デスクトップパソコンを買いたいと思っても、

「高い買い物になるし、慎重に選びたい…」
「イラスト制作用にはどれがいいんだろう?」

など、より良い1台が欲しいからこそ悩んでしまいますよね。

そこでこの記事では、

・家電販売員への聞き取り調査
・パソコンメーカーへの聞き取り調査
・メーカー14社の製品を比較した編集部の独自調査

をもとに、タイプ別おすすめのデスクトップパソコン12選をご紹介します。

あわせて、デスクトップパソコンを選ぶポイントも詳しく解説しているので、使う用途に合った快適な1台が手に入りますよ。

先に編集部おすすめのデスクトップパソコンを見たい方は下記のタイプ別リンクからチェックしてみてくださいね。

デスクトップパソコン おすすめ
価格重視
の方向け
デスクトップパソコン おすすめ
クリエイティブ
作業向け
デスクトップパソコン おすすめ
ゲーム
向け

(※ この記事は2019年5月時点の情報を参考にしています。)

1. デスクトップパソコンを選ぶ2つのポイント

  • デスクトップパソコン おすすめ

デスクトップパソコンは同じ性能のノート型と比べ、本体を小さくするコストのかからない分、価格がリーズナブルなことが特徴です。

そのため、 

持ち歩く予定がない
設置スペースを確保できる

といった方にはデスクトップパソコンがおすすめです。

ただ、さまざまな製品がある中で快適に使える1台を選ぶためには、下記2つのポイントを押さえることが大切です。

デスクトップパソコンを選ぶ2つのポイント

用途に合わせたスペックのものを選ぶ
好みの本体デザインから選ぶ

それでは一つひとつ見ていきましょう。

1-1. 用途に合わせたスペックのものを選ぶ

  • デスクトップパソコン おすすめ

まず、使う用途に合ったスペックのデスクトップパソコンを選びましょう。

パソコンのスペックを表す項目は数多くある中で、下記3つに注目することが大切です。

パソコンを選ぶ上で大切な3つのスペック
デスクトップパソコン おすすめ
CPU
  • パソコン全体の計算処理を行うパーツ
    スペックが高いほど、データ処理速度が上がる
デスクトップパソコン おすすめ
インテル社製
出典:www.intel.co.jp
デスクトップパソコン おすすめ
AMD社製
出典:https://www.amd.com
処理
速度
Core i9
Core i7
Threadripper
Ryzen 7
Core i5
Core i3
Ryzen 5
Ryzen 3
Pentium
Celeron
A SERIES
ATHRON

CPUは主にインテル社製とAMD社製の2つが主流で、それぞれ表の上になるほど処理速度に優れます。

表内で同じ位置にあるものなら両社に大きな違いはありません。

また、「Pentium」や「A SERIES」以下のCPUは最低限のスペックのため、「快適さ」という観点ではおすすめできません。


デスクトップパソコン おすすめ
メモリ
  • データを一時的に記憶するパーツ
    スペックが高いほど、一度に処理できるデータが増える

16GB~
 
最新ゲーム、複数アプリを開く
必要のある作業に対応

8GB
 
イラスト・動画編集、
負荷の軽いゲームに対応

4GB
 
ネット閲覧や事務作業など、
一般的な用途に対応

メモリはGBの単位になり、数字が多くなるほどデータ量の多い作業でもパソコンの動作が安定します。


デスクトップパソコン おすすめ
ストレージ
  • データを保存しておくパーツ
    HDDとSSDの2種類あり、SSDの方が読み込み速度が早い

※ 各スペックについて詳しくは「3. デスクトップパソコン知っておきたい基礎知識」で解説しています。


パソコンを快適に使用するには、これらすべてが用途に合ったスペックであることが求められます。

◆ 用途別|快適に使える各スペックの目安

用途 CPU メモリ スト
レージ
ネット閲覧
事務作業
など

・インテル Core i3
・AMD Ryzen 3
 
4GB HDD
イラスト
動画編集
など

・インテル Core i5
・AMD Ryzen 5
 
8GB SSD
最新ゲーム
VR
など

・インテル Core i7
・AMD Ryzen 7
 
16GB SSD
※ 使用するアプリによって多少異なります。

上記画像のデスクトップパソコンは、

・CPU:インテルCore i5
・メモリ:16GB
・ストレージ:SSD搭載

といったスペックのため、イラストや動画編集を快適に行える製品になります。


もちろん、用途問わずスペックが高いに越したことはありませんが、性能が上がれば製品の価格もその分上がります。

そのため、自分の用途に合わせて選べば必要以上に出費せずデスクトップパソコンを購入できますよ。

デスクトップパソコン おすすめ
用途によって「GPU(グラフィックカード)」もチェック!

