「そばかすを消したい!」と思っても、 そもそもそばかすを自分で消すことができるのか分からず悩んでいませんか?

そこでこの記事では、カスタムライフ編集部による徹底的な調査を元に、

  • そばかすは消すことができる?
  • そばかすを消す方法とは?

といったそばかすを消すために役立つ情報をご紹介します。

正しい対策を知って、そばかすの気にならない自慢のお肌を叶えましょう!

なおこの記事では、医学的知識に関して専門家に監修をしていただいています。※化粧品などの商品掲載箇所は除く

ご協力いただいた医師
つちやファミリークリニック副院長

土屋 佳奈

◆クリニック公式サイト:
https://tsuchiya-family-clinic.com

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本美容皮膚科学会会員、日本臨床皮膚科医会会員、日本抗加齢医学会会員
東京医科大学卒業。東京女子医科大学で研修後、皮膚科学教室に入局。東京女子医大病院、JR東京総合病院を経て、都内の美容および皮膚科クリニックに勤務。現在は、つちやファミリークリニック副院長として、皮膚科診療を行う。

※この記事では、2019年9月時点の情報を参考にしています。
※本記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。気になる症状がある場合、まずは医療機関に相談しましょう。

1.そもそも「そばかす」とは? 

そばかすの正式名称は「雀卵斑(じゃくらんはん)」といいます。

一般的にシミと呼ばれる「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」に似ていますが、この2つは正確には違うものなんです。

◆そばかすとシミの違い

  • そばかす,消す

シミは加齢・紫外線といった原因により、誰にでもできる後天的なもの。

一方そばかすは、

  • 遺伝による先天的なもの(生まれつき)が多い
  • 色白な人に多く見られる
  • 幼少期~思春期ごろに目立ってくる

といった特徴があり、中高年になると薄く&目立たなくなっていくケースも多くあります。

◆そばかすはセルフケアで消すことができる?

  • そばかす,消す

残念ながら、そばかすをセルフケアだけで綺麗に消すことは非常に困難で、確実に消すには皮膚科での治療が必要になります。

とはいえ、正しいセルフケアを行うことで

  • そばかすが濃くなることを予防する
  • そばかすが増えることを予防する

といった効果が期待できますよ

そこで次からは、そばかすの目立ちをおさえるセルフケア方法をご紹介します。

▷そばかすを確実に消したい方は、記事下部「皮膚科の治療でそばかすを消す方法」をチェックしてくださいね。

2.そばかすを目立たせないためのセルフケア

そばかすは、毎日正しいお手入れを行うことで目立ちにくくすることが可能です。

ここでは、自分でできる効果的なそばかすケアを3つご紹介しますよ。

ひとつずつ順番に見ていきましょう。

①美白効果の高い化粧品を使う

  • そばかす,消す

そばかすが目立つお肌は、メラニン(シミ・そばかすの色素の元)が過剰に生成されている状態です。

そのため肌内部のメラニンにはたらきかける成分を配合した、美白効果の高い化粧品が効果的ですよ。とくに、

  • 4MSK
  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • ハイドロキノン

などの美白成分が配合された、次のようなアイテムがおすすめです。

◆そばかすにおすすめの美白化粧品3選
※商品の選定は編集部独自の調査による

・メラノフォーカスV(HAKU)

  • そばかす,消す

◇価格:10000円(税抜)/45g

4MSK・トラネキサム酸のはたらきで、 本格的なそばかすケアを叶えます。

公式サイトを見る


・ハイドロクリームSHQ(KISO)

◇価格:1189円(税抜)/30g

低刺激で浸透しやすい安定型ハイドロキノン配合。そばかすにピンポイントで塗って、しっかりケアできますよ。

公式サイトを見る

 

・ルルルンプレシャス WHITE(ルルルン)

◇価格:1600円(税抜)/ 32枚

ビタミンC誘導体配合の密着マスクが、透明感あふれるなめらかなお肌へと導きます。

公式サイトを見る

こうした化粧品に配合されている成分のなかには、日光に当たると肌の刺激になるものも。

「アイテムによっては夜だけの使用にする」など、メーカーの定めた使用方法をきちんと守りましょう。

そばかす,消す
食品を肌に塗るのはNG!

