ワイシャツ オーダー

「ワイシャツをオーダーしたいけど、上手くできるか不安」
「どのお店が自分に合うのか分からない」

オーダーをしてみたいけれど、特に慣れていない初心者の方であれば、分からないことだらけですよね。

そんな方のために、今回は初めての方にも分かりやすく、お店に行く前に知っておきたい予備知識をはじめ、最初の一着を作るときにおすすめしたいお店をご紹介します。

先に、おすすめのお店を知りたいという方は、「3. 初心者におすすめのオーダーシャツ店3選」からチェックしてみてください。

(※この記事は、2019年10月時点での情報を参考にしています。)

1. ワイシャツは7,000円でオーダーできる!

ワイシャツをオーダーしたことのない方にとっては、「オーダーメイドは高価で、手が届きにくいもの」という印象を持ちがちです。

実際、いわゆる老舗店などで注文する場合は、1着1万円以上することもあります。

興味は持っていても、「ちょっと高いなぁ」と感じ、自分とは縁のないものとお考えの方もいるのではないでしょうか。

しかし、老舗店以外のお店に目を向けると、実はおおよそ1着7,000円程度であなただけのオーダーメイドのシャツを仕立てることができます。

次の章ではお店に行く前のポイントを解説してきますので、「ワイシャツをオーダーしてみたい」とお考えの方は、ぜひ読み進めてください。

2. ワイシャツをオーダーする前に知っておきたい3つのポイント

お気に入りの1着を仕立てるためには、オーダーする前に最低限の知識を知っておくことをおすすめします。

特に、初めてオーダーをする方のために、ここでは、事前に知っておきたい3つのポイントをご紹介します。

「この3つのポイントを知っていれば、初心者でも安心して満足いく1着を注文できる」という点をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

2-1. 3つのオーダー方法を知る

  • ワイシャツ オーダー

オーダーシャツには、

・パターンオーダー(セミオーダー)
・イージーオーダー
・フルオーダー

という、3種類のオーダー方法があります。

種類によって価格帯や補正範囲が異なるため、それぞれの特徴を知りご自身に合ったお店を見つけてくださいね。

◆パターンオーダー(セミオーダー)

パターンオーダー(セミオーダー)の特徴

・価格帯:5,000円~
・納期:2~3週間
・補正範囲:首回り・裄丈
・選べるデザイン:襟の種類

パターンオーダーとは、お店が用意している既存のサイズとシルエットを基準に体型に合うものを選び、そこから首回りや裄丈のサイズなど、限られた箇所のサイズを体型に合うように調整する方法です。

生産ラインに乗せ、大量生産で作ることが一般的なため、

・価格が安い(5,000円~)
・納期が早い(2~3週間)

という点が特徴です。

価格は抑えめな一方、選べるデザインは限定的なため、「とにかく、安くオーダーを試してみたい」「既製品である程度、満足しているが、首回りや裄丈など調整したい」という方におすすめです。

◆イージーオーダーの特徴

イージーオーダーの特徴

・価格帯:7,000円~
・納期:3~4週間
・補正範囲:首回り・裄丈・ウエスト・袖幅
・選べるデザイン:襟の種類・ポケット・カフス・刺繍・その他オプション

イージーオーダーとは、シャツの元となる「型紙」から自分の体型に最も近いものを選び、型紙をベースにデザインやシルエットを調整する方法です。

縫製工場が持つ豊富な型紙から選ベること、またデザインが決まった既製品ではないことにより、パターンオーダーではできない、

・ウエストなどの補正(横のサイズの補正)
・選べるデザインが豊富

という点が特徴です。

価格はパターンオーダーよりも高くなりますが、フィット感や選べるデザインの幅がグッと広がりますので、「手頃な価格帯で、サイズもデザインも満足いく1着を仕立てたい」という方におすすめです。

◆フルオーダー

フルオーダーの特徴

・価格帯:10,000円~
・納期:3~5週間
・補正範囲:全箇所
・選べるデザイン:襟の種類・ポケット・カフス・刺繍・その他オプション全て

フルオーダーとは、採寸後、お客さま一人のためにシャツの元となる「型紙」を作り、生地、ボタン、デザインなどのオプション全てにおいて指定ができる最も本格的なオーダー方法です。

