「きれいにパッキングしたはずなのに出張先でジャケットがしわくちゃ…」

「脱ぎ着が増える季節は、どうしてもジャケットにしわが寄ってしまう…」

そんな経験で困ったことはありませんか。

それ以外でも、旅行や季節の変わり目など、いつでも気軽に持ち歩けるジャケットがあればいいなと思っている方も多いはず・・・。

そんなあなたにおすすめしたいのが、「しわにならないジャケット」。

現在さまざまなブランドが、素材からこだわりぬいた、スタイリッシュでビジネスの場面でも安心して使える「しわにならないジャケット」を発売しています。

今回はそんな「しわにならないジャケット」の特徴や選び方について説明し、最後に編集部おすすめの商品をピックアップしました。

ジャケットのしわに悩まされたことがある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1. しわにならないジャケットの基本

1-1. 持ち運びに便利

「しわにならないジャケット」の一番のメリットは、何といっても持ち運びが便利なところ。

しわを気にしなくていいから、外回りの際に鞄に入れたり、会社に置いておく‟置きジャケット”にしてみたり・・・。

また、出張や旅行の際に持っていくジャケットとしても最適です。

1-2. しわにならない理由

「しわにならないジャケット」の最大の特徴は、防シワ性に優れたその素材にあります。

もちろん、「しわにならないジャケット」といっても、100%しわにならないというわけではありません。

しかし、さまざまなブランドがその素材からこだわりぬき、しわになりにくい、あるいは、しわになったとしても気にならない生地を使ったジャケットを開発しています。

以下に、「しわにならないジャケット」に多く用いられている代表的な素材について、その一般的な防シワ性について説明しますので、参考にしてみてください。

◆ウール:一般的に羊の毛のことを指します。天然繊維の中では、綿・麻・シルクなどに比べてしわになりにくい特徴があります。しなやかさと弾力性に優れるため、スーツ生地として広く使用されています。

◆ポリエステル:合成繊維で強度が強く丈夫で、しわになりにくい特徴があります。一般的に、ウールよりさらにしわになりにくいとされ、ポリエステル100%やウール・ポリエステル混紡素材はしわになりにくいスーツ素材の代表格です。

◆ナイロン:合成繊維で軽く弾力性があり、しわになりにくい特徴があります。強度も非常に強く速乾性にも優れています。

◆ジャージー素材:伸縮性のある厚手のメリヤス編み生地のこと。伸縮性が高いため動きやすく、しわになりにくい特徴があります。生地の質感がなめらかで、スーツやジャケットの素材としても注目されています。

◆スウェット素材:綿ジャージー素材の一種。生地が二重構造になっていて、一般的に裏地がパイル地、表地が平織りのジャージー素材で吸汗性に優れています。伸縮性も高いためしわになりにくく、取り扱いが比較的簡単という特徴があります。

1-3. ビジネスでも安心して使える

防シワ性に優れたジャケットと聞くと、「カジュアルすぎるんじゃないか…」「着心地が良くないのでは…」と感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし、現在発売されている「しわにならないジャケット」の中には、ビジネスシーンを意識したものも多く、仕事でも安心して使える商品が増えてきています。

 上の写真は、THE SHOP TKから発売されている、「防シワウォッシャブルジャケット」(9,900円/税抜)という商品で、ビジネスシーンを意識したシンプルなデザインになっています。

また、「しわにならないジャケット」の中には、ストレッチ性を持つ素材を使用するなど、見た目の「きちんと感」と着心地の良さを両立したものも登場してきています。

もちろん、職場によっては適さないと判断される場合もありますので、最終的にはご自身の職場環境を考慮した上で、「しわにならないジャケット」の快適性を実感してみてください。

1-4. 購入時の4つのポイント

では、「しわにならないジャケット」を購入する際にチェックしたいポイントについて、ビジネスで使用するということを前提にしてご説明します。

◆サイズ
スーツ選びにも共通することですが、何よりも大切なのが、ご自身のサイズに合ったジャケットを選ぶということです。ジャケットのサイズ選びのポイントは以下の5点です。

・後ろ襟から出るシャツの幅は適切か
・背中に「つきじわ」はないか
・ジャケットから出る袖丈の長さは適切か
・着丈の長さは適切か
・胸まわりのゆとりは適切か

上記5点のポイントを押さえておけば、ご自身のサイズにぴったり合ったジャケットを見つけることができます。

これらのポイントは、スーツのサイズ選びと同じです。詳しく知りたい方は、「正しいスーツの選び方|高品質でかっこよく見える6つのコツ」で紹介してありますので、ぜひ参考にしてみてください。

◆カラー
ビジネスで使うとなると、やはりご自身の職場に合った色のものを選ぶのが無難です。

オフィスカジュアルの職場でも、周囲の人がダークカラーのジャケットが当たり前の職場では、やはりダークカラーの商品を選ぶことをおすすめします。

クールビズの時期なども、職場によってジャケットの色の自由度は変わってくると思いますので、ご自身の会社に合った色のジャケットを選びましょう。

また、着こなしという観点からも、ベーシックな色のジャケットの方が、幅広いコーディネートに合わせやすいので、特に初めて「しわにならないジャケット」を購入する際は、黒・ネイビー・グレーなど定番カラーの商品がおすすめです。

◆デザイン
デザインについても、奇抜なものよりは、定番のデザインのジャケットの方が使用シーンが広く、飽きずに長く使えるためおすすめです。

2ボタンか3ボタンのシングルタイプのジャケットが、最もスタンダードで、幅広いビジネスシーンで着用することが可能です。

◆価格帯
ここまで見ていただくと、「そんな高機能なジャケットは、やっぱり高いんじゃないか…」と思ってしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし、「しわにならないジャケット」の価格帯は幅広く、1万円以下(税抜)で手に入る商品もあります。

