あなたは、初めての社会経験の中で「就職したけど、今の会社は自分に合っていない。転職したい」と考えた事はありませんか?

「職場の人間関係がうまくいかない」
「残業が多すぎて自分の時間が全然取れない」
「思ってた仕事と違った」
「仕事がつらい、面白くない」
「同年代に比べて給料が少ない」

など転職を考える理由はさまざまですが、「キャリアが少ないけど本当に転職できるかな?」と不安になったり、「転職した後って実際どうなの?」と心配になったりする方も多いはずです。

そこで今回は、20代で転職を考えた事がある方のために、「20代の転職活動を成功させるためのコツ」「経験の少ない20代の人が実際に転職に成功した体験談」をお伝えします。

一般には公開されていない情報を含めてお伝えしていますので、本気で転職を考えている方は、ぜひ最後までお読みください。

(※この記事は、2017年2月時点での情報を参考にしています。)

1. 20代の転職活動の流れと基本

  • 20代 転職

「20代で転職」となると、初めて転職活動する方がほとんどだと思います。

その時「いったい何から始めれば良いんだろう?」と迷われる方も多いのではないでしょうか?

ここでは転職活動する時の心構えから、会社を辞めるまでの流れをポイントを押さえつつ説明します。

この順番通りに転職活動を進めれば、スムーズに次の職場を見つける事ができますので、ぜひ参考にしてください。

1-1. 転職と自分について知る

転職活動の第一歩として、まずは以下の3つを準備するようにしましょう。

●転職に対する心構え
●転職スケジュール
●自己分析
※項目をタップすると詳細箇所にジャンプします。

●転職に対する心構え

20代で転職を考える方の多くは「今の会社が自分に合っていない」と考えています。

もし、あなたも同じような理由で転職を考えているのでしたら、最初に

・希望する業界
・希望する職種

この2つを決めるようにしましょう。

すでに明確にやりたい事が決まっている方は大丈夫ですが、

・単に今の職場が嫌なのか
・そもそもその業界が嫌なのか
・業界は好きだけど職種が嫌なのか

といった転職したい理由を知っていないと、ネットで漠然と情報を見るだけになってしまい、転職活動を進める事ができなくなってしまいます。

また、

「どんな仕事があるのか調べてから決めたい」

という方もいると思いますが、この方法はおすすめできません。

「今のあなたが思いつかない仕事=元々興味がない」

という事ですので、転職しても「思ってたのと違った」と転職に満足できない可能性が高くなってしまいます。

スムーズに転職活動するためにも、情報を入れる前に「あなたがどんな仕事をしたいのか」軸を決めましょう。

20代 転職
注意

「この業界だけは嫌だ!」
「この職種だけは嫌だ!」

という軸の決め方はおすすめできません。求人は無数にありますので、この決め方だとゴールが定まらず転職活動が進まなくなってしまいます。「何がしたいか」という視点で軸を決めるようにしましょう。

●転職スケジュール

一般的に転職活動は

・自己分析
・情報収集(業界研究、会社探し)
・応募
・書類作成

・面接
・内定・退職

を3~6か月の間で行います。

ですが、これはあくまで目安ですのでこの期間に縛られる必要はありません。

特に、20代で転職する方の場合

「人間関係が辛くて今すぐ転職したい!」

という方もいれば

「一度会社を辞めてから、ゆっくり次を見つけよう」
「働きながら転職活動して、良い会社があれば転職したいな」

という気持ちの方もいらっしゃいますので、人によって転職活動にかける時間は違ってきます。

ですので、あなたの状況に応じて転職スケジュールを立てるようにしましょう。

ただ、なかには、どうやってスケジュールを立てたら良いか分からないという方もいると思います。その方はまず、

「いつから入社したいか?」

を決めるようにしてください。ゴールとなる日を決める事で、そこから逆算して

  • 20代 転職

と転職スケジュールを立てる事ができますので、これから転職活動をする20代の方はぜひ参考にしてみてください。

●自己分析

企業が中途採用をする時は、以下の4つのポイントを見ています。

・ポテンシャル(基礎学力、素養、職務遂行能力等)
・スタンス(仕事に対する価値観、考え方)
・ポータブルスキル(あなたの強み)
・テクニカルスキル(専門知識)