「キウイ・レモンなどを肌に塗るとシミ・そばかすが消える」という情報を見かけたことがあるかもしれませんが、

 × そばかすへの効果は証明されていない
 × 肌トラブルを起こすリスクがある

などの理由からおすすめできません。

毎日のスキンケアは、自分にあった美白化粧品で行ってくださいね。

②紫外線対策を徹底する

  • そばかす,消す

そばかすの目立ちを防ぐためには、紫外線対策を徹底することも大切。

紫外線ダメージを受ける機会を減らせば、メラニンが過剰に生成されるリスクも減らせるためです。

紫外線対策を徹底するには、まずは次のような正しい日焼け止めの塗り方を意識してみましょう。

日焼け止めの正しい使い方

①たっぷりの量を塗る
…顔全体で500円玉大くらい


②こまめに塗りなおす
…2~3時間おきに塗りなおすのが理想


③日焼け止めは一年中使う
…冬や曇りの日も塗るのが◎

また美白成分が配合された日焼け止めを選ぶと、UVカットと同時に美白ケアが叶いますよ。

◆そばかす対策におすすめの日焼け止め
※商品の選定は編集部独自の調査による

  • そばかす,消す
  • そばかす,消す

左:ホワイトニングUV ジェルn(アネッサ)
m-トラネキサム酸配合。紫外線対策とそばかすケアが同時に叶います。
【価格】2400円(税抜)/90g
【買える場所】公式通販 など


右:薬用ホワイトニングデイプロテクター(トランシーノ)
トラネキサム酸配合の日中美白乳液。低刺激性のノンケミカル処方です。
【価格】3300円(税抜)/40mL
【買える場所】ドラッグストアなど

日焼け止めとあわせて、

  • 日傘を持ち歩く
  • 帽子&サングラスを身に着ける

といったことにも気を配れるとより効果的です。

③食事&サプリで内側から美白ケア

  • そばかす,消す

そばかすを目立たせないためには、毎日の食事で肌の内側からケアすることも大切

とくに以下のような栄養素は、肌の新陳代謝をうながしてメラニンの排出をサポートしてくれますよ。

◆そばかすケアにおすすめの栄養素と食べ物

おすすめの栄養素 多く含む食べ物

ビタミンA
 

・ニンジン
・小松菜
・ブロッコリー など

 

ビタミンC
 

・レモン
・パプリカ
・トマト など

 

ビタミンE
 

・アーモンド
・ピーナッツ
・かぼちゃ など

 

また、「忙しくて食事にそこまで気を使えない…」という方には次のようなサプリもおすすめ。

◆そばかすケアにおすすめのサプリ:
マルチビタミン(ネイチャーメイド)
※商品の選定は編集部独自の調査による

◇価格:980円(税抜)/50粒

シミやそばかすに効果的なビタミンA・C・Eをはじめ、美肌のために必要な12種類のビタミンが摂取できるサプリです。

公式サイトを見る

とはいえ、サプリはあくまで補助的に飲むもの。必要な栄養素はなるべく食事から摂取しましょう。

ここまで、そばかすを目立たせないためのセルフケア方法を紹介してきましたが「そばかすをもっと効果的に消したい!」という方も多いはず。

そこで、次からは皮膚科でのそばかす治療についてご紹介します。

3.皮膚科の治療でそばかすを消す方法

  • そばかす,消す

確実にそばかすを消したい方には、皮膚科でのそばかす治療がおすすめ。

皮膚科でそばかすを消す場合、主に次の2種類の治療が用いられますよ。

そばかすを消す主な治療方法

・フォトフェイシャル(IPL)
メリット:肌への刺激が少ない
デメリット:比較的効果が弱い


・レーザー治療
…YAGレーザー、アレキサンドライトレーザーなど
メリット:効果が高い
デメリット:施術費用が高価

効果や費用などについて、実際に治療を受けた方の口コミも見てみましょう。

◆皮膚科でそばかすを治療した方の口コミ

そばかす,消す
そばかすがほぼ分からなくなりました
40歳/治療方法:フォトフェイシャル

1年で5回治療を受けて、費用は約2万円。2回目まではほとんど変化なしで、5回目でそばかすがほぼ分からない程になりました。完全に消えたものもあり、顔全体が明るい印象に。弾くような痛みでしたが普通に耐えられました。

