汗ばみを感じ始めると、すぐにやってくるクールビズの季節。

それでもしっかりした格好をしたいと思ったときに、やはりジャケットは必要になりますよね。最近は、ジャケットを合わせた見た目の正装さを重んじたクールビズもトレンドになり始めています。

今回はそんなクールビズで知っておきたいジャケットについてまとめました。

様々な着こなしのバリエーションやポイント、おすすめのジャケットも紹介するので、今夏の参考にしてくださいね!

1. ビジネスシーンにふさわしいクールビズジャケットの選び方

まずは、クールビズジャケットを選ぶにあたって、どのようなことに気を付ければいいかについて簡単にまとめていきます。

1-1. 色や柄は、控えめなものを選ぼう

クールビズのジャケットは、基本的に落ち着いたものを選ぶようにしましょう。普段スーツで着ている色と柄の物を選ぶのがおすすめです。

色は、ネイビーやグレー・ブルー系のもの、柄は無地か薄いストライプ、ウィンドウペインチェックがおすすめです。

1-2. 夏に選びたい素材5選+カジュアル2選

ここからは、夏に適した素材をビジネスでも使えるものから5つ、追加でカジュアルで着たいおすすめを2つ紹介します。素材ごとの良さや特徴を覚えて、この夏のジャケット選びに活かしてください。

コットン

天然繊維のコットンは吸湿性、保湿性、そして通気性に優れた生地であることが魅力。優しい肌触りから、夏用のカジュアルジャケットとして定番の生地です。

多くのビジネスシーンに対応しているため、一着は持っておきたいジャケットです。

クールマックス

クールマックスとは、吸水速乾性に非常に優れた高機能素材の糸です。

その機能糸を使い、ざっくりと織り込んだ生地を使用した通気性が高いスーツは、盛夏向けに重宝されています。

モヘア

モヘアは、羊毛の一種です。通気性が高く、見た目に光沢感が強いのが特徴です。

また生地自体は固く、表面も乾いて見えるため見た目にも涼しげな季節感を演出してくれる素材です。

サマーウール

サマーウールは、名のとおり夏にも着心地の良いウールとして、注目されている素材です。

ウールはシワにも強く、またサマーウールは冬用のウールよりも薄く編まれているため、抜群の通気性が特徴です。

また、天然素材なので見た目にも上品さがあるため、ジャケット向きな素材とも言えます。

リネン

吸水性、発散性に優れ、涼感を感じさせてくれる生地として夏に大人気のリネン。

吸水性は綿の約4〜5倍とも言われています。フォーマルさが多少欠けますが、オフィスカジュアルが認められる業界などでは着てほしい一着です。

シアサッカー(カジュアル)

シアサッカー、別名「しじら織り」は青色と白色のストライプで構成される生地で、表面に浮かぶ縞模様が特徴的です。

独特の縞模様により皮膚と生地の接地綿が少ないため、着心地は涼しく、また肌触りも良いので夏にぴったりです。

どちらかといえば、カジュアルよりですので、オフィスカジュアルがOKの人にはぜひおすすめです。

コードレーン(カジュアル)

平織の上に、細い畝(うね)が施されたコットン生地の一種です。

立体的な表面が、肌との付着面積を減少させることで、通気性が保たれて、涼しい着心地になります。

ビジネスシーンではなかなか着ることが難しい生地ですが、カジュアルスタイルが容認されているオフィスで勤務している方には、ぜひ挑戦してほしい生地です。

ジャージージャケットや、ニット素材等も、カジュアルなイメージを強く与えるため、 TPOやシーンに十分に注意して着用しましょう。

1-3. アンコンを選ぼう

クールビズのジャケットを選ぶなら、アンコンがおすすめです。

アンコンは、アンコンストラクテッドの略であり、ジャケットの裏地や中に入っている芯地を使わずに仕立てられたものを指します。

裏地がないため着ていても涼しく、見た目にも軽快さを与えてくれる夏にぴったりの仕立て方です。

1-4. ネクタイは、締めなくてもいい

クールビズは、あくまで「ノーネクタイ、ノージャケット」を指します。そのため、ジャケットを着たからといって、必ずしもネクタイを合わせる必要はありません。

ただ、業界や会社によっては、ジャケットと共にネクタイを着用することが好まれる場合もあります。

着用シーンによって、正しく着分けられるようにしましょう。

クールビズ ジャケット
チーフを使おう
ネクタイもなく、シンプルにまとまりがちなクールビズスタイルには、チーフを活用しましょう。ジャケットに合わせた同系色なチーフや、刺し色になるチーフを使うことで、おしゃれな着こなしになります。
 
ホワイト、ベージュ、シルバー等使い勝手のいいチーフは、一年を通して出番が多いので、挑戦したことのない人は、是非試してみてくださいね。

2. クールビズにおすすめのジャケットを取り扱うブランド3選

ここではクールビズを快適に過ごせるジャケットを取り扱うおすすめのブランドを、

・高品質でコスパの良い製品を提供している

・職場でも使えるきれいめで、きちんと感のある商品を展開している

・店舗数が多い、または通販で便利に購入ができる

という基準より、ご紹介します。

季節感のある素材・生地のジャケットが1着あれば、暑い季節も快適に過ごすことができますので、ぜひチェックしてみてくださいね。


LaFabric(ラファブリック)