こちらはUNIQLOが発売している「コンフォートジャケット」という商品(5,990円/税抜)です。

この他にも、1万円以下(税抜)のリーズナブルな価格の商品もありますので、まずは1着買って試してみたいという方にも、ぜひチャレンジしていただきたいジャケットです。

2. 仕事で使えるおすすめ商品7選

ここからは実際に、

・防シワ性が高いこと
・ビジネスで使えること
・5万円以内(税抜)

という条件に絞って、おすすめ商品をご紹介しますので、ぜひあなたにピッタリのお気に入りの商品を探してみてください。

(※この記事は、2016年12月時点での各社の情報を参考にしています。)

2-1. 自分好みの1着を見つける

THE SHOP TK
「防シワウォッシャブルジャケット」
9,900円(税抜)

【素材】
表地:ポリエステル100%
裏地:ポリエステル100%

税抜9,900円で買える、シーンや相手を選ばないシンプルなジャケット。

しわになりにくく、自宅の洗濯機で洗うことも可能です。

こちらの商品は、セットアップでもご利用いただけます。

AOKI
「【スリム】【CAFE SOHO WHITE】トラベラーニット 2ボタンジャケット」
26,000円(税抜)

【素材】
ポリエステル100%

防シワ性に優れ、カバンに入れてもしわになりにくいジャケット。

会社の置きジャケットや出張のお供に最適なジャケットです。

表地と裏地のダブルストレッチで動きやすく、自宅の洗濯機で洗うことも可能です。

MACKINTOSH PHILOSOPHY
「【EASY DRESSING】360°スーパーストレッチ 2Bジャケット」
38,880円(税込) 

【素材】
表地:ナイロン90% ポリウレタン10%
裏地:ポリエステル

360°全方位に伸縮するストレッチ性を備えたジャージージャケット。

しわになりにくく、手洗い可能といった扱いやすさも魅力。

着丈が少し短めのボックスシルエットでモダンな雰囲気が漂うジャケットです。

UNITED ARROWS
「UDET トラベル 3B コンフォート ジャケット」

39,960円(税込)

【素材】
表地:ウール50% ポリエステル50%
裏地:キュプラ100%

耐久性の高い糸を使用し、ウールとポリエステルをブレンドした生地によって作られたしわになりづらいジャケット。

ナチュラルなストレッチによる高い伸縮性と通気性・軽量化を図った裏地を使用することで、軽快な着心地を実現しています。

同生地のパンツと合わせることでセットアップとしてもご利用いただけます。

Calvin Klein
「バランサー ジャケット」
49,680円(税込) 

 
【素材】
表地:ウール91%ナイロン9%
胴裏:キュプラ,ポリエステル
袖裏:キュプラ

日本に数台しかない編み機、バランサーキュラーを使用したジャージ素材のシンプルなデザインのジャケット。

通常の編地とは異なり締りのある組織が特徴で、ジャージー素材特有の弱みのだれも発生しにくく、仕立て映えのする素材です。

ジャージー素材ならではの適度なストレッチ性もあり、しわにもなりにくい快適な着心地を実現しています。

EDIFICE
「ハリスツイード 3B ジャケット(ヘリンボーン)」
54,000円(税込) 

【素材】
表地:ウール100%
裏地:ポリエステル100%

英国王室御用達「HARRIS TWEED」のウール素材を贅沢に100%使用したジャケット。

暖かさと動きやすさに加え、しわも気にならず長持ちし、ざっくりした風合いが特徴です。

絶妙なバランスのラペル幅にEDIFICEらしいタイトなシルエット、生地に合わせてパッチポケットにするなど、細部までこだわりが感じられるジャケットです。

同生地でのジレも展開しており、2ピースでのスタイリングも楽しめます。

2-2. 自分だけの1着をオーダーする

最後は、ご自身の好みに合わせて、シルエットやボタン数・ラペルの形などを選んでオーダーしたいという方向けにおすすめの商品になります。

ベントタイプやポケットのタイプ・裏地なども自由に組み合わせることができますので、自分だけのオリジナルな1着を作りたいという方は、ぜひお試しください。

LaFabric
「【秋冬春】THE TECH #001 seasons アウトラストブラックジャケット」
44,800円(税込)

  • しわにならないジャケット

NASAの宇宙飛行士の為に開発された最先端素材であるアウトラストを使用したジャケット。

繊維の中のマイクロカプセルが吸熱、発熱、蓄熱することで、心地良い状態を保つ温度調節機能を持っています。

古くはミリタリーアイテムに使われていたサージと呼ばれる織物を使用し、適度な大人の抜け感ときちんと感を両立しています。

しわにもなりにくく扱いやすいため、初めてジャケットを購入する方にもピッタリの商品です。

 
アウトラスト素材:NASAの宇宙飛行士のために開発された高機能素材で、常に快適な体感温度を維持する温度調節機能が最大の特徴です。伸縮性にも優れ、動きやすくしわにもなりにくい最先端素材です。

3. まとめ

いかがでしたか。

今回ご紹介した「しわにならないジャケット」についてまとめると、

・しわになりづらい素材を使っているから、持ち運びに便利(もちろん、出張に持っていくジャケットや会社の“置きジャケット”にも最適)

・「きちんと感」のあるデザインで、ビジネスでも安心して使える商品が増えてきている

・税抜1万円以下のリーズナブルな価格から手に入る

・購入時のポイントは、自分のサイズに合った、ベーシックなデザイン・カラーのジャケットを選ぼう

になります。

ぜひこの記事を参考にして、「しわにならないジャケット」の快適性を試してみてください。

しわにならないジャケットを見てみる