30代に入り、社会人経験を積み上げていく中で、どうしても考えてしまうのが、今後のキャリアプランですよね。

「もっとやりがいのある仕事をしたいなあ」
「今の会社じゃ給与のベースアップは期待できそうにない」

というように、現職での悩みや不安を抱え、「転職」という選択肢が頭をよぎる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、

・30代の転職を考えている方に知ってもらいたいこと
・30代の転職を成功させた方の体験談
・30代の転職に役立つ転職サイトランキング

などを紹介します。

30代の転職を考えている方は、ぜひ、転職活動の参考にしてくださいね。

先に、編集部おすすめの転職サイトランキングを知りたい方は、「4. 30代の転職に役立つ転職サイトランキング」をご覧ください。

(※この記事は、2017年7月時点での情報を参考にしています。)

1. 30代の転職を考えている方に知って欲しいこと

この章では、30代の転職を考えている方に、転職活動をはじめる前に知って欲しいことを、

①30代に入ると転職難易度は上がっていく
②未経験業界や職種の転職には覚悟が必要

の、2つのポイントに分けてご紹介します。

1-1. 30歳を境に転職難易度は上がっていく

  • 30代 転職

30代の転職希望者は、20代の方とは企業に求められるものが異なるため、転職難易度は上がってしまいます。

というのも、20代の転職希望者は、仕事に対する「情熱」や「ポテンシャル」などが重要視されます。

つまり、入社後「即戦力」としてではなく、将来的に会社の中枢で働いてもらうため、入社後しばらくは「教育の期間」が設けられるわけです。

一方、30代の転職希望者は、第一にプレイヤーとしての「即戦力性」を求められます。

そのため、それまでの社会人経験で培ったスキルやキャリアが、採用に大きく関わってきます

また、30代向けのエグゼクティブ(管理職)やハイクラス向けの求人になると、「マネジメント職」の経験が必須であることが多いです。

つまり、30代の転職希望者は、選考過程で「力不足」と判断された場合、ポテンシャルをあまり加味されず、不採用にされてしまう可能性が高くなってきます。

30代 転職
同業界・同職種の転職は成功の可能性が高い
上記の通り、30代の転職には厳しい面があります。ただ、大学卒業後から社会人として働いている場合、10年以上の実務経験を持つ方が多いです。そのため、相当のスキルやキャリアがあれば、30代でも同業界や同職種の転職ならば成功の可能性は高いです。

1-2. 未経験業界や職種の転職には覚悟が必要

  • 30代 転職

1-1. 30歳を境に転職難易度は上がっていく」で解説した通り、30代の転職者は、企業から「即戦力性」を求められます。

そのため、未経験業界や職種に関しては、「教育」の期間がない分、同業界や同職種の転職よりも狭き門となってしまいます。

また、相応のスキルやキャリアがあったとしても、組織上の人的バランスを考慮して、20代の転職希望者に負けてしまうことも多いです。

そのため、未経験職へのチャレンジには、

・転職活動の長期化
・年収のダウン
・役職へのこだわりを捨てる

など、相当の覚悟を持つ必要があります。

30代 転職
専門性の高い職種ならば異業界転職は比較的容易
専門性の高い職種(SEや経理)ならば、例え異業界だとしても、それまでのスキルやキャリアをそのまま次の仕事に生かせるため、企業から「即戦力」として受け入れられる傾向にあります。