用途が、

3Dポリゴンの制作
フルCGのゲーム


などの場合は、「GPU(グラフィックカード)」も使用アプリの「推奨動作環境」に合ったものを選ぶことが大切です。

◆ 推奨動作環境の例

デスクトップパソコン おすすめ
出典:http://www.sonnettech.com
デスクトップパソコン おすすめ
出典:http://www.sonnettech.com

GPUは、

・NVIDIA社の「Geforce」
・AMD社の「Radeon」

が主流で、それぞれ末尾の数字が大きくなるほどスペックが高くなります。

ゲーマーの中には、よりなめらかな動作を追求するために、推奨動作環境以上のGPUを選ぶ方もいます。


GPUは高度なグラフィックを処理するためのパーツで、製品によっては搭載していないものもあります。

その場合、他のスペックが高くても正常にアプリが動作しないので注意しましょう。

1-2. 好みの本体デザインから選ぶ

  • デスクトップパソコン おすすめ

次に、好みの本体デザインのものから選びましょう。

デスクトップパソコンのデザインは大きく分けて下記3つになります。

デスクトップパソコン おすすめ
出典:https://www.
amazon.co.jp


タワー型
デスクトップ
パソコンの
定番デザイン

デスクトップパソコン おすすめ
出典:https://www.
amazon.co.jp


一体型

 モニターと
本体が一体の
デザイン

デスクトップパソコン おすすめ
出典:https://www.
amazon.co.jp


省スペース型

タワー型より
本体の小さい
デザイン

なお、「一体型」や「省スペース型」は、

設置スペースを確保しやすい
部屋のインテリアに馴染みやすい


といったメリットがある一方で、ノート型と同様、本体を小さくしている分、「タワー型」より性能毎の価格は上がります。

そのため、デザインにこだわりはなく、ハイスペックな製品の購入を考えている方は「タワー型」を選ぶのがおすすめですよ。

デスクトップパソコン おすすめ
「一体型」以外、モニターは別売りの場合が多い

デスクトップパソコン おすすめ

デスクトップパソコンは「一体型」以外のデザインの場合、モニターは別売りなことが多いです。

モニターを持っていない方は別途購入する必要があるので、その分の予算も踏まえて製品を選びましょう。
(※ モニターは製品によりますが、1~2万円ほどから購入できます。)

モニターの選び方については「Q3. モニターのおすすめの選び方は?」で解説しているのでぜひご覧ください。

2. タイプ別|おすすめデスクトップパソコン12選

  • デスクトップパソコン おすすめ

この章では、

・パソコンメーカー、家電販売員への聞き取り調査
…  使いやすさや実際のユーザー人気 など
・メーカー14社の製品を比較した編集部の独自調査
… 価格やデザイン、快適に動作するための各スペック など

をもとに厳選したおすすめのデスクトップパソコンを下記3つのタイプ別でご紹介します。

mouse、ドスパラ、パソコン工房、NEC、富士通、東芝、Apple、DELL、HP、ASUS、Renovo、ツクモ、arc、msi

タイプ別|おすすめデスクトップパソコン12選

リーズナブルなデスクトップパソコン
… とにかく価格の安いものが欲しい方におすすめ

クリエイティブ向けデスクトップパソコン
… イラスト、動画制作を行いたい方におすすめ

ゲームプレイ向けデスクトップパソコン
… 最新ゲームをストレスなくプレイしたい方におすすめ

ぜひ、自分の用途に合ったタイプの製品からチェックしてみてくださいね。

※ 掲載している価格は2019年5月時点の各メーカー公式HP、および「価格.com」の最安価格を参照しています。

2-1. リーズナブルなデスクトップパソコン4選

  • デスクトップパソコン おすすめ

ここでは一般的な用途で快適に使用できるスペックを備えながら、リーズナブルな価格で購入できるデスクトップパソコンをご紹介します。

  デスクトップパソコン おすすめ デスクトップパソコン おすすめ デスクトップパソコン おすすめ デスクトップパソコン おすすめ
モデル New Vostro 3470 LUV MACHINES AR410BN All-in-One 22 Mini PC PN60
価格 58,980円(税抜) 59,800円(税抜) 68,600円(税抜) 69,800円(税抜)
CPU Core i3 Ryzen 3 Core i3 Core i3
メモリ 4GB 8GB 8GB 4GB
ストレージ HDD HDD HDD HDD
タイプ タワー型 タワー型 一体型 省スペース型

◆ DELL
New Vostro 3470

日経コンピューター主催の「顧客満足度調査2018 - 2019デスクトップパソコン部門」で1位に選ばれている「New Vostro 3470」

  • 通気口が多く、内部の熱を逃がしやすい
  • 比較的小型サイズで設置スペースを確保しやすい

など、リーズナブルなだけでなく初心者の方でも扱いやすい特徴を持ったモデルです。

◆ パソコンメーカーのコメント

デスクトップパソコン おすすめ
一般的な用途で不自由なく使えます
パソコンメーカーのコメント

一般的な用途で不自由なく使えるスペックを備えた、初めて購入する方におすすめのデスクトップパソコンです。お求めやすい価格で個人だけでなく法人のお客さまにも人気です。

