30歳を過ぎて、経験やスキルを積み上げていく中、どうしても考えてしまうのが、将来のキャリアプランです。

「今の会社じゃ、給料のベースアップは期待できそうにない・・」

「もっと、やりがいのある仕事をしたいなあ」

現職での悩みや不安を抱え、「転職」という選択肢が頭をよぎる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、転職活動をはじめる前の心得、30代前半、後半で個別に押さえておくべきポイント、そして最後に、おすすめの転職サイトを紹介します。

30代の転職を考えている方は、ぜひ、参考にしてくださいね。

(※この記事は、2017年2月時点での情報を参考にしています。)

1. 30代の転職をはじめる前に

30代の転職は、不安や焦りに駆られ、勢いそのままに活動してしまっては、決してうまくはいきません。

このチャプターでは、転職活動をはじめる上で、大切なポイントを紹介します。

まずは、ここをしっかり押さえていきましょう。

1-1. 目的を明確にする

  • 30代 転職

30代の方が「転職」を考える動機として、

・給与面の不満
・職場内での人間関係
・自分の成長のため

といった意見が、世間では数多く聞かれます。

ポジティブな意見、逆にネガティブな意見もありますが、その動機が人それぞれなのは当然のことです。

どれも、間違いではありません。

しかし、「表面的な」理由のみを「目的」として転職活動をはじめると、自身のキャリアプランに重大なズレが生じてしまう場合があります。

  • 30代 転職

例えば、「給与面の不満」がある方は、転じて、「現職よりも給与の高い企業」を狙って、転職活動をします。

すると、転職に成功しても、肝心の企業像が漠然としているので、

この会社って、なんだか、イメージと違うなあ・・
 
というような不満を入社早々に感じてしまう、「雇用のミスマッチ」が起こりやすくなります。
 
最悪の場合、再び転職活動をしなければならない、という状況に陥る可能性もあるので、注意が必要です。
 
そういった最悪の状況を防ぐためにも、例えば、「現職よりも給与を上げたい」という方は、「現職に比べ、どれぐらいのベースアップを望んでいるのか」という具体的な数字や目標を考えることが必要です。
 
それに付随して、「業界や職種は今のままで良いのか」、「給与が上がれば、残業や転勤は可能なのか」といった自身のワークライフバランスを深く掘り下げてみましょう。
 
そうすることで、自身の求める企業像がハッキリとします。
 

1-2. 自身を分析する

  • 30代 転職
1-1. 目的を明確にする」とリンクしますが、30代の転職においては、自身を深く掘り下げることが、重要なカギとなります。

というのも、20代と30代の求職者では、企業の採用への判断基準が異なるからです。

・20代の求職者
その人柄やコミュニケーション能力を見ながら、中長期的な観点で会社の中核を担える「ポテンシャル」があるか、を企業は採用基準にします。

・30代の求職者
パーソナルな部分はもちろん必要となりますが、それとともに、採用段階で会社の中核を担い、「即戦力」として活躍してくれるか、を企業は採用基準にします。

つまり、「どんな仕事をしたいか」という未来への展望とともに、これまで自身が「どんな仕事をしてきたか」が、企業への重要なアピールポイントになってくるわけです。

そのために、これまでの職歴を書き出して、下記のような「キャリア棚卸リスト」を作っていきましょう。

キャリア棚卸リストの作成

キャリア棚卸リスト
 
株式会社〇〇(社歴〇〇年)
・業界:小売業(スーパーマーケット)
・部署:鮮魚部
・所属年数:3年
・役職:店舗販売
・職務:商品の仕入れ、値付け、店舗レイアウト作り

社名、社歴をはじめとして、業界、部署、所属年数、役職、職務、等、できるだけ細かい情報が必要です。

また、同じ会社で部署が変わった場合も、その都度、分けるようにしてください。

そして、もっとも大切なのは、そこで得た成果を書くことです。

・自分が指示した値付けによって、フロアの売り上げが〇〇%上がった
・チラシのレイアウトを変更することによって、来客数が〇〇%増えた
・来客数の少ない時間帯のシフト人数を減らすことによって、一ヶ月で〇〇万円のコスト削減に繋がった

