これからのキャリアや生活のことを考えて、40代で転職活動を始めても、

「40代OKの求人を探しているけど、なかなか見つからない」
「応募しても、書類審査すら通らない・・・」

と、厳しさを実感している方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、

  • 40代で転職を成功させる方法
  • 40代の転職成功者から学ぶ転職ツールの活用術
  • 40代転職のよくある疑問Q&A

などをご紹介したいと思います。

この記事を読めば、40代の転職を成功させるために必要なことがわかるので、ぜひ転職活動の参考にしてみてくださいね。

先に40代の求職者におすすめの転職エージェントを知りたい方は、「4. 40代の転職におすすめの転職エージェントTOP3」をご覧ください。

(※この記事は、2017年9月時点での情報を参考にしています。)

1. 40代転職の厳しい現実

人材不足と言われる現在の転職市場ですが、40歳を超えてからの転職はまだまだ厳しいのが現実です。

総務省の労働力調査によると、転職活動を行っている35歳以上の求職者のうち、約3割が転職するまでに1年以上かかることが明らかになっています。

少しでも早く転職を実現するために、まずは40代の転職事情をしっかり理解しておきましょう

1-1. 求められているのは即戦力と管理能力

  • 40代,転職

40代の転職では豊富な社会人経験によって身につけた、   

  • 即戦力としての実務能力
  • チームをまとめる管理能力

を企業から求められます。

企業には、40代を「育てる」余裕はなく、求職者は「会社にどれくらい貢献できるのか」を厳しく評価されます

つまり、未経験職種へのキャリアチェンジは難しく、「高い専門性」と「管理職経験」がない限り、キャリアアップは望めません

特別なスキルを要求されない求人もありますが、その場合には、若い世代と比較されると選考で不利になることや、重労働・低賃金の仕事であることを覚悟する必要があります。

そのため、40代の転職では、選べる求人が限られ、理想的な転職を実現することは難しいと言えるでしょう。

1-2. 苦戦の原因は求人とのミスマッチ

  • 40代,転職

40代が転職に苦戦するのは、

  • 自分のスキルや市場価値」を高く見積もっている
  • 「自分には見合わない求人」に応募している

ことが原因です。

そのため、40代の転職では、まずスキルの勘違いを認識して、自分の正しい市場価値を把握しなくてはなりません

以下に、具体的な勘違いの例をまとめたので、自分が当てはまっていないか確認してみてください。

スキルの勘違いチェックポイント
「大手企業に勤めていたから、中小企業への転職は簡単だろう」
⇒会社の規模はその人のスキルとは関係がないので、評価の対象にはならない

「所属部署の売り上げを大きく伸ばしたから、実績は十分だ」
⇒会社や部署の実績を、自分一人の実績のように言う人は、謙虚さが足りず、信用ができない人だとマイナス評価をされる

「課長としてチームをまとめていたから、転職先でも同等の地位が得られるだろう」
⇒肩書そのものは評価されないので、そこで得たスキルや実績を転職先のポジションでどのように活かせるのかをアピールしなくてはならない

スキルの勘違いがどのようなものか、お分かりいただけたかと思います。

では、正しい自分の市場価値はどうすればわかるのでしょうか?

それには、「転職エージェントを利用する」のが、最も正確で効率的なのでおすすめです

そこで次の章から、転職エージェントを利用するメリットをわかりやすく解説していきます。

2. 40代の転職には転職エージェントがおすすめ

40代で満足のいく転職を行うためには、「転職エージェント」の利用が欠かせません

なぜなら、転職エージェントを利用することで、

  • 自分の市場価値がわかる
  • 自分に合った求人と出会える

からです。

それでは、詳しく解説していきます。

40代,転職
転職エージェントとは?
転職エージェントは、専任のキャリアアドバイザーが、転職活動をトータルにサポートしてくれる転職サービスのことです。企業からの報酬で成り立っているため、すべてのサービスは基本的に無料です。

転職エージェントについて詳しく知りたい方は、「転職エージェントおすすめランキング|転職成功者100人の評判比較」をご覧ください。 

2-1. 正しい市場価値を把握できる

  • 40代,転職

転職エージェントを利用すると、自分の市場価値を正確に把握できます。

キャリアアドバイザーは、これまでのキャリアや実績を丁寧にヒアリングして、その中から、転職市場で評価される自分の「スキル」「強み」を引き出します。

そしてそれを基に、

  • そもそも転職できるのか?
  • 想定される年収はどれくらいか?
  • どんな求人が合っているのか?