製品詳細

【メーカー】DELL
【モデル】New Vostro 3470
【価格】 58,980円(税抜)
    ※ モニター別売
【買える場所】実店舗、通販サイト
【CPU】第8世代インテル Core i3
【メモリ】4GB
【ストレージ】HDD 1TB
【GPU】 非搭載
【タイプ】タワー型
【サイズ】92.6 × 293 × 290(mm)
(幅 × 奥行 × 高さ)

【光学ドライブ】DVD/CD
【USB接続】3.0ポート × 2、2.0ポート × 4
【付属品】キーボード、マウス

 
公式サイトを見る

◆ mouse
LUV MACHINES AR410BN

マットブラックを基調にしたデザインの「LUV MACHINES AR410BN」

  • 1台1台を丁寧に組み立てる安心の国内生産
  • ワンプッシュで正面パネルが外れ、内部のホコリや汚れを除去しやすい

など、価格以上の品質、使いやすさを持つ人気モデルです。

◆ パソコンメーカーのコメント

デスクトップパソコン おすすめ
価格を重視する方にはこの1台がおすすめ
パソコンメーカーのコメント

弊社で扱っているAMDのCPU搭載モデルは、インテルのものに比べて価格がリーズナブルです。性能が劣ることもないので、価格を重視する方におすすめです。

製品詳細

【メーカー】mouse
【モデル】LUV MACHINES AR410BN
【価格】59,800円(税抜)
    ※ モニター別売
【買える場所】実店舗、通販サイト
【CPU】AMD Ryzen 3 2200G
【メモリ】8GB
【ストレージ】HDD 1TB
【GPU】非搭載
【タイプ】タワー型
【サイズ】170 × 403 × 360
(幅 × 奥行 × 高さ)

【光学ドライブ】非搭載
【USB接続】3.1ポート × 2、3.0ポート × 4
      2.0ポート × 2
【付属品】キーボード、マウス

 
公式サイトを見る

◆ HP
All-in-One 22

ライトユーザー向けに製造された一体型デスクトップパソコン「All-in-One 22」

  • 指先で操作できるタッチスクリーン仕様
  • どの角度で見てもきれいに見える高精細ディスプレイ

などの特徴と、清潔感のあるシンプルなデザインで部屋のインテリアとしてもおすすめのモデルです。

◆ パソコンメーカーのコメント

デスクトップパソコン おすすめ
デザイン性も好評をいただいております
パソコンメーカーのコメント

一体型デスクトップパソコンの中でもお求めやすい価格で人気のモデルです。パソコンというよりテレビのような感覚で部屋に置けるデザイン性も好評をいただいております。

製品詳細

【メーカー】HP
【モデル】All-in-One 22
【価格】68,600円(税抜)
【買える場所】実店舗、通販サイト
【CPU】第8世代インテル Core i3
【メモリ】8GB
【ストレージ】 HDD 1TB
【GPU】非搭載
【タイプ】一体型(液晶ノングレア)
【サイズ】490 × 205 × 390(mm)
(幅 × 奥行 × 高さ)

【光学ドライブ】DVD/CD
【USB接続】3.1ポート × 2、2.0ポート × 2
【付属品】キーボード、マウス

 
公式サイトを見る

◆ ASUS
Mini PC PN60

静音設計で動作音が気になる方にもおすすめの「Mini PC PN60」

  • 重量わずか700gの軽量仕様
  • 小型ながらUSB接続ポートを合計6つ実装

など、省スペース型の魅力と、実際に使っていく上での利便性を兼ね揃えたモデルです。

◆ パソコンメーカーのコメント

デスクトップパソコン おすすめ
コンパクトなサイズですが各スペックは優秀です
パソコンメーカーのコメント

何よりも手のひらに乗るほどコンパクトサイズなことが特徴です。また、小型ながらストレージの容量が1TBあるので、一般用途で困ることはまずないと思います。

製品詳細

【メーカー】ASUS
【モデル】Mini PC PN60
【価格】69,800円(税抜)
    ※ モニター別売
【買える場所】実店舗、通販サイト
【CPU】第8世代インテル Core i3
【メモリ】4GB
【ストレージ】HDD 1TB
【GPU】非搭載
【タイプ】省スペース型
【サイズ】115 × 115 × 49 (mm)
(幅 × 奥行 × 高さ)

【光学ドライブ】非搭載
【USB接続】3.1-Cポート × 2、3.1ポート × 3
       2.0ポート × 1
【付属品】なし

 
公式サイトを見る

2-2. クリエイティブ作業で活躍するデスクトップパソコン4選

  • デスクトップパソコン おすすめ

ここでは、イラストや動画制作といったクリエイティブ作業を行うのにおすすめのデスクトップパソコンをご紹介します。

  デスクトップパソコン おすすめ デスクトップパソコン おすすめ デスクトップパソコン おすすめ デスクトップパソコン おすすめ
モデル raytrek HB  SENSE-M039-i5-UHR-CSP 21.5インチ iMac VivoMini VC65-C1
価格 79,980円
(税抜)
94,980円
(税抜)
164,800円
(税別)
94,800円
(税抜)
CPU Core i5 Core i5 Core i5 Core i5
メモリ 8GB 16GB 8GB 8GB
ストレージ SSD + HDD SSD + HDD SSD + HDD SSD + HDD
タイプ タワー型 タワー型 一体型 省スペース型