2. 30代の転職を成功させた方の体験談 

この章では、実際に30代での転職を成功させた方の体験談をご紹介します。

経験職の転職を成功した方」と「未経験職の転職を成功した方」に分けていますので、自分の状況に合ったポイントを参考にしてくださいね。

2-1. 経験職の転職を成功した方の体験談

  • 30代 転職

◆転職に成功した方の体験談

30代 転職
業界の勉強や資格を取得して転職成功しました
異業界・同職種への転職
私は30歳を機に、異業界への転職を決意しました。転職先の業界の知識がほぼ皆無だったので、面接までに専門書を読みこなし、最低限の基礎知識を身につけておきました。また、志望していた企業が外資系だったので、語学力を向上させ、英語検定の資格を取得しました。それから、自分のペースで活動ができる転職サイトで求人を探しました。業界は違えど、前職で残した実績と、この業界で働きたいという想いをしっかりアピールした結果、転職を成功させることができました。
(30代・女性)
30代 転職
その業界で働きたいという想いを面接でアピール!
異業界・同職種への転職
自分は30歳の時に異業界への転職を決意しました。給与が前職よりも大きく下がることもあり、親族からは猛反対されました。しかし、自分が好きなことを仕事にしたいという思いが強かったため、反対を押し切り転職しました。面接時にも、「公務員のほうがいいのでは?」、「未経験者は厳しい」というようなことを言われましたが、「自分はこの業界で絶対に働きたい」という想いを率直に述べ、採用に至りました。また、求人に関しては、転職サイトを使いました。アプリで簡単に求人情報をチェックができるので、無理なく転職活動ができました。
(30代・男性)
転職サイトを利用した粘り強い転職活動が◎
異業界・同職種の転職
私の転職時の年齢は36歳でした。それまでの転職回数も多く、なかなか書類選考すら通過しませんでした。それでも、粘り強く転職活動をした結果、私の持っているスキルとマッチングした企業に内定を得ることができました。また、転職活動には、転職サイトを利用しました。前に、転職エージェントを利用したことがありましたが、エージェント側のペースで選考を進められているような感じで、自分にはあまり合いませんでした。そのため、自分のタイミングと意志決定ができる転職サイトを今回は使い、自分に合った求人と巡り会うことができました。
(30代・男性)

体験談の中では、いくら経験職への転職だとしても、異業界への転職は大変だったという意見が多かったです。

・業界への知識不足
・周囲からの反対

など、さまざまな苦労を乗り越えて転職を成功させたことが分かります。

そんな転職成功の秘訣は、「3. 体験談から学ぶ30代の転職を成功させるための秘訣」でご紹介します。

2-2. 未経験職の転職を成功した方の体験談

  • 30代 転職

◆転職に成功した方の体験談

身近な人のアドバイスで転職成功できました
異業界・異職種への転職
32歳になった頃に、新たな業種に転職したいという気持ちが高まり、飲食業界の道を選択しました。もちろん異業界・異職種への転職は大変です。特に、飲食の場合は体育会系の人たちが多く、私のように30歳を過ぎて未経験というのは、相当な覚悟がないと続かない仕事です。ただ、私の父が調理師だったので、気軽に質問ができて、貴重なアドバイスももらえたことが、私にとっては転職成功の大きな要因だったと思います。
(30代・男性)
30代 転職
職業訓練校に通って資格を取って転職成功しました
異業界・異職種の転職
35歳の時に転職を決心しました。前職が派遣社員だったので、将来についてずつと不安がありました。そんな私が福祉の仕事をしようと思ったのは、単純に、福祉ならばこれから先仕事がなくならないだろうと考えたからです。何の知識も持たない私は、知識を得ようと思い、職業訓練校に通い勉強をしました。そして半年後、なんとか資格を得ることができました。その後、転職サイトを使い求人を探して、面接を受け、無事に正社員となる事が出来ました。
(30代・女性)
30代 転職
絶対に諦めず何度も求人に応募しましょう!
異業界・異職種の転職
私は、35歳の時に転職活動を始め、年齢的な部分で苦労しました。飲食業界に長年いたのですが、違う業界で働きたかったため、経験のない職種の求人に応募しました。ほとんどが書類選考の段階で落ちてしまい、面接までたどり着くことがほとんど無く、いつしか飲食業界に戻ろうか考え直すようになりました。そんな時、今の会社から面接の知らせが来て、その後採用となりました。この出来事で分かった事は、駄目そうだから応募しない、とは考えず、とにかく複数の企業に応募することが転職成功のカギだということです。
(40代・男性)