丁寧な採寸、長年の経験を生かした体型補正、熟練職人による縫製などのプロセスを経て、一人一人の体型に合う1着を仕立てていくため、

・他のオーダー方法にはない、フィット感と着心地
・デザインを細かく指定ができる

という点が特徴です。

価格帯は決して安くはないですが、サイズ、デザインの全てにおいて特注の1着を仕立てることができますので、「細かい点まで自分のこだわりを反映させたシャツが欲しい」という方におすすめです。

2-2. お店に行くときは普段着ているシャツを持参する

  • ワイシャツ オーダー

実際に「注文しよう」と決めてお店に行く日には、普段着用しているシャツを持参することをおすすめします。

オーダーをする中のプロセスでは、スタッフの方から

「今のシャツのどこにストレスを感じているか?」
「どのようなシャツを求めているか?」

というヒアリングを踏まえながら、フィット感をはじめ、色柄を選んでいきます。

このとき、今、持っているシャツを持参していれば、シルエットや着心地などどこに不満を感じているかを具体的に伝えられます。

このコミュニケーションによって、スタッフの方もお客さんが求めているフィット感やシルエットなどのイメージが湧くため、満足いくシャツの提案がしやすくなります。

満足いく1着をオーダーするためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2-3. 事前に着用したいシーンを決める

  • ワイシャツ オーダー

お店に行く前に、「どのようなシーンで着用したいのか」をある程度決めておいきましょう。

一口にワイシャツと言っても、店舗では定番のものをはじめ、トレンド感のある色柄の生地を豊富に取り揃えています。

そのため、着用するイメージを考えずにお店に行くと、どのような基準で生地を選べばいいのかわからなくなってしまいます。

そのようなことにならないためも、お店に行くときには

「普段の仕事で使えるシャツをオーダーしたい」
「結婚式などの華やかな場のためにオーダーしたい」

など、スタッフの方に伝えられるようにしておくと良いでしょう。

このように、シーンが明確になっていれば、相談に乗ってくれるスタッフの方も「その場合なら、◯◯の生地がおすすめです」とコミュニケーションも円滑になります。

3. 初心者におすすめのオーダーシャツ店3選

ここではシャツのオーダーが初めての方のために、おすすめのブランドを、

  • 高品質でコスパの高い商品を提供している
  • 店舗数が多い、またはネットでも便利に注文ができる
  • 手軽に注文できるパターンまたはイージーオーダー

という基準よりご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

FABRIC TOKYO

  • ワイシャツ オーダー

ネットでオーダースーツ・シャツを1着から作れるビジネスウェアブランド「FABRIC TOKYO」。

厳選された国産コットン生地で作る「形態安定」のワイシャツは、シワになりにくく、なめらかな肌触りで着心地の良さが特徴です。

また、ITを駆使したスマートオーダーシステムにより、一度店舗で採寸すれば、あとはオンラインだけで自分にぴったりのワイシャツを注文できます。

ブランド詳細

【ブランド名】FABRIC TOKYO
【価格】8,000円(税込)~
【タイプ】イージーオーダー
【納期】約4週間~
【総店舗数】16店舗

【関東エリア】
東京、神奈川、埼玉
【中部エリア】
愛知
【近畿エリア】
大阪、京都、兵庫

【アフターサービス】
・月額398円(税込)のサポートサービス「FABRIC TOKYO 100(Hundred)」

①サイズのお直し保証
…体重の増減や体型の変化で購入したスーツが着られなくなった際、作り直しにならない範囲で何度でもサイズお直し可能。
②スラックス破損時の保証
…補修用のスラックス生地を最大2年間まで店舗で用意。破損などで着用できなくなった際、仕立て費用のみで同じスラックスを制作可能。
③サイズフィット保証
…納品から100日以内は無料でサイズお直し可能。作り直しは1回まで可能。

