光回線を契約したのに

「思ったよりも速度が出ない・・・」

とお困りではないですか?

そこでこの記事では、光回線が遅くなる原因と改善策をご紹介。

また、光回線にまつわる通信速度の基礎知識もあわせて説明していくので、初心者の方でも今すぐ改善策を試せますよ。

※「携帯電話ポータルサイト」や「総務省Q&Aーレンタル携帯電話事業者向けー」などの通信に関する資料も参考に記事制作しています

記事の情報に関して

※記事内の料金は全て税込み表示です。
※この記事は2021年10月時点の情報を参考にしています。
※記事内の「ポケットWi-Fi」は「モバイルWi-Fi」を指します。
※記事内の「WiMAX」は「WiMAX2+」を指します。旧回線の「WiMAX」に対して、「WiMAX2+」は2015年から提供が開始された新回線のことです。
※各プロバイダの画像出典先
GMOとくとくBB WiMAX2+
※記事参考資料
携帯電話ポータルサイト
総務省電波利用ホームページ
総務省Q&A ーレンタル携帯電話事業者向けー
電気通信事業法の消費者保護ルール に関するガイドライン
ケイタイ社会白書2019
新世代モバイル通信システム委員会資料(UQモバイルコミュニケーション株式会社)
チャンネルカシモ(YouTubeチャンネル)
HTC 5G Hub公式

自宅の光回線は速い?遅い?
1. 通信速度をチェックしよう!

光回線を使ってネットや動画を見ている時に、「なかなか繋がらない…」「読み込みが遅い!」と感じたら、 通信速度を測って今の回線状況を確認してみましょう。

ネット上には無料で使える回線スピードテストツールがたくさんあります。今回はUSEN GATE 02を使って解説していきます。

 通信速度の測り方
STEP:1

パソコンやスマホで
通信速度を測定したい
光回線(Wi-Fi)に繋ぐ
STEP:2

USEN GATE 02
にアクセスし、
測定開始をクリック
STEP:3

DOWN LOAD
UP LOAD
PING
JITTER

それぞれの測定結果が
表示されます

※各項目について
詳しくは「3章」を
ご覧ください

 

 通信速度のみかた(DOWN LOAD)
通信速度 使用感

1~5Mbps
メール送受信やネット閲覧
読み込み時間なし

5~25Mbps
YouTubeなどの動画(1080p)
途中で止まることなく視聴できる

25Mbps~
4K動画も読み込み時間
ほぼなしで視聴できる

100Mbps~
光回線で最低でも欲しい通信速度
オンラインゲームもスムーズにできる

25Mbps以上の速度が出ていれば、ネットや動画などの読み込みが速い/遅いといった違いは、体感ではほぼ分かりません

ただ、オンラインゲームなど通信速度がより必要になってくる場合、光回線としては100Mbps以上欲しいところです。

<参考にしてみよう>
みんなのネット回線速度

※画像クリックでサイトにジャンプします。

全国各地にいるユーザーが計測した通信速度を公開しているサイトです。

地域別やプロバイダ別に検索をかけることができるので、自宅の光回線速度と比較してみてください。

仕組みから探る!
2. 光回線が遅くなる原因&改善策

上記の図は、光回線を通してネットに繋がる仕組みを簡単に表したものです。

それぞれの通過点ごとに、光回線が遅くなる原因について解説していきます。

\ 原因を探る /
スマホやパソコン
スペックは平気…?
ルーターやケーブル
劣化していない…?
回線
時間帯が問題…?
プロバイダ
契約内容は…?

 ① パソコンやスマホなどの通信機器が原因

回線に問題がなくても、使用するパソコンやスマホに原因があると通信速度が遅くなってしまいます。

同じパソコンを長年使っている方は、スペック不足になっていないかなど、確認をしてみましょう。

今すぐできる!
 改善するには…

・不要なアプリなどデータを削除して、メモリの空き容量を増やす

・OSを最新バージョンにアップデートする

OSバージョンの確認方法

【パソコン(Windows10)の場合】
スタート→設定→更新とセキュリティ→Windows Update
⇒「最新の状態です」と表示されていればOK

【スマホ(iphone)の場合】
設定→一般→ソフトウェア・アップデート
⇒「iOSは最新です」と表示されていればOK


 もう一工夫するなら…

・パソコンを買い替える

パソコンの寿命は5年程と言われています。

メモリを増設したり、CPUを交換したりすることも可能ですが、自力でやるのが難しい場合は新しい物を購入するのも1つの方法です。

②/③ ルーターやケーブルなどのネットワーク機器が原因

自宅の利用環境が光回線の通信を妨げている可能性があります。

ケーブルの差込口が緩んでいないかなど、細かいところまで見てみましょう。

今すぐできる!
 改善するには…

ルーターの電波が届くよう置き場所を変える

ルーター電源の入れ直しをして熱を放出させる


 もう一工夫するなら…

LANケーブルを使って通信をする(現在無線利用の場合)

無線接続(Wi-Fi)よりも有線接続の方が、安定性が高く、速度も出やすくなります

LANケーブルを購入する際にはカテゴリ(規格)にも気を付けて選びましょう。

カテゴリはCAT6以上がおすすめです。

④ 回線混雑が原因

道路渋滞のように、光回線も通信を使う人が多いと回線混雑による速度低下が起こります。

特に集合住宅の場合、配線方式によっては回線混雑が起きやすくなる傾向があり、戸建てよりも通信速度が出にくくなります。

 今すぐできる!
 改善
するには…

・回線混雑が起こりやすい時間帯(=夜)を避けてネットを使う


 もう一工夫するなら…

・戸建てプランに変更する(現在マンションプラン利用の場合)

