おしゃれなジャケットがほしいと思っても、

「どんなデザインを選べばいいの?」
「自分に似合うものが見つかるかなあ…」

など、お悩みの方も多いと思います。

そこでこの記事では、編集部の独自調査をもとに厳選した、おしゃれなジャケットが手に入るおすすめのブランドをご紹介します。

あわせて、自分に合ったジャケットの選び方やすぐに使えるコーディネート例もご紹介するので、誰でもかっこよく決まるジャケットスタイルができるようになりますよ。

先に編集部おすすめのブランドを知りたい方は、「3. おしゃれなジャケットを作れるおすすめブランド3選」をチェックしてください。

(※この記事は2019年11月の情報を参考にしています。)

1. ジャケットは定番の「テーラード」がおすすめ

  • ジャケット

一口に「ジャケット」といっても、そのタイプはさまざまです。

ハードな印象の「ライダースジャケット」やカジュアル感の強い「ダウンジャケット」など、タイプによってデザインも着たときの印象も全く違うものになります。

そんな中で編集部がおすすめしたいのは、数あるジャケットの中でも最も定番のタイプである「テーラードジャケット」です。

◆ テーラードジャケットとは?

テーラードジャケットとは、下の画像の通り、スーツの上着に似たデザインのジャケットのことです。

上品でフォーマル感のあるデザインなので、ビジネスでもカジュアルでも着用できます。

スーツの上着よりもやや着丈が短いものが多く、シンプルな形のため比較的コーディネートが簡単なことも魅力です。

2. ジャケット選びの3つのポイント

この章では、ジャケットの中でも特におすすめなテーラードジャケットを選ぶ際、ぜひチェックしたい3つのポイントをご紹介していきます。

それでは、1つずつ確認していきましょう。

2-1. 自分に合ったサイズ感のものを選ぶ

  • ジャケット

テーラードジャケットを選ぶ際、最も大切なのは「サイズ感」です。

品のあるデザインが魅力のテーラードジャケットですが、自分に合わないサイズ感のものだと非常に野暮ったい印象になってしまいます。

以下を参考に「袖丈」「着丈」「身幅」をチェックして、ジャストサイズの1着を選んでくださいね。

◆ サイズ選びのチェックポイント

袖丈
…腕を下ろした状態で、親指の付け根からジャケットの袖までの長さ約11センチの袖丈が目安

着丈
お尻の中間もしくはお尻の中間よりやや上に来る程度の着丈が目安

身幅
…ボタンを留めた際、ボタンからウエストにかけて不自然なシワができない程度の身幅が目安

購入前にはなるべく試着をして、上記のポイントを確かめるようにしてみましょう。

ジャケット
シルエットは細身がおすすめ!

上記のポイントを確認してジャストサイズのジャケットを選んでも、シルエットはブランドや商品により異なります。

シルエットの違いによってコーディネートは変わってきますが、選んで間違いがないのはフィット感のある細身のシルエットです。

細身のシルエットを選べば、テーラードジャケット特有のきれいめなデザインを活かしたスタイリッシュな着こなしがしやすくなりますよ。

2-2. 合わせやすい定番の色のものを選ぶ

  • ジャケット

サイズ感の次は、「色」をチェックしましょう。

鮮やかすぎる色だとコーディネートが難しく普段づかいに向かないため、なるべく着こなしやすい定番の色を選ぶことが大切です。

◆ おすすめのベーシックカラー

ブラック ・最も定番で合わせやすい色
引き締まった印象になる
⇒コーディネート例はこちら
ネイビー ・ブラックよりも柔らかい雰囲気の色
上品な印象になる

⇒コーディネート例はこちら
グレー ・大人らしく洗練された雰囲気の色
知的な印象になる

⇒コーディネート例はこちら

上記は定番中の定番ですが、もう少しカジュアルダウンしたい場合はブラウンやベージュなどのアースカラーを選んでみましょう。

上記を参考に、自分好みの色を選んでくださいね。

ジャケット
色だけでなく「柄」にも注目!

