「転職を考え始めたけれど、転職活動のやり方が分からない・・・」

「転職サイトってたくさんあるけど、どこを使えばいいのか分からない・・・」

「どのサイトに自分が望む仕事があるのか分からない・・・」

いざ転職を考えてみたけれど、このようにスタート地点で悩んでしまって、なかなか踏み出せないという方が多いのではないでしょうか。


転職活動を効率良く進めるためには、転職活動の全体像を正しく理解し、自分に合った転職サイトを利用することが大切です。

そこでこの記事では、

  • 転職サイトを使った、効率的な転職活動の進め方
  • 自分に合った転職サイトの選び方
  • おすすめ転職サイトTOP3

などを詳しくご紹介します。

また、転職サイトと合わせて利用したい転職エージェントについても、記事の最後にご紹介しています。

ぜひこの記事を参考にして、転職活動を成功させてくださいね。

先におすすめの転職サイトを知りたい方は、「2. おすすめ転職サイトTOP3」からジャンプしてチェックしてみてください。

(※この記事は、2017年2月時点での情報を参考にしています。)

1. 転職活動のスタートは転職サイトの登録から

  • 転職サイト おすすめ

これから転職活動を始めようと考えている方にまず知ってほしいのが、転職活動の全体像とその効率的な進め方です。

転職活動の全体像が分からなければ、その大変さに尻込みするばかりで、具体的な目標を立てたり、行動に移したりすることができません。

また、効率的に転職活動を進めなければ、自身のキャリアの棚卸しや企業研究などの重要な作業に効果的に力を配分することができません。

初めて転職活動を行う方や、働きながら転職活動を行う方ならなおさらです。

そこで、この章ではまず、転職活動の全体像とともに、転職活動を効率的に進めるためには欠かせない転職サイトについてご紹介します。

1-1. 転職活動のペースメーカーとして転職サイトを利用しよう

自己分析・履歴書や職務経歴書の作成・面接対策など、転職活動にはさまざまな準備が必要ですが、効率よく転職活動を進めたいならば、まずは転職サイトの登録から始めましょう。

なぜなら、転職サイトの利用は無料でありながら、マラソンでいうペースメーカーのように、転職活動全体にわたって、さまざまなサポートを提供してくれるためです。

そのため、転職活動の第一歩には、転職サイトの登録をおすすめします。

  • 転職サイト おすすめ

上の図は、転職活動において準備すべき主な3つのタスクを表しています。

そして、転職サイトはどのタスクにおいても、強力なサポートを提供してくれます。

そのため、自分に合った転職サイトをうまく使いこなして転職活動を行うことが、転職活動を効率的に進める鍵になります。

これから転職活動を始めようと考えている方には、まずは転職サイトに登録し、転職サイトが提供しているさまざまなツールを有効に活用しながら、転職活動を行うことをおすすめします。

以下に、転職活動において準備すべき主なタスクと、それぞれのタスクにおいて転職サイトが果たしてくれる役割を、それぞれ簡単にまとめてみます。


  • 転職する目的の明確化
    ー転職理由・キャリアプランを明確にしよう
  • 転職サイト おすすめ

転職を決意する理由は人それぞれです。

「給与に不満がある」「職場の人間関係がストレス」など現職への不満から転職を考える人もいるでしょうし、「他にやりたい仕事がある」「専門知識・技術を習得したい」などキャリアアップを図るために転職活動を始める人もいるでしょう。

ここで大切なことは、ポジティブな理由であれネガティブな理由であれ、転職する目的を明確に把握することです。

転職する目的を明確にすることで、自分が仕事において何を重視しているのかが鮮明に見えてきます。

この、「自分が仕事において何を重視しているのか」を具体的に把握することは、転職先企業を選ぶ際にも、さらにはまた、これからのキャリアプランを描く際にも重要な軸となります。