◆ ドスパラ
 raytrek HB 

イラストや動画制作のエントリーモデルとしておすすめの「raytrek HB 」

・CPUは最新の第9世代インテル Core i5
・SSDとHDDを両方搭載したデュアルストレージ

など、比較的リーズナブルな価格でありながら、充実のスペックで快適にクリエイティブ作業を行えます。

◆ パソコンメーカーのコメント

デスクトップパソコン おすすめ
これからイラストや動画制作にチャレンジしたい方におすすめ
パソコンメーカーのコメント

このスペックの製品としては比較的リーズナブルな価格なので、これからイラストや動画制作にチャレンジしてみたいという方におすすめのモデルです。部屋に置きやすい小さめサイズなのも魅力だと思います。

製品詳細

【メーカー】ドスパラ
【モデル】raytrek HB 
【価格】79,980円(税抜)
    ※ モニター別売
【買える場所】実店舗、通販サイト
【CPU】第9世代インテル Core i5
【メモリ】8GB
【ストレージ】SSD 240GB + HDD 1TB
【GPU】 GeForce GT 1030
【タイプ】タワー型
【サイズ】190 × 420 × 360(mm)
(幅 × 奥行 × 高さ)

【光学ドライブ】DVD/CD
【USB接続】3.1ポート × 2、3.0ポート × 2
       2.0ポート × 2
【付属品】キーボード、マウス

 
公式サイトを見る

◆ パソコン工房
SENSE-M039-i5-UHR-CSP

イラスト、漫画制作に特化した性能を持つ「SENSE-M039-i5-UHR-CSP」

  • 上級者の多重レイヤーにも対応する16GBメモリ
  • イラストアプリ「CLIP STUDIO PAINT」の推奨動作認定を取得

など、クリエイターにとって安心して長く愛用できる特徴を持ったハイスペックモデルです。

◆ パソコンメーカーのコメント

デスクトップパソコン おすすめ
「CLIP STUDIO PAINT」を利用する方に特におすすめ
パソコンメーカーのコメント

メモリが16GBなので、イラスト上級者の方でも満足いただけると思います。特に「CLIP STUDIO PAINT」を利用する方には間違いなしです。価格も比較的リーズナブルでおすすめですよ。

製品詳細

【メーカー】パソコン工房
【モデル】SENSE-M039-i5-UHR-CSP
【価格】94,980円(税抜)
    ※ モニター別売
【買える場所】実店舗、通販サイト
【CPU】第8世代インテル Core i5
【メモリ】16GB
【ストレージ】SSD 240GB + HDD 1TB
【GPU】非搭載
【タイプ】タワー型
【サイズ】190 × 415 × 357(mm)
(幅 × 奥行 × 高さ)

【光学ドライブ】DVD/CD
【USB接続】3.0ポート × 6、3.1ポート × 1
      3.1-Cポート × 1
【付属品】キーボード、マウス

 
公式サイトを見る

◆ Apple
21.5インチ iMac

洗練されたシンプルなデザインに多くのファンがいる「21.5インチ iMac」

  • 鮮やかな色彩が特徴の「Retinaディスプレイ」
  • 使用頻度の高いファイルを自動でSSDに保管する「Fusion Drive機能」

など、一般用途はもちろん、写真や動画を扱うことの多いクリエイターにとって嬉しい機能が搭載されたモデルです。

◆ パソコンメーカーのコメント

デスクトップパソコン おすすめ
液晶が圧倒的にきれいなのが魅力のひとつ
パソコンメーカーのコメント

まず、他のパソコンと比べて液晶が圧倒的にきれいなのが魅力だと思います。また、本体も洗練されたシンプルなデザインで、多くの方から支持されている人気モデルです。

製品詳細

【メーカー】Apple
【モデル】21.5インチ iMac
【価格】164,800円(税別)
【買える場所】実店舗、通販サイト
【CPU】第8世代インテル Core i5
【メモリ】8GB
【ストレージ】SSD 32GB+HDD 1TB
【GPU】Radeon Pro 560X
【タイプ】一体型(液晶グレア)
【サイズ】528 × 175 × 450(mm)
(幅 × 奥行 × 高さ)

【光学ドライブ】非搭載
【USB接続】3.0ポート × 4、3.0-Cポート × 1
付属品】キーボード、マウス

 
公式サイトを見る

◆ ASUS
VivoMini VC65-C1

クリエイティブ作業に必要なスペックを満たしつつ、どこにでもスマートに置けることが魅力の「VivoMini VC65-C1」

  • DVDスーパーマルチドライブ搭載
  • 4Kディスプレイへの画面出力に対応

などの機能もあり、小型ながら大型デスクトップパソコンと変わらない使い方ができるモデルです。

◆ パソコンメーカーのコメント

デスクトップパソコン おすすめ
高性能で耐久性にも優れた1台です
パソコンメーカーのコメント

どこにでも置ける省スペース型の中でも特に高性能なデスクトップパソコンです。また、厳しい基準の耐久テストをクリアしている製品なので、小さくても落下や振動に強い頑丈なモデルです。

