さらっとした着心地に、きちんと感のあるニット製シャツ。

街中で見たことはあるものの、他にも取り扱っているお店はないだろうか、と気になったことはありませんか?

そのような方のために、この記事ではビジネスシーンでも着用できるニット製シャツをご紹介します。

・ニットシャツの賢い選び方
・編集部のリサーチ

を元に、ビジネスシーンにぴったりのおすすめブランドをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

先に編集部のおすすめ店を知りたい方は3.コスパ抜群のニットシャツを扱うおすすめ店10選からチェックしてみてくださいね。

(※この記事は2018年5月時点の情報を参考にしています。)

1.良質なニットシャツは7,000円台で手に入る

「仕事で着るワイシャツ、どうせなら快適で良質なものを選びたい」

と考えている方も多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめしたいのが、「ニットシャツ」です。

ニットシャツは編み物生地から作られているシャツで、伸縮性や吸汗速乾性に優れているのが特徴。通気性が高く夏でも涼しいため、クールビズウェアとしても大活躍してくれます。

しかも、しわになりにくいため、出張時にカバンの中に畳んで保管していてもすぐに広げて着ることができる優れもの。

ストレスフリーでイージーケア、良質なドレスシャツのように着こなせるアイテムですが、7,000円台から購入することが可能です。

次の章では、良質でコスパのいいニットシャツの選び方についてご紹介します。

2.良質でコスパの良いニットシャツの選び方

良質でコスパのいいニットシャツを選ぶには、下記のポイントを抑えることが大切です。またデザイン面についても、選び方を解説していきます。

良質でコスパの良いニットシャツの選び方

・46ゲージに該当する生地を選ぶ

2-1. 46ゲージが高コスパ

  • ニットシャツ

肌触りがよく、着心地抜群なニットシャツ。中でもおすすめは、46ゲージと呼ばれる生地の商品です。

「ゲージ」とは、ニットを編む機械の針の密度を表す単位のことで、針の密度が高いものをハイゲージと呼びますが、ハイゲージのニットシャツは細かく編まれているため、サラッと軽い着心地で上品な印象を与えます。

数年前までは36ゲージ編み機が最新でしたが、今は人気メーカーが手がけるニットシャツはさらに進化した46ゲージが主流になっています。

世界的にも希少価値が高いと言われている46ゲージ編み機を使用したニットシャツは、ドレスシャツ仕立てで高級感があります。

ニットシャツを選ぶひとつの目安として、「46ゲージ」というキーワードを覚えおいて損はありません。

2-2. 生地で着心地&印象がガラリと変わる

  • ニットシャツ

「ゲージ」とともに選ぶ際に注目してほしいのが「生地」です。生地によってニットシャツの風合いや見た目、着心地などはかなり違ってきます。

ニットシャツに使われる代表的な生地は以下の通りです。

ニットシャツに使われる代表的な生地

◆綿100%

肌触りが良く吸水性に優れているだけでなく、型崩れしにくいという特徴があります。


◆鹿の子

表面に凸凹の風合いを施した編み方の生地で、汗をかいてもベタつかず、さらりとした着心地が特徴です。


◆クールマックス

春夏のビジネスアイテム用に開発された生地で、コットンの5倍ほどの吸湿性があるので、汗をかいても快適に過ごすことができるのが特徴です。


◆綿 × ポリエステル混

耐久性が高くハリやコシのあるポリエステル、肌触りのいい綿をミックスさせた生地で、吸水速乾性に優れているのが特徴です。


◆天竺

適度な伸縮性を持っている編み地生地で、ベーシックなドレスシャツなどに使われています。

2-3. 第一印象を左右する襟型にこだわる

ニットシャツ

ビジネスシャツの印象は襟型で大きく異なり、ニットシャツも例外ではありません。

ノータイで勤務できるオフィスなら、襟の型崩れが起きにくくカッチリした印象のボタンダウンカラーや、こなれた雰囲気を与えるホリゾンタルカラーがおすすめです。

自分の体型に合わせた襟型の選び方もあります。

・顔の大きさが気になる人はワイドカラー

レギュラーカラーはどんな体型の人にも合うタイプですが、襟羽の長さと襟足が高めのワイドカラーは、サイドに広がっている分、顔の大きさが気になる方にぴったりです。

・首が太め、がっちり体型の人はホリゾンタルカラー

襟型の中でもっとも襟羽がほぼ水平になっているホリゾンタルカラーは、シャープな印象を与えます。

首が太めの人やがっちり体型の人におすすめです。

・痩せ型〜標準体型ならボタンダウンカラー

オックスフォードシャツなどによく見られるボタンダウンカラーは、アメリカンスタイルシャツの定番。

瘦せ型、標準体型の人がスマートに着こなせますよ。

3.コスパ抜群のニットシャツを扱うおすすめ店10選

ここでは、1着7,000円台、かつビジネスシーンでも着用できるニットシャツを扱うおすすめのお店をご紹介します。


◆FABRIC TOKYO[PR]