多くの転職サイトでは、他の転職者がどのような理由で転職を決意したかや、将来のキャリアプランを描く際の助けとなるさまざまなツールを提供しています。

ぜひ、転職サイトを活用して、自分の転職理由やキャリアプランを明確に把握するようにしてください。


  • 応募書類作成
    ー自己分析・キャリアの棚卸しをしよう
  • 転職サイト おすすめ

企業に応募するにあたって必ず必要になってくるのが、履歴書・職務経歴書などの応募書類です。

書類選考を通過するためにも、また、その後の面接は自分が提出した履歴書や職務経歴書に沿って進められることがほとんどですので、面接対策という意味でも、応募書類の作成は重要になります。

ここで大切なことは、自分の強みや、これまでの経験をきちんと伝えられるように、これまでの自分を客観的に見つめなおすことです。

この、「自分の強みやこれまでのキャリアを棚卸しし、客観的に捉える」作業は、応募書類作成だけでなく、何よりも有益な面接対策ともなります。

多くの転職サイトでは、応募書類の作成方法や自分の強みの見つけ方などについて、さまざまなコンテンツやツールを使ってサポートしているので、ぜひ活用してみてください。

  • 面接対策
    ー業界・企業研究をしよう
  • 転職サイト おすすめ

書類選考を通過すれば、次は面接です。

上記のように、転職する目的を明確にし、応募書類を作成する中で、自分についてはかなり客観的に理解し、伝えられるようになっているはずです。

あとは、転職したいと考えている応募先企業についても知る必要があります。

そこで、志望業界の動向や志望企業についても研究しましょう。

ここで大切なことは、「志望企業で活かせる自分の強みは何か」「なぜその企業を志望するのか」という点を、きちんと意識しながら面接対策を進めることです。
 

業界研究や企業研究においても、転職サイトは欠かせません。

企業のHPだけでは得られない情報も多く載っているため、ぜひ転職サイトの情報をうまく活用して、ご自身の面接対策に役立ててください。

1-2. 転職サイトと転職エージェントの違いを知ろう

  • 転職サイト おすすめ

次に、転職サイトの選び方をご紹介する前に、転職サイトと混同しがちな転職エージェントについてもご紹介します。

転職エージェントとは、キャリアアドバイザーと呼ばれる転職支援のプロが、転職相談から、企業紹介・面接セッティング・給与交渉に至るまでをサポートしてくれるサービスのことです。

転職サイトと同様、転職エージェントの利用も完全無料です。

そのため、転職サイトと転職エージェントを併用して転職活動を進めることをおすすめします。

以下に転職サイトと転職エージェントの主な違いをまとめてみます。

 

転職サイト

転職エージェント
会員
登録
誰でも登録・利用可能 登録基準を満たさない場合、利用できない

キャリアアドバイザーとの面談がある
求人を
探す
自分で探す 非公開求人を含めて、企業紹介を受けられる

業界/企業
研究

自分で研究する 志望企業の内部情報を含めて、
情報提供を受けられる
応募書類
作成
自分で作成する アドバイスや添削指導を受けられる
面接対策 自分で対策する アドバイスや模擬面接を受けられる
内定後の
調整
自分で調整する 入社日・給与等の調整を代行してもらえる

このように、転職サイトは、すべてを自分でやらなければなりませんが、これは逆にいえば、自分のペースでコツコツ転職活動を進めたいという方にはおすすめです。

一方で、転職エージェントは、転職支援のプロのサポートを受けながら、スピーディーに転職活動を進めたい方におすすめです。

そして、より効率的に転職活動を行うためには、転職サイトと転職エージェントをうまく併用していくことが大切になります。

転職サイトと転職エージェントの有効な併用方法については、「4-1. 自分に合った転職エージェントを選ぼう」でご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

1-3. 自分に合った転職サイトを選ぼう

  • 転職サイト おすすめ

以上のように、転職活動を効率的に進めるには、まず最初に転職サイトに登録し、サイト上のさまざまな情報やツールを活用しながら、転職活動上のタスクを達成していくことが有効です。

