入学式や冠婚葬祭の時など、急にスーツが必要に!でも、その日だけ使うために新しいものを買うのはちょっともったいない、なんとかならないだろうか....という経験はありませんか。

そのような方には、無理にスーツを買わずレンタルをするという手がおすすめです。必要なアイテムを必要日数分借りて、用が終わればお店へ返すというレンタルサービスを使うことで、無駄な出費を抑えることもできます。

そこで今回は、メンズスーツのレンタルをテーマに使い方、注意点やお店について紹介をしていこうと思います。レンタルを考えている、悩んでいる人は参考にしてみてくださいね。

1. スーツをレンタルする前に知っておきたいこと

1-1. スーツのレンタルサービスとは

  • スーツ レンタル

スーツのレンタルサービスとは、自分の必要な時に必要な、または気に入ったスーツをレンタルできるサービスのこと。

利用したことのない方は、「スーツをレンタル?」と、活用イメージが湧かないかもしれませんが、具体的には、

  • 子供の入学式や入園式など、大事な日に着用するーツの持ち合わせがない時
  • 結婚式や二次会など、かっこよく決めたい日に着用するスーツの持ち合わせがない時
  • 急な訃報があり、礼服や喪服が必要になった時
  • 取引先との大事な商談前になんらかのトラブルでスーツが汚れてしまった時

などの活用シーンが挙げられます。

基本的なセット内容としては、

  • 基本となるスーツ(上下)セット(シングル、ダブルスーツあり)
  • 突然の訃報に対応できる礼服&喪服セット(シャツや靴を含めたフルセットもあり)
  • 細身のスーツ(上下)セット
  • 大きめのスーツ(上下)セット
  • その他、キッズ用フォーマルスーツ(上下)

などがあり、様々な用途や目的でレンタルが必要な方のことを想定し、どこのお店も豊富なラインナップを取り揃えています。

以上、スーツのレンタルサービスについての前知識ですが、基本的には「急にスーツが必要になった」時に皆さんを助けてくれるサービスだと覚えておくと良いでしょう。

スーツ レンタル
豆知識
先ほどは、どちらかというと仕事や人生のイベントで急にスーツが必要になった時にレンタルサービスは便利と紹介しましたが、他にも「複数人の友人と同じ衣装を揃えたい時」、また近年はブランドもののスーツのレンタルサービスもありますので、「気になるブランドのスーツの試着をしてみたい時」などにも応用が利きます。

1-2. レンタルの基本的な流れについて

  • スーツ レンタル

注文方法はお店によって異なりますが、訪問不要のネット注文タイプの場合、

  1. ①ネットで注文
  2. ②商品受け取り
  3. ③使用
  4. ④お店指定の返送方法で返却(お店によっては、コンビニで郵送返却可)

となり、

訪問必要の店舗タイプの場合、

  1. ①お店に来店
  2. ②試着
  3. ③持ち帰り&使用
  4. ④お店指定の返送方法で返却(来店返却か郵送返却)

となります。

そして、ご紹介をした2パターンの大きな違いは、「試着ができるか否か(試着が必要か不要か)」となります。

そのため、ネット注文を選ぶ場合は、

  • 急な用事で今すぐレンタルが必要な方
  • 普段着用されているスーツのサイズを知っている方(補足すれば、万が一、自分が着用したいと思っているサイズと若干の誤差があっても気にしない方)
  • 生地感や着用感の事前確認は不要な方(とりあえず、着用が必要な方)

に向いていると言えます。

またネット注文の場合は、24時間ネットで申し込みが可能ですので、自宅や移動中などパソコンやスマホから注文ができるのもメリットです。

もし、ご自身が普段着用されているスーツのサイズの見方がわからない方は、「スーツサイズの測り方と選び方|ぴったりサイズを手にいれる3つのコツ」の記事で紹介していますので、チェックしてみてくださいね。

続いて、店舗でのレンタルを選ぶ場合は、

  • スーツが必要な日まで日数的に余裕がある方
  • 実際に着用感や生地感を確認した上でレンタルしたい方
  • レンタルとは言え、シルエットにこだわりがある方

に向いていると言えます。

ネット注文のように24時間申し込みはできませんが、お店に行き、着用したいアイテムの実物を見て、試着をし、納得をした上でレンタルができますので、満足度は高くなるでしょう。  

1-3. 価格帯について

  • スーツ レンタル

続いて、スーツレンタルの価格帯についてご紹介をしたいと思います。

スーツのレンタルサービスは、お店やネットショップによって違いがありますので、今回は楽天市場でスーツのレンタルサービスを提供する「スーツレンタルのワンポイント」さんを参考にご紹介したいと思います。(レンタルの条件は、メンズスーツで3泊4日のレンタルを想定しています)