というような、具体的な数字で示せる事例があると、転職活動を有利に進める強力な武器になります。

キャリアの強みと課題リスト

具体的な数値を伴う事例が思い浮かばない方は、下記のように、これまでのキャリアにおける自身の強みや課題を、具体的に書き出してください。

キャリアの強み
 
高い商品知識と接客能力
・店舗の商品知識に関して、誰にも負けない
・常連の主婦の方々から、「あなたの接客は気持ち良い」と評判だ
キャリアの課題
 
管理職にはまだほど遠い
・商品陳列や接客業務等、個人として、仕事のスピードは上司からも褒められるが、人に仕事を教えることは苦手だ

書き方は人それぞれ自由ですが、自身のキャリアの強みと課題を一目で分かりやすくまとめた方が、後々の履歴書の作成や面接の際に活用できるので、便利です。

その強みはもちろん、自身のアピールポイントになります。

課題に関しては、自身の「のびしろ」と捉え、一日でも早く改善できるように前向きな努力をしていきましょう。

1-3. 経験を踏まえる

  • 30代 転職

このチャプターでは、まず、30代の転職における、経験職種と未経験職種での転職難易度の違いを紹介します。

・同業界の同職種または異業界の同職種

1-2. 自身を分析する」で述べた通り、30代の求職者に対して、会社の中核を担い「即戦力」として活躍してくれるか、を企業は採用基準とします。

そうなると必然的に、これまでに「経験」した職種に絞る方が、転職活動を優位に進めることができます。

それが異業界であっても、問題はありません。

例えば、業界Aの営業職として、コミュニケーション能力や問題発生時の対応力を培った求職者が、業界Bに転職する際、業界への理解度は乏しくとも、その「スキル」自体を高く買ってくれる企業はたくさんあります

これまで接点がなかった業界だからといって臆したりはせず、積極的にチャレンジしてください。

・同業界の異職種または異業界の異職種

こちらに関しては、逆に、転職の難易度が上がります。

転職サイトの求人情報に、

・経験〇年以上
・〇〇の資格を有する者

というような、応募に必須の条件が明示されている場合が少なくはないからです。

それは残念ながら、やる気や熱意ではカバーできない部分です。

また、応募規定を満たしていても、「育成期間」込みで採用が検討される20代と比べ、「職種未経験」の30代は、どうしても分が悪くなってしまいます。

ですので、異職種にチャレンジする際は、「年収アップを期待しない」、「管理職にはなれないことを前提とする」といった、相当の覚悟をもって、転職活動に臨むことが必要です。

