かさつき・ニキビ・赤みなど、なかなか改善しない肌荒れに悩んでいませんか?

そこでこの記事では、カスタムライフ編集部による徹底的な調査をもとに、

  • 肌荒れを改善する食事
  • 肌荒れを改善する医薬品
  • 肌荒れを改善するスキンケア

など、様々な視点から対策方法を徹底解説します!

是非参考にして、悩みの無い健やかなお肌を叶えてくださいね。

なおこの記事では、医学的知識に関して専門家に監修をしていただいています。※化粧品などの商品掲載箇所は除く

この記事の監修医師
南 真実子
美容皮膚科、美容外科、婦人科専門医
平成22年大阪医科大学医学部を卒業し、平成24年に大阪医科大学産婦人科医局入局。平成25年から済生会吹田病院産婦人科で勤務。その後、レディースクリニック北浜、大阪医科大学健康科学クリニック婦人科での勤務を経て平成29年に大阪美容クリニックの院長として勤務。
◆クリニック公式サイト:https://osaka-bc.com/

※この記事は2020年6月時点の情報を基に執筆しています。
※本記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。気になる症状がある場合、まずは医療機関に相談しましょう。

1.肌荒れはなぜ起こるの?

  • 肌荒れ改善

肌荒れとは、お肌の不調によってニキビや吹き出物・カサつき・赤み・毛穴目立ちなどのトラブルが発生した状態。

こうしたトラブルに悩まされているお肌は、次のような問題を抱えていることが多いんです。

肌荒れはなぜ起こるの?

◆バリア機能が低下している
…肌の水分を保ち外部刺激から守る機能が低下し、ダメージを受けやすくなる


◆ターンオーバーが遅れている
…肌の生まれ変わりのサイクルが正常より遅くなることで肌質が悪化


◆ホルモンバランスが乱れている
…バランスが乱れ男性ホルモンが増えることで皮脂分泌が過剰になる

こうした不調を招く原因は、

  • 偏った食生活
  • ストレス
  • 間違ったスキンケア
  • 運動不足

など様々。原因を一つに絞るのは困難なため、肌荒れを改善するには広い視点から生活習慣やケア方法を見直す必要があります。

そこで次からは、肌荒れを改善するのに効果的な方法を5つ紹介していきますよ。

まずは次の章で、健やかな肌作りの元となる食生活から見直していきましょう。

2.肌荒れを改善する食事

  • 肌荒れ改善

肌荒れを改善するには、スキンケアなど外側からのケアだけでなく内側からのケアも不可欠

次のような、健やかな肌作りに重要な栄養素を意識して取り入れてみましょう。

◆肌荒れにおすすめの栄養素と食品

栄養素 働き 多く含む食品
ビタミンA 皮膚の再生を促す
乾燥やかさつきを防ぐ
・ニンジン
・ほうれん草
・卵黄
・牛乳
など
ビタミンB2 皮膚の発育を促す
新陳代謝を促す
・イワシ
・うなぎ
・シソ
 など
ビタミンB6 皮膚の抵抗力を強化
乾燥を防ぐ
・肉類
・魚介類
・豆類
など
ビタミンC 疲労回復
コラーゲンの生成を促す
・パプリカ
・ブロッコリー
・トマト 
など
食物繊維 栄養素の吸収を助ける ・キャベツ
・キノコ
・海藻
など

いずれかを集中的にとるのではなく、すべての栄養素をバランスよく摂取することが大切。

手間をかけずにとりいれるなら、スープなど具沢山な一品料理がおすすめですよ。

肌荒れ改善
控えた方がいい食べ物は?