そばかす,消す
もう少し安ければ続けたい治療です
45歳/治療方法:フォトフェイシャル

2か月で3回通院しましたが、施術は1回のみです。費用は3万かかりました。濃いそばかすにかなり効果を感じました。料金的に厳しいため1回でやめてしまい完全には消えていませんが、続けたらもっと消えると言われたのでもう少し安ければ…という思いです。

そばかす,消す
高額な治療ですが効果には大満足です
28歳/治療方法:アレキサンドライトレーザー

半年で5回通院し、うち治療回数は3回です。照射は瞬時的な刺激があって驚きましたが、大して痛くないです。施術を受けた後はちゃんとUVケアした方がよいと思います。費用は10万もかかってしまいましたが、そばかすは本当によく見ないとわからないくらいになりました。

皮膚科の治療について、

  • 1回の治療では効果を感じなかった
  • 費用が高額で何回も通えなかった

といった声もありましたが、『そばかすへの治療効果に満足できた』という意見がほとんどでした。

治療にかかる費用や必要な施術回数など、事前に皮膚科医にしっかり相談した上で治療を受けてくださいね。

▷記事上部からジャンプしてきた方は、こちらから記事上部に戻ることができます。

続いて、そばかすを今すぐ綺麗に消すメイク方法をご紹介します。

4.そばかすを消すメイクのコツ

  • そばかす,消す

コツさえつかめば、そばかすはメイクで綺麗に消すことができます。

厚塗りにならずにしっかり隠すポイントは、自分のそばかすに合ったコンシーラーを使うこと。

そばかすの数や位置によって、それぞれ次のようなアイテムを選ぶと上手にメイクできますよ。

そばかすを隠すコンシーラーの選び方

・そばかすの数が多く範囲が広い
・よく動く部分(目元など)にそばかすがある

⇒ヨレにくいリキッドタイプがおすすめ!

・頬を中心にそばかすが目立つ
・そばかすの数がそこまで多くない

⇒ピンポイントに使えるスティックタイプ・ペンシルタイプがおすすめ!

具体的には、それぞれ次のようなコンシーラーがぴったりです。

◆そばかすを消すおすすめのコンシーラー
※商品の選定は編集部独自の調査による

 ▼リキッドタイプ

  • そばかす,消す

 ▼スティックタイプ

  • そばかす,消す

左:ミネラルコンシーラー(MIMC)
リキッドタイプのコンシーラー。しっかりシミ・そばかすを隠せる上に、洗顔だけでオフできます。
【価格】4000円(税抜)/ 5.8g
【買える場所】公式通販 など


右:パーフェクト コンシーラー(ヴィセ)
スティックタイプのコンシーラー。シミ・そばかすのカバーはもちろん、紫外線もカットしてくれますよ。
【価格】1000円(税抜)/4.9g
【買える場所】通販 など

「リキッドコンシーラーだけでは隠し切れない」
「シミ・そばかすを1つずつ消すのは面倒…」

という方には、リキッド&スティック(or ペンシル)を併用する方法もあります。

両方使う場合は、次のような手順で使ってくださいね。

◆そばかすを隠すコンシーラーの使い方

  • そばかす,消す

とくに気を付けるポイントは、

  • リキッドコンシーラーはできるだけ薄く塗る
    …厚塗りになると崩れやすくなるので注意
  • スティックコンシーラーは輪郭だけなじませる
    …全体を触るとコンシーラーが取れてしまうため

といった2点。最後にフェイスパウダーを薄く重ねると、さらに綺麗に仕上がりますよ。

とはいえ、そばかすは他人から見ればチャームポイントにも感じるもの。消すことにこだわりすぎず、自分なりのメイクを楽しんでくださいね。

5.まとめ

そばかすを消すために役立つ情報は見つかりましたか?

最後にもう一度、今回ご紹介したそばかすを消す方法&目立たせない方法をまとめました。

そばかすを消す方法&目立たせない方法

①そばかすに効くセルフケア
・美白化粧品でケアする
・紫外線対策を徹底する
・食事&サプリで内側からケアする


②そばかすを消す皮膚科の治療
・フォトフェイシャル
…肌への負担が少ない
・Qスイッチレーザー
…そばかすへの効果が高い


③そばかすを消すメイク方法
・自分のそばかすに合わせてコンシーラーを選ぶ
・隠しきれない時は複数のアイテムを使うのも◎

正しいケア方法やメイクなど、自分にあった方法でそばかすの気にならないお肌を叶えましょう!

他のシミ・美白の記事を見る