新卒採用では「ポテンシャル」「スタンス」が重視されていましたが、中途採用では「ポータブルスキル」「テクニカルスキル」も判断の基準になります(これら4つの総合があなたの「市場価値」となります)。

ですので「新卒採用の時に自己分析をした」という人でも、転職活動をする際は社会人経験を踏まえて改めて自己分析をするようにしましょう。

また、上の図で企業が求めているキャリア(価値)を知っておけば、書類や面接でアピールするポイントもおのずと分かってきますので、ぜひ覚えておいてください。

20代 転職
ポータブルスキルって?
一言でいうとあなたの「強み」の事です。ビジネスの場合では、どの職場でも必要とされる「対人力」「対自分力」「課題能力」の事をさします。
 
例えば、仕事でトラブルが発生した時でも常に冷静な判断ができる(ようになった)というのは「冷静沈着」というポータブルスキルであり、あなたの強みでもあります。
 
もし、自分の強みが何か悩んでいる方は、「リクナビNEXT」など転職サイトを利用すれば、簡単に自己分析できますので、参考にしてみてください。

1-2. 情報収集

  • 20代 転職

自己分析が終わったら次は情報収集しましょう。

ここでいう情報収集とは、あなたが転職したい企業について調べるのではなく、いわゆる「業界研究」の事です。

面接でもその業界についてどれくらい知っているか確認されるので、「転職に対する心構え」で決めた業界については必ず調べておきましょう。

また、転職までに時間がない方でも、転職サイトなどを利用すればネットで主要な情報は手に入れる事ができますので、隙間時間に調べるようにしてください。

反対に、時間に余裕がある方は、その業界の市場動向まで調べる事 をおすすめします。

20代の方を面接する場合、採用担当側もキャリアが浅い事 を承知しているので、「仕事に対する姿勢(やりたい事 )」「ポテンシャル」の方を重視します。

ですので、市場の動向を分析した上で、あなたがやりたいと思っている事 を書類や面接でアピールすると転職に成功しやすくなります。

1-3. 求人を探し応募する

  • 20代 転職

情報収集が終わったら、いよいよあなたが応募したい企業を探して応募します。

すでに応募したい企業が決まっている方は、企業のHPから応募する事 もできますが、一般的には転職サイトを利用するのをおすすめします。

その時、転職サイトには多種多様な企業が紹介されていて、「こんな業界もあるんだ」と新しい選択肢が出てきてしまうかもしれません。

ですが、それではいつまで経っても前に進む事 ができなくなりますので、企業を探す時は「転職に対する心構え」で絞った業界・職種から逸れないようにしましょう。

それでもなかには、良いと思える企業が見つからない方もいると思います。

そんな時は「2-1. 何を重視するか決めよう」を参考に、自分が新しい職場に求めるものを明確にして、それを基準に選ぶようにしてください。

応募が完了したら、履歴書や職務経歴書など必要な書類の準備もしておきましょう。

多くの方は、先に企業へ応募してから何を書こうか自己分析などを行うので、時間がかかってしまいます。

しかし、この記事をご覧のあなたは「1-1. 転職と自分について知る」で自己分析が完了していて、かつ、自己分析の結果を軸に企業に応募しているはずですので、時間をかける事 なく書類の準備ができるはずです。

1-4. 面接

  • 20代 転職

書類選考に通過したら、いよいよ面接です。

この段階まできたら新しく何かをする必要はありません。面接の時に伝える自己PRや志望動機、前職の退職理由などを、もう一度整理だけしておきましょう。

特に、面接では志望動機と退職理由は必ず聞かれますので、ネガティブな表現にならないように注意してください。

1-5. 内定・退職の準備をする

無事内定をもらえたら、今勤めている会社を辞める準備をしましょう。

もちろん、突然「今日で会社を辞めます」と言ってしまうと迷惑がかかってしまうので、勤めている企業の就業規則に則って辞めるようにしましょう。

また、会社を辞める時は引き継ぎはもちろんですが、取引先などお世話になった方々への挨拶も忘れないようにしてください。

関連記事:どうやって会社を辞めるのか分からない方はこちら
みんなの仕事辞めたい8つのホンネと理由別対処法

2. 20代での転職を成功させる3つのコツ

  • 20代 転職

1. 20代の転職活動の流れとポイント」では、20代の方が転職活動する時の全体の流れをお伝えしてきましたが、このチャプターではその中でも特に悩んだり、躓きそうなポイントについてまとめてあります。