少しなら問題ありませんが、

× お菓子
× 揚げ物
× お酒
× コーヒー

などは肌荒れを悪化させる恐れがあるため、とりすぎないようにしましょう。

また、食事と同じくらいお肌のコンディションに影響してくるのが睡眠です。

次からは肌荒れが起きた時に意識したい、良い睡眠のコツを見ていきましょう。

3.肌荒れを改善する睡眠方法

  • 肌荒れ改善

22時~2時はお肌をつくる成長ホルモンの分泌が盛んな時間帯。そのため肌荒れを改善するには、

  • 日付が変わるまでに眠る
  • 最低6時間は睡眠時間を確保する

ことが理想です。

また深い眠りについていること、つまり「睡眠の質を高める」ことも大切なんです。

睡眠の質を高めるコツ

・眠る数時間前には部屋の照明を暗めにする
入浴やストレッチで血行を良くする
・ベッドに入ったらスマホは見ない

忙しくてたっぷり眠れない方や早く眠れない方こそ、単純な睡眠の長さよりも睡眠の質にこだわってみてくださいね。

続いて、肌荒れの時に改めて見直したい、正しいスキンケア方法をご紹介します。

4.肌荒れを改善するスキンケア

  • 肌荒れ改善

きれいなお肌を目指すために行っているはずのスキンケアが、逆に刺激となってお肌のバリア機能を弱めていることも。

忙しくてお手入れが雑になりがちな方は、スキンケア方法を今いちど見直してみましょう。

肌荒れを改善するスキンケア方法

①洗顔はきめ細かな泡でなでるように行う
…泡立てネットの使用がベター

②泡を流すときは32℃~38℃のぬるま湯で
…40℃以上は乾燥の原因に

③化粧水は指で少しずつなじませるように塗る
…強いパッティングや擦るような塗り方はNG

④季節や天気を問わず日焼け止めは年中使う
…日焼け止めの刺激が気になる時は日傘や帽子を使う

ポイントは、乾燥・摩擦・紫外線などの刺激をなるべく避けること。

スキンケアアイテムは何を使うかと同じくらい、どう使うかも大切ですよ。

続いて、荒れにくいお肌を作るための運動について見ていきましょう。

5.肌荒れを改善する運動

  • 肌荒れ改善

新陳代謝が低下すると血行が悪くなるため、

  • ターンオーバーが乱れる
  • 肌の免疫力も衰える

などの不調が起こり、肌荒れしやすい状態に。

こうした状態を回避するのに効果的なのが、適度な運動で代謝を上げることなんです。

肌荒れ改善
おすすめの運動は?

激しいものである必要はなく、毎日続けられる運動が理想。

・ウォーキング
・軽いジョギング
・水泳
・ストレッチ

など、身体が温まって少し汗をかく程度の運動でOKです。

また運動後の汗をそのままにしておくと肌荒れの原因になるため、運動後はすぐにシャワーを浴びるなど対策をしましょう。

続いて、食生活や生活習慣を改めても肌荒れが改善しない方のために市販の医薬品をご紹介します。

6.肌荒れを改善する医薬品

  • 肌荒れ改善

より効果的な肌荒れケアを行うなら、市販の医薬品を試してみるという方法も。

市販薬には大きく分けて次の2種類があります。

・塗り薬
・飲み薬

化粧品によるスキンケアだけでは物足りない」という方には、塗り薬タイプがおすすめ。

◆肌荒れに効くおすすめの塗り薬
イハダ プリスクリードD(資生堂薬品)

資生堂薬品の「イハダ プリスクリードD」は、エッセンスタイプの肌荒れ治療薬です。

  • 炎症を鎮めるウフェナマート
  • 血行を促進するトコフェロール酢酸エステル

と2種類の有効成分を配合。

かゆみや湿疹などの肌トラブルに働きかけます。

商品詳細

【商品名】イハダ プリスクリードD(第2類医薬品)
【メーカー】資生堂薬品
【価格/内容量】1,800円/14mL
【買える場所】オンラインショップ、ドラッグストア など

また、内側からのケアを強化したい方には飲み薬もおすすめですよ。

◆肌荒れに効くおすすめの飲み薬
チョコラBBプラス(エーザイ)

エーザイの「チョコラBBプラス」は、肌荒れを体の中から治していく飲み薬です。

  • 肌細胞の生まれ変わりをサポートするビタミンB2
  • コラーゲン生成をサポートするビタミンC

などを配合。

不規則な生活で荒れたお肌の回復を助けます。

商品詳細

【商品名】チョコラBBプラス(第3類医薬品)
【メーカー】エーザイ
【価格/内容量】
1,280円/60錠
・2,380円/120錠
・3,380円/180錠
・4,480円/250錠
【買える場所】ドラッグストア など

※掲載する商品は、編集部独自の調査で選定したものです。
※表示の価格はすべて税抜です。

医薬品もうまく使って、改善を目指していきましょう。

ですが何を試しても効果がない方は、ただの肌荒れではなく別の疾患の可能性もあります。

改善が見られない場合は皮膚科を受診してくださいね。

7.まとめ

自分の肌荒れに効きそうな改善方法が見つかりましたか?

最後に、ご紹介した肌荒れの改善方法をおさらいしましょう。

できることから試してみて、肌荒れ知らずのツルツル美肌を目指しましょう!

他のスキンケアの記事を見る