結婚式やパーティーなどの、フォーマルシーンでは欠かすことのできないポケットチーフ。

最近では、ビジネスシーンでも見かけるようになってきましたね。

胸元を彩り、着こなしのワンポイントとなるポケットチーフですが、色の合わせ方が分からないという人も多いのではないでしょうか?

そこで、今回はポケットチーフの色の選び方を詳しく解説していきます。

ポケットチーフの着こなしをマスターして、周りに差をつけましょう!

1. ポケットチーフの基本

1-1. ポケットチーフとハンカチーフの違い

大半の人はポケットチーフよりも、ハンカチーフの方が馴染みがあると思います。

そもそも、ポケットチーフとハンカチーフは何が違うのでしょうか?

これは単純に、

ポケットチーフ→装飾品
ハンカチーフ→実用品

という認識で問題ありません。

ポケットチーフは胸に挿して、着こなしのアクセントにするので、デザイン性や素材感を重視しますが、ハンカチーフは手を拭いたりと、実用面を重視します。

ただ、ハンカチーフを胸ポケットに挿して、ポケットチーフとして代用することも間違いではありません。

昔は、ジャケットに胸ポケットがなかったので、ポケットチーフという習慣はありませんでした。

その後、利便性のためにジャケットに胸ポケットが付けられてから、ハンカチーフを胸ポケットに挿すようになり、次第にポケットチーフに派生していったのです。

そのため、ポケットチーフを忘れてしまった時に、胸ポケットにハンカチーフを挿して対応したとしてもマナー違反とはなりません。

1-2. ポケットチーフの素材選び

ハンカチーフは、手を拭いたり、口元を拭ったりといった用途で使われるため、木綿や、タオル地のものが主流です。

対して、装飾的な意味合いの強い「ポケットチーフ」は、かさばらず、エレガントに見える生地が好まれます。

では、ここでポケットチーフのおすすめ素材を3つ紹介します。

・リネン(麻)

ポケットチーフにおいて、最も格式の高いフォーマルな素材です。

張りのある生地感は、折りたたんでも型崩れしにくいという特性があります。

そして、光沢が強すぎず、さわやかな印象を与えてくれるのがリネンの良さです。

ただ、結婚式などで使用する場合、軽やかな素材であるリネンは、夜の式では馴染まないので、朝から夕方までの式で使用するようにしましょう。

 

・シルク(絹)

艶のある光沢感が特徴的なシルク。

ポケットチーフでは、リネンの次にフォーマルな素材です。

エレガントな雰囲気が強いため、カジュアルなジャケットには合わないというデメリットもありますが、フォーマルからビジネスまで多くのシーンで使用可能です。

リネンとは反対に、明るい時間の式より、夜の式で使うことが推奨されています。

 

・コットン(綿)

柔らかな風合いが特徴であるコットンのポケットチーフ。

フォーマルなシーンでは合わせるのが難しいですが、リネンやシルクでは合わせづらいカジュアルなジャケットにも使用することができます。

プライベートや、ビジネスで重宝する素材です。

ポケットチーフ, 色
初めてのポケットチーフでおすすめの素材は?
最初の1つとしておすすめなのがシルク。カジュアルな着こなしでは使えませんが、フォーマル、ビジネス共に対応できる万能さが持ち味です。

1-3. 折り方に迷ったら「TVフォールド」

  • ポケットチーフ, 色

ポケットチーフにはさまざまな折り方がありますが、どのシーンでも使用することができる「TVフォールド」を覚えておけば安心です。

胸元から、ちらっと見える控えめな見せ方がお洒落です。

折り方もとても簡単なので、この機会に覚えておきましょう。

  • ポケットチーフ, 色

手順1:裏側を上にして置き、半分に折りたたむ。

手順2:もう半分に折って4分の1のサイズにする。

手順3:4つ折りした正方形の端を、中央に向かって3分の1程度折る。

手順4:もう片方の端も、中央に向かって3分の1程度折る。

手順5:ポケットの高さに合うように、少し折って短くする。その時、ポケットチーフの端の部分が内側に来るようにする。

手順6:裏返して形を整える。

手順7:ポケットに入れて、しわを伸ばして完成。

TVフォールドはとてもオールマイティーな折り方ですが、それゆえに人と被ってしまう確率が高いのが難点です。

もし、個性を出したいなら、TVフォールド以外の折り方も覚えておくと良いでしょう。

関連記事:TVフォールド以外の折り方を知りたい方はこちら
結婚式でお洒落に決まるポケットチーフの折り方と着こなし方

2. ポケットチーフの色の合わせ方10選

2-1. フォーマルシーンでは「ホワイト」

  • ポケットチーフ, 色

目上の方の結婚式や、格式の高いパーティーなどのフォーマルシーンでは基本的にホワイトのポケットチーフを使用するのがマナーです。

ちなみに「1-2. ポケットチーフの素材選び」で解説しましたが、素材はリネンが最もフォーマルです。

つまり、「ホワイトのリネン」が最もフォーマルなポケットチーフとなります。

ただ、実際はシルクでも問題ないので、ホワイトのシルクかリネンのポケットチーフを一つは持っておきたいところです。

また、友人の結婚式や、内輪のパーティーなどの多少くだけた服装も許される式では、ホワイト以外にも、各々が好きな色でコーディネートするのが最近の主流のようです。

自身が参加する式の格式が分からないという人は、とりあえずホワイトを選んでおくのが無難です。

2-2. シャツの色に合わせる

挑戦しやすいのが、ポケットチーフとシャツの色を合わせる方法です。

いくつか、コーディネートの例を紹介します。

・ホワイト(チェック) × ホワイト(無地)