分からない事を分からないまま転職して、時間が経って冷静になった後に後悔してしまっては、転職する意味がありませんので、少しでも不安な方はぜひ参考にしてください。

2-1. 何を重視するか決めよう

1-1. 転職と自分について知る」であなたが希望する業界と職種を決めていただきましたが、それでもなかなか応募したい企業が決まらないという方もいると思います。

そんな方におすすめなのが、

「次に働く企業で、譲れない部分と譲れる部分」

を決めるという方法です。

「なぜ、転職するのか?」の目的がハッキリすれば、企業を探す時の軸ができますので、スムーズに応募まで進む事ができます。

さっそく下の手順を参考に「次に働く企業で、譲れない部分と譲れる部分」を決めていきましょう。

手順1:紙に五角形を書き、あなたが働く上で大切にしたい要素を5つ書く

  • 20代 転職

上図の他にもいろんな条件があると思いますが、まずはあなたが絶対に譲れない5つに絞りましょう。

 

手順2:現在の状況について各5点満点(計25転満点)で自己評価する
※合計点数があなたの持ち点となります。

  • 20代 転職

現状
人間関係:1点
労働時間:4点
給料:4点
業界の将来性:3点
仕事内容:3点

合計:15点(あなたの持ち点)

このグラフから分かる事 は、現状「労働時間や給料にはある程度満足しており、仕事内容や業界の将来性は普通。ただ、人間関係は著しく悪い」という事です。

「人間関係は悪くても良いから、もっと給料を上げたい」という方もいると思いますが、今回の例の場合、人間関係を改善したいというのが転職の動機という設定で作業を進めていきます。

 

手順3:転職したら各項目を何点にしたいか書き込む
※手順2の持ち点と同じ合計点数になるようにつくりましょう。

  • 20代 転職

【転職後】
人間関係:4点
労働時間:3点
給料:3点
業界の将来性:3点
仕事内容:2点

合計;15点

このグラフから、「給料や労働時間が現状よりちょっと悪くなっても、人間関係が良い所に転職したい」という気持ちを視覚的に捉える事 ができます。

次の職場を探す時は人間関係の良さが一番のポイントという事が分かります。

何をどれくらい重視するか決まったら、後は的を絞って求人を探すだけです。

例えば、今回の場合「年齢が違い過ぎて価値観が合わない」と感じているのでしたら、若い社員が多い会社を探すのが良いでしょう。

また、「人と話さなくても良い環境=人間関係の良さ」と感じる方は、仕事の成果だけを見るような環境が合っているかもしれません。

いずれにしても、重視するポイントとその比率という軸が決まれば、何を見れば良いのかが明確になり、スムーズに転職先を探す事 ができるようになります。

ここで注意していただきたいのは、転職したからといって

  • 20代 転職

【転職後(NG例)】
人間関係:4点
労働時間:5点
給料:5点
業界の将来性:4点
仕事内容:4点

合計;22点

というようなグラフにはならない事です。

転職はあなたの総合点を増やすものではなく、あなたの持ち点を配点し直す機会だと考えてください。

非常に残念ですが、転職したからといって全て良くなるという事はありません。

ですので、なかなか応募したい企業が見つからないという方は、全ての望みを叶えるのではなく、

「譲れない部分と譲れる部分があって当たり前なんだ」

という視点で企業を探すようにしましょう。

2-2. あなたの価値を120%伝えよう

  • 20代 転職

自己分析」の中でもお伝えしましたが、企業が中途採用をする時は、あなたの市場価値(「ポテンシャル」「スタンス」「ポータブルスキル」「テクニカルスキル」)を重視しています。

ですから、履歴書や面接ではあなたの市場価値を伝えるだけで良いのですが、20代の方の中には、せっかく市場価値が高いのに、間違った伝え方や余計な情報を伝えるなどして内定を棒に振ってしまっている方もいらっしゃいます。

そうならないためにも、履歴書や面接で気を付けておくべき3つの事をお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

