首にかけるだけで、手軽に迫力のあるサウンドを楽しめる「ネックスピーカー」

興味はあっても、聞き馴染みのないアイテムだけに、「どうやって選べばいいの?」とお困りの方も多いと思います。

そこでこの記事では、専門家・折原さんが厳選したおすすめのネックスピーカーをご紹介。

合わせて、ネックスピーカーの選び方接続方法なども解説しているので、自分にぴったりの1台が見つかりますよ。

ネックスピーカー おすすめ
この記事の監修者
折原 一也(おりはら かずや)
オーディオ・ビジュアルライター
公式Twitterはこちら
PC系出版社の編集職を経て、オーディオ・ビジュアルライター/AV評論家として専門誌、Web、雑誌などで取材・執筆を行う。国内、海外イベント取材によるトレンド解説はもちろん、実機取材による高画質・高音質の評価も得意とする。2009年よりオーディオビジュアルアワード「VGP」審査員/ライフスタイル分科会副座長。

※この記事は2021年4月時点での情報を参考にしています。
※商品価格は「価格.com」の最安値を参考にしています。(税込)

1. ネックスピーカーってどんなもの?

  • ネックスピーカー おすすめ

ネックスピーカーとは、その名の通り「首にかけて使用するスピーカー」のこと。

ヘッドホンのような携帯性とスピーカーらしい開放感ある音質を兼ね備えた、最先端のオーディオ機器です。

ネックスピーカーの4つのメリット
  • 作業中でもテレビや音楽を気軽に楽しめる
  • 自分の耳の近くだけに広がる迫力のサウンド
  • 耳を塞がないため周囲の音も聞き漏らさない
  • 長時間使っても疲れにくい

このように、周囲の様子を気にかけながらも快適で上質な視聴体験ができることが最大の魅力。

そのため、家事や育児に忙しい主婦や、テレワーク中の会社員などから特に人気のデバイスです。

ネックスピーカー おすすめ
専門家・折原さん

相応の音漏れはあるので、電車や公共スペースでの使用は控えましょう
しかしご自宅で使用するのなら、時間帯を気にせずに臨場感たっぷりの音を楽しめますよ!深夜にゆっくりテレビや映画を楽しみたい時にも最適です。

2. ネックスピーカー選びの2つのポイント

  • ネックスピーカー おすすめ

この章では、初購入でも快適に楽しめる、ネックスピーカーの選び方をご紹介します。

ネックスピーカー おすすめ
専門家・折原さん

ネックスピーカーは、
音ズレが少ないものを選ぶ
装着感重視か音質重視かで選ぶ

の2点から選ぶことが重要です。

それでは、順番にチェックしていきましょう。

◆音ズレが少ないものを選ぶ

ネックスピーカーの多くはBluetooth接続のため、映像に対して音が遅れる「音ズレ」が起きることも。

しかし、ネックスピーカーの「対応コーデック」に注目して選べば、音ズレを低減できます。

コーデックとは?

Bluetoothの音声データ伝送に使用する圧縮変換方式。
「AAC」や「aptX」といった種類に応じて音ズレ低減の度合いが異なる。

テレビやスマホに接続する際は、以下のコーデックに対応したモデルを選びましょう。

ネックスピーカー おすすめテレビに接続したい

  • ネックスピーカー おすすめ

テレビに接続して使用する場合は、対応コーデックが「aptX」のネックスピーカーがおすすめです。

ただし、ネックスピーカー単体ではテレビと接続できないことが多いので、同じくaptXに対応した「Bluetooth送信機」が必要になります。

ネックスピーカー おすすめ
カスタムライフ ライター・T

Bluetooth送信機には、ネックスピーカーに付属しているものと、別売りのものがあります。初心者の方は、送信機がセットになったネックスピーカーを選びましょう!

