近年、さまざまな企業で定着しているクールビズ。

ただ、スーツ姿に慣れているビジネスマンにとって、クールビズの着こなしは、よく分からないという方も多いはず。

そこで今回は、クールビズを着こなすための基本ルールと、定番のコーディネート、おすすめのアイテムをまとめました。

ぜひこの記事を参考に、クールビズの着こなしを楽しんでくださいね。

(※この記事は、2017年5月時点での情報を参考にしています。)

1. 押さえておくべきクールビズのルール

まずここでは、押さえておくべきクールビズのルールを紹介していきます。

1-1. ノージャケット・ノーネクタイが基本

  • クールビズ 着こなし

クールビズとは、「室温28℃のオフィスでも、快適に過ごせる服装」のことで、基本は、ノージャケット・ノーネクタイです。

クールビズは、スーツよりもシンプルな服装になるため、シャツとスラックスの着こなしが重要になります。

しかし、スーツに合わせているシャツとスラックスをクールビズで使うことは、おすすめできません。

理由を説明すると、

◆シャツの場合

通常のシャツの襟は、ネクタイをすることを前提に作られていることが多いです。

そのまま、シャツをノーネクタイで着用すると、襟の形が崩れてしまいます。

◆スラックスの場合


オールシーズンで使えるスラックスは、通気性が悪い素材を使っていることが多いです。

そのため、クールビズで使うと汗が乾きづらく、生地が痛みやすくなります。

ということが挙げられます。

そのため、クールビズに合わせたアイテムを用意するのが良いでしょう。

1-2. 生地やデザインにこだわる

ここでは、クールビズ定番の生地とデザインを紹介していきます。

◆生地

・コットン

  • クールビズ 着こなし
  • クールビズ 着こなし

コットンは、適度な光沢がある最も一般的な素材です。

また、肌触りが良く丈夫なので、長く着用できます。

・リネン(麻)

リネンは、ザラザラとした肌触りが特徴の天然素材です。

また、通気性が高いため、涼しく過ごせます。

・クールマックス

  • クールビズ 着こなし
  • クールビズ 着こなし

クールマックスは、吸湿性が高い素材です。

また、すぐに汗が乾くため、いつでもサラサラとした肌触りを楽しめます。

◆デザイン

・ボタンダウン

  • クールビズ 着こなし

ボタンダウンは、襟先をボタンで留めているシャツのことです。

ノーネクタイでも、襟の形が崩れません。

・ホリゾンタルカラー

  • クールビズ 着こなし

ホリゾンタルカラーは、襟を水平に開いたシャツのことです。

襟のサイズが小さめなので、すっきりとして、上品な着こなしができます。

・ノータック

ノータックは、スラックスの前にある生地の折り込みを無くした仕様のことです。

通常のスラックスよりも、スマートな印象になります。

1-3. 気をつける3つのポイント

  • クールビズ 着こなし

◆周りの雰囲気に合わせる

クールビズのルールは、会社によって異なります。

例えば、会社によっては半袖シャツが認められていても、長袖シャツの腕まくりはNGの場合も。

そのため、事前に会社の規定をチェックしておきましょう。

◆サイズに気をつける

ノージャケット・ノーネクタイが基本となるクールビズでは、体にフィットしたサイズが重要です。

ジャケットがないため、大きいサイズのシャツなどを着ていると、だらしない印象を与えてしまいます。

そのため、できるだけ体に近いサイズのアイテムを選びましょう。

ビジネスシーンであることを意識する

暑い季節を涼しく過ごせるクールビズは、ついつい、ラフな着こなしになってしまう傾向があります。

しかし、クールビズは、あくまでビジネスシーンでの服装なので、相手に不快感を与えない着こなしを心がけましょう。

 2. クールビズの定番の着こなし6選

ここでは、クールビズ定番の着こなしを紹介していきます。

白のシャツとライトグレーのスラックスを合わせた、シンプルな着こなしです。

白やサックスブルーなどの薄い色のアイテムでまとめることにより、季節に合わせたコーディネートを楽しめます。

  • クールビズ 着こなし

クールビズのスタイルに、ネクタイを合わせたコーディネートです。

シャツと同系色のネクタイを選ぶことで、統一感のある着こなしができます。

白の長袖シャツ、そこにダークグレーのスラックスを合わせたコーディネートです。

明るい色のベルトと靴を選ぶことで、爽やかな着こなしができます。

ダークグレーのスラックスに、サックスブルーの半袖シャツを合わせた着こなしです。

薄い色のシャツを選ぶことで、暗い色のアイテムと合わせても印象が重くなりません。

黒のポロシャツに白のスラックスを合わせたコーディネートです。

ポロシャツを選ぶことで、爽やかな着こなしができます

ただ、ポロシャツの着用は会社によってはNGなので、事前に会社の規定を確認してください。

こちらは、黒のスラックスに、シンプルなチェック柄のジャケットを合わせたコーディネートです。

薄いチェック柄のジャケットを合わせることで、上品な着こなしができます。

 3. 編集部おすすめのアイテム

ここでは、クールビズにおすすめのアイテムを紹介していきます。

・編集部おすすめのシャツ

  • クールビズ 着こなし

こちらのシャツは、ポリコットンの生地に麻を混ぜることで、通気性の高さと着心地の良さを両立しています。

そのため、通勤などで使える機能的なシャツを探している方におすすめです。

・編集部おすすめのスラックス

  • クールビズ 着こなし

こちらのスラックスは、汗を素早く乾燥させる特殊なポリエステルを使っています。

また、通常のスラックスよりも軽いので、ビジネスなどで長時間、着用する方におすすめです。

ご紹介した商品の他にも、当サイト「Customlife」を運営するファッションレーベル「LaFabric(ラファブリック)」では、おすすめのアイテムを多数取り揃えております。

クールビズに合わせるアイテムをお探しの際は、ぜひ一度、ご覧になってみてください。

クールビズに合うアイテムはこちら

4. まとめ

今回は、クールビズを着こなすルールと、定番のコーディネート例、おすすめのアイテムを紹介させていただきました。

最後にクールビズを着こなす上で、大切な点をおさらいすると、

・クールビズ用のシャツや、スラックスを揃える
・体にフィットしたサイズを選ぶ
・クールビズは、ビジネスの服装であることを意識する

という3つが挙げられます。

ぜひこの記事を参考にして、クールビズの着こなしを楽しんでくださいね。

クールビズに合うアイテムを見てみる