<メンズスーツを3泊4日で借りた場合の価格>

  • 基本セット(スーツ上下、ネクタイ、ベルト):4,800円〜6,800円(税込)
  • フルセット(スーツ上下、ネクタイ、ベルト、ワイシャツ、鞄、靴):5,800円〜7,800円(税込)
  • シングルスーツセット(スーツ上下、ネクタイ、ベルト):4,800円〜5,800円(税込)
  • ダブルスーツセット(スーツ上下、ネクタイ、ベルト):4,800円〜5,800円(税込)

以上、参考情報となりますが、3泊4日で、1万円以内に収まるのは嬉しいですね。詳細のサイズや写真が見たい方は参考元の「スーツレンタルのワンポイント・楽天市場」へ飛んでみてくださいね。

補足情報
こちらでご紹介をした「スーツレンタルのワンポイント」さんの価格、通常サイズの場合は4,800円、大きいサイズだと+2,000円の6,800円となるようです(基本セット参考)。
他のお店やショップでも同じようにサイズによって価格UPが考えられますので、気になった場合は気軽にお店へ問い合わせてみてくださいね。

1-4. レンタル時の注意点

  • スーツ レンタル

賢く使うと便利なスーツレンタル、後々から「こんなこと知らなかった!」とならないように、利用する前に押さえておきたい基本的な注意点をまとめてみましたので、利用前にはチェックしてくださいね。

  • 延長時は、延長料金が発生する(1日につき〜円、1日につきレンタル料の〜%など)
  • レンタル商品の破損、紛失時は、全額負担しなければならない可能性がある
  • レンタル先の指定返却方法以外で返却すると、返却費用を負担しなければならない時がある
  • レンタル時には免許証や住民基本台帳カードなどの提示が求められる場合がある(実店舗など)

基本的に大切に扱い、レンタル希望日数に合わせてレンタル先の指定方法で返却をすれば問題ありません。使用後は後回しにせず、ささっと返却をするようにしましょう。

2. スーツのレンタルが役立つシーンとメリット

2-1. 必要な時にだけ使うことができる

  • スーツ レンタル

普段からスーツを着ようしている方であれば、予備のスーツがあると思いますが、普段からスーツを着用しない方もいらっしゃるでしょう。そのような方にとって「急にスーツが必要になった時」は、言い換えると突然の出費が必要な時とも言えます。

そのような時にこそ、必要な時にだけ借り、必要な日数だけ使うスーツのレンタルサービスは非常に便利で、またレンタルをすることで出費を抑えることにも繋がります。

一例ですが、20代半ばの男性が結婚式二次会に行くスーツの持ち合わせがなく、とりあえずシングルスーツ(上下・細身)が必要だ、という場合、両者を比較するとこのようになります。

(購入する場合)

  • 店舗名:スーツカンパニー(一例)
  • 価格:19,000円+税(*2015年11月の価格を参照)

(レンタルする場合)

  • 店舗名:スーツレンタルのワンポイント(一例)
  • 価格:4,800円(税込)

つまり、1日着用をするためだけにスーツを購入する場合とレンタルする場合を比べると、「14,200円」の差が出てくることになります。

突然の出費は仕方のないことですが、このように考えれば、必要なアイテムを必要日数だけ借り、出費を最低限に抑えられるレンタルサービスも一度は試してみる価値はあるのではないでしょうか。

スーツ レンタル
豆知識
スーツのレンタルサービスでは、スーツ(上下)が必要な方向けのラインナップではなく、スーツ(上下)だけではなく、シャツ、靴下、靴、鞄も一式全部必要だ!という方のために、「フルセットレンタル」パックの用意がありますので、用意が一切なくてもスーツ一式を取り揃えることができます。価格については、「1-3. 価格について」で紹介をしていますので、ご参考ください。

2-2. 急に必要な時も手軽に手配ができる

  • スーツ レンタル

突然スーツが必要になった場合でも、特にネットショップ中心に最短翌日に商品を届けてくれるサービスを提供しているところがあります。

例えば、楽天市場でスーツのレンタルサービスを提供する「レンタルのやました」さんであれば、

・当日、16時までの注文で即日出荷、最短翌日到着(東京・大阪・名古屋など対象)

という、即日配送サービスがあります。

地方などは配送に日数がかかりますが、早くて2日後に商品を届けてくれるため、PCやスマホから手配ができるのは、急ぎの方には嬉しいサービスです。

その他、こちらで紹介をした「レンタルのやました」について詳しく知りたい方は、「レンタルのやました・楽天市場」でチェックしてみてくださいね。

スーツ レンタル
豆知識
補足ですが、ネットでスーツのレンタルを注文した場合、ご自身の希望配達日時の2日前に商品が届くのが一般的のようです。続いて、店舗でレンタルをする場合は、在庫があればその場で持ち帰ることができ、店舗で取り置きをしてくれるところもあります。それぞれ日程に余裕があればストレスなくレンタルができますので、覚えておくと便利です。