ネックスピーカー おすすめ
専門家・折原さん

映画やゲームなど映像メインで楽しむ方は、対応コーデックが「aptX LL」のモデルもおすすめですよ。対応商品は少ないですが、aptXより強力に音ズレを抑えてくれます
また、Bluetoothではない独自のワイヤレス方式を採用し、音ズレを低減しているモデルもありますよ。


ネックスピーカー おすすめスマホに接続したい

  • ネックスピーカー おすすめ

お使いのスマホがiPhoneかAndroidによって対応するコーデックが異なりますが、

・iPhoneユーザー…「SBC」または「AAC」
・Androidユーザー…「SBC」または「aptX」

に対応したネックスピーカーを選びましょう。

なお、スマホの機種を問わず利用できるSBCはAACやaptXより音がズレやすいとされています。

ただし、SBCでも音ズレが少ないモデルはあるので、あくまで目安として捉えてくださいね。

また、スマホに接続する場合は、直接ネックスピーカーとつなげられるので送信機は不要ですよ。

ネックスピーカー おすすめ
専門家・折原さん

ちなみに、多くのネックスピーカーは、ハンズフリー通話が可能です!急な着信にもネックスピーカー本体で電話応対ができるので、安心ですよ。

◆装着感重視か音質重視かで選ぶ

ネックスピーカーは、軽量の装着感重視タイプと、やや重量のある音質重視タイプに分けられます。

ここでは、2つのタイプの特徴をご紹介しますので、どちらが好みの使い方に合うか確認しましょう。

▶装着感重視タイプ

  • ネックスピーカー おすすめ

作業をしながら気軽に使用したい方は、

  • 本体が細くて首にかけやすい
  • 重量100g以下の軽量モデルが多い

といった特徴の装着感重視タイプがおすすめ。

ネックスピーカー おすすめ
カスタムライフ ライター・T

SHARP AN-SS1・本体88g 着用
とても軽い装着感で、6時間つけていても疲れませんでした。長時間利用にもピッタリだと思います!

▶音質重視タイプ

  • ネックスピーカー おすすめ

映画やテレビをじっくり見たい方は、

  • アンプが大きくパッシブラジエーターも高性能
  • 重量は200g以上のものが多い
    ※音楽の低音と連動して振動する機能のこと

といった特徴の音質重視タイプがおすすめ。

ネックスピーカー おすすめ 
カスタムライフ ライター・T

SHARP AN-SX7A・本体335g 着用
装着感重視のタイプより音が立体的+パッシブラジエーターも強力で、映画館のような臨場感を味わえました!

気になるタイプごとの商品は、次の章で専門家・折原さんが厳選したものをご紹介しています。

ぜひ、好みの使い方に合うタイプからチェックしてみてくださいね。

3. タイプ別|専門家厳選おすすめのネックスピーカー8選

  • ネックスピーカー おすすめ
ネックスピーカー おすすめ
専門家・折原さん

ここからは、タイプ別に厳選した
装着感重視タイプ4選
音質重視タイプ4選
をご紹介していきます。

初購入の方でも使いやすい商品ばかりなので、ぜひ参考にしてくださいね。

3-1. 装着感重視タイプ4選

ネックスピーカー おすすめ
専門家・折原さん

まずは、軽い着け心地で長時間利用におすすめの、装着感重視タイプをご紹介します。

装着感重視タイプ①
AT-NSP300BT / audio-technica

装着感重視タイプ1台目は、audio-technicaの「AT-NSP300BT」

ネックスピーカー おすすめ
専門家・折原さん

子供と一緒に使える業界最軽量モデル

本体の重量が75gと業界最軽量かつ、首へのストレスが少ない「エラストマー素材」を使用しているため、小さいお子さんでも快適に装着できます。

また、最大音量を85dB以下に制限できる「ヒアリングプロテクション」搭載で、聴力の保護という意味でも安心の1台。ぜひ、親子でお楽しみいただきたいモデルですよ。

AT-NSP300BT

メーカー】audio-technica
【価格】9,670円(税込)~
【公式サイト】https://www.audio-technica.co.jp

スペックの詳細を見る

【対応コーデック】SBC、aptX、aptX LL
【連続再生時間】13時間
重さ】75g
送信機】なし
【主な機能】防水機能(IPX2)
【カラー】ホワイト

 