・ビジネスパーソンという意識を持とう

新卒者と転職者の大きな違いは、社会経験があるかどうかです。

それゆえ、中途採用の場合、たとえ20代であったとしても社会人としての基本的なスキルやビジネス感覚は持っていて当然と思われています。

ですので、面接や書類では社会経験を積んだ上での「強み」今後の展望を伝えて、ビジネス感覚や会社への貢献意識を伝えるようにしてください。

間違っても、「自分の長所はどこでも寝れることです」のような、ビジネスに繋がらない内容は伝えないようにしましょう。

もちろん、これはフリーターの方が正社員に転職する場合も同じです。

仮に、アルバイトの経験しかなかったとしても、そこで身に着けたポータブルスキルや、そのポータブルスキルをどう会社に活かせるのかといった、ビジネス感覚を伝えるようにしましょう。

・要望ばかり言わない

20代で転職する方のほとんどが

「職場の人間関係がうまくいかない」
「残業が多すぎる」
「思ってた仕事と違った」
「仕事がつらい、面白くない」
「同年代に比べて給料が少ない」

などいろんな悩みがあります。

だからこそ、「次の職場ではこうしたい!」という気持ちが強く働くはずです。 しかし、採用担当者は「あなたを採用する事で会社にどんなメリットがあるか」を知りたいと思っています。

そこで要望ばかり伝えてしまうと、あなたにどれだけスキルがあっても「会社に損を与える人」「自分の事しか考えていない」という印象が強くなってしまい、内定に繋がりません。

あなたの要望を叶えてくれるかどうかは、募集要項をじっくり読んだりSNSで企業名を検索してその会社に働いている人の姿を見て判断しましょう。

こうしてほしいという気持ちは分かりますが、履歴書や面接では「あなたが会社に提供できる価値」だけ伝えるようにしてください。

20代 転職
ワンポイントアドバイス
「あなたが会社に提供できる価値」を伝える時は、募集要項をしっかり読んで「会社が求めている人物」に沿うように伝えましょう。

・異業界や異職種に転職する時

「英語を使えるようになりたいからこの仕事をしたい」

もし、あなたが「このスキルを学びたいから」というような理由で転職を考えているのでしたら、注意が必要です。

もちろん向上心があるのは素晴らしい事 ですが、その理由で採用してもらえるのは第二新卒までと考えてください。

第二新卒の方の場合、「ポータブルスキル」や「テクニカルスキル」よりも、「ポテンシャル」「スタンス」の方が重視されるので、企業側も育てる事 を考慮して採用をしています。

しかし、20代後半では「ポータブルスキル」の方が重視されます。

そのため「こんな貢献ができます」という前提があってはじめて、「このスキルを学びたい」という要望を聞き入れてもらえると考えておくようにしましょう。

ですから、まずは「この人を採用する事でメリットがありそうだ」と思ってもらえるあなたの強みを伝えるようにしてください。

20代 転職
ワンポイントアドバイス
「ポータブルスキル」を伝える時は、その業界・職種に活かせるものだけをピックアップして話しましょう。関係のないスキルも伝えてしまうと、本当の強みが伝わりきらなくなってしまいます。

2-3. 転職エージェントを利用してみよう

この記事をご覧の方の中には、すでに転職活動をしている方もいるかもしれません。

もし、あなたが「会社にバレたくないから、1人でひっそりと転職活動してるけど、なかなかうまくいかない・・・」と行き詰っているのでしたら、転職エージェントを使ってみるのも良いでしょう。

転職エージェントとは、履歴書や職務経歴書の書き方から、あなたにおすすめの企業の選定や面接対策などを二人三脚で行ってくれるサービスの事です。

無料でサービスを利用できる事 はもちろん、客観的にあなたの事を見てくれるので、こうした方が良いというポイントを具体的にアドバイスしてくれます。

3. 状況別│20代の転職体験談」でも紹介していますが、転職エージェントを利用した事でスムーズに転職活動をできた人もいますので、これから転職活動する方や、今行き詰っている方は、ぜひ利用してみてください。