など、自分の市場価値を評価してくれるため、求人探しの狙いが明確になります

そのため、転職活動を始める際には、まず転職エージェントに登録して、自分の市場価値を正しく評価してもらいましょう。

2-2. 自分に合った求人を紹介してもらえる

  • 40代,転職

転職エージェントでは、キャリアアドバイザーが自分に合った求人を紹介してくれます。

キャリアアドバイザーは、「転職市場の動向」や「企業のニーズ」を基に、自分の市場価値に見合った求人を見つけてくれます

また、自分のスキルを本当に活かせる求人を、様々な角度から提案してくれるため、求人探しの幅が広がり、思いもよらない優良求人と出会うことができます

つまり、

・ミスマッチがなく内定を取りやすい求人
・自分のスキルを高く評価してくれる条件がいい求人

と出会えるというメリットがあるのです。

そのため、40代で転職を目指す方は、転職エージェントを利用して求人の紹介を受けることをおすすめします。

3. 40代の転職成功者から学ぶ転職エージェントの選び方

この章では、「自分に合った求人に出会う」ための転職エージェントの選び方を、

  1. ①保有求人の多さ
  2. ②アドバイザーのスキルの高さ

の2つのポイントに分けて、それぞれ詳しく解説します。

3-1. 「保有求人数の多さ」で選ぶ

  • 40代,転職

◆転職に成功した方の体験談

40代,転職
希望に合う求人があることが大切です
みんなの体験談
求人が豊富だったので、その中から、希望に合ったものを選ぶことができました。いくら丁寧にサポートをしてもらっても、希望に合う求人がなければ、あまり意味がありません。Uターン転職を希望しており、自力で探すのが難しい地方求人も多かったので、その点も助かりました。
(エンジニア・男性)
40代,転職
自分に合う求人をいろいろ選ぶことができた
みんなの体験談
自分が望むポジションは、管理職なので、公募はほとんどされることはほとんどなく、自分で探すのは非常に大変でした。しかし、転職エージェントには、非公開の求人情報がたくさんあり、自分に合うものを、いろいろ選ぶことができました。
(製造業・女性)
40代,転職
希望していた仕事に就くことができた
みんなの体験談
大手企業から、上場したばかりのベンチャー企業まで、求人を多く持っており、自分の希望条件を満たす案件を複数提案してくれました。そうして、希望していた新規事業に関わる仕事に就くことができました。
(情報通信業・男性)

今回のアンケートの中で、転職エージェントを選ぶポイントとしてもっとも多かったのが、「保有求人数の多さ」でした。

上記の体験談からも分かるように、保有求人数が多ければ多いほど、幅広い選択肢が生まれ、自分の希望に合った求人と出会える確率が上がります

また、転職エージェントでは、保有求人のほとんどが「非公開求人」の場合があります。

そのため、転職エージェントを利用する際は、まずエージェント内の保有求人数を確認することをおすすめします。

40代,転職
非公開求人とは?
「非公開求人」とは、その名の通り、企業が特定の転職エージェントのみに依頼をした、一般には公開していない求人のことです。企業内の上級職や高いスキルを持つ人材の求人が多いため、好条件の求人を探したい方は、転職エージェントに登録して、非公開求人を狙うことをおすすめします。

3-2. 「アドバイザーのスキルの高さ」で選ぶ

  • 40代,転職

◆転職に成功した方の体験談

40代,転職
希望通りの求人を紹介してくれた
みんなの体験談
アドバイザーが自分の希望を細かくヒアリングしてくれて、希望通りの求人を紹介してくれました。また、自分のアピールポイントを発見してもらい、そのことを重点的にアピールすることで、書類通過率がかなり上がりました。
(経理職・女性)
40代,転職
採用担当者に響く自己アピール方法を教えてくれた
みんなの体験談
アドバイザーが、企業の内部情報に精通していたので、採用担当者に響く自己アピール方法や職務経歴書の書き方をレクチャーしてくれるのが心強かったです。年齢が年齢だけに、独自のやり方では書類審査や面接を突破しづらいため、大変助かりました。
(開発職・男性)
40代,転職
戦略的に面接に臨むことができた
みんなの体験談
キャリアの棚卸しをアドバイザーと行うことで、客観的に自分の強み、弱みを把握することができた。そして、応募求人に合わせて、アピールポイント、想定問答、質問事項などを整理して、戦略的に面接に臨むことができたことが、内定獲得につながった。
(営業職・男性)

