「きれいにパッキングしたはずなのに出張先でジャケットがしわくちゃ…」

「脱ぎ着が増える季節は、どうしてもジャケットにしわが寄ってしまう…」

そんな経験で困ったことはありませんか。

それ以外でも、旅行や季節の変わり目など、いつでも気軽に持ち歩けるジャケットがあればいいなと思っている方も多いはず・・・。

そんなあなたにおすすめしたいのが、「しわにならないジャケット」。

現在さまざまなブランドが、素材からこだわりぬいた、スタイリッシュでビジネスの場面でも安心して使える「しわにならないジャケット」を発売しています。

今回はそんな「しわにならないジャケット」の特徴や選び方について説明し、最後におすすめのブランドをご紹介します。

ジャケットのしわに悩まされたことがある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(※この記事は、2017年8月時点での情報を参考にしています。)

1. しわにならないジャケットの基本

1-1. 持ち運びに便利

「しわにならないジャケット」の一番のメリットは、何といっても持ち運びが便利なところ。

しわを気にしなくていいから、外回りの際に鞄に入れたり、会社に置いておく‟置きジャケット”にしてみたり・・・。

また、出張や旅行の際に持っていくジャケットとしても最適です。

1-2. しわにならない理由

「しわにならないジャケット」の最大の特徴は、防シワ性に優れたその素材にあります。

もちろん、「しわにならないジャケット」といっても、100%しわにならないというわけではありません。

しかし、さまざまなブランドがその素材からこだわりぬき、しわになりにくい、あるいは、しわになったとしても気にならない生地を使ったジャケットを開発しています。

以下に、「しわにならないジャケット」に多く用いられている代表的な素材について、その一般的な防シワ性について説明しますので、参考にしてみてください。

◆ウール:一般的に羊の毛のことを指します。天然繊維の中では、綿・麻・シルクなどに比べてしわになりにくい特徴があります。しなやかさと弾力性に優れるため、スーツ生地として広く使用されています。

◆ポリエステル:合成繊維で強度が強く丈夫で、しわになりにくい特徴があります。一般的に、ウールよりさらにしわになりにくいとされ、ポリエステル100%やウール・ポリエステル混紡素材はしわになりにくいスーツ素材の代表格です。

◆ナイロン:合成繊維で軽く弾力性があり、しわになりにくい特徴があります。強度も非常に強く速乾性にも優れています。

◆ジャージー素材:伸縮性のある厚手のメリヤス編み生地のこと。伸縮性が高いため動きやすく、しわになりにくい特徴があります。生地の質感がなめらかで、スーツやジャケットの素材としても注目されています。

◆スウェット素材:綿ジャージー素材の一種。生地が二重構造になっていて、一般的に裏地がパイル地、表地が平織りのジャージー素材で吸汗性に優れています。伸縮性も高いためしわになりにくく、取り扱いが比較的簡単という特徴があります。

1-3. ビジネスでも安心して使える

防シワ性に優れたジャケットと聞くと、「カジュアルすぎるんじゃないか…」「着心地が良くないのでは…」と感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし、現在発売されている「しわにならないジャケット」の中には、ビジネスシーンを意識したものも多く、仕事でも安心して使える商品が増えてきています。

 上の写真は、THE SHOP TKから発売されている、「防シワウォッシャブルジャケット」(9,900円/税抜)という商品で、ビジネスシーンを意識したシンプルなデザインになっています。

また、「しわにならないジャケット」の中には、ストレッチ性を持つ素材を使用するなど、見た目の「きちんと感」と着心地の良さを両立したものも登場してきています。

もちろん、職場によっては適さないと判断される場合もありますので、最終的にはご自身の職場環境を考慮した上で、「しわにならないジャケット」の快適性を実感してみてください。

1-4. 購入時の4つのポイント

では、「しわにならないジャケット」を購入する際にチェックしたいポイントについて、ビジネスで使用するということを前提にしてご説明します。

◆サイズ
スーツ選びにも共通することですが、何よりも大切なのが、ご自身のサイズに合ったジャケットを選ぶということです。ジャケットのサイズ選びのポイントは以下の5点です。

・後ろ襟から出るシャツの幅は適切か
・背中に「つきじわ」はないか
・ジャケットから出る袖丈の長さは適切か
・着丈の長さは適切か
・胸まわりのゆとりは適切か

上記5点のポイントを押さえておけば、ご自身のサイズにぴったり合ったジャケットを見つけることができます。

これらのポイントは、スーツのサイズ選びと同じです。詳しく知りたい方は、「正しいスーツの選び方|高品質でかっこよく見える6つのコツ」で紹介してありますので、ぜひ参考にしてみてください。