製品詳細

【メーカー】ASUS
【モデル】VivoMini VC65-C1
【価格】94,800円 (税抜)
    ※モニター別売り
【買える場所】実店舗、通販サイト
【CPU】第8世代インテル Core i5
【メモリ】8GB
【ストレージ】SSD 128GB + HDD 500GB
【GPU】非搭載
【タイプ】省スペース型
【サイズ】197.5 × 196.3 × 61.9(mm)
(幅 × 奥行 × 高さ)

【光学ドライブ】DVD/CD
【USB接続】3.1ポート × 5、3.1-Cポート × 1
【付属品】キーボード、マウス

 
公式サイトを見る

2-3. 最新ゲームを快適にプレイできるデスクトップパソコン4選

  • デスクトップパソコン おすすめ

ここでは、最新ゲームを快適にプレイできる、ハイスペックなデスクトップパソコンをご紹介します。

  デスクトップパソコン おすすめ デスクトップパソコン おすすめ デスクトップパソコン おすすめ デスクトップパソコン おすすめ
モデル LEVEL-R0X4-R72X-FNVI-SEKIRO CROYDON CM690III ENVY
All-in-One 27
Trident X Plus 9SD-077JP
価格 158,980円
(税抜)
199,800円
(税込)
248,000円
(税抜)
279,881円
(税込)
CPU Ryzen 7 Core i7 Core i7 Core i7
メモリ 16GB 16GB 16GB 16GB
ストレージ SSD + HDD SSD SSD + HDD SSD + HDD
タイプ タワー型 タワー型 一体型 省スペース型

◆ パソコン工房
LEVEL-R0X4-R72X-FNVI-SEKIRO

品質について安心の国内生産ゲーミングパソコン「LEVEL-R0X4-R72X-FNVI-SEKIRO」

  • 1年間、無料で修理を受けられる保証サービス付き
  • フルCGゲーム「SEKIRO : SHADOWS DIE TWICE」の動作推奨モデル

などの特徴で、初心者から上級者まで、幅広い層のゲーマーが納得できるモデルです。

◆ パソコンメーカーのコメント

デスクトップパソコン おすすめ
基本スペックの高い動作推奨モデルです
パソコンメーカーのコメント

「SEKIRO : SHADOWS DIE TWICE」の動作推奨モデルですが、CPUやGPUがハイスペックで、それ以外のゲームも快適にプレイできます。USBポートが複数あるのも嬉しいポイントです。

製品詳細

【メーカー】パソコン工房
【モデル】LEVEL-R0X4-R72X-FNVI-SEKIRO
【価格】158,980円(税抜)
    ※ モニター別売り
【買える場所】実店舗、通販サイト
【CPU】AMD Ryzen 7 2700X
【メモリ】16GB
【ストレージ】SSD 250GB + HDD 1TB
【GPU】Radeon RX 590
【タイプ】タワー型
【サイズ】190 × 477 × 432
(幅 × 奥行 × 高さ)

【光学ドライブ】DVD/CD
【USB接続】3.0ポート × 6、3.1ポート × 2
      2.0ポート × 2、3.0-Cポート × 1
【付属品】キーボード、マウス

 
公式サイトを見る

◆ ark
CROYDON CM690III

プロゲーマー推奨のゲーミングパソコンを数多く揃えた「ark」が販売する「CROYDON CM690III」

  • 最高峰のGPU「GeForce RTX 2060」を装備
  • 内臓大型ファンによる冷却機能で長時間のゲームプレイに対応

など、ヘビーユーザー向けの充実したスペックで、ゲーム環境を一層盛り上げること間違いなしのモデルです。

◆ パソコンメーカーのコメント

デスクトップパソコン おすすめ
ほとんどのゲームを快適にプレイできるモデルです
パソコンメーカーのコメント

ほとんどのゲームを快適にプレイできるハイスペックなモデルです。CPUは、第9世代インテル Core i7を搭載しているので、ゲーム以外の用途でもサクサク快適に使えますよ。

製品詳細

【メーカー】ark
【モデル】CROYDON CM690III
【価格】199,800円(税込)
    ※ モニター別売り
【買える場所】実店舗、通販サイト
【CPU】第9世代インテル Core i7
【メモリ】16GB
【ストレージ】SSD 500GB
【GPU】GeForce RTX 2060
【タイプ】タワー型
【サイズ】502 × 230 × 507(mm)
(幅 × 奥行 × 高さ)

