スーツは自宅で洗うのが難しいので、クリーニングのお世話になることが多いはず。

ただ、料金はお店によってピンキリ。どうせなら違いを理解して、納得のいく価格で利用したいですよね。

そこでこの記事では、クリーニングの料金の相場と、お店ごとの料金の違いの理由を解説します。

クリーニングをうまく利用して、大切なスーツを長持ちさせましょう!


※記事内の価格は全て税込表示です。
※この記事は2022年9月時点の情報を参考にしています。

1. スーツのクリーニング料金はどう決まる?

スーツのクリーニング料金はお店によってまちまちです。

この章では、クリーニング料金がどのような基準で決められているか、以下の2つに分けて簡単に解説していきます。

それでは、順に見ていきましょう。

1-1. クリーニングの種類で決まる

  • スーツ クリーニング 料金

まず、スーツのクリーニングには、以下の2つの種類があります。

スーツのクリーニングの種類

ドライクリーニング

⇒マヨネーズ、チョコレート、口紅などの油汚れを落とす


ウェットクリーニング

⇒汗、しょう油、食べ物の汚れなどの水溶性の汚れを落とす

ウェットクリーニングは、本来水洗いできないスーツを特別な技術で洗う方法。

そのため、ドライクリーニングに比べて、ウェットクリーニングのほうが料金が高くなることが一般的です。

家庭でスーツを洗うのは基本的にNG

スーツはそれぞれの素材に合った技術がないまま洗ってしまうと、生地はゴワゴワになり、シルエットは崩れてしまいます。

特に、ウールを代表とする獣の毛の素材は、水分を含んで繊維のキューティクルが開いた状態で摩擦するとフェルト化され、元の風合いに戻らなくなります。

そのため、洗える機能性が付いたスーツ以外は、必ずウェットクリーニングに出すようにしましょう。

1-2. 処理工程で決まる

  • スーツ クリーニング 料金

次にクリーニング店は、

  • チェーン店
  • 個人店

… とで、処理工程が異なります。

処理工程の違い
  • チェーン店
    ⇒衣類を工場に送り、一度に大量のクリー二ングを行う
  • 個人店
    ⇒受付から処理まで全てその店舗内で行うことが多い

上記の通り、チェーン店はその処理工程から、コストが低く、料金もその分安くなる傾向にあります。

対して、個人店は1着1着丁寧にクリーニングをしてくれますが、その分料金は高くなるのが一般的です。

2. スーツのクリーニング料金の相場

この章では、スーツのクリーニング料金の相場を、

…に分けてご紹介します。
※ここで紹介している相場は、スーツ上下の料金になります。

料金相場一覧表

一般的なクリーニング店 1着1,000円~2,000円程
高級クリーニング店 1着5,000円~
宅配クリーニング店 1着1,000円~2,000円程

2-1. 一般的なクリーニング店

  • スーツ クリーニング 料金

手頃な価格が魅力の一般的なクリーニング店の相場は、ドライクリーニングで1着「1,000〜2,000円」程です。

ウェットクリーニングの場合、ドライクリーニングの2倍以上の値段のところが多いようです。

2-2. 高級クリーニング店

  • スーツ クリーニング 料金

高級クリーニング店では、衣類の状態をしっかり調べ、それに合わせた適切なお手入れ方法を使って汚れを落としていきます。

料金表を設けていないお店も多く、スーツの状態や、お店によって値段はピンキリです。

参考価格ですが、1着「5,000円~」程度が相場でしょう。

2-3. 宅配クリーニング店

  • スーツ クリーニング 料金

宅配クリーニングは、

  • クリーニング店にわざわざ足を運ばなくて良い
  • 時間指定で家に衣類を届けてくれる

…といったメリットがあり、近年利用者が増えてきています。

こちらの相場は、一般的なクリーニング店と同様、1着「1,000〜2,000円」程です。

ただお店によっては、別途送料がかかりますので注意してくださいね。

3. タイプ別|おすすめのクリーニング店6選

この章では、前章で解説した、

…の3つに分けておすすめのクリーニング店をご紹介していきます。

3-1. 一般的なクリーニング店のおすすめ2選

一般的なクリーニング店にはチェーン店と個人店があります。

前章で解説した通り、チェーン店は機械を使った流れ作業が多いため速い&安いクリーニングが可能です。個人店は時間がかかるものの、丁寧な仕上がりが期待できます

今回は分かりやすいように、大手チェーン店を中心にご紹介していきます。

白洋舎

「白洋舎」は伝統ある大手クリーニングチェーン店。シミ抜き技術や、アイロン技術に定評があります。

百貨店にも出店していたり、テーラーさんがおすすめしていたりなど、ファッション業界からの評価も高いです。

料金も安く、迷ったときにおすすめのクリーニング店です。

料金の詳細

【ドライクリーニング】2,475円〜
【ウェットクリーニング】4,950円〜

公式サイトを見る

ホワイト急便

「ホワイト急便」は地域で一番安いクリーニング店という触れ込みで人気のクリーニングチェーン店。

エリアごとに市場調査を行い、最も安い料金設定にしているため、何よりも安さを求める方におすすめです。

また、日本全国に5,300店舗あり、そのアクセスの良さも魅力のひとつですよ。

料金の詳細

【ドライクリーニング】500円前後~
※店舗により料金が異なります。
【ウェットクリーニング】取り扱いなし

公式サイトを見る

3-2. 高級クリーニング店のおすすめ2選

高級クリーニング店は、こだわりのスーツのお手入れに最適です。高級クリーニングではそれぞれのスーツをじっくり検品、その状態に合わせたお手入れ方法を使って汚れを落としていきます。

