉を開けたときの幅などを確認しましょう。

洗濯機を設置する際は、

  • 防水フロアーの大きさ
  • 排水溝の位置
  • 扉の開閉スペース
  • 水栓の高さと位置

などを確認する必要があります。

洗濯機の設置スペース 確認チェックリスト

□ 防水フロアーの内側は何cm × 何cmか?
□ 排水溝の位置は真下か? 横か?
□ 扉の開閉が可能か?
□ 蛇口までの高さが十分にあるか?

これらの情報を事前に確認したうえで家電販売員に伝えると、スムーズに購入〜搬入の手続きを進めることができます。

洗濯機,おすすめ
搬入スペースも確保しましょう

せっかく設置するスペースが確保できていても、搬入できなかったら意味がありません。

そこで、業者さんが搬入できるように、

  • 玄関ドア
  • 廊下
  • 階段(らせん階段も含む)
  • 洗濯機を設置する脱衣所のドア幅

などに、以下の図のようなスペースが確保できるかも確認しましょう。

◆ 洗濯機の搬入に最低限必要なスペース

  • 洗濯機,おすすめ

洗濯機が大きすぎると搬入する際に運べない可能性があるので、洗濯機の幅+6cm以上が確保できるかどうか確認してください。

幅の狭い外階段などは、壁が何cm立ち上がっているか事前に伝えておくことで、作業人数を増やして高く持ち上げて搬入するなど柔軟に対応してくれる場合もあります。

Q2. 服の汚れを落としやすくするコツは?

  • 洗濯機,おすすめ

A. 40℃前後のぬるま湯で洗うのがおすすめです。

衣服に付いた汚れは熱に弱いため、水洗いするよりも40℃前後のぬるま湯で洗うことでより汚れが落ちやすくなります。

  • 温水洗浄
  • 残り湯ではなく新しいお湯をお風呂にためてお風呂ポンプでお湯を汲み取る
    ※残り湯は汚れているため、洗剤の洗浄成分が汚れ湯をキレイにしてしまい、衣類に対して清浄力を100%発揮できなくなる

などを上手く使いましょう。

◆ 家電販売員のコメント

洗濯機,おすすめ
各メーカーが温水で洗える製品をつくりはじめています
家電販売員のコメント

「油汚れの付いた食器は、お湯で洗った方が落ちる」というのはイメージしやすいですよね? 洗濯機でも同じことがいえます。

油や泥は熱に溶けやすいので、ガンコな油汚れや泥汚れは、40℃以上の温水で洗うことでキレイに落とすことができます。

また洗剤の洗浄成分は、冷たい水より温水の方が活性化するので、ダブルで効果が得られます。

そのため洗濯機の各メーカーは、こぞって『温水洗い』の機能を製造しはじめており、いずれは温水洗いが常識になるかもしれませんね。

もし新築される方は、お風呂や洗面周りに給湯器の配管が来ているので、洗濯用の水栓もお湯が出るように工事すれば、温水洗浄の電気代を安くできます。

また、温水以外にも容量も重要です。

洗濯槽いっぱいに洗濯物を入れてしまうと、水や洗剤が奥まで浸透せずに汚れが落ちにくくなってしまうので、衣服を入れる際は洗濯槽の8割程度までに留めて詰め込みすぎないようにしてください。

洗濯機をよくみると「ここまで」などの線が示されている場合があるので、注意してみてください。そこが満杯の目印となるので、それより少し下までにしておきましょう。

Q3. どれくらいの頻度でお手入れをすれば良い?

  • 洗濯機,おすすめ

A. 2〜3週間に一度、市販の洗濯槽クリーナーで洗濯槽を洗いましょう。

洗濯槽が汚れてしまうと、

  • 衣服の汚れが落ちにくくなる
  • 洗い終えてもニオイが残ってしまう

といった問題が起こります。

とくに洗濯槽がステンレスでなく、プラスチックの場合は槽の外側の見えない部分にカビがたまりがちです。

洗濯物の仕上がりのニオイが気になったら、洗濯槽のカビを疑ってみてください。

ちなみに、「自動おそうじ機能」が付いている洗濯機でも、長時間放置すると汚れがたまってしまうのです。

そこで、洗濯槽を2〜3週間に一度キレイにすることで、カビやニオイを防止することができます。

市販の「洗濯槽クリーナー」でお手入れするだけで、十分キレイに保つことができます。

洗濯槽クリーナーの使い方

① 洗濯槽が浸るように40℃程度のお湯を入れる
② 分量を守って洗濯槽クリーナーを投入する
③ 2時間ほど放置する
(つけおきタイプの場合のみ)
④ 標準コースで洗濯機を運転する

4. まとめ

いかがでしたか? ここまで、おすすめの洗濯機やお手入れの方法などをご紹介してきました。

もう一度、洗濯機選びのポイントをまとめておきます。

また、改めておすすめの洗濯機が見たい方は、2. 特徴別|おすすめ洗濯機8選をチェックしてくださいね。

他の家電の記事を見る