それでは、ここからは実際に、どのような基準で転職サイトを選べばいいのかをご紹介します。

転職サイト おすすめ
転職サイトの選び方
・大手転職サイトを1つ
・志望業界に強い転職サイトを1つ

転職サイトによって、掲載している求人数や求人企業は異なります。

よって、できるだけ多くの企業に出会えるようにするためにも、利用する転職サイトを一つに絞ることはおすすめできません。

かといって、やみくもに転職サイトに登録しても、管理が難しくなり、効率良く転職活動を進めることができません。

目安としては、幅広く求人をチェックするために、求人企業件数が多い大手転職サイトに一つ登録し、もう一つはご自身が志望する業界に強い転職サイトに登録することをおすすめします。

以上を踏まえた上で、次の章からは、おすすめの転職サイトをご紹介します。

2. おすすめ転職サイトTOP3

転職サイトの選び方では、「大手転職サイトを1つ・志望業界に強い転職サイトを1つ」登録することをおすすめしました。

そこで、この章では幅広く求人をチェックでき、転職ノウハウに関するコンテンツも豊富な大手転職サイトの中から、転職活動のスタートにピッタリの、おすすめの転職サイトTOP3をご紹介します。

1位:リクナビNEXT

転職者の約8割が利用する日本最大級の転職サイトです。

求人件数は常時5,000件以上(そのうち85%がリクナビNEXT限定求人)で、登録者数は600万人以上を誇ります。

転職活動のスタートに、まずは登録しておきたい転職サイトです。

  • 業界最大のスカウト機能

匿名レジュメを登録すると、興味を持った企業や、専門分野に強く、企業と独自のパイプを持つ転職エージェント(約400社)からスカウトメールが届きます。

  • SPI診断に基づいて開発されたグッドポイント診断

自己分析や適職診断に最適で、志望企業に添付して応募することも可能です。

  • 転職成功実績No.1のリクルートエージェントに同時登録可能

レジュメを登録すると、業界最多約10万件の非公開求人、累計37万人以上の転職を実現したリクルートエージェントに同時登録が可能です。

【公式HP】https://next.rikunabi.com

◆実際に使った人の口コミ

転職サイト おすすめ
大手ならではの安心感!
利用者の声
大手の転職サイトなので、安心して登録して使える点がとても良かった。また、求人件数が豊富で、やりたい仕事をすぐに見つけることができた。
(北海道札幌市・30歳男性)
転職サイト おすすめ
メインの転職サイトとして重宝しました!
利用者の声
就活の時にもリクナビにはお世話になり、求人件数も多いのでメインで利用していました。資格をいくつか保有していたので、それを見てスカウトをくれる企業がいくつかあり、その中から行動して転職活動を行いました。面接のコツなどを書いているコンテンツもあり、非常に役立ちました。
(大阪府・29歳女性)
転職サイト おすすめ
シンプルで見やすいデザイン!
利用者の声
求人件数・新着求人件数ともに多い。たくさんの求人があると羅列されているだけで、見づらいサイトがあります。しかし、リクナビNEXTはサイトデザインがシンプルで、見やすかったです。たくさんの求人を見る上では、こうしたシンプルな見やすさは大切だと思いました。
(北海道札幌市・32歳男性)

リクナビNEXTを使って転職活動を始めてみる

 