ほかのクリーニング店では対応してもらえないようなトラブル、縮みや生地のテカリなどのケアもお願いすることが可能です。

一般的なクリーニング店では不安なときや、完璧に仕上げて欲しいときは、高級クリーニング店に相談してみましょう。

ナチュラルクリーン

「ナチュラルクリーン」は独自の方法でウェットクリーニングを行っているお店。

水洗いの際に心配な型崩れを防ぐために、しつけ縫いをしてから洗ったり、人型のマネキンに着せて乾かすなど、細心の注意を払って仕上げてくれます。

お問い合わせページを見るだけでも、お客様からの質問や要望に丁寧に回答されていて、スタッフさんの知識や技術、誠実さが感じられます。  

料金の詳細

【ウェットクリーニング】9,075円〜

公式サイトを見る

レジュイール

「レジュイール」は代表の古田武氏がお手入れに関する書籍を執筆しているほどの、有名な洋服ケアの専門店。

いわゆるドライクリーニングだけでなく、オートクチュールなどに使われるシミ抜きも用いています。

契約書を交わし、損害保険を付けた上で預けることになるため、高価なスーツも安心してお手入れしてもらえます

料金の詳細

【ドライクリーニング】
【ウェットクリーニング】
※どちらも衣類の状態により料金が設定されます。

公式サイトを見る

3-3. ネットクリーニング店のおすすめ2選

ネットクリーニングは忙しくてお店に行く時間がない方や、一度に多く衣類をクリーニングに出す方におすすめです。

自宅に集荷に来てもらい、配送までしてもらえるので利便性は随一

気になる料金も、一般的なクリーニング店より送料分少し高い程度なので気軽に利用できますよ。

デメリットはやや日数がかかること

自宅に配送してもらえるまで、通常1週間程度の日数がかかり、一般的なクリーニング店に比べると所要時間は長め

また、遠くから配送する場合、何らかのトラブルが発生すると数週間かかってしまうこともあります。

リネット

「リネット」はカシミヤなどの高級素材も多数扱ってきた実績と、丁寧な対応で人気のクリーニング店です。

ネットクリーニングは不安になりやすいですが、リネットは各工程に入る際、連絡をくれるため安心です。

仕上がりの高さ、シミ抜きの技術にも定評がありますよ。

料金の詳細

【ドライクリーニング】1,771円〜+送料

公式サイトを見る

せんたく便

「せんたく便」は、たくさんクリーニングに出したい方におすすめの、パック料金制なことが魅力

ジャケットやシャツなど洋服の種類に関わらず、同じ料金で出すことができます。

オプションで撥水加工や、簡単なシミ抜きなどの嬉しいサービスも充実しています。

料金の詳細

【パック料金制】
5点まで7,678円~
10点まで9,878円~ など

公式サイトを見る

4. スーツをクリーニングに出す前にチェックすること

クリーニングは頑固な汚れも落とせる分、実は生地が傷んでしまうなどのリスクがあります。

そのため、クリーニングが最適な解決策だと分かってから、お店に持って行くことをおすすめしますよ。

ここからは、クリーニングに出す前にチェックしたいポイントをご紹介していきます。

それでは、順に見ていきましょう。

クリーニングは1シーズンに1回程度

生地の傷みを踏まえると、クリーニングは1シーズンに1回程度の頻度がおすすめ。

タイミングとしては、衣替えで長期間しまう前に出すのが理想です。

4-1. クリーニング以外のお手入れを試す

まず、本当にクリーニングが必要なのかを見極めることが大切。 実は多くのスーツのトラブルは家庭でも解決できます

例えば、以下のトラブルが起きたときは自宅でのお手入れを試してみましょう。

トラブル別の対策法

シワがついた】
対策
当て布を使ってアイロンがけをする、ハンガーにかけて霧吹きで軽く湿らせる(自重でシワが伸びる)


シミがついた】
対策中性洗剤を少量染み込ませ、布で軽く叩くようにして落とす


汗の匂いが付いた】
対策ドライヤーの冷風を当てる、霧吹きで濡らして陰干しする(水分とともに匂いのもとが蒸発する)

上記のお手入れを試したうえで、クリーニングに出すかどうか検討してみてくださいね。

4-2. 洗濯絵表示を確認する

スーツの中には、まれにドライクリーニングできないものがあります。

お店に相談する前に、スーツのタグを見て、ドライクリーニングできるかどうか確認しましょう。

洗濯絵表示の意味

冒頭で申し上げた通り、ドライクリーニングができるスーツでも出しすぎは生地を傷める原因になるので、注意してくださいね。

5. スーツがクリーニングから戻った後にすること

クリーニングから戻ってきたスーツは、すぐにビニールから取り出すことが大切です。

ビニール内では湿気がこもり、生地が傷んだりカビが生えやすくなります。

保管する際は、専用の「防虫カバー」を使うと、湿気や虫食いからスーツを守ることができますよ。

防虫カバーの例

6. まとめ

スーツのクリー二ングに関する疑問は解決できたでしょうか?

あらためて、スーツのクリーニングの料金が何で決まるかをまとめます。

クリーニング料金はどう決まる?

この記事を参考に、大切なスーツのクリーニングを、自分の納得のいく価格で出せるようになってくださいね。