装着感重視タイプ②
CAX-NS1BT / KENWOOD

装着感重視タイプ2台目は、KENWOODの「CAX-NS1BT」

ネックスピーカー おすすめ
専門家・折原さん

最大20時間の超スタミナ再生

ご紹介する商品の中で、最も充電持ちが良く、最大20時間の再生が可能です。加えて、低音を増強するパッシブラジエーターを搭載しており、サウンドも高音質。

また、スマホとペアリングすれば、在宅中の屋内だけでなく外出中のさまざまなシーンで活躍してくれますよ。

CAX-NS1BT

メーカー】KENWOOD
【価格】9,800円(税込)~
【公式サイト】https://www.kenwood.com

スペックの詳細を見る

【対応コーデック】SBC、aptX
【連続再生時間】20時間
重さ】88g
送信機】なし
【主な機能】音声アシスタント対応
【カラー】ブラック・ホワイト

 

装着感重視タイプ③
SP-A7WT-B / JVC

装着感重視タイプ3台目は、JVCの「SP-A7WT-B」。 

ネックスピーカー おすすめ
専門家・折原さん

低音が効いたパワーのある音質

首元のメインスピーカーに加えパッシブラジエーターも内蔵されているため、低音のパワーを感じられる厚みのあるサウンドが特徴です。

また、テレビと手軽に接続できる専用のBluetooth送信機が付属。さらにaptX LL対応で音ズレが少ないため、家事の最中やご家族との会話中でも映画やテレビを快適に楽しめますよ。

SP-A7WT-B

メーカー】JVC
【価格】11,880円(税込)~
【公式サイト】https://www.jvc.com

スペックの詳細を見る

【対応コーデック】SBC、aptX、aptX LL
【連続再生時間】15時間
重さ】83g
送信機】あり
【主な機能】防水機能(IPX4)、音声アシスタント対応
【カラー】ブラック

 

装着感重視タイプ④
AN-SS2 / SHARP

装着感重視タイプ4台目は、SHARPの「AN-SS2」

ネックスピーカー おすすめ
専門家・折原さん

音質と機能性のバランス◎

約88gの軽量設計というだけでなく、耳に効率良く音を届けるリフレクター構造により、包み込まるようなサウンドを体験できます。

また、送信機付属かつ低遅延コーデック対応で、テレビとの相性も抜群。さらに、連続16時間と長時間再生も可能なため、1日中音楽や動画を楽しみたい方にも最適。音質と機能性のバランスがとれた優良モデルですね。

 

AN-SS2

メーカー】SHARP
【価格】10,954円(税込)~
【公式サイト】https://jp.sharp

スペックの詳細を見る

【対応コーデック】SBC、AAC、aptX、aptX LL
【連続再生時間】16時間
重さ】88g
送信機】あり
【主な機能】防水機能(IPX4)、音声アシスタント対応
【カラー】ブラック・ホワイト・ローズゴールド・レッド 

 

3-2. 音質重視タイプ4選

ネックスピーカー おすすめ
専門家・折原さん

次に、映画やテレビ番組を迫力のあるサウンドで楽しめる、音質重視タイプをご紹介します。

音質重視タイプ①
MM-SPBT4BK / サンワサプライ

音質重視タイプ1台目は、サンワサプライの「MM-SPBT4BK」

ネックスピーカー おすすめ
専門家・折原さん

「ながら使い」でも音声くっきり

内向きのドライバーユニットで耳にまっすぐ音が届く構造になっており、「ながら使い」でも小音量でテレビや映画の音声をはっきりと聴き取ることができます。

また、音楽データの入ったmicroSDカードを入れれば音楽プレイヤーとしても使用できるなど、低価格ながらさまざまな使い方ができる優れものです。

MM-SPBT4BK

メーカー】サンワサプライ
【価格】5,998円(税込)~
【公式サイト】https://www.sanwa.co.jp

スペックの詳細を見る

【対応コーデック】SBC
【連続再生時間】10時間
重さ】190g
送信機】なし
【主な機能】防水機能(IPX5)
【カラー】ブラック

 