上記の体験談から分かる通り、「アドバイザーのスキルの高さ」は、転職エージェントの良し悪しを決める重要なポイントです。

ひとりひとりに専任のアドバイザーが付くことは便利な反面、アドバイザー個人のスキルによって、求職者の転職結果が大きく左右されることになるからです。

アドバイザーのスキルといってもさまざまですが、

  • それぞれの求職者に最適な求人を紹介してくれる「マッチング力」
  • 転職活動の不安や悩みを解決して内定へ導いてくれる「サポート力」

の2点は必ず押さえておきたいポイントです。

ただ、「どの転職エージェントにスキルの高いアドバイザーがいるのか」を外部から知ることは難しいです。

そこで次の章では、編集部の独自取材で分かった、「保有求人数」が豊富で、「スキルの高いアドバイザー」が多数所属する、編集部おすすめの転職エージェントをご紹介します。

4. 40代の転職におすすめの転職エージェントTOP3

ここからは、40代の転職におすすめの転職エージェントを

・豊富な求人数
・アドバイザーのスキルの高さ

を軸にランキング形式でご紹介します。

40代が利用しやすい転職エージェントを選んでいますので、まずはこの中から選んでみてくださいね。

1位:DODA

人材サービス大手のパーソルキャリア株式会社が運営するDODA

その特徴は、以下の2点です。

  • 10万件を超える業界トップクラスの求人数
  • 「キャリアアドバイザー」と「採用プロジェクト担当」の2人体制

求人紹介を担当する「キャリアアドバイザー」と、企業の内部情報の提供を担当する「採用プロジェクト担当」の2人の担当者が、あなたに合った求人探しを強力にサポートしてくれます。

紹介される求人数にも定評があるので、求人探しで苦労している方や、多くの選択肢の中から求人を選びたい方におすすめです。

◆実際に利用した方の口コミ

40代,転職
自分の経歴と強みをアドバイザーと共有できた
みんなの体験談
転職市場が活発な時期やターゲット企業の選定、自分の経歴と強みを時間をかけてアドバイザーと共有できたことが、転職の成功につながったと思います。アドバイザーには、売り上げ目標などあると思いますが、自分のキャリアをしっかりみて、希望に合った転職を実現できるように、じっくりと向き合ってくれました。
(46歳・女性)
転職エージェント詳細

【サイト名】DODA
【運営会社】パーソルキャリア株式会社

公式HPを見る

2位:リクルートエージェント

手厚いサポートと豊富な求人数で、転職成功実績No.1を誇るリクルートエージェント

その特徴は、以下の2点です。

  • 10万件を超える業界トップクラスの求人数
  • 累計37万人以上の転職支援実績に基づくノウハウ

リクルートグループが培ってきた企業との太いパイプを活かした、求人の量と質に定評があり、リクルートエージェントでしか見ることができない非公開求人だけでも10万件を超えます。

転職ノウハウも充実しており、転職活動を始めるにあたって、まず登録しておきたい転職エージェントです。

◆実際に利用した方の口コミ

40代,転職
まめに求人情報を送ってきてくれた
みんなの体験談
職務経歴書の修正点や書き方のアドバイスを受けることができたのが良かったです。 これまでに関わった仕事で得たスキルや経験を具体例をあげてアピールしないと、担当者の目には留まらないと指摘を受けました。 面接対策セミナーを受講できたこと、自分では言いにくい、年収に関しての交渉をしてくれたこと、様々な側面から支援してくれて、本当に感謝しています。
(49歳・男性)
転職エージェント詳細

【サイト名】リクルートエージェント
【運営会社】株式会社リクルートキャリア

公式HPを見る

3位:ワークポート

IT・Web系の求人に強い転職エージェント「ワークポート」

その特徴は、以下の2点です。

  • 常時10,000件以上あるIT業界求人
  • 専門性の高いアドバイザーによる的確な転職支援

現在はIT業界以外の求人も広く扱っていますが、2003年のサービス開始から10年間はIT業界に特化したサービスを提供しており、IT業界とのパイプを活かした転職支援に定評があります。