2位:DODA

株式会社インテリジェンスが運営する、大手転職サイトで、登録者数は約339万人になります。

1つのサイトで転職サイト・転職エージェント両方のサービスを利用できる求人情報サイトです。

  • 転職サイトと転職支援両方のサービスを利用可能

転職支援サービスに登録すれば、1つのサイトで転職サイト・転職エージェント両方のサービスを利用できます。

  • 豊富な診断ツールを利用可能

年収査定やキャリアタイプ診断・合格診断など、転職活動に役立つ豊富な診断ツールを利用できます。

  • (書類選考なしの)面接確約オファー

経験・スキルによっては、書類選考なしで必ず面接が受けられる、プレミアムなオファーが届くこともあります。

【公式HP】https://doda.jp

◆実際に使った人の口コミ

転職サイト おすすめ
自分の特性を理解するのに役立った!
利用者の声
年収査定をしてくれたり、自分の特性を判定してくれるサービスがとても役立ちました。また、自分の特性に合致しそうな求人を毎日送ってくれるため、情報量がとても多くて良かったです。エージェントからスカウトメールを頂き、相談に乗ってくれたことが転職活動をスムーズに進めるきっかりになり、とても助かりました。
(東京都・32歳男性)
転職サイト おすすめ
転職エージェントのサービスが良かった!
利用者の声
いくつか転職エージェントに登録したが、DODAは登録してからの連絡も早く、担当者がこちらの希望をしっかり聞いて、自分に合う仕事を探してくれた。職務経歴書の書き方で迷っていたが、サイト内に書式と書き方のサンプルがあり、分かりやすく解説していたので、あまり苦労せず作ることができた。転職エージェントは、希望に合う案件があった場合、随時連絡をしてくれた。
(神奈川県横浜市・29歳男性)
DODA転職フェアで頑張っているのは自分だけじゃないと実感!
利用者の声
DODA転職フェアが定期的に開催されるので、転職で頑張っているのは自分だけではないと不安感を取り除けました。またエージェントの方の対応が丁寧で、面接ではどのような心構えで臨めば良いか、どのような服装で伺えば良いかといった実践的なアドバイスを数多く頂けたのが嬉しい点でした。
(東京都・24歳男性)

 

3位:マイナビ転職

多くの学生が利用している新卒向け就職情報サイト「マイナビ」の転職版サイトで、若いビジネスマンからの人気が高い転職サイトです。

リクナビNEXT・DODAに並ぶ大手転職サイトで、登録者数は約386万人です。

  • 20代~30代からの高い支持

登録者の50%以上が35歳以下と、若手社会人から広く支持を受けています。

  • 充実した転職ノウハウを提供

履歴書・職務経歴書の書き方や面接対策など、豊富なコンテンツで転職活動をバックアップしています。

  • 未経験者歓迎の求人が豊富

若手社会人に多く利用されているため、未経験者でも挑戦できる求人が多い特徴があります。

【公式HP】https://tenshoku.mynavi.jp

◆実際に使った人の口コミ

転職サイト おすすめ
豊富な求人の中から、経験不問の希望業種に転職!
利用者の声
転職エージェントも利用していましたが、経験がない職種はあまり紹介してもらえませんでした。マイナビ転職では経験不問の希望業種を見つけることができ、転職することができました。掲載企業が多いだけでなく、検索も充実していて見やすかったです。また、WEBで履歴書を保存できることも重宝しました。
(三重県・28歳女性)
転職サイト おすすめ
転職MYコーチで自信が持てる職務経歴書が完成!
利用者の声
いくつかのサービスに登録していたのですが、「マイナビ転職」が一番使える転職サイトでした。求人件数はもちろん、他では扱っていない会社の情報を数多く知ることができました。個人的には、経理職での転職を目指していたのですが、求人件数も多く、給与などの条件も満足できる企業が多くて助かりました。サポート面も充実していて、中でも「転職MYコーチ」は非常に役立ちました。これを活用することで、職務経歴書はかなり自信が持てる内容のものを作成することができたと思っています。
(埼玉県・36歳男性)
転職サイト おすすめ
企業からオファーが届きました!
利用者の声
すごく細かい条件で検索できて便利でした。またメールマガジンに登録すると、自分に合った求人などに絞って送ってきてくれて良かったです。あとは、スカウトサービスで自分にオファーが届き、応募しやすい状況を作ってくれるのでとても助かりました。
(大阪府・28歳女性)