音質重視タイプ②
SOUNDGEAR BTA / JBL

音質重視タイプ2台目は、JBLの「SOUNDGEAR BTA」

ネックスピーカー おすすめ
専門家・折原さん

老舗オーディオメーカーの音質を堪能

JBL独自のサウンド技術により、クリアで臨場感あるサウンドを実現。老舗オーディオメーカーならではの上質な音質を味わえます。

aptX LLコーデック対応で、テレビ視聴も音ズレの心配なく快適。
重量370gと大型ですが、高音質&機能性重視のイチオシモデルです。

SOUNDGEAR BTA

メーカー】JBL
【価格】27,368円(税込)~
【公式サイト】https://jp.jbl.com

スペックの詳細を見る

【対応コーデック】SBC、aptX LL
【連続再生時間】6時間
重さ】350g
送信機】あり
【主な機能】
【カラー】ブラック・グレー

 

音質重視タイプ③
AN-SX7A / SHARP

音質重視タイプ3台目は、SHARPの「AN-SX7A」

ネックスピーカー おすすめ
専門家・折原さん

体を震わす量感ある重低音を体験

最大の特徴は、バスレフ型スピーカーとパッシブラジエーターを組み合わせた、ハイブリッド構造のスピーカシステム「ACOUSTIC VIBRATION SYSTEM」。サウンドの重低音に合わせてスピーカーが振動することで、体を震わせるような量感ある重低音を体験できます。

映画やゲームなどを思い切り楽しみたい方は必見の1台ですよ。

AN-SX7A

メーカー】SHARP
【価格】20,583円(税込)~
【公式サイト】https://jp.sharp

スペックの詳細を見る

【対応コーデック】SBC、AAC、aptX、aptX LL
【連続再生時間】13時間30分
重さ】280g
送信機】あり
【主な機能】音声アシスタント対応
【カラー】ブラック

 

音質重視タイプ④
SRS-WS1 / SONY

音質重視タイプ4台目は、SONYの「SRS-WS1」

ネックスピーカー おすすめ
専門家・折原さん

音と映像のズレが圧倒的に少ない1台

無線接続できるのはテレビだけですが、音のズレや遅れが全くと言っていいほどないのが魅力の1台。

さらに、音質もハイレベル。独自構造+デジタル処理によるサウンドと、音連動バイブレーションの組み合わせは、映画鑑賞やゲームプレイ中に音に包み込まれるような感覚で、高い没入感を実現してくれます。

SRS-WS1

メーカー】SONY
【価格】21,136円(税込)~
【公式サイト】https://www.sony.jp

スペックの詳細を見る

【連続再生時間】7時間
重さ】335g
送信機】あり
【主な機能】置くだけの簡単充電
【カラー】ホワイト

 