  • クールビズ ジャケット

ネットでオーダースーツ・シャツを1着から作れるカスタムオーダーの通販サイト「LaFabric」。

製品はすべてメイドインジャパンで、機能性に優れた生地・素材を豊富に取り扱っているのが特徴です。

ジャケットは、超軽量のサマージャケット、ストレッチ性のあるジャージージャケット、清涼感のあるリネンジャケットなど、クールビズにぴったりのアイテムを多く取揃えています。

また、一度店舗で採寸〜体型情報を登録すれば、あとはネットからでもジャケットをオーダーできるため、店舗でもネットでも便利に利用ができます。

ブランド詳細

【ブランド名】LaFabric
【ジャケット単品】29,800円(税込)〜

公式サイトを見る

NEW YORKER  

ハイクオリティーでベーシックなスタイルを追求する「NEW YORKER」の中でも、デザイナー丸山敬太氏のコラボレーションによって誕生した「NEW YORKER BY KEITA MARUYAMA」は、春夏向けのジャケットにおすすめです。

ビジネスでも使いやすいシルエットをベースに、リネンジャケット、肩パッドのないアンコンジャケット、定番の軽量ブレザーなど、夏を快適に過ごすアイテムが揃っています。

シンプルで、きれいめのジャケットが欲しい方におすすめです。

ブランド詳細

【ブランド名】 NEW YORKER
【ジャケット単品】41,040円(税込)〜

公式サイトを見る

麻布テーラー

オーダースーツ専門店として知名度の高い「麻布テーラー」。
 
ジャケットは1着23,000円〜からオーダーすることができ、ビジネスにも休日にも兼用できる一着を仕立てることができます。
 
クールビズに合う生地の取り扱いも豊富で、コットンリネン、サマーウールなど、ビジネスシーンに合うドレス感、きちんと感のあるジャケットが手に入ります。
 
ほか、仕立てやボタンも選ぶことができるので、素材や色柄、ディティールにこだわりたい方におすすめです。
ブランド詳細

【ブランド名】麻布テーラー
【ジャケット単品】23,000円(税抜)〜

公式サイトを見る

3. クールビズのジャケットの着こなし方

ここからは、各月の気温等に合わせた着こなしを紹介します。
チェックして、この夏の参考にしてみてくださいね!

3-1. 【初夏】6月の着こなし

  • クールビズ ジャケット

初夏は、夏の訪れを感じさせる爽やかな着こなしを意識しましょう。セットアップのサマーウールは、季節感と気温に合った着心地で非常におすすめです。

インナーのシャツはサックスブルーを選ぶことで、青色の濃淡も楽しめまとまった着こなしになります。

3-2. 【真夏】7~8月の着こなし

  • クールビズ ジャケット

真夏といえる7~8月は、リネンなどの通気性のいい素材を選びましょう。

ブルーの印象の強いジャケットを選ぶことで、顔周りにもさわやかな印象を与えてくれます。

ジャケットの青を引き立てるために、インナーのシャツはあえて白、パンツもグレーやうすいベージュのスラックスを合わせましょう。

3-3. 【残暑】9月の着こなし

  • クールビズ ジャケット

残暑の9月は、少し秋の訪れを感じさせる落ち着いたジャケパンスタイルに。

グレーのジャケットに暗めのパンツを合わせれば、しまった印象を与えてくれます。

中のシャツは白を選んでしまうと、イメージが固すぎるのでサックスブルーで外しをいれましょう。

クールビズ ジャケット
シャツの襟や袖口で遊ぼう
クールビズジャケットの印象は、下に着るシャツによっても大きく変わります。ネクタイ等をしない夏は、ジャケットを着ていない時でもかっこよく決まるシャツがあると嬉しいですね。
 
襟はボタンダウンや、袖口なら角落ちや大丸といった工夫がされているシャツは、一枚で着ていてもこだわりを感じます。

クールビズのシャツについて詳しく知りたい方は、こちらも是非参考にしてくださいね。

関連記事:クールビズのシャツについて知りたい方はこちら
クールビズのワイシャツの選び方|清潔感と好印象を与えるポイント3点

3-4. 【番外編】就職活動時

就職活動時の「クールビズ」指定は、企業の人がラフな格好をしているため就活生にもラフな格好で着てもらおうという企業側の良心です。

とはいえ、やはりシャツ一枚とスラックスだけで臨むというのは気が引けるという方は、クールビズ指定でもジャケットを着用することをおすすめします。

就活時は、黒かネイビーの無地のジャケットを選べば問題ありません。 ノーネクタイの時は、襟がしっかり立つようにボタンダウンシャツを選ぶとかっこよく決まります。

4. まとめ

いかがでしたか。

今回は、

・クールビズジャケットを選ぶ際の基本知識
・月別着こなし例
・おすすめジャケット

を紹介しました。

今年の夏は、クールビズジャケットの使い方をマスターして、かっこいいビジネススタイルを楽しんでくださいね。