3. タイプ別おすすめ転職サイト9選

ここからは、ランキングには入らなかったものの、特定の業界や分野に強いなどの特色を持ったおすすめの転職サイトをご紹介します。

また、ここでご紹介するものの中には、転職サイトというよりは転職エージェントといえる転職支援機能を持ったものもありますので、それぞれについて、転職サイトタイプか転職エージェントタイプかを記載します。

3-1. 女性の方向け

女の転職@type

長く働きたい女性を応援する転職サイトで、求人数は1,000件以上、登録者数は約65万人にのぼります。

9割以上が正社員または正社員登用有りの求人で、「女性管理職有」「育児と両立」など、女性ならではのこだわりの検索条件で求人を探すこともできます。

【タイプ】転職サイトタイプ
【公式HP】https://woman.type.jp

3-2. 第二新卒の方向け

Re就活

20代の第二新卒・既卒の方向けの転職サイトで、登録者数は約60万人です。

これまでの経歴よりもポテンシャルを重視する求人が多く、「ワークライフバランスが自慢」「教育制度が充実」など多様な特徴をもつ求人を数多く掲載しています。
【タイプ】転職サイトタイプ
【公式HP】https://re-katsu.jp/career

3-3. 多彩な切り口から求人を探したい方向け

ピタジョブ

ピタジョブ独自の求人だけでなく、企業の求人サイトや提携している人材紹介会社の求人まで、20,000件以上の豊富な求人の中から、こだわりの条件で検索できる転職サイトです。

また、現職と転職後の職場環境をグラフで比較できるなど、希望条件とのマッチングが一目で分かります。

【タイプ】転職サイトタイプ
【公式HP】https://lets.pitajob.jp

3-4. ハイクラス求人を探している方向け

CAREER CARVER

株式会社リクルートキャリアが運営する、年収750万円以上のエグゼクティブ限定の転職サイトです。

レジュメを登録すると、経歴・スキルに合った求人情報を保有するヘッドハンターからのスカウトメッセージが届くほか、リクルートキャリアが提携する経験豊富なヘッドハンターの中から、自ら相談したいヘッドハンターを選ぶことも可能です。

【タイプ】転職エージェントタイプ
【公式HP】https://careercarver.jp

3-5. IT・Web業界に転職したい方向け

Green

IT・Web業界を中心に、求人件数は5,000件以上(そのうち60%はIT・Web関連職)、登録者数約30万人に利用されている転職サイトです。

行動履歴に沿って、合格確率が高い求人が自動的にレコメンドされるなど、充実のマッチングサービスを提供しています。

【タイプ】転職サイトタイプ
【公式HP】https://www.green-japan.com

3-6. クリエイティブ業界に転職したい方向け

マスメディアン

宣伝会議グループが運営する、広告・Web・マスコミ職種専門の転職支援サイトです。

これまでに4万人以上の転職支援実績を誇るそのノウハウと、宣伝会議のグループ力を駆使したネットワークを活かした豊富な求人で、クリエイティブ職への転職を支援します。

【タイプ】転職エージェントタイプ
【公式HP】https://www.massmedian.co.jp

3-7. エンジニアの方向け

all engineer [転職]

「すべてのエンジニアのためにあらゆる選択肢を」をコンセプトに、転職サイト・企業の求人サイト・ハローワークの求人情報の中からエンジニア案件を集約して掲載しています。

エンジニア求人数は100,000件以上と日本最大級で、提携している転職サイト・転職エージェントに一括登録が可能です。

【タイプ】転職サイトタイプ
【公式HP】http://all-engineer.jp

3-8. 看護師の方向け

看護のお仕事

看護師専用の転職支援サイトとして、全国12万件を超える事業所情報を掲載しており、月間20万人の看護師に利用されています。

看護師特有の悩みを熟知し、各地域に特化した看護師転職のプロである専任のキャリアアドバイザーから、非公開求人の紹介や面接対策、円満な退職方法など、転職活動全般に渡るサポートを受けられます。