2-3. 細身から大きいサイズまで豊富な品揃えがある

  • スーツ レンタル

店舗でもネットショップでも、スーツのレンタルサービスは豊富なサイズの品揃えが揃っています。

先ほども紹介をした「レンタルのやました」さんを参考にすると、

  • ウエストサイズ70〜84cmの人向けのサイズ:Y体
  • ウエストサイズ76〜94cmの人向けのサイズ:A体
  • ウエストサイズ80〜98cmの人向けのサイズ:AB体
  • ウエストサイズ90〜108cmの人向けのサイズ:BB体
  • ウエストサイズ96〜108cmの人向けのサイズ:E体
  • ウエストサイズ113〜119cmの人向けのサイズ:O体
  • ウエストサイズ110〜130cmの人向けのサイズ:K体
  • ウエストサイズ105〜147cmの人向けのサイズ:DX体

など、幅広いサイズの品揃えがあります。

そのため、

  • 体型が細身の方
  • 肩幅が大きい方や筋肉質な方

でも安心してスーツのレンタルをすることができます。

もし、スーツのサイズについて疑問がある方は、「スーツサイズの測り方と選び方|ぴったりサイズを手にいれる3つのコツ」の記事で解説をしていますので、合わせて読んでみてくださいね。

2-4. 購入を検討しているスーツの試着にも使える

店舗にもよりますが、DMMが手がけるファッションレンタルサービス「いろいろレンタル」の場合、スーツを例に挙げると、

  • GUCCI(グッチ)
  • HUGO BOSS(ヒューゴ ボス)
  • DOLCE & GABBANA(ドルチェアンドガッバーナ)
  • D'URBAN(ダーバン)
  • Zegna(ゼニア)
  • Paul Smith(ポールスミス)
  • BOGLIOLI(ボリオリ)

など、ハイブランドのスーツのレンタルも楽しむことができます。

そのため、

  • 一流ブランドのスーツをいきなり購入するのではなく、何日か試着してみたい方
  • パーティーなどで、一流ブランドのスーツでバシッと決めたい方

などにも、スーツのレンタルサービスは活用度が高いと言えるでしょう。

スーツ レンタル
豆知識
DMMが手がける「いろいろレンタル」サービスの場合、レンタル後に気に入った商品を購入することもできますので、「レンタル→購入」という楽しみ方もあります。(*一部、非売品あり)

3. 全国配送可・スーツレンタル店3選

3-1. レンタルのやました

【価格】4,800円〜7,800円(税込)
【ラインナップ】シングルスーツ、ダブルスーツ、フルセット
【サイズ】Y体、A体、AB体、BB体、E体、O体、K体、DX体
【注文方法】ネット注文(24時間)
【受付時間】10:00〜19:00
【急ぎ対応】可(当日、16時までの注文で即日配送)

楽天市場でレンタルサービスを提供する「レンタルのやました」。困った時の礼服レンタル先として重宝されている存在で、東京・大阪・名古屋は最短翌日に届けてもらえる即日配送サービスがありがたいですね。急ぎで礼服レンタルが必要になった時は、一度チェックしてみてはいかでしょうか。

レンタルのやました・楽天市場HPはこちら

3-2. スーツレンタルのワンポイント

【価格】4,800〜7,800円(税込)
【ラインナップ】シングルスーツ、ダブルスーツ、フルセット
【サイズ】Y体、A体、AB体、BB体、O体、K体
【注文方法】ネット注文(24時間)
【受付時間】11:00〜20:00(第三火曜日・定休)
【急ぎ対応】無

楽天市場でレンタルサービスを提供する「スーツレンタルのワンポイント」。万が一、商品が汚れてしまった時や破損してしまった時のために+500円のレンタル保険パックの用意もありますので、初めてスーツをレンタルする方は、安心してレンタルができると思います。

スーツレンタルのワンポイント・楽天市場HPはこちら

3-3. DMM・いろいろレンタル

【価格】4,980円〜9,800円
【ラインナップ】シングルスーツ
【サイズ】44、46、48、Y4〜Y7体、A4〜A7体、AB体、BB体
【注文方法】ネット注文(24時間)
【急ぎ対応】無

DMMが運営する「DMM・いろいろレンタル」。いわゆる仕事向きのスーツではなく、ブランドスーツのラインナップが多いため、イベントやパーティー用の時に利用すると良いでしょう。

DMM・いろいろレンタル公式HPはこちら

4. まとめ

以上、メンズスーツのレンタルについての前知識や活用方法についてご紹介して来ましたが、いかがでしたでしょうか。

レンタルサービスと賢く付き合うことで、無駄な出費を抑えることができたり、欲しいアイテムの試着ができたり、と利便性の高いサービスです。スーツを勢いそのままに購入するのではなく、「そういえば、レンタルっていう手もあるな」と一度立ち止まって、レンタルサービスの利用も検討してみてくださいね!

オーダースーツのLaFabricを見る