・転職サイト選びの必要性

3. 30代におすすめの転職サイト」で詳しくは紹介しますが、30代の転職活動において、転職サイト選びは重要なポイントとなります。

そして、その選択におけるカギとなるのが、「求人掲載数」の多さになります。

先ほど「異職種の転職は難しい」、という話をしましたが、求人掲載数の多い転職サイトならば、あなたの希望に沿った企業が見つかる可能性が高まります

もちろん、

・サイトの使いやすさ
・登録後のサービスは充実しているのか

といったコアな部分も、転職サイト選びではチェックする必要があります。

ここでは簡易的な紹介となりましたが、転職サイトの選択も、転職活動をはじめる前のタスクとして、頭の片隅に入れておいてくださいね。

1-4. 一度、立ち止まる

  • 30代 転職

これまで紹介してきた通り、30代の転職は一筋縄ではいきません。

多くの方にとって、このタイミングでの転職が、人生の「一大転機」となるわけですから、それは当然のことです。

もちろん、すでに強い覚悟をもって転職活動に臨まれようとしている方もいらっしゃると思います。

ただ、そんな方はもちろん、まだ「転職」をしようか心が揺れている方も、ここで一度立ち止まってみてください

「給与に不満はあるけれど、福利厚生や退職金のことを考えたら、実は現職の方が良いのかな・・」

「今の職場環境には満足しているけれど、自分にはもっとやりたい仕事がある!」

そして、「転職」があなたの人生のベストの選択なのか、今一度、再考してみてください。

転職における一番の敵は「焦り」です。

少しでも悩みや不安がある時は、気が置けない友人に転職について相談して、一人で問題を抱え込まないでくださいね。

1-5. 計画を立てる

  • 30代 転職

どんな物事でもそうであるように、転職活動においても、「計画」を立てることは非常に大切です。

そこで多くの方が気になることは、転職活動をはじめるのは、在職中が良いのか、はたまた退職後なのか、ということでしょう。

まず結論からいえば、おすすめするのは、在職中の転職活動です。

その最大の理由として、「収入面の確保」があります。

もちろん中には、「転職活動の期間は貯金や失業保険で補うので、退職しても、お金の面は大丈夫」という考えの方もいます。

しかしそうなると、その資金は有限となり、活動が長期化した際のリスクを考慮しなければなりません。

日々の生活の中では、思わぬ出費がかかることもあるでしょう。

1-4. 一度、立ち止まる」で紹介した通り、転職活動での一番の敵は「焦り」です。

ですので、生活に必要な収入が確保でき、心に余裕をもてる、在職中の転職活動をおすすめします。

30代 転職
「スカウト機能」を活用しよう
転職サイトには「スカウト機能」といって、職務経歴や転職希望条件を登録しておけば、あなたに興味をもった求人企業や転職エージェントから、直接オファーが届くサービスがあります。そういったサービスを利用すれば、在職中も「無理のない」転職活動ができます。

2. 30代の転職|年代別の押さえておくべきポイント

2-1. 30代前半

  • 30代 転職

30代前半の方が、転職活動をはじめる際、まず、念頭に入れてもらいたいことがあります。

それは、「1-2. 自身を分析する」で紹介した通り、「ポテンシャル」を考慮される20代とは違い、30代の転職では「即戦力」が求められる、ということです。

「この間まで、20代だったんだけどなあ」

思わず、そんな愚痴を言いたくなる気持ちは分かります。

とはいえ、年齢を変えることはできないので、30代の転職をしっかりとやっていきましょう。

・管理職の経験がある方
その経験を積極的にアピールしていきましょう。

「前職でどれぐらいの評価を得ていたのか」は、企業にとって、あなたを評価する重要な要素となります。

実績は、あなたを裏切りません。

しっかりと準備をして、転職活動に臨んでください。

・管理職の経験がない方
「管理職」経験がなくとも、企業が求めるプレイヤーとしての指標を満たしていると判断されれば、比較的容易に転職を成功させることができます。

また、給与や役職面での好待遇という、思わぬ「キャリアアップ」が見込めることもあります。

ただ、実際よりもキャリアを誇張したりすることは、絶対にしないでください。

「雇用のミスマッチ」を引き起こす原因となり、一つの大袈裟な表現や嘘が発端で、あなたのキャリアに重大な傷がつく恐れがあります。

ですので、これまでのキャリアで得た知識、経験、スキルを正直にアピールしてください。

30代 転職
実は30代前半は転職に有利
不景気を起因とする「終身雇用制度」の崩壊などによって、現在、転職市場は活性化の一途です。優秀な人材が僅か数年で退職してしまい、頭を抱えている企業も少なくはありません。そういった企業は、転職採用において、「育てても、どうせすぐに辞めてしまうのではないか・・」という不安から、「ポテンシャル」の20代よりも、実務経験が豊富で、まさに「働き盛り」の30代前半の人材を求めています。