 

"Fit Your Life"をコンセプトに、サイズだけでなく一人一人のライフスタイルにフィットするオーダーメイドのビジネスウェアを提供する「FABRIC TOKYO」。

・製品はすべて高品質なメイドインジャパン
・機能性に優れたラインナップが豊富
・ITを駆使した、スマートなオーダー体験を提供

など、急成長中のブランドです。

◆WEB限定でオーダーメイドの違いを体験しよう

「オーダーメイドって、良さそうだけど、実際どうなんだろう?」と疑問をお持ちの方のために、現在特設ページを公開中です。

FABRIC TOKYOのスマートなオーダー体験で、自分にぴったりの1着を便利に手に入れてみてはいかがでしょうか。

特設ページを見る

Maker’s Shirt 鎌倉

25周年を迎えた老舗メンズアパレルメーカー「Maker’s Shirt 鎌倉」

世界進出を果たしたジャパンクオリティは、多くのビジネスマンを虜にしています。

熟練の職人によって作られる至高のシャツは、袖を通した瞬間に素材と仕立ての良さを実感。

高密度の36ゲージニットシャツは、ドレスシャツに限りなく近い光沢感を持っているのが特徴です。

ブランド詳細

【ブランド名】メーカーズシャツ鎌倉
【価格帯】1着6,372円(税込)〜

公式HPを見る

CHOYA

大手百貨店でも取り扱いのある由緒正しきハイエンド・ワイシャツメーカー「CHOYA」

130年以上の歴史に裏打ちされた、質実剛健な作りと信頼感で幅広い層のファンを虜に。

トリコット編み機で製造した形態安定加工のニットシャツを豊富に取り揃えています。

ブランド詳細

【ブランド名】CHOYA
【価格帯】1着7,452円(税込)〜

公式HPを見る

CAMICIANISTA

伝統的イタリアンメイドのシャツ製法で”魅せる“シャツを販売している人気ブランド「CAMICIANISTA」

リーズナブルに高品質なドレスシャツを購入することができ、コスパの良さは圧倒的。

サラサラとした清涼感ある肌触りと柔らかさを兼ね備えたニットシャツは、洗練された大人にこそ着てほしい一着です。

ブランド詳細

【ブランド名】CAMICIANISTA
【価格帯】1着6,480円(税込)〜

公式HPを見る

ozie

1924年創業のシャツメーカー「ozie」

小ロットで生産する高品質・低価格のオリジナルシャツは、新商品を毎週リリースするというこだわりぶり。

2008年から販売しているビズポロ(ビジネスポロシャツ)=ワイシャツ仕立てのニットシャツは、その品質の高さにファンが急増しています。

素肌に着てもサラリとした着心地で透け感の少ないストレスフリーなニットシャツは、ビジネスマンのセンスをさらに高めること間違いなしです。

ブランド詳細

【ブランド名】ozie
【価格帯】1着7,560円(税込)〜

公式HPを見る

はるやま

はるやま商事株式会社が運営する「はるやま」

圧倒的な形態安定性でアイロンいらずを実現した「i-Shirt(アイシャツ)」は、販売数が250万枚を突破しています。

洗濯後そのまま着れるニットシャツは、忙しい朝を過ごすビジネスマンの強い味方です。

また、空気触媒生地の採用により、汗の匂いが気にならない抗菌・消臭機能も備えています。

ブランド詳細

【ブランド名】はるやま
【価格帯】1着5,508円(税込)〜

公式HPを見る

TAKA-Q

日本製生地を使用したニットシャツがリーズナブルな価格で手に入るのが魅力の「TAKA-Q」

全方位に伸びて動きやすく着心地がよいシャツは、ビジネスやカジュアルなどのシーンを問わず活躍してくれます。

ブランド詳細

【ブランド名】TAKA-Q
【価格帯】1着5,389円(税込)〜

公式HPを見る

ORIHICA

スーツからチーフ・シューズまで、ビジネスマン必携のアイテムをトータルで取り揃える紳士服ブランド「ORIHICA」

スタイリッシュさと豊富なデザイン製が人気のニットシャツは「ノンアイロンシリーズ」として展開。

日本製生地を使用したドレッシーな風合いと快適な着心地が特徴。

アイロン不要で洗濯後でもすぐに着用できます。

ブランド詳細

【ブランド名】ORIHICA
【価格帯】1着5,292円(税込)〜

公式HPを見る

AOKI

郊外から都心まで全国各地に展開する紳士服の販売店「AOKI」

ズバ抜けた商品開発力で、シーズンごとにトレンド性の高い商品をリリースしています。

ニット素材を使用したシャツは、優れたストレッチ性と吸水速乾性を両立。