3. 状況別│20代の転職体験談

せっかく転職するのでしたら、次の職場では長く働きたいですよね。

転職活動に特別なスキルは必要ないのですが、それでも

「キャリアがないけど、本当に転職できるのかな?」
「未経験でも良いの?」
「転職した後って本当に後悔しない?」

と不安な方も多いと思います。

そこで、このチャプターでは、すでに転職に成功し新しい人生を送っている20代の方々の実体験を、取材を基に9つご紹介します。

あなたの転職活動の参考になると思いますので、ぜひ「自分の場合はどうだろう?」と考えながらご覧ください。

3-1. 働きながら転職に成功した人

20代 転職
休みが増えて、年収もアップしました!
私の転職体験談


僕は27歳の時にIT業界の営業から、同じくIT業界のエンジニアに転職しました。

待遇の改善に満足しています。前職では週休1日でしたが、現在は週休2日になりました。

また、前職では年収300万円でしたが、転職後は年収450万円にアップしました。

ただ、新しい会社で仕事を覚えるのは苦労しました。会社毎に違う文化があるため、仕事に慣れていくまでの間は困難の連続でした。

仕事に慣れるまでの間我慢できれば、きっと転職者でも通用します。

転職活動の時に苦労した点はスケジュール管理です。仕事の傍ら転職活動をするのは、とても大変です。特に、仕事と面接日程の調整には苦労しました。

転職エージェントとの面談はとても良かったです。面接のスケジュール調整を仲介してくれ、とても助かりました。

(27歳・男性)

3-2. 初めての就職活動で転職に成功した人

20代 転職
心も体も健康が一番だと実感しています!
私の転職体験談

僕は、飲食系接客業からIT業界総務職に転職しました。この時24歳だったと思います。

転職活動をする時に苦労した事 は、就職活動をせずに学生時代から勤めていた飲食店へそのまま就職したので、転職活動やそういった就職関係での動きがよく分からなかった点です。

また、正社員として3年以上働けなかったので、その点についても面接で指摘される事が多かったです。

口下手なので、転職の理由が上手く伝わっているか分からず、気持ちが折れるというのはこういう事なのかと実感させられました。

一方で、友人にお勧めされた就職エージェントの登録は正解だったように思います。

履歴書や経歴書の書き方、面接でのアピールポイントの工夫等を全て二人三脚で行ってくれたので、挫けず最後まで頑張れました。

最終的には他に面接を受けていた転職者にも負けない評価を頂けたと思っています。

転職して社内業務へと切り替わったので、ストレスやプレッシャーを感じなくなったのが大きな点だと思いました。

一方で、接客業を行っていた時は残業代で稼げていたので、それが無くなったのが少々痛い点でもあります。

しかし、社内体制や環境面が整っているので、給料が上がらなくても健康に配慮できるようになったのは満足できる点だなと感じています。

(24歳・男性)

3-3. キャリアがなくても転職に成功した人

20代 転職
やりがいがあって、私にピッタリの仕事です!
私の転職体験談

前の会社では事務の仕事をしていて、今は花屋に転職しました。

人間関係が良くなかったという事もありますが、それ以上に、毎日同じ作業の繰り返しで、全くやりがいを感じれなかったのが転職した理由です。

転職活動で苦労した事 は、花屋の経験がなく、知識もほとんどなかったため書類選考で何件も落とされた事 です。

それでも今の花屋に就職できたのは、周りの親しい人に意見やアドバイスをもらい、面接で、花屋で働きたい理由とやる気を主にアピールしたからだと思います。

転職してからは勉強する事 ばかりで、新しい体験をさせてもらえる事 が多かったので、とてもやりがいを感じて仕事をする事 ができています。

(25歳・女性)

3-4. 退職してから転職に成功した人

20代 転職残業がなくなり、自由な時間が増えました!
私の転職体験談

前職は総務部で、現職は広告代理店の広告部です。

22歳の時に転職しました。

前の会社は、月に4日しか休みがない事 と、残業代が出なく時給換算すると700円程度、仕事量が多く朝4時まで仕事をしていた事もあり、精神的、体力的に退職致しました。

転職活動をする際に、転職サイトから応募して何社か受けたのですがどれも落ちてしまいました。その後、派遣会社に登録したおかげで今の会社で働く事が決まりました。

派遣会社に登録後、すぐにたくさんの求人情報をくださったり、書類作成も面接の日程も全て派遣会社がとりまとめてくださいました。

勤務地は少し遠くなってしまいましたが、前の会社の事を理解をしてくださり、今は残業がない会社で働けて、とても感謝しております。

(22歳・男性)