・無料版サポートサービス
…納品から50日間は無料でサイズお直し可能。作り直しは1回まで可能。

特設ページを見る

麻布テーラー

定番から高級生地まで、約500種類ものラインアップを揃える人気店「麻布テーラー」

生地だけでなく、襟型は30種類・袖型は12種類と、多数のディテールから好みのものを選べるので、細部までデザインにこだわった1着を作ることができます。

また、無料お直し期間が6ヶ月と長いので、着用している中で体型の変化があっても安心です。

ブランド詳細

【ブランド名】麻布テーラー
【価格】7,000円(税抜)~
【タイプ】パターンオーダー
【納期】約4週間~
【店舗一覧】こちら

公式サイトを見る

Maker's Shirt 鎌倉

『日本人をお洒落にしたい』という創業者の想いから、上質なシャツを展開する「Maker’s Shirt 鎌倉」。

流行に合わせて世界各地から厳選した生地のみを取り扱っており、滑らかな肌触りと光沢感に優れた1着を作ることができます。

また、 シャツの内側には着用ストレスを感じさせない「巻伏せ本縫い」を採用しているため、着心地も抜群です。

ブランド詳細

【ブランド名】Maker's Shirt 鎌倉
【価格】9,800円(税抜)~
※既製シャツ:4,900円(税抜)~
【タイプ】パターンオーダー
【納期】約2週間~
【店舗一覧】こちら

公式サイトを見る

4. 注文方法別で探す・オーダーシャツ店10選

4-1. 店頭注文

ここでは、店頭注文のみを受け付けているお店を紹介していきます。

ROYCEMAN

「お客様に最適な1着を提供すること」をコンセプトに上質なワイシャツを作り続ける「ROYCEMAN」

体型を正確に採寸した上で、ゆったりめや細身などの1人ひとりに合ったシルエットをスタッフが提案してくれます。

好みに合った1着をオーダーしやすいため、初めてワイシャツをオーダーしたいという方におすすめです。

ブランド詳細

【ブランド名】ROYCEMAN
【価格】8,000円(税抜)〜
【タイプ】パターンオーダー
【納期】約3週間~
【店舗一覧】こちら

公式サイトを見る

Salvatore Benito(サルバトーレ ベニート)