未経験職の転職を成功した方の体験談を見ると、

・転職活動の長期化
・職種への知識不足

など、それまでのスキルやキャリアだけでは、「転職が難しい」という状況に陥りやすいことが分かります

そのため、さまざまなアプローチを駆使して転職活動を行う必要があります。

次の章では、実際にそのアプローチ方法をご紹介していきますので、ぜひご覧ください。

3. 体験談から学ぶ30代の転職を成功させるための秘訣

この章では、「2. 30代の転職を成功させた方の体験談」から分かった30代の転職を成功させるための秘訣をご紹介します。

3-1. 30代の転職成功者は転職サイトを利用している

  • 30代 転職
  •  

30代の転職成功者の方の体験談の中で、多く見られたのが、転職活動に転職サイトを利用した、という意見でした。

転職サイトとは、正社員の中途採用情報が掲載されたウェブサイトのことです。

ほとんどのサイトが全て無料で利用できる上、求人情報の確認から応募を自ら行い、応募した企業と直接やり取りできる、転職活動に欠かすことのできない求人サービスです。

転職サイトを使えば、スマートフォンやパソコンがあれば、求人探しから企業担当者とのやり取りまで、時間と場所を選ばずに進めることができます。

30代の転職希望者の方の中には、仕事を続けながら転職活動をする方が、多くいらっしゃると思います。

そのため、限られた時間で効率的な転職活動ができる「転職サイト」の利用をおすすめします。

転職活動は「仕事を続けながら」がおすすめ
仕事を辞めてからの転職活動は、毎月の収入が途絶え、経済的な焦りが生じます。また、不採用が続き、転職活動が長引くにつれて精神的な焦りも出てきます。すると、転職に対するモチベーションが保てず、満足のいく転職をすることが難しくなります。そのため、時間は限られますが、仕事を続けながらの転職活動をおすすめします
関連記事:転職サイトについて詳しく知りたい方はこちら
転職サイトおすすめランキング|転職者100人から学ぶ成功の秘訣

3-2. 30代の転職成功者は業界の勉強や資格を取得している

  • 30代 転職

体験談の中には、自分の目指す業界の勉強や、職業訓練校や自主学習によって必要な資格を取得することで、30代の転職を成功させた方が多数いました。

業界の勉強や資格取得は、書類選考や面接での強いアピールポイントになります。

求人を探すだけではなく、そういった勉強の時間も転職活動の一部と考えて、日々の努力を怠らないことが転職成功には必要です。

3-3. 30代の転職成功者は粘り強い転職活動をしている

体験談の中で、なかなか内定を得られず転職活動が長期化した、という意見がありました。

ただ、そんな苦しい状況の中、30代の転職を成功させた方に共通するのは、粘り強い転職活動の大切さでした。

・周囲の人達に転職活動の悩みやアドバイスをもらう
・良い求人を見逃さないように転職サイトを毎日チェックする

など、さまざまな方法を駆使して、決して諦めずに転職活動を行い、自分の希望に叶う内定を手にしましょう。

4. 30代の転職に役立つ転職サイトランキング

この章では、30代の転職成功者の方の多くが利用していた「転職サイト」を、ランキング形式でご紹介します。

それぞれの転職サイトの紹介欄に、

・マルコミ(良かった点の口コミ)
・バツコミ(悪かった点の口コミ)

を載せておりますので、ぜひ、転職サイト選びの参考にしてくださいね。


※30代の転職成功者の方に、「実際に利用した転職サイトについて」アンケートを実施して、その内容を基に今回のランキングは作成しております。

1位:リクナビNEXT

求人業界のパイオニアであるリクルートキャリアが運営している転職サイト「リクナビNEXT

・あらゆる業界や職種を網羅した求人掲載数の多さ
・シンプルなデザイン性で視覚的な見やすさ

などが、多くの転職成功者に支持されています。

また、企業から直接オファーが届く「スカウト機能」や、自分の強みを短時間で発見できる自己診断ツール「グッドポイント診断」など、長年のノウハウを存分に生かしたコンテンツが豊富に用意されているのも魅力の一つです。

リクナビNEXTは、そのサイト内だけで転職活動に必要なあらゆる情報が得られるので、「効率的」かつ「本気」で転職をしたい方には、ぜひ、おすすめです。

サイト詳細

【サイト名】リクナビNEXT
【運営会社】株式会社リクルートキャリア

公式HPを見る

2位:マイナビ転職

新卒向け就職情報サイト「マイナビ」の転職版である「マイナビ転職」

特に、20代・30代の若いビジネスマンからの高い支持を得ています。

マイナビ転職の大きな特徴は、「転職MYコーチ」という、「WEB履歴書の書き方」などを、プロのキャリアアドバイザーが無料で添削してくれるサービスがあることです。

その他にも、「転職活動のはじめ方」に関する情報も充実しているので、転職が初めての方にも安心して利用できます。

サイト詳細

【サイト名】マイナビ転職
【運営会社】株式会社マイナビ

公式HPを見る

3位:DODA

株式会社インテリジェンスが運営する転職サイト「DODA

転職活動の準備から内定までのノウハウが詰まった「転職成功ガイド」、自分の強みや弱み、仕事への適正が約10分ほどで分かる「キャリアタイプ診断」など、転職活動を成功させるコンテンツが揃っています。

また、定期的に開催される合同企業説明会「DODA転職フェア」は、転職活動中の方はもちろん、転職活動前の情報収集にも活用できます。

サイト詳細

【サイト名】DODA
【運営会社】パーソルキャリア株式会社

公式HPを見る

5. 30代転職の良くあるQ&A

30代の転職を考えている方にとっては、

「書類選考さえ通らない時はどうしたら良いの?」
「求人で見つけた企業のことをもっと知る方法ってないのかな?」

など、疑問点が多いかと思います。

そこでこの章では、特に気になっている方が多い3つの疑問について解決していきます。

Q1. 良い求人と悪い求人の見分け方ってありますか?