色のほか、「柄」もジャケットの見た目の印象を大きく左右する大切なポイントです。

コーディネートしやすい無地が定番ですが、これ以外で主なものとしては「ストライプ」「チェック」があります。

いずれもデザイン性が高くおしゃれなものが多いものの、柄が入る分だけ着こなしの難易度は上がるので注意が必要です。

柄入りのジャケットを着る際は、合わせるアイテムの色味を同系色でシンプルにまとめるなどの工夫を心がけましょう。

2-3. 素材にこだわって選ぶ

  • ジャケット

最後に、「素材」をチェックしましょう。

おすすめは、上品な光沢を持ち着心地も良い定番素材・「ウール(羊毛)」です。

ウールには春夏用と秋冬用があるため、1年を通して見栄え良く快適に着こなすことができます。

ブランドによってさまざまな素材のテーラードジャケットが販売されていますが、まずはウール素材の商品をチェックしてみましょう。

ジャケット
おすすめの「ウール」以外にもジャケットの素材はさまざま

上記の通り、テーラードジャケットは基本的にウール製を選んでおけば間違いありません。

しかし、季節に応じたその他の素材を取り入れれば、定番のウールとは一味違うこなれた着こなしが可能です。

  • コットン(綿)
    …吸湿性・通気性に優れる
    …春にぴったりの柔らかな印象になる
  • リネン(麻)
    …吸水性・撥水性に優れる
    …清涼感があり夏でも涼し気な印象になる
  • カシミア(山羊毛)
    …保温性・軽量性に優れる
    …独特の光沢感を持ち高級感のある印象になる
  • レザー(牛・馬・羊など)
    …耐久性に優れたものが多く経年変化が楽しめる
    …革特有の質感でハードな印象になる

季節感に合ったおしゃれを楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

3. 自分好みのジャケットを作れるおすすめオーダーブランド3選

前章でご紹介したポイントを押さえればおしゃれなジャケットが手に入りますが、自分の好みにこだわり抜きたい方はオーダーがおすすめです。

そこでこの章では、編集部おすすめのオーダーブランドを、

  • 採寸や縫製のクオリティが高い
  • 取り扱っている生地のバリエーションが豊富
  • 3万円程度の予算からオーダーできる

という3つの基準から厳選してご紹介します。

初めてでも安心してオーダーできるお店ばかりなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

FABRIC TOKYO

  • ジャケット

オンラインで手軽にジャケットを作れる話題のオーダーブランド「FABRIC TOKYO」。

丁寧な採寸とこだわりの縫製により、身体のラインをきれいに見せてくれる美しいシルエットのジャケットに仕上がります。

また、デニム素材やジャージー素材など一風変わったものから高機能素材まで生地の種類も豊富なので、見栄えも着心地も自分のこだわりを追求した1着が手に入りますよ。

◆購入者の口コミ

ジャケット
オーダーシステムが便利です
40代・男性

スマートオーダーのシステムで、自宅からゆっくり検討できるのが便利ですね。一度測定さえすれば、次のアイテムを注文するのが簡単で何度もお店に行く必要がないので、ストレスなく買い物ができます

ブランド詳細

【ブランド名】FABRIC TOKYO
【価格】30,800円(税込)~
【タイプ】イージーオーダー
【納期】約4週間~
【予約】電話および公式サイトより予約可能
【総店舗数】18店舗

【関東エリア】
東京、神奈川、埼玉、千葉
【中部エリア】
愛知
【近畿エリア】
大阪、京都、兵庫

【アフターサービス】
・月額398円(税込)のサポートサービス「FABRIC TOKYO 100(Hundred)」

①サイズのお直し保証
…体重の増減や体型の変化で購入したスーツが着られなくなった際、作り直しにならない範囲で何度でもサイズお直し可能。
②スラックス破損時の保証
…補修用のスラックス生地を最大2年間まで店舗で用意。破損などで着用できなくなった際、仕立て費用のみで同じスラックスを制作可能。
③サイズフィット保証
…納品から100日以内は無料でサイズお直し可能。作り直しは1回まで可能。