3-5. 短期間で転職に成功した人

20代 転職
人間関係の悩みが無くなりました!
私の転職体験談

以前は複数の飲食店をフランチャイズ展開している会社に勤めていました。今は倉庫の作業員をしています。

前職の上司、社長はとても優しく接してくださり、温かく成長を見守ってくれていました。

しかし、ぼくが実際に勤務していたお店のパートの方々と考え方が合わず、仕事が嫌になってしまった事が転職のきっかけでした。

転職を決意してすぐに、ハローワークに出向いて登録手続きをしました。

まだ若かったので、募集条件を満たせるものも多く、その日のうちに面接を決めてくれたのが今の会社です。

以前は普段の休みもまともに取れず、朝5時から夜0時まで働くのが当たり前な日々で、とにかく休みが欲しい、人間らしい生活がしたいと思っていました。

今の会社は、以前に比べると給料が減りましたが、土日祝日休みで長期休暇もあり、平日も8時から17時の勤務なので、精神的にも肉体的にもとても楽になりました。

(26歳・男性)

3-6. 持病に合わせた転職先を見つけた人

20代 転職
自分の病気と上手く付き合えるようになりました!
私の転職体験談

僕が転職したのは22歳の時です。ちなみに前職は建設会社で現職が派遣社員です。

転職活動で苦労した点は、自分の病気である不眠症と付き合える職が中々なかった事です。

過去にあるきっかけで自分は不眠症に陥ったのですが、その不眠症のせいで仕事に遅刻してばかりでした。

言っても無駄だと思い、事情を隠していた僕も悪かったんですが、とにかく怒られてばっかで、ついに転職を考えたのです。正直、遅刻をしては怒られるの繰り返しでストレスもたまり気味でした。

転職活動中は、好きな時になるべく希望の時間で働ける現在の仕事を見つけるまでは、本当に自分の不眠症と付き合える仕事がなくて苦労しました。

僕の病気である不眠症とこれほどマッチした職はないと思います。

(22歳・男性)

3-7. 未経験の「業界」へ転職に成功した人

20代 転職
仕事のストレスから解放されました!
私の転職体験談

前職は家庭教師の事務とテレアポで、今は動物関係の仕事をしています。

私が転職したいと思ったきっかけは、テレアポが精神的にきつかったからです。1軒1軒電話をし、家庭教師の無料体験のご案内をしていました。

怒られて切られる事もたくさんありましたし、どこで電話番号を知ったのかなどクレームもたくさんありました。対応に毎日追われ、ストレスが溜まり体調を崩してしまいました。

周りにも相談できず、1人で抱え込んでいたのが本当に辛かったです。

私は、動物が大好きなので今の環境にとても満足しています。今の仕事に必要な資格も取得しましたし、社長が私の事を信用してくれているのが本当に嬉しいです。

今までの職場は、嫌な事がたくさんありましたが、嫌な事があっても動物を見るだけで癒されるので最高な職場です。

(23歳・女性)

3-8. 未経験の「職種」へ転職に成功した人

20代 転職
ずっと居たいと思える職場に出会えました!
私の転職体験談

前職では飲食、サービス業で列車内での車内販売業務を行なっていました。不規則な勤務時間に体がだんだんと追いついていかなくなってしまい退職をしました。

将来的に一つの企業で長く勤めたいという思いがあり、デスクワークの仕事を探し始めました。

私自身は事務業務などのキャリアが全くなく、条件の良い企業を見つけ応募も何件かしてみましたが書類選考で落ちる事は多々ありました。

そんな時、自分がしたい事をもう一度見つめ直した時に、接客自体は好きな業務だったのでテレフォンオペレーターという仕事を見つけるに至りました。

転職をしてから土日休みの規則的な勤務になったため生活のリズムを整える事ができて満足しています。

給料面では若干前職よりも下がってしまいましたが、社内の人間関係も良好なので長く身を置ける職場だなと思います。

(24歳・女性)

3-9. 仕事が多忙でも転職に成功した人

20代 転職
プライベートを楽しめるようになりました!
私の転職体験談

僕は24歳の時に転職しました。

前職は技術・サービス業、現職は製造・管理です。

前職は機械技術の出張修理サービス業務で、全国規模で出張しなければならず(長期を含め)、当日に急な依頼で出張になったり、世間が長期休暇の間に仕事をしなければならなかったりと、友人とも都合を合わせづらく、融通がききませんでした。