2-2. 30代後半

  • 30代 転職

3-1. 30代前半」の末尾で、「30代前半は転職に有利」という情報を紹介しましたが、30代後半となると、そうとは言い切れないのが現状です。

その一つの理由として、転職サイトの求人要項に「35才ぐらいまで」といった年齢制限が設けられている場合が多数あるからです。

エントリーできる求人募集が少ない分、転職は狭き門になってしまいます。

次に、30代後半となると、管理職に就いている割合がぐっと高まり、まさに会社の中核として働いている層です。

となると、募集している役職も高く、「管理職の経験」が絶対条件となる場合が増えていきます。

つまり、管理職、もしくはそれ相応のスキルや経験をもたない方は、より綿密な計画と準備、そして、粘り強い転職活動をする覚悟が必要です

逆に、これまでのキャリアにおいて、高い役職に就いた経験がある方、数字で示される成果や特質すべきスキルをもっている方は、優位な立場で、役職や給与の交渉を企業とおこなえる可能性があります。

ただ、目先の利益に惑わされて、安易な転職をしてしまうと、思わぬ落とし穴が待ち受けていることがあります。

「給与は大幅に上がったけれど、転職先の管理職ポストが埋まっていて、これ以上出世できそうにない・・」

そのような状況にならないためにも、企業を選ぶ鋭い目が必要となります。

30代 転職
転職エージェントを視野に入れよう
転職エージェントは、プロのキャリアアドバイザーとの個別の面談を通じて、転職活動のあらゆるサポートをおこなってくれるサービスです。また、あなたの希望条件にマッチした企業を紹介してくれるので、転職の間口をできるだけ広げたい方には、ぜひ、おすすめです。

3. おすすめの転職サイト

このチャプターでは、30代の転職をはじめる方に向けて、おすすめの転職サイトをランキング形式で紹介します。

1位:リクナビNEXT

リクナビNEXTは、求人業界のパイオニアであるリクルートキャリアが運営している転職サイトです。

常時5,000件以上の求人掲載数、会員数600万以上、といったその歴史に裏打ちされた実績があります。

また、求人情報だけではなく、企業から直接オファーが届く「スカウト機能」や、あなたの強みを短時間で発見できる自己診断ツール「グッドポイント診断」等、そのノウハウを存分に生かしたコンテンツが用意されています。

転職サイトによっては、求人数やコンテンツ数に希薄な部分があり、さまざまなサイトを使い分けなければならない状況になります。

30代で転職をする方の中には、時間的制約があり、そういった状況一つが、大きなストレスになる方もいらっしゃると思います。

その点、リクナビNEXTは、そのサイト内だけで必要な情報を得られるので、「効率的」かつ「本気」で転職をしたい方には、ぜひ、おすすめです。

【公式HP】https://next.rikunabi.com

30代の転職をはじめてみる

2位:エン転職

  •  

エン転職は、インターネットに特化した求人情報サービスを運営するエン・ジャパン株式会社が運営しています。

独自取材による詳細な求人情報、業界初の「クチコミ情報」付きの求人原稿を掲載するなど、徹底的に「求職者の視点に立った情報」を提供しているのが、大きな特徴です。

また、「エンアフターサポートプログラム」と題した、求職者の転職後のアフターフォローも充実しているので、転職に対して不安のある方にはピッタリの転職サイトです。

【公式HP】https://employment.en-japan.com

3位:ビズリーチ

ビズリーチは、日本初の「求職者課金型」で話題を集める、株式会社ビズリーチが提供する転職サイトです。

国内外の優良企業と、厳正な審査基準をクリアした一流のヘッドハンターが、求職者の履歴書を見て、直接スカウトするシステムです。

全てのコンテンツを利用するには有料となってしまいますが、秘匿性の高いハイクラス向けの求人に特化しているので、中長期的なスパンで、優良な案件を狙いたいという方には、ぜひ、おすすめです。

【公式HP】https://www.bizreach.jp

4. まとめ

いかがでしたでしょうか。

最後に今回のおさらいをすると、

・自身のワークライフバランスに沿った企業選びをする
・これまでのキャリアを洗い出して、自身の強みや課題を具体的にする
・転職活動は在職中におこなう
・転職活動をはじめる前に、転職サイト選びもタスクに入れておく

となります。

30代の転職は、目先のことだけではなく、これからの自身のライフプランを考えた仕事選びが重要となってきます。

それは決して簡単なことではありませんが、この記事を手引きにして、満足のいく転職をしてくださいね。