◆カラー
ビジネスで使うとなると、やはりご自身の職場に合った色のものを選ぶのが無難です。

オフィスカジュアルの職場でも、周囲の人がダークカラーのジャケットが当たり前の職場では、やはりダークカラーの商品を選ぶことをおすすめします。

クールビズの時期なども、職場によってジャケットの色の自由度は変わってくると思いますので、ご自身の会社に合った色のジャケットを選びましょう。

また、着こなしという観点からも、ベーシックな色のジャケットの方が、幅広いコーディネートに合わせやすいので、特に初めて「しわにならないジャケット」を購入する際は、黒・ネイビー・グレーなど定番カラーの商品がおすすめです。

◆デザイン
デザインについても、奇抜なものよりは、定番のデザインのジャケットの方が使用シーンが広く、飽きずに長く使えるためおすすめです。

2ボタンか3ボタンのシングルタイプのジャケットが、最もスタンダードで、幅広いビジネスシーンで着用することが可能です。

◆価格帯
ここまで見ていただくと、「そんな高機能なジャケットは、やっぱり高いんじゃないか…」と思ってしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし、「しわにならないジャケット」の価格帯は幅広く、1万円以下(税抜)で手に入る商品もあります。

こちらはUNIQLOが発売している「コンフォートジャケット」という商品(5,990円/税抜)です。

この他にも、1万円以下(税抜)のリーズナブルな価格の商品もありますので、まずは1着買って試してみたいという方にも、ぜひチャレンジしていただきたいジャケットです。

2. しわにならないジャケットを取り扱うおすすめ店3選

ここでは、仕事でも使えるしわにならないジャケットを販売するおすすめのブランドを、

・高品質でコスパの高い製品を提供している

・防シワ性に優れた素材や生地を豊富に取り扱っている

・予算5万円程度で手に入る

という基準より、ご紹介します。

上質、かつビジネスでも使えるきちんと感のあるアイテムを展開するお店をピックアップしていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


LaFabric(ラファブリック)

  • しわにならないジャケット

ネットでオーダースーツ・シャツを1着から作れるカスタムオーダーの通販サイト「LaFabric」。

製品はすべてメイドインジャパンで、機能性に優れた素材・生地を豊富に取り扱っているのが特徴です。

中でも、おすすめは高機能に特化した「THE TECH」シリーズ。

アウトドアシーンで使用される耐久性の高い生地「コーデュラ」、NASAのために開発され、伸縮性・防シワ性に優れた「アウトラスト」など、豊富なラインナップが揃っています。

また、一度店舗で採寸〜体型情報を登録すれば、あとはネットから気軽にオーダーができる点も魅力です。

ブランド詳細

【ブランド名】LaFabric
【オーダー種類】パターンオーダー
【価格】29,800円(税込)〜
【納期】約4週間

公式サイトを見る

麻布テーラー

オーダースーツ専門店として、スーツスタイルを楽しむビジネスマンから人気の「麻布テーラー」。
 
ジャケットは1着23,000円〜からオーダーすることができ、おすすめのコレクションは「WORLD TRAVELR COLLECTION」。こちらは、耐久性をあげる強撚糸を採用した1着で、ストレッチ性とシワの回復力に優れたラインナップです。
 
生地・素材の品揃えは国内でも随一のブランドで、選りすぐりの高級生地が集まっていますので、仕事でもオフでも使える、こだわりのジャケットが欲しい方におすすめです。
ブランド詳細

【ブランド名】麻布テーラー
【オーダー種類】パターンオーダー
【価格】23,000円(税抜)〜
【納期】約4〜6週間

公式サイトを見る

MACKINTOSH PHILOSOPHY(マッキントッシュ フィロソフィー)

英国の老舗ブランド「マッキントッシュ」のセカンドラインとして誕生した「MACKINTOSH PHILOSOPHY」。

おすすめのラインナップは、「ビジネスマンが出張を快適に過ごせるように」というコンセプトで展開する「TROTTER(トロッター)」シリーズ。

ウォッシャブル、イージーケア、ストレッチ性、仕事で使いやすい柄のバリエーションが特徴で、シリーズの累計販売数は7万着を超える人気ぶりです。

英国調のシルエットに、上品で、機能的なジャケットをお探しの方におすすめです。

ブランド詳細

【ブランド名】MACKINTOSH PHILOSOPHY
【価格】32,400円(税抜)〜

公式サイトを見る

3. まとめ

今回ご紹介した「しわにならないジャケット」についてまとめると、

・しわになりづらい素材を使っているから、持ち運びに便利(もちろん、出張に持っていくジャケットや会社の“置きジャケット”にも最適)

・「きちんと感」のあるデザインで、ビジネスでも安心して使える商品が増えてきている

・税抜1万円以下のリーズナブルな価格から手に入る

・購入時のポイントは、自分のサイズに合った、ベーシックなデザイン・カラーのジャケットを選ぼう

になります。

ぜひこの記事を参考にして、「しわにならないジャケット」の快適性を試してみてください。