【光学ドライブ】DVD/CD
【USB接続】3.0ポート × 2、2.0ポート × 2
【付属品】なし

 
公式サイトを見る

◆ HP
ENVY All-in-One 27

高級AV機器のようなシックで洗練されたデザインの「ENVY All-in-One 27」

  • きれいな映像が楽しめる、解像度の高い4K液晶
  • 4基のフロントスピーカーによる上質なサウンド

などの特徴で、ゲームはもちろん動画や映画を見るのにもおすすめのモデルです。

◆ パソコンメーカーのコメント

デスクトップパソコン おすすめ
大画面でのゲームプレイは迫力があります
パソコンメーカーのコメント

一体型でGPUを搭載している数少ないパソコンです。解像度の高い大画面でのゲームプレイは迫力がありますが、タワー型のパソコンに比べてGPUの性能が劣るので推奨動作環境には注意してくださいね。

製品詳細

【メーカー】HP
【モデル】ENVY All-in-One 27
【価格】248,000円(税抜)
【買える場所】実店舗、通販サイト
【CPU】第8世代インテル Core i7
【メモリ】16GB
【ストレージ】SSD 256GB + HDD 2TB
【GPU】GeForce GTX 1050
【タイプ】一体型(液晶グレア)
【サイズ】618 × 200 × 456(mm)
(幅 × 奥行 × 高さ)

【光学ドライブ】DVD/CD
【USB接続】3.1ポート × 5、3.1-Cポート × 1
【付属品】キーボード、マウス

 
公式サイトを見る

◆ msi
Trident X Plus 9SD-077JP

ハイスペックでありながら、体積わずか10リットルの小型ゲーミングパソコン「Trident X Plus 9SD-077JP」

  • 起動中、七色に光る「Mystic Light」
  • ノイズを抑え、クリアなサウンドを実現するオーディオ機能「Nahimic 3」

などの機能と、強化ガラス製のサイドパネルで内部が見える個性的なデザインが特徴のモデルです。

◆ パソコンメーカーのコメント

デスクトップパソコン おすすめ
あらゆる3Dゲームを快適に楽しめますよ
パソコンメーカーのコメント

ハイスペックなGPUを搭載していて、あらゆる3Dゲームを高画質で快適に楽しむことができます。また非常にコンパクトなサイズのため、持ち歩くことも可能です。

製品詳細

【メーカー】msi
【モデル】Trident X Plus 9SD-077JP
【価格】279,881円(税込)
    ※ モニター別売り
【買える場所】実店舗、通販サイト
【CPU】第9世代インテル Core i7
【メモリ】16GB
【ストレージ】SSD 256GB + HDD 1TB
【GPU】GeForce RTX 2070
【タイプ】省スペース型
【サイズ】130 × 383 × 396(mm)
(幅 × 奥行 × 高さ)

【光学ドライブ】非搭載
【USB接続】2.0ポート × 1、3.1-Cポート × 2
      3.1ポート × 3
【付属品】なし

 
公式サイトを見る

3. デスクトップパソコン知っておきたい基礎知識

  • デスクトップパソコン おすすめ

ここまでおすすめの製品をご紹介しましたが、より納得して選ぶために「スペックについて理解を深めたい」という方も多いですよね。

そこでこの章では「1-1. 用途に合わせたスペックのものを選ぶ」でご紹介した、3つのスペックについてさらに詳しく解説していきます。

それぞれ専門的な用語で一見難しく感じますが、上記画像のように、

CPU:作業をする人
メモリ:作業机の広さ
ストレージ:本棚

と考れば分かりやすいですよ。

それでは一つひとつ見ていきましょう。

◆ CPU

  • デスクトップパソコン おすすめ
デスクトップパソコン おすすめ
インテル社製
出典:www.intel.co.jp
デスクトップパソコン おすすめ
AMD社製
出典:https://www.amd.com
処理
速度
Core i9
Core i7
Threadripper
Ryzen 7
Core i5
Core i3
Ryzen 5
Ryzen 3
Pentium
Celeron
A SERIES
ATHRON

CPUは「作業をする人」にあたり、パソコン全体の計算処理を担っているので、スペックが高いほどあらゆる作業速度が向上します。

そのため、複雑な計算が必要になるアプリやゲームを快適に使用するにはハイスペックなCPUが必須です。


  • デスクトップパソコン おすすめ

なお、インテル社の「Core」シリーズは新しいモデルが販売される度に第〇世代」とナンバリングされ、

第7世代 Core i7 < 第8世代 Core i7 < 第9世代 Core i7 

といったように、同じCPUでも世代表記が上なほど処理速度に優れます。
(※ 2019年5月時点では第9世代のものが最新CPUです)


◆ 世代表記の例
デスクトップパソコン おすすめ
出典:https://www.dell.com

世代は最新か、1つ前までのものが快適に使用する上でおすすめです。

価格の安いパソコンは、古い世代のCPUが搭載されていることがあるので注意しましょう。

※ 「◆ 用途別|快適に使える各スペックの目安」は、第8世代までの性能を基準にしており、この記事でご紹介している製品もそれに準じています。

デスクトップパソコン おすすめ
AMD社のCPUの世代は?
デスクトップパソコン おすすめ
出典:https://www.amd.com
第1世代
デスクトップパソコン おすすめ
出典:https://www.amd.com
第2世代