戸建てプランだと料金は高くなりますが、マンション利用の場合でも他の住人と回線を共有せずに通信を使うことができます。

ただし、マンションによっては契約不可の場合があるので、大家さんや管理会社に確認をしてください。

プロバイダが原因

回線混雑と同じように、プロバイダの利用者数や設備などによって出せる通信速度が異なります

簡単に乗り換えられるものではありませんが、あまりにも遅いようなら他のプロバイダや他のネット回線も検討してみてください。

※光以外のネット回線については「3章」をご覧ください。

今すぐできる!
 改善するには…

・通信障害を確認してみる
万が一、プロバイダで通信障害が起きている場合はHPに情報が掲載されます。念のため確認してみましょう。


 もう一工夫するなら…

・プロバイダを乗り換える

IPv6接続オプションを付ける

IPv6とは、簡単に言うとインターネット通信における最新の接続サービスです。

今の主流は“IPv4”という通信規格であるため、最新の“IPv6”に変更すると、通信がスムーズになりやすいです。

現在契約中のプランがIPv6を利用しているかについては「こちらのテストサイト」にアクセスをすると確認ができます。

初心者でも分かる!
3. 光回線にまつわる通信速度の基礎知識 

この章では、光回線の通信速度を調べる上で必要な知識をご紹介していきます。

「下り/上り」ってなに?

下り/上りとは、自分(スマホやパソコン)とインターネットの通信の方向を表しています。

パソコンやスマホを使うとき、主に必要になるのは「下り(DOWN LOAD)」の通信です。

HPにアクセスする、SNSを見る、LINEを受信する…など、全て「下り(DOWN LOAD)」の通信になります。

  下り(受信)
データのダウンロード  
上り(送信)
データのアップロード
  
ネット閲覧
SNS(Instagramなど)閲覧
動画視聴
メール受信
など
SNS投稿
クラウドへのデータ送信
メール送信
など

また、通信速度の測定結果ででてくるPINGJITTERについては、オンラインゲームをする方はチェックしておきたい数値です。

PING値
データの応答速度
JITTER
PING値の安定性
キャラクターの
素早い動きが必要になる
対戦ゲームなどで重要
※ラグがある=PING値が高い
JITTERが小さいほど
PING値の安定性が高い

 

速度にはどんな単位がある?

bpsとは、1秒間にデータの送受信がどのくらいできるかを表した単位です。

Kbps<Mbps<Gbpsの順に大きくなり、数値が大きいほど通信速度が速くなります。

 「ベストエフォート型サービス」とは?

各プロバイダのHPに記載されている最大通信速度とは、回線状況や使用場所など、条件が完璧にそろった場合に出せる速度のことです。

実際に私たちがネットを使う場合、その時、その場所によって使用環境が異なります。

そのため、「最大通信速度が出るよう努力はしますが、保証はしません」といったサービスが、ベストエフォート型サービスです。

【参考】
光以外のネット回線を使うとどうなる?

CATV
ケーブルテレビ
WiMAX(WX06)
モバイルWiFiルーター≒ポケットWiFi

インターネット回線最速の光回線ですが、条件によっては契約ができない場合もあります。

そこで光回線以外のネット回線を代表して、CATVとWiMAX(モバイルWiFiルーター)を使用した場合、通信はスムーズにできるのかを検証してみました!

 検証結果 
  CATV WiMAX(WX06)
4K動画視聴



読み込み待ち時間は
ほぼなし!
スキップしても
すぐに再生される。

数秒の読み込み時間で
再生できる。

ただし、
通信は安定せず
時間帯によっては再生できない。
ネット閲覧


画像の読み込みも
一瞬。
何のストレスもなく
スムーズに
閲覧できる。

読み込み時間は
ほぼなし。

たまに通信状態が
不安定になるが
スムーズに閲覧できる。
SNS閲覧



画像も動画も
すぐに読み込みが
できる。

読み込み時間は
ほぼなし。

ただし、
動画の読み込みに
待ち時間が発生する
ことがあった。

測定場所によっては、結果と大きく異なる場合もありますが、CATVやWiMAXでもストレスなく通信ができました

賃貸マンションなどで光回線の契約が難しい方は、その他のインターネット回線も検討してみてください。

CATVとWiMAXの通信速度はどのくらい?

平日の3日間、各時間帯3回ずつ通信速度計測を行いました。その平均値を算出した結果が下記のグラフです。

1日を通して、安定した通信速度を記録しました。

平均通信速度
CATV:60.97Mbps / WiMAX:23.19Mbps

※測定場所について:横浜市内の住宅地で計測

おすすめのWiMAXプロバイダ
 GMOとくとくBB WiMAX2+

高額なキャッシュバックがあり、実質月額料金が安いプロバイダです。

5G対応プランを使えば、モバイルWiFiルーターでありながら、より高速で安定した通信ができますよ。

実質月額料金(ギガ放題プラン) 3,979円
キャンペーン ・端末代金無料
・LTEオプション無料
・28,000円キャッシュバック
・20日以内ならキャンセルOK
 (適用条件あり)
契約期間 3年
 

4. まとめ

光回線は条件さえ整っていれば、メール送受信からオンラインゲームまでスムーズに利用することができます。

もう一度、光回線の遅くなる原因と改善策を確認したい方は「こちら」からご覧ください。

光回線の仕組みを理解して、より快適にネットを使ってくださいね。