4. ネックスピーカーの接続方法

  • ネックスピーカー おすすめ

Bluetooth接続が主流のネックスピーカーを使うには、ネックスピーカーと接続する機器が「ペア」になるように設定する「ペアリング」が必要です。

そこでこの章では、利用頻度の高い「テレビ」と「スマホとのペアリング方法をご紹介します。

4-1. テレビと接続する

  • ネックスピーカー おすすめ

テレビでネックスピーカーを使用する際は、Bluetooth送信機とネックスピーカーをペアリングします。

以下の手順に沿ってペアリングを行いましょう。

Bluetooth送信機とのペアリング方法

①送信機をテレビに接続
…多くはテレビのイヤホンジャックに挿して使用する
※バッテリーを内蔵していない送信機はコンセントにも挿す

②送信機とネックスピーカーをペアリングモードにする
…どちらもBluetoothボタンor接続ボタンを長押しが一般的

テレビのイヤホンジャックに送信機を挿すと、テレビ本体からは音が出なくなります。

そのため、ネックスピーカーを使用しない時はテレビから送信機を外すようにしましょう。

ネックスピーカー おすすめ
テレビとの通信距離は約10m 
専門家のワンポイントアドバイス

ネックスピーカーとテレビ(送信機)との通信距離は、テレビからの直線距離で10mほどであることが一般的

そのため、作業中に使用する方は、10mを目安にテレビから離れすぎないようにしましょう。

また、壁やドアといった障害物があると、音が途切れやすくなるため注意が必要です。

4-2. スマホと接続する

  • ネックスピーカー おすすめ

スマホで使用する際は、直接スマホとネックスピーカーを接続します。

スマホとネックスピーカーのペアリングは、以下の手順で行いましょう。

スマホとの接続方法

①スマホのBluetoothをオン
②ネックスピーカーをペアリングモードにする

…Bluetoothボタンor接続ボタンを長押しが一般的
③スマホのBluetooth設定画面に表示されたネックスピーカーを選択
④接続済みと出たらペアリング完了!

ネックスピーカー おすすめ
専門家・折原さん

一度ペアリングさえしてしまえば次回から、
・スマホ側のBluetoothをオン
・ネックスピーカーの電源をオン
にするだけで接続されますよ。

5. まとめ

この記事では、専門家厳選のネックスピーカーをご紹介してきましたが、気になる1台はありましたか?

◆今回ご紹介したネックスピーカー8選【一覧】

タイプ 装着感重視タイプ 装着感重視タイプ 装着感重視タイプ 装着感重視タイプ 音質重視タイプ 音質重視タイプ 音質重視タイプ 音質重視タイプ
商品画像
  • ネックスピーカー おすすめ
  • ネックスピーカー おすすめ
  • ネックスピーカー おすすめ
  • ネックスピーカー おすすめ
  • ネックスピーカー おすすめ
  • ネックスピーカー おすすめ
  • ネックスピーカー おすすめ
  • ネックスピーカー おすすめ
メーカー audio-technica KENWOOD JVC SHARP サンワサプライ JBL SHARP SONY
商品名 AT-NSP300BT CAX-NS1BT SP-A7WT-B AN-SS2 MM-SPBT4BK SOUNDGEAR BTA AN-SX7A SRS-WS1
価格 9,670円(税込)~ 9,800円(税込)~ 11,880円(税込)~ 10,954円(税込)~ 5,998円(税込)~ 27,368円(税込)~ 20,583円(税込)~ 21,136円(税込)~
特徴 子供と一緒に使える業界最軽量モデル 最大20時間の超スタミナ再生 低音が効いたパワーのある音質 音質と機能性のバランスが◎ 「ながら使い」でも音声くっきり 老舗オーディオメーカーの音質を堪能 体を震わす量感ある重低音を体験 音と映像のズレが圧倒的に少ない1台
詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
ネックスピーカーを選ぶ2つのポイント

音ズレが少ないものを選ぶ
テレビに使用…送信機とネックスピーカーともに「aptX」以上
スマホに使用…iPhoneには「SBC・AAC」
       Androidには「SBC・aptX」

装着感重視か音質重視かで選ぶ
作業をしながら使いたい…「装着感重視モデル」がおすすめ
映画やテレビをじっくり見たい…「音質重視モデル」がおすすめ

ぜひ自分に合った1台を選んで、好きな番組や映画を迫力のあるサウンドで快適に楽しんでくださいね。

家電に関する記事をもっと見る