さりげないデザイン性も完備しており、デイリーユースにぴったりです。

オンラインショップでWeb割引やクーポンを利用すれば、さらにお得に商品を購入することが可能です。

ブランド詳細

【ブランド名】AOKI
【価格帯】1着5,389円(税込)〜

公式HPを見る

土井縫工所

「世界で活躍する日本のビジネスマンのためのドレスシャツ」をコンセプトに数多くのアイテムを展開する「土井縫工所」

オンラインショップのメニューバーから「Entry Line」を開くと、鹿の子(ニット)シャツのメニューが登場。

ベーシックなシルエットの「クラシックモデル」とスリムフィットなシルエットの「ダーツモデル」の2パターンから選択できます。

ブランド詳細

【ブランド名】土井縫工所
【価格帯】1着9,720円(税込)〜

公式HPを見る

ニットシャツ専門店ITOHARI

1956年創業以来、良質なニットシャツを作り続けている「ニットシャツ専門店ITOHARI」

ITOHARIが提唱する「やさしいシャツ」の条件は「空気を編んだような、やわらかい生地」、「からだがスリムに見えて、動きやすい」、「肩まわりが、動いても張らない」の3つ。

このコンセプトを基に展開するニットシャツは、快適な着心地と幅広いバリエーションが特徴です。

ビジネスマンのニーズに応えるアイテムを日々、開発し続けています。

ブランド詳細

【ブランド名】ニットシャツ専門店ITOHARI
【価格帯】1着9,720円(税込)〜

公式HPを見る

 

4.ニットシャツ・よくある質問Q&A

ここでは、ニットシャツに関するよくある質問にお答えします。

Q1. 一般的なワイシャツとの違いは?

  • ニットシャツ

A. 見た目は同じでもワイシャツにはない多くの機能性を備えています。

ニットシャツとは「編まれた生地によって仕立てられたシャツ」のことをいいます。

一般的なワイシャツとニットシャツの大きな違いは、生地の構造です。ワイシャツは「織り物生地のシャツ」であるのに対して、ニットシャツは「編み物生地のシャツ」です。

そのため、織り物にはない編み物特有の機能性(伸縮性がある、通気性があり着心地がソフトなど)を持っているのが、ニットシャツの特徴といえます。

Q2. なぜ、ニットシャツは伸縮性があるの?

  • ニットシャツ

A. 1本の糸でループを作りながら編んでいくので、伸縮性が生まれます。

ニットシャツには「伸縮性があり、着心地が良い」という大きな特徴があります。

1本の糸でループを作りながら編んでいくニットは、そのループにより生じる隙間により、タテにもヨコにも伸びるという伸縮性を持っています。

この伸縮性によりニットシャツは動きやすく、体に優しくフィットする抜群の着心地を実現しています。

Q3. ニットシャツの扱いで注意すべき点は?

  • ニットシャツ

A. ニットシャツは「洗濯の仕方」に気をつけましょう。

一般的なワイシャツと同じように洗うことは絶対に避けてください。

ニットシャツは、織り物生地に比べて生地組織が緩やかなために非常に型崩れしやすい性質があります。

そのため、洗濯の際はシャツに付いているケアラベルの表示をよく読んで、理解しておくことが大事です。

「ネットを使用して洗ってください」や「タンブラー乾燥は避けてください」など、ワイシャツのラベルにはない取り扱い方が表示されています。

  • ニットシャツ

また、クリーニング店に出す際は「必ずニット製品であること」を伝えましょう。

きちんと店員さんに伝えておかないと、ニットシャツと知らずに一般的なワイシャツと同様の扱い方をされてしまい、袖が伸びてしまってサイズが変化してしまうなどのトラブルが起きかねません。

5.まとめ

いかがでしたか?

ニットシャツを取り扱うお店で、気になるブランドは見つけられたでしょうか。

ニットシャツは、下記のポイントを心がけて選んでくださいね。

良質でコスパの良いニットシャツの選び方

・46ゲージに該当する生地を選ぶ

汗をかいても涼しく、さらりとした着心地が特徴のニットシャツが1枚でもあると、ビジネスシーンでの着回しにも幅が出ます。

特にクールビズ期間で重宝するアイテムですので、春夏を快適に過ごしたい方は、いつものラインナップにプラスでニットシャツを追加してみてはいかがでしょうか。

もう一度、編集部がおすすめするニットシャツブランドを知りたいという方は3.コスパ抜群のニットシャツを扱うおすすめ店10選をご覧ください。