各業界に精通した担当の「転職コンシェルジュ」が、豊富な情報をもとに、求職者ひとりひとりに合ったキャリアプランの提案や転職サポートを提供してくれます。

◆実際に利用した方の口コミ

40代,転職
希望する職種に強いアドバイザーがついてくれた
みんなの体験談
ワークポートは、転職を希望する職種に強い担当アドバイザーがつくシステムです。2名が担当している分野の会社をそれぞれが提案してもらえるので、1名のアドバイザーより、厚く求人の紹介をしてもらえました。元IT業界出身者がアドバイザーとして勤務しているので、紹介先の会社との関連がある人や業界事情に詳しく、面談時に細かく教えてもらえます。面接に対するアドバイスも経験者ならではの的確さで、感心しました。
(40歳・男性)
転職エージェント詳細

【サイト名】ワークポート
【運営会社】株式会社ワークポート

公式HPを見る

5. 40代の転職成功者から学ぶ求人情報ツールの活用術

40代の転職では、転職エージェントの利用がおすすめですが、それ以外の求人情報ツールも利用することをおすすめします。

なぜなら、多方面から求人を探して、幅広く求人を確保することで、自分に合った求人と出会える可能性が高くなるからです。

そこで、この章では、40代で転職を成功させた方の体験談をもとに、40代の転職に役立つ求人情報ツールとその活用方法を紹介します。

5-1. 「ハローワーク」は40代向けの求人が多い

  • 40代,転職
  •  

◆転職に成功した方の体験談 

40代,転職
面接に呼んでもらえる求人が多かった
みんなの体験談
ハローワークから応募した求人は、他の求人媒体から応募した求人よりも面接に呼んでもらえる確率が高かったです。ハローワークの求人にマイナスのイメージがある方もいるようですが、先入観を持たず利用してみることをおすすめします。
(45歳・女性)
40代,転職
良い求人に出会うには、まめに通うことが大切
みんなの体験談
最近ではネットを使った転職活動が一般的ですが、実際にハローワークに足繁く通っていて、掘り出し物かと思うような良い求人に出会うことがありました。自分のスキルと求める年収を客観視して、両者のバランスが取れた求人を探すことが、転職成功へのポイントだと思います。
(47歳・男性)

国が運営する公共職業安定所である「ハローワーク」

退職者を対象にしていると思われがちですが、在職中でも利用可能です。

圧倒的な求人数を誇り、求職者の経歴やスキルに関わらず、「キャリア相談」「職務経歴書の添削」「面接対策」など、さまざまなサービスを受けられます。

全国の求人情報を扱っているので、U・Iターン転職を希望している方は特におすすめです。

しかし、転職エージェントとは違って、企業は無料で求人広告を掲載できるため、掲載求人の質には注意が必要です。

40代,転職
使い方のポイント!

「ハローワークインターネットサービス」でも求人の検索はできますが、ハローワークの端末にしかない求人情報があるので、なるべく実際にハローワークに足を運ぶことをおすすめします。 

【サービス名】ハローワークインターネットサービス
【公式HP】https://www.hellowork.go.jp

5-2. 「転職サイト」は効率的に求人情報を得られる

  • 40代,転職

◆転職に成功した方の体験談 

40代,転職
自分の条件を明確にしてから利用しよう
みんなの体験談
転職情報や求人の豊富さが最大の魅力です。個人情報を開示すると、求人情報の案内がメールで送られてくるが、自分とは関連のない求人も多いので、きちんと自分の条件を提示して、じっくりと求人探しをした方がいいと思います。
(46歳・男性)
40代,転職
ニーズに合った求人を効率的に探すことができた
みんなの体験談
転職サイトを使って、効率的に自分の希望に合った求人を見つけることができました。40代は時間を無駄にできない年齢だからこそ、自分のニーズに合った求人を効率的に探すことができる転職サイトを利用するべきだと思います。
(41歳・女性)

インターネット上で求人情報を提供する「転職サイト」

20~30代の求人が中心ですが、40代も応募可能な求人を数多く扱っています。

24時間いつでも求人検索ができるのが魅力で、使いやすさと検索のしやすさに優れているため、効率的な情報収集が可能です。

希望条件に合った求人情報をメールで受け取ることもできるので、忙しくても情報を見逃すことがありません。

在職中の方や忙しくて転職活動に時間をとれない方におすすめです。

おすすめの転職サイトが知りたい方は「転職サイトおすすめランキング|転職者100人から学ぶ成功の秘訣」をご覧ください。

40代,転職
使い方のポイント!

他では見られない非公開求人を持つ転職サイトも多いので、より多くの求人情報を得られるように、複数の転職サイトに登録することをおすすめします。

毎週決まった曜日に新着求人が更新されるので、登録した転職サイトの更新スケジュールは必ず押さえておきましょう

5-3. 「求人雑誌」は地域の求人に強い

  • 40代,転職

◆転職に成功した方の体験談 

40代,転職
無料で手に入り、使いやすい
みんなの体験談
職場が家の近くにある求人を探せることが魅力です。職種ごとにまとまっているので、まず職種と職務内容を見て自分に合っている求人を探して、そこから給料や休日数、勤務地などを確認しました。写真を使ったレイアウトは見やすく、無料で手に入るのでとても助かりました。
(49歳・女性)
40代,転職
地元の求人情報が充実していた
みんなの体験談
勤務先が家から近い求人を探していたら、初心者でも研修を受けられるデイサービスの求人を見つけて、いまはそこで働いています。後で会社の採用担当者に聞いたら、フリーペーパーからの応募は少なかったらしいので、地元の求人を探している方は狙い目かもしれません。
(40歳・女性)

現在の「求人雑誌」の主流は、コンビニや駅で入手できるフリーペーパーです。

配布されているエリアに対応した地域版が発行されている地域密着型の求人情報媒体となっています。

しかし、求人数、求人の質ともに、転職サイトに比べて見劣りするので、40代の転職にはあまりおすすめできない求人情報源と言えます。

そのため、「働きたい地域の求人情報を集めること」に目的を限定して利用するのがいいでしょう。

40代,転職
使い方のポイント!

複数の求人雑誌が発行されているので、それぞれの発行日を調べて、なるべく多くの求人雑誌を手に入れることをおすすめします

5-4. 「企業HP」から直接応募すると熱意が伝わる

  • 40代,転職

◆転職に成功した方の体験談 

40代,転職
問い合わせの電話で面接が決まり、そのまま採用してもらえた
みんなの体験談
直接電話で問い合わせして、色々と細かい質問ができたので、採用条件や会社の雰囲気がよくわかりました。その電話で面接が決まり、そのまま採用してもらえたので、転職活動期間が短く済みました。電話をする時に聞きたいことを全部メモにしておいて、要点をハッキリ伝えることが大切です。
(42歳・男性)
40代,転職
直接応募は人事担当者からの評価が高い
みんなの体験談
入社後、人事担当者から聞いたのですが、大々的に募集している転職サイトなどから応募してくる人より、独自にリサーチして直接応募してくる人の方がバイタリティーがあって、入社後の問題も少ないから評価が高いと言っていました。直接応募は、競争率が低いようですのでおすすめです。
(40歳・女性)

「企業のHP」には各社の採用状況が掲載されています。

ピンポイントでの求人情報検索になるので、効率の悪い情報収集の方法ではありますが、直接応募は最も有効な自己アピールになります。

40代,転職
使い方のポイント!

行きたい企業がある場合は、その企業のHPは常に確認しておきましょう。

5-5. 「転職フェア」では採用担当者に直接アピールできる

  • 40代,転職

◆転職に成功した方の体験談 

40代,転職
ダメ元でも行ってみるべき
みんなの体験談
35歳以下向けの転職フェアだったんですが、ダメ元で行ってみました。やはり40歳ということで門前払いされた所も少なくなかったのですが、そんな中でも数社と面接にこぎつけることができ、今の会社に入社することができました。年齢制限がある転職フェアも多いですが、余程の年齢オーバーではない限り足を運んでみる方がいいと思います。
(40歳・男性)
40代,転職
色々と興味深い求人があることに気づいた
みんなの体験談
転職フェアの会場に行ってみて、希望の求人の他にも興味深い求人があることに気づかされた。採用担当者に気軽に質問できるのが転職フェアの良さだと思う。
どんな求人があるのか見学するつもりで出かるよりも、あらかじめ自分が行きたい、話を聞きたい企業をリストアップしたうえで、じっくりと採用担当者の話をきいてみる方がいい。
(44歳・男性)

複数の企業が集まって行われる合同説明会である「転職フェア」

インターネットでは伝わらない、会社の雰囲気や採用担当者の声を直接聞くことができる貴重な機会を提供してくれます。

企業との意外な出会いがあることもあり、その場で面接が決まったり、書類選考や一次面接が免除になることもあります。

そのため、書類選考になかなか通らないという方は、一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

40代,転職
使い方のポイント!

転職フェアは、企業の情報を集めるための場所ですが、企業担当者と話すことで、自分の客観的な評価を知ることもできます。

会場にいるキャリアコンサルタントに転職相談ができたり、セミナーで有益な情報を得ることもできるので、積極的に活用することをおすすめします。

5-6. 「コネ」で思わぬ求人の紹介を受けることがある

  • 40代,転職

◆転職に成功した方の体験談

40代,転職
取引先の営業から誘いを受けた
みんなの体験談
転職を考えていたある日、取引先の営業と世間話をしていた際、転職を考えていることを伝えたところ、それならうちにこないかと誘いを受けました。相手先の人事に話を聞くと、好条件だったので誘いを受け、2か月後に無事転職することができました。今までと比べると責任は増しましたが、今回の転職にはとても満足しています。
(45歳・男性)
40代,転職
同じ市内に住む友人が紹介してくれた
みんなの体験談
働いていた会社が倒産することになり、仕事を探していました。同じ市内に住む友人に話をすると、知り合いの社長が、事務をやってくれる人を探しているから紹介してあげようかと話をもらいました。 希望条件に合っていたし、紹介を受けることにしました。面接を受けましたが、その際に私のほうがよければ採用決定だと言われました。 入社してみると、友人の話とはちょっと違っていた部分もありましたが、おおむね紹介を受けて良かったと思っています。
(40歳・女性)

知人に転職活動中であることを話したことで、思わぬところから求人情報が入ってくることがあります。

親しい間柄だと、遠慮や気後れがあるかもしれませんが、そんなことを言っている場合ではありません。

「身内」「友人」を始め、「昔の同僚」「取引先の担当者」などにも、なるべく声をかけておくことをおすすめします。

40代,転職
使い方のポイント!
正規の応募より、採用のプロセスが簡略化されることがありますが、労働条件や業務内容はしっかり確認するようにしましょう。

6. 40代転職のよくある疑問Q&A

40代で転職活動を始めた時に、

「転職エージェントをどうやって使ったらいいのか?」
「40代が転職しやすい仕事はあるのか?」

など、疑問が出てくると思います。

そこでこの章では、40代の転職でよくある3つの疑問にお答えします。

Q1. 40代の求人に特化した転職エージェントはありますか?

  • 40代,転職

A. 40代に特化した転職エージェントはありません

転職エージェントの中には、特定の業界や若年層に特化したサービスを提供している会社がありますが、40代に特化した転職エージェントはありません。

そのため、40代の転職では、保有求人数が多く、サポートが充実した総合型転職エージェントを中心に選ぶことをおすすめします。

40代におすすめの総合型転職エージェントは「4. 40代の転職におすすめの転職エージェントTOP3」で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

Q2. 転職エージェントは何社くらい利用するといいのですか?

  • 40代,転職

A. できるだけ多くの転職エージェントに登録してください

40代の転職を成功させるポイントは、多くの求人を確保することです。

そのためには、なるべく多くの転職エージェントに登録して、複数の求人紹介窓口を確保することが大切です

あまり多くの転職エージェントを併用すると管理が大変だという方は、

  • 一度に利用する転職エージェントは3~4社にする
  • 求人の紹介がない転職エージェントを順次入れ替えていく

という使い方をおすすめします。

Q3. ドライバー以外に40代未経験OKの仕事はありますか?

  • 40代,転職

A. 未経験の40代が比較的転職しやすいのは介護職とIT業界です

未経験の40代を積極的に採用している企業は、少ないのが現実です。

なぜなら、未経験人材を探している企業は、人件費が高い40代より、人件費の安い若い世代を優先的に採用するからです。

そのため、未経験OKの求人を探すのならば、介護業界やIT業界など、労働力需要に供給が追い付いていない成長産業を狙うことをおすすめします。

7. まとめ

いかがでしたか?

最後に、40代の転職を成功させるためのポイントをまとめると、

  • 自分の市場価値を知る
  • 市場価値に合った求人を見つける
  • 複数の情報源から求人情報を集める

となります。

40代の転職に関する疑問や不安への答えも紹介していますので、ぜひ厳しい40代の転職を成功させるための参考にしてみてくださいね。

転職に役立つ情報を見てみる