・無料版サポートサービス
…納品から50日間は無料でサイズお直し可能。作り直しは1回まで可能。

特設ページを見る

Global Style

多くのビジネスマンから支持を集める有名オーダースーツ店「Global Style」。

約5,000種類以上の生地を取り揃えているため、生地の質感から細部のデザインまで見栄えにこだわった1着をオーダーできます。

また、肩パットや裏地がない「アンコン仕立て」を採用しているので、軽くソフトな着心地のジャケットをお探しの方にもぴったりです。

◆購入者の口コミ

ジャケット
スーツモデルの種類が豊富でした
30代・男性

パターンオーダーですが、スーツモデルが豊富でモダンブリティッシュ、ミケランジェロなどさまざまな種類から選べるのがうれしいところです。裏地やボタンなども細かく指定できるので、好みのものに仕立てることができて良かったと思います。

ブランド詳細

【ブランド名】Global Style
【価格】28,500円(税抜)~
【タイプ】パターンオーダー
【納期】約4週間~
【店舗一覧】こちら

公式サイトを見る

麻布テーラー

全国各地に店舗を展開する人気オーダースーツ店「麻布テーラー」

伝統的で上品なデザインに仕上がることが魅力で、ビジネスでもカジュアルでも使える1着がほしい方に最適です。

また、生地のほかにも襟型や袖型・ボタン等のディテールも豊富なので、細部まで自分好みの1着を仕立てることができますよ。

◆購入者の口コミ

ジャケット
気配りが行き届いたお店です
30代・男性

パターンオーダーでも、独自の測定システムで体に合わせて細かく測定してくれるので身体のラインにきれいに剃った1着が作れました。細かいディテールについても、丁寧に相談に乗ってくれたので安心できました。

ブランド詳細

【ブランド名】麻布テーラー
【価格】25,000円(税抜)~
【タイプ】パターンオーダー
【納期】約4週間~
【店舗一覧】こちら

公式サイトを見る

4. おしゃれなジャケットが買えるおすすめブランド3選

この章では、おしゃれなテーラードジャケットが買える既製服のブランドを、

  • シルエットが美しくサイズ展開も豊富
  • ベーシックカラーの商品が多い
  • クオリティの高いウール製の商品が多い

という3つの基準から厳選してご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

BEAMS LIGHTS

人気セレクトショップ「BEAMS」から、オリジナル商品に特化したブランドとして産まれた「BEAMS LIGHTS」

豊富な色・柄や美しいシルエットといったデザイン性の高さが特徴で、見栄えの良さにこだわった1着がほしい方におすすめのお店です。

また、ウォッシャブルや伸縮性が高いものなど、機能性に優れた商品も豊富に取り揃えています。

◆購入者の口コミ

ジャケット
種類が豊富でおしゃれなものが多いですね
 
20代・男性

ジャケットの種類が豊富で、好みのタイプと予算を考慮して選べるのがありがたいと感じます。自分好みのスタイリッシュなジャケットが手に入ったので、いつものコーディネートが楽しくなりました。

ブランド詳細

【ブランド名】BEAMS LIGHTS
【価格】17,600円(税込)~
【店舗一覧】こちら

公式サイトを見る

TOMORROWLAND

シンプルな中にも品のあるアイテムを豊富に取り扱う「TOMORROWLAND」

シルエットの美しさと素材の良さにこだわった1着は、ワンランク上のジャケットスタイルを実現してくれます。

また、ジャケットに合わせやすいシャツやカットソーも幅広く取り扱っているため、品のある全身コーディネートが完成しますよ。

◆購入者の口コミ

ジャケット
上品なデザインが気に入りました
30代・男性

品のあるデザインのジャケットを探していたところ、こちらのお店でぴったりな1着が見つかりました。落ち着いているのに、どこか華のある雰囲気が最高です。オフィスでも着用したいと思います。