AMD社のCPUは現行、第2世代までになります。

「世代」という表記をしていることが少なく、末尾4桁の先頭の数字で判断します。

また、インテル社のCPUも表記がない場合は、AMD社と同様の方法で世代を知ることができます。

◆ メモリ

  • デスクトップパソコン おすすめ

16GB~
 
最新ゲーム、複数アプリを開く
必要のある作業に対応

8GB
 
イラスト・動画編集、
負荷の軽いゲームに対応

4GB
 
ネット閲覧や事務作業など、
一般的な用途に対応

メモリは「作業机の広さ」にあたり、ストレージに保存している各種データを、作業を行う上で一時的に広げておくスペースです。

メモリ不足は、机の上を片付けながら作業をするのと同じ状態のため、CPUのスペックがいくら高くてもパソコンの動作は重くなります。

ただし、机が広いだけでは意味がないように、メモリのスペックが高いからといって、処理速度自体が上がるわけではありません。

デスクトップパソコン おすすめ
4GBのメモリでどこまでできるの?

最も少ない4GBのメモリでどこまでの作業ができるか、気になる方も多いですよね。

参考までに下記が編集部で検証した、一般的な用途でメモリ「1GB」を使用する目安です。

用途 1GBに達するまでの例
HP閲覧 CustomlifeのTOPページ
14タスク開く
Youtube
動画閲覧
視聴時間5分前後の
動画を3タスク開く

このように、特別な用途に使用しなければ複数作業でも4GBで十分余裕があります。

◆ Windows10の場合

デスクトップパソコン おすすめ

画面左下のWindowsボタンを押す
「Windowsシステムツール」を開く
「タスクマネージャー」を開いて使用メモリを確認する

◆ Macの場合

デスクトップパソコン おすすめ

① Finderを開く
「アプリケーション」を開く
 「アクティビティモニタ」を開いて使用メモリを確認する

◆ ストレージ

  • デスクトップパソコン おすすめ

ストレージは「本棚」にあたり、「本」はパソコンに保存している各種データになります。

保存できるデータが増えるので、ストレージの容量(単位:GB)は大きいほど単純に便利です。

◆ 128GBで保存できるデータ量目安

データの種類 保存できるデータ量
写真(1,800万画素) 約19,240枚
動画(フルHD動画) 約20時間
音楽(AAC128Kbps) 約32,000曲
※ 実際は他に保存しているデータによって異なります。出典:「io PLAZA

上記が比較的少ない128GBで保存できるデータ量の目安になります。

動画のような重いデータを多く保存する方には不足しがちなので、500GB~1TB(1,000GB)のストレージ容量があれば安心です。


  • デスクトップパソコン おすすめ

また、快適に作業をしたいという観点では、ストレージの種類が、

HDD(ハードディスクドライブ)
… 机から遠い本棚 = 本を取り出すのに時間がかかる
SSD(ソリッドステートドライブ)
… 机から近い本棚 = 本をすぐに取り出せる

どちらなのかという点も大切です。

SSDはHDDより2~3倍データの読み込みが早くなると言われ、CPUやメモリと同様、パソコンの作業速度に大きく関係します。

HDDに比べ、容量毎の価格は上がるデメリットこそあるものの、重いデータを扱うことが多い方はSSD搭載のパソコンを選びましょう。

※ HDDとSSDの違いについてもっと詳しく知りたい方は外部サイト「HDDとSSDの違いとは?」をご覧ください。

デスクトップパソコン おすすめ
SSDとHDDを両方搭載した「デュアルストレージ」

最近では、SSDとHDDを両方搭載した「デュアルストレージ」のパソコンも多く販売されています。
(※ 一般的にSSD + HDDと表記されます。)

使用頻度にあわせてどちらにデータを保存するか決められるので、

頻繁に開かないデータ
… HDDに保存
アプリやゲームなど、速度が大事なデータ
… SSDに保存

といった使い方で、価格の高いSSDのデメリットをカバーできる製品として人気です。

4. デスクトップパソコンに関する疑問解消Q&A

  • デスクトップパソコン おすすめ

この章ではデスクトップパソコンに関する5つの疑問についてお答えします。

どれもデスクトップパソコンを購入する際に役立つ情報ばかりなので、ぜひご覧ください。

Q1. 製造メーカーごとに違いってあるの?

  • デスクトップパソコン おすすめ

A. パソコン自体の性能に大きな違いはありませんが、主な取り扱い製品やサービスに違いがあります。

パソコン自体の性能はスペックが同じであれば、メーカーごとに大きな違いはありません。

なぜなら、CPUやメモリといった主要パーツは各社同じものを使ってパソコンを製造しているからです。

ただ、各メーカー性能以外の部分でそれぞれ特徴があるので、下記に代表的な9社をご紹介します。

パソコン専門メーカー

mouse
 性能毎の
価格が安く
コスパに優れる

ドスパラ
ゲーム向け
 パソコンを
 多く揃える

パソコン工房
全国各地に
店舗があり
修理業務も行う

国内電機メーカー

NEC
一体型の製品が
多くデザイン性に
優れる

富士通
高齢者
重視のサポート
体制に優れる

東芝
品質重視で
耐久性に
定評がある

海外電機メーカー

Apple
 独自の仕様で
おしゃれな
デザインが多い

DELL
ビジネス用途で
価格の安い
製品が多い

HP
プリンターや
モニターなど
周辺機器も多い

Apple社製のパソコンについては「Q2. Macのパソコンの方が良いって本当?」で触れているので、ぜひご覧ください。

Q2. Macのパソコンの方が良いって本当?

