「オフィスでニットタイを着けて良いのだろうか?」

「スーツの時って、どうニットタイを合わせれば良いんだ・・」

ビジネスの場にニットタイを取り入れようとしている方、そんな疑問で困っていませんか?

そんな方のために今回は、ビジネスにおけるニットタイの着用ルール、コーディネート、最後におすすめのネクタイを紹介します。

いつもの服装にニットタイを取り入れて、新しいビジネススタイルを楽しんでくださいね。

1. ビジネスでニットタイを着用する際の3か条

このチャプターでは、ニットタイの基本情報から、ビジネスでニットタイを着用する際のルールを順に追って紹介します。

「知ってるよ」と思うものがある方もいるかもしれませんが、まず基本を踏まえることで、スマートにニットタイをビジネスシーンに取り入れることができます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

1-1. まず、ニットタイを知ろう

20世紀前半に登場したニットタイは、編み地素材で作られたネクタイのことです。

シルクを中心として、ウールやコットン等の天然素材、より安価な人工素材まで、様々な種類のものが流通しています。

そのため、ニットタイを着用する際、季節によって素材を代える、という注意点が挙げられます。

シーズン別に、代表的な素材を紹介すると、

・春夏|コットン
・秋冬|ウール
・オールシーズン|シルク

となります。

これは、ビジネス、カジュアル問わず留意すべき、大切なポイントです。

ここでは簡易的な紹介になりましたが、カスタムライフではニットタイの基礎知識をまとめた記事を書いています。

気になった方は、「はじめてニットタイを着ける前に知っておくべき基本とおすすめ店6選」をご覧ください。

1-2. 色は黒、グレー、ネイビーにしよう

1-1. まず、ニットタイを知ろう」で軽く触れましたが、このチャプターではより具体的に、ニットタイをビジネスシーンで着用する際のポイントを紹介します。

ニットタイは、素材感に溢れた「はずし」の要素が強く、カジュアル寄りのアイテムだと思われがちです。

ただ、業界やオフィス環境によっては、違和感なく、ビジネスシーンに溶け込めます。

また、最近は日本でも、クールビズやウォームビズを取り入れている企業が増えています。

ビジネスシーンにおけるニットタイの便利性は高まっている状況です。

とはいえ、いくらオフィス環境ではOKでも、取引先が服装に厳しい場合がありますので、ご自身での確認が必須となります。

色に関しては、黒、グレー、ネイビー等の控えめな色がベターです。

これはニットタイに限らないことですが、ビジネスの場でのお洒落は、相手を不快にさせない、ということが最重要ポイントです。

1-3. 着こなし方にも気を配ろう

・ 着崩さない

 緩めのタイドアップは、「はずし」の効いたニットタイの魅力が、より引き立ちます。

ただ、過度にラフな印象を与えてしまうので、こういった装いはビジネスシーンではNGです。

やはり、相手を不快にさせないことを前提として、お洒落を楽しむことが大切です。

・ 細部をおろそかにしない

タイバーやポケットチーフ等の小物を取り入れることで、ニットタイはよりビジネススタイルにマッチします。

カジュアル感の強いニットタイも、些細な工夫で、印象ががらりと変わるわけです。

ニットタイ,ビジネス
 ニットタイは、一般的なネクタイと比べ、厚みや網目が強調されています。
なので、タイバーを着ける際は、しっかりと口を開けて、奥まで押し込むようにしてください。また、取り外す際も、網目に引っかからないように気を付けてください。ポケットチーフについて詳しく知りたい方は、こちら「結婚式でお洒落に決まるポケットチーフの折り方と着こなし方」を参考にしてみてください。

左上の画像のように、ニットタイは先端が水平に切られた「スクエアエンド」というデザインが主流です。

ただ、右上の画像のように、大剣が三角形に作られたものもあります。

スクエアエンドの小洒落た感は、ニットタイの魅力の一つですが、遊びの要素が強いのも確かです。

ビジネスシーンで着用する際はまず、大剣が作られたものをおすすめします。

2. ビジネスで使えるニットタイのコーディネート9選

このチャプターでは、ビジネスシーンで使えるニットタイのコーディネートを、パターン(柄)別に紹介します。

基本的には、スーツやジャケットを合わせ、キレイ目な印象にすることが大切です。

今回はパターン別に紹介していますが、もしもネクタイの色からコーディネートしたい方は、こちら「ネクタイの色の選び方|あなたの印象を思い通りに変える3つのコツ」を参考にしてみてください。

2-1. 無地ニットタイ

 無地ニットタイとストライプシャツは、王道のコーディネートです。

そこに、紡毛系のグレースーツを合わせることで、知的な雰囲気を演出します。

無地ニットタイとギンガムチェックシャツは、ぜひ試したい組み合わせです。

コツとしては、全体のトーンを揃えることで、アクのない上品な仕上がりになります。

無地ニットタイと白シャツ、というシンプルなコンビの際は、上着にもこだわりましょう。

今回は、青のニットジャケットをピックアップします。

いつもの冬の装いに、ぐっと華やかさがプラスされます。

2-2. ボーダーニットタイ

控えめなトーンでまとめたスタイルには、ビビットな赤のボーダーがおすすめです。

ニットタイならではのフレンドリーさで、Vゾーンをほのかに彩ります。

重厚な雰囲気の中に、ニットタイのサックスブルーが、軽快な個性をリンクさせています。

多色のニットタイを柄シャツと合わせる場合、その中にシャツと同系色があることが、うるさくなり過ぎないポイントです。

 グレーのスーツに、モスグリーンとネイビーのコントラストが良く映えます。

さし色の黄色が邪魔にならず、優しい印象になるのは、ニットタイの素材感ならではです。

2-3. ドットニットタイ

 黒と白のドット柄は、落ち着いた中に「はずし」を取り入れたい時に便利です。

グラフチェックのシャツとも個性がぶつかり合わず、初心者の方でも気軽に楽しめます。

青のボタンダウンシャツにネイビーのドットを合わせています。

こちらは、夏に一押しの装いです。

クールビズ期間中はネクタイ不要の会社も多いですが、コットン地のニットタイは暑苦しさとは無縁です。

風の歌のような爽やかさを運びつつ、全体をきゅっと引き締める役割を果たします。

柔らかな色味のスーツとシャツには、赤のドットがピッタリとはまります。

ポップなアクセントとしてはもちろん、情熱の赤が印象にリライアビリティを付与します。

3. 編集部おすすめのニットタイ

編集部のおすすめは、こちらの、シルクグレイニットネクタイです。

2色の色を掛け合わせており、丹精かつシャープな仕上がりになっています。

シルクグレイの柔らかな風合いとともに、剣先を作っているので、ビジネスシーンにはもってこいの1本です

すでにニットタイを愛用している方にも、ぜひ、おすすめの1本となっています。

ご紹介した商品の他にも、当サイト「Customlife」を運営するファッションレーベル「LaFabric(ラファブリック)」では、おすすめのアイテムを多数取り揃えております。

ぜひ一度、ご覧になってみてくださいね。

ビジネスで決まる商品を見てみる

4. まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ビジネスシーンにおけるニットタイの着用ルールについて紹介しました。

遊び心の溢れたニットタイは魅力的ですが、ビジネスで着用する際は、相手を不快にさせないということが何よりも大切です。

自分のオフィス環境や取引先のことを考え、着こなし方にも気を配ってくださいね。

ただあまり難しくは考えず、それがクリアできたら、精一杯、お洒落を楽しんでいきましょう。

良質でお手頃なニットタイを見てみる