ブランド詳細

【ブランド名】TOMORROWLAND
【価格】35,200円(税込)~
【店舗一覧】こちら

公式サイトを見る

JOURNAL STANDARD

普段遣いしやすいアイテムの数々で多くの支持を集める「JOURNAL STANDARD」

ブランドオリジナルのジャケットはシンプルなデザインが多く、1着持っているだけでさまざまな場面で活躍してくれます。

また、オリジナル以外にも国内外からトレンドのアイテムを多数取り寄せているので、流行のジャケットがほしい方にもおすすめです。

◆購入者の口コミ

ジャケット
カジュアルだけど落ち着きがあります
30代・男性

ビジネススタイルに合うカジュアルテイストのジャケットを探していました。そんな時、ちょうどこちらのお店で気に入った1着を見つけることができ、すぐに購入。色とデザインが自分の好みぴったりで、とても気に入りです。

ブランド詳細

【ブランド名】JOURNAL STANDARD
【価格】15,400円(税込)~
【店舗一覧】こちら

公式サイトを見る

5. すぐに使えるジャケットのコーディネート例

  • ジャケット

この章では、テーラードジャケットの代表的な色である、ブラック・ネイビー・グレーの3色のコーディネート例を、ビジネス向けとカジュアル向けに分けてご紹介します。

どのコーディネートも、真似しやすくおしゃれなものばかりなので、ぜひ参考にしてくださいね。

ブラックジャケットのコーディネート

◆ 王道のスタイリッシュなビジカジコーデ

ブラックジャケットにチェックシャツと細身のグレーパンツ・革靴の組み合わせ。

細身のきれいめアイテムで全身をまとめた、ビジネスカジュアルの王道コーデです。

◆ デニムで演出するきれいめストリートコーデ

ブラックジャケットにチャコールグレーのニットとダメージジーンズ、革靴の組み合わせ。

ジャケットのフォーマル感をダメージジーンズでほどよくカジュアルダウンした、きれいめストリートコーデです。

ネイビージャケットのコーディネート

◆ 柔らかい雰囲気のアースカラーコーデ

ネイビージャケットにブラウンのハイネックとベージュのチェックパンツ、革靴の組み合わせ。

アースカラーの上下をジャケットや靴・バッグなどの暗色でまとめた、柔らかい雰囲気のビズカジコーデです。

◆ 抜け感のあるカジュアルセットアップコーデ

ネイビージャケットに同色のスラックスとプリントTシャツ、スニーカーの組み合わせ。

プリントTシャツとスニーカーがアクセントとなり、ドレッシーすぎない抜け感のあるセットアップコーデになっています。

グレージャケットのコーディネート

◆ 品良くまとめたビジカジセットアップコーデ

グレージャケットに同色のスラックスと白のカットソー、レザーブーツのコーディネート。

モノトーンで品の良さとまとまりを追求した、品のあるセットアップコーデです。

◆ シンプルで大人らしいストリートコーデ

グレージャケットに白のTシャツとノンウォッシュデニム、革靴の組み合わせ。

リラックス感と上品さを兼ね備えた、シンプルで大人らしい雰囲気のストリートコーデです。

6. ジャケットに関する疑問解消Q&A

  • ジャケット

最後に、ジャケットについてのよくある疑問についてお答えします。

気になる項目からチェックしてくださいね。

Q1. ジャケットは畳んで保管しても良い?