ホワイトのチェックシャツに、ホワイトのポケットチーフを合わせた王道な着こなし。もちろん、シャツは無地でも大丈夫です。

ジャケット、シャツ、ネクタイをブルー系統で揃えているので、ホワイトのポケットチーフが、より爽やかな印象を与えていますね。

ポケットチーフを初めて使う人は、この「ホワイト × ホワイト」の合わせ方から始めてみるといいでしょう。

 

・ブルー(チェック) × ブルー(チェック)

シャツもポケットチーフも、ブルーのチェックで合わせていますが、色味とチェックの大きさを変えてメリハリをつけています。

無地でも問題ないですが、柄の場合は共地で合わせてしまうと、わざとらしさが出てしまうので、このように同じチェックでも少し変えるとこなれ感が出るのでおすすめです。

 

・ブルー(無地) × ブルー(無地)

同じブルー系統の色ですが、濃淡をつけてポケットチーフの存在感を高めています。

このように、無地同士でも色の濃度を微妙にずらすことによって、目立たせたいポイントをコントロールすることができるので、是非チャレンジしてみてください。

2-3. ネクタイの色に合わせる

シャツはどうしても、ホワイトやブルー系統の色ばかりになってしまいますが、ネクタイはレッドやグリーンなど、さまざまな色が使えるので、より自由なコーディネートを楽しむことができます。

・ブルー(ドット) × ブルー(チェック)

色合いの綺麗なドットのブルータイに、同じ色合いのチェックのポケットチーフを合わせたスタイル。

統一感が出て、コーディネートが一層引き締まります。

 

・オレンジ(無地) × オレンジ(ペイズリー)

オレンジの無地のネクタイに、ペイズリーのポケットチーフでクラシカルな雰囲気に。

全体的に柄を多用していますが、ペイズリーのオレンジで上手く色を合わせているので、まとまりがあります。

このように、ポケットチーフの一部の色を拾って合わせるのも、一つのテクニックです。

 

・レッド(レジメンタル) × レッド(チェック)

レジメンタルタイのレッドの部分と、ポケットチーフのレッドを合わせたコーディネート。

一見、「柄 × 柄」でごちゃごちゃしてしまいそうですが、色を統一するだけでとてもすっきりした印象になります。

レジメンタルタイのビビッドな色が目立ちますが、ポケットチーフによって見る人の視線を上手く分散させていて、非常に参考になる着こなしです。

2-4. あえて色を合わせない

上級者のテクニックになりますが、あえて色を合わせないという方法もあります。

この場合、トータルのバランスを考えながらコーディネートする必要があるので、ポケットチーフの使用に慣れてきたら挑戦してみてください。

ネイビータイに、ブルーのシャツ、そしてポケットチーフはビビッドなグリーンで合わせています。

全体的に落ち着いた色合いなので、ポケットチーフが差し色になっています。

ポケットチーフ, 色
差し色とは?
差し色とは、コーディネート全体のベースカラーとは異なる色のアイテムを使って、アクセントにすること。遊び心が生まれ、お洒落さがぐっと上がります。

こちらもネクタイ、シャツのどちらとも色を合わせていませんが、一体感があります。

このように、ポケットチーフの色をあえて合わせない使い方では、「ペイズリー柄」がおすすめです。

ペイズリー柄は、多色使いなので目立ちやすく、簡単に抜け感を出すことができます。

それでいて、柄が細かいのでコーディネートに馴染みやすいという万能さもあり、非常に重宝する柄なのです。

ポケットチーフの着こなしを楽しむ上で、一つは持っておきたいアイテムですね。

最後は、ドット柄のネイビータイに、パープルのストライプ柄のシャツ、そしてブルーのポケットチーフで合わせたスタイルです。

ポケットチーフのブルーが差し色になっていますが、さらに質感でも工夫をしています。

ネクタイとシャツは光沢感のある質感ですが、ポケットチーフは洗いざらしのようなカジュアルな質感です。

それによって、色だけでなく質感でもコントラストが生まれ、着こなしにメリハリが出来るのです。

3. 編集部おすすめのポケットチーフ

  • ポケットチーフ, 色

シルクサテンホワイトチーフ
¥2,900(税込)

編集部がおすすめする通販サイト「LaFabric(ラファブリック)」の商品を紹介します。

職人と直接取引を結ぶことで、シルク100%ながら低価格を実現したホワイトチーフです。

1枚1枚手巻きで端の処理をする最上級の仕立ては、胸元に華やかさがプラスされます。

デザイン、コスト全てにおいて、妥協のない自慢のチーフです。

4. まとめ

いかがでしたか?

今回は、ポケットチーフの色の合わせ方についてご紹介しました。

要点をまとめると、

・ポケットチーフは、フォーマルな場では「無地のホワイト」が基本。
・ネクタイやシャツと色を合わせる場合は、同一よりも濃淡をつけた方がこなれ感が出る。
・色を合わせない場合は、ポケットチーフに「ペイズリー柄」を使うことで合わせやすくなる。

以上の3点になります。

自身の着用シーンを考慮して、合わせ方を検討してみてください。

高品質で合わせやすいポケットチーフを見てみる