「オーダーならではの喜び」をテーマに上質なオーダーシャツを提供する「Salvatore Benito」

国内外の上質な生地を多く取り揃えているため、色・柄や光沢など自分好みのデザインにこだわったワイシャツを作ることができます。

また、襟や袖といった細部のディテールも充実しているため、着用シーンや用途に合わせた1着が手に入りますよ。

ブランド詳細

【ブランド名】Salvatore Benito
【価格】8,000円(税抜)〜
【タイプ】イージーオーダー
【納期】約4週間~
【店舗一覧】こちら

公式サイトを見る

トータルオーダー・タツミ

海外でオーダー紳士服作りの修業を積んだ3代目店主が営む老舗テーラー「トータルオーダー・タツミ」。

生地の裁断や縫製など各工程ごとにスタッフが厳しくチェックするなど、こだわりの商品作りを行っていることが特徴です。

また、襟やカフスを補強する「芯地」が8種類と豊富なので、型崩れしにくくシルエットがきれいなシャツを仕立てることができます。

ブランド詳細

【ブランド名】トータルオーダー・タツミ
【価格】10,000円(税抜)~
【タイプ】フルオーダー
【納期】約4週間~
【店舗一覧】こちら

公式サイトを見る

若林ワイシャツ店

ワイシャツへのこだわりを追求し続ける「若林ワイシャツ店」。

同じ職人が採寸から型紙作りまでを一貫して行うことで、1人ひとりの体型にフィットした快適な着心地のシャツを提供しています。

さらに、生地は常時1,000種類以上取り揃えられているので、さまざまなデザインの要望に合ったワイシャツが仕立てられるのも魅力です。

ブランド詳細

【ブランド名】若林ワイシャツ店
【価格】11,000円(税込)~
【納期】約3週間~
【タイプ】フルオーダー
【店舗一覧】こちら

公式サイトを見る

4-2. ネット注文

ここでは、ネット注文のみを受け付けているお店を紹介していきます。

MISQUE

「気楽に楽しむこと」をコンセプトに掲げるオーダーシャツ専門サイト「MISQUE」。

海外でワイシャツを生産してコストを抑えることで、フルオーダーのワイシャツをリーズナブルな価格で提供しています。

また、襟やカフス・ボタンなどの無料オプションが豊富なので、細部まで好みのディテールにこだわった1着がほしい方にぴったりです。

ブランド詳細

【ブランド名】MISQUE
【価格】4,900円(税込)〜
【タイプ】フルオーダー
【納期】約10日〜
【店舗一覧】実店舗なし

公式サイトを見る

KEI

自社工場で手掛ける丁寧な縫製が特徴の「KEI」。

身長や体重など、簡単な質問に答えるだけでサイズがわかる「オート採寸」のように、ネットで購入しやすい工夫がされているのが魅力です。

また、織り方の異なるさまざまなコットン生地を取り扱っているため、着心地にこだわったオーダーシャツが手に入ります。

ブランド詳細

【ブランド名】KEI
【価格】4,980円(税抜)~
【納期】約5週間~
【タイプ】パターンオーダー
【店舗一覧】実店舗なし

公式サイトを見る

Faire Murakami

「お客様一人一人の体型や要望に合わせて一着ずつ作る究極のシャツ」をコンセプトとする「Faire Murakami」。

生地手配から出荷まで全ての工程を自社で行っているので、手頃な価格で高品質な1着を作ることができます。

また、リフォームや衿カフスの交換・修理なども行っているため、長く愛用できるシャツがほしい方はぜひチェックしてみてくださいね。

ブランド詳細

【ブランド名】Faire Murakami
【価格】7,000円(税抜)〜
【タイプ】フルオーダー
【納期】約3週間〜
【店舗一覧】実店舗なし

公式サイトを見る

SKYRTA

国内の大手ワイシャツメーカーであるフレックス・ジャパンが運営する「SKYRTA」

サイズ確認用のワイシャツと生地のサンプルを発送してもらえるため、ネット注文ながらも自分の体型にぴったりの1着を作ることができます。

そのため、「実店舗には行けないけど自分好みのサイズにはこだわりたい」という方におすすめです。

ブランド詳細

【ブランド名】SKYRTA
【価格】3,900円(税込)~
【タイプ】パターンオーダー
【納期】約2週間〜
【店舗一覧】実店舗なし

公式サイトを見る

4-3. 店頭注文・ネット注文

ここでは、店頭注文とネット注文の両方を受け付けているお店を紹介していきます。

FABRIC TOKYO

  • ワイシャツ オーダー

前章でもご紹介した「FABRIC TOKYO」。

動きやすさを追求したストレッチ素材屋外でも快適に着用できる吸水速乾素材など、機能性生地を豊富に取り揃えています。

また、希望すれば一度に10種類の生地サンプルを届けてもらえるので、生地の質感や色柄が気になる方にもおすすめです。

ブランド詳細

【ブランド名】FABRIC TOKYO
【価格】8,000円(税込)~
【タイプ】イージーオーダー
【納期】約4週間~
【総店舗数】16店舗

【関東エリア】
東京、神奈川、埼玉
【中部エリア】
愛知
【近畿エリア】
大阪、京都、兵庫

【アフターサービス】
・月額398円(税込)のサポートサービス「FABRIC TOKYO 100(Hundred)」

①サイズのお直し保証
…体重の増減や体型の変化で購入したスーツが着られなくなった際、作り直しにならない範囲で何度でもサイズお直し可能。
②スラックス破損時の保証
…補修用のスラックス生地を最大2年間まで店舗で用意。破損などで着用できなくなった際、仕立て費用のみで同じスラックスを制作可能。
③サイズフィット保証
…納品から100日以内は無料でサイズお直し可能。作り直しは1回まで可能。

・無料版サポートサービス
…納品から50日間は無料でサイズお直し可能。作り直しは1回まで可能。

特設ページを見る

Shirt Maker YAMANAKA

1964年の創業以来クオリティの高い1着を作り続ける「YAMANAKA」

厳選された生地ラインアップと自社工房での丁寧な縫製により、フィット感が良く着心地抜群のワイシャツが完成します。

また、袖や襟はもちろん胸ポケットや裾の形といったディテールが充実しているため、周りとは一味違うオリジナリティの強い1着がほしい方にも最適です。

ブランド詳細

【ブランド名】Shirt Maker YAMANAKA
【価格】9,580円(税込)〜
【タイプ】フルオーダー
【納期】約2週間〜
【店舗一覧】こちら

公式サイトを見る

5. まとめ

いかがでしたでしょうか。

オーダー初心者の方でも満足いく1着を作るためには、下記の3点を覚えておくと良いでしょう。

初めてワイシャツをオーダーするときのポイント

・3つのオーダー方法とその違いを知る
・注文する日には普段着用のシャツを持参する
・予め、着用したいシーンをイメージしておく

ぜひこの記事を参考にして、お気に入りの1着をオーダーしてくださいね。