転職活動をはじめる際、必ず考えるのは転職サイト選びです。

ただ、転職サイトもさまざまあるので、どれを使えば良いか分からない方も数多くいると思います。

そこで今回は、

・転職サイト選び方と活用術
・必ず利用したい転職サイトランキング

をご紹介します。

ぜひ、転職サイト選びの参考にしてくださいね。

先に、編集部おすすめの転職サイトランキングを知りたい方は、「2. まず登録してほしい総合型転職サイトランキング」 からご覧ください。

(※この記事は、2017年4月時点での情報を参考にしています。)

1. 転職サイトの基本|総合型と特化型の特徴

  • 転職サイト ランキング

まず、転職サイトは、大きく分けて2つのタイプがあります。

・総合型

「総合型」とは、業界や職種問わず、幅広い転職求人を取り扱っている転職サイトのことです。

「求人数」が豊富で、転職活動を進める上での心構えから、履歴書の書き方まで、転職活動のノウハウを網羅した充実したコンテンツが魅力です。

・特化型

「特化型」とは、「薬剤師」や「IT・エンジニア」など業界や職種で求人を絞っている転職サイトのことです。

また、「ハイクラス向け」などの一定のスキルに絞った求人を取り扱っているところもあります。

このように転職サイトといっても、それぞれに特徴があります。

実際の活用の仕方は、次の章でご紹介します。

2. 転職サイトの選び方と活用術

2-1. 総合型転職サイトの選び方

転職サイト ランキング

転職サイトを使って、転職を考えているならば、まずは総合型転職サイトを1つ登録してください。その際は、

・求人数の多さ
「総合型」の強みである豊富な求人数をより生かすことができる。

・コンテンツの充実度
転職の幅広いノウハウを生かして、転職の成功をサポートしてくれる。

を基準に選ぶのがおすすめです。

たくさん登録しても管理が大変になるだけなので、1社に絞るのが効率的です。

関連記事:総合型転職サイトについてもっと知りた方はこちら
大手転職サイト6社を徹底比較|転職活動に必須の転職サイトの選び方

2-2. 特化型転職サイトの選び方

転職サイト ランキング

特化型転職サイトは、自分の求めるものにぴったりとマッチしていることが必要です。

求めているものと言っても、さまざまだと思いますが、まず、

・入りたい業界がどこなのか
・転職したい職種がどこなのか
・経験の浅さをカバーしてほしいのか
・年齢が気になっているのか
・キャリアアップしたいのか
・働きたい地域があるのか

など、求めているものをしっかりと見定めることが必要です。

中には、どれも気になっているという方もいるかと思いますが、多くとも2社程度にとどめておくのがベストです。

転職サイトの管理が大変になってしまう上に、転職の目的がぶれてしまいます。

ご自身が転職に何を求めていて、どのポイントを重視するかということを整理することが重要です。

2-3. 複数の転職サイトを活用する

  • 転職サイト ランキング

ここまで「総合型」と「特化型」、それぞれの選び方について、ご説明しました。

すると次に疑問に思うのは、実際にどれくらいの数の転職サイトを利用すれば良いのか、ということだと思います。

目安としては、「総合型」と「特化型」合わせて、2~3つの転職サイトを併用することをおすすめします。

例えば、「特化型」1つに絞ってしまっては、せっかくの「自分の希望に合った求人」を逃してしまうリスクがあります。

かといって、たくさんのサイトに登録しても管理が大変です。

肝心の転職活動が進まない、という弊害が生じる恐れがあります。

幅広い求人と転職情報を網羅する「総合型」を転職活動の中心として利用しながら、「特化型」で自身の希望する業界や業種に絞った求人を探していけば、無理なく効率的に転職活動を進めていけます。

今回は簡易的な説明となってしまいましたが、転職サイトを活用した効率的な転職活動について詳しく知りたい方は、「転職サイトおすすめランキング|転職者100人から学ぶ成功の秘訣」をご覧ください。

関連記事:転職を助けてくれるサービスが知りたい方はこちら
希望の求人が見つかる転職に役立つサイト36選

2. まず登録してほしい総合型転職サイトランキング

このチャプターでは、年代、志望業界、職種問わず、必ず押さえておきたい総合型転職サイトをランキング形式でご紹介します。

・求人数の多さ
・コンテンツの充実度

を主な基準に厳選しましたので、ぜひ、転職サイト選びの参考にしてくださいね。

1位:リクナビNEXT

リクナビNEXTは、求人業界のパイオニアであるリクルートキャリアが運営している転職サイトです。

常時5,000件以上の求人掲載数、会員数600万以上、といったその歴史に裏打ちされた実績があります。

また、求人情報だけではなく、企業から直接オファーが届く「スカウト機能」や、あなたの強みを短時間で発見できる自己診断ツール「グッドポイント診断」等、そのノウハウを存分に生かしたコンテンツが用意されています。

リクナビNEXTは、そのサイト内だけで必要な情報を得られるので、「効率的」かつ「本気」で転職をしたい方には、ぜひ、おすすめです。

【公式HP】http://next.rikunabi.com

あなたに合った求人を見てみる

2位:エン転職

エン・ジャパンが運営する日本最大級の求人情報数を誇る転職サイト、エン転職です。

掲載されている求人の約80%がエン転職にしか載っていない非公開求人となっています。

また、エン転職独自のコンテンツ「取材担当者のコメント」は、求職者が聞きたい企業の声を、丁寧な取材とわかりやすい文章で伝えてくれているので、安心して求人を探すことができます