  • ジャケット

A. 畳んで保管してもOKですが、その際はシワにならない畳み方を心掛けましょう。

ジャケットの中でもかっちりとした形が特徴のテーラードジャケットは、畳むと型崩れをおこすおそれがあります。

しかし、旅行や出張などでどうしても折り畳まなければならない場合は、できるだけジャケットにダメージが掛からない畳み方をするようにしましょう。

ジャケット
ジャケットの畳み方

1. 前ボタンを留めて背中側を上に平面に置く
2. 肩幅の中心あたりで中心に向けて袖ごと折る
3. 両袖を付け根から襟側に向けて半分に折る
4. 正方形に畳んだバスタオルなどを包むように挟んで裾から折り上げる
5. 前側を上にして襟を整えたら完成

シワにならないよう、袖や襟に気を配りながら畳むのがポイントです。

しかし、基本的にはなるべく厚手のハンガーにかけて保管することを心がけてくださいね。

Q2. ジャケットのクリーニングの頻度は?

  • ジャケット

A. おおよそ1ヶ月に1回程度の頻度がおすすめですが、季節や素材によっても異なります。

テーラードジャケットは、1日着たら3日休ませるローテーションで着用することが一般的。

このペースを想定すると、1ヵ月に1回程度のクリーニングが妥当な頻度ですが、季節や素材によってはその頻度も変わってくるので注意しましょう。

たとえば、夏場など汗をかく機会が多いときは2週間に1回の頻度でのクリーニングがおすすめです。

一方で、秋冬に着用することが多いツイードなどはもともと傷みやすい素材なので、長持ちさせるには1シーズンに1回程度でも問題ありません。

Q3. ジャケットに合わせやすいアイテムは?

  • ジャケット

A. さまざまなアイテムと好相性ですが、ここでは代表的なものをご紹介します。

品のあるデザインで、ほかのアイテムと組み合わせやすいことが魅力のテーラードジャケット。

ここでは、フォーマル感の強いアイテム・カジュアル感の強いアイテムに分けて、ジャケットに合わせたいアイテムをご紹介します。

◆ フォーマル感の強いアイテム
⇒ビジネスシーンに向いた上品なスタイルにおすすめ

  • ワイシャツ
  • スラックス
  • 革靴※ …など
    ※ベルトやバッグの色と合わせると統一感が出て◎

◆ カジュアル感の強いアイテム
⇒普段遣いに向いたリラックススタイルにおすすめ

  • Tシャツ / カットソー
  • デニム
  • スニーカー …など

このほか、ニットチノパンなどはどちらのスタイルにもバランス良く合わせられる便利アイテムなので、1つは持っておくと重宝します。

上記を参考に、いろいろなコーディネートを楽しんでみてください。

ジャケット
フォーマル × カジュアルのMIXスタイルで抜け感を演出!

コーディネートに慣れてきたら、フォーマル向け・カジュアル向けのアイテム同士を組み合わせてみるのもおすすめ。

  • Tシャツ × 革靴+ジャケット
  • ワイシャツ × スニーカー+ジャケット

といったように、あえて異なるテイストのアイテム同士でコーディネートすることで、抜け感のあるおしゃれなスタイルが完成しますよ。

7. まとめ

この記事では、おしゃれなジャケットが手に入るおすすめブランドをご紹介してきましたが、気になるブランドは見つかりましたか?

最後に、ジャケット選びのポイントを振り返ってみましょう。

ジャケット選びの3つのポイント
  • 自分に合ったサイズ感のものを選ぶ
    ⇒シルエットはスタイリッシュな細身がおすすめ
  • 合わせやすい定番の色のものを選ぶ
    ⇒ブラック・ネイビー・グレーが合わせやすい
  • 素材にこだわって選ぶ
    ⇒上品な光沢があり着心地も良いウールがおすすめ

上記のポイントを押さえて、自分好みのおしゃれな1着を手に入れてくださいね。

もう一度、編集部おすすめのブランドを見たい方は、「3. 自分好みのジャケットを作れるおすすめオーダーブランド3選」をご覧ください。