【タイプ】転職エージェントタイプ
【公式HP】https://kango-oshigoto.jp

3-9. 薬剤師の方向け

薬キャリ

20万人以上の医師・10万人以上の薬剤師をはじめ、70万人以上の医療従事者が利用する日本最大級の医療従事者専用サイト「m3.com」を運営するエムスリーグループが手がける転職支援サイトです。

4万件以上の求人件数を誇り、全国の提携コンサルタント企業の求人を一括で検索することも可能です。

特に女性向け・主婦向けの求人には定評があり、「ママ薬剤師におすすめ」「未経験・ブランクのある方」「産休・育休取得実績あり」など、さまざまな就業ニーズに合わせて仕事を探すことができます。

【タイプ】転職エージェントタイプ
【公式HP】https://pcareer.m3.com

4. 転職エージェントを有効に使おう

  • 転職サイト おすすめ

ここまでは、転職サイトを中心にご紹介してきましたが、ここからは、転職サイトと併用することで、より一層効率的に転職活動を進めることができる転職エージェントについてご紹介していきます。

転職エージェントとは、「1-2. 転職サイトと転職エージェントの違いを知ろう」でご紹介した通り、キャリアアドバイザーと呼ばれる転職支援のプロが、転職相談から、企業紹介・面接セッティング・給与交渉に至るまでをサポートしてくれるサービスのことです。

転職活動において非常に強力な味方となる転職エージェントですが、場合によってはデメリットも生じます。

以下に生じうるデメリットをまとめると、

  • 転職エージェントの登録基準を満たしていない場合、利用することができない
  • キャリアアドバイザーとの面談、電話連絡等で時間を取られる
  • 自分の希望に沿わない求人を紹介されてしまうことがある

になります。

このように、デメリットといえる面もある転職エージェントですが、それを補って余りあるサポートが得られるため、転職サイトと合わせて利用することをおすすめします。

4-1. 自分に合った転職エージェントを選ぼう

転職サイトと同様に、やみくもに転職エージェントに登録しても、時間を取られるばかりで、効率的に転職活動を進めることができません。

転職サイト おすすめ
転職エージェントの選び方
・信頼できるエージェントを1~2社程度

転職エージェントを選ぶ際は、キャリアアドバイザーと呼ばれる担当者との相性が重要になります。

また転職サイトと同様、転職エージェントによって持っている求人も異なります。

自分が信頼できると思える転職エージェントを1~2社程度見つけたら、その転職エージェントに絞って転職活動を進めることをおすすめします。

転職エージェントのデメリットとして挙げたように、あまり多くの転職エージェントを利用しても、面談等に時間を取られて対応が難しくなるためです。

転職エージェントによるサポートが打ち切られたり、担当者との連絡が途絶えがちになったりした場合などは、新たに他の転職エージェントを見つけるようにしましょう。

このように、効率的に転職活動を進めるためには必須の転職サイトと転職エージェントですが、その有効な併用方法をまとめると、以下の通りになります。

転職サイト おすすめ
転職サイトと転職エージェントは両方とも利用しよう!

・転職サイトは、大手転職サイトを1つ、志望業界に強い転職サイトを1つ
・転職エージェントは、信頼できるエージェントを1~2社程度
を目安に選んで、転職活動を始めましょう。

4-2. 転職サイトと併用したい転職エージェント4選

それではここからは、転職サイトと合わせて利用したい、おすすめの転職エージェントを4社ご紹介しますので、参考にしてみてください。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1だからこそできる手厚いサポートで、転職希望者から圧倒的な人気を誇る転職エージェントです。