【公式HP】https://employment.en-japan.com

3位:DODA

株式会社インテリジェンスが運営する転職サイト、DODAです。

転職活動の準備から内定までの転職活動のノウハウが詰まった「転職成功ガイド」、自分の強みや弱み、仕事への適正が約10分ほどでわかる「キャリアタイプ診断」など、転職活動を成功させるコンテンツが揃っています。

また、定期的に開催される合同企業説明会「DODA転職フェア」は、転職活動中の方はもちろん、転職活動前の情報収集にも活用できます

【公式HP】https://doda.jp

3. タイプ別|おすすめ転職サイト6選

ここからは、タイプ別のおすすめ転職サイトを「特化型」転職サイトを含めて5つご紹介します。

あなたの希望に沿った項目を、ぜひ、チェックしてくださいね。

関連記事:業界や職種別の転職サイトはこちらご覧ください。
効率的に転職活動を行うために|おすすめ転職サイトとその活用術を徹底解説

3-1. 若年層向け

マイナビ転職

マイナビ転職は、新卒向け就職情報サイト「マイナビ」の転職版サイトで、特に20代から30代から高い人気の転職サイトです。

常時取り扱っている求人数は業界トップクラス、その中で、20代や第二新卒向けの求人情報が豊富に揃っています

また、履歴書・職務経歴書の書き方や面接対策など、さまざまなコンテンツで転職活動をバックアップしています。

20代の方や第二新卒の方が転職活動する際、まずは最初に登録したいサイトです。

【公式HP】https://tenshoku.mynavi.jp

関連記事:20代で転職活動を成功させたい方はこちら
20代で転職を成功させる3つのコツと9つの成功体験談

関連記事:30代での転職を成功させたい方はこちら
はじまりで差がつく|「30代転職」を成功に導く5つの心得

3-2. 第二新卒向け

Re就活

「第二新卒・既卒がハンデにならない」をテーマに掲げる20代専門の就職・転職サイト、Re就活です。

職歴なし、社会人経験3年未満、未経験からの転職など、20代専門のサイトならではの求人情報が揃っているのはもちろん、適職診断などのコンテンツも揃っているのも魅力の一つです。

【公式HP】https://re-katsu.jp

関連記事:第二新卒を中心とした若年層の転職活動の進め方を知りたい方はこちら
第二新卒での転職を成功させるための知識とおすすめの転職サイト8選

3-3. ハイクラスの転職を考えてる方向け

ビズリーチ

ビズリーチは、日本初の「求職者課金型」で話題を集める、株式会社ビズリーチが提供する転職サイトです。

国内外の優良企業と、厳正な審査基準をクリアした一流のヘッドハンターが、求職者の履歴書を見て、直接スカウトするシステムです。

全てのコンテンツを利用するには有料となってしまいますが、秘匿性の高いハイクラス向けの求人に特化しているので、中長期的なスパンで、優良な案件を狙いたいという方には、ぜひ、おすすめです。

【公式HP】https://www.bizreach.jp

関連記事:ハイクラスやキャリアアップ求人を探している方の転職活動の進め方を知りたい方はこちら
エグゼクティブ転職のエージェント活用術とおすすめエージェント6選

3-4. 女性の方向け

女の転職@type

長く働きたい女性を応援する転職サイトで、求人数は1,000件以上、登録者数は約65万人にのぼります。

9割以上が正社員または正社員登用有りの求人で、「女性管理職有」「育児と両立」など、女性の方ならではのこだわりの検索条件で求人を探すこともできます。

【公式HP】https://woman.type.jp

3-5. 働きたい地域が決まっている方向け

はたらいく

株式会社リクルートジョブズが運営する地元・地域密着型の転職支援サイト「はたらいく」です。

人と接する仕事、安定して働ける仕事、働きがいのある仕事など、さまざまな「仕事観」から求人を探せる検索機能があるので、業界や職種に迷っている方もスムーズに求人情報を探すことができます

【公式HP】https://www.hatalike.jp

関連記事:東京での転職を考えてる方はこちら
東京で働くために転職したい人へ|転職を成功させる3つのポイント

3-6. 外資系求人を探している方向け

CareerCross

外資系企業や英語を使った仕事への転職に特化した転職サイト「CareerCross」。

日本語レベルや英語レベルなどから企業を絞り込めるので、ご自身の語学レベルから転職できる企業を選べるので、英語に自信がない方でも安心して利用できます

【公式HP】https://www.careercross.com

関連記事:外資系企業への転職を成功させたい方はこちら
外資系転職でキャリアアップする|外資系に強い転職エージェント12選と3つの活用術

4. まとめ

いかがでしたでしょうか。

最後に今回のおさらいをすると、

・転職サイトにはあらゆる業界、職種の求人を網羅した「総合型」と、特定の業界、職種に特化した「特化型」がある。

・転職サイトを活用するためには、「総合型」を中心としながら、自身の希望する業界、職種に特化した「特化型」を併用する。

という2つのポイントになります。

ぜひ、本記事を参考にして、満足のいく転職をしてくださいね。

転職に役立つ情報を見てみる