  • デスクトップパソコン おすすめ

A. 操作性や各種画面デザインは異なりますが、Macが特別優れているわけではありません。

他のパソコンに搭載されているOSの大半が「Windows」なのに対し、MacはApple社独自の「Mac OS」なので、

操作性
画面表示デザイン

に大きな違いがあります。

◆ Mac OSの画面表示デザイン例

OS(Operating System)とはパソコンを動かす根本のシステムのことで、

・キーボードで文字を打つ
・各種ファイルを保存する

といった基本的な操作を情報として伝える役目を担っています。


ただ、基本的にできることに違いはなく、Macが特別優れているわけではないので、好みに合わせて選んで問題ありません。

なお、アプリによって、どちらかのOSにしか対応していないものもあるので、購入前に確認しておきましょう。

Q3. モニターのおすすめの選び方は?

  • デスクトップパソコン おすすめ

A. 「グレア」と「ノングレア」で自分の使用用途に合わせて選ぶのがおすすめです。

モニターを選ぶ際は、

グレア(光沢有)
ノングレア(非光沢)

のどちらなのか、という点に注目するのがおすすめです。

グレア(光沢有)
光を反射して、
鮮やかな色味になる

ノングレア(非光沢)
光の反射を抑え、
落ち着いた色味になる

グレアのモニターは発色が良く、画像や動画がよりきれいに見えるのが特徴です。

ノングレアのモニターは画面の美しさは劣るものの、光が入り込まない分、目が疲れにくいメリットがあります。

そのため、

動画視聴がメイン = グレア
文書作成がメイン = ノングレア

といったように自分の使用用途に合わせて選びましょう。

Amazonでモニターを見てみる

Q4. 「スティック型」ってどんなもの?

A. 手のひらサイズならではのメリットはありますが、スペックは最低限に抑えられています。

1-2. 好みの本体デザインから選ぶ」ではご紹介しませんでしたが、最近では「スティック型」と呼ばれる超小型の製品も販売されています。

手のひらサイズで持ち歩ける
テレビに差し込んでネット閲覧ができる

といった使い方ができ、自宅はもちろん旅行や出張先などのホテルで活用できる製品として人気です。

ただ、スペックは最低限に抑えられているので、使用用途は簡単なネット閲覧に限られ、快適な動作も望めません。

そのため、メインのパソコンとは別に「外出用でもう1台欲しい」という方におすすめです。

Amazonでスティック型を見てみる

Q5. 実店舗と通販どちらで買うのがおすすめ?

  • デスクトップパソコン おすすめ

A. 近所に大きな家電量販店がない方は通販での購入がおすすめです。

現在、ノート型の方が主流になっているため、大きな家電量販店でないとデスクトップパソコンの取り扱い数は少ないです。

そのため、近所に店舗がなく、遠方に行くのは面倒…という方には通販での購入がおすすめです。

店員さんからアドバイスをもらえないというデメリットはあるものの、

各種スペック
… 自分の使用用途に合っているか
本体のサイズ
 部屋に設置スペースがあるか

この2つさえチェックすれば失敗せずに購入できますよ。

なお、メーカーによっては通販でも電話相談やチャットでアドバイスをもらいながら購入できるので、不安な方はぜひ利用してみてくださいね。

相談サービスを行っているメーカーの例

◆ mouse
・電話相談サービス
(電話番号:03-6833-1010)
・受付時間:9:00~20:00

公式サイトを見る

◆ DELL
・チャット、電話相談サービス
(電話番号:0120-912-039
 チャットサービスのページはこちら
・受付時間
 電話相談サービス

 平日9:00~20:00
 土日祝10:00~18:00
 チャット相談サービス
 
平日9:00~22:00
 土日祝10:00~22:00

公式サイトを見る

5. まとめ

いかがでしたか。

あらためてデスクトップパソコンを選ぶ際のポイントをおさらいします。

デスクトップパソコンを選ぶ2つのポイント

用途に合わせたスペックのものを選ぶ
… CPU、メモリ、ストレージを使用用途に合わせてチェックする


好みの本体デザインから選ぶ
… こだわりのない方はコスパの良いタワー型がおすすめ

これらを参考に自分の用途に合った快適に使える1台を手に入れてくださいね。

デスクトップパソコン おすすめ
価格重視
の方向け
デスクトップパソコン おすすめ
クリエイティブ
作業向け
デスクトップパソコン おすすめ
ゲーム
向け

もう一度、編集部おすすめのデスクトップパソコンを見たい方は上記タイプ別リンクをチェックしてください。

他の家電記事を見る