リクナビNEXTにレジュメを登録すると同時登録が可能なので、リクナビNEXTと併用したいサービスです。

  • リクルートグループが誇る企業との幅広いパイプ

約10万件の非公開求人を含む業界トップクラスの求人件数の中から、自分に合った仕事を探せます。

  • 業界TOPクラス約470名の経験豊富なキャリアアドバイザー

それぞれの業界・職種に精通したキャリアアドバイザーから、ご自身のキャリアの棚卸しから書類選考・面接対策などのアドバイスを受けられます。

  • 累計37万人以上の転職成功実績に裏打ちされた転職ノウハウ

社風や業績など独自に収集・分析した「AGENT Report」や、面接力をUPする「面接力向上セミナー」などの登録者限定の豊富なバックアップが用意されています。

【公式HP】http://www.r-agent.com

パソナキャリア

人材派遣会社大手パソナグループのパソナキャリアカンパニーが運営する転職エージェントです。

その企業との幅広いパイプと転職ノウハウを活かして、転職希望者をトータルでパックアップしてくれます。

  • 年収アップ率67.1%

豊富な求人の中から、各業界に精通したキャリアアドバイザーが、利用者一人一人に最適なキャリアプランを提案、高い年収アップ率を実現しています。

  • 総合人材サービスの先駆者

これまで25万人の転職を支援し、取引実績16,000社の実績から得られる、多くの非公開求人を有しています。

  • 内容充実の「転職必勝ガイド」

登録、来社した人全員にプレゼントされる「転職必勝ガイド」には、転職活動にまつわるあらゆるノウハウが詰まっています。

【公式HP】http://www.pasonacareer.jp

type転職エージェント

転職サイト「@type」や「女の転職@type」を手掛ける株式会社キャリアデザインセンターが運営する転職エージェントです。

転職サイトで長年培ってきた企業とのネットワークや転職ノウハウを活かした、きめ細やかなサポートが魅力です。

  • 転職サイト「@type」の豊富なコネクション

登録者数150万人以上の転職サイトを持つ運営会社だからこそ得られる豊富で良質な非公開求人が魅力です。

  • IT/Web系、営業系、企画/管理系に特に強い

あらゆる業種の求人を保有していますが、特にIT/Web系、営業系、企画/管理系には強い実績があります。

  • キャリアアドバイザーの9割は転職経験者

転職経験者だからこそ分かる悩みを共有してくれる経験豊富なキャリアアドバイザーが、転職活動をトータルでサポートしてくれます。

【公式HP】https://shoukai.type.jp

JAC Recruitment

英国発祥の日系人材紹介会社というインターナショナルな企業文化を持ち、外資系企業や海外転職に強い転職エージェントです。

  • 一人一人に合った的確なサービス

利用者に合わせて、JAC Recruitment(ミドルマネジメント・スペシャリストの方向け)、JAC International(外資系専門・マルチリンガルの方向け)、JAC Executive(経営幹部ポジションの方向け)と3つのサービスに分かれています。

  • 外資系企業や海外進出企業だけではない

外資系企業や海外進出企業に限らず、国内大手企業など幅広い企業の非公開求人やJAC独占求人等も保有しています。

  • 総勢約500名の専門性の高い転職コンサルタント

英文レジュメ作成のアドバイスや応募企業の風土や事業戦略など、他では得られない情報を提供してくれます。

【公式HP】http://www.jac-recruitment.jp

5. まとめ

いかがでしたか。

この記事では、転職サイトを有効に使った効率的な転職活動の進め方と、おすすめ転職サイトTOP3をご紹介しました。

大切な点をおさらいすると、

  • 効率的に転職活動を行うために、転職活動のスタートは転職サイトの登録から始めよう
  • 転職サイトを選ぶ目安は、大手転職サイトを1つと志望業界に強い転職サイトを1つ選ぼう
  • 転職エージェントは、信頼できるエージェントを1~2社程度、転職サイトと合わせて利用しよう

になります。

ぜひこの記事を参考にして、効率的に転職活動を進めて、希望する会社への転職を実現してくださいね。