転職にあたっては、情報過多になり過ぎて迷ってしまわないように、「これだ!」っと思ったものにはすぐに応募するようにして、他の求人情報を見ないようにしました。

今の職場は人手不足でたまに夜勤に組み込まれたりもしますが、その分夜勤手当も出ますし、何よりも私生活の予定が立てやすくなりました。

現在の業務や環境に慣れるまで、多少の気苦労もありましたが、毎週末に決まった休日が取れる事の嬉しさを噛み締めています。

残業はちょっと増えましたが、給与も増えたので満足です。

(24歳・男性)

4. 20代におすすめの転職サイトTOP3

転職活動では必須ともいえる転職サイト選び。

今回は編集部が厳選した20代の転職者におすすめしたい3つの転職サイトをランキング形式で紹介します。

ぜひ、参考にしてみてください。

1位:リクナビNEXT

リクナビNEXT」は転職者の8割が利用している、会員数600万人以上掲載求人数常時5,000件以上新着更新求人が毎週1,000件以上の国内最大規模の転職サイトです。

また、求人情報だけではなく、あなたの強みを短時間で発見できる自己診断ツール「グッドポイント診断」

企業から直接オファーが届く「スカウト機能」

業界最大手ならではのノウハウ・ネットワークを存分に生かし豊富なコンテンツが用意されています。

特に、匿名で利用できる「スカウト機能」は、あなたの条件に合った求人を自動で紹介してもらえるので、忙しくてなかなか時間を作れないという方でも、安心して転職活動を始める事ができます。

なかには、書類選考なしの面接確約オファー非公開求人のオファーなどもありますので、転職成功への近道になるはずです。

転職サイトによっては、求人数やコンテンツ数に希薄な部分があり、複数のサイトを使い分けたり情報の管理が大変になりますが・・・

リクナビNEXTは求人の多さ・サービスの豊富さなど、まさに「all in one(オールインワン)」の転職サイトですので、「効率的」「あなたの望む企業」へ転職したい方におすすめです。

【公式HP】https://next.rikunabi.com

20代の転職を成功させる

2位:ピタジョブ

ジャストシステムという東証一部上場企業のシステム会社が運営している転職サイトです。独自システムによるサイトの使い易さ求人の豊富さが特徴です。

提携している人材紹介会社の求人と合わせて20,000件以上の求人を、このサイト一つでまとめてチェックする事ができます。

一画面で企業比較ができるので、「ページを開いては戻る」という面倒な作業は必要ありません。

また、「働きがい」「安定性」「働き易さ」など、あなたのこだわりに合わせた「わがまま軸・こだわり条件」や、今までの経歴とは異なる新しい働き方を見つける「クラスチェンジ」 など、多彩な切り口で求人を見つけらるのもおすすめポイントです。

かなり細かく条件を絞っても求人が出てきますので、いろいろこだわりたい20代の方におすすめのサイトです。

【公式HP】https://lets.pitajob.jp

3位:MIIDAS

「DODA」でお馴染みのインテリジェンスが運営する新感覚の転職サイトとして話題のMIIDAS。

MIIDASはアプリを使って簡単に市場価値を計測し、それにマッチした企業からオファーメールがもらえる仕組みになっています。

他の転職サイトと違って、オファーを受けた場合は書類審査免除で「面接確約」となっているので、本気度の高い企業が多いのも特徴です。

登録して待つタイプの転職サービスとなりますので、「転職活動に時間をさけない」「短い期間で転職を決めたい」という20代の転職者におすすめです。

【公式HP】https://miidas.jp

5. まとめ

いかがでしたか?

30代40代と年齢を重ねるごとにキャリアが重視されてきますが、20代の転職は「1. 20代の転職活動の流れとポイント」で紹介した事を押さえてあれば、特別なスキルは必要ないとご理解いただけたと思います。

それでもまだ不安がある方は「3. 状況別│20代の転職体験談」を見てみてください。あなたと同じ状況の人が転職に成功して、今より良い人生を手に入れています。

もし、今あなたが「就職したけど、今の会社は自分に合っていない」と考えているのでしたら、5年後10年後「こんなはずじゃなかった・・・」と後悔する前に、勇気を出して転職してみる事をおすすめします。

他の転職に役立つ情報を見てみる