  • 30代 転職

A. 求人情報を見て「その仕事をしている自分」がイメージしやすいものが良い求人と言えます。

「自分に合った求人」というのは人それぞれ異なるので、明確な基準はありません。

ただ、その仕事をしている自分がイメージしやすい求人情報であれば、雇用のミスマッチを防ぐことができ、転職の成功に繋がることが多いです。

そういった求人の特徴として、

・仕事の一日の流れが書いている
・労働条件の確認ができる(残業代の有無、年間休日の日数など)
・明確に仕事内容が明示されている(担当する業務や配属先の情報など)


などが挙げられます。

逆に、仕事内容に関する情報が少なく、社員旅行などの「楽しそうな」部分しか掲載していない求人情報に関しては、そこで働くイメージが付きにくく、入社後に後悔することがあるので注意が必要です。

Q2. 失敗しない企業選びの方法ってありますか?

  • 30代 転職

A. 「口コミサイト」で企業の情報を調べる方法があります。ただ、口コミを安易に鵜呑みにしないよう心掛けましょう。

さまざまな企業の社員や元社員の口コミを集めた「口コミサイト」で、自分の気になった企業の口コミを見ることは、失敗しない企業選びの一つの方法です。

ただ、その口コミの真偽は定かではありませんし、投稿者の主観的な意見なので、それを安易に鵜呑みすることはできません

口コミはあくまで「一つの意見」として捉え、転職サイトや企業HPの情報などを見て、総合的に判断することが大切です。

関連記事:転職口コミサイトについて詳しく知りたい方はこちら
転職口コミサイトの信憑性は?|信頼できる情報を見つける3つのコツ

Q3. 書類選考や面接に通らない時はどうしたら良い?

  • 30代 転職

A. 転職エージェントで履歴書の添削や模擬面接などの対策をしてもらうことをおすすめします。ただ、転職エージェントの利用には注意が必要です。

まず、転職エージェントとは、キャリアアドバイザーと呼ばれる転職支援のプロが、転職相談から、企業紹介・面接の設定、給与交渉に至るまでサポートしてくれるサービスのことです。

転職サイトとの比較については、以下の表にまとめましたので、ご覧ください。

  転職サイト 転職エージェント
会員登録 誰でも登録・利用可能 登録条件がある
求人の探し方 自分で探す 企業の紹介を受けられる
応募書類作成 自分で作成する 添削指導を受けられる
面接対策 自分で対策する 模擬面接などを受けられる
内定後の調整 自分で調整する 調整を代行してもらえる

上記の通り、転職エージェントは転職活動の煩雑な部分を代行してくれるメリットがあります。

特に、まだ自分のいきたい業界や職種が定まっていない方や、転職活動に対して不安や疑問がある方にとっては、客観的な立場で意見やサポートしてくれるので、利用する価値はおおいにあります

ただ転職エージェントには、

①登録基準を満たしていないと利用できない
②面談、電話連絡などで時間を取られる
③自分の希望に沿わない求人を紹介されてしまうことがある

というような、デメリットがあります。

また、ほとんどの転職エージェントの運営会社は、転職希望者が採用された企業から謝礼(紹介料)を得るという「成功報酬型」のビジネスモデルを採用しています。

対応するキャリアアドバイザーによっては、利益を追求して③のような状況に陥りやすいですので、利用の際は注意が必要です。

関連記事:転職エージェントについて詳しく知りたい方はこちら
転職エージェントおすすめランキング|転職成功者100人の評判比較

6. まとめ

いかがでしたでしょうか。

最後に今回のおさらいをすると、

・30代の未経験業界や職種の転職には業界の勉強や資格の取得が必要
・30代の転職者は転職サイトを利用して粘り強い転職活動を行っている

となります。

また、「4. 30代の転職に役立つ転職サイトランキング」では、30代の転職成功者の方へのアンケートを基にしたおすすめの転職サイトをご紹介しているので、ぜひご覧ください。

今回の記事を転職サイト選びの参考にして、自分の希望に叶った内定を手にしてくださいね。

転職